蒲の穂絮 の俳句

蒲の穂絮 の俳句

蒲の穂絮 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23275727/

蒲の穂絮 補遺

いつさいのちからを抜かれ蒲の絮 藤田湘子 神楽
おとずれは音なき時間 蒲の絮 伊丹三樹彦
ほぐるるとなく冱永し蒲の絮 松村蒼石 雁
一本はくの字呆けの 蒲の絮 伊丹三樹彦
一気には飛べぬ事情の 蒲の絮 伊丹三樹彦
一陣の風はいつ来る 蒲の絮 伊丹三樹彦
三山の遠くを佳とし 蒲の絮 伊丹三樹彦
三輪山は火気を戒め 蒲の絮 伊丹三樹彦
三輪山へ献燭の意の 蒲の絮 伊丹三樹彦
兎かなし蒲の穂絮の甲斐もなく 杉田久女
八一逝き 武二も去りぬ 蒲の絮 伊丹三樹彦
古人とも詠い競べの 蒲の絮 伊丹三樹彦
国原に塔の興亡 蒲の絮 伊丹三樹彦
天をとび樋の水をゆく蒲の絮 飯田蛇笏 春蘭
家苞に素麺一束 蒲の絮 伊丹三樹彦
崩れゆくことも神慮の 蒲の絮 伊丹三樹彦
毛糸帽もて一巡り 蒲の絮 伊丹三樹彦
沼水を以て結界の 蒲の絮 伊丹三樹彦
泡立草には火止め水 蒲の絮 伊丹三樹彦
石棺にたゞよひ落ちぬ蒲の絮 飴山實 次の花
破綻の例 凋落の例 蒲の絮 伊丹三樹彦
磐座を目指すかに飛ぶ 蒲の絮 伊丹三樹彦
秋の鵜にながれてやまぬ蒲の絮 飯田蛇笏 白嶽
秋晴や蒲の穂絮の稀にとぶ 清崎敏郎
空咳に 食道ひびく 蒲の絮 伊丹三樹彦
立ち入りを拒む戦陣 蒲の絮 伊丹三樹彦
肩並べては踏み込めぬ 蒲の絮 伊丹三樹彦
蒲の絮 人間界には焼身が 伊丹三樹彦
蒲の絮 立ち往生も百態の 伊丹三樹彦
蒲の絮 風に乗るのをためらいて 伊丹三樹彦
蒲の絮あづま下りの道古し 阿波野青畝
蒲の絮ただ一触を待てるなり 平畑静塔
蒲の絮付けて因幡のけごろもよ 平畑静塔
蒲の絮尽きて三河の年の暮 阿波野青畝
蒲の絮飛んで曠野の海辺なり 斎藤玄 狩眼
装うはこの世の楽事 蒲の絮 伊丹三樹彦
雑魚として蒲の穂絮を敷くべかり 佐藤鬼房
霊薬摂つて蒲の穂絮にくるまれよ 中村草田男

以上
by 575fudemakase | 2016-10-24 09:14 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26301322
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング