籾 の俳句

籾 の俳句

籾 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23282956/

籾 補遺

おのづから影の出来をり籾莚 高屋窓秋
おろしたる籾のよろこぶとの曇 後藤比奈夫
かがやきの籾庭詩の師迎へんと 香西照雄 対話
からからと村は籾摺日和かな 村山故郷
この寒さ心得てをり籾おろし 阿波野青畝
すなほなる鶏侍らせて籾を焼く 能村登四郎
その人の籾摺唄に皆が和し 高野素十
ふるさとや地ごと引きずる籾筵 百合山羽公 樂土
みづうみのひかりを先に籾莚 森澄雄
もう一人籾殻納屋に居るらしき 高野素十
もめ事のつゞき籾摺つゞきけり 高野素十
よろこばし干籾のかく厚々と 高野素十
らつきように籾かけをれば小鳥くる 飴山實 次の花
コンバイン停めず運ベり籾袋 右城暮石 一芸
一村は籾すりやんで夕しぐれ 正岡子規 時雨
一箱の最後の林檎籾を出づ 野見山朱鳥 荊冠
下腹をゆさぶる夜の籾摺機 右城暮石 句集外 昭和二十五年
光る雲ありて静かな籾莚 廣瀬直人
六月に勿体なしや食の籾 許六
冬かけて籾する宿の月夜哉 支考
凍る夜や籾するおとの耳にたつ 鈴木道彦
切売の鮫のあたひや大唐籾 樗良
古戦場いまは籾殻散乱す 山口誓子
名月や籾臼やみて虫の声 朱拙
坂道となりてもつづく籾莚 波多野爽波 鋪道の花
壁の影我と籾摺りつつ更けぬ 加藤秋邨
夕日啄む鶏ら 籾莚の跡の 伊丹三樹彦
家々のなほ籾を干す日なたかな 長谷川素逝 村
小鳥来て聖賢の手の籾食べる 山口誓子
干籾のひとつぶづつの日和かな 長谷川素逝 暦日
庭土俵籾殻焼きし迹もまろく 中村草田男
恍惚と童女腹匐ふ籾莚 山口誓子
掌を落つる籾種沈む水の層 右城暮石 句集外 昭和三十一年
新籾の山になだるる小童 飯田蛇笏 雪峡
日当りて茶垣の中の籾筵 清崎敏郎
早稲の籾干してをり老の乳房垂れ 清崎敏郎
最上川左岸は籾を焼く煙 鈴木真砂女 都鳥
朝からの籾にかぶさり籾おろし 後藤比奈夫
松風の里は籾するしぐれ哉 嵐雪
林檎掻き出し掻き出し尽きし其籾殻 中村草田男
柚子百顆籾の筵へ照りにけり 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
残し置籾や来ん世の人の福 越人
気さんじの籾殻径をえらみけり 飯島晴子
汗多かりければ籾殻多く附き 中村草田男
泣いてゐる子に籾筵かゝへ母 高野素十
火器兵器措き種籾のこと計れ 石塚友二 光塵
熟睡子の足見え籾散りたゝかふ家 藤田湘子
生きてゐし米のぬけがら籾殻は 山口誓子
生壁も籾一粒の早稲田かな 凡兆
田と暮れて籾がらを焼く煙かな 長谷川素逝 暦日
男体は目の中の山籾下す 平畑静塔
福藁や籾置を敷く薔薇の蔓 香西照雄 素心
秋風裡合掌の籾地にこぼす 角川源義
種籾を柳に吊し西大寺 右城暮石 句集外 昭和八年
積み重ねられ籾筵やはらかく 清崎敏郎
籾かゆし大和をとめは帯を解く 阿波野青畝
籾がよく乾きとんぼが来て止る 細見綾子
籾がらを敷きそらまめの芽の日和 長谷川素逝 暦日
籾すりのすみし小村や猿まはし 正岡子規 籾すり
籾すりのほこりをかぶる野菊哉 正岡子規 野菊
籾すりの新嘗祭を知らぬかな 正岡子規 新嘗祭
籾だねに余所へ出かけの指図哉 樗良
籾つけて童女の髪のかぶつきり 能村登四郎
籾の内に本尊作るや田長鳥 西鶴
籾ひたす老のさしづの日の朝に 長谷川素逝 村
籾ぼこり梅雨の灯暈に書を読める 山口青邨
籾をする里人大仏の側に来て 山口青邨
籾を干するすの日なたの日もすがら 長谷川素逝 村
籾を摺り摺りつつぞいふ世のさむさ 加藤秋邨
籾を摺る籾のほこりとあたたかく 長谷川素逝 村
籾を焼くけむり地を這ふ蚊焼打 能村登四郎
籾を焼く一つ焔の燃えつづけ 清崎敏郎
籾を焼く斑ら火くゆり蹶速塚 能村登四郎
籾乾したり宮廷列車の足許まで 山口誓子
籾俵庭を通りて運び去る 廣瀬直人 帰路
籾均す老婆ひかりの中にゐて 鷹羽狩行
籾山に乗りて沈みて子は遊ぶ 山口誓子
籾干して家に入りてもひとりかな 及川貞 榧の實
籾干して朝の日とくと当りをり 波多野爽波 鋪道の花
籾干して白衣の男女かな 高野素十
籾干して落日人の影長し(京都貴船) 細見綾子
籾干すや比良に雪来て日数あり 村山故郷
籾干すや鷄遊ぶ門の内 正岡子規 籾干
籾摺の棘戸口まで出て眺め 高野素十
籾摺や子は泣親は小哥ぶし 諷竹
籾摺や日なたしに寄る小六月 卯七
籾摺りて文学もあらず腹減ると 加藤秋邨
籾摺りのほこりにしまり日の障子 長谷川素逝 村
籾摺機フルに運転柿生年 山口誓子
籾散つて神が還御の道の雪 林翔 和紙
籾敷くや踏めば落ち込む霜柱 正岡子規 霜柱
籾枕吉備の夜長となりにけり 石田勝彦 百千
籾殻が小屋からあふれ竹落葉 香西照雄 対話
籾殻で農夫の欲しき丸を描く 山口誓子
籾殻と共に世に生れ吹きすさぶ 斎藤玄 雁道
籾殻に京の山相佐渡紅葉 香西照雄 対話
籾殻に温みあり菊咲きはじむ 右城暮石 句集外 昭和十六年
籾殻に越中の火を立てにけり 古舘曹人 樹下石上
籾殻に追ひつく堰の捨て菊は 能村登四郎
籾殻の山なすここが関の跡 藤田湘子
籾殻の山より縄の出てをりぬ 波多野爽波 鋪道の花
籾殻の山子のための凭れ椅子 山口誓子
籾殻の山燃やしあり沼のふち 高野素十
籾殻の深きところでりんご触れ 橋本多佳子
籾殻の深さが甘さ信濃林檎 鷹羽狩行
籾殻を焼くに雨ふる余呉の湖 能村登四郎
籾殻を焼く火のちから焔をあげず 三橋鷹女
籾殻を燻らす寒き河ほとり 佐藤鬼房
籾殻を真黒に焼く蔵の前 廣瀬直人
籾殻丘夕映母へと還る農婦 香西照雄 対話
籾殻山細かき砂の山に見ゆ 山口誓子
籾殻火よみの国まで燻らする 佐藤鬼房
籾殻火水辺で消ゆる遠江 能村登四郎
籾殻焼く火の燠なして椋鳥どころ 岡井省二 明野
籾殻焼く田圃に灸を据う如し 松崎鉄之介
籾殼火よみの国まで燻らする 佐藤鬼房
籾焼いて夜逃げのごとく出稼ぎへ 鷹羽狩行
籾焼いて彦根城下を煙らしぬ 後藤比奈夫
籾焼のけぶりをかぶりたがる子よ 加藤秋邨
籾番に出でてをる猫媼さび 阿波野青畝
籾磨つて臼引き合へる妹背かな 村上鬼城
籾磨の哥を忘て寝夜かな 中川乙由
籾筵昃りがちの午前中 清崎敏郎
籾筵片づけられし墓混み合ふ 香西照雄 素心
籾臼に肩をならべる月見哉 凉菟
籾臼の廻りも早し秋日和 中川乙由
籾臼や声からさきへからしけり 芙雀
籾莚 よぎる 農夫で老いた腰 伊丹三樹彦
籾莚素足となりて踏みわたる 山口誓子
老いし母怒濤を前に籾平(なら)す 西東三鬼
苗代にいのち噴かざる籾が見ゆ 山口誓子
苗代や籾をかぶつてなく蛙 正岡子規 苗代
草の露下りゐて籾も摺り了へぬ 加藤秋邨
行人や門田のわせの籾づもり 諷竹
衣川戦ここらに籾殻焼く 山口青邨
裏の家の籾摺る音の今日はなし 長谷川素逝 村
見られゐて無想の肱や籾砧 石塚友二 光塵
詩經には籾摺歌こそ入れたけれ 正岡子規 籾すり
足つけて居直る籾や小田の雨 丈草
道はたの籾すり臼や蓼老いぬ 正岡子規 籾すり
道半分は籾の干し場ぞ奮闘す 金子兜太
野猿運び来る籾袋眼の前ヘ 右城暮石 句集外 昭和五十六年
雨の田に籾殻山は離れ島 山口誓子
頭刈る日向に籾の香が流れ 飯田龍太
風吹て籾のほこりのゆがみけり 正岡子規 籾干
風立ての籾のぱら~笊を打つ 高野素十
飯粒は籾米よりものどかなる 三橋敏雄
麦籾の人に喰つくあつさかな 桜井梅室

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 10:03 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26298691
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング