秋の日 の俳句

秋の日 の俳句

秋の日 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23262639/

秋の日 補遺

あな長き吾の秋日の影法師 相生垣瓜人 負暄
あねいもと性の違へば秋日も二つ 三橋鷹女
あめんぼのくづれず泳ぐ秋日かな 渡邊水巴 富士
いくたびも秋日のよさを言はれけり(金沢の母、八十九) 細見綾子
うす靄の日ざす疎林に秋の嶽 飯田蛇笏 椿花集
うち仰ぎたる秋日にも名残あり 高野素十
かぜひいて見をしむ松の秋日かな 飯田蛇笏 山廬集
ここにしてあしたも秋日仄ぬくし 飯田蛇笏 椿花集
このセルを著て秋の日に秋の夜に 高野素十
この窓にきゆる秋日の今日もまた 百合山羽公 春園
こひしさよ棗秋日にやけてゐつ 細見綾子 桃は八重
これ以上土蔵に秋の日を入れず 山口誓子
さらさらと風たつ笹の秋日かな 西島麦南 人音
じつと地の暑き秋日も死のにほひ 佐藤鬼房
たちいでて身にしみじみと秋日かな 飯田蛇笏 山廬集
ぢやらんと秋日羂索の鳴れるなり 岡井省二 有時
ところところ秋の日さすや杉木立 正岡子規 秋の日
とつぷりと秋の日暮るゝも一息 星野立子
とろとろに秋日煮つめて何のジヤム 平井照敏
なんぞ堅き友亡きのちの秋日の道 中村草田男
にこらいの會堂に秋の日赫たり 正岡子規 秋の日
はや秋日はや秋風の遮れず 後藤夜半 底紅
ひそとして秋日に曝す遺愛の書 能村登四郎
ひと去りて寄るべなき蠅秋日追ふ 角川源義
ひややかに秋日鋭き火の周囲 飯田龍太
ひややけき空気に秋日さしゐるも 山口誓子
ふぐり垂る素裸にさす秋日かな 飯田蛇笏 山響集
ぶちまけて秋日の細螺忘らるる 山田みづえ 忘
まぼろし真向き秋日のそばに道の上に 中村草田男
まゝ事の相手に秋の日暮れたり 正岡子規 秋の暮
みえわたる耕土西より秋日のみ 飯田蛇笏 家郷の霧
みちのくの秋日に我も来りけり 高野素十
みほとけに秋日とぼしく射しにほふ 伊丹三樹彦
みほとけの金色ぼうと秋日暮る 伊丹三樹彦
みほとけの金色秋の日をおごる 伊丹三樹彦
みんなみの秋日を更に岬へと(潮岬二句) 細見綾子
み仏の肩に秋日の手が置かれ 山口誓子
むかうより差してひたすら秋日影 岡井省二 夏炉
むさし野こゝに残りて在りて秋日入る 及川貞 夕焼
もうすこし秋日入れたき土蔵窓 能村登四郎
よき娘きて軍鶏流眄す秋日かな 飯田蛇笏 霊芝
われら日本のこの秋日のあぜみち 中川一碧樓
ネオンはや息吹く大阪秋日宙 伊丹三樹彦
ポスト探しに来し海辺町秋日照る 村山故郷
一億の祝歌(ほぎうた)秋日降りこぼれ 三橋鷹女
三国路は嶽の中なる秋日さす 村山故郷
下つ瀬は秋日木の間にこもりをり 篠原梵 年々去来の花 雨
中空の鉄のひびきの秋日中 中村汀女
主客に秋日息急くわれやおのづから 石塚友二 方寸虚実
乙女の体操夫人ら秋日ひさに浴び 石田波郷
乳房いらふ乞食の子に秋日燦 角川源義
二三本山吹咲ける秋日かな 下村槐太 天涯
亡き友肩に手をのするごと秋日ぬくし 中村草田男
人の行く方へ我行く秋日かな 高野素十
人は毛物か林の奥に秋の陽色 金子兜太
人気なき間の宿場の秋日影 岸田稚魚
伏籠の軍鶏寂然と秋日虧く 飯田蛇笏 白嶽
会へば誓子秋日にかざす手の白さ 加藤秋邨
似ては似て一位椹の秋日なり 岡井省二 鹿野
何を着て秋の日の鵜を見にゆかん 岡井省二 前後
佛説般若心経を写した幾人秋日の庭に出づ 中川一碧樓
信じつつ落ちつつ全円海の秋日 西東三鬼
信濃びと牛にひかれて秋日亨く 角川源義
倥偬如鬱々如たる秋日影 飯田蛇笏 山響集
入りしほの秋日みつめてむせにけり 加藤秋邨
公の秋日土中に蛙クク 西東三鬼
再びは巡らぬ秋日靴の砂払ふ 細見綾子
凧追ふ子秋日の*まちを漂へり 角川源義
北嵯峨といふは秋日の藪の奥 高野素十
北限の石敢当に秋日かな 松崎鉄之介
十二神将怒り秋日を強めたり(新薬師寺) 細見綾子
南無秋日蛇の子径をよぎりけり 松村蒼石 雁
四阿の日焼けし茣蓙や秋の草 富安風生
国興り国亡びたる秋日かな 高野素十
園の花卉幽らからぬ秋の日覆かな 飯田蛇笏 山響集
地と水と人をわかちて秋日澄む 飯田蛇笏 家郷の霧
地下道の秋日さし来る工事かな 中村汀女
地獄絵の身にしみじみと秋日かな 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
型紙彫る*れんじ格子に秋日差 松崎鉄之介
埴輪牛あはれ義足に秋日そふ 伊丹三樹彦
堂塔と秋日重なる真直ぐかな 松本たかし
墓踏むは愛か秋日を敬として 林翔 和紙
壁に動く秋日みつめて注射すむ 杉田久女
夕さればしづまる風や秋日影 原石鼎 花影
夢二とは蚊帳吊草に秋日かな 石田勝彦 百千
大いなるものに憑かれて秋の日に 三橋鷹女
大富士に秋の日輪禊畢ふ 飯田蛇笏 白嶽
大根の二葉に秋の日さし哉 正岡子規 秋の日
大洋の秋日集めて肉焙る 上田五千石『風景』補遺
大温泉嶽秋の日はたとおとろふる 飯田蛇笏 白嶽
大砲の山行く秋の朝日かな 正岡子規 朝の秋
大香炉けぶりて秋日西へやる 佐藤鬼房
天井に秋日のかけら裏梯子 能村登四郎
天守跡あゆめり靴に澄む秋日 大野林火 海門 昭和十二年
妻とゐてさびしくなりぬ秋日向 岸田稚魚 紅葉山
子規堂の子規の三畳秋日射す 右城暮石 虻峠
孔雀飼ふ古城の秋日美しともふ 大野林火 海門 昭和十二年
小半とき秋日焼けしと思ふ航 高浜年尾
尻立てて蜂 首塚に秋日の熱 伊丹三樹彦
山に倚れば秋の日落つるあら野哉 正岡子規 秋の日
山のべのみちの秋日に憩ひもし 高野素十
山凪ぎにこころ聾する秋日影 飯田蛇笏 椿花集
山家より出でたる僧が榮一郎が秋の日 中川一碧樓
山聖し地は遍照の秋日影 飯田蛇笏 家郷の霧
山脈(やまなみ)に窪あり秋日包まんと 佐藤鬼房
山荘の秋の日差の小間を愛で 中村汀女
岬秋日にかげりも知らず立ちてゐし(潮岬二句) 細見綾子
峡暮れてとび散る雲にのみ秋日 富安風生
巌がくり歯朶枯れなやむ秋日かな 飯田蛇笏 霊芝
巌ぬくくむら雨はじく秋日かな 飯田蛇笏 春蘭
巖ぬくくむら雨はじく秋日かな 飯田蛇笏 山響集
師の齢こえゆくつゆの秋日かな 松村蒼石 雪
師を埋むどの土塊も秋日もつ 角川源義
帰り来し命美し秋日の中(十月廿五日、沢木欣一氏帰還二句) 細見綾子
幹の間の秋日の部落ひそひそと 飯田龍太
幽心に地のうるほへる秋日影 飯田蛇笏 雪峡
広縁や秋日に透ける猫の耳 上村占魚 鮎
底光りする秋の日が尾上から 篠原梵 年々去来の花 中空
庭を見る猫の日癖や秋の声 飴山實 花浴び
廃墟中瓦礫の抱く秋日影 深見けん二
弱々と歯を抜きし日の秋日かな 石川桂郎 含羞
感電して少年めぐりおちぬ秋の日に 飯田蛇笏 山廬集
慌しく大漁過ぎし秋日かな 前田普羅 普羅句集
我が頬に又桑の葉に秋日濃し 上野泰
我を捨て遊ぶ看護婦秋日かな 杉田久女
戦死報秋の日くれてきたりけり 飯田蛇笏 雪峡
手鏡に子が秋の日を弄ぶ 山口誓子
放射路のひとつの果に秋日落つ 橋閒石 朱明
故園尚存すたま~秋の日に 高野素十
新しき国の秋日の北中す 高野素十
新しき秩序秋日を照り返す 日野草城
新聞のさし絵彩る児等秋日さす縁に 尾崎放哉 大正時代
旅の日の秋日を金に雄物川(秋田、男鹿半島) 細見綾子
旅びとに秋日さすらふ柱の面 伊丹三樹彦
旅人に秋日のつよき東大寺 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
旅人に秋日のつよし東大寺 飯田蛇笏 霊芝
旧約の秋の日のあり漁師町 平井照敏 天上大風
明暗を織りあざなひて今日秋日(十一月二日父逝きて二十年) 細見綾子
昨日獲て秋日に干せり熊の皮 相馬遷子 山国
昼寝ざめ秋の日晴れてゐて寂し 日野草城
時は秋日は夕べ飢ゑひそやかに 上田五千石 琥珀
時計師に微塵の秋日身のまはり 桂信子 新緑
時計鳴ることの古風にして秋日 右城暮石 句集外 昭和十六年
晴間より秋日夢殿門小さし 廣瀬直人 帰路
暮れんとす縁にふたゝび秋日かな 原石鼎 花影
朝過ぎゆく小さき時計秋日の中 細見綾子
木のかげが鋪道をかざり秋日落つ 石田波郷
木像の尊氏の目に秋日落つ 阿波野青畝
木曾の夜ぞ秋の陽痛き夢の人 金子兜太
木歩の忌秋の日向に雀の子 飯田龍太
村會に秋の祭の日のべかな 正岡子規 秋祭
枝を枝へとはつ秋の日影さす 岡井省二 有時
栗の木の下行く峡の秋日澄む 村山故郷
根本中堂秋の朝日に朱を朱にす 大野林火 雪華 昭和三十八年
梢なる秋日も志都能石屋かも 林翔 和紙
梢の鴉翼円めて秋日享く 飯田龍太
植物のたをやかさ去り秋日澄む 飯田蛇笏 家郷の霧
椎の山椎の谷ある秋日かな 高野素十
楢林人には逢はず秋日に逢ふ 大野林火 潺潺集 昭和四十年
楢栗の幹にあかあか秋日射 山口青邨
樫の木の竝んで秋の入日かな 正岡子規 秋の日
樹々の根の秋日ふむ客や足たかく 飯田蛇笏 山廬集
樹を仰ぐ顔に秋日の白く来ぬ 大野林火 海門 昭和十二年
橋をよろこんで渡つてしまふ秋の日 中川一碧樓
檻に鼻つけて人嗅ぎ秋日嗅ぐ 右城暮石 句集外 昭和二十八年
歇む雨に秋日いきなり照りわたる 日野草城
正面に懸かる秋日に塔の影 松本たかし
母に秋日はらから吾等寄り集ひ 三橋鷹女
母の髪染めて黒しや秋の陽に 桂信子 月光抄
汝は蔭にわれは秋日に別れかな 古沢太穂 古沢太穂句集
江戸小紋秋日にあてつ夫の留守 細見綾子
泣いて戯院を出づれば秋日落ちんとす 臼田亜郎 定本亜浪句集
洋傘の絹地に秋の日がにじむ 山口誓子
洋服のしゝむらにさす秋日かな 山口誓子
海を上がり秋日の照らす飯を食ふ 村山故郷
海晴れて小冨士に秋の日くれたり 正岡子規 秋の暮
深山の日のたはむるる秋の空 飯田蛇笏 家郷の霧
混血の国のペルーの秋日かな 高野素十
温突(オンドル)の焚口秋の日を吸へり 上村占魚
湖の日かげりしより秋の風 高野素十
湖も秋日もここに完けれ 中村汀女
湯あみゐる娘子に山の秋日濃し 上村占魚 球磨
湯おもてにうすき秋日と吾子の垢 能村登四郎
澄みそめて水瀬のしぶく秋日かな 飯田蛇笏 山廬集
濃き秋日何かたのしくわからなく 星野立子
火を埋めて秋の日輪また遠し 飯田蛇笏 雪峡
無花果を丸煮す秋日しみじみと 及川貞 夕焼
焼け原の日も暮れてゆく秋の風 臼田亜浪 旅人 抄
焼原の日も暮れてゆく秋の風 臼田亜郎 定本亜浪句集
焼餅を食うべ釣瓶落しの秋の日や 山口青邨
煙りなき甲斐国原の秋日かな 飯田蛇笏 霊芝
父こひし草山秋の日を湛へ 三橋鷹女
父病むや家内片面に秋日さし 飯田龍太
牧草のおのづと高む秋日かな 石田勝彦 百千
状受けに秋日すべらす状斜め 中村草田男
玻璃囲ふ勾玉秋の日の遠さ 鷲谷七菜子 天鼓
瓢として尊き秋日一つかな 飯田蛇笏 山廬集
甕ばかり売る市の端秋日射 山口青邨
甦りくるもののあり秋の日に 三橋鷹女
甲板に水流す秋の朝日哉 正岡子規 朝の秋
異人の髪一筋一筋秋日照らす 右城暮石 句集外 昭和二十七年
病む母とその子パウロと秋日濃し 高野素十
病室の秋日は疾くに陰るらし 中村汀女
白豚や秋日に透いて耳血色 杉田久女
皀莢に秋の日落つる小窓かな 正岡子規 秋の日
目をとぢてゐて秋の日の静かなり 高野素十
目を丸く鯉の日暮の秋の風 森澄雄
目を去らぬ豹紋秋日濃く淡く 佐藤鬼房
盲ひたる人の顔せ秋の日に 高野素十
直帰る秋日の艫にうづくまり 石田波郷
相輪の丈のそびえや秋日影 佐藤鬼房
眉焦がす秋日鴎の浮き沈み 原裕 青垣
看護婦つれて秋日浴びに出し露台かな 杉田久女
真珠養ふ潮うつくしや秋の日に 上村占魚
着物干す小屋の秋日に風の音 右城暮石 句集外 昭和八年
矢を画ける秋日の岩にチヨークにて 阿波野青畝
石仏の額に深皺 秋日照る 伊丹三樹彦
石橋や秋日のほめく杖のさき 飯田蛇笏 山廬集
石運ぶ釣瓶落しの秋の日に 山口青邨
砂原を蛇のすり行く秋日かな 村上鬼城
碑の影のわれにとどきて秋日落つ 山口青邨
磐ケ根の上の秋日の斎かるゝ 高野素十
磧よこぎる秋の日中かな 松村蒼石 寒鶯抄
神木に倣ひて秋の日矢の直 鷹羽狩行
神輿踊る秋日散らして橋の上に 村山故郷
祭文に湖の秋の日真上より 岡井省二 五劫集
秋の日あかるくて暗い酒蔵の白秋年譜 荻原井泉水
秋の日が墜ちる駱駝はかんがへる 富澤赤黄男
秋の日が沈む水中を落つるごと 平井照敏
秋の日が没りて低嶺となりにけり 山口誓子
秋の日が終る抽斗をしめるやうに 有馬朗人 母国
秋の日にうすくれなゐや珊瑚店 松本たかし
秋の日に女三人顔を寄せ 高野素十
秋の日に晒して賽の河原あり 富安風生
秋の日に泰山木の照葉かな 村上鬼城
秋の日に露命を影す道辺草 飯田蛇笏 椿花集
秋の日のいま当りゐる石を見る 高野素十
秋の日のうつろひがちの室生寺 阿波野青畝
秋の日のおどろと青き馬を見る 渡邊白泉
秋の日のお染が陰を仄とのぞき 渡邊白泉
秋の日のけぶるおもひを丹柱に 伊丹三樹彦
秋の日のすぐに傾く白障子 中村汀女
秋の日のつるべ落しや紙漉村 鈴木真砂女 夕螢
秋の日のひつかかりをる犀の角 岡井省二 鯨と犀
秋の日のほとけが巌に浮びけり 鷲谷七菜子 游影
秋の日の一人に暮るゝ野道哉 正岡子規 秋の日
秋の日の一長老を敬はん 高野素十
秋の日の下に二つの池濁る 高野素十
秋の日の下に湖ひろびろと 高野素十
秋の日の下の行厨名残惜し 高野素十
秋の日の丘の一つの石柱 高野素十
秋の日の丹のまろはしらきみと倚る 伊丹三樹彦
秋の日の俄かに照りし濤頭 清崎敏郎
秋の日の保名人形の口朱なり 渡邊白泉
秋の日の傾きてわれ家もなし 正岡子規 秋の日
秋の日の力や午後は遠ざかる 高浜年尾
秋の日の匂ふブラインド上げ下げす 岸田稚魚 紅葉山
秋の日の当る手のひら銭を乞ふ 高野素十
秋の日の拾ひあつめし句なりけり 安住敦
秋の日の日中の野の石のぬくみ 中川一碧樓
秋の日の時刻を惜しむ厠かな 飯田蛇笏 山廬集
秋の日の木の間に落ちて塔高し 正岡子規 秋の日
秋の日の樹影にわれを翳らしめ 山口誓子
秋の日の次第に低し藪の中 高野素十
秋の日の瀬のかがやきをよしと思ふ 山口青邨
秋の日の琺瑯の歯が抜かれけり 平井照敏 猫町
秋の日の白壁に沿ひ影とゆく 大野林火 海門 昭和十二年
秋の日の笛吹川も一見す 高野素十
秋の日の落つるに燃ゆる火はとはに 山口青邨
秋の日の落つる陽明門は鎖さず 山口青邨
秋の日の薄雲がくれ蝕すなり 正岡子規 秋の日
秋の日の裸身あゆめる朝一瞬 石田波郷
秋の日の谷中にせまる蝉の聲 正岡子規 秋の日
秋の日の野路の小川に光りけり 正岡子規 秋の日
秋の日の鏡にさせば夕化粧 後藤夜半 底紅
秋の日の飯白し雲の白し 中川一碧樓
秋の日の高石懸に落ちにけり 正岡子規 秋の日
秋の日の黄領蛇をり法華尼寺 岡井省二 鹿野
秋の日は別に落ちたり撥釣瓶 三橋敏雄
秋の日は山を馳りて隠れけり 高屋窓秋
秋の日は玄室をもれ吾に射す 山口青邨
秋の日は病衣にあはしとぞおもふ 長谷川素逝 砲車
秋の日やまなこ閉づれば紅蓮の国 渡邊白泉
秋の日や啼いて眠りし枝蛙 渡邊水巴 白日
秋の日や啼き疲れ寝し縛り犬 杉田久女
秋の日や大網あがる魚の光 村山故郷
秋の日や小宮康助の江戸小紋 細見綾子
秋の日や干魚かみ新聞紙散る(奈良にて二句) 細見綾子
秋の日や死にたき人も旅すらん 高屋窓秋
秋の日や河原石敷き死者の床 山口青邨
秋の日や猫渡り居る谷の橋 原石鼎 花影
秋の日や草にまぎれずとぶ雀 大野林火 海門 昭和七年
秋の日や草臥れ足の一葉ふむ 飯田蛇笏 山廬集
秋の日や野に深みをる影法師 高屋窓秋
秋の日や鐘よりさきにくれかゝる 正岡子規 秋の日
秋の日や雌といへども荒鵜にて 鈴木真砂女 夕螢
秋の日や食籠を見る暗き棚 前田普羅 普羅句集
秋の日をあびにいづれば濤の音 百合山羽公 春園
秋の日をかへすところに水鏡 鷹羽狩行
秋の日をとどめて松の響きなし 臼田亜郎 定本亜浪句集
秋の日をよろばひいでて仰ぎけり 百合山羽公 春園
秋の日を新聞おのが白に飽く 山口誓子
秋の日を終ふ旧約の街を閉ぢ 有馬朗人 知命
秋の日を負ひ婦人への小講演 山口誓子
秋の日流るゝ水に手を洗ふ顔をもぬらす 中川一碧樓
秋の陽を突かれてやまぬ毬ひとつ 平井照敏 猫町
秋日あたりて湯けむりに音のあり 岡井省二 前後
秋日さかん乞食の子の銭かぞふ 角川源義
秋日さす割られ継がれし「芭蕉墓」 西東三鬼
秋日さす山車で踊れるひよつとこに 清崎敏郎
秋日さす山野跋渉せし素足(松山市道後、宝巌寺) 細見綾子
秋日さす淡白の岩谿うづむ 篠原梵 年々去来の花 雨
秋日さす石の上に背の児を下ろす 尾崎放哉 小豆島時代
秋日しづか捨てし女に未練はなき 安住敦
秋日たかし大瀧かかる嶺を遠く 飯田蛇笏 白嶽
秋日つよく藍青の嶺々窓蔽ふ 飯田蛇笏 山響集
秋日とならばとはいつからか思ひゐし 細見綾子 桃は八重
秋日に手秋風に手を翳しつつ 後藤比奈夫
秋日に白き崖並び立つ日本の涯 松崎鉄之介
秋日の縁蜂飛びて行く明るくて(十月廿五日、沢木欣一氏帰還二句) 細見綾子
秋日は放射七面鳥は示威に倦まず 中村草田男
秋日まつかう幼なイエスの広額に 林翔 和紙
秋日や喰へば舌やく唐がらし 飯田蛇笏 山廬集
秋日受く仏蘭西麺麭の拳大 佐藤鬼房
秋日吸つてふくるる毛皮飾り窓 草間時彦 中年
秋日寒む逢へばおどけて人痩せて 三橋鷹女
秋日射し骨の髄まで射しとほし 三橋鷹女
秋日射す冷たき貌を拭ひけり 松村蒼石 寒鶯抄
秋日影后の閨ののぞかるる 飯田蛇笏 心像
秋日影失せ蒼然とわが体 佐藤鬼房
秋日椎にかがやく雲の袋かな 飯田蛇笏 山廬集
秋日椎にかゞやく雲の袋かな 飯田蛇笏 霊芝
秋日沁むふとんの縞のたてよこに(島崎・木村家を訪ふ、良寛終焉の地) 細見綾子
秋日沁む埠頭に晒す糞尿車 小林康治 玄霜
秋日沈める深さや木場の木がそそり 中村草田男
秋日没りしほ膝に茶碗を鷲づかみ 加藤秋邨
秋日没る五階にありて立眺め 石田波郷
秋日没る庭の平らに金の砂 桂信子「草影」以後
秋日流るるミドロ泡吹く鮒も浮けり 種田山頭火 自画像 層雲集
秋日海へ地球自転のこの寂しさ 加藤秋邨
秋日満つ日本歴史の曲り角 日野草城
秋日濃きまさごに僧の影膜ける 伊丹三樹彦
秋日濃き出雲街道猫走る 桂信子 花影
秋日照らせり基督の生るる前 山口誓子
秋日照り埴輪のいのち謐かなる 伊丹三樹彦
秋日照り湖底の村に照りとほる 水原秋櫻子 磐梯
秋日照る砂に寝て昼の夢を見し 村山故郷
秋日熟れゐて流離めく仏蘭西麺麭 佐藤鬼房
秋日燃え落つる市電に立疲れ 石田波郷
秋日燦亡びしものはただに白し 角川源義
秋日燦神が賜りし齢なり 林翔
秋日皓々風化の岩を耕土とし 林翔 和紙
秋日粗くて一匹の叫ぶ礁 佐藤鬼房
秋日芝生にむしろあは~吾等ゐし(奈良にて二句) 細見綾子
秋日落ち渚のすべて終りけり 富安風生
秋日西へまはりて大いなる斜面 橋閒石 朱明
秋日負ひ唐寺の朱門目頭に 石塚友二 方寸虚実
秋日踏む菩提寺磴の梅落葉 西島麦南 人音
秋日透くぶだう天ぷらおもしろし(山梨、放光寺) 細見綾子
秋日闌け金糸雀呆と糞まりぬ 石田波郷
秋風が吹けば秋日が射せばとて 星野立子
秋風も秋日も彫の深かりし 後藤比奈夫
立山から太陽出づる空が秋の日 中川一碧樓
竹秋の日を掠めたり何鳥ぞ(不破の関二句) 細見綾子
竹藪のうしろに秋の入日かな 正岡子規 秋の日
第三の男妻帯秋の日屋根より出づる太陽 中川一碧樓
笹の葉をすべる秋日の平林寺 細見綾子
篁の日おもてよぎる秋の蝶 山口青邨
給塩の石の秋日や牧夫過ぐ 角川源義
緋毛せんの端しの秋日の胡麻豆腐(鎌倉瑞泉寺) 細見綾子
編物やまつ毛目下に秋日かげ 杉田久女
縁かな南山房に秋日濃し 山田みづえ まるめろ
縞馬の顔の隈取り秋日燦 後藤比奈夫
縦横無尽の中の一点秋日吾等(奈良にて二句) 細見綾子
置き竿に魚信あり秋の日さんさん 村山故郷
羅漢みな秋日失せゆく目が凄惨 加藤秋邨
美作の秋日の川の鷺の舞 岡井省二 夏炉
翡翠の前に秋日のみづすまし 飯田龍太
聖き火の濃くなり秋の日は落つる 山口青邨
肉親をおもふはさみし秋の日に 三橋鷹女
舞ふごとく嫁ぐ裳の秋日微塵 小林康治 玄霜
船で着く行李待つ我れに秋日かな 原石鼎 花影
艀の犬秋日が赤き陸を吠ゆ 右城暮石 声と声
色差してまこと秋日の観世水 岡井省二 鹿野
英霊の父かも大き掌に秋日 三橋鷹女
莨分け契みぬ秋日にぬくもりつつ 大野林火 海門 昭和十三年
華僑区に些異も翳りの秋日かな 石塚友二 方寸虚実
葬あり秋日しづかに村照らす 山口誓子
虫喰ひ仏菩薩と言へり秋日沁む 細見綾子
蜆蝶秋日の土に落ちつかず 右城暮石 声と声
蜩にもたれて秋の日はくれぬ 正岡子規 秋の日
蝶々の木の間はなるゝ秋日かな 前田普羅 春寒浅間山
行くほどに長城しかと秋日満つ 中村汀女
行商のゆく手秋日の岩襖 飯田龍太
表具して秋の日の大鯰なり 岡井省二 前後
襤褸空瓶秋日に並べられ買はれ 伊丹三樹彦
誕生日秋の日暮のすぐ到る 百合山羽公 寒雁
護摩堂にさしこむ秋の日あし哉 正岡子規 秋の日
谷の日のどこからさすや秋の山 村上鬼城
谿深くゐて秋の日に身をこがす 相馬遷子 山国
貴船路の家の秋日の縁仕事 松本たかし
赤松の山の秋の日四十雀 岡井省二 山色
赤松の木肌の荒れに秋日さす 上田五千石『田園』補遺
農夫らの楽高鳴らす秋日かな 草間時彦 中年
近き山稜線をなさず秋日沁む 右城暮石 句集外 昭和十七年
近作を画室に掛くる秋日影 河東碧梧桐
逢ひて山くだる眼鏡に秋日まとも 右城暮石 句集外 昭和二十七年
過去は今満ち来芝生に秋日透き(奈良にて二句) 細見綾子
遺族ゆくひとりひとりの背に秋日 三橋鷹女
酒坐遠く灘の巨濤も秋日かな 飯田蛇笏 霊芝
酒座遠く灘の巨濤も秋日かな 飯田蛇笏 山廬集
酔ひて日の高き秋日を歩かされ 右城暮石 句集外 昭和三十年
野祠に秋日のほめくあたりかな 飯田蛇笏 山廬集
金の箔おくごと秋日笹むらに 上村占魚
銀の桴納曾利に高麗の秋日見ゆ 佐藤鬼房
銀行の秋の朝日に笑ひ満つ 飯田龍太
銀行の秋日に人の夕ごころ 飯田龍太
閘門の鉄扉水堰く秋日堰く 右城暮石 句集外 昭和五十四年
閘門の鉄扉汐堰く秋日堰く 右城暮石 天水
雀日日これ好日のことにきようの秋の日 荻原井泉水
雉子鳩と松と秋日の轉害門 岡井省二 有時
雨晴れて虫飛ぶ秋の日中哉 正岡子規 秋の日
雲は滂沱と秋日を零し療養所 楠本憲吉 孤客
須臾に照る秋日に草の雨露歓喜 日野草城
顔あげて應に秋日の山があり 岡井省二 前後
風凪いで秋日もつともたかかりき 飯田蛇笏 心像
風葬の岩棚秋の日を剰す 飯島晴子
飄として尊き秋日一つかな 飯田蛇笏
首の上の顔なりきいま秋日濃し 岡井省二 前後
馬鳴いて秋の日暮るゝ別れ哉 正岡子規 秋の暮
高原の秋日に主婦の馴染顔 飯田蛇笏 椿花集
高台へ名残惜しげに秋日落つ 中村草田男
高嶺より路の落ち来る秋日かな 前田普羅 普羅句集
髪かりて喪におもむくも秋日の街 角川源義
髪刈って出づや秋の日どっと暮れ 伊丹三樹彦
髪黒きインカの民に秋日濃し 高野素十
魚は鰭ふる水の中に生き秋の日 中川一碧樓
魚塚も包丁塚も秋日濃く 原裕 青垣
鯛釣りや青き荒潮に秋日しむ 村山故郷
鯨尺にて秋の日のさしにけり 岡井省二 鯨と犀
鳥一羽飛んで秋の日落ちにけり 正岡子規 秋の日
鶏一ぴきうつくし秋の日餌を食んでゐる 中川一碧樓
鶏追うて小畑踏込む秋日中 石塚友二 磯風
鷄頭を伐るべく秋の日短し 正岡子規 秋の日
黒塀よ低き秋の日の善人来る 中川一碧樓
黒牛を照らせる秋の日の光 山口誓子

秋の日 続補遺

いつもどる旅ぞ秋の日あきのくれ 完来
かなしさや秋の日は入角田川 夏目成美
これよりして秋の日よわるすゝきかな 夏目成美
さかしまに空ひく秋の日ざし哉 鳳朗
さむしろや秋の戸口の日南水 松窓乙二
しか~と秋の日なたやちりげもと 游刀
手のしはを撫居る秋の日なた哉 万子
旅の日はどこらにやある秋の空 鬼貫
涼しさや秋の日南の人通り 露印
秋の日にまがりかゝるや願海寺 句空
秋の日に映るや葬の朱傘 毛〔ガン〕
秋の日のかりそめながらみだれけり 去来
秋の日のくれにもつかずにしき貝 りん女
秋の日の三里をためす蹄かな 馬場存義
秋の日の事たらはしや三ッがうし 嵐雪
秋の日の人影長し山の足 朱拙
秋の日の入相きいて寐ようまで 路通
秋の日の坪刈かなし稲むしろ 尚白
秋の日の忘れ記念や薬帋 呂風
秋の日の梢うつりや鳳来寺 卓池
秋の日の雨江戸に指折ん大井川 千里
秋の日は雁の羽風に落にけり 夏目成美
秋の日やあなづり過て小半時 万乎
秋の日やうすくれなゐのむら尾花 松岡青蘿
秋の日やたることなくて飛鳥山 高桑闌更
秋の日やちら~動く水の上 荷兮
秋の日や不二の嶺変(てへん)の朝朗 鬼貫
秋の日や人の手守る萱の軒 岱水
秋の日や南薗堂を覗きける 洒堂
秋の日や大盃で照返し 万子
秋の日や川をかゝへて越る坂 許六
秋の日や柿喰過て腹のへる 鈴木道彦
秋の日や爰らは障子張直し 諷竹
秋の日や障子かげろふうろこがた 許六
秋の日や鴎の来る岸の門 北鯤
秋の日を寐がほがちなる二階かな 寂芝
秋日影眼花(めぼし)の行くかほかけ船 椎本才麿
艸の戸や秋の日落てあきの月 高井几董
蝶の額の双ぶ秋の日 路通
鷺鳴て秋の日よはき曇り哉 牧童

以上
by 575fudemakase | 2016-10-24 08:33 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26301236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング