新松子 の俳句

新松子 の俳句

新松子 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23275661/

新松子 補遺

この辺り昔は浜辺新松子 稲畑汀子
すがすがとおのれもゐたれ新松子 森澄雄
その上にしろがねの月新松子 森澄雄
はなやかに臥龍の松の新松子 山口青邨
もの凄き松風が明け新松子 飴山實 句集外
与謝に来て海を見てをり新松子 森澄雄
冬麗や汐に漂ふ松ぼくり 鈴木真砂女 居待月
函館へ帰る人あり新松子 雨滴集 星野麥丘人
口笛は余裕のひびき新松子 中村草田男
右近てふ苗字ゆかしや新松子 林翔
国引のむかしは問はず新松子 鷲谷七菜子 天鼓
墓を訪ふ心づもりの新松子 石田勝彦 秋興以後
子探しの夜や松ふぐり青々と 佐藤鬼房
寒空やみなあきらかに松ふぐり 渡邊水巴 白日
手枕や日は落ちなむと新松子 齋藤玄 飛雪
料峭や熊手にかかる松ぼくり 富安風生
新松子には怖ろしき古松子 後藤比奈夫
新松子ペンキ塗りたてみどり濃く 山口青邨
新松子夜風微笑のこゑすなり 飯田龍太
新松子小浜の怒濤夜もすがら 石塚友二 磊[カイ]集
新松子巨き癩者に道を問ふ 山田みづえ 木語
新松子描きそへいよよ松青く 山口青邨
新松子檜山をわたる雨の音 角川源義
新松子海流底もとよみつつ 下村槐太 天涯
新松子長崎鼻をはるかにし 燕雀 星野麥丘人
松ぼくりころがり干潟はじまりぬ 岡井省二 猩々
松ぼくり芝生に降らす時雨雲 右城暮石 句集外 昭和五十五年
枝低うして新松子灯籠に 山口青邨
死者の数には足らざるよ枯松ふぐり 三橋鷹女
海峡の日の碑や新松子 角川源義
涼しさやほたりほたりと松ふぐり 正岡子規 涼し
猫も主も家に不在や新松子 角川源義
石よりも固くなりたき新松子 後藤比奈夫
老松の裾の小松の新松子 草間時彦
自刃さながらにころがり新松子 鷹羽狩行
色鳥に乾きてかろし松ふぐり 原石鼎 花影
虫干や菴に久しき松ふぐり 加舎白雄
行く年や焚火に蹴こむ松ぼくり 石塚友二 光塵
西上人見たらむ青き松ふぐり 森澄雄
青ざめてゐるにはあらず新松子 後藤比奈夫
鵜の真似の濤たかぶるや新松子 角川源義

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 16:13 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26299434
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング