秋時雨 の俳句

秋時雨 の俳句

秋時雨 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22912692/

秋時雨 補遺

おかめ笹しろがねの露秋時雨 山口青邨
どの墓や父祖につながる秋しぐれ 大野林火 冬雁 昭和二十二年
もののはづみの声叱す秋時雨 石川桂郎 四温
ももいろの覆輪の雲秋時雨 山口青邨
三つの獅子戯れ舞ふや秋時雨 水原秋櫻子 重陽
何色の暗き一色秋時雨 斎藤玄 雁道
出てゆきし湖舟を迫うて秋時雨 松本たかし
勤めより夜の勤めへ秋時雨 林翔 和紙
君も濡れ吾も濡れ湖畔秋時雨 林翔
塔の空秋しぐれんとしつつあり 橋閒石 朱明
小安峡秋の時雨を誘ひこむ 佐藤鬼房
山雀がゐて鳴く温泉の秋時雨 飯田龍太
峠路の秋時雨して様変り 高浜年尾
嶋は秋しぐれやすさよ渡り鳥 飯田蛇笏 山廬集
川音は粗に秋しぐれ密に過ぐ 安住敦
巨松われに一枝傘なす秋時雨 山口青邨
御漁場の鮎網舟や秋時雨 石川桂郎 高蘆
怒濤よりほかに音なし秋時雨 中村汀女
掻きこはす藁火の燠や秋しぐれ 三橋敏雄
日光に泣虫山や秋時雨 山口青邨
映画もどり秋の時雨に肩ぬらす 鈴木真砂女 卯浪
晴を鳴く鷽や足尾の秋時雨 河東碧梧桐
木の実だく栗鼠木がくれに秋しぐれ 飯田蛇笏 春蘭
木曾馬の耳すこし立ち秋しぐれ 鷲谷七菜子 花寂び
林間に金亀子こぼるる秋しぐれ 松村蒼石 寒鶯抄
濁流の瀬波頭に秋時雨 福田蓼汀 秋風挽歌
照れば降り曇れば止みて秋しぐれ 鷹羽狩行
犬にのみ許す心や秋時雨 草間時彦 櫻山
猿はかぶる少年の帽子秋時雨 山口青邨
男体の雲動き出て秋時雨 松本たかし
白峰陵山気に変る秋しぐれ 能村登四郎
百姓に翳の想ひや秋しぐれ 飯田龍太
秋しぐれいたくな降りそ浄瑠璃寺 伊丹三樹彦
秋しぐれしづかにひとを恋ひわたる 日野草城
秋しぐれ今や田を守る小屋がくれ 椎本才麿
秋しぐれ兎角月には成り易き 正岡子規 秋時雨
秋しぐれ檜の香ごもりの町みじか 鷲谷七菜子 花寂び
秋もはや日和しぐるゝ飯時分 正岡子規 秋時雨
秋時雨すなはち城ケ島の雨 山口青邨
秋時雨たかしの墓に詣づれば 山口青邨
秋時雨みちのく老舗蔵づくり 福田蓼汀 秋風挽歌
秋時雨人の濡れざま吾が濡れざま 中村汀女
秋時雨傘をたたみて二た三言 稲畑汀子
秋時雨千葉へ行く船今出でし 村山故郷
秋時雨奥瀬下りくる鷹見たり 村山故郷
秋時雨女の傘をとりあへず 山口青邨
秋時雨女ばかりの客入り来 鈴木真砂女 夕螢
秋時雨昨日に似たる昼過ぎに 細見綾子 桃は八重
秋時雨朝顔の実を光らせて 山口青邨
秋時雨木賊のごとく砥のごとし 平井照敏
秋時雨椿林の径濡らす 清崎敏郎
秋時雨畑茄子抜いて束ねをり 村山故郷
秋時雨白き柱に鶴舞ひて 山口青邨
秋時雨終焉の地をここと決めん 福田蓼汀 秋風挽歌
秋時雨金閣の金の鳳凰にも 村山故郷
秋時雨長谷の山肌松並めて 石橋秀野
秋時雨頬をさゝへたる掌 石橋秀野
竹売て酒手にわびむ秋時雨 北枝
繭倉を残す丸子の秋時雨 松崎鉄之介
舳這ふ蟹も晴れけり秋時雨 村山故郷
茶筅にてちよつちよと是は秋時雨 支考
蕎麦太く汁甘く秋しぐれかな 上田五千石 琥珀
薄墨のやつれや松の秋時雨 支考
軒庇秋の時雨を暫しのせ 上野泰 佐介
遠軽(えんがる)の燈とはさびしや秋時雨 山口青邨
鈴鳴らし遍路到着秋時雨 山口青邨
陵のしじま動かず秋時雨 村山故郷
鱒ずしを包む青笹秋しぐれ 鷹羽狩行

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 18:25 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26299767
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング