銀杏 の俳句

銀杏 の俳句

銀杏 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23275841/

銀杏 補遺

うそぶきて銀杏腹の曖(おくび)出し 平畑静塔
お寺はしづかなぎんなん拾ふ 種田山頭火 草木塔
きやきやと銀杏煎れり歓喜講 岡井省二 山色
ぎんなんのにがみの数を食みにけり 岡井省二 前後
ぎんなんのみどり子落ちて露涼し 川端茅舎
ぎんなんの一つころがる禰宜拾ふ 山口青邨
ぎんなんはいただくものや待つてゐる 星野麥丘人 2001年
ぎんなんや黄道の巾感じをり 岡井省二 鯛の鯛
ぎんなんをぶちつけてゐる大雨かな 鷲谷七菜子 一盞
ぎんなんをむいてひすいをたなごころ 森澄雄
ぎんなんを匂ひて拾ふ老らくか 平畑静塔
ぎんなんを拾ふ決心したりけり 雨滴集 星野麥丘人
ぎんなんを焼きゆらゆらと姉妹 藤田湘子
ぎんなんを焼くたらちねのほの暗し 佐藤鬼房
ぎんなんを焼くゆふぐれの雪明り 橋閒石 雪
ぎんなんを街路に降らし文教区 上田五千石『風景』補遺
ぎんなんを踏み学生等講堂に 山口青邨
ぎんなんを踏んで思はず踏み躙る 鷹羽狩行
ぎんなん干す二筵お化灯籠の前 山口青邨
ぎんなん落つ学生がゆき教授ゆき 山口青邨
ぎんなん落つ山門葭子さんの墓ヘ 山口青邨
さみしらにぎんなん剥けり忌落し 石塚友二 磊[カイ]集
ちり鍋やぎんなん覗く葱の隙 石塚友二 曠日
まつさをき穹にくひこみ銀杏の木 桂信子 月光抄
むかごよりぎんなん飯といふことに 星野麥丘人 2001年
一葉の齟齬も許さず青銀杏 岡本眸
乞食の児が銀杏の実を袋からなんぼでも出す 尾崎放哉 須磨寺時代
人小さしぎんなんの実は高きより 山口青邨
光り騒ぐぎんなん越しの別れの歌 楠本憲吉 隠花植物
冬休までぎんなんを蔵ひおく 星野麥丘人 2005年
天神様の祭銀杏が実を撒ける 臼田亜郎 定本亜浪句集
実をあまたつけて銀杏は賢き木(横浜四句) 鷹羽狩行
宮も寺も遠き裏町青銀杏 中村草田男
宮守のぎんなん莚乾しひろぐ 石塚友二 光塵
彼女らが通りぎんなん落ちにけり 雨滴集 星野麥丘人
恐しといふぎんなんの高直に 亭午 星野麥丘人
手鏡のごとき日を容れ青銀杏 岡本眸
新涼やぎんなん走る屋根瓦 岸田稚魚 雁渡し
木の家にぎんなんを食みをりしなり 岡井省二 五劫集
朱の椀のぎんなん飯ぞこれなるは 石塚友二 磊[カイ]集
栗ぎんなんまろべばたのし京にゐて 石橋秀野
歯をもつてぎんなん割るや日本の夜 加藤秋邨
河童忌の青実つけたる銀杏の木 飯田龍太
笊に干す消炭銀杏道へこぼし 香西照雄 対話
精子発見そのぎんなんの落ちつげる 山口青邨
翁忌の今こそ銀杏かゞやけり 阿波野青畝
色を好めば銀杏を踏んでをり 岡井省二 猩々
葉隠れの青ぎんなんに友逝けり 松崎鉄之介
豆腐料理焼き銀杏の入れありし 細見綾子
軋みあふ新ぎんなんの象牙玉 百合山羽公 樂土以後
逆友を訪ふ岡晴れぬ青銀杏 飯田蛇笏 山廬集
銀杏のにがみは二つ三つほどに 岸田稚魚 紅葉山
銀杏の一つ拾ひに子の加勢 平畑静塔
銀杏の実の騒然と昼の海 飯田龍太
銀杏の実洗ひたてたる象牙いろ 赤尾兜子 玄玄
銀杏の熟れ落つひゞき嵐くるらし 杉田久女
銀杏はじくこの炉見すてし父の齢 古沢太穂 三十代
銀杏をさぐりし宮の前を掃く 平畑静塔
銀杏を洗ひしばらく庫裡にほふ 後藤比奈夫
銀杏落ちいやしきにほひ象牙の塔 山口青邨
雑炊の具のぎんなんの三粒ほど 亭午 星野麥丘人
雨に落つぎんなん植物園はひろはず 山口青邨
霊泉や銀杏こつと落ちころげ 佐藤鬼房
青銀杏かぶさる下の夕煙 廣瀬直人
青銀杏雷禍をおのが過去として 岡本眸
韓神の杜やぎんなん地に潰る 角川源義
飛竜頭のなかのぎんなん冬ごもり 草間時彦
鳥越の銀杏青実が落ちゐたり 細見綾子

以上
by 575fudemakase | 2016-10-27 19:17 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26310508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング