通草 の俳句

通草 の俳句

通草 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23282930/

通草 補遺

あけびの実軽しつぶてとして重し 金子兜太
あけびの実餅なり種のある餅なり 山口誓子
あけびひく炭竈の子の岨にたち 百合山羽公 春園
あけび割れ狐は親を忘れたり 橋閒石 和栲
あけび喰ふ温泉壺のひとのみられたる 百合山羽公 春園
あけび喰ふ炭竈の子と顔あはす 百合山羽公 春園
あけび熟れ文は三くだりにて足れり 橋閒石 和栲
あひびきのもどり来し眸に通草熟れ 伊丹三樹彦
きのふよりゆの香のたかきあけび喰ふ 百合山羽公 春園
こそばゆくする 口中に通草の種 伊丹三樹彦
これやこの通草は男嫌いかな 橋閒石 微光
しら雲のなごりて樺に通草垂る 飯田蛇笏 霊芝
ぬれ髪のまま寝てゆめの通草かな 赤尾兜子 歳華集
ねむたさの躯かしぐや通草棚 石川桂郎 含羞
のぞきたる通草の口や老ごころ 石田勝彦 雙杵
ひそやかに通草山国色となる 後藤比奈夫
むらさきは霜かながれし通草かな 渡邊水巴 白日
両神は兜太の山ぞ通草採 藤田湘子 てんてん
主人より烏が知れる通草かな 前田普羅 春寒浅間山
主治医出勤白衣の膝に通草提げ 石田波郷
二タ分けの通草の殻は無一物 阿波野青畝
二三顆のあけびさげたる岩魚釣 飯田蛇笏 春蘭
何の故ともなく揺るる通草かな 清崎敏郎
卓上に通草を置けり籠には木犀 安住敦
口にしてでゆのあけびのみな甘き 百合山羽公 春園
吊橋を渡る通草を藤で提げ 鷹羽狩行
噛みかけてつくづく見しが燕覆子(あけび)味噌 加藤秋邨
垣通草盗られて僧の悲しめる 高野素十
大空のくらみて通草垂れにけり 石田勝彦 雙杵
天武陵裏の宙吊りあけびかな 佐藤鬼房
宿酔青葉の通草棚と湖 岡井省二 鹿野
山の子に秋のはじまる青通草 後藤比奈夫
山深く通草腐りぬ秋の霜 正岡子規 秋の霜
山高く通草腐りぬ秋の霜 正岡子規 通草
悪路王手下が喰ひしあけびかな 百合山羽公 樂土
手重りすあけび一顆のあさぼらけ 加藤秋邨
日おさへの通草の棚や檐のさき 正岡子規 通草
春の鷹うかぶ通草の蔓の先 飯田龍太
昼の星通草の空とおもふなり 岡井省二 夏炉
松高く通草の蔓のさがりたる 正岡子規 通草
枯れあけび宙にもつれて炎の形 細見綾子
樹の栗鼠に蔓の鴉は通草啄む 飯田蛇笏 山響集
漆かく山に通草の赤きかな 河東碧梧桐
狩りきたるでゆのあけびと澁鮎と 百合山羽公 春園
生垣に通草実らす生家かな 松崎鉄之介
空らとなる通草の多し滝谺 阿波野青畝
籠に編まれて生きてゐる通草蔓 後藤比奈夫
老僧に通草をもらふ暇乞 正岡子規 通草
胎割らぬ通草を手向け母の墓 阿波野青畝
行きあひてうづのあばたの通草もつ 森澄雄
行楽のみちに坐りて通草売 百合山羽公 春園
裂けすぎし通草はもとへ戻らざる 後藤比奈夫
谷深く動けば動く通草かな 加藤秋邨
負籠の通草採る子らつづき来る 木村蕪城 一位
貰ひたる通草つめたし霧に濡れ 木村蕪城 一位
通草の実雲に触れたる息づかひ 岸田稚魚 筍流し
通草また山女といふそれを食ふ 森澄雄
通草もぐ彼の懸垂 平家村 伊丹三樹彦
通草呉れてからも大股 ベレー老人 伊丹三樹彦
通草棚爆ぜつゝ残す実のいくつ 石塚友二 光塵
通草棚爆ぜつゝ残す實のいくつ 石塚友二 光塵
通草看よ鍋釜持して参じたり 石塚友二 光塵
通草看よ鍋釜持して參じたり 石塚友二 光塵
通草蔓ちぎる嘴細烏かな 阿波野青畝
通草蔓ひつぱつてみて仰ぎけり 深見けん二
通草蔓ぷつつり切れてしまひけり 右城暮石 天水
通草蔓猿に引かれて割れゐたり 阿波野青畝
通草貰ひて楽しと思ひ憂しと思ふ 石田波郷
郁子といひあけびと云ひて山路ゆく 高浜年尾
雉子翔ちぬあけびの蔭にゐたる雉子 渡邊白泉
雑草園棚あり通草ぶらさげて 山口青邨
電球の切れつぱなしの通草かな 石田勝彦 秋興
霧はげし通草したたか得てかへる 木村蕪城 一位
飯盛山あけび悉皆裂けてけり 百合山羽公 樂土以後
飯盛山屠腹あけびの幾個かな 百合山羽公 樂土以後

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 16:17 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26299439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング