朱欒 の俳句

朱欒 の俳句

朱欒 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22906235/

朱欒 補遺

あかんぼを撮らむと抱かす朱欒かな 飴山實 句集外
ある日街の朱欒に見呆け暮れゐたる 加藤秋邨
うちむらさきに肉を受けたる朱欒かな 岡井省二 鯛の鯛
おやゆびの親のちからの朱欒むく 岡本眸
ざぼんの厚き白き皮剥ぐ人の妻 右城暮石 声と声
ざぼん売り居留地跡を守るなり 後藤比奈夫
ざぼん黄色三味たどたどと母遊ぶ 西東三鬼
その大をもて中央にザボン据う 山口青邨
たそがれの顔より離れ朱欒の実 飯田龍太
ならべおく朱欒檸檬外は冬の雨 山口青邨
ふりそそぐ日に戯れて朱欒もぐ 石田波郷
ふるさとは朱欒の市の頃なれや 上村占魚 球磨
ふるさとも南の方の朱欒かな 中村汀女
まぐはひは神ぞよろこぶ朱欒かな 岡井省二 鯨と犀
みづうみの刀自の栖の朱欒の木 岡井省二 有時
やや歪み朱欒半截年越しぬ 石田波郷
わらんべの頭程あるザボン哉 正岡子規 朱欒
ザボンより大きな梨をもらひけり 正岡子規 梨
ザボン剥くじんじん熱き瞼かな 野澤節子 未明音
ザボン売十字虜囚の影を曳き 原裕 葦牙
二つ切りせし文旦にウィスキー 右城暮石 一芸
人語なしざぼんが熟るゝ島の晝 及川貞 夕焼
卓上に朱欒の一日書の一日 山田みづえ 手甲
厖大を嘆ずべきなる朱欒かな 相生垣瓜人 負暄
嘉きことを与へむ朱欒剥きにけり 山田みづえ まるめろ
噴煙や地に熟れ朱欒青朱欒 山田みづえ まるめろ
土塀封じの鬼の眼 朱欒うつうつ照り 伊丹三樹彦
墓が寝し直ぐの地面に朱欒落ち 山口誓子
夢に朱欒を抱き重りしが創痛す 藤田湘子 途上
大朱欒従容として剥かしめし 相生垣瓜人 負暄
大風に槌振つてをるざぼんかな 阿波野青畝
奪衣婆を偲びて朱欒剥きにけり 相生垣瓜人 負暄
妻に朱欒焼酎をそのあとから出す 石川桂郎 含羞
干布団真赤朱欒は枝に垂れ 高野素十
手で拭く顔手で拭く朱欒爆心地 三橋敏雄
押しいでし熔岩に朱欒の邑のこる 水原秋櫻子 玄魚
文旦すでに置きあるところかな 岡井省二 前後
文旦の実のぶらぶらと春の町 飯田龍太
文旦の故なくをかし笑ひけり 岡本眸
文旦の皮もこもこと春寒き 日野草城
文旦やじやがたら文を世に残し 森澄雄
文旦や長崎の空あをかりき 森澄雄
文旦を剥いてうちむらさきを見き 岡井省二 前後
文旦を抱くや春月さながらに 阿波野青畝
文旦を畳に置けば出家かな 岡井省二 鯨と犀
日輪を見ぬ病室や朱欒むく 石田波郷
日面に揺れて雪解の朱欒かな 杉田久女
朱欒(ざんぼあ)や妻のもちゐし乳房の香 森澄雄
朱欒あり何日か事停滞す 藤田湘子 神楽
朱欒あり凡小の諸果疎むべし 相生垣瓜人 明治草
朱欒に日は氾濫 朱欒売女はどこ 伊丹三樹彦
朱欒の内かはめくもの身つつむ母恋へば 中村草田男
朱欒の欒(ぼん)は団欒の欒(らん)まどゐせむ 安住敦
朱欒の黄あたたかにして団欒す 松本たかし
朱欒むく母の乳房を剥くごとく 草間時彦
朱欒一個忘られてゐし倉の中 飯田龍太
朱欒七八顆そこより冬の湖 岡井省二 鹿野
朱欒切る梟帥(たける)を斬るに似たらむか 相生垣瓜人 負暄
朱欒割くや歓喜の如き色と香と 石田波郷
朱欒割りサド侯爵の忌を修す 有馬朗人 天為
朱欒割る手力惜み風邪心地 水原秋櫻子 残鐘
朱欒叩けば春潮の音すなり 飯田龍太
朱欒垂れ月日とろりと水にあり 飯田龍太
朱欒売る 伴天連おんなの裔の眉目 伊丹三樹彦
朱欒売海を見てをり船出前 水原秋櫻子 玄魚
朱欒大未熟の魅力もて垂るる 富安風生
朱欒打つ四たび五度食後の音 飯田龍太
朱欒抱きいつから老といふものか 古舘曹人 樹下石上
朱欒照るみち来れば詩碑の字の青さ 下村槐太 天涯
朱欒茂れ血ぬらぬ母の地父の地に 佐藤鬼房
朱欒落ちて寝墓の間に在るにあらずや 山口誓子
枕元に内紫を竝べけり 正岡子規 朱欒
林檎無き國をあはれむジャボン哉 正岡子規 朱欒
欅盆土佐文旦を山盛りに 右城暮石 散歩圏
武家屋敷より真清水に朱欒垂れ 飯田龍太
武家屋敷より真清水へ朱欒垂れ 飯田龍太
母の里河内の国の朱欒かな 後藤比奈夫
浮雲の失せたる窓の朱欒の座 石田波郷
海の鳥来て木隠りぬ朱欒の樹 石田波郷
海風の日覆あほつ朱欒売 小林康治 玄霜
湖の月朱欒の空に祀りたり 岡井省二 五劫集
湖の沖におどろき朱欒剥く 岡井省二 夏炉
湾口に蝶の点滴ザボン売 原裕 葦牙
濤ひびく朱欒の下に母は肥えぬ 藤田湘子 途上
照る朱欒 僧頭大に 国東は 伊丹三樹彦
熔岩裾に朱欒を売れり桜島 松崎鉄之介
犬若し一瞬朱欒園を抜け 石田波郷
狂信の娼婦ザボンの林を出る 橋閒石 風景
癒えむ年巨き朱欒を飾らんか 石田波郷
着脹れし朱欒や老いし我よりも 相生垣瓜人 負暄
磊塊と朱欒盛られて籠歪む 松本たかし
聖鐘に 路売朱欒幾つか売れ 伊丹三樹彦
見舞籠ざぼん其他のざぼんの香 石塚友二 光塵
豪宕な朱欒を剥けばそこに仏 赤尾兜子 玄玄
遠きたより朱欒の下を来て出せしか 大野林火 飛花集 昭和四十七年
雪の窓朱欒坐れる確かさよ 石田波郷
霜除けすまだ実の成らぬ文旦も 右城暮石 散歩圏
頸根覗かるるや青き文旦に 下村槐太 天涯
風邪の鼻くすぐつてをり朱欒の香 森澄雄

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 14:26 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26299204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング