山葡萄 の俳句

山葡萄 の俳句

山葡萄 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23282925/

山葡萄 補遺

から松を枯らす虞れの山葡萄 阿波野青畝
もみづる葉見ゆ山葡萄避暑終る 高浜年尾
一蔓のつづる紅葉は山葡萄 清崎敏郎
一蔓は紅葉全し山葡萄 水原秋櫻子 蘆雁
勾玉の色に熟れたる山葡萄 清崎敏郎
嘴太の鳴きわめきをる山葡萄 阿波野青畝
妻となる娘野葡萄実るらし 飴山實 おりいぶ
山ぶだう野面に酸ゆし秋燕 三橋鷹女
山ぶだう飛湯を隠すほどならず 阿波野青畝
山ぶだう黒きまで熟れ女坂 細見綾子
山月や葛ともまがふ山葡萄 水原秋櫻子 緑雲
山葡萄いろづく霧に至佛岳 水原秋櫻子 殉教
山葡萄なつかしきかなや紅葉せる 水原秋櫻子 磐梯
山葡萄ひと日遊びて精充ちて 草間時彦 櫻山
山葡萄ほか壺にして垂れ下がるものばかり 上田五千石 風景
山葡萄まつはれりけり磯部簗 阿波野青畝
山葡萄までひやひやと眼のゆけり 岸田稚魚
山葡萄むらさきこぼれ山日和 水原秋櫻子 磐梯
山葡萄乾びて山の雪凄む 佐藤鬼房
山葡萄傷めり人は目が傷む 渡邊白泉
山葡萄口にとりはみ人を想ふ 渡邊白泉
山葡萄杉に紅葉をかかげけり 水原秋櫻子 餘生
山葡萄湖のみどりをくぎり垂る 渡邊白泉
山葡萄湖の光を秘めながら 阿波野青畝
山葡萄笹に這ふなり万座口 水原秋櫻子 蓬壺
志賀の猿出で来よ山葡萄さげて 山口青邨
歯槽病む山葡萄あり食えもせず 金子兜太
気働き目に出て少女山葡萄 岡本眸
水上に熟るゝ万朶の山葡萄 前田普羅 飛騨紬
海崖に野葡萄の枯れ一破船 佐藤鬼房
漕ぎもどる童の舟に山葡萄 山口青邨
燦々と夕日紅葉の山葡萄 水原秋櫻子 殉教
牧閉ぢて紫こぼす山葡萄 水原秋櫻子 緑雲
産土神に旬のいろづく山葡萄 佐藤鬼房
空気ゆく木曾の古道山葡萄 金子兜太
能登線や砂山ぶだう棚枯れて 細見綾子
荊棘のアーチ野葡萄彩りて 川端茅舎
野葡萄にしがみつかれて竹屈す 阿波野青畝
野葡萄に鶏遊ぶ小家かな 正岡子規 野葡萄
野葡萄の花食ひ鳥となりおとうと 佐藤鬼房
野葡萄の酸つぱし顔が歪むほど 右城暮石 散歩圏
野葡萄の野をついてくる顔ひとつ 飯島晴子
野葡萄へ汽笛鳴らして帰りけり 飴山實 おりいぶ
野葡萄も引いて入れたき炭俵 百合山羽公 樂土
野葡萄や旱の影す秋篠川 佐藤鬼房
野葡萄や死ぬまで続くわが戦後 佐藤鬼房
野葡萄負へり鉱山の匂の男たち 林翔 和紙

以上
by 575fudemakase | 2016-10-24 07:07 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26301100
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング