下り簗 の俳句

下り簗 の俳句

下り簗 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22913061/

下り簗 補遺

あひもとで逢べしやがて下り簗 露川
この下り簗通りすぎただの川 平畑静塔
ごんごんと黄泉路の下り簗激つ 秋元不死男
とこしへの山川下り簗を越す 平畑静塔
ぶるぶると震へてをりぬ下り簗 石田勝彦 秋興以後
一脚の椅子置きざりに下り簗 右城暮石 虻峠
丈草に径ひと筋や下り簗 石田勝彦 秋興以後
下り簗さして径あり石の上 前田普羅 飛騨紬
下り簗しきりに我を待つとかや 高野素十
下り簗しののめあはれとぞ聞けり 平畑静塔
下り簗すつかり位置のかはりゐし 右城暮石 一芸
下り簗だだ漏れ熊野川通る 山口誓子
下り簗にて逆波の立ち消ゆる 平畑静塔
下り簗一奔流のたのもしき 高野素十
下り簗不漁(しけ)だよ石たたきが叩く 平畑静塔
下り簗仕掛けて峡の家ちりぢり 村山故郷
下り簗大志の鷹はあらはれず 平畑静塔
下り簗大破す長き冬を経て 山口誓子
下り簗守りて男の隠れ場所 右城暮石 虻峠
下り簗守る一枚の障子かな 清崎敏郎
下り簗守る横顔に目の一つ 平畑静塔
下り簗守番小屋に便所無し 右城暮石 句集外 昭和五十五年
下り簗川上絶えず現じつつ 平畑静塔
下り簗川蟹くろき甲羅着て 野澤節子 八朶集以後
下り簗年経る鯉にくづれたり 三宅嘯山
下り簗流れて一つ瀬となれり 右城暮石 天水
下り簗浅瀬荒瀬になるところ 右城暮石 句集外 昭和五十二年
下り簗生簀にて鮎泳ぎづめ 平畑静塔
下り簗簀の上を這ふ蟻がゐる 山口誓子
下り簗簀を張り横に籬も張る 山口誓子
下り簗終れば猪の猟待つと 右城暮石 句集外 昭和五十五年
下り簗組む人足は動く杭 平畑静塔
下り簗自体抗してのぼりだす 平畑静塔
下り簗落ちて過ぎゆくのどせかな 平畑静塔
下り簗鉄魚籠に錘石入れ 平畑静塔
下り簗開きの青天白日事 平畑静塔
下り簗青竹の青流れ去る 平畑静塔
下り簗鮎の穴道くしけづり 百合山羽公 樂土以後
五箇山の鮎は未だし下り簗 百合山羽公 樂土以後
傘雫したたかなりし下り簗 古舘曹人 樹下石上
名川をくるしめ下り簗通す 平畑静塔
声交はしゐて眼放さず下り簗 右城暮石 虻峠
夜に掛かるもの多くなり下り簗 鷹羽狩行
寒山も拾得も居り下り簗 右城暮石 天水
山居せる杉の梢の下り簗 阿波野青畝
山紫水明下り簗橋がかり 平畑静塔
川上は隠れがほなり下り簗 平畑静塔
恐しきほど町高き下り簗 阿波野青畝
月に出て人働けり下り簗 前田普羅 飛騨紬
正念場水にもありて下り簗 百合山羽公 樂土以後
水に筋金下り簗経たる後 山口誓子
水声も雨声も流し下り簗 百合山羽公 樂土以後
水声も鮎の六道下り簗 百合山羽公 樂土以後
泡のせて水急ぐなり下り簗 清崎敏郎
洲の先に早瀬しづかの下り簗 石川桂郎 高蘆
秋の簗動転したる鮎かゝる 小林康治 玄霜
竪網に鮎きらきらす下り簗 右城暮石 句集外 昭和五十五年
節々の水噴いてゐる下り簗 石田勝彦 雙杵
透きとほる時が去りゆく下り簗 平畑静塔
郡長の来て歩きけり下り簗 前田普羅 普羅句集
鮎かかれかしとぼしらの下り簗 平畑静塔
鮎に張る鶴翼の陣下り簗 山口誓子
鯉落ちて奔流しぶく下り簗 水原秋櫻子 旅愁

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 17:43 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26299664
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング