鶫 の俳句

鶫 の俳句

鶫 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22906250/

鶫 補遺

あたたかき手中の鶫指を突く 阿波野青畝
あはれ鶫時雨の網に嘴を垂れ 水原秋櫻子 浮葉抄
さりゆきし山のよき日の鶫喰ふ 百合山羽公 春園
つぐみもう来てちらかつてゐる野かな 右城暮石 句集外 昭和十一年
つぐみ啼尾上の松は明にけり 万子
つぐみ罠畑の巖にも餌をすこし 飯田蛇笏 心像
みすずかる信濃は句碑に黒つぐみ 水原秋櫻子 蘆雁
もたらしぬ鶫を風邪の床にまで 山口誓子
やゝ痛き鶫の爪の愛しさよ 山口誓子
わたもちの鶫燻すべて山の講 飯田蛇笏 霊芝
キヤベツ畑霧に匂へり黒つぐみ 水原秋櫻子 蘆雁
クラクシヨン鳴らして鶫飛びたたす 右城暮石 散歩圏
人の顔俄かにさむし鶫とぶ 右城暮石 声と声
人何かしてゐる蘆に鶫とぶ 右城暮石 句集外 昭和八年
住職にしばらく寒の鶫鳴く 廣瀬直人
冬仕度つぐみの声をききながら 雨滴集 星野麥丘人
冬萌やこゑなき鶫田にまぎる 石川桂郎 四温
去ぬ鶫ゐてパン屑を拾ふかな 右城暮石 句集外 昭和十一年
営める巣も遠からじ黒つぐみ 水原秋櫻子 蘆雁
土佐の高知の鶫一羽が椿の根に 金子兜太
地靄してこずゑにとほく春鶫 飯田蛇笏 雪峡
妻も世に古りて鶫を灸りけり 山口誓子
小寒うに灯をかざしたる鶫かな 右城暮石 句集外 昭和八年
山の平らに影すつて消ゆ群鶫 松村蒼石 雁
山越しに鶫飛ぶ見て在所ある 右城暮石 句集外 昭和十二年
御柱立ちくろつぐみ囀れる 山口青邨
掌の鶫かなしやわれの脈うてり 山口誓子
教室の教師鶫の空を見る 廣瀬直人
日輝きはつしとかゝる鶫らし 星野立子
春の風わたる鶫の低き空 廣瀬直人 帰路
林*けいのはやき雪間やつぐみ罠 飯田蛇笏 心像
林?のはやき雪間やつぐみ罠 飯田蛇笏 春蘭
梅林に追ひ追はれして鵯鶫 右城暮石 散歩圏
歯固や郡上叩きのつぐみ鳥 石川桂郎 高蘆
毟りたる鶫をしばしみつめたり 山口誓子
氷る田を移りて鶫二羽となりぬ 水原秋櫻子 磐梯
氷る畦ゆらぐと見るや鶫居り 水原秋櫻子 磐梯
焼鶫うましや飯とともに噛み 山口誓子
焼鶫顔の真向ふ男山 岡井省二 山色
照る波に柳青めと鶫鳴く 飯田龍太
牧すがし遠黒鶫霧に鳴き 水原秋櫻子 玄魚
百年の味噌看板に鶫来て(妙義山麓) 細見綾子
立春の大瀬を隔て鶫鳴く 飯田龍太
罠のへにたちどまりたる鶫かな 飯田蛇笏 春蘭
羽毛にて鶫の瞑ぢし眼は見えぬ 山口誓子
耳聡き墓もあるべし鶫鳴く 飯田龍太
胸に刃をあつと鶫のことなるか 山口誓子
蓬摘むを鶫逃げ~して浜ヘ 右城暮石 句集外 昭和十一年
虎鶫間のある声と覚めてをり 石川桂郎 四温
表生より鶫があふぐ梅咲けり 水原秋櫻子 霜林
警戒の鳴き声ばかり鶫来て 右城暮石 天水
赤腹鶫に明易き樅のそびえたる 水原秋櫻子 磐梯
逆落す鶫の群や霧の穴 水原秋櫻子 旅愁
遠くより柳青めと鶫鳴く 飯田龍太
野宮に春鶫出し騒ぎかな 岡井省二 鹿野
陶工のすさびにとりし鶫置く 右城暮石 句集外 昭和十一年
雀より鶫が多く長寿村 右城暮石 散歩圏
雪になる風さきひくしなく鶫 鈴木道彦
雪山の旭にひとざとの鶫かな 松村蒼石 寒鶯抄
頚垂れて鶫わが掌につゝまるゝ 山口誓子
風が砂をうつくしくする日の鶫 右城暮石 句集外 昭和十一年
風邪の手を出して鶫を握るかな 山口誓子
高く立ち鶫はもとの田にもどる 右城暮石 句集外 昭和十三年
鶫たち朝日に気力病む妻に 金子兜太
鶫とぶ唐紙いろの夕がすみ 飯田龍太
鶫の羽子にとまりつめすや後の月 りん女
鶫の身守りし羽の抜けやすし 山口誓子
鶫まだ人に素直に飛びにけり 右城暮石 声と声
鶫ゐて日の出の霜を飛び歩く 右城暮石 句集外 大正十五年
鶫来る日を待つごとく水菜植う 右城暮石 句集外 昭和十六年
鶫来る空の薄藍遠岬 佐藤鬼房
鶫死して翅拡ぐるに任せたり 山口誓子
鶫焼きしあととおぼしき山路かな 木村蕪城 一位
鶫焼きもてなす米屋与左衛門 野見山朱鳥 幻日
鶫飛び木の葉のやうにさびしきか 細見綾子 桃は八重
鶫飛び雲脱げる山脱がぬ山 水原秋櫻子 殉教
鶫鳥握れば爪のつゝましく 山口誓子
鶫鳴き広谷雪を照りかへす 木村蕪城 寒泉
鶫鳴き朝寝の家をおどろかす 水原秋櫻子 浮葉抄
鶫鳴き萱原ひかり朝到る 水原秋櫻子 浮葉抄
鶫鳴て柳の絮の飛ぶ而已ぞ 東皐
鶸鶫朝は来鳴けり導師宿 星野麥丘人
黒つぐみつぎつぎ浴びて木の実落つ 及川貞 夕焼
黒つぐみ巣作るこゑか懺悔室 水原秋櫻子 殉教
黒つぐみ霧に声澄む月寒 水原秋櫻子 晩華

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 18:17 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26299750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング