柚子 の俳句

柚子 の俳句

柚子 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23262654/

柚子 補遺

あさましく柚子落ちてあり冬の雨 原石鼎 花影
いとけなき神の手工の柚子ひとつ 上田五千石『田園』補遺
いみじくもかがやく柚子や神の留守 阿波野青畝
うれしさよ柚子にほふ湯にずつぽりと 日野草城
おのづからもぎ残されし柚子の数 清崎敏郎
たかだかともののかずなる柚子のいろ 飯田龍太
たをやかに柚子の木に入る長梯子 野澤節子 存身
なぜか柚子九個机上に勝てないよ 飯島晴子
なほ柚子の鎧ひを解かず名残り柚子 鷹羽狩行
なるかならぬか柚子は今年も寂寞と 加藤秋邨
なんといふ空がなごやかな柚子の二つ三つ 種田山頭火 草木塔
はしり柚子一と日で豊後より着きし 飴山實 少長集
ひきちぎり貰ひし柚子や三ツばかり(関野準一郎画伯の庭) 細見綾子
ひとり膳柚子釜のせてありにけり 能村登四郎
へつつひに冬至の柚子がのつてをる 富安風生
まぎれなきものよ厨の柚子一つ 細見綾子 天然の風
まだ青き柚子をしぼるや磯料理 水原秋櫻子 蘆雁
みちのくの柚子ほどの艶ふぐりに欲し 金子兜太
もう闇がそこに来てゐる飾り柚子 能村登四郎
もぎし柚子ひとつ待たせて合せ味噌 能村登四郎
ゆふ空から柚子の一つをもらふ 種田山頭火 草木塔
ギャラリーや君が机に葉つき柚子 古沢太穂 捲かるる鴎
一人また一人と影の柚子採婆 飯島晴子
一瞬の眼光走る葉付柚子 飯島晴子
三本の柚子の二本は不作にて 右城暮石 散歩圏
世離れの鬼柚子一個飾るのみ 飯島晴子
久に来し祇園にひとり柚子の釜 森澄雄
井戸の辺に柚子垂れ父の郷富めり 大野林火 雪華 昭和三十六年
亡き目あたたか夜明柚子の実に日がさすやう 加藤秋邨
人の世と離れて沈む柚子の風呂 飴山實 句集外
人の出入り柚子坊のあたりかな 岡井省二 大日
何をする気にもなれずよ柚子ひとつ 草間時彦 櫻山
円きものいろ~柚子もその一つ 高野素十
冬がすみ実のない柚子の木を泛べ 飯田龍太
冬至柚子手に一年は一ページ 岡本眸
冬至湯に大きな柚子が二つ浮く 細見綾子
冷え込みの今年一番柚子を採る 右城暮石 散歩圏
凩や厨の棚に柚子一つ 松村蒼石 寒鶯抄
切干にして華やげり柚子の皮 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
初生り柚子押し戴きて*もぎにけり 林翔
刻々に色変りいま時雨柚子 後藤比奈夫
前山のさきが下界よ柚子を摘む 大野林火 飛花集 昭和四十六年
匂ひゐて柚子の微瑾のかくれなし 能村登四郎
匂ひ艶よき柚子姫と混浴す 能村登四郎
十二月八日や葉付き柚子一顆 星野麥丘人
古家や累々として柚子黄なり 正岡子規 柚子
呼びとめておほつごもりの柚子を買ふ 伊丹三樹彦
喜雨亭に柚子湯沸くなり帰り来て 水原秋櫻子 餘生
喪の庭に黄を尽したる冬の柚子 佐藤鬼房
土瓶蒸しに庭の柚子添ふそれもよし 水原秋櫻子 蘆雁以後
夕月に謝し青柚子を一つ*もぐ 神楽
夕野中携げ来しものに柚子一顆 森澄雄
大分の柚子豊かさのまま着けり 細見綾子
如何に心貧しき肉体や柚子の空 永田耕衣
子の置きし柚子に灯のつく机かな 飴山實 少長集
宵浅く柚子そこはかと匂ふなる 飯田蛇笏 椿花集
家遠くあそびつ柚子を袂にし 能村登四郎
少数に深く教へて柚子の軒 中村草田男
山に重なる山に冬の威柚子の金 野澤節子 存身
岩の湯に柚子の一個を持ち込みて 鷹羽狩行
島に照る柚子 金輪の木箱の乳母車 伊丹三樹彦
後の月経て鬼柚子も円かなる 百合山羽公 樂土以後
微かにのこる柚子の青さも神無月 飯島晴子
思ひだけ白魚に柚子したゝらす 細見綾子 桃は八重
急に柚子匂はす夜の波がしら 伊藤白潮
急湍を引きてなだめて柚子の庭 上田五千石『天路』補遺
愉快かな青柚子を擦りおろすのも 飯島晴子
憂かりけり黄葉樹林に柚子一木 金子兜太
手をのばす青柚子一つどしやぶりにて 加藤秋邨
折返し点を過ぎたる柚子の青 後藤比奈夫
指先の明るさ町に柚子が出て 岡本眸
教戒師の友よりの柚子そろひけり 松崎鉄之介
文机や柚子を代りの鏡餅 石川桂郎 高蘆
晩年のいくぶんは見え柚子の風呂 飴山實 花浴び
月さして青柚子は葉とわかれけり 加藤秋邨
木守柚子いまも亡き子を長子とし 鷹羽狩行
来年の約束柚子を*もぎながら 藤田湘子 神楽
枕頭に柚子置けば秋の風到る 日野草城
枯れ果てて霹靂のごと道に柚子 森澄雄
柚天法とて柚子釜の類かな 後藤比奈夫
柚子*もいでくれけり二つにて足りぬ 燕雀 星野麥丘人
柚子かけて口の尖りし秋刀魚かな 右城暮石 一芸
柚子が知るひとりのときのわが声は 加藤秋邨
柚子くれて母を語りて行きにけり(秋篠光広さん) 細見綾子
柚子しぼり二日の月を思うなり 橋閒石 微光以後
柚子しぼり十指ことごとくを濡らす 岡本眸
柚子しぼる木工製の簡易器具 右城暮石 散歩圏
柚子すでにデフオルメ一枚の葉をつけて 山口青邨
柚子と柚子息をころしてゐるのかも 飯島晴子
柚子と買ひし若き遺句集柚子匂ふ 能村登四郎
柚子どもと衝突しつつ湯浴みせり 相生垣瓜人 負暄
柚子に対す失ひしもの鮮烈にて 加藤秋邨
柚子に目を遣り隠栖をなつかしむ 大野林火 飛花集 昭和四十六年
柚子の中蓋とればあり牡蠣の雲 山口青邨
柚子の列斜め匂へる林檎の中 飯田龍太
柚子の向ふに縦横の田川澄む 飯田龍太
柚子の実の匂へど揺れぬ鉄梯子 飯田龍太
柚子の昼その一隅の産湯の井 岡井省二 鹿野
柚子の木を焚いて遊ぶといふことを 後藤比奈夫
柚子の間に三日月一箇秘めにけり 加藤秋邨
柚子の香に日暮れ波だつ湖の端 飯田龍太
柚子の香に素早く日暮来たりけり 草間時彦
柚子の香に身をうつとりと酢牡蠣かな 鷹羽狩行
柚子の香に追ひぬかれたる孤独かな 加藤秋邨
柚子の香のほのばの遠い山なみ 種田山頭火 草木塔
柚子の香の下過ぎたりと思ひけり 山口誓子
柚子の香の吾子の掌こぼる恋せしか 小林康治 玄霜
柚子の香は亡き兄を呼び亡き子連れ 飯田龍太
柚子の香は生れ在所の除夜のいろ 飯田龍太
柚子の香も夜晴れに冷えて後の月 村山故郷
柚子の香や四方風吹く焼野原 加藤秋邨
柚子の香や夢と思いて働く人 永田耕衣 葱室
柚子の香や弘法の日の蒸し大根 石塚友二 磊[カイ]集
柚子の香や高級料理めかす妻 山口青邨
柚子の香を何にも添へてよろこべり 及川貞 夕焼
柚子の香を若者に強ひゐたりけり 草間時彦
柚子の黄の濁りそめたる二月かな 鈴木真砂女 夕螢
柚子の黄の色定まりし淑気かな 鈴木真砂女 居待月
柚子は黄に北の国より人来たる 橋閒石 雪
柚子ひとつ売れ朝市の店びらき 能村登四郎
柚子ひとつ描きて疲る風邪のあと 水原秋櫻子 残鐘
柚子もいで空いたところが仏の眼 橋閒石 荒栲
柚子もぎし歌道寺は見に行かざりし(黒井町は松瀬青々曽遊の地) 細見綾子
柚子もぐや梯子の脚の土えぐれ 能村登四郎
柚子もげばそこにありたる二日月 加藤秋邨
柚子を*もぐ二人の声のとゞくなり 飴山實 辛酉小雪
柚子をもぎ北空の青みへ進む 橋閒石 無刻
柚子をもぐ二人の声のとゞくなり 飴山實
柚子を煮る香を以て吾をもてなさる 山口誓子
柚子二つ机上において夜の稿 細見綾子 牡丹
柚子切つて何も言ひたくなくなりぬ 加藤秋邨
柚子切るやゆるやかな雷遠くから 加藤秋邨
柚子刻めば泪走れり柚子の香も 山田みづえ 忘
柚子匂ふすぐそこの死に目ひらけば 加藤秋邨
柚子匂ふのみの設けや麻木箸 渡邊水巴 白日
柚子匂ふ家に夕暮早く来る 細見綾子
柚子匂ふ日向の農夫こちら見る 廣瀬直人 帰路
柚子匂ふ煩悩百八ふところに 加藤秋邨
柚子匂ふ視野の一端海へ延び 加藤秋邨
柚子取りて取り残りたるもの目立つ 右城暮石 散歩圏
柚子呉れぬ村上巌夢に現れ 星野麥丘人
柚子好きに柚子の荷つくる顔見たし 飴山實 少長集
柚子存在す爪たてられて匂ふとき 加藤秋邨
柚子山にけふ点晴の猟銃音 野澤節子 存身
柚子幾顆買ひてふたたびふところ手 石田波郷
柚子打つや遠き群嶺も香にまみれ 飯田龍太
柚子暮れて山々それに従ひぬ 上田五千石『琥珀』補遺
柚子梯子ときに片足浮きにけり 松崎鉄之介
柚子梯子まん中へんが継いであり 伊藤白潮
柚子梯子より柿梯子やや長き 亭午 星野麥丘人
柚子照りて牛の鼻よりしぐれけり 加藤秋邨
柚子煮詰む透明は喜びに似て 細見綾子 伎藝天
柚子百顆籾の筵へ照りにけり 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
柚子空に満ち白髪の狂言師 橋閒石 荒栲
柚子置けばそばにあるもの静まれる 細見綾子
柚子買つて遽に貧を躱さむと 小林康治 玄霜
柚子買ひしのみ二人子を連れたれど 石田波郷
柚子買ひて男水仕の色加ふ 能村登四郎
柚子買へり巷に風の滲みる夜は 中村苑子
柚子載せて餅はやうやくかがみ餅 加藤秋邨
柚子釜の香をありありと病臥かな 石川桂郎 四温
柚子青き視野に顔あり何か言ふ 加藤秋邨
柚子青し握りしめたるあと青し 岡本眸
柚子黄なり恋路といへる磯ありて 水原秋櫻子 玄魚
柚子黄ばむ中初七日のすぐに来て 鈴木真砂女 都鳥
柿をむき柚子をしぼりて夜業の灯 右城暮石 散歩圏
楽しげの柚子と湯浴みを共にせり 相生垣瓜人 明治草抄
残り柚子ともあらざりし数にあり 石田勝彦 秋興以後
水尾の長者柚子くる柚釜どき 百合山羽公 樂土
流人墓地へは 落柚子を拾い 拾い 伊丹三樹彦
湯の柚子に愛せられつゝ愛しつゝ 林翔
無言にて半日終へぬ柚子を掌に 加藤秋邨
照るといふ柚子を置きたる夜の隅 後藤比奈夫
父として残されにけり柚子の下 加藤秋邨
父の忌やハンドバックに柚子一顆 山田みづえ 木語
独楽買へば木守の柚子か*もぎ呉るる 石川桂郎 高蘆
田舎八百屋買へば生り柚子もぎて売る 及川貞 夕焼
瘤あればこその柚子なれ湯に投ず 林翔
百姓や五つくれたる笊の柚子 石田波郷
目鼻だちよき柚子にして青一抹 能村登四郎
相呼びて真青な柚子滴るか 加藤秋邨
眼白鳴く柚子まだ固き梢のなか 飯田龍太
石垣に柚子の闇おき冬の虫 松村蒼石 雪
硯辺の青柚子いつか黄がさせる 能村登四郎
磯臭き身を陰に入れ柚子を*もぐ 橋閒石 無刻
祗王寺の柚子間にあひし冬至かな 安住敦
秋刀魚食ふ月夜の柚子をもいできて 加藤秋邨
空青し梯子の位置を柚子が決め 鷹羽狩行
窓際に籠かたむけて柚子を見す 右城暮石 散歩圏
笑みいし辺柚子日に皺み七七忌 古沢太穂 捲かるる鴎
箱詰柚子の三角隙間ととのはず 岸田稚魚 紅葉山
篁を風の割つたる残り柚子 石田勝彦 雙杵
縁に婆柚子の彼方の死者の数 飯島晴子
縄の玉ごろと地にある柚子の家 波多野爽波
羽織のみ着替へし母が柚子の釜 岡井省二 鹿野
翳とゐてつぶやきもなしひとつ柚子 能村登四郎
老の賀のこころかがやく柚子一つ 後藤夜半 底紅
肌に触れ柚子が遊べり長湯する 相馬遷子 山河
胸に寄るものに幼なと湯の柚子と 鷹羽狩行
能登の柚子一枚の葉が強くつく 細見綾子 和語
腰籠に柚子溜め三間梯子の上 大野林火 飛花集 昭和四十六年
臥す母に柚子裏白も部屋隅に 能村登四郎
荒壁や柚子に楷子す武家屋敷 正岡子規 柚子
落葉して大空の柚子のありどころ 種田山頭火 自画像 落穂集
葉まばらに柚子あらはるゝ後の月 正岡子規 後の月
見てゐるうち少年柚子をもぎ盗れり 伊丹三樹彦
誰か柚子を持ちてゐるらしデモの中 加藤秋邨
誰しもの言ひ分の如柚子一個 飯島晴子
谷川をわたる双手の柚子の籠 飯田龍太
豆腐買ひ序でに柚子も買ひにけり 寒食 星野麥丘人
貝殻虫こすり落して柚子呉れぬ 飯島晴子
貰ひたる葉付の柚子の四五顆かな 石塚友二 玉縄抄
買ひをるやひともさそはれ柚子を選る 篠原梵 年々去来の花 皿
走り柚子小さき枝の葉の中に 篠原梵 年々去来の花 皿
車中徐々に混みけり柚子の苗木もち 能村登四郎
道灌の墓落柚子の日だまりに 細見綾子
釜こげる柚子の上味噌つめたかり 正岡子規 柚味噌
鈴のごと星鳴る買物籠に柚子 岡本眸
長雨や姫柚子がもつ姫つぼみ 及川貞 夕焼
隣人のぬくもりのこる柚子貰ふ 能村登四郎
雀斑妻なりしよ柚子の湯気の中 鷹羽狩行
雨雫そだちて柚子の尻うごく 飴山實 少長集
雪の柚子仰ぎゐて年送らむと 鷲谷七菜子 游影
雪待つ匂ひ黄の充満す柚子嗅げば 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
雲のこゑ聞く青柚子となりにけり 神楽
青柚子に並々ならぬ旦暮あり 飯島晴子
青柚子に愛傾けて一夜旅 岡本眸
青柚子に青き棘ある小暑かな 飯田龍太
青柚子の右に左に雨の音 飯田龍太
青柚子の疵強運といふことを 飯島晴子
青柚子の香の生一本石の門 鷹羽狩行
青柚子はとつつきにくき実なりけり 草間時彦
青柚子やいつまでも夜の浅くして 草間時彦
青柚子や帳もあをき懺悔室 水原秋櫻子 殉教
青柚子や生活の中の旅二日 岡本眸
青柚子をひとつ掌に載せ楽観す 藤田湘子 てんてん
青柚子を絞れば鮎のひびくなり 加藤秋邨
青柚子を葉付きで剪つていけといふ 飯島晴子
風呂の柚子とおのがふぐりと人生は長し 荻原井泉水
風熄みぬ柚子の香の妻擁きけり 草間時彦 中年
風邪の眼に柚子黄ばみゆくしづけさよ 安住敦
首あげて柚子にうなづきゐたりけり 加藤秋邨
鬼柚子のぼてぼてもまたよしとせり 飯島晴子
鬼柚子の重さリハビリ見舞かな 百合山羽公 樂土以後
鬼柚子を鬼と見む又柚子と見む 相生垣瓜人 負暄
鷹流れたり一村の柚子照らふ 大野林火 飛花集 昭和四十六年
黄に青に時知る柚子と知らぬ柚子 林翔
黒きまで青し黄になるまでの柚子 後藤比奈夫

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 14:30 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26299212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

火恋し の俳句
at 2017-11-18 16:26
松田雄姿集 俳人協会
at 2017-11-12 11:20
釣の拙句(高澤良一)
at 2017-11-10 06:17
屛風 の俳句
at 2017-11-07 08:47
百合鴎 補遺
at 2017-11-01 08:03

外部リンク

記事ランキング