茱萸 の俳句

茱萸 の俳句

茱萸 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23282917/

茱萸 補遺

あきぐみに陽の匂う風吹き来たる 金子兜太
いそ山や茱萸ひろふ子の袖袂 加舎白雄
かたつむり南風茱萸につよかりき 飯田蛇笏 霊芝
ここだくも熟れここだくも茱萸こぼれ 清崎敏郎
この酸ゆき茱萸を啖らひてあきらめむか 安住敦
たはやすくあきらめがたし茱萸を啖ふ 安住敦
びいどろの茱萸を眺めて長き時 細見綾子 桃は八重
むづかしや茱萸にからまる*ところ蔓 加藤曉台
何気なく茱萸とる朝やほとゝぎす 寥松
喉渇き掌に愛づは酸ゆき酸ゆき茱萸 伊丹三樹彦
堂守が茱萸迄くらふからす哉 松窓乙二
少年考へ歩く曇天茱萸熟れる 佐藤鬼房
平家塚遊子に茱萸の実を撰らす 平畑静塔
幾つもの無名の古墳茱萸うれる 有馬朗人 母国
庭の茱萸とる子なければたわわなる 富安風生
明るき茱萸 子地蔵の眼のありやなし 赤尾兜子 歳華集
沼茱萸や磐梯低く雲たるる 角川源義
湿原の茱萸あさる童に虹たちぬ 飯田蛇笏 白嶽
物食べし熱ほのぼのと茱萸の雨 山田みづえ 木語
瓶に活けわが臥すおもて茱萸垂りぬ 山口青邨
瓶の茱萸百を数へて疲れたり 山口青邨
砂ふかき直(すぐ)根の茱萸を家苞に 篠原梵 年々去来の花 皿
秋茱萸や滂沱滴る牧舎あり 能村登四郎
秋茱萸や身の上話聞かさるる 村山故郷
茱萸さいて穂高嶺あをき雲間かな 飯田蛇笏 春蘭
茱萸にかへぬ薬ぶくろぞなみだ 寥松
茱萸の叢いまこそ白し木の十字架 下村槐太 光背
茱萸の叢いまをぞ紅し木の十字架 下村槐太 天涯
茱萸の木に頭は隠れをり茱萸採るや 伊丹三樹彦
茱萸の木のしこかれて行野間哉 加藤曉台
茱萸は実に戦没者のこと世に謂へり 及川貞 榧の實
茱萸は黄に乙女めくなり吾がちぶさ 三橋鷹女
茱萸は黄に暁さめてゐるちぶさ 三橋鷹女
茱萸噛めば仄かに渋し開山忌 川端茅舎
茱萸折て山を出づるや茸狩 正岡子規 茸狩
茱萸熟れてちぶさが二つ小麦色 三橋鷹女
茱萸翳す人も揉まるゝ帰路の汽車 石塚友二 方寸虚実
茱萸赤し弱々として暮す日に 細見綾子 桃は八重
茱萸酸つぱしをんなのこころわれになき 安住敦
茱萸食めば畝傍の山の午後曇る 有馬朗人 母国
菓子盆の茱萸も露けし菊のやど 露川
鵯の声のちらつく茱萸袋 斎藤玄 狩眼

以上
by 575fudemakase | 2016-10-24 07:04 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26301095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング