椋鳥 の俳句

椋鳥 の俳句

椋鳥 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23275823/

椋鳥 補遺

あきらめて帰りし人に椋鳥の空 稲畑汀子
あたり皆大樹椋鳥とび交し 高野素十
かなしみて椋鳥のごと散りゆけり 平井照敏 天上大風
せつに餌をはこびて椋鳥は晴の鳥 佐藤鬼房
ただ黙すあだし事せで椋鳥一族 中村草田男
むくどりや野川草の実うち被り 及川貞 榧の實
むく鳥の聲聞きつけし林哉 正岡子規 椋鳥
下駄履のそこら歩きに椋鳥の空 藤田湘子 てんてん
久に来て杉並区椋鳥群れゐたり 石川桂郎 含羞
久闊を叙し椋鳥を共に仰ぐ 富安風生
二番仔の椋鳥が気になりだせり 上島鬼貫
交み椋鳥宙で分れて雪ぐもり 岸田稚魚 筍流し
初夏の椋鳥高鳴くは何の木ぞ 飯田龍太
初空にやぶれかぶれの椋鳥のこゑ 飯田龍太
双塔の暮れゆく椋鳥を浴びにけり 加藤秋邨
夕映えの群れ追ふ椋鳥の爽涼と 飯田龍太
庄内米収め椋鳥撒きちらす 百合山羽公 樂土以後
恋の椋鳥駆けて田植のすみし畦 石川桂郎 四温
投げられし風呂敷の如椋鳥空ヘ 高浜年尾
掛乞に椋鳥群れとぶは賀茂あたり 波多野爽波
春あけぼの椋鳥嘴の朱を深め 飯田龍太
春の昼鶸にかはりて椋鳥の群れ 飯田龍太
春の雲椋鳥寺の辺を奸み 飯田龍太
椋鳥あふれゆき保線夫らまた残る 飴山實 おりいぶ
椋鳥がかこめばくるふ冬日かな 加藤秋邨
椋鳥が散つていきなり暮れかかる 橋閒石 微光
椋鳥が散り藁人の前屈み 橋閒石 卯
椋鳥とんで妻にかがやく西真赤 飴山實 おりいぶ
椋鳥どよめくはよろこびかいらだちか 飯田龍太
椋鳥のぶつかり合ひて渡りけり 渡邊白泉
椋鳥の下に静かな寒気を展べ 廣瀬直人
椋鳥の千羽傾く春の嶺 飯田龍太
椋鳥の塒をつひにつきとめし 稲畑汀子
椋鳥の大群雨のおん祭 右城暮石 上下
椋鳥の巣藁ます~垂れたるぞ 高野素十
椋鳥の沢山来れば烏逃ぐ 高野素十
椋鳥の群雑草園の木にあまる 山口青邨
椋鳥の草に沈みて朝桜 佐藤鬼房
椋鳥の高きに時雨ふるばかり 飯田龍太
椋鳥の鳴いて集まる班雪の田 廣瀬直人
椋鳥むれてすれずれにとぶ青田原 飯田蛇笏 雪峡
椋鳥や冬立ちし日もよき夕ベ 百合山羽公 故園
椋鳥や北国へ発つ貨車そろう 飴山實 おりいぶ
椋鳥や大樹を落つる鷹の声 村上鬼城
椋鳥や梢によする波の音 支考
椋鳥や椋の上越すさつと来て 右城暮石 句集外 昭和十三年
椋鳥や牛飼人も子を連れて 藤田湘子 途上
椋鳥や草の戸を越す朝嵐 村上鬼城
椋鳥わたる朝なバス待ち二十年 松崎鉄之介
椋鳥わたる桂のあした加茂の暮 高井几董
椋鳥をまねてみて友亡かりけり 加藤秋邨
椋鳥を日癖に暮るゝ空もあり 飴山實 辛酉小雪
椋鳥一群梢を枯らす松仰ぐ 山口青邨
椋鳥叫喚す元日の潮の上 飯田龍太
椋鳥撒いて北京郊外もやひけり 松崎鉄之介
椋鳥渡る山に焚火を消しをれば 大野林火 冬雁 昭和二十一年
椋鳥百羽命拾ひし羽おと哉 炭太祇
椋鳥過ぎて薄墨いろのながれけり 古舘曹人 樹下石上
椋鳥飛び散つて拝殿の氏子達 廣瀬直人
欅に椋鳥雑草園を瞰て下りず 山口青邨
泣き虫の子もいて茜椋鳥の町 飴山實 おりいぶ
渡り来し椋鳥の饒舌呑む大樹 稲畑汀子
渡り椋鳥つく木のありて廃漁港 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
漱ぎゐて椋鳥がわつと翔つ 廣瀬直人
瞞されてをり椋鳥の空の下 藤田湘子 途上
磯山の椋鳥が浜辺を一めぐり 清崎敏郎
籾殻焼く火の燠なして椋鳥どころ 岡井省二 明野
絢爛と椋鳥の一句をなしにけり 古舘曹人 砂の音
群れ翔ちて椋鳥向きをかへ拡りぬ 高浜年尾
背戸の木に椋鳥がむれ飯熱し 橋閒石 和栲
芳草や椋鳥の白斑は恋がらみ 藤田湘子 てんてん
若きら歓けば野の枯色に椋鳥潜る 金子兜太
菖蒲田に椋鳥ひそみゐたりけり 細見綾子
蒼き空椋鳥の波わたるなり 水原秋櫻子 残鐘
見えて来て椋鳥の渡りでありにけり 清崎敏郎
跫音のとまるを椋鳥のおそれけり 中村草田男
遠方に椋鳥の群落つ生きたしよ 藤田湘子 てんてん
銀杏芽吹き高枝好みに椋鳥遊ぶ 村山故郷
雲夏に入る大屋根の椋鳥もまた 飯田龍太
電線に椋鳥その上を渡り鳥 森澄雄

以上
by 575fudemakase | 2016-10-23 23:45 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26300639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング