晩秋 の俳句

晩秋 の俳句

晩秋 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22898449/

晩秋 補遺

かはせみの青晩秋に見たるもの 細見綾子
すでに晩秋熊笹揺れて風一過 福田蓼汀 秋風挽歌
ぬかごとりに行きたし晩秋の美濃の国 細見綾子
ひたに蒼白晩秋の立ち岩は 佐藤鬼房
ぼんやりと晩秋蚕に灯しあり 波多野爽波
もの書きて過す一日が晩秋なり 細見綾子
やがて来る者に晩秋の椅子一つ 有馬朗人 母国
やぶさめや晩秋蚕といふも飼ひ(埼玉県毛呂町、流鏑馬) 細見綾子
イエス売るべし晩秋のひげそられゐて 有馬朗人 母国
テープ水漬く晩秋の捕鯨基地 佐藤鬼房
一つ寝の人に鳥糞降る晩秋 金子兜太
丘晩秋刈田見え遠く犬が鳴き 大野林火 青水輪 昭和二十三年
午後三時の晩秋のひかりもつとも美し 金子兜太
回想や晩秋曇る野路を往き 日野草城
夜の顔に山から火がとぶ晩秋高原 金子兜太
子を呼べばこだますルオーの絵の晩秋(ルオー展) 細見綾子
弓を垂れ晩秋の曲弾き終る 有馬朗人 母国
愉しまず晩秋黒き富士立つを 山口誓子
掌で埋めて土晩秋の一日閉づ 古舘曹人 能登の蛙
晩秋のなぎさ足跡ゆきもどり 鷹羽狩行
晩秋のはるかな音へ象の耳 有馬朗人耳順
晩秋のよき晴れを富士の下に来し 村山故郷
晩秋のミイラの母が子をいだく 有馬朗人 母国
晩秋のミイラはねむるガラス箱 有馬朗人 母国拾遺
晩秋の園燃ゆるものみな余燼 山口青邨
晩秋の士踏んで来し役場前 廣瀬直人
晩秋の少年等崖ずり下がる 細見綾子
晩秋の底浅き川町に入る 佐藤鬼房
晩秋の庭吾亦紅野のごとく 山口青邨
晩秋の庵は風吹き切花出してある 尾崎放哉 小豆島時代
晩秋の想ひ女々しきは言はず 三橋鷹女
晩秋の斜日喬木の老幹に 日野草城
晩秋の日曜毎の雨重く 高浜年尾
晩秋の日本海暗夜は碧(へき) 金子兜太
晩秋の昼闌け牌(パイ)の音かたき 伊丹三樹彦
晩秋の景色をさがしめくれる唇 飯島晴子
晩秋の未明の星よ父となる 有馬朗人 母国
晩秋の桑黝みてみどり無し 高浜年尾
晩秋の汽車や老婆の荷に日ざす 細見綾子
晩秋の瞳 発止と 星ひとつ 富澤赤黄男
晩秋の舞台一面仮面満つ 有馬朗人 知命
晩秋の落暉に間あり鯨剖く 佐藤鬼房
晩秋の蔓草人の前にあり 廣瀬直人 帰路
晩秋の身の石切りのごとく飛ぶ 平井照敏
晩秋の野やてのひらに零余子のせ 山口青邨
晩秋の陽に倦み海へ鵜の一羽 佐藤鬼房
晩秋の雲七色にくれにけり 原石鼎 花影
晩秋の音たてて竹運び出す 廣瀬直人 帰路
晩秋の魚を描いて道しるべ 有馬朗人 知命
晩秋の麓まで黒比叡山 鷹羽狩行
晩秋はぐるるぐるるとなきさうに 平井照敏
晩秋は黒牛あゆむごとくなり 平井照敏
晩秋やわれに棗の実が熟れて 細見綾子
晩秋やイタリア青きゲーテの地図 有馬朗人 天為
晩秋や一と日頭上に空ありし 細見綾子
晩秋や一人の時に桐つつ立つ 細見綾子
晩秋や人行き山へかくれたり 細見綾子 冬薔薇
晩秋や山いたゞきの電柱も 細見綾子
晩秋や杣のあめ牛薔薇甜ぶる 飯田蛇笏 霊芝
晩秋や樫の木黒く昼澄める 細見綾子
晩秋や通訳ひとり韓紅 金子兜太
晩秋や風樹の中の一ベンチ 大野林火 潺潺集 昭和四十年
晩秋を初冬ヘ八ケ岳晴れて 虹立つ 細見綾子
晩秋を初冬ヘ八ヶ岳晴れて 細見綾子
晩秋暮色一歩三歩と濃かりけり 石塚友二 磊[カイ]集
晩秋蚕晩々秋蚕にて終る 高野素十
暗い入口鈍いレモンの晩秋家族 金子兜太
林泉の晩秋にある臣等かな 山口青邨
柵描く晩秋の牛入れるため 有馬朗人 母国
死火山一つ古靴に似る晩秋 金子兜太
満月をあげて晩秋くれにけり 原石鼎 花影
潮間帯晩秋の礁(いは)起ちあがる 佐藤鬼房
父の名の晩秋翳る裸岩 佐藤鬼房
痩せて背高きのみの棗の木の晩秋 細見綾子
硝子戸の家や蝶飛び晩秋ヘ 細見綾子
終点が故郷晩秋磯の香も 古舘曹人 能登の蛙
絵具厚く積み晩秋の牛となす 有馬朗人 母国拾遺
而して晩秋蚕に到りたる 高野素十
自我ぐずぐずとありき晩秋のひかり 金子兜太
草むしる子に晩秋の日ざしかな 村山故郷
薔薇の門くぐる晩秋の太陽見に 有馬朗人 母国
記憶のなかの晩秋のビル撃ちつくす 金子兜太
農夫もろとも晩秋の雲動く 廣瀬直人 帰路
黙々と晩秋になる屋根の石 細見綾子

以上
by 575fudemakase | 2016-10-24 08:29 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26301228
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング