鶺鴒 の俳句

鶺鴒 の俳句

鶺鴒 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23275819/

鶺鴒 補遺

いくたびも堰かれきし水 石叩き 伊丹三樹彦
せきれいに夕あかりして山泉 飯田蛇笏 山廬集
せきれいに日当る石日翳る石 石川桂郎 含羞
せきれいのかぞへて飛ぶや石の上 沾山 たつのうら
せきれいのしぶきのごとき声放つ 鷹羽狩行
せきれいのまひよどむ瀬や山颪 飯田蛇笏 霊芝
せきれいの叩く泉石ひきしまり 阿波野青畝
せきれいの朝来てゐたる大根葉 右城暮石 句集外 昭和十一年
せきれいの波かむりたる野分かな 村上鬼城
せきれいや川原おもてへ又ちよつと 芙雀
せきれいや水裂けて飛ぶ石の上 村上鬼城
せきれいや渚を消えて又居れり 阿波野青畝
せきれいを横目して百舌ふくらみぬ 阿波野青畝
せきれい影のようにきてかげり早し 荻原井泉水
せき鴒や風にかまはぬ尾のひねり 正岡子規 鶺鴒
つくばひをうつ鶺鴒や菊日和 水原秋櫻子 磐梯
はつと口あけ山葵に泣けば石叩 加藤秋邨
ひつじ田の青へ来遊ぶ 石叩き 伊丹三樹彦
ひよいひよいと鶺鴒ありく岩ほ哉 正岡子規 鶺鴒
みささぎの白き砂(いさご)に石叩 石田勝彦 雙杵
みみしひの鶺鴒春の出水川 松村蒼石 雁
よき川のいよよつめたき黄鶺鴒 岡井省二 明野
三椏の花にまぎれず黄鶺鴒 藤田湘子 途上
下り簗不漁(しけ)だよ石たたきが叩く 平畑静塔
世の中は鶺鴒の尾のひまもなし 凡兆
亡き池と知りて二月の石叩 岡井省二 有時
人気なき椅子が川見る 黄鶺鴒 伊丹三樹彦
倒れ木に雪解の波や黄鶺鴒 水原秋櫻子 玄魚
出来疲れ餅が感じつ黄鶺鴒 永田耕衣
初声の戒壇院の石叩 岡井省二 有時
北上の水をひきけむ黄鶺鴒 山口青邨
千鳥消え鶺鴒が消え波穂立つ 佐藤鬼房
南風の城の空ゆく石たたき 飯田龍太
叩く尾のすりきれもせす石敲き 正岡子規 鶺鴒
吹き落つるものあり鶺鴒飛びたちぬ 山口青邨
喪の庭やせきれいのあと鶲来て 石川桂郎 高蘆
四時起床 ロッジの屋根を石叩き 伊丹三樹彦
塗畦に乗つて鶺鴒映りをり 石田勝彦 百千
墓も同然の某句碑 石叩き 伊丹三樹彦
大凍や松をこぼるゝ黄鶺鴒 前田普羅 飛騨紬
天龍寺屋根元日の石叩 岡井省二 鹿野
如月や鶺鴒翻へる防波堤 前田普羅 普羅句集
子育ての石叩ゐて宿親し 上田五千石『天路』補遺
季ならぬ桃流れくる 石叩き 伊丹三樹彦
寒菊や鶺鴒の尾のとゞくまで 野紅
尾で招く鶺鴒 岩場の水神まで 伊丹三樹彦
山の辺に石叩とぶ胞衣の神 岡井省二 山色
山川の秋は来にけり黄鶺鴒 松本たかし
山川の鶺鴒の黄の朝まだき 松本たかし
岩うらへ鶺鴒の来て現れず 中村草田男
岩戸開かれて 万古の 石叩き 伊丹三樹彦
岩淵や棲める鶺鴒一とつがひ 飯田蛇笏 山廬集
庭掃て鶺鴒さむし菊の花 支考
忘れたる笠の上なり石たゝき 正岡子規 鶺鴒
戯れか必死か鶺鴒玻璃戸打つ 百合山羽公 寒雁
春の鶺鴒大寺のかなしみに 岡井省二 有時
時折は背黒せきれい鳴きすぎる 細見綾子
木場にゐて雌雄の鶺鴒年は逝けり 石田波郷
枯蘆や鶺鴒ありく水の隈 正岡子規 枯芦
極寒やいよいよ粋に石叩 飯島晴子
檻の前虫を捕へて飛ぶ鶺鴒 佐藤鬼房
水流れ鶺鴒歩み落葉敷き 清崎敏郎
沙羅双樹の若葉飛ぶ背黒鶺鴒や 荻原井泉水
波あかるくて鶺鴒の磯あるき 鷲谷七菜子 游影
浅ければ水もたたきて石叩(京都五句) 鷹羽狩行
淵靜かに鶺鴒の尾の動きけり 正岡子規 鶺鴒
清水掬めば ハンカチ紛いの鶺鴒翔つ 伊丹三樹彦
渓若葉水裂く声は鶺鴒ぞ 渡邊水巴 白日
湯煙は軒より鶺鴒屋根に来る 福田蓼汀 秋風挽歌
滝涼しはこぶ餌を待つ小鶺鴒 渡邊水巴 白日
滝風に吹かれあがりぬ石たたき 飯田蛇笏 山廬集
激湍の冬せきれいに飛びを強ひ 上田五千石 天路
瀧屏風をりをり黄鶺鴒放つ 石塚友二 曠日
瀧落ち岩尖る處鶺鴒飛ぶ 正岡子規 鶺鴒
犀川の此岸 彼岸を 石叩き 伊丹三樹彦
病院の裏奔流と黄鶺鴒 飯田龍太
発止ときし鶺鴒つぶて深雪原 鷲谷七菜子 銃身
白渦も玉堂画中石叩 石田勝彦 百千
白鶺鴒秋田の男七、八人 金子兜太
石叩き 彼岸此岸を知り尽し 伊丹三樹彦
石叩き 石を叩けば 霧晴れて 伊丹三樹彦
石叩き 石合戦も 餓鬼も失せ 伊丹三樹彦
石叩きひとつたちゆき初御空 百合山羽公 春園
石叩とぶ杉の間の盆の川 岡井省二 鹿野
石叩とぶ豊年の村の中 波多野爽波
石叩ひるの奏楽瀬にこたへ 石橋秀野
石叩叩く早さも雪解川 後藤比奈夫
石叩死の緋縅を閨のうち 古舘曹人 能登の蛙
石門のひとつに春の石叩 飯田龍太
磐石をはしれる水の石たたき 飯田蛇笏 山廬集
礼拝(サラート)の一人の老いに鶺鴒すぐ 松崎鉄之介
稲づまは鶺鴒の尾の契り哉 史邦
箱庭の山に上るや石たゝき 正岡子規 鶺鴒
箱庭の山へ上るや石たたき 正岡子規 鶺鴒
簗くづす水勢来りぬ石叩き 前田普羅 普羅句集
羽一片流して知らず石叩 百合山羽公 故園
花山葵せきれいが早や知りてゐし 細見綾子
草の花せきれいは実に水たのし 細見綾子 桃は八重
荒鵜きてせきれい隠る冬の礁(越前岬) 細見綾子
菊にゐて鶺鴒は身のほそかりき 右城暮石 句集外 昭和十六年
薫風や黄鶺鴒啼く水屋の巣 渡邊水巴 富士
藪川や鶺鴒とまるごみの上 正岡子規 鶺鴒
藻の花や鶺鴒の尾のすれすれに 正岡子規 藻の花
行年を浦打貝や妹背鳥 野紅
裏山の梅へ鶺鴒高く飛ぶ 山口青邨
裏窓に 素顔現わる 石叩き 伊丹三樹彦
観瀑や風に流るる石たたき 飯田蛇笏 山廬集
谷水や石叩さり彩のこる 角川源義
赤彦の諏訪湖鶺鴒ひかり翔つ 右城暮石 句集外 昭和四十年
身辺や鶺鴒あまた生れしのみ 下村槐太 天涯
追ひつめた鶺鴒見えず渓の景 正岡子規 鶺鴒
逆立ちのままの廃船 石叩き 伊丹三樹彦
道に飛ぶ鶺鴒丹後涼しくて 右城暮石 句集外 昭和五十七年
銃こだま磧鶺鴒みな飛びぬ 高野素十
雪の洲の石の眼つゝく石たたき 上田五千石 森林
露日南鶺鴒のゐて稲にとぶ 右城暮石 句集外 昭和三年
風さそふ落葉にとぶや石たたき 飯田蛇笏 山廬集
風吹いてはやき瀬翳の石たたき 飯田蛇笏 白嶽
飛ぶさまや尾につらさるゝ石叩き 正岡子規 鶺鴒
餅搗や田におどろける石叩 水原秋櫻子 重陽
香炭団抜く間の空を石たたき 石川桂郎 高蘆
鮭の瀬に旭を呼んで白鶺鴒は 佐藤鬼房
鶺鴒が我をからかひ飛び立てり 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
鶺鴒が水に飛びゐる雪の中 右城暮石 句集外 昭和二年
鶺鴒が稲木にもつれ鳴き合へり 右城暮石 句集外 昭和十年
鶺鴒とならざりし鳥の行方かな 加藤秋邨
鶺鴒となりし一羽やあとは雀 加藤秋邨
鶺鴒と蝶のもつ黄のうつくしく 山口青邨
鶺鴒に付されたりし刈田あり 相生垣瓜人 明治草
鶺鴒に逐はれし干鳥友別れ 阿波野青畝
鶺鴒に障子洗ひのなほ去らず 杉田久女
鶺鴒の 何処へ降りても 水鏡 伊丹三樹彦
鶺鴒のあらはれそめて山けはし 正岡子規 鶺鴒
鶺鴒のあんな高飛び 川霧晴れ 伊丹三樹彦
鶺鴒のいざなひ昆布の納沙布岬 角川源義
鶺鴒のかはく間もなし滝の前 許六
鶺鴒のたはぶる清瀬神ンながら 松本たかし
鶺鴒のつつと水辺に胸映す 深見けん二
鶺鴒のとみに高まり行く弧かな 中村汀女
鶺鴒のひるがへり入る松青し 水原秋櫻子 蘆刈
鶺鴒のわが立つ池の石に来ぬ 山口青邨
鶺鴒のわたる石あり作り滝 山口青邨
鶺鴒の一瞬われに岩のこる 佐藤鬼房
鶺鴒の二羽となりたる岩の上 清崎敏郎
鶺鴒の刈株つたふ氷かな 正岡子規 氷
鶺鴒の吹分れても遠からず 阿波野青畝
鶺鴒の喉さしあげる解脱かな 永田耕衣
鶺鴒の好みをさがす石多し 阿波野青畝
鶺鴒の宙も叩けり吉野恋 岡井省二 明野
鶺鴒の寒さもて来や蔵の陰 鈴木道彦
鶺鴒の尾にはねらるゝ蚯蚓哉 正岡子規 鶺鴒
鶺鴒の尾羽白く飛び露けしや 右城暮石 散歩圏
鶺鴒の屋根に巣つくる里せまき 右城暮石 句集外 大正十五年
鶺鴒の庭歩みしが吾も歩む 山口青邨
鶺鴒の来てゐる水間観世音 高浜年尾
鶺鴒の来る石ありて若楓 水原秋櫻子 重陽
鶺鴒の欄干はしる五條哉 正岡子規 鶺鴒
鶺鴒の水浴び 花の朝始まる 伊丹三樹彦
鶺鴒の消えたる石の濡れはじむ 橋閒石 和栲
鶺鴒の糞して行くや石佛 正岡子規 鶺鴒
鶺鴒の翔び極まりし色を持つ 稲畑汀子
鶺鴒の見えそめてより山けはし 正岡子規 鶺鴒
鶺鴒の鋭声に消ゆる霜の花 前田普羅 飛騨紬
鶺鴒の長歩きして花の雨 石田勝彦 秋興以後
鶺鴒の飛びゐる畑の冬初め 右城暮石 句集外 昭和四年
鶺鴒の飛び啼き 羅漢の眉晴れて 伊丹三樹彦
鶺鴒の飛び石づたひ來りけり 正岡子規 鶺鴒
鶺鴒は夏の朝日の色にとぶ 星野立子
鶺鴒は夜泊石を教へけり 阿波野青畝
鶺鴒は朝かげ濃ゆき中に濃し 山口青邨
鶺鴒は胸立てづめに時化渚 石田勝彦 百千
鶺鴒も二三度はしる千鳥哉 鈴木道彦
鶺鴒も尾で招く也神迎 中川乙由
鶺鴒やこの笠たゝくことなかれ 正岡子規 鶺鴒
鶺鴒やはしりうせたる白川原 非群
鶺鴒やふたたび氷る池の水 村山故郷
鶺鴒やめつむりきけば近づき来 加藤秋邨
鶺鴒や三千丈の瀧の水 正岡子規 鶺鴒
鶺鴒や叩き折つたる石の橋 正岡子規 鶺鴒
鶺鴒や品の字となる恵那の岩 阿波野青畝
鶺鴒や山と渓との幾十里 正岡子規 鶺鴒
鶺鴒や岩を凹める尾の力 正岡子規 鶺鴒
鶺鴒や嵐の後の川清み 東皐
鶺鴒や庭の小石をふみ返し 正岡子規 鶺鴒
鶺鴒や楮晒しの頬かむり 森澄雄
鶺鴒や欄干はしる瀬田の橋 正岡子規 鶺鴒
鶺鴒や水の流転はとこしなへ 三橋敏雄
鶺鴒や水痩せて石あらはるゝ 正岡子規 鶺鴒
鶺鴒や池の汀の芭蕉塚 正岡子規 鶺鴒
鶺鴒や池の渚の芭蕉塚 正岡子規 鶺鴒
鶺鴒や浪うちかけし岩の上 正岡子規 鶺鴒
鶺鴒や瀧をはねたる尾の力 正岡子規 鶺鴒
鶺鴒や痛き白さの生丸太 百合山羽公 寒雁
鶺鴒や羽づくろふ腋しらしらと 阿波野青畝
鶺鴒や飛び失ふて殘る不盡 正岡子規 鶺鴒
鶺鴒よこの笠叩くことなかれ 正岡子規 鶺鴒
鶺鴒を直観のたび我は死す 永田耕衣
鶺鴒を追ふ烏あり春の雪 原石鼎 花影
鶺鴒を飼ふ考へをすぐに捨つ 三橋敏雄
鶺鴒二羽降り象型の滑り台 佐藤鬼房
鶺鴒去り岩の栄枯はよみがへる 古舘曹人 能登の蛙
鷹ケ峰鶺鴒飛べるより高し 山口青邨
黄せきれい闘竜灘に糞おとす 阿波野青畝
黄鶺鴒 逃げ 唐寺に 羊歯井遺り 伊丹三樹彦
黄鶺鴒泉に舞へる蛾を獲たり 水原秋櫻子 玄魚
黄鶺鴒湯女身じろげば逃げ去りし 阿波野青畝
黄鶺鴒瀬を早みかも見えがくれ 松本たかし
黄鶺鴒瀬を渡り裸婦うしろむき 川端茅舎
黄鶺鴒飛ぶ瀬を竹の皮走り 川端茅舎

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 16:26 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26299464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング