黄葉 の俳句

黄葉 の俳句

黄葉 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23282899/

黄葉 補遺

いち早く黄葉したりむかご蔓 細見綾子
くぬぎ黄葉茶の斑点の親しさよ(京都貴船) 細見綾子
こゝに来て鈴懸黄葉桑黄葉 鷹羽狩行
すずめ蜂まんさく黄葉にぶら下る 金子兜太
ただよへる黄葉あかりのなほ暮れず 長谷川素逝 暦日
ともしびはくらくもみぢば夜も散る 山口青邨
なつかしき人散紅葉散黄葉 稲畑汀子
ぬかご蔓黄葉ハートに木にかかる 山口青邨
ぬかご蔓黄葉尽くしてゐたりけり 細見綾子
ひかり増し銀杏黄葉のしきり降る 角川源義
ひとむらの山吹黄葉心澄む 山口青邨
まんさく黄葉頭にしみる頭にしみる 金子兜太
むくろじの今日の黄葉のことさらに 岸田稚魚 紅葉山
むらしぐれ青杉山に黄葉の斑 日野草城
もみぢばの御紋の御寺薄紅葉 山口青邨
もみぢばの流れ来て河口出づ 山口誓子
もみぢばを掬へるたも網のひた洩りて 山口誓子
よく眠る奴路面には銀杏黄葉 佐藤鬼房
アカシヤの黄葉まみれの巴里雀 林翔 和紙
ガソリンを売る燈に黄なり銀杏黄葉 山口誓子
タ稲妻さくらの黄葉のふえにけむ 大野林火 海門 昭和九年
ポプラ黄葉より平らな雲の湖に伸ぶ 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
一の酉ベツドの裾を黄葉染め 石田波郷
七五三杉の木黄葉をあふれしめ 平畑静塔
不二一つおさえて高き銀杏哉 正岡子規 銀杏黄葉
二上山の黄葉に連ぬ旅の顔 角川源義
二科の窓いてふの黄葉ゆふばれに 日野草城
二荒の峰噎ぶごとくに黄葉晴れ 松村蒼石 雁
五衰とは萩の黄葉の明るさにも 後藤比奈夫
亭々と立ちメ夕セコイヤ黄葉待つ 山口誓子
人けぶりゆくやからまつ黄葉して 鷲谷七菜子 花寂び
人の老さながら萩の薄黄葉 後藤比奈夫
人容れてからまつ黄葉濃くなりぬ 鷲谷七菜子 游影
今を照るものに栴檀黄葉あり 後藤比奈夫
今日にして詳らかなる萩黄葉 後藤夜半 底紅
何の木と知れずに紅葉また黄葉 鷹羽狩行
保養所と標し白樺黄葉して 清崎敏郎
剰さず書く手記卑しめり黄葉季 山田みづえ 忘
勝てりいちまい銀杏の黄葉を手にとり 中川一碧樓
大欅野に在る如く黄葉せる 山口誓子
大煙あげて黄葉をたく人よ 原石鼎 花影
富士川の川原畑の桑黄葉 山口青邨
山吹の黄葉ひら~山眠る 前田普羅 飛騨紬
山吹の黄葉よと言ひて暮間見し(天野山) 細見綾子
山泉つるくさはやく黄葉せり 飯田蛇笏 春蘭
山芋の黄葉慰めなき世なり 百合山羽公 故園
山葵田の一枚の葉も黄葉せず 百合山羽公 樂土
帰路晴天黄葉映りの笑い人 金子兜太
後庭といふべし萩の黄葉して 高野素十
心から消えぬ明るさ萩黄葉 後藤比奈夫
恋捨てつセーター黒き黄葉季 鷲谷七菜子 黄炎
恵那晴れてははそ黄葉は道に敷く 木村蕪城 寒泉
憂かりけり黄葉樹林に柚子一木 金子兜太
戦争の黄葉街に男女みな 西東三鬼
戦災のなかりし全市銀杏黄葉 右城暮石 句集外 昭和三十四年
接吻の子が身を反らす黄葉かげ 林翔 和紙
故人はや雑木黄葉の町ひそか 飯田龍太
教師罷めむか黄葉雨に褪せいそぐ 能村登四郎
散りもせで黄葉ひらひらひらひらす 清崎敏郎
散り残る菩提樹黄葉数ふべし 清崎敏郎
散るときの一途は色に萩黄葉 稲畑汀子
散黄葉天龍も老い流れゆく 百合山羽公 故園
旅の景白樺黄葉それも終り 高田風人子
晩年の夕影吾と萩黄葉 後藤比奈夫
月山は椎の森かも葛黄葉 山口青邨
杉暗く中に色つく銀杏かな 正岡子規 銀杏黄葉
村の口の桑の黄葉に旅の我 清崎敏郎
村の灯は楮黄葉を照すなり 阿波野青畝
松の間にまじる黄葉や十二月 石田波郷
松山の闇に黄葉づる桑の闇 山口誓子
松杉の中に黄ばみし銀杏哉 正岡子規 銀杏黄葉
栃大樹黄葉浄土を現じけり 林翔
根曲りの白樺黄葉八甲田山 松崎鉄之介
桂黄葉原始林帯など冷たき 臼田亜郎 定本亜浪句集
桑畑黄葉したる一と昔 高野素十
桑黄葉夕日は丘にすれずれに 山口誓子
桑黄葉多度は遥かに時雨れます 松本たかし
桜黄葉ほろびのひかり道に充つ 大野林火 海門 昭和十二年
水捨つるにもひゞくかに藤の黄葉 右城暮石 句集外 昭和十八年
波郷逝く散りもならずに銀杏黄葉 松崎鉄之介
無花果の馬柵にまつたく黄葉しぬ 飯田蛇笏 霊芝
甘酒の薄かりし葛黄葉かな 清崎敏郎
田甫から見ゆる谷中の銀杏哉 正岡子規 銀杏黄葉
画疲れの眼にいっぽんの銀杏黄葉 伊丹三樹彦
病室の中まで黄葉してくるや 石田波郷
白樺の散るに間のある黄葉かな(蓼科) 鷹羽狩行
看護婦のこゑ過ぐ柞黄葉かな 星野麥丘人
禅定に入りしやすらぎ萩黄葉 後藤比奈夫
禽の尾のかくれもなしや栃黄葉 水原秋櫻子 蘆雁以後
秋風やしもとしもとの桑黄葉 阿波野青畝
立つて坐つて桑の古木の黄葉浴びて 金子兜太
紅葉かつ黄葉して谷見せしめず 鷹羽狩行
義周の墓径山吹黄葉して 山口青邨
老銀杏天に召されて黄葉舞ふ 百合山羽公 寒雁
茶室ありいてふ黄葉をかうむるべく 松本たかし
萩叢の乱れや黄葉しそめつゝ 星野立子
萩叢の黄葉づりながら花残し 清崎敏郎
萩黄葉明り消しつつ刈り進む 稲畑汀子
落葉松の黄葉世界へ身を入れる 細見綾子
落葉松の黄葉降る墓を埋めんため 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
落葉踏むさすがにやさしもみぢばは 山口青邨
葛はひて黄葉す隠れ耶蘇の墓 山口青邨
葛原の一葉黄葉し雨上る 山口青邨
葛黄葉あはれ一枚のみどり葉を 山口青邨
蒼天に黄葉悲願の舞踏かな 林翔
藤黄葉蔓明らかに見ゆるかな 松本たかし
藻だたみとうつろふ樺の散り黄葉 飯田蛇笏 山響集
蜩に黄葉村舎となりにけり 村上鬼城
蝉の谷いま黄葉して青狐 金子兜太
製罐音黄葉の街見えわたり 大野林火 白幡南町 昭和三十三年
言葉とはいかに貧しく萩黄葉 稲畑汀子
豆畑黄葉してゆく日ごとかな 山口青邨
豆畑黄葉鳥死ぬ音短か 飯島晴子
豆腐買ひ暮らせば椋の黄葉が散る 細見綾子 桃は八重
足袋濡らし来りて萩の黄葉の艶(唐招提寺二句) 細見綾子
車前草も黄葉はりつき地の紋章山口青邨
轆轤輓く窓辺黄葉のずり落ちん 右城暮石 句集外 昭和十七年
透きとほるまでは散らざる萩黄葉 後藤比奈夫
連歌師の鼻に欅の黄葉降る(箱根早雲寺宗祇碑、裏山に墓あり) 細見綾子
遠丘と丘はなるその桑黄葉 山口誓子
銀杏をひろひ集めぬ黄葉をふみて 杉田久女
銀杏全く黄葉して散らず天の原 渡邊水巴 富士
銀杏黄葉大坂城の黄金撒く 百合山羽公 樂土
銀杏黄葉梢は落葉しつつ燃ゆ 山口青邨
銀杏黄葉河より低き墓地を守り 佐藤鬼房
銀杏黄葉芝生の柵を溢れ出づ 右城暮石 句集外 昭和五十八年
銀杏黄葉西に東に浮浪群れ 伊丹三樹彦
障子一枚あけて山吹黄葉艶 山口青邨
雀らは何ついばむや萩黄葉 細見綾子
雪柳黄葉づりながら返り花 清崎敏郎
零余子黄葉岩魚保護区の札立てり 右城暮石 一芸
靄のなか雑木黄葉の色はあり 長谷川素逝 暦日
飴色のからまつ黄葉終着駅 津田清子
黄葉あかりヴイナス誕生の図の部分 山口青邨
黄葉して思慮ふかぶかと銀杏の木 鷹羽狩行
黄葉して昔のところ葛の棚 高野素十
黄葉して朴の大樹の孤高なる 稲畑汀子
黄葉して藤棚はなほ蔭つくる 山口誓子
黄葉して銀杏遽かに巨きかり 後藤比奈夫
黄葉して雨のさくらや番所山 雨滴集 星野麥丘人
黄葉すや谷いちばんの長寿木 上田五千石 森林
黄葉す古木の一樹一樹かな 右城暮石 句集外 昭和五十六年
黄葉せる欅の黄葉せぬところ 清崎敏郎
黄葉とも紅葉とも見し数樹あり 相生垣瓜人 負暄
黄葉に蛇古川老人病み給う 金子兜太
黄葉に長い骨だけ出しておく 飯島晴子
黄葉の「宝の木」岳人誰も目当 福田蓼汀 秋風挽歌
黄葉の全きが遠ち方にあり 細見綾子
黄葉の奥に檜山の黒緑あり 金子兜太
黄葉の落葉ばかりの夕かな 原石鼎 花影
黄葉はげし道幅なさぬ塔の影 大野林火 青水輪 昭和二十四年
黄葉はげし陰をも拭かれゐたりけり 石田波郷
黄葉は散り紅葉は旺んなり 高野素十
黄葉を見よと硝子を拭きくるる 石田波郷
黄葉描く子に象を描く子が竝び 稲畑汀子
黄葉林妙齢の紅もち来たり 上田五千石 田園
黄葉林抜けし軍歌の声変る 山口誓子
黄葉樹林に仲間葬りて鴉鳴く 金子兜太
黄葉樹林人の顔なる粗朶数朶 金子兜太
黄葉樹林昨夜は小熊座の足音 金子兜太

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 14:41 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26299236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング