黄落 の俳句

黄落 の俳句

黄落 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/25063334/

黄落 補遺

いちじくの黄落光る土管にも 細見綾子
いつ奏づ黄落のわが竪琴よ 佐藤鬼房
がうがうと黄落の音したりけり 草間時彦 櫻山
セーターの黄落の色腰に巻き 能村登四郎
ポタージュの厚みを唇に黄落期 桂信子 草影
一の倉大黄落を劈けり 阿波野青畝
一木の黄落を露路もてあます 上田五千石『田園』補遺
万葉の黄落ルオー見し日なり 藤田湘子 途上
不動明王憤怒黄落慌し 阿波野青畝
人居ればそこに日が射し黄落期 岡本眸
凄然と黄落に在り目をひらき 佐藤鬼房
半生のわがこと終へし黄落期 中村苑子
地に甘えありて黄落期の日暮 佐藤鬼房
夢聰し汝が黄落電車のむれ(原聰一新句集『黄落』(岐阜市電詠百八十一句)を祝す) 永田耕衣
大黄落 箒如きを甲斐なくし 伊丹三樹彦
女らと飲めば黄落暮れやすし 雨滴集 星野麥丘人
姿なき君は黄落期のゲリラ 佐藤鬼房
子探しに似て黄落の木より木へ 岡本眸
密林の黄落雨量日本一 右城暮石 上下
広場 黄落 絵葉書でまたコイン減る 伊丹三樹彦
掌の中の水迸る黄落期 角川源義
日々の萩黄落もゆきわたりけり 阿波野青畝
昼月は空の傷痕黄落期 岡本眸
木々挙り黄落の挙に出でにけり 相生垣瓜人 負暄
東京 黄落 坂の名いちいち憶えきれぬ 伊丹三樹彦
泪瞳の馬黄落の鶴ケ城 角川源義
潔き黄落なれや木々なれや 相生垣瓜人 負暄
澱橋すぎ黄落の街に入る 山田みづえ まるめろ
煙もまた黄落の景の一つとす 能村登四郎
独歩旧居に白湯煮る女 黄落季 伊丹三樹彦
町角に寺ありて黄落の昼 村山故郷
白樺の黄落オロレフ峠晴れ 村山故郷
蓮華寺といふ黄落の墓どころ 能村登四郎
街灯の芯にまで黄落のいろ 鷹羽狩行
誇示さるる黄落にてもあらむとす 相生垣瓜人 負暄
金閣寺黄落を浴びて来し日かな 村山故郷
陸橋をバネ弾みの歩 黄落季 伊丹三樹彦
雑草園柘榴黄落冬近し 山口青邨
雲林禅寺は黄落禅寺すさまじき 山田みづえ 草譜
顔冷えて来し黄落の数本目 岡本眸
飛ぶ虫の群れて黄落促すや 大野林火 月魄集 昭和五十五年
馬頭観音まもる黄落の塩の道 能村登四郎
魚河岸やけふ黄落の定休日 鈴木真砂女 夕螢
鳥類に鉄の止り木黄落期 鷹羽狩行
鵯騒ぐ寂かなるべき黄落に 相生垣瓜人 明治草
黄落にさそひ出されては遊び 能村登四郎
黄落にまぎれはせずに雉子の瑠璃 細見綾子
黄落に来て中食の店さがす 能村登四郎
黄落に硫黄の滝の黄なる滝 山口誓子
黄落に逸れる木々を称へけり 相生垣瓜人 負暄
黄落に遊動円木揺り捨てる 細見綾子
黄落に雲中菩薩楽流す 右城暮石 句集外 昭和四十九年
黄落のあたりに出でて癒えゆくか 村山故郷
黄落のいまこそ狂へ風樹変 上田五千石『田園』補遺
黄落のしきりなる時懸巣鳴く(松島瑞巌寺) 細見綾子
黄落のつづくかぎりの街景色 飯田蛇笏 椿花集
黄落のとどめともなく二三片 上田五千石 森林
黄落のひかり突切る高校生 廣瀬直人
黄落のまひるかそけき鳶の舞ひ 飯田蛇笏 家郷の霧
黄落の中を通りし声の束 斎藤玄 雁道
黄落の了るを石の待ちをれり 相生垣瓜人 負暄
黄落の人が引き出す蜘蛛の糸 原裕 青垣
黄落の低き唄出づ口閉づる 原裕 葦牙
黄落の光りかがやく林かな 村山故郷
黄落の力ゆるめし日和かな 百合山羽公 樂土以後
黄落の墓に寄り添ひ独語 角川源義
黄落の夕ベ駄菓子に執しゐる 佐藤鬼房
黄落の夜目にもしるき一樹かな 村山故郷
黄落の天井プラタナス並木 鷹羽狩行
黄落の奥へ入り行く女声 右城暮石 句集外 昭和四十二年
黄落の宙に雲中供養佛 右城暮石 句集外 昭和六十二年
黄落の山四方にある地獄絵図 飯田龍太
黄落の巷学童と騎馬巡査 松崎鉄之介
黄落の干戈交ふるごとくなり 岡本眸
黄落の度を増す終夜灯圏内 鷹羽狩行
黄落の我に減塩醤油かな 波多野爽波
黄落の文科や机疵だらけ 平畑静塔
黄落の新体詩人細面 佐藤鬼房
黄落の旅や嵩ばる紙包み 細見綾子
黄落の旅より帰り白髪ふゆ 細見綾子
黄落の旅黄落の日々の中 後藤比奈夫
黄落の日がきらきらと緒絶川(をだえがは) 佐藤鬼房
黄落の日がちりちりと海の崖 佐藤鬼房
黄落の日をかすめ来し生薬屋 細見綾子
黄落の時虹かけて滝落つる 細見綾子
黄落の月明らけき夜に入りぬ 村山故郷
黄落の樹に立てかけし石仏 右城暮石 句集外 昭和五十八年
黄落の歎喜に木々は戦けり 相生垣瓜人 明治草
黄落の歓喜に木々は戦けり 相生垣瓜人 明治草抄
黄落の水に昏みに魚寄れり 能村登四郎
黄落の池市杵島姫祭る 右城暮石 句集外 昭和四十七年
黄落の真つ只中の亡骸ぞ 草間時彦
黄落の真言密寺烏骨鶏 飴山實 花浴び
黄落の眼に婚の夜の夫やさし 角川源義
黄落の石階登り切りし顔 右城暮石 句集外 昭和五十五年
黄落の細枝巨幹も綾をなす 阿波野青畝
黄落の色納経の大和絵に 細見綾子
黄落の苔に及びて磨崖仏 鷹羽狩行
黄落の藤棚からも散りにけり 古舘曹人 樹下石上
黄落の街の地下道退勤す 中村汀女
黄落の襤にくづ折れ鶴病めり 右城暮石 天水
黄落の覇者として大公孫樹立つ 阿波野青畝
黄落の道いくまがりみちのくは 桂信子 初夏
黄落の道も境内笠荒神 右城暮石 句集外 昭和五十一年
黄落の醜くなりて茶屋払ふ 阿波野青畝
黄落の閻魔はゆるす眸もつ 角川源義
黄落の頁が前後していたり 橋閒石 微光
黄落はげしこんなところに教会が 楠本憲吉 孤客
黄落も一樹百畳ぶだう園 百合山羽公 樂土
黄落やいまにいそしむ贋作り 上田五千石 天路
黄落やおんば日傘におんば入れ 三橋鷹女
黄落やきりきり臼に神火生む 角川源義
黄落やはがき一葉まぎれきて 上田五千石 田園
黄落やひいき羅漢に札あまた 角川源義
黄落やルルド棚田とまぎれずに 小林康治 玄霜
黄落や一キロ痩せて恙なし 鈴木真砂女 紫木蓮
黄落や人間の着る黄は強し 右城暮石 散歩圏
黄落や女の老いは病むに似て 岡本眸
黄落や小さき檻に熊飼はれ 右城暮石 一芸
黄落や尖塔雲を彩どれり 角川源義
黄落や強ひられ唄の怨み節 能村登四郎
黄落や或る悲しみの受話器置く 平畑静塔
黄落や拍手やまざる音楽堂 上田五千石『田園』補遺
黄落や指をはづれし指人形 鷹羽狩行
黄落や故宮おほへる瑠璃瓦 松崎鉄之介
黄落や文科の机身いつぱい 平畑静塔
黄落や柱はマリア像を嵌め 鷹羽狩行
黄落や歌の神辞し女坂 角川源義
黄落や母の白粥わが食へば 能村登四郎
黄落や皿を大きくもてなされ 鷹羽狩行
黄落や碑に消えがての「万」一字 上田五千石『琥珀』補遺
黄落や祈りの指をながく組み 鷹羽狩行
黄落や祐三もかくうつむきて 赤尾兜子 玄玄
黄落や窓も小ぶりの時計台 鷹羽狩行
黄落や肘つくために窓あける 岡本眸
黄落や蜂の古巣も落ちて来し 相生垣瓜人 明治草
黄落や足利学校土塀土場 平畑静塔
黄落や障子しめれば赤子匂ふ(金沢にて) 細見綾子
黄落や雪舟園を掃く勿れ 阿波野青畝
黄落や頭を振り脳の音したり 能村登四郎
黄落や香りにひと日縁なく過ぎ 藤田湘子
黄落や鴉のあとの人のこゑ 岡本眸
黄落よ石膏像に二乳房 鷹羽狩行
黄落をいそぐ迷彩服の兵 鷹羽狩行
黄落を了へ臘八を待てる木々 相生垣瓜人 負暄
黄落を了りし木々を祝福す 相生垣瓜人 明治草抄
黄落を他界にとどく影法師 平井照敏 猫町
黄落を妨げず松天に伸ぶ 阿波野青畝
黄落を待つ石だたみにはたづみ 鷹羽狩行
黄落を憐みぬ又羨みぬ 相生垣瓜人 負暄
黄落を歩めば吾子の唄とどく 原裕 葦牙
黄落を静かに待てる木々の日々 相生垣瓜人 負暄
黄落大路又神農の虎小路 百合山羽公 樂土以後
黄落激し亡びゆくものみな美し 楠本憲吉 方壺集
黄連雀かと黄落をかへりみる 三橋敏雄

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 12:45 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26299023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング