行秋 の俳句

行秋 の俳句

行秋 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/25078807/

行秋 補遺

いく秋の酒のほまれや日本號 正岡子規 行く秋
おもかげの青田暮れゆく秋の声 角川源義
この秋の終の一信美濃へ書く 上田五千石 天路
みちのくを出て來て江戸に行く秋や 正岡子規 行く秋
ゆく秋の 木々の空洞(うつろ)の うつろのひびき 富澤赤黄男
ゆく秋のとあるところに馬のかほ 鷲谷七菜子 天鼓
ゆく秋のほとけのまみの切れふかき 伊丹三樹彦
ゆく秋のほとけの片面全く翳 伊丹三樹彦
ゆく秋のほとけの目路いともはろか 伊丹三樹彦
ゆく秋のほとけ被ませるうすぼこり 伊丹三樹彦
ゆく秋のカルスト台地なぜ遠い 佐藤鬼房
ゆく秋の園をあゆめば人と遠し 上村占魚 鮎
ゆく秋の大方は四十近き友 石川桂郎 含羞
ゆく秋の山田奉行所跡雨つよし 山田みづえ まるめろ
ゆく秋の杯(つき)の朱さも羅漢とや 伊丹三樹彦
ゆく秋の林間に光舞わしめ 金子兜太
ゆく秋の水音もなき星あかり(友人戦死の報) 飯田龍太
ゆく秋の涙のごはぬほとけたち 伊丹三樹彦
ゆく秋の潮吹きあげて雨が降る 上村占魚
ゆく秋の眇まともに羅漢これ 伊丹三樹彦
ゆく秋の粟食むすずめ羽を拡ぐ 飯田蛇笏 山廬集
ゆく秋の羅漢のゑみに入るもよし 伊丹三樹彦
ゆく秋の羅漢の喜怒の愛しかも 伊丹三樹彦
ゆく秋の羅漢羅漢とあひ笑ふ 伊丹三樹彦
ゆく秋の谷川に目を浸し居る 佐藤鬼房
ゆく秋やかかしの袖の草虱 飯田蛇笏 山廬集
ゆく秋やふくみて水のやはらかき 石橋秀野
ゆく秋や吹かるるものに袖袂 鈴木真砂女 居待月
ゆく秋や夜の海とて魔ものめき 鈴木真砂女 夏帯
ゆく秋や宿の夜毎のきりたんぽ 鈴木真砂女 夏帯
ゆく秋や小店はおのが正念場 鈴木真砂女 夕螢
ゆく秋や来馴れし磯の見馴れし島 鈴木真砂女 夕螢
ゆく秋や河内国原煙立つ 日野草城
ゆく秋や海荒ければ鵜も荒し 鈴木真砂女 居待月
ゆく秋や灯影に見ゆる馬の糞 日野草城
ゆく秋や無人の売れる茶を土産 赤尾兜子 玄玄
ゆく秋や石榻による身の力 飯田蛇笏 山廬集
ゆく秋を女見送る姿かも 能村登四郎
わが中に道ありて行く秋の暮 野見山朱鳥 愁絶
上手より馬あらはれて秋終る 桂信子 初夏
世の中の秋か行くそよ都人 正岡子規 行く秋
傷が癒えゆく秋めいた風となつて吹く 種田山頭火 草木塔
又一人頬かふり行く秋の雨 正岡子規 秋雨
塵の中にくれ行く秋の夕日かな 正岡子規 秋の夕日
壱岐対馬見え行秋の城址かな 高浜年尾
大木の中を人行く秋の雨 正岡子規 秋雨
尼寺や寂莫として秋の行く 正岡子規 行く秋
市中やにわかに秋の行く夕 正岡子規 行く秋
師冷えゆく秋川硝子越しに哭き 廣瀬直人 帰路
惡句百首病中の秋の名殘かな 正岡子規 行く秋
月ながら暮れ行く秋そうとましき 正岡子規 暮の秋
月の秋菊の秋過てくれの秋 正岡子規 暮の秋
月の秋過てつれなくくれの秋 正岡子規 暮の秋
月も露もしらけて秋の行かんとす 正岡子規 行く秋
月青く雨紅に秋ぞ行く 正岡子規 行く秋
朝顔のひるまでさいて秋の行 正岡子規 行く秋
東洋紡界隈麦の秋終る 山口誓子
松二木竝んで秋の老にけり 正岡子規 行く秋
松二本竝んで秋の老にけり 正岡子規 行く秋
枯松葉青松葉秋の行く小庭 正岡子規 行く秋
森の中や秋行く庵の人一人 正岡子規 行く秋
機影ゆく秋闌のうろこ雲 飯田蛇笏 白嶽
此君にわれに秋行く四疊半 正岡子規 行く秋
湯どころや行く秋青き深山歯朶 石塚友二 光塵
滿月となりて秋行く吉野かな 正岡子規 行く秋
独房に釦おとして秋終る 秋元不死男
痛みある度に澄みゆく秋の水 能村登四郎
短檠や秋盡きんとして楚辭を讀む 正岡子規 行く秋
秋の果身の真中はいづことも 斎藤玄 雁道
秋を愛す其秋將に行かんとす 正岡子規 行く秋
秋行くと砂糖木畠の荒れにけり 正岡子規 行く秋
秋行くや大根二股にわれそめて 正岡子規 行く秋
臥てゐても雨の寒さよ秋終る 日野草城
花と見ていま行く秋や錦鯉 古舘曹人 砂の音
菊を剪つて行く秋惜む主かな 正岡子規 行く秋
號外を賣り行く秋の夕哉 正岡子規 秋の夕
行く秋にしがみついたる木の葉哉 正岡子規 行く秋
行く秋にならびて君か舟出哉 正岡子規 行く秋
行く秋に大佛殿の嵐哉 正岡子規 行く秋
行く秋に梨ならべたる在所哉 正岡子規 行く秋
行く秋のしぐれかけたり法隆寺 正岡子規 行く秋
行く秋のふだらく山の鐘つきし(那智の滝) 細見綾子
行く秋のふらさかりけり烏瓜 正岡子規 烏瓜
行く秋のまた旅人と呼ばれけり 正岡子規 行く秋
行く秋の一卷キ殘る芭蕉かな 正岡子規 行く秋
行く秋の一塊の石ただ白く 山口青邨
行く秋の一日秋を盡しけり 正岡子規 行く秋
行く秋の人形芝居にも幕間 鷹羽狩行
行く秋の何にも増して抹茶飴 佐藤鬼房
行く秋の光澄む古き床柱 石塚友二 光塵
行く秋の妻にしたがふ何々ぞ 上田五千石『天路』補遺
行く秋の小舟淋しき湊かな 正岡子規 行く秋
行く秋の我に神無し佛無し 正岡子規 行く秋
行く秋の敵國近し劍の霜 正岡子規 行く秋
行く秋の晝飯くへば寒くなる 正岡子規 行く秋
行く秋の月光花のごとくなり 岡本眸
行く秋の月夜を雨にしてしまひ 正岡子規 行く秋
行く秋の梨ならべたる在所かな 正岡子規 行く秋
行く秋の橋杭ばかり殘りけり 正岡子規 行く秋
行く秋の死にそこなひが歸りけり 正岡子規 行く秋
行く秋の涙もなしにあはれなり 正岡子規 行く秋
行く秋の淋しく成し田面哉 正岡子規 行く秋
行く秋の烏も飛んでしまひけり 正岡子規 行く秋
行く秋の眼を塞ぎたる一人哉 正岡子規 行く秋
行く秋の石打てばかんと響きける 正岡子規 行く秋
行く秋の腰骨いたむ旅寐哉 正岡子規 行く秋
行く秋の舌に残りて切手の香 鷹羽狩行
行く秋の虹の半分奈良にあり 廣瀬直人
行く秋の蛤塚に舟を寄す 上田五千石 天路
行く秋の輕うなりたる木實哉 正岡子規 行く秋
行く秋の野菊白くも咲きけらし 正岡子規 行く秋
行く秋の鐘つき料を取りに來る 正岡子規 行く秋
行く秋の闇にもならず星月夜 正岡子規 星月夜
行く秋の雲がかくすや奥の嶽 村山故郷
行く秋の雲と思ひぬ墨に金 山口青邨
行く秋の鬼の鋼椅子(スチールチェア)かな 佐藤鬼房
行く秋の鴉鳴くなり羅生門 正岡子規 行く秋
行く秋の鹿淋しがる戸口哉 正岡子規 行く秋
行く秋の鼬死居る木部屋哉 正岡子規 行く秋
行く秋やぼんやりしたる影法師 正岡子規 行く秋
行く秋やまばらに見ゆる竹の藪 正岡子規 行く秋
行く秋や一千年の佛だち 正岡子規 行く秋
行く秋や何を烟らす一軒家 正岡子規 行く秋
行く秋や刀豆一ツあらはるゝ 正岡子規 行く秋
行く秋や壁の穴見る藪にらみ 正岡子規 行く秋
行く秋や大根畠に鳴く雀 正岡子規 行く秋
行く秋や奈良の小寺の鐘を撞く 正岡子規 行く秋
行く秋や奈良の小店の古佛 正岡子規 行く秋
行く秋や奈良は古寺古佛 正岡子規 行く秋
行く秋や店に兀げたる春日盆 正岡子規 行く秋
行く秋や庵の夕を鴉鳴く 正岡子規 行く秋
行く秋や我に神なし佛なし 正岡子規 行く秋
行く秋や手を引きあひし松二木 正岡子規 行く秋
行く秋や杉寂として赤き宮 正岡子規 行く秋
行く秋や東京の灯をつつむ雨 村山故郷
行く秋や松にすがりし蔦紅葉 正岡子規 蔦紅葉
行く秋や松の古葉を振り落し 正岡子規 行く秋
行く秋や松の木の間の南禪寺 正岡子規 行く秋
行く秋や梅若寺の葭簀茶屋 正岡子規 行く秋
行く秋や水の中にも風の音 正岡子規 行く秋
行く秋や油かわきし枕紙 正岡子規 行く秋
行く秋や滅法硬き飴の玉 相生垣瓜人 負暄
行く秋や火の見の下の綾瀬川 石田波郷
行く秋や眞向に細き鹿の尻 正岡子規 鹿
行く秋や紅葉の中の一軒家 正岡子規 紅葉
行く秋や花を育てる土買つて 鈴木真砂女 居待月
行く秋や菴の菊見る五六日 正岡子規 行く秋
行く秋や隣の窓の下を掃く 前田普羅 普羅句集
行く秋をさらに妙義の山めぐり 正岡子規 行く秋
行く秋をしぐれかけたり法隆寺 正岡子規 行く秋
行く秋をすつくと鹿の立ちにけり 正岡子規 鹿
行く秋を人なつかしむ灯哉 尾崎放哉 大学時代
行く秋を佛手柑の只一つ哉 正岡子規 行く秋
行く秋を大めし食ふ男かな 正岡子規 行く秋
行く秋を大海原のたゞ廣し 正岡子規 行く秋
行く秋を奇麗にそめし紅葉哉 正岡子規 紅葉
行く秋を松にかたよる海邊哉 正岡子規 行く秋
行く秋を法華經寫す手もとゞめず 正岡子規 行く秋
行く秋を生きて歸りし都哉 正岡子規 行く秋
行く秋を絲瓜にさはる雲もなし 正岡子規 糸瓜
行く秋を追ひつめて須磨で取り迯す 正岡子規 行く秋
行く秋を開ききつたる芙蓉哉 尾崎放哉 大学時代
行く秋を雨に氣車待つ野茶屋哉 正岡子規 行く秋
行秋に狐つきたり鍛冶が弟子 内藤鳴雪
行秋のふしぶしいたむ旅寐哉 正岡子規 行く秋
行秋のをろちをつかふぬひぐるみ 三橋敏雄
行秋の一人の起居にも馴れて 星野立子
行秋の天西南に傾きぬ 内藤鳴雪
行秋の居座り雲に夜明けけり 尾崎放哉 大学時代
行秋の屋根裏にして独り言 橋閒石 微光以後
行秋の岬の果の果の見ゆ 清崎敏郎
行秋の朝な朝なの日田の霧 高野素十
行秋の立徃生や枯尾花 正岡子規 枯薄
行秋の編笠茶*碗すゝりけり 齋藤玄 飛雪
行秋やつられてさがる唐辛子 正岡子規 唐辛子
行秋やなさねばならぬ悪ひとつ 相馬遷子 雪嶺
行秋やリフト下りるに足縺れ 後藤比奈夫
行秋や三田に延命地蔵堂 石川桂郎 含羞
行秋や不破の関屋の臼の音 内藤鳴雪
行秋や書架のどこかに花図鑑 古舘曹人 樹下石上
行秋や松茸の笠そりかへる 正岡子規 松茸
行秋や案山子にかゝる鳴子繩 正岡子規 鳴子
行秋や沼の日向に浮く蛙 村上鬼城
行秋や病氣見舞の青蜜柑 正岡子規 青蜜柑
行秋や糸に吊るして唐辛子 村上鬼城
行秋や蝿に噛み付く蟻の牙 村上鬼城
見上ぐれば不安先ゆく秋の坂 廣瀬直人 帰路
賣れ殘る木魚一つに秋の行く 正岡子規 行く秋
蹴りし石犬が嗅ぎゆく秋の暮 岸田稚魚 紅葉山
須磨に更けて奈良に行く秋あら淋し 正岡子規 行く秋
鳶が舞ふけろりと秋の行くことよ 正岡子規 行く秋
鷄頭に暮れ行く秋の夕日哉 正岡子規 秋の夕日

行秋 続補遺

いくほどぞ日なた追行秋の蝿 琴風
いざ死んで干鮭になる秋の果 朱拙
おいて行秋の記念か葉の動き 舎羅
くれて行秋や三つ葉の萩の色 凡兆
せまり行秋や昼なく岡の虫 松岡青蘿
ひまの駒西へひがしへ行秋歟 加舎白雄
むしの音や乙になり行秋の暮 如流 江戸広小路
ゆく秋にそらさぬ顔や唐がらし 吾仲
ゆく秋の梢詠て僧ひとり 中川乙由
ゆく秋やから板敷に風がふく 白雄 白雄句集
ゆく秋やとらへてさがる縄すだれ 野坡
ゆく秋やむかしはものを思はざる 井上士朗
ゆく秋や情に落入る方丈記 加舎白雄
ゆく秋や紅葉の寺に我を客 桃隣
ゆく秋や酒あたゝめしかんな屑 北枝
ゆく秋や雀の歩行草の中 成田蒼虬
ゆく秋や馴染ぬ鳥も有ものを 中川乙由
ゆく秋や鴫の羽根掻くい~と 鈴木道彦
大かたの秋の別やすゞのもり 百里
帰ろとは鹿に言はせて行秋ぞ 三宅嘯山
折釘にかづらや残る秋の蝉 其角
梢から来て梢から行秋ぞ 中川乙由
水音やゆゝしき秋の草の果 田川鳳朗
爰で死ねといへどもきかず行秋や 樗良
牛に乗り何を見に行秋の暮 凉菟
秋の名残山田の添水いとまあれや 加藤曉台
秋の果亀は小藪にはひ入ぬ 夏目成美
蔓ものゝ裾をからげて行秋ぞ 素丸 素丸発句集
行く秋やむかしをからで富士ひとり 上島鬼貫
行く秋や二十日の水に星の照り 欺波園女
行く秋や抱けば身に添ふ膝頭 炭太祇
行く秋や椴より落る蝉の殻 桃隣
行秋に*鮎のしら干哀れなり 加舎白雄
行秋にあまた入たるしぐれ哉 浪化
行秋にきるほどもなき袷かな 牡年
行秋に似たもの見せう年の角 鈴木道彦
行秋に藪ある家のあらし哉 浪化
行秋のあとやとぼける菊の皃 杜若
行秋のうしろ前なき案山子かな 馬場存義
行秋のけふに成ても秋のくれ 鳳朗
行秋のさて~人をなかせたり 越人
行秋のそれも夜食か生リひさご 舎羅
行秋のゆくともしらであすならふ 井上士朗
行秋の四五日弱るすゝき哉 丈草
行秋の声も出るや瓢から 千代尼
行秋の尾をとらへばや蔦かづら 中川乙由
行秋の枕にしむや湯のにほひ 除風
行秋の碁相手呼か寺の鳩 露川
行秋の膝になつくやきり~す 素覧
行秋の草にかくるゝ流れかな 加舎白雄
行秋の菊か弥生の藤のはな 越人
行秋の道~こぼす紅葉かな 中川乙由
行秋の関札高き紅葉哉 越人
行秋の顔に年よる柚べし哉 吾仲
行秋の魂出たり松の虹 桃妖
行秋は横に撫たるきゝやうかな 路健
行秋も伊良古をさらぬ鴎哉 杜国
行秋やあはれ非情の草も木も 樗良
行秋やひとり身をもむ松の声 千代尼
行秋やひとり轆轤の幾廻り 田川鳳朗
行秋やぼろ~解て薄の穂 野紅
行秋や七里が浜も八里程 桃隣
行秋や三十の瞽女の投島田 東皐
行秋や三十日の水に星の照り 園女
行秋や五月に糶しことし米 高井几董
行秋や冬ともみあふ気色相 十丈
行秋や千どり懸持ッ奈呉有礒 十丈
行秋や名古曽に浪のあかばかり 鈴木道彦
行秋や壁に打むく一羽どり 朱拙
行秋や尾を引雲の雨曇り 牧童
行秋や我半時の門案山子 野坡
行秋や抱けば身に添ふ膝頭 炭太祇
行秋や持て来た風は置ながら 千代尼
行秋や木萱の上をまもる外 朱拙
行秋や松葉こぼすを手持にて 鈴木道彦
行秋や梢に掛るかんな屑 丈草
行秋や椽の下から山のいも 完来
行秋や淡路もつふと闇のほど 風国
行秋や細きすがたの野案内 柳居 柳居発句集
行秋や舟にしやれたる客斗 秋之坊
行秋や花にふくるゝ旅衣 去来
行秋や若草山の名は枯ず 中川乙由
行秋や草臥のつく鹿の恋 正秀
行秋や見帰れば舟の跡もなし 高桑闌更
行秋や返す~もから衣 史邦 史邦
行秋や連立つまいと思へども 吏登 発句類聚
行秋や門につるせし落し文 道彦 発句題叢
行秋や雲はあはれに水はかなし 松岡青蘿
行秋や霜の袴のきそはじめ 三宅嘯山
行秋や静に似たる旅女 完来
行秋や食にとりつく痢病やみ 吾仲
行秋や鳥井にこづむ石礫 りん女
行秋や鴬も飛小鳥なみ 野紅
行秋をおさへて見ばや大*瓠 木導
行秋をしがみ付てや壁に蔦 素覧
行秋をだん~菊のおしみ咲 舎羅
行秋をぶらりとかやのつりて哉 史邦
行秋をまことや鎌の痩法師 白雪
行秋を又蜩もふたりやら 路青
行秋を皷弓の糸の恨かな 乙訓
行秋を身にしたがふや夜着ふとん 浪化
行秋を鴨は迎に来たさうな 松窓乙二
起出て月を尋ん秋の果 露印
野の色に何にかたづくる秋の果 句空
錦着て夜ゆく秋を惜みけり 蓼太 蓼太句集初編
音にたてゝふくべもなるや秋の果 夏目成美
骨きえてかぶとに残る秋の声 樗良
鬢霜にして行秋の意地わるし 越人
鶏頭の何に肥行秋のくれ 許六

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 10:24 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26298735
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング