秋の暮 の俳句

秋の暮 の俳句

秋の暮 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23275913/

秋の暮 補遺

*けもの篇引けば巷の秋の暮 原裕 青垣
*ようらくと見れば水なり秋の暮 永田耕衣
あどけなく笑ふ顏さへ秋のくれ 正岡子規 秋の暮
あめつちのくれなゐ消ゆる秋の暮 藤田湘子 てんてん
あやまちはくりかへします秋の暮 三橋敏雄
いくたび会ひこたび遺影や秋の暮 大野林火 飛花集 昭和四十七年
いさましく別れてのちの秋の暮 正岡子規 秋の暮
いたづらな子は寐入けり秋のくれ 正岡子規 秋の暮
いつまでも盲と同車秋の暮 大野林火 飛花集 昭和四十五年
いづべにも吾に対ふ燈秋の暮 山口誓子
うしろからうむを言はせず秋の暮 藤田湘子 てんてん
うたがひて犬たちどまる秋の暮 山口誓子
うつくしう淋しき虹や秋のくれ 正岡子規 秋の暮
うとましき二つの貌や秋の暮 佐藤鬼房
うどん煮て山家は秋の夕餉時 村山故郷
うれしくて壷のごとくに秋の暮 岡井省二 夏炉
おしろいの女の顔や秋の暮 波多野爽波 鋪道の花
かたまりて駅をなす燈の秋の暮 山口誓子
かつかつと蹄の女秋の暮 平井照敏 猫町
かゝりうどの飯時寒し秋のくれ 正岡子規 秋の暮
こゑにせず母呼びてみる秋の暮 上田五千石 森林
さかしまに泣顔のある秋の暮 岸田稚魚
さひしさを林にひくや秋のくれ 正岡子規 秋の暮
さびしさや一人にあまる秋のくれ 正岡子規 秋の暮
さびしさを鳴子にひくや秋のくれ 正岡子規 秋の暮
さまさまに烟分れて秋のくれ 正岡子規 秋の暮
さみしさに早飯食ふや秋の暮 村上鬼城
さみし身にピアノ鳴り出よ秋の暮 杉田久女
さらでだに秋の暮なり一周忌 大野林火 月魄集 昭和五十四年
さゞ波の絶えざる瀞や秋の暮 渡邊水巴 白日
じやんけんのあいこのままの秋の暮 桂信子「草影」以後
じわじわと煙のにほふ秋の暮 日野草城
すすきの絵かけてねてゐる秋の夕 大野林火 海門 昭和八年
そこはかと茶の間の客や秋の暮 川端茅舎
その鐘をわれに撞かせよ秋の暮 正岡子規 秋の暮
たかむらに竹のさまよふ秋のくれ 藤田湘子
たたら踏む馬に山坂秋の暮 大野林火 雪華 昭和三十四年
たち魚ややゝさびまさる秋の暮 正岡子規 秋の暮
たはむれに妻を背に負ふ秋の暮 日野草城
たびびとに子を取ろ遊び秋の暮 大野林火 雪華 昭和三十五年
ちかづきの仲居も居らず秋の暮 正岡子規 秋の暮
どの声を誰ぞと言はむ秋の暮 中村汀女
なき人のあらば尋ねん秋の暮 正岡子規 秋の暮
なほさきの燈の浜いづこ秋の暮 山口誓子
なまぬるき牛乳を飲む秋の暮 日野草城
ねむり深き母を窺ふ秋の暮 能村登四郎
ねりあめでつながる駄菓子秋のくれ 平畑静塔
はたとわが妻とゆき逢ふ秋の暮 加藤秋邨
はるかなる坂下ともり秋の暮 橋閒石 雪
はゞひろき片われ月や秋のくれ 原石鼎 花影
ひかる軌道草蒸す鉄軌秋の暮 山口誓子
ひとひらの便りに頼る秋の暮 岸田稚魚 負け犬
ひとり行く宮本無三四秋の暮 正岡子規 秋の暮
ひややかな空気が動く秋の暮 日野草城
ひらかたの駅へもどりて秋の暮 百合山羽公 春園
ふるさとは山路がかりに秋の暮 臼田亜郎 定本亜浪句集
ほとともりぱたぱたとざす秋の暮 山口青邨
ほとばしる水の勢ひ秋の暮 清崎敏郎
ほのぼのと神のみほとの秋の暮 加藤秋邨
ほろ~と燃えしぶる火や秋の暮 日野草城
まくなぎに視野汚さるる秋の暮 山口誓子
まだ声が見えて遊ぶか秋の暮 鷹羽狩行
まだ青き紅葉に秋の夕寒し 正岡子規 紅葉
まつすぐの道に出でけり秋の暮 高野素十
まなざしのゆくさきざきの秋のくれ 岡井省二 五劫集
まろ寝して熱ある子かな秋の暮 杉田久女
まゝ事の相手に秋の日暮れたり 正岡子規 秋の暮
まゝ事の相手をしたり秋の夕 正岡子規 秋の夕
めづらしや海に帆の無い秋の暮 正岡子規 秋の暮
よこたはるからたち垣や秋の暮 永田耕衣
よそながら浮世もしらず秋のくれ 正岡子規 秋の暮
わがうしろ犬訣れ去る秋の暮 山口誓子
わが中に道ありて行く秋の暮 野見山朱鳥 愁絶
わが家の洞然として秋の暮 山口誓子
わが死予言の雲漂えり秋の暮 楠本憲吉 方壺集
わが死後の秋の暮なる庭面かな 草間時彦 櫻山
われも作る悲しき玩具秋の暮 山口青邨
アイヌかなし秋の暮色を茣蓙に織り 林翔 和紙
ガレージの奥に階見え秋の暮 岡本眸
ケルン崩れなばまた来て積まん秋の暮 福田蓼汀 秋風挽歌
ナイフ磨いで机にしまふ秋の暮 村山故郷
ハロを見る秋の夕日や八郎湖 正岡子規 秋の夕日
ベランダに師は出てをりぬ秋の暮 星野麥丘人
ポケットよりこまごまの物秋の暮 松崎鉄之介
マンホールの底より声す秋の暮 加藤秋邨
マンホール蓋の音して秋の暮 山口青邨
ルオー広額その自画像の秋の暮 藤田湘子 途上
一つ鴎がひるがへる崎の秋の暮 村山故郷
一切の音断ちて臥す秋の暮 野見山朱鳥 愁絶
一年に一度手桶さげる日が秋のくれ 荻原井泉水
一日の果は百年秋の暮 三橋敏雄
一日は何をしたやら秋の暮 正岡子規 秋の暮
一日臥し起き出て見れば秋の暮 山口誓子
一燈過ぎつぎの燈遠し秋の暮 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
七日月暈もち秋の夕間暮 山口青邨
三人が笑ふて秋のくれにけり 正岡子規 秋の暮
三本槍もつとも尖り秋の暮 福田蓼汀 秋風挽歌
下駄好きの人頼もしき秋の暮 飯島晴子
不器用な佛の顏も秋の暮 正岡子規 秋の暮
両岸に友は留まる秋の暮 永田耕衣
乗りてすぐ市電灯ともす秋の暮 鷹羽狩行
乗り継ぎてより一輛や秋の暮 大野林火 月魄集 昭和五十五年
亡き兄のまぼろし悲し秋のくれ 正岡子規 秋の暮
人のごと小鳥もぬくし秋の暮 中村汀女
人のごと鯉を呼びをり秋の暮 森澄雄
人の子を牛が見てゐる秋の暮 山口誓子
人の死に追はれ追はれて秋の暮 加藤秋邨
人の行く方へゆくなり秋の暮 大野林火 雪華 昭和三十八年
人人を待つ吾れ人を待つ秋の暮 山口青邨
人住まぬ家大いなり秋の暮 日野草城
人形の胴に穴あり秋の暮 飯島晴子
人波にしばしさからひ秋の暮 中村汀女
人里に人の声して秋の暮 鈴木真砂女 都鳥
人集へばやうやくぬくし秋の暮 松崎鉄之介
今や有餘るプルトニウム秋の暮 三橋敏雄
仲見世を出て行く手なし秋の暮 渡邊水巴 白日
会へばはや万語くづれて秋の暮 斎藤玄 雁道
何としたわれの命そ秋の暮 正岡子規 秋の暮
何とせん我のみならねはあきのくれ 正岡子規 秋の暮
何と見たぬしの心ぞあきのくれ 正岡子規 秋の暮
何事にもおどろかぬ顔秋の暮 桂信子 花影
倉庫から出て歩きだす秋の暮 橋閒石 微光
備前備後の山の親しき秋の暮 桂信子「草影」以後
傾城にまことありけり秋のくれ 正岡子規 秋の暮
傾城に電話をかけん秋のくれ 正岡子規 秋の暮
僧一人薄の中や秋のくれ 正岡子規 秋の暮
先人みな近隣に存す秋の暮 三橋敏雄
先先へ天の昏れゆく秋の夕 高屋窓秋
八方に石のごとき目秋の暮 加藤秋邨
公園に入るる鉄材秋の暮 中村汀女
凄じや君が負ひたる秋の暮 加藤秋邨
出歩けば即刻夢や秋の暮 永田耕衣
切り捨てし胃の腑かはいや秋の暮 西東三鬼
別れてはひとりひとりの秋の暮 能村登四郎
剽盗に逢ひて湯屋出づ秋の暮 石塚友二 方寸虚実
力釘教へられけり秋のくれ 阿波野青畝
動きをる眼と口無惨秋の暮 松崎鉄之介
十一人一人になりて秋の暮 正岡子規 秋の暮
十字路に彳てばいづこも秋の暮 山口誓子
十字路を思へば白き秋の暮 山口誓子
十字路を過ぎての歩み秋の暮 山口誓子
十日居ればテントもわが家秋の暮 福田蓼汀 秋風挽歌
千曲川磧もとより秋の暮 草間時彦 櫻山
厚かりし人馬のむつみ秋の暮 三橋敏雄
厠出し妻の真顔や秋の暮 日野草城
厨妻けふも薄暮より秋の暮 山口誓子
厩ある姥子の宿の秋の暮 松本たかし
去るべくして家しづもれり秋の暮 山口誓子
又しても坂間違へて秋の暮 山口青邨
古池も食わねば死ぬる秋の暮 永田耕衣
古里や都見てきて秋のくれ 正岡子規 秋の暮
叱りたる母のしりへに秋の暮 山口誓子
向きあふて淋しき顏や秋の暮 正岡子規 秋の暮
向ひ合ふ二つの坂や秋の暮 渡邊白泉
君一人我も一人や秋の暮 星野立子
命には何事もなし秋のくれ 正岡子規 秋の暮
哄笑の長くつづかず秋の暮 松崎鉄之介
啼く蝉は幽しうつろの秋の暮 渡邊水巴 富士
喪ごころの薄墨ふかめ秋の暮 能村登四郎
喪の家に湯あみの音や秋の暮 岡本眸
四五人とわれ踏切に秋の暮 山口誓子
回想一切山が閉ざせり秋の暮 大野林火 雪華 昭和三十九年
土に火を燃せば昔の秋の暮 上田五千石『琥珀』補遺
坂に見し街へ入りゆく秋の暮 藤田湘子 途上
坂下町灯しつらねて秋の暮 村山故郷
垣間見の蓑虫庵や秋の暮 佐藤鬼房
城の井のすでにまつくら秋の暮 鷹羽狩行
城の階小暗く急や秋の暮 星野立子
塒までキリン ぐらぐら 秋の暮 伊丹三樹彦
塩買ひに子供走らせ秋の暮 百合山羽公 故園
塵の中にくれ行く秋の夕日かな 正岡子規 秋の夕日
塵取をこぼるゝ塵や秋の暮 日野草城
塵塚にひかりさまよふ秋の暮 原裕 青垣
塵塚もまたうつくしや秋の暮 百合山羽公 春園
墓原へ 老婆先立つ 秋の暮 伊丹三樹彦
声あげて痛みまきらす秋の暮 大野林火 雪華 昭和三十七年
夕やけのさめたる水や秋の暮 原石鼎 花影以後
夕榮の中にきらきら秋の城 正岡子規 秋の夕
夕飯の灯をともしけり寺の秋 正岡子規 秋の夕
外灯のはやばやついて秋の暮 高田風人子
外燈の灯りしよりの秋の暮 清崎敏郎
夢さめておどろく闇や秋の暮 水原秋櫻子 残鐘
大佛に戸帳垂れたり秋の暮 正岡子規 秋の暮
大佛をまはれば淋し秋の暮 正岡子規 秋の暮
大佛を見て鹿を見て秋暮るゝ 正岡子規 秋の暮
大寺の襖畳の秋の暮 能村登四郎
大寺や談義も過ぎて秋の暮 正岡子規 秋の暮
大文字山の真下の道の秋の暮 村山故郷
大木を見つつ閉す戸や秋の暮 飯田蛇笏 山廬集
大木を見つゝ閉す戸や秋の暮 飯田蛇笏 霊芝
大村や祭は過ぎて秋の暮 正岡子規 秋の暮
大津絵の鬼が鉦打つ秋の暮 野澤節子 八朶集以後
大病のごとく銷沈秋の暮 山口青邨
大砂丘の裏側通る秋の暮 岸田稚魚 筍流し
大観念即大具体秋の暮 永田耕衣
天昏るゝ光をいだき秋の夕 高屋窓秋
天水に炊ぎ火を燃す秋の暮 福田蓼汀 秋風挽歌
奥壁の谷を塞げる秋の暮 福田蓼汀 秋風挽歌
女子挺身隊員たりし諸姉秋の暮 三橋敏雄
女男坂もろともに昏れ秋の暮 石田波郷
女郎買をやめて此頃秋の暮 正岡子規 秋の暮
妻の来る予感外れて秋の暮 石田波郷
妻留守の厨芥少し秋の暮 安住敦
姥堂に姥わらひつつ秋の暮 阿波野青畝
娘の家も憚るものや秋のくれ 中村汀女
婆々が來て灯ともす秋の夕かな 正岡子規 秋の夕
子がをりて何画く秋の暮の土 山口誓子
子の恩をひしと妻いふ秋の暮 上村占魚
子をあやす行く舟見せて秋の暮 中村汀女
子を叱つて母たのしまず秋の暮 山口誓子
子供等が犬をかこめる秋の暮 細見綾子
孤高はさびし群山よれる秋の暮 福田蓼汀 秋風挽歌
安達太郎の山忽と立つ秋のくれ 百合山羽公 樂土以後
宍道湖のもんどり古び秋の暮 阿波野青畝
実存の淵を我とす秋の暮(実存品三趣) 永田耕衣
実存の淵を濁とす秋の暮 永田耕衣
家うちよりもて出し温み秋の暮 右城暮石 句集外 昭和三十五年
家ちかく踏むは砂地や秋の暮 山口誓子
家にゐて昨日とおなじ秋の暮 藤田湘子 てんてん
家もなし秋の夕日の傾きぬ 正岡子規 秋の夕日
家近はぬくき匂ひの秋の暮 上田五千石『田園』補遺
宿とつて見れば淋しや秋のくれ 正岡子規 秋の暮
宿の前太山寺道秋の暮 山口青邨
寂光院みあかしつきぬ秋の暮 山口青邨
寺法守る金剛力士秋の暮 阿波野青畝
寺町の秋の夕べの潦 寒食 星野麥丘人
封人の切火たばしる秋のくれ 上田五千石『天路』補遺
小池文子のパリ時間や秋の暮 村山故郷
尾の道の便船もなし秋の暮 正岡子規 秋の暮
屋根寄せて宇津の谷村の秋の暮 能村登四郎
山をもて目を遮りぬ秋の暮 斎藤玄 雁道
山下る膝がくがくと秋の暮 右城暮石 句集外 昭和四十五年
山川古情多しとかや秋の暮 山口青邨
山本の一むら杉や秋の暮 正岡子規 秋の暮
山脈のなほ天にあり秋の暮 山口誓子
山茶花の一輪咲て秋暮れぬ 正岡子規 秋の暮
山行くや秋の夕日の影法師 正岡子規 秋の夕日
山裏へ行く道見えて秋の暮 中村汀女
山越えて目がしら熱し秋の暮 斎藤玄 雁道
山里やみやこ見て來て秋のくれ 正岡子規 秋の暮
山門をぎいと鎖すや秋の暮 正岡子規 秋の暮
岐れ路の白きに入るや秋の暮 山口誓子
岐路あれば岐路に彳む秋の暮 上田五千石『田園』補遺
岳麓の秋の夕日に冷え覚ゆ 高浜年尾
峡谷のこの狭量に秋の暮 上田五千石『田園』補遺
巌仰ぐや胃が痛みきし秋の暮 渡邊水巴 白日
巌消えし巌のありどや秋の暮 岸田稚魚 筍流し
川埋む累々の石秋の暮 大野林火 飛花集 昭和四十七年
川波や柳白らけて秋の暮 村山故郷
工事場の音消えてより秋の暮 稲畑汀子
市にしてけい魚を食ふや秋の暮 加藤秋邨
帖に記す詩も蒼然と秋の暮 山口誓子
席立って席ひとつ空く秋の暮 橋閒石
席立つて席ひとつ空く秋の暮 橋閒石 卯
帰りは荷いつも重くて秋の暮 星野立子
帰り路を転び給ふな秋の暮 杉田久女
帰る妻秋の暮色と途に会ひ 山口誓子
帰鴉のあとわたるものなし秋の暮 百合山羽公 故園
常夜燈昔むかしの秋の暮 山口誓子
常滑の山椒魚なり秋の暮 岡井省二 鯛の鯛
帽子屋の百の帽子の秋の暮 藤田湘子
幽冥へ消ゆる風あり秋の暮 日野草城
広瀬川波立ててをり秋の暮 山口青邨
床の間の達磨にらむや秋のくれ 正岡子規 秋の暮
底ひより盲ひて水の秋の暮 上田五千石『森林』補遺
座を立つて障子を閉めて秋の暮 安住敦
庭にふる雨鏘々と秋の暮 山口青邨
廃砲にうち跨りぬ秋の暮 日野草城
引く浪の音はかへらず秋の暮 渡邊水巴 白日
影法師のそれよりはかな秋の暮 正岡子規 秋の暮
後南朝のちひさき寺や秋の暮 阿波野青畝
御手われに向け大仏秋の暮 山口青邨
志摩の灯の泛びて波も秋の暮 能村登四郎
思ひきつて見れは見るほと秋のくれ 正岡子規 秋の暮
思ひよらず大砲ひゞく秋の暮 正岡子規 秋の暮
怨渋うして茶ぞ熱き秋の暮 永田耕衣
恥かしや行きて還つて秋の暮 永田耕衣 物質
悲しめば瀬も号泣す秋の暮 福田蓼汀 秋風挽歌
愛すれば汝も虚空なり秋の暮 永田耕衣
我が抱え余る我らし秋の暮 永田耕衣 人生
我ドアを過ぐ足音や秋の暮 杉田久女
我踏みし路吾子踏まず秋の暮 福田蓼汀 秋風挽歌
戻りしこと妻も気づかず秋の暮 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
戻り来て蹠清む秋の暮 山口誓子
扉の隙間もるるひかりの秋の暮 野見山朱鳥 愁絶
手術経し腹の中まで秋の暮 藤田湘子 てんてん
手馴れにし車中選句も秋の暮 安住敦
打ち止めて膝に鼓や秋の暮 松本たかし
抱かれゐる子供の顔も秋の暮 波多野爽波 鋪道の花
押しかけて餘所でめしくふ秋のくれ 正岡子規 秋の暮
拝みしをまぼろしかとも秋の暮 水原秋櫻子 蓬壺
持ち重る顔のかなしく秋の暮 平井照敏
捨馬に鴉鳴くなり秋のくれ 正岡子規 秋の暮
掃き寄せし箒も焚きぬ秋の暮 福田蓼汀 山火
掌に容れて御守犬や秋の暮 岡井省二 鹿野
探されて居る身心や秋の暮 永田耕衣 物質
敵役どつと討たれし秋の暮 岸田稚魚
旅せんと身を養へる秋の暮 右城暮石 句集外 昭和二十三年
旅につく高きネオンや秋の暮 高田風人子
旅に来て己はひとり秋の暮 上村占魚 鮎
旅の身をいたはられをり秋の暮 村山故郷
旅人にをちこち灯る秋の暮 日野草城
旅人に灯し火つけよ秋の暮 村山故郷
旅今日も西へ~と秋の暮 星野立子
旅籠屋にひとり酒のむ秋の暮 正岡子規 秋の暮
旅鳥一羽に秋の入日かな 正岡子規 秋の夕日
日蓮の死んだ山あり秋の暮 正岡子規 秋の暮
晩年の不意に親しや秋の暮 斎藤玄 雁道
晩年へ来ては出でゆく秋の暮 斎藤玄 雁道
暮れそめてはつたと暮れぬ秋の暮 日野草城
曲る汽車煙曳きゆく秋の暮 山口誓子
書架すでに暗き背文字も秋の暮 中村汀女
月光りつ睡蓮しぼむ秋のくれ 渡邊水巴 富士
木に箒たてかけ去るや秋の暮 福田蓼汀 山火
木の下に下駄脱いである秋の暮 三橋敏雄
木の駅にむかしの灯秋の暮 鷹羽狩行
木瓜露酒仏手露酒売り秋の暮 加藤秋邨
木隠りの沼のあをあをと秋の暮 日野草城
本堂に秋の夕日のあたりけり 村上鬼城
本陣や下手な掛畫も秋の暮 正岡子規 秋の暮
朴の木に鴉鳴くなり秋の暮 正岡子規 秋の暮
杉の木のによつきと高し秋の暮 正岡子規 秋の暮
杉暗く井垣に秋の夕日哉 正岡子規 秋の夕日
杉高く秋の夕日の茶店哉 正岡子規 秋の夕日
村々のその寺々の秋の暮 鷹羽狩行
村の端に靄立ちそめぬ秋の暮 山口誓子
来し方を真殺しとせり秋の暮 永田耕衣
東京に人のへったり秋のくれ 正岡子規 秋の暮
松の枝黒く重しや秋の暮 山口青邨
枕辺へ秋の夕日の来る時刻 日野草城
栗飯の月見は淋し秋の暮 正岡子規 秋の暮
案山子ものいはゞ猶さびしいそ秋の暮 正岡子規 秋の暮
案山子物言て猶淋しぞ秋の暮 正岡子規 秋の暮
桑の葉は蟲もくはずに秋くれぬ 正岡子規 秋の暮
梅川亭のみ灯をともし秋の暮 山口青邨
棄てられし辻神たちの秋の暮 加藤秋邨
棺通る四條の橋や秋の暮 正岡子規 秋の暮
楚秋亡く波郷は病みて秋の暮 加藤秋邨
楠公像人馬一つに秋の暮 山口青邨
楼門に五右衛門出でよ秋の暮 村山故郷
横町へ曲るすなはち秋の暮 草間時彦 櫻山
樹々黒く唇赤し秋の暮 西東三鬼
樹の幹の数がわからぬ秋の暮 日野草城
橋の上まだ明るくて秋の暮 鷹羽狩行
橋の辺に箸割る音や秋の暮 永田耕衣
橋濡れて一瞬秋の夕ぐるる 松村蒼石 雪
機関車の皮はがれゆき秋の暮 加藤秋邨
檜割樋音なく注ぐ秋の暮 松崎鉄之介
此の池をもつと知りたし秋の暮 永田耕衣
此頃はどうやら悲し秋のくれ 正岡子規 秋の暮
此頃は辻君見えず秋の暮 正岡子規 秋の暮
歩くうち天光失せて秋の暮 山口誓子
死しては無名経済戦士秋の暮 三橋敏雄
死の側で笑む桂郎や秋の暮 斎藤玄 雁道
死はなくなる無はなくならぬ秋の暮 平井照敏
水入れて壷に音する秋の暮 桂信子 新緑
水栓を締めて乞食の秋の暮 上田五千石 田園
水流れ雲行く秋の夕かな 正岡子規 秋の夕
水深き野川に沿うて秋の暮 山口誓子
水車場の障子震ひて秋の暮 山口誓子
水音を踏んで歩くや秋の暮 草間時彦 櫻山
氷かも知れず乗せゆく秋の暮 山口誓子
永久に来ぬ人待つ渡頭秋の暮 福田蓼汀 秋風挽歌
汽罐車の金の火の粉や秋の暮 山口誓子
沼に漬く鉄錆の手よ秋の暮 佐藤鬼房
波あがり音のおくるる秋のくれ 野見山朱鳥 運命
波を待つ岩ふてぶてし秋の暮 鈴木真砂女 居待月
泣きやまぬ子に灯ともすや秋の暮 河東碧梧桐
泣き出でしほとけしくしく秋の暮 伊丹三樹彦
泣くならぬ泪流るる秋の暮 石塚友二 曠日
泥の機の眼光に耐ゆ秋の暮 永田耕衣
泥棒の達磨に似たり秋の暮 正岡子規 秋の暮
泥熱き坊主が出たり秋のくれ 阿波野青畝
洋傘(かうもり)を提げ眼科辞す秋の暮 佐藤鬼房
洗ひ髪秋の夕焼に濡れゐたり 山口誓子
流れよる舟に人なし秋のくれ 正岡子規 秋の暮
流木を離さぬ岬の秋の暮 鷹羽狩行
流水の石橋過ぐる秋の暮 山口誓子
浅蜊洗ふ音しやりしやりと秋の暮 鈴木真砂女 居待月
海ひたす入日淋しや秋のくれ 正岡子規 秋の暮
海晴れて小冨士に秋の日くれたり 正岡子規 秋の暮
海照らす日は真正面秋の暮 桂信子「草影」以後
淋しさに二通りあり秋の暮 三橋敏雄
淋しさやどの顏見ても秋の暮 正岡子規 秋の暮
淋しさや氣車猶急ぐ秋の暮 正岡子規 秋の暮
淡路文楽どんでん返し秋のくれ 百合山羽公 樂土以後
深吉野に一とせすぎぬ秋の暮 原石鼎 花影
渕揃いなる世なりけり秋の暮 永田耕衣
湖も見ずて箱根を下る秋の暮 村山故郷
潮騒のしみ入る森の秋の暮 松村蒼石 雪
潮騒のよみがへりくる秋の暮 清崎敏郎
潮騒の方へと歩む秋の暮 佐藤鬼房
澁柿の澁まだぬけず秋の暮 正岡子規 秋の暮
火の夕日落ちたるあとの秋の潮 鷲谷七菜子 天鼓
火の色の美しかりし秋の暮 星野立子
火を焚けば暮色聚る秋の暮 山口誓子
灯さず最後の部屋の秋の暮 福田蓼汀 秋風挽歌
灯ともして秋の夕を淋しがる 正岡子規 秋の夕
灯ともせば灯に力なし秋の暮 正岡子規 秋の暮
灯をともす向ひの山や秋の暮 正岡子規 秋の暮
灯一つコタンの秋の夕かな 阿波野青畝
灯入りての魚買ふ女秋の暮 中村草田男
炊煙に咫尺弁ぜず秋の暮 山口誓子
炮烙の大豆にも逢はず秋暮れぬ 正岡子規 秋の暮
点さねば家すすけをり秋の暮 松崎鉄之介
烏來て鳥居つゝくや秋のくれ 正岡子規 秋の暮
烟捲いて秋の夕日の海黄なり 正岡子規 秋の夕日
焜炉の火道まで照らす秋の暮 山口誓子
無住寺の門叩きけり秋のくれ 正岡子規 秋の暮
焼け残る防火壁より秋の暮 加藤秋邨
煎餅を噛むわが音の秋の暮 加藤秋邨
熱の口あけて見てをり秋の暮 石田波郷
熱の子を抱き蹌踉と秋の暮 伊丹三樹彦
熱の目にしばし草木や秋の暮 石田波郷
燃え立ちて竃火親し秋の暮 松村蒼石 寒鶯抄
燈台の又滅にして秋の暮 山口誓子
燈台を降り軍鶏を見て秋の暮(伊勢志摩・大王崎) 細見綾子
父とわかりて子の呼べる秋の暮 鷹羽狩行
爺婆の餉の見えてゐる秋の暮 岸田稚魚
片寄せる木臼の重み秋の暮 飯田龍太
片角の鹿われを見る秋の暮 山口青邨
牛の眼に雲燃えをはる秋の暮 藤田湘子 途上
牛の眼の繋がれて見る秋の暮 山口誓子
牛の舌に水鉄のごとし秋の暮 川端茅舎
牛一つおくるゝ秋の夕哉 正岡子規 秋の夕
牛引て歸る女や秋の暮 正岡子規 秋の暮
牛行くや毘沙門阪の秋の暮 正岡子規 秋の暮
物干にかげろふ秋の夕日哉 正岡子規 秋の夕日
物感として頭脳在り秋の暮 永田耕衣
犬の貌して犬通る秋の暮 藤田湘子
狐舎あまた塵もとどめず秋の暮 水原秋櫻子 岩礁
狸ぬれて葎に歸る秋のくれ 正岡子規 秋の暮
猫も手に頤のせてをり秋の暮 森澄雄
猫を飼ふて猫を恐るゝ秋の暮 正岡子規 秋の暮
猫飼うて猫を恐るゝ秋のくれ 正岡子規 秋の暮
猿ひきを猿のなぶるや秋のくれ 正岡子規 秋の暮
猿一ツ笠きて行くや秋の暮 正岡子規 秋の暮
猿島は猿と置き去り秋の暮 百合山羽公 樂土
猿曳は妻も子もなし秋のくれ 正岡子規 秋の暮
獺と老婆の睦み秋の暮 橋閒石 卯
琵琶やめて何が聞こゆる秋の暮 正岡子規 秋の暮
琵琶やめて何聞くふりぞ秋の暮 正岡子規 秋の暮
生漆を六たび塗りてや秋の暮 岡井省二 鯛の鯛
産室の牛がものいふ秋の暮 相馬遷子 雪嶺
用のない老人がゐて秋の暮 草間時彦 櫻山
田母木野や来る日も雨の秋の暮 石塚友二 曠日
甲斐駒に日の没りてすぐ秋の暮 相馬遷子 山河
町に帰る遍路ばかりや秋の暮 山口青邨
町内水銀灯まつさきにつく秋の暮 大野林火 雪華 昭和三十九年
画稿焚きて帰る空手や秋の暮 渡邊水巴 富士
畑の香を村の香に入る秋の暮 岡井省二 鹿野
病人に見られてをりし秋の暮 岸田稚魚 紅葉山
白川の秋の暮なる瀬音かな 日野草城
白雲や秋の暮また春の暮 永田耕衣
百方に借あるごとし秋の暮 石塚友二 光塵
百里ゆき百里かへるも秋の暮 津田清子
盛り上る*やく牛の肩浮く秋の暮 松崎鉄之介
盛り上る秋の暮をば廻るなり 永田耕衣
目の奥に波・波頭秋の暮 佐藤鬼房
看經や鉦はやめたる秋の暮 正岡子規 秋の暮
看護婦の他けふは見ず秋の暮 石田波郷
真南に駅の燈遠き秋の暮 山口誓子
真赤なる汽罐車過ぎぬ秋の暮 山口誓子
眼がすみのとれぬ母かな秋の暮 大野林火 白幡南町 昭和二十八年
石二つ相よる如し秋のくれ 原石鼎 花影
石塀を三たび曲れば秋の暮 三橋敏雄
石棺の朱におどろくや秋の暮 飴山實 次の花
石橋に到れば秋の暮迫る 山口誓子
石橋はくひちがひをり秋のくれ 阿波野青畝
硯石どつと重たき秋の暮 飯田龍太
磧にも道一筋や秋の暮 中村汀女
神は皆べに葉によりぬ秋の暮 原石鼎 花影
福祿の頭さひしやあきのくれ 正岡子規 秋の暮
禽獣の園出て秋の暮に会ふ 大野林火 白幡南町 昭和三十年
秋のくれかゞしにかゝる鳴子繩 正岡子規 秋の暮
秋のくれまぎらかさんと出て歩行 正岡子規 秋の暮
秋のくれ哀れはとかく金にあり 正岡子規 秋の暮




秋のくれ壁見るのでもなかりけり 正岡子規 秋の暮
秋のくれ女を見れば猶淋し 正岡子規 秋の暮
秋のくれ屋根に烏の評議哉 正岡子規 秋の暮
秋のくれ我身の上に風ぞ吹く 正岡子規 秋の暮
秋のくれ拓地しみじみ昔あり 平畑静塔
秋のくれ畫にかいてさへ人もなし 正岡子規 秋の暮
秋のくれ藤の精出てシテの顔 角川源義
秋のくれ見ゆる迄見るふしの山 正岡子規 秋の暮
秋のくれ酒のみ羅漢樽の上 角川源義
秋のくれ開拓の手に子を抱ふ 平畑静塔
秋のくれ鱸を釣れば面白し 正岡子規 秋の暮
秋の夕樹の幹・枝・葉ひつそりと 日野草城
秋の夕眼鏡のたまを拭きにけり 日野草城
秋の暮あまりまぢかく人佇てり 加藤秋邨
秋の暮おのが家居を一めぐり 日野草城
秋の暮こもりの僧の二三言 星野麥丘人
秋の暮と思ひゐる間も暮れゆける 上田五千石 風景
秋の暮なほ暮れぬ間を樹胎仏 加藤秋邨
秋の暮ひとさまざまに我を過ぎ 加藤秋邨
秋の暮まだ眼が見えて鴉飛ぶ 山口誓子
秋の暮まだ見ぬ方に鳥地獄 百合山羽公 寒雁
秋の暮むかしも秋の暮なりけり 星野麥丘人 2004年
秋の暮れ狸をつれて歸りけり 正岡子規 秋の暮
秋の暮われまた靄の中ならむ 山口誓子
秋の暮われよと許り鐘を撞く 正岡子規 秋の暮
秋の暮キリンのあたま茜して 飴山實 次の花
秋の暮一羽の鴉歩かせて 鷹羽狩行
秋の暮一隅に眼を瞠きをり 能村登四郎
秋の暮並びしバスのひとつ出る 中村汀女
秋の暮二つ切目を針の神 森澄雄
秋の暮人の急げば急がれて 岸田稚魚 負け犬
秋の暮使徒虐殺の図にまみゆ 山口誓子
秋の暮俥上の医師にみな揖す 山口誓子
秋の暮原稿用紙切らしけり 石川桂郎 四温
秋の暮大いなる書架の裏にをり 能村登四郎
秋の暮大仏殿は灯もらさず 村山故郷
秋の暮大船はかりかゝりけり 正岡子規 秋の暮
秋の暮大魚の骨を海が引く 西東三鬼
秋の暮密閉の貨車まだ発たぬ 秋元不死男
秋の暮尾上の上を鴉鳴く 正岡子規 秋の暮
秋の暮山脈いづこへか帰る 山口誓子
秋の暮川の向うに子守唄 秋元不死男
秋の暮巨き雲負ひて街にあり 加藤秋邨
秋の暮幾人かわれを目守りゐき 石田波郷
秋の暮彼小さし我小さからむ 西東三鬼
秋の暮手綱ふりきり戻る犬 伊丹三樹彦
秋の暮手足うごきて渚まで 岸田稚魚 筍流し
秋の暮指頭に帰路の切符丸め 伊丹三樹彦
秋の暮撫でてやりたき山の神 加藤秋邨
秋の暮明日又遊ぶこと約す 山口誓子
秋の暮昔の駅火まじるべし 山口誓子
秋の暮村の炊煙一となる 山口誓子
秋の暮杓無くば水長からん 永田耕衣
秋の暮東叡山は門多し 山口青邨
秋の暮東照宮に鳴く鴉 正岡子規 秋の暮
秋の暮柱時計の内部まで 三橋敏雄
秋の暮業火となりて秬は燃ゆ 石田波郷
秋の暮水のやうなる酒二合 村上鬼城
秋の暮水中もまた暗くなる 山口誓子
秋の暮水原先生もそこにゐき 石田波郷
秋の暮沼からの聲バカヤロー 三橋敏雄
秋の暮波郷燃ゆる火腹にひびく 加藤秋邨
秋の暮浅溲瓶泉のこゑをなす 石田波郷
秋の暮消ぬがに小さき紅雀 中村汀女
秋の暮犬出て舟の屋根を駈け 加藤秋邨
秋の暮琵琶湖は雨か帆影見ず 村山故郷
秋の暮男女を超えて居たりけり 永田耕衣
秋の暮百姓はなほ丘下りず 山口誓子
秋の暮皆長靴の出稼人 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
秋の暮真間の細道雨降り出づ 村山故郷
秋の暮真黒き獣道塞ぐ 山口誓子
秋の暮睡りてなだむ瞋りあれば 野澤節子 未明音
秋の暮笑ひなかばにしてやめぬ 大野林火 青水輪 昭和二十四年
秋の暮笑ふ鴉もゐるらしく 藤田湘子 てんてん
秋の暮紅唇くろむ水鏡 上田五千石『田園』補遺
秋の暮網を打擲して洗ふ 鷹羽狩行
秋の暮老婆もろとも暮れにけり 草間時彦 櫻山
秋の暮背ナにぶつかる有磯風 村山故郷
秋の暮花摘んで遍路足早な 渡邊水巴 白日
秋の暮薪割りおえし呼吸きこゆ 古沢太穂 三十代
秋の暮藪に山陰線の煙 大野林火 雪華 昭和三十八年
秋の暮行けば他国の町めきて 山口誓子
秋の暮貌が突き出るにはたづみ 上田五千石『田園』補遺
秋の暮蹄のほてる馬がゐて 鷹羽狩行
秋の暮車を降りてよろめける 大野林火 飛花集 昭和四十四年
秋の暮軒ひつそりと細格子 福田蓼汀 秋風挽歌
秋の暮遊びて帰る女児ひとり 山口誓子
秋の暮道にしやがんで子がひとり 山口誓子
秋の暮遠きところにピアノ弾く 西東三鬼
秋の暮金星なほもひとつぼし 山口誓子
秋の暮鈴の音一つ空にあり 平井照敏
秋の暮長き煙を汽車かざし 山口誓子
秋の暮隙をあたへず泣きわめく 佐藤鬼房
秋の暮餘りに近く鐘が鳴る 正岡子規 秋の暮
秋の暮魚に酔うてさびしけれ 大野林火 早桃 太白集
秋の暮鯉は何して遊ぶならむ 斎藤玄 雁道
秋の暮鶏はいつまで白からむ 桂信子 月光抄
秋の暮黄色くみえて病後かな 能村登四郎
秋の田の暮を輓馬は喜ばず 山口誓子
秋夕柱鳴る庵に事あらん 正岡子規 秋の夕
稻妻のかほをはしるや秋のくれ 正岡子規 秋の暮
稻妻の勢弱し秋のくれ 正岡子規 稲妻
空き腹にじつとしてゐる秋の夕 日野草城
突堤は戻るほかなし秋の暮 平井照敏 猫町
立てば鴫立たねば秋の夕かな 正岡子規 鴫
立枯の木に霧とんで秋の暮 山口青邨
端近う秋の暮待つ観世音 阿波野青畝
竹籠に鶏をつめこむ秋の暮 飴山實 次の花
筒抜けに飯食ふが見ゆ秋の暮 相馬遷子 雪嶺
紙魚老いて白毫の如し秋の暮 永田耕衣
紺青の夕空やわが秋の暮 原石鼎 花影
終着駅秋の夕日の海に落つ 松崎鉄之介
絲引て人躍らすや秋のくれ 正岡子規 秋の暮
絹寂びて羨しき絵なり秋の暮 石川桂郎 高蘆
網張られ金剛力士秋の暮 阿波野青畝
縄飛びして使の途の秋の暮 山口誓子
縮まりて火の頭骨を秋の暮 平井照敏 猫町
繩と繩つなぎ持ち去る秋の暮 三橋敏雄
罪もなき配所に秋の暮かゝり 正岡子規 秋の暮
羽織著る秋の夕のくさめ哉 正岡子規 秋の夕
老僧に棒加へけり秋の暮 正岡子規 秋の暮
老根や嬋媚たり樹(た)つ秋の暮 永田耕衣
聲高き人まじりけり秋の暮 正岡子規 秋の暮
背の子の深き睡りや秋の暮 中村汀女
背を低うして牛来る秋の暮 山口誓子
胴高き馬曳き入るる秋の暮 山口誓子
胸先にくろき富士立つ秋の暮 橋本多佳子
脱落す神を覚えて秋の暮 下村槐太 天涯
腹減りて教会を去る秋の暮 伊丹三樹彦
膝抱いて顔もてあます秋の暮 岡本眸
自転車を乗り習ふうち秋の暮 山口誓子
船でゆく人に山羊鳴く秋の暮 星野立子
船主の家の深さの秋の暮 能村登四郎
色なき火赤き火となる秋の暮 加藤秋邨
芥火に風定めなし秋の暮 日野草城
花鳥来てことば遊びの秋の暮 金子兜太
草を焼く火が野の花の秋のくれ 野見山朱鳥 愁絶
荒磧ひとり経詠む秋の暮 福田蓼汀 秋風挽歌
菩提樹のカサカサの葉や秋の暮 永田耕衣
萩刈りて芒に秋の夕哉 正岡子規 秋の夕
落し物糸瓜一本秋のくれ 百合山羽公 寒雁
落書を消す母がゐて秋の暮 鷹羽狩行
落石の音聴きすます秋の暮 福田蓼汀 秋風挽歌
葱を新しと言うなり秋の暮 永田耕衣
葱提げて帰る家あり秋の暮 伊丹三樹彦
蒼空や桑くゞりゆく秋の暮 渡邊水巴 白日
蓑を著て少しあたゝか秋の暮 高野素十
藪寺に磬打つ音や秋の暮 正岡子規 秋の暮
虚仮(こけ)のわが隠江(こもりえ)はあり秋の暮 佐藤鬼房
號外を賣り行く秋の夕哉 正岡子規 秋の夕
蛙蛙何をつぶやく秋の暮 正岡子規 秋の暮
蛸噛みし知多も忽ち秋の暮 百合山羽公 樂土
蜘の巣の獲物も無しに秋暮るゝ 正岡子規 秋の暮
蝸牛と秩父にをるや秋の暮 加藤秋邨
蟹の屍に濤寄せて咳く秋の暮 角川源義
行きすぎて女振り返る秋の暮 村山故郷
裏町や秋の夕日の蚊粒飛ぶ 正岡子規 秋の夕日
裸婦の絵にべたべた秋の夕日かな 鷲谷七菜子 一盞
複写紙の青が肘染む秋の暮 能村登四郎
西天に引かれて歩む秋の暮 相馬遷子 雪嶺
西方に浄土の富士や秋の暮 渡邊水巴 白日
西行のふじにものいふ秋のくれ 正岡子規 秋の暮
見えてゐる松をこころの秋の暮 藤田湘子
見え透くや秋の夕日のくの木原 正岡子規 秋の夕日
誰が死ぞぎくりと電話秋の暮 草間時彦 櫻山
誰が笛かおぼつかなさよ秋の暮 日野草城
誰人ぞ睨んで通る秋の暮 正岡子規 秋の暮
讀書聲絶えて何やら敲く秋のくれ 正岡子規 秋の暮
谷底の空なき水の秋の暮 渡邊白泉
谷深く舟漕ぐ秋の夕日哉 正岡子規 秋の夕日
豹吼えて寂莫到る秋の暮 村山故郷
貌見えてきて行違ふ秋の暮 中村草田男
貝拾ふ束の間秋の夕焼失せ 山口誓子
貧交や横顔にある秋の暮 古沢太穂 古沢太穂句集
貨物汽車只一燈の秋の暮 山口誓子
貰ひたる土鈴振りみる秋の暮 大野林火 雪華 昭和三十四年
贋物といふ絵を愛す秋の暮 中村苑子
赤き青き生姜菓子売る秋の暮 西東三鬼
赭き岳野に遺されつ秋の暮 相馬遷子 山国
赭犬を見て道かへす秋の暮 山口誓子
起し繪のごとき裏富士秋の暮 鷹羽狩行
足の裏見てゐる俥夫に秋の暮 加藤秋邨
足もとはもうまつくらや秋の暮 草間時彦 櫻山
足らわねば足りて在るなり秋の暮 永田耕衣
距りの十歩をつめず秋の暮 上田五千石 琥珀
踏みて帰らず呼べど応へず秋の暮 福田蓼汀 秋風挽歌
踏切の向ふに遊ぶ秋の暮 山口誓子
蹴りし石犬が嗅ぎゆく秋の暮 岸田稚魚 紅葉山
身みづから瞼がくれに秋の暮 三橋敏雄
近すぎて自分が見えぬ秋の暮 岡本眸
追分に唄はありけり秋の暮 齋藤玄 飛雪
逃腰の日なりきどつと秋の暮 草間時彦 櫻山
逆落す荒石河原秋の暮 相馬遷子 雪嶺
這ひ出でし南瓜うごかず秋の暮 前田普羅 春寒浅間山
連れて行つてくれた先輩秋の暮 三橋敏雄
遊び居る子を呼び返す秋の暮 正岡子規 秋の暮
遊ふ子のひとり歸るや秋のくれ 正岡子規 秋の暮
遊ぶ子とお使ひの子と秋の暮 鷹羽狩行
遊女屋の使はぬ部屋の秋の暮 松本たかし
道すがら時計台仰ぐ秋の暮 村山故郷
道で銭数ふる人よ秋の暮 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
道に出て人の声聞く秋のくれ 上田五千石 琥珀
道の香は障子の香なり秋の暮 永田耕衣
道ばたの佛も秋の夕かな 正岡子規 秋の夕
道ひろく村の子遊ぶ秋の暮 富安風生
道替へてみてもさびしや秋の暮 安住敦
道連れをかき消すごとし秋の暮 平井照敏 天上大風
達磨殿踊り出したり秋のくれ 正岡子規 秋の暮
遠い越しし少年見えず秋の暮 永田耕衣 物質
遠き燈のまづ見えそむる秋の暮 山口誓子
遠天に雪山ほのと秋の暮 相馬遷子 山国
郵便局出て更に濃き秋の暮 山口誓子
酒あり飯あり十有一人秋の暮 正岡子規 秋の暮
酒なしに肉くふ人や秋のくれ 正岡子規 秋の暮
酒量やや保つ夢道忌の秋の暮 古沢太穂 捲かるる鴎
酒飲めぬ目にただの野の秋の暮 加藤秋邨
重荷負ひ山路急ぐか秋の暮 福田蓼汀 秋風挽歌
野ざらしに鳥立つ秋の夕かな 正岡子規 秋の夕
金堂の鐘のうなりや秋の暮 正岡子規 秋の暮
金屏風傾城こもる秋の暮 正岡子規 秋の暮
金星を廓の方に秋の暮 山口誓子
金色の古池のこる秋の暮 永田耕衣
金鼓打ち霧とよもすや秋の暮 水原秋櫻子 玄魚
鈎を奪る海の生きもの秋の暮 三橋敏雄
鉄骨のかこむ空間秋の暮 山口誓子
鎌倉や秋の夕日の旅法師 正岡子規 秋の夕日
鐘も撞かず大皷も鳴らず秋の暮 正岡子規 秋の暮
長からぬ石橋を過ぎ秋の暮 鷹羽狩行
門に居れば家内灯りぬ秋の暮 日野草城
門入れば竃火見えぬ秋の暮 高野素十
門出でて十歩すなはち秋の暮 安住敦
門前に鳥刺来たり秋の暮 村山故郷
門日に油掃除や秋の暮 村上鬼城
閉ぢしまぶたを落つる涙や秋の暮 杉田久女
隣まで水打ちあます秋の暮 岸田稚魚 雁渡し
雑茸と茄子煮て食ぶる秋の暮 細見綾子
雲ありて遠くを見をる秋のくれ 野見山朱鳥 愁絶
雲に触れゆがみて秋の夕日入る 篠原梵 年々去来の花 雨
雲の中すこし雲燃ゆ秋の暮 山口青邨
零のよな顔してピエロ秋の暮 野見山朱鳥 運命
青杉に沈める寺の秋の暮 日野草城
青鬼紅鬼鉄灯をさゝぐ秋の暮 山口青邨
靴の中に幾万の足秋の暮 加藤秋邨
順禮の御詠歌たうと秋のくれ 正岡子規 秋の暮
順禮ハ花の臺と歌ひけり秋のくれ 正岡子規 秋の暮
頬杖のとけずなりをり秋の暮 齋藤玄 飛雪
頭の上に幾重雲凝る秋の暮 相馬遷子 雪嶺
額の絵の帆船くらく秋の暮 山口青邨
顏痩せて脈もかすかに秋のくれ 正岡子規 秋の暮
顏痩せて脉のかすかに秋のくれ 正岡子規 秋の暮
顔を覆うて 泣くのでもなく 秋の暮 伊丹三樹彦
風呂敷をひろげ過ぎたる秋の暮 橋閒石 虚 『和栲』以後(I)
風雲の富士をとりまく秋の暮 村山故郷
飛梅に神籤の花や秋の暮 山口青邨
食べものふくむ人に道問ふ秋の暮 中村草田男
馬も居らず駕にもあはず秋の暮 正岡子規 秋の暮
馬宿といふものぞきて秋の暮(木曾路) 細見綾子
馬鳴いて秋の日暮るゝ別れ哉 正岡子規 秋の暮
駅といへば紅燈かかぐ秋の暮 山口誓子
駅の燈の真青き幸秋の暮 山口誓子
駅までに秋の暮色に追ひ抜かる 山口誓子
駅弁を食ひたくなりぬ秋の暮 高浜年尾
駅柵に沿へばとぎれて秋の暮 鷹羽狩行
騒然として駅の燈の秋の暮 山口誓子
驢に乗りて山陰急ぐ秋の暮 正岡子規 秋の暮
驢に騎りて山陰いそぐ秋の暮 正岡子規 秋の暮
驢馬よ曳けとはげます声の秋の暮 中村汀女
骨折の仲仕を見舞ふ秋の暮 佐藤鬼房
高からぬ山連なりて秋の暮 桂信子「草影」以後
高臺に集る音や秋の暮 石塚友二 曠日
髭のびて剃刀さびぬ秋のくれ 正岡子規 秋の暮
鬼めける汽車の釜焚き秋の暮 石塚友二 光塵
鬼事やはては泣き出す秋の暮 正岡子規 秋の暮
魚のまた幹より生れ秋の暮 岡井省二 鯨と犀
魚籠さげて踏切ぬらす秋の暮 鷹羽狩行
鯉老いて真中を行く秋の暮 藤田湘子
鯉跳ねし水の匂ひや秋の暮 鷹羽狩行
鱆置いたやうな山あり秋のくれ 正岡子規 秋の暮
鳥は皆西へ歸りぬ秋の暮 正岡子規 秋の暮
鳳凰岳も駒ケ岳も一枚秋の暮 山口青邨
鴉横に居て肩痛し秋の暮 永田耕衣
鴫たちて澤に人なし秋のくれ 正岡子規 秋の暮
鶏頭を抜き棄てしより秋の暮 安住敦
鶯も鴨の巣にすむ秋の暮 正岡子規 秋の暮
鷄のゆかへ上りぬ秋のくれ 正岡子規 秋の暮
鷄の塒にすくむや秋のくれ 正岡子規 秋の暮
鷄の塒に小さし秋のくれ 正岡子規 秋の暮
鷄頭に暮れ行く秋の夕日哉 正岡子規 秋の夕日
鷄頭に秋の夕の迫りけり 正岡子規 鶏頭
黄金の真実人体秋の暮 永田耕衣
黒影ばかりの君ら見送る秋の暮 金子兜太
黒駒の勝蔵にあふ秋の暮 山口青邨
鼬ゐて人を化すや秋の暮 村上鬼城
鼻鳴らし又馬通る秋の暮 山口青邨

秋の暮 続補遺

*こおろぎと皃見合せて秋のくれ 鳳朗
のび~て衰ふ菊や秋の暮 許六
あきの暮死して高雄は女かな 寥松 八朶園句纂
いろ~の合点かなし秋のくれ 秋之坊
うき人を又くどきみん秋のくれ 去来
うつむいて旅人来たり秋の暮 成田蒼虬
おどり人も減し芝居や秋のくれ 炭太祇
かまくらの小町米町秋のくれ 白雪
からき世にくらゝ売也秋のくれ 游刀
から駕籠かいて人こそ通れ秋の暮 尚白
かれこれの三線弾て秋のくれ 蓼太 蓼太句集二編
こほ~と咳にせらるゝ秋の暮 岱水
こゝに寐ば烏とならん秋の暮 支考
さびしくば我みて遊べ秋の暮 土芳
さびしさのどこまで広し秋の暮 土芳
さびしさの何処まで広く秋のくれ 土芳
しよう事のなくていよ~秋の暮 基継
すまふとる心になりぬ秋のくれ 尚白
その人の鼾さへなし秋のくれ 其角
たのむなり酒のちからを秋の暮 野水
つむ本の小口ぞ古き秋の暮 旦藁
ながむれば海また海や秋の暮 松岡青蘿
なま中にしらでもよきに秋のくれ 樗良
ひいやりと顔あらはゞや秋の暮 木導
ひとつ屋に諷うたふや秋のくれ 一笑(金沢)
ひとり居や足の湯湧す秋のくれ 炭太祇
むかしやら今やらうつつ秋の暮 鬼貫
むしの音や乙になり行秋の暮 如流 江戸広小路
ものいはぬ人揃ふたり秋の暮 中川乙由
ものいへばふたりの様なあきの暮 土芳
やがて鰒喰ふとおもへど秋の暮 中川乙由
よい月が出やうとするぞ秋のくれ 井上士朗
よしや唯噫よしや只秋の暮 乙訓
わけもなや虫歯のおこる秋の暮 加舎白雄
われが身に古郷ふたつ秋の暮 露印
われが身に故郷ふたつ秋の暮 吉分大魯
をさな子やひとり食くふ秋の暮 尚白
一さとを日は打こして秋のくれ 成田蒼虬
一つ菜つぼ皿淋し秋のくれ 許六
一戚に若党ひとり秋の暮 許六
一色のやまひなりけり秋のくれ 杉風
二階からたばこの煙秋のくれ 除風
人の家を吾家にして秋の暮 曲翠
人を見る鼬あやしや秋の暮 三宅嘯山
他の田に先目をやりつ秋の暮 馬場存義
何を聞何を見て居秋の暮 中川乙由
修行者は猶世の中の秋の暮 杉風
傾城と腰掛て見む秋の暮 晩得 哲阿弥句藻
傾城のきらつく秋の夕かな 紫道
元日やおもへばさびし秋の暮 芭蕉 続深川集
出る月は山につかえて秋の暮 卓池
加茂の町楽も聞えず秋の暮 黒柳召波
十重廿重笠のぐるりの秋の暮 鳳朗
又従弟たづねよりけり秋のくれ 玄梅
合掌に湯入の痩や秋の暮 凉菟
名月やけふは賑ふ秋の暮 支考
君またば暮かぬる日の秋の暮 土芳
問ふものはてんもく猿か秋の暮 句空
喰て寐る身のつたなきに秋のくれ 夏目成美
塩魚の歯にはさかふや秋の暮 荷兮
夜がつをの火影なりしを秋のくれ 荘丹 能静草
夜べ逢ていとゞなつかし秋の暮 高井几董
大き成くつさめ一つ秋のくれ 角上
大き成家ほど秋の夕かな 許六
大き成家程秋の夕かな 許六
大仏の膝はく音や秋のくれ 完来
大寺や素湯のにへたつ秋の暮 白雄 白雄句集
大木の榎の下や秋のくれ 木導
客あるじ名乗旅寐や秋のくれ 正秀
宿替に猫も流浪や秋の暮 正秀
寐て起て又寐て見ても秋の暮 嵐雪
小まめなる手足はあるに秋のくれ 成美 はら~傘
小童の何処まで行つ秋のくれ 野坡
小菜一把薪尽せし秋のくれ 加舎白雄
小高きははたけみちなり秋の暮 井上士朗
就中人参高し秋の暮 牧童
屏風にも見しか此絵は秋のくれ 支考
山臥の山に入けり秋のくれ 桜井梅室
岡釣のうしろ姿や秋の暮 其角 五元集
岡釣リの後すがたや秋の暮 其角
巻つくす枕絵甘し秋のくれ 北枝
広沢や背負ふて帰る秋の暮 野水
店がりの前の菜畑も秋の暮 鈴木道彦
庭はけば掃ほど淋しあきの暮 成田蒼虬
弓筆のみなはなし也秋の暮 凉菟
張笠のそり行方や秋のくれ 洒堂
我たつるけむりは人の秋の暮 成田蒼虬
我やどへまた帰る秋の夕かな 越人
我やどをわすれて淋し秋の暮 土芳
戸口より人影さしぬ秋の暮 松岡青蘿
手のつかぬ処が秋の夕部哉 曲翠
打寄る汐木もとらず秋のくれ 卓池
捨て置亭主嬉しや秋の暮 曲翠
新米のもたれ心や秋のくれ 尚白
日のいりてはじめて秋の夕かな 羽笠
日のくれぬ日はなけれども秋のくれ 井上士朗
日当りや螽いろづく秋のくれ 正秀
朝からのけしきもやはり秋のくれ 風国
木の間から海みゆる秋の夕かな 東皐
未我を覚る酔や秋の暮 芙雀
朱をそゝぐ入日の後は秋の暮 高井几董
松島や五月に来ても秋の暮 桃隣
柞原薪樵るなり秋のくれ 建部巣兆
柱にもこゝろもよらず秋の暮 松岡青蘿
梅干で酒吸ふてみん秋の暮 加藤曉台
棚に見る豆腐一丁秋のくれ 東皐
楠のことさらすごし秋のくれ 舎羅
此冬の寒さもしらで秋の暮 惟然
此外に見やうがあるか秋のくれ 蘆本
此石の内ぞゆかしき秋の暮 中川乙由
此馬に十郎殿や秋の暮 凉菟
歯はぬけて何かつれなし秋の暮 杉風
気のつけば馬も通らず秋の暮 加舎白雄
江戸~と江戸へ出づれば秋の暮 一茶 七番日記
沢庵の暮をわかれの秋の暮 文鱗 曠野
沢蟹のあゆみさしけり秋の暮 加舎白雄
泊問ふ船の法度や秋の暮 炭太祇
浦人に友まぎれしぬ秋の暮 土芳
淋しさや江戸のきれ物秋の暮 玄順 誹枕
淋しひと云まひとしても秋の暮 乾什 園圃録
深草は鵙が啼ても秋の暮 中川乙由
渋柿の心づよさよ秋の暮 中川乙由
温泉の山に江戸人ありや秋の暮 完来 空華集
温泉の山や秋の夕部はよ所の事 千代尼
無事問ば無事とこたへて秋の夕 鳳朗
照かゝる燈籠のうへや秋の暮 土芳
牛に乗り何を見に行秋の暮 凉菟
物申に肝つぶれけり秋の暮 桜井梅室
犬蓼の節をれしたり秋の暮 加藤曉台
知てしらぬ身の程かなし秋の暮 智月尼
短冊の屏風を見たり秋のくれ 黒柳召波
石切の音も聞けり秋の暮 傘下
石屋から僧の出けり秋の暮 木導
秋のくれいよ~かるくなる身かな 荷兮
秋のくれきのふの息もつきあへず 鳳朗
秋のくれこゝろの花の奥を見む 松岡青蘿
秋のくれ何やらものゝたらぬ也 除風
秋のくれ別にかなしき高山寺 千那
秋のくれ子持ぬ宿の物足らず 三宅嘯山
秋のくれ家は藁にてつくりたき 完来
秋のくれ山のやせたる咄かな 桜井梅室
秋のくれ松見て立ば人もたつ 桜井梅室
秋のくれ祖父のふぐり見てのみぞ 其角
秋のくれ立出にけりすまひとり 夏目成美
秋の暮あまりの事で苦にもせず 鳳朗
秋の暮うるめの灰をはたきけり 寥松
秋の暮ひとり漕行橈の音 中川乙由
秋の暮むかひの阿婦もねられたり 一笑(金沢)
秋の暮毎日有て佗しけれ 三宅嘯山
秋の暮漸庭もふるびけり 嵐雪
秋の暮焚火にものゝ見え初る 鈴木道彦
秋の暮片枝の梨も落尽す 高桑闌更
秋の暮猪垣の歯もぬけて行 中川乙由
秋の暮留主つかはれて帰りけり 山店
秋の暮留守遣はれて帰りけり 山店 類題発句集
秋の暮石山寺の鐘のそば 嵐雪
秋の暮簀のぞけば鮠一つ 桜井梅室
秋の暮行や在郷の男ぶり 土芳
秋の暮行先~の苫屋かな 木因
秋の暮誰まことよりさびしきぞ 松岡青蘿
秋の暮鐘長閑なり人なしに 夏目成美
秋の暮髪生て人に問れける 加舎白雄
秦吉了も手をつくねけり秋のくれ 馬場存義
立いでゝうしろ歩や秋のくれ 嵐雪 其袋
立いでゝ後あゆみや秋の暮 嵐雪
立出る秋の夕や風ほろし 凡兆
聞てさへ秋の暮むつあはれなり 露印
聞馴てほとりの鍛冶も秋の暮 馬場存義
舟ならで見馴ぬ浦や秋の暮 利牛
舟炙るとま屋の秋の夕哉 嵐雪
船越してとべやどなたも秋の暮 支考
花すゝき花ともいはず秋のくれ 句空
茶は水になりしといひぬ秋のくれ 桜井梅室
落鮎や鵜籠もち籠秋の暮 沾旭 江戸名物鹿子
蓼の穂やひとりこぼるゝ秋の暮 程已
虎も居ぬわださかもりや秋の暮 支考
行秋のけふに成ても秋のくれ 鳳朗
見のがしにならぬ山有秋の暮 凉菟
角力取る友達もあり秋の暮 班象 発句類聚
象潟やいのちうれしき秋のくれ 加藤曉台
近辺の在郷ありきや秋の暮 蘆本
道なしと書る山路や秋のくれ 三宅嘯山
都にも佐渡にもさこそ秋の暮 凉菟
鍋ひとつあらばならふか秋のくれ 牧童
鐘きこゆ嚢の中のあきの暮 支考
鐘の声清正寺じやと聞く秋のくれ 野坡
鐘の音物にまぎれぬ秋の暮 杉風
青海や浅ぎに成て秋の暮 其角
青空に指で字をかく秋の暮 小林一茶
順に散木の葉なれども秋の暮 中川乙由
食櫃をはだけてもるや秋の暮 許六
香盤やのこる烟の秋のくれ 木節
馬下リて馬夫がわかれも秋のくれ 高井几董
馬駕にわかれてふたり秋のくれ 千那
駿河茶の香もうすらぎぬ秋の暮 寥松
鴫*わなに鴫もかゝらず秋のくれ 車庸
鶏頭の何に肥行秋のくれ 許六
鶴をりて人に見らるゝ秋の暮 加舎白雄
鷹の眼の水に居るや秋のくれ 加藤曉台
鼡壁いよ~ねぶし秋の暮 介我

以上
by 575fudemakase | 2016-10-26 19:03 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26307910
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング