穭 の俳句

穭 の俳句

穭 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23313574/

穭 補遺

*ひつじはや伊勢の國鵜の飛べるなり 岡井省二 前後
*ひつじほの何をちからに薄氷 加藤曉台
*ひつじ田と鰻田経たる街の風 山田みづえ 草譜
*ひつじ田にはまりて雲を掬ひゐる 佐藤鬼房
*ひつじ田に二本のレール小浜線 高野素十
*ひつじ田に市長補聴器の紐光り 山田みづえ 忘
*ひつじ田に放り込まるる刈芒 石田勝彦 秋興
*ひつじ田に日と月のある野望かな 平井照敏 天上大風
*ひつじ田に真雁の声の揃ひたる 山田みづえ 草譜
*ひつじ田に肩組み頭寄せ日の児たち 佐藤鬼房
*ひつじ田に鶏あそぶ夕日かな 内藤鳴雪
*ひつじ田のさみどりに茶の注ぎしぼり 石田勝彦 百千
*ひつじ田のはしのところに籬して 高野素十
*ひつじ田の枯るるすがすがしき月夜 松村蒼石 雪
*ひつじ田の枯れゐて安房はなつかしや 清崎敏郎
*ひつじ田の水より年のゆく日さす 岡井省二 明野
*ひつじ田の畦の景色の彼岸花 日野草城
*ひつじ田の穂に穂を重ね瑞々し 山口青邨
*ひつじ田の青くはなやか鶏白く 山口青邨
*ひつじ田の青敷くみちのく妻つれて 山口青邨
*ひつじ田は人通らねば泣きに来し 高野素十
*ひつじ田も淡海の空も深曇 草間時彦 櫻山
*ひつじ田も金色無限朝日さす 林翔
*ひつじ田や伸びてやはらぐ父の髯 香西照雄 素心
*ひつじ田をあはれ跳び交ふ螽かな 日野草城
*ひつじ田を縫ふ最上川晴れ極む 佐藤鬼房
*ひつじ田を翔ちたる懸巣山に鳴く 岡井省二 鹿野
*ひつじ田を行き戻りして柿を採る 右城暮石 散歩圏
*ひつじ田越し家畜医なども伊能姓 木村蕪城 寒泉
*ひつじ踏めば姨捨の海喪の色す 角川源義
*ひつぢ田にあふるる川は最上川 村山故郷
*ひつぢ田に大社の雀来て遊ぶ 村山故郷
*ひつぢ田や湖北の鴉何喚く 村山故郷
あを~と*ひつじ田に顎おとしけり 岡井省二 猩々
この村の日和甘くて*ひつじ穂に 上田五千石『琥珀』補遺
たゞ刻を惜しむ*ひつじ田ひろ~と 高野素十
ひつじ伸びもめごともなき家並ぶ 波多野爽波
ひつじ田に三畝の緑をしぐれけり 正岡子規 時雨ひつじ<禾+魯>
ひつじ田に越後曇りの微風かな 廣瀬直人
ひつじ田の寒月照らすやはらかさ 山口誓子
ひつじ田の水漬きて神に近くあり 後藤比奈夫
ひつじ田の青へ来遊ぶ 石叩き 伊丹三樹彦
ひつじ田や痩せて慈姑の花一つ 正岡子規 ひつじだひつじ<禾+魯>
ひつじ田や雲の茜が水にあり 森澄雄
ひつじ田や青葉折れ込む薄氷 吉川五明
ひつじ田を ほろほろと蝶 婚の荷着く 伊丹三樹彦
ひつぢ田となるまで雨のいくたびか 佐藤鬼房
ひつぢ田に一羽渚に一羽鷺 佐藤鬼房
ひつぢ田に月の蛙やかこちごゑ 馬場存義
ひつぢ田の麦より青き時雨哉 尚白
ひつぢ田や美神ゆかりの木花町 角川源義
ひつぢ田をよぎりて行けり白き猫 及川貞 夕焼
ひら~とひつぢ穂うごく寒さかな 路通
やゝさむし早稲のひつぢの角芽立 野童
一寺一塔*ひつじこれを囲繞せり 安住敦
五丈原の孔明田の*ひつじに穂 松崎鉄之介
伊吹くつきり唐黍の*ひつじかな 岡井省二 山色
初冬のひつじ田みどり衰へず 高浜年尾
吹きなびく御田の*ひつじの青々と 高野素十
囲むひつじ田 一遺言が刺さった僕 伊丹三樹彦
大宇陀や刈田ひつぢ田風倒田 鷹羽狩行
婆が跳び越えし*ひつじ田峡の奥 林翔
小春日の萌黄短かき*ひつじかな 清崎敏郎
干拓の*ひつじに鷺に低まる日 木村蕪城 寒泉
晩稲のあと一抹のひつじかな 三橋敏雄
暗渠未完の*ひつじ田に雨ふりそそぐ 佐藤鬼房
枯*ひつじさやに湖の日負ひ戻る 角川源義
歩々に詩や*ひつじ田の光り移りつつ 香西照雄 対話
歩々に詩やひつじ田の光り移りつつ 香西照雄
水漬田の*ひつじを窓のふいご祭 角川源義
海変じいまひつじ田が緑なす 山口誓子
海風になびくひつじ田海に落つ 阿波野青畝
白髪だちしてほうほうと*ひつじ枯る 富安風生
破れ鳶また*ひつじ田の電柱に 岡井省二 鹿野
網の垣して大島の田はひつじ 阿波野青畝
耕されひつくりかへりをる*ひつじ 清崎敏郎
花嫁が行く*ひつぢ田の晴れし日に 村山故郷
蜀黍もひつじ穂なして渡り鳥 道彦 続蔦本集
豊年の一穂も*ひつじを交へざる 高野素十
退屈なコンテナの影*ひつじ田に 佐藤鬼房
鉱害の*ひつじ田水輪夥し 高野素十
間借りきみらにひつじ田の地価曇りおり 古沢太穂 火雲
青き穂に千鳥啼也ひつぢ稲 史邦
鶏鳴の真亀や*ひつじ水冠り 佐藤鬼房

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 10:13 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26298715
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング