柚味噌 の俳句

柚味噌 の俳句

柚味噌 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22907733/

柚味噌 補遺

いとほしきまでに柚釜の底焦がす 後藤比奈夫
これ柚釜これ柚子湯にと分けてもぐ 鷹羽狩行
こゝろみに柚味噌を製す居士二人 正岡子規 柚味噌
ひとり膳柚子釜のせてありにけり 能村登四郎
われ病んで京の柚味噌の喰ひたかり 正岡子規 柚味噌
一汁一菜到来の柚味噌珍重す 村山故郷
一芸といふは柚釜の蓋にあり 後藤比奈夫
中啓を坐辺に捨てて柚味噌かな 阿波野青畝
乾鮭北より柚味噌南より到る 正岡子規 乾鮭
佗び寂びのすがたに柚釜ならびけり 水原秋櫻子 旅愁
俳諧の奈良茶茶の湯の柚味噌哉 正岡子規 柚味噌
六句目にさし合のある柚味噌哉 正岡子規 柚味噌
冬されの厨に京の柚味噌あり 正岡子規 冬ざれ
冷酒や柚味噌を炙る古火桶 正岡子規 柚味噌
卓にしてあたりをはらふ柚釜かな 上田五千石 琥珀
取りも入れず五倍子干す宿の柚味噌かな 河東碧梧桐
堀盡す柚味噌の釜や焦くさき 正岡子規 柚味噌
大饗のきのふ忘れて柚味噌かな 河東碧梧桐
姿よき柚釜を占めて牡蠣ひとつ 水原秋櫻子 餘生
子等たぬし柚子味噌の香ぞ部屋ぬちに 小林康治 四季貧窮
客あり柚味噌探し得つ只一つ 正岡子規 柚味噌
小僧既に柚味噌の底を叩きけり 正岡子規 柚味噌
小包の歪みし柚味噌とり出しぬ 正岡子規 柚味噌
尻焦けし柚味噌の釜や古疊 正岡子規 柚味噌
我ねぶり彼なめる柚味噌一つ哉 正岡子規 柚味噌
我庵や柚味噌賣る店遠からず 正岡子規 柚味噌
据りよき柚釜の底の覗かるる 後藤比奈夫
旅びとに斎の柚味噌や高山寺 水原秋櫻子 殉教
昨夜星落ち今朝柚味噌到る 正岡子規 柚味噌
木守りの終に柚味噌とならん哉 正岡子規 柚味噌
本音吐かぬ己れさびしと柚味噌練る 鈴木真砂女 居待月
松蕈の乏しくなりて柚味噌哉 正岡子規 松茸
柚の木兀として京極に柚味噌出づ 正岡子規 柚味噌
柚の玉味噌火焔を吐かんとす 正岡子規 柚味噌
柚味噌して膳賑はしや草の宿 村上鬼城
柚味噌の蓋釜の蓋程に切り拔けり 正岡子規 柚味噌
柚味噌や端のみ見ゆる寺甍 桂信子 花影
柚味噌会そも十年の昔かな 河東碧梧桐
柚味噌焼く閻浮檀金の焔かな 西島麦南 人音
柚味噌燒く雨の夕や菊百句 正岡子規 柚味噌
柚味噌盡きて更に梅干を愛す哉 正岡子規 柚味噌
柚味噌練って忽然と来る死なるべし 鈴木真砂女
柚味噌練つて忽然と来る死なるべし 鈴木真砂女 居待月
柚味噌買ふて吉田の里に歸りけり 正岡子規 柚味噌
柚味噌買ふて愚庵がもとに茶を乞はん 正岡子規 柚味噌
柚天法とて柚子釜の類かな 後藤比奈夫
柚子味噌に一汁一菜の掟かな 村上鬼城
柚子味噌のある限り貧何ものぞ 石塚友二 曠日
柚子味噌の柚子噛みあてし香なりけり 加藤秋邨
柚子味噌の釜も併せて喰らひけり 内藤鳴雪
柚子味噌の香に涵るとき農夫の血 石塚友二 曠日
柚子味噌やひとの家族にうちまじり 岡本眸
柚子味噌や男鍋釜鳴らしては 小林康治 玄霜
柚子釜の香をありありと病臥かな 石川桂郎 四温
柚釜載せおのれ寂びけり織部焼 水原秋櫻子 緑雲
母亡けれ悲しみに焼く柚味噌かな 中川一碧樓
気短に柚釜焦せしにはあらず 後藤比奈夫
水尾の長者柚子くる柚釜どき 百合山羽公 樂土
江湖部屋に頭竝べる柚味噌哉 正岡子規 柚味噌
海老活きてひそみしさまの柚釜かな 水原秋櫻子 餘生
灯りても柚釜づくりのなほつづく 水原秋櫻子 蘆雁
碧梧桐の卷鮓虚子の柚味噌哉 正岡子規 柚味噌
神在の出雲泊りの柚味噌かな 藤田湘子
禁酒して茶の道に入る柚味噌哉 正岡子規 柚味噌
禪寺の柚味噌ねらふや白藏主 正岡子規 柚味噌
空からもいで柚子味噌すつた 種田山頭火 自画像 落穂集
老僧や手底に柚味噌の味噌を點す 正岡子規 柚味噌
老禪師柚味噌の狂歌詠まれたり 正岡子規 柚味噌
膳もなき疊の上の柚味噌哉 正岡子規 柚味噌
若うしてゑひ染まりたる柚味噌かな 阿波野青畝
草庵や柚味噌賣る店遠からず 正岡子規 柚味噌
蓋とれば京の匂ひの柚味噌哉 正岡子規 柚味噌
話頭柚味噌に及べば主経営す 河東碧梧桐
貧厨や柚味噌殘りて鼠鳴く 正岡子規 柚味噌
赤菊をそへし柚味噌の贈物 正岡子規 菊
過ちし柚釜ころげてとゞまらず 日野草城
達磨掘つて火を起さする柚味噌かな 阿波野青畝
酒飲にひと夜まじれる柚味噌かな 石田波郷
酔ふ主客柚味噌焦してしまふかや 阿波野青畝
釜こげる柚子の上味噌つめたかり 正岡子規 柚味噌
露月黙し柚味噌つぶやく別かな 正岡子規 柚味噌
青き葉を一枚立てて柚釜かな 水原秋櫻子 餘生
風呂吹や究竟一の柚味噌にて 水原秋櫻子 餘生
鯛もなし柚味噌淋しき膳の上 正岡子規 柚味噌

柚味噌 続補遺

さゞゐにも蓋はまけじと柚味噌哉 蘆文
わびぬれば柚味噌の釜を喰ひけり 夏目成美
亭主へは軸も葉もなき柚味噌哉 馬場存義
先秋の柚味噌はたのし花の数 中川乙由
初しぐれ爰もゆみその匂ひ哉 素覧
喰のこす柚味噌のかまのいとゞかな 許六
後の月柚味噌を山のちさうとて 風国
日は西になりね柚味噌の釜の影 松窓乙二
焦れずが柚味噌の蓋の青葉哉 百里
皮と肉別れて逢ふて柚味噌哉 三宅嘯山
立や煙柚味噌に結ぶ霜ばしら 松滴 富士石
紅葉して菴は柚味噌のにほひかな 井上士朗
耻しや柚味噌にこがす筆の軸 ト宅
藍瓶の師走もかくて柚味噌哉 露川
蛤のあとに最ひとり柚味噌哉 中川乙由
青き葉をりんと残して柚味噌哉 凉菟

以上
by 575fudemakase | 2016-10-24 11:07 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26301540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング