暮の秋 の俳句

暮の秋 の俳句

暮の秋 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22912889/

暮の秋 補遺

あかあかと秋暮終りぬ樹林の家 金子兜太
うす虹をかけて暮秋の港かな 飯田蛇笏 霊芝
すべすべと幹の立ちたる暮秋かな 鷲谷七菜子 天鼓
はなやぎは駅の燈にのみ秋暮るる 上田五千石『琥珀』補遺
みちのくや馬も雇はで暮るゝ秋 正岡子規 暮の秋
予後くらき患者ばかりの秋暮るゝ 相馬遷子 山国
二の道のなくて秋暮のこれを行く 上田五千石『琥珀』補遺
何者の足行く秋暮金泥経 永田耕衣
偽筆芭蕉かけてをかしや暮の秋 山口青邨
冠の塵もはらはず秋暮ぬ 正岡子規 暮の秋
刈りあとの篠が足つく暮秋かな 鷲谷七菜子 游影
取りに來る鐘つき料や暮の秋 正岡子規 暮の秋
大佛を見て鹿を見て秋暮るゝ 正岡子規 秋の暮
大厦めきたる繋船も秋暮るる 阿波野青畝
天翔けるにや地にひそむにや秋暮るる 福田蓼汀 秋風挽歌
女房をたよりに老ゆや暮の秋 村上鬼城
子守とはときにうつろに秋暮るる 中村汀女
密蜂のうちかたまつて暮の秋 村上鬼城
尾をみるがごとく秋暮をみかへりぬ 上田五千石『琥珀』補遺
山刀伐峠に湧きて暮秋の笹の音 鷲谷七菜子 游影
山茶花の一輪咲て秋暮れぬ 正岡子規 秋の暮
島の秋暮しの水は海へ落し 鈴木真砂女
拍手に秋暮俄かやこんこ雨 角川源義
拱きてをるならねども暮の秋 石塚友二 磊[カイ]集
指でたどる磨崖の彫りも秋暮急 上田五千石『田園』補遺
撞木はじいて鐘ばんじやくや暮の秋 原石鼎 花影
暮の秋きびしく白き薔薇咲ける 細見綾子 桃は八重
暮の秋巣箱は森のポストにて 上田五千石 森林
暮秋いま伊勢の城々天守なし 山口誓子
暮秋この怒気をさまらぬ滝を去る 上田五千石『琥珀』補遺
暮秋や噛みつぶしたる長煙管 村上鬼城
月ながら暮れ行く秋そうとましき 正岡子規 暮の秋
月の秋次ハ是非なくくれの秋 正岡子規 暮の秋
月の秋菊の秋それらも過ぎて暮の秋 正岡子規 暮の秋
月の秋菊の秋過てくれの秋 正岡子規 暮の秋
月の秋過てつれなくくれの秋 正岡子規 暮の秋
月もあり黄菊白菊暮るゝ秋 正岡子規 暮の秋
月細り細り盡して秋くれぬ 正岡子規 暮の秋
案山子老て秋は鳴子に暮にけり 正岡子規 暮の秋
水辺に焼けし家あり暮の秋 尾崎放哉 大学時代
注射苦や暮秋が妻を消しにくる 秋元不死男
火力すぐ衰ふ文を焚く暮秋 上田五千石『風景』補遺
炮烙の大豆にも逢はず秋暮れぬ 正岡子規 秋の暮
煮るものの僅ながらや暮の秋 石田波郷
熟眠し暮秋嘆ずることもなし 日野草城
状差に葉書一枚暮の秋 橋閒石 雪
町方の秋暮を曳いて寺に入る 上田五千石『琥珀』補遺
目を丸く鯉の日暮の秋の風 森澄雄
目頭押さえる 暮秋の自分自身のため 伊丹三樹彦
眼力にあがる怒濤や暮の秋 齋藤玄 飛雪
砂地ばかり歩きし一日暮の秋 細見綾子
礼すれば釈迦三尊に暮の秋 下村槐太 天涯
秋暮いまも街ゆく荒淫の民ら 金子兜太
秋暮るる男なき家のあなづられ 福田蓼汀 秋風挽歌
秋暮るゝ奈良の旅籠や柿の味 正岡子規 柿
秋暮光とくとく流る神の水 角川源義
秋暮色くらきほどもの見えてくる 能村登四郎
秘事多き墨師と別れ暮の秋 角川源義
箒木の箒にもならず秋くれぬ 正岡子規 暮の秋
繩簾蛇にもならず秋くれぬ 正岡子規 暮の秋
胃ぶくろにすごもる虫や暮の秋 飯田蛇笏 山廬集
花うつる忌の甕水も暮秋かな 飯田蛇笏 霊芝
草の戸の臀たれ猫や暮の秋 飯田蛇笏 山廬集
華やぎてわれこゝにあり暮の秋 原石鼎 花影
蜘の巣の獲物も無しに秋暮るゝ 正岡子規 秋の暮
誨淫の書にしたしめり暮の秋 日野草城
返り咲く紫紺のあやめ暮の秋 福田蓼汀 山火
釣鐘の奉加集まらす秋暮るゝ 正岡子規 暮の秋
闘牛の花蘭ねぶる暮秋かな 飯田蛇笏 霊芝
雲は暮秋河岸の高層工すすむ 飯田蛇笏 雪峡
鞴踏む賑ひ過ぎて秋暮れぬ 河東碧梧桐
風上に馬ゐて秋暮急な村 秋元不死男
飛んで來る餘所の落葉や暮るゝ秋 正岡子規 暮の秋
馬醫者や馬の脉見る暮の秋 正岡子規 暮の秋
鴉四羽五羽六羽秋暮の倫敦塔 林翔 和紙
鵜を撫して鵜匠の鬚や暮の秋 石川桂郎 四温

暮の秋 続補遺

たまに見る舟も行かげ秋暮る 鈴木道彦
九年母は尻もくさらず秋暮ぬ 中川乙由
仏手柑も真向になりて秋暮ぬ 中川乙由
孳せし馬の弱りや暮の秋 炭太祇
客は老てあるじはふるし暮の秋 樗良
家嫁達がちやは~いふて秋暮ぬ 野坡
寒きとて寝る人もあり暮の秋 炭太祇
寺子屋のてら子去ニけり秋暮 黒柳召波
日の色の在郷じみたり秋の末 土芳
暮の秋箕に灰いれし這入口 樗良
月も世に捨られ皃や暮の秋 三宅嘯山
梅もどき我あり顔や暮の秋 黒柳召波
此秋暮文覚我をころせかし 其角
気のつかぬ隣の顔や暮の秋 炭太祇
沢山に思ふて今ぞ暮の秋 荊口
粟の穂の枕あはせに暮の秋 路健
紅鷺の羽の音なし河に秋暮ぬ 朱拙
落る日や北に雨もつ暮の秋 炭太祇
藤に春暮て葡萄に秋暮ぬ 中川乙由
虫は皆節に死けり暮の秋 三宅嘯山
風流の罪に魚津の暮の秋 樗良

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 10:28 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26298745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング