啄木鳥 の俳句

啄木鳥 の俳句

啄木鳥 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22909894/

啄木鳥 補遺

きつつきに戸をたゝかれし夜寒かな 鈴木真砂女 夏帯
きつつきや西行庵の小楽書 百合山羽公 樂土以後
きつつきを頑是なきより聞分けし 平畑静塔
ひとりきいてゐてきつつき 種田山頭火 草木塔
司祭館 密閉 ノョクの夕きつつき 伊丹三樹彦
啄木鳥がつく洋館の木の部分 山口誓子
啄木鳥が穿てる洞や葛の花 石塚友二 玉縄抄
啄木鳥だわが禿頭に紋白蝶 金子兜太
啄木鳥に俤も世もとどまらず 加藤秋邨
啄木鳥に口つぐむ巫女老いたりや 橋閒石 卯
啄木鳥に日和さだまる滝の上 飯田蛇笏 椿花集
啄木鳥に泉の水輪絶ゆるなし 水原秋櫻子 玄魚
啄木鳥のたくたくたくと夏誘ふ 山田みづえ 草譜
啄木鳥のたゝくこだまに塔聳ゆ 高浜年尾
啄木鳥のつゝきのこしてとびにけり 右城暮石 句集外 昭和八年
啄木鳥のつゝき落すやせみのから 正岡子規 啄木鳥
啄木鳥の來て錦木を倒しけり 正岡子規 啄木鳥
啄木鳥の啄く若葉の枯木かな 右城暮石 句集外 昭和十年
啄木鳥の巣穴に入るを見つけたり 右城暮石 散歩圏
啄木鳥の心ひそかに丹きかな 橋閒石 和栲
啄木鳥の柝を遠音に師匠亡し 上田五千石 森林
啄木鳥の横着ぶりや貸別墅 阿波野青畝
啄木鳥の絶えまを初夏の雲冷えて 渡邊水巴 富士
啄木鳥の羽美しくうつりけり 原石鼎 花影
啄木鳥の音入り吉野柚餅子かな 百合山羽公 樂土以後
啄木鳥の音絶えたり鷹の鳴く声す 水原秋櫻子 岩礁
啄木鳥の黒き小さき首見えし 川端茅舎
啄木鳥は嘴かんかんと寒木に 山口誓子
啄木鳥は頚うちふりて寒木に 山口誓子
啄木鳥も札打つやうに聞えけり 椎本才麿
啄木鳥も来さうな接木しある宿 右城暮石 句集外 昭和十一年
啄木鳥や堂に廻船入港図 岡井省二 明野
啄木鳥や山しんとして晝の月 正岡子規 啄木鳥
啄木鳥や山下り勝の庵の主 河東碧梧桐
啄木鳥や日の円光の梢より 川端茅舎
啄木鳥や日輪かくす幹不思議 川端茅舎
啄木鳥や深雪に立てる木も凍り 水原秋櫻子 秋苑
啄木鳥や湖の光がくる林 加藤秋邨
啄木鳥や玉垣やぶる音止まず 阿波野青畝
啄木鳥や苔をまさをに帰一寺 石川桂郎 四温
啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋櫻子 葛飾
啄木鳥や行者の道の岩伝ひ 河東碧梧桐
啄木鳥や貧しき村の砂糖菓子 有馬朗人 天為
啄木鳥や遠き木の間を人移り 水原秋櫻子 蓬壺
啄木鳥や釘いつぽんの帽子掛 鷹羽狩行
啄木鳥や院の一間に円座あり 岡井省二 有時
啄木鳥をなぞふ寒鴉の醜きに 山口誓子
啄木鳥柱につくや冬の雨 五明
啄木鳥鳴いてつねの空より蒼き沼 飯田龍太
啄木鳥鳴くや地図の平野はうすみどり 飯田龍太
啄木鳥鳴けり芝水平に恋三組 飯田龍太
喜べば啄木鳥小法師谺せり 川端茅舎
地芝居の太棹ひびく啄木鳥の穴 飯島晴子
墓小さし啄木鳥が鳴きわたるとき 飯田龍太
夢は白 啄木鳥はただ木を啄く 富澤赤黄男
宮大工間をきつつきにつつかれし 平畑静塔
山中の昼老け役のけらつつき 岡井省二 明野
山雲にかへす谺やけらつつき 飯田蛇笏 山廬集
師走かな木を翔つ啄木鳥の鋭声澄み 飯田龍太
悲めば啄木鳥小法師谺せり 川端茅舎
日の梢啄木鳥小法師首振れり 川端茅舎
春の雪木臼作りは啄木鳥に似て 飯田龍太
木のうろに隱れうせけりけらつゝき 正岡子規 啄木鳥
木の葉降りノッカー啄木鳥ノブ天使 大野林火 飛花集 昭和四十三年
木霊祭らしい きつつき 閑古鳥 伊丹三樹彦
枯草に山彦ねむり啄木鳥 飯田龍太
深轍より啄木鳥のひびきくる 佐藤鬼房
眉あげて朱夏の啄木鳥聞きにけり 岡井省二 夏炉
罷り出て啄木鳥小法師首振れり 川端茅舎
苛立ちの啄木鳥が降らせる木屑かな 能村登四郎
製酪所梅雨の啄木鳥黙し飛ぶ 水原秋櫻子 玄魚
谺して啄木鳥小法師かくれたり川端茅舎
谺して啄木鳥小法師首振れり 川端茅舎
赤啄木鳥も池に映れり梅雨木立 水原秋櫻子 殉教
身一つをあらいそがしの啄木鳥や 除風
返品の坊主焼かれて啄木鳥 角川源義
鋸目立 雨戸は啄木鳥に穴穿たれ 伊丹三樹彦
電柱をつゝく啄木鳥吉野山 右城暮石 句集外 昭和三十八年
電柱をのぼる青啄木鳥夏来る 飯田龍太
青啄木鳥の高鳴きくもる梅雨の山 水原秋櫻子 磐梯
頸つよき啄木鳥を聞く淋しさよ 三橋敏雄
首振れば啄木鳥小法師谺せり 川端茅舎

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 16:30 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26299471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング