荻 の俳句

荻 の俳句

荻 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22912695/

荻 補遺

あれは荻これは薄の日和かな 飯島晴子
さらさらと水こす荻の下葉哉 正岡子規 荻
ゆさ~と波に蘆荻や昼の露 原石鼎 花影
わがはねるその水かぶる風の荻 正岡子規 荻
一駅に葦一駅に荻枯れて 亭午 星野麥丘人
元日の荻の上にある日なりけり 岡井省二 有時
初凪や安房浜荻といふ漁村 鈴木真砂女 居待月
大盛のそばが出てくる虞美人草 佐藤鬼房
安心の枯れ芳ばしき蘆荻かな 山田みづえ 草譜
山の日に荻にしまりぬ便所の戸 原石鼎 花影
山荻の日に出て埃叩きけり 原石鼎 花影
手てうけてやりたし荻のこほれ露 正岡子規 荻
日ノ永キ浜荻筆ノ穂ノ長キ 正岡子規 日永
春ヤ今浜荻筆ノ穂ノ長キ 正岡子規 春
春ヲ湛フ浜荻筆ノ穂ノ長キ 正岡子規 春
枯れ伏して蘆荻は舟を行かしむる 水原秋櫻子 浮葉抄
枯荻や日和定まる伊良古崎 正岡子規 枯荻
残しゆく煙草のけむり荻の上 山口青邨
水門に荻をすひこむ流れ哉 正岡子規 荻
水音の荻にかくるゝ夕哉 正岡子規 荻
江船の蘆荻を敷くに雁わたる 山口誓子
沼舟に錠をおろして蘆荻枯る 富安風生
活版の誤植や萩に荻交る 正岡子規 萩
浜荻は白穂かざしぬ友のこゑ 石田勝彦 雙杵
海ちかく稲田の中に蘆荻生ふ 山口誓子
濱荻に隠れて低し蜑が家 正岡子規 荻
濱荻や水氣はなれし畑の中 正岡子規 荻
燠ほどの思ひの秋ぞ荻ノ浜 佐藤鬼房
着陸す金色枯るる芦荻群 中村汀女
秋もやゝ蘆荻みだるゝ頃となり 山口誓子
稲妻に荻の音さへ無りけり 河東碧梧桐
空山へ板一枚を荻の橋 原石鼎 花影
舞初のそれも荻江の松竹梅 高浜年尾
芦にして荻にして枯れつくすかな 清崎敏郎
芭蕉像ここにまします荻の雨 山口青邨
荻の声忘じて消してきぞの咎 上田五千石『天路』補遺
荻の日の中に泛きたる貌となる 岡井省二 有時
荻の葉にかゝる御幣や御祓川 正岡子規 みそぎ
荻の葉にをり~さはる夜舟かな 内藤鳴雪
荻の風裏も表も無かりけり 橋閒石 卯
荻吹くやかしこの山も歌枕 石橋秀野
荻吹くや崩れそめたる雲の峰 正岡子規 荻
蘆荻の立ちまじる蓮掘りはじむ 清崎敏郎
酒肆を出て蘆荻に橋や秋の川 飯田蛇笏 山廬集
野の川の蘆荻の水のかすかなる 山口誓子
阿武隈の蘆荻に瀕す冬木かな 飯田蛇笏 山廬集
飴の如氷り伏す江の芦荻かな 阿波野青畝
鮪(しび)躍り芦や荻生ゆ庶士らの地 金子兜太
鯊つりを埋めてそよぐ蘆荻かな 飯田蛇笏 山廬集
鯊釣に荻吹く風や多々良川 水原秋櫻子 玄魚
鰡獲たるその顔見せよ荻夕べ 臼田亜郎 定本亜浪句集
鴨渡る月下蘆荻の音もなし 水原秋櫻子 蘆刈

荻 続補遺

あさ~は寒し春ゆく荻の門 井上士朗
いざよひや月になりゆく荻の声 井上士朗
かたびらの襟にはくさし荻の音 千代尼
くれぬより蚊帳釣宿や荻薄 成田蒼虬
これとても老ゆくものよ荻の声 井上士朗
さつ~と荻も氷もあられかな 史邦
たつ荻に咎はおほせて秋くれる 鈴木道彦
なつかしき荻の葉伸や塀の上 黒柳召波
はま荻の芦火の煤は誰が掃 木因
やかましき寐ものがたりや荻すゝき 芙雀
わかるゝや胸に近よる荻の音 吾仲
一本の荻にも秋のそよぐ音 黒柳召波
今朝よりは我~がほの荻薄 小西来山
十日ほど荻吹しきて雁の声 井上士朗
古沓や荻にかゝりてなくうづら 夏目成美
唐秬や軒端の荻の取ちがへ 芭蕉 江戸広小路
四方より茶にも水にも荻の風 成美 はら~傘
声はまづありのまゝにて荻枯る 田川鳳朗
夜に添ふて苦み出けり荻の風 三宅嘯山
夜の霜歯に答へるよ荻の声 加藤曉台
夢と成し骸骨踊る荻の声 其角
寐覚ても起ぢからなし荻薄 路通
帋衣着て出れば枯荻かれ葎 鈴木道彦
折~や雨戸にさはる荻のこゑ 雪芝
暑き日も是までと見る荻の声 卓池
来さかりて荻を離れず秋の声 三宅嘯山
松よシテ抑脇は荻の声 調由子 富士石
桜井が咄し中半や荻の風 史邦
波越や雫ながらに荻の声 高桑闌更
浜荻に筆を結せてとしの暮 呂丸
浜荻のひと夜泣たは誰が声ぞ 北枝
浜荻の次の日見する栢哉 園女
浜荻も筆に芽ぐむや初硯 中川乙由
浜荻や当風こもる女文宇 西鶴
浦ぶりに細き声あり荻の上 北枝
秋とのみ人にもきかせ壁の荻 秋之坊
秋風にそよぎたゝぬや荻の花 許六
腹なりて夜永き秋や荻の声 怒誰
船窓や荻に吹るゝ人の夢 三宅嘯山
荻がきや隣は何をおもふらん 芙雀
荻に行も萩にとまるも秋ちかし 中川乙由
荻の声のこるあつさを隙で居る 千代尼
荻の声舟は人なき夕*べ哉 高桑闌更
荻の穂の袖につくまでかれにけり 卓池
荻の穂も割て竝ぶや朝ノ星 怒風
荻の葉にお見舞申うどん哉 吾仲
荻の葉のもの言がほやけさの秋 千代尼
荻の葉や行灯けして後の声 尚白
荻の風北より来り西よりす 几董
荻の風妹が目ほそき朝ゐ哉 乙訓
荻ばかり吹にもあらず夜の声 卓池
荻も穂に出るやほしのあそびより 千代尼
荻を出て難波に向やほとゝぎす 中川乙由
荻一本役にさゝれて吹れけり 三宅嘯山
荻伏て栗の軒うつ寝覚哉 万子
荻原に棄て有けり風の神 炭太祇
荻吹や燃る浅間の荒残り 炭太祇
荻芦の友達や此じだらくさ 舎羅
荻萩と下葉くらべよ長みじか 凡兆
荻萩に泣あきたれば菊の花 鈴木道彦
萩と荻同士打にちるも哀也 荊口
萩の雨ありとはかねて荻の声 井上士朗
萩荻と蚊帳の釣手や秋の風 土芳
虹のねや暮ゆくまゝの荻の声 井上士朗
蜑が子の折檻すむで荻のこゑ 成田蒼虬
謎~や風のかけたる荻の声 幽山 江戸広小路
酒の名をうたへ浜荻初紅葉 凉菟
鉢にうゑてかひなき荻のそよぎ哉 小西来山
陸奥殿の同勢きれぬ荻の声 三宅嘯山
面影の似て面白や荻すゝき 成田蒼虬
風便に任する荻の葉月哉 吾仲
飯櫃や下葉をれこむ風の荻 夏目成美

以上
by 575fudemakase | 2016-10-24 11:37 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26301639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング