渡り鳥 の俳句

渡り鳥 の俳句

渡り鳥 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23263368/

渡り鳥 補遺

Zとも乙とも梅雨の鳥の形 佐藤鬼房
あらかじめ家鴨ゐて鴨渡り来し 岡井省二 山色
かぎりなり竿になる手やわたり鳥 正岡子規 渡り鳥
このあたり古墳ちらばり鳥渡る 山口青邨
この墓にもう五人ゐて鳥渡る 飴山實 句集外
この瀬埋めて彼の山開く渡り鳥 河東碧梧桐
これはまた百日患者鳥渡る 百合山羽公 樂土以後
しづかなり満月に逢ふ渡り鳥 加藤秋邨
とりつくや日本の山へ渡り鳥 正岡子規 渡り鳥
ひたすらにそなたと許り渡り鳥 正岡子規 渡り鳥
まぐはひの女めつぶる渡り鳥 加藤秋邨
みちのくの低き円墳鳥渡る 松崎鉄之介
みちのくの夷の国や鳥渡る 山口青邨
みづうみのくもるひとつへ鳥渡る 上田五千石 琥珀
むれ來るや小鳥は小鳥雁は雁 正岡子規 渡り鳥
わが息のわが身に通ひ渡り鳥 飯田龍太
わが生地の佛頂面に鳥渡る 松崎鉄之介
わが見ねど子とその母に渡り鳥 加藤秋邨
わたつみのなみのつかれよ渡り鳥 三橋敏雄
一つづゝ帆柱暮れて渡り鳥 正岡子規 渡り鳥
一つ一つ帆柱くれて渡り鳥 正岡子規 渡り鳥
一むれは大島さして渡り鳥 正岡子規 渡り鳥
一脚の床几に木地師鳥渡る 古舘曹人 樹下石上
人はみな旅せむ心鳥渡る 石田波郷
人参の大畑が照り鴨わたる 岡井省二 鹿野
今朝どこを立て夕日の渡り鳥 正岡子規 渡り鳥
住吉に綿菓子食すや鳥渡る 岡井省二 大日
体温計抱くいつまでぞ鳥渡る 石田波郷
何か言ふまへの唇鳥渡る 藤田湘子 てんてん
入院の四角な窓を鳥渡る 高浜年尾
吹きあがる落葉にまじり鳥渡る 前田普羅 飛騨紬
咳すればとめどなく咳き鳥渡る 橋閒石 雪
喪のぼりする山裾や渡り鳥 河東碧梧桐
國空や来つつ暮れたる渡り鳥 三橋敏雄
城荒れて石角々し鳥渡る 阿波野青畝
声だして読む「流寓抄」鳥渡る 石川桂郎 四温
声のあとなる闇が揺れゆく渡り鳥 加藤秋邨
声張りて羽数すくなき渡り鳥 百合山羽公 故園
夕焼けて女の顔の渡り鳥 平井照敏 猫町
多度山の低き彼方や渡り鳥 河東碧梧桐
夜晴せし日のきら~や渡り鳥 河東碧梧桐
大恵那の尾根や端山や鳥渡る松本たかし
大採石地帯の空を渡り鳥 佐藤鬼房
大正のサロメ石鹸鳥渡る 飯島晴子
大海や一かたまりの渡り鳥 正岡子規 渡り鳥
大空に層をなしつつ鳥渡る 岡井省二 前後
大空のしろき一廓鳥わたる 能村登四郎
大空は色紙の如し渡り鳥 上野泰
大袋負ひたる民に鳥渡る 加藤秋邨
大雁塔鳥渡る道あきらかに 大野林火 月魄集 距和五十七年
大風に傷みし樹々や渡り鳥 河東碧梧桐
子にえらぶ白き毛糸や鳥渡る 鈴木真砂女 生簀籠
宍道湖や旅の我等に渡り鳥 星野立子
宣言か予言か渡り鳥の声 鷹羽狩行
家々は澁つくるなり渡り鳥 百合山羽公 春園
富士の根にわが眠る鳥わたりけり 秋元不死男
寝墓のみ十字遺して鳥渡る 阿波野青畝
小島から岡へ五町の渡り鳥 正岡子規 渡り鳥
小嶋から陸へ五町の渡り鳥 正岡子規 渡り鳥
山中に廃れ宿あり鳥渡る 大野林火 飛花集 昭和四十四年
山入口朴の葉風や渡り鳥 河東碧梧桐
山言葉の下流より上流へ鳥渡る 上田五千石『琥珀』補遺
山高く水低く在り渡り鳥 三橋敏雄
屹と立つ大根おろし鳥渡る 秋元不死男
峨眉山より秦嶺高し鳥渡る 松崎鉄之介
崩れては返し寄せては渡り鳥 正岡子規 渡り鳥
嶋は秋しぐれやすさよ渡り鳥 飯田蛇笏 山廬集
師の旅に蹤くはかなはず渡り鳥 上田五千石『天路』補遺
年々に旅の減りゆく渡り鳥 能村登四郎
忽然と白き城あり鳥渡る 有馬朗人 耳順
我畑の米くひに來よ渡り鳥 正岡子規 渡り鳥
戦友の掌が肩にきてをり鳥渡る伊丹三樹彦
敷石に木の実のしみよ鳥渡る 松崎鉄之介
旅人の馬こはがるや渡り鳥 正岡子規 渡り鳥
旅僧やひとり四國へ渡り鳥 正岡子規 渡り鳥
昼の湯にふぐりをさらす渡り鳥 古舘曹人 樹下石上
晝凄し沖は嵐の渡り鳥 正岡子規 渡り鳥
晴ながら富士はあらずよ鳥渡る 及川貞 夕焼
更にはらはら吸はれ加はり渡り鳥 中村草田男
月山かはた白雲か鳥渡る 阿波野青畝
杉の森高低もなし鴨渡る 中村草田男
杣が羽織着し日の心鳥渡る中川一碧樓
東京をはなれ入院鳥渡る 高浜年尾
桑くくり終へしばかりや鳥渡る(木曾路) 細見綾子
椎拾ふ子の朝早し渡り鳥 河東碧梧桐
椎栗もただ昏むなり渡り鳥 石田波郷
歯磨のほろあまき朝鳥渡る 伊丹三樹彦
汝が国に来て汝の亡し鳥渡る 大野林火 方円集 昭和五十二年
沼の向ふ何の煙ぞ鴨渡る 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
波しづか大うねりして渡り鳥 水原秋櫻子 殉教
泥沼の 泥の歳月 渡り鳥 富澤赤黄男
洪水あとの石白く灼け鳥渡る 臼田亜郎 定本亜浪句集
浦曲まで月夜くまなし鴨わたる 水原秋櫻子 旅愁
海潮の迅きにつれて鴨渡る 山口誓子
渡りかけて鳥さわぐ海の響き哉 正岡子規 渡り鳥
渡り来し鴨渡りくる鴨を待つ 稲畑汀子
渡り鳥いまも人焼くための島 鷹羽狩行
渡り鳥がうがうと風明るくて 加藤秋邨
渡り鳥しみじみと仰ぐ古本売 大野林火 冬青集 雨夜抄
渡り鳥つひに鍋提げいでしかな 小林康治 四季貧窮
渡り鳥つめたき昼餉食せるとき 大野林火 冬青集 雨夜抄
渡り鳥なりしと思う水枕 橋閒石 荒栲
渡り鳥のあはれを櫟林にて 細見綾子 桃は八重
渡り鳥の一点先翔く愛と業 中村草田男
渡り鳥ひろがり降りて五樹の縁 中村草田男
渡り鳥みるみるわれの小さくなり 上田五千石 田園
渡り鳥わが名つぶやく人欲しや 原裕 葦牙
渡り鳥ベビーベツトの城なすも 岸田稚魚 負け犬
渡り鳥上衣つくづく古びたり 橋閒石 朱明
渡り鳥乳房持つもの瀬に仰ぎ 加藤秋邨
渡り鳥四方に生るる端山かな 水原秋櫻子 葛飾
渡り鳥壺中にすはれゆくごとし 上田五千石『琥珀』補遺
渡り鳥夕日に翳をわきばさみ 山口誓子
渡り鳥安積颪にしば~す 河東碧梧桐
渡り鳥富士の蒼旻新たなり 村山故郷
渡り鳥小田原城に梨食へば 石塚友二 光塵
渡り鳥山にあふげばみな大き 大野林火 冬青集 雨夜抄
渡り鳥微塵のごとしオホーツク 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
渡り鳥日輪を棄てし雲のひま 加藤秋邨
渡り鳥木の天守には木の手摺 百合山羽公 寒雁
渡り鳥母のめがねのうそさむく 大野林火 冬青集 雨夜抄
渡り鳥点と現れ線と消え 上田五千石『琥珀』補遺
渡り鳥目二つ飛んでおびただし 三橋敏雄
渡り鳥砂丘いよいよ現はれて 岸田稚魚 筍流し
渡り鳥空の色めきまだ覚めず 中村汀女
渡り鳥西日明りの瀬に憩ふ 松村蒼石 雁
渡り鳥見る月台の白きに立ち 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
渡り鳥見んとわらびの根に休む(能登へ) 細見綾子
渡り鳥訥々とうた継ぐもよし 原裕 葦牙
渡り鳥赤城も見ゆる雲間より 水原秋櫻子 葛飾
湖にひろげ濯ぐ衣白し鴨渡る 大野林火 飛花集 昭和四十五年
湖も北の蒼さ極まり鳥渡る 村山故郷
潟見ゆる方へ渡り鳥見失ふ(金沢にて) 細見綾子
火傷の犬われに蹤ききて鳥渡る 赤尾兜子 歳華集
火葬場の煙突にほふ渡り鳥 平井照敏 猫町
烏羽玉や夜半の嵐の渡り鳥 正岡子規 渡り鳥
爲朝の弭のさきや渡り鳥 正岡子規 渡り鳥
牛積んだ船の上より渡り鳥 正岡子規 渡り鳥
物を干す白きかひなや渡り鳥 日野草城
玄海やデツキに落ちし渡り鳥 加藤秋邨
病院をよぎる登校児鳥渡る 石田波郷
破片確め難破確め渡り鳥 三橋敏雄
秋耕のまなじりさびし渡り鳥 三橋鷹女
移り来てまだ鳥渡るあしたあり 及川貞 榧の實
稲架かけて飛騨は隠れぬ渡り鳥 前田普羅 普羅句集
穂芒の暮れてぞひくき渡り鳥 水原秋櫻子 磐梯
空の奥星にふれつつ鴨わたる 水原秋櫻子 浮葉抄
竜飛岬より西の余光や鴨わたる 阿波野青畝
群雀遠行く渡り鳥のごと 山口誓子
老婆とまりて腰のばすとき渡り鳥 平井照敏 猫町
船の灯を目當に闇の渡り鳥 正岡子規 渡り鳥
草臥や我足遲き渡り鳥 正岡子規 渡り鳥
蓮田の遠くを低く鴨渡る 清崎敏郎
藁人に血の色のぼる渡り鳥 橋閒石 卯
藻畳に浮く鴨渡り来しばかり 右城暮石 句集外 昭和六十一年
街あれば高き塔あり鳥渡る 有馬朗人 知命
誰も仰がぬ幽けさしばし渡り鳥 加藤秋邨
軍艦の帆檣高し渡り鳥 正岡子規 渡り鳥
近江の湖照り返してや鳥渡る 石塚友二 光塵
遙遥やいそげば急ぐ渡り鳥 加藤秋邨
遠く遠く鳥わたる山山の雪 種田山頭火 自画像 落穂集
野の果の灘も相模や渡り鳥 三橋敏雄
野の泉鳥わたるやと来て空し 水原秋櫻子 蘆雁
野明りやあちらこちらへ鴨わたる 中村草田男
金色殿かがやか深空鳥渡る 山口青邨
鎌倉の水うまかりき鳥渡る 雨滴集 星野麥丘人
隠岐になほ沖ノ島あり鳥渡る 松崎鉄之介
雁坂のあたり微塵に鳥渡る 能村登四郎
雲に帰れば流るるばかり渡り鳥 平井照敏 猫町
雲早き空になりけり鳥渡る 河東碧梧桐
電線に椋鳥その上を渡り鳥 森澄雄
音のなき一空間や渡り鳥 加藤秋邨
頬杖の小指あそばす鳥わたる 岡本眸
頬杖は左手で足る 鳥渡る 伊丹三樹彦
駒糶りの物のきほひや渡り鳥 河東碧梧桐
高臺の裏を表に鳥渡る 古舘曹人 砂の音
鳥わたり鵯なき二月日和かな 原石鼎 花影以後
鳥わたるこきこきこきと罐切れば 秋元不死男
鳥わたる上信越の越の方 上田五千石 森林
鳥わたる十字縛りの屑屋の荷 鷹羽狩行
鳥わたる流謫の島浪がこひ 上田五千石『田園』補遺
鳥わたる豆菓子包む竹の皮 細見綾子
鳥わたる金華山沖過ぎくれば 上村占魚
鳥わたる頃にて槻の立てるのみ 水原秋櫻子 蘆雁
鳥海を肩ぬぎし雲や渡り鳥 河東碧梧桐
鳥海山より男鹿へ彎曲鳥渡る 松崎鉄之介
鳥渡りくる朝波の見えそめて 村山故郷
鳥渡りけることごとく鯉の髭 岡井省二 鹿野
鳥渡りまた鳥わたるお斎かな 岡井省二 鯛の鯛
鳥渡り了ふ森川町はなくなれり 大野林火 飛花集 昭和四十八年
鳥渡り明日はと望む山夏野 河東碧梧桐
鳥渡り月渡る谷人老いたり金子兜太
鳥渡るいづこも古戦場ばかり 安住敦
鳥渡るといへど乏しさを忘れんや 加藤秋邨
鳥渡るにぎはひも過ぎ砂の村 鷹羽狩行
鳥渡るをみなあるじの露地ばかり 石橋秀野
鳥渡る二階に子あやす人見えて 金子兜太
鳥渡る勤め帰リの鞄抱き 深見けん二
鳥渡る博物館の林かな 河東碧梧桐
鳥渡る句碑三行のおどろかな 古舘曹人 砂の音
鳥渡る夕ベ朱の濃き甲斐の山 有馬朗人 天為
鳥渡る夜毎深空に滝ひびき 飯田龍太
鳥渡る夜空の音を肴とす 飴山實 少長集
鳥渡る寝重りし子を抱きゆけば 伊丹三樹彦
鳥渡る尾長らは森かいくぐり 石田波郷
鳥渡る山を連ねて島集ふ 松崎鉄之介
鳥渡る山河さびしき国に来つ 村山故郷
鳥渡る岩場に挿して風車 古舘曹人 樹下石上
鳥渡る幹より冷えののぼりつつ 飯田龍太
鳥渡る彩なき潮の流るる日 鷲谷七菜子 銃身
鳥渡る影の伸縮 湖に 山に 伊丹三樹彦
鳥渡る曉けはなれたる海の上 清崎敏郎
鳥渡る朝の甍のまくろなり 大野林火 冬青集 雨夜抄
鳥渡る樹海の空を見えかくれ 高浜年尾
鳥渡る水槽幾日か乾き 廣瀬直人 帰路
鳥渡る津軽三年味噌屋敷 古舘曹人 樹下石上
鳥渡る牧水像は旅姿 上村占魚
鳥渡る生死はある人の世に 三橋鷹女
鳥渡る着のみの肩や聳えしめ 石塚友二 方寸虚実
鳥渡る石の墓場と人はいふ 山口青邨
鳥渡る空の次第を克明に 高浜年尾
鳥渡る空の浅瀬の茜どき 上田五千石 天路
鳥渡る空ばかり澄むわかれかな 石塚友二 光塵
鳥渡る終生ひとにつかはれむ 安住敦
鳥渡る群ばらばらに且つ散らず 橋本多佳子
鳥渡る街に溢れる楽士達 有馬朗人 母国
鳥渡る阿夫利嶺曇りやすきかな 星野麥丘人
鳥渡る雀つぶての田の面にて 石川桂郎 高蘆
鳥渡る雲のいづれも消えし午後 鷹羽狩行
鳥渡る雲の笹べり金色に 杉田久女
鳥渡る風音のして妻匂ふ 原裕 葦牙
鴨わたり暮雨瀟々の前穂高 水原秋櫻子 玄魚
鴨わたる空に筑波は失せにけり 水原秋櫻子 蘆雁以後
鴨わたる紅殻格子紅密に 岡井省二 明野
鴨渡る明らかにまた明らかに 高野素十
鴨渡る昔侠客いまは石 金子兜太
鴨渡る月下蘆荻の音もなし 水原秋櫻子 蘆刈
鴨渡る気色に夜を徹しけり 原石鼎 花影以後
鴨渡る鍵も小さき旅カバン 中村草田男
黒びかる 冬の亀裂の 渡り鳥 富澤赤黄男

渡り鳥 続補遺

あそこへは交り爰へは渡り鳥 凉菟
ぞく~と影の通るや渡り鳥 鳳朗
たそがれや雀もつれて渡り鳥 牡年
わたり鳥わたるや池の水かゞみ 許六
下馬しばし長刀なりの渡り鳥 土芳
世並よき秋につれてや渡り鳥 成田蒼虬
今まではどこに有てや渡り鳥 亀世
吹いきの見ゆる時分や渡り鳥 游刀
地につゞく沖の夜明や渡り鳥 野明
山ぶりにぬれてぞ出る渡り鳥 木導
御林や日高にとまる渡り鳥 正秀
日は西に雨の木ずゑや渡り鳥 野坡
朝あらしあたまの上を渡り鳥 去来
朝やけの空にぞあかき渡り鳥 木導
柴売に連てや市の渡り鳥 支考
椎樫をふみこぼしてや渡り鳥 吾仲
渡り鳥鳴は古郷の咄かや 丈草
爰は須磨いち~名乗れ渡り鳥 素覧
異なるもつれてむつまじ渡り鳥 三宅嘯山
竹きりのむらのそよぎや渡り鳥 吾仲
菅笠の羽根も休めず渡り鳥 中川乙由
蜀黍もひつじ穂なして渡り鳥 道彦 続蔦本集
雲の根を押て出るや渡り鳥 浪化
鳥わたる梢の底や市の声 堀麦水
鳥わたる越後の内に幾世界 露川

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 16:46 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26299517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

映画 の俳句
at 2017-12-15 09:21
歳時記 の俳句
at 2017-12-15 08:02
俳句 の俳句
at 2017-12-15 07:58
田鳧 の俳句
at 2017-12-13 09:12
山藤章二著 ヘタウマ文化論 ..
at 2017-12-13 08:29

外部リンク

記事ランキング