紅葉 その1

紅葉 その1

*あめのうお釣れずなりたる紅葉かな 五十嵐播水 埠頭
*おばしまや紅葉に早きかへでの秀 石塚友二 方寸虚実
*はららごや高雄の紅葉暮れしより 森 澄雄
*ひつじ田へ紅葉降りつぐ上の茶屋 水原秋櫻子
V字谷空より紅葉なだれ込む 宮田俊子
「北越雪譜」峠紅葉の空張つて 紺野佐智子
あかあかと紅葉は焚きぬいにしへは三千の威儀おこなはれけむ 前川佐美雄
あかんぼの笑ひ声する草紅葉 火箱游歩
あけすけに酔客見ゆる紅葉茶屋 飯田蛇笏 山廬集
あしたより水欲るからだ紅葉狩 藤田湘子
あすあさて満天星もみぢ掃き尽きむ 林原耒井 蜩
あたらしき桜紅葉で涙拭く 仙田洋子 雲は王冠
あたりまであかるき漆紅葉かな 高浜虚子
あだし野の紅葉散華の仏たち 村中聖火
あつまつて影向の鯉紅葉寺 岡井省二
あと一人来ず混浴の紅葉谷 鷹羽狩行 月歩抄
あと先に人声遠し柿紅葉 暁台
あながちにくれなゐならぬ紅葉かな 橘仙 五車反古
あながちに紅ゐならぬ紅葉哉 橋仙
あるときは高き瀬の音夕紅葉 岸風三楼 往来
ある日枝紅葉はじまる田螺かな 宇佐美魚目 天地存問
いが散りてろが散りいろは紅葉かな 後藤比奈夫 花匂ひ
いただきの一枚さわぐ紅葉かな 前田普羅 飛騨紬
いたづらに菱紅葉しぬ落城史 阿波野青畝
いちにちを紅葉づくめや残る生 八田木枯
いちまいの紅葉の穴に神の意志 前山松花
いち早し白りんだうの草もみぢ 瀧井孝作
いつか逢ふ死といふ大事初紅葉 木村敏男
いつしかにふじも暮けり夕紅葉 紅葉 正岡子規
いつとなく草の紅葉のはじまりぬ 加藤三七子
いつぽんは鬼より紅し紅葉狩 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
いつよりの男盛りや紅葉山 波戸岡旭
いつ濡れし肩や紅葉の渓を来て 原 柯城
いづかたも音なき夜明山紅葉 日郎
いてふもみぢ眩し壮齢いくばくぞ 上井正司
いのち憂し大紅葉の山据えて 藤井冨美子
いまどこの紅葉に暮れて父の杖 宇佐美魚目 天地存問
いろいろの紅葉の中の銀杏哉 紅葉 正岡子規
うかうかと崖に立ちたる紅葉狩 里中章子
うしほ照り冬もみぢして岬あり 及川貞 榧の實
うすもみぢ能登は入江のやさしさに 細見綾子 存問
うす紅葉して遠くの木近くの木 今井千鶴子
うす紅葉夜となり月と枯木あり 池内友次郎 結婚まで
うす紅葉師の影追ふに追ひつけず 萩原麦草 麦嵐
うす紅葉柱にさして散りそめし 大橋櫻坡子 雨月
うす紅葉若狭小鯛を灯に透かす 星野紗一
うす紅葉障子にふれむばかりにて 清原枴童
うす紅葉障子に触れむばかりにて 清原枴童
うす~と月浴びてあり夕紅葉 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
うす~と背山も染まり紅葉寺 楠目橙黄子 橙圃
うたせ湯に紅葉且つ散る山の音 松岡也寸志
うちうちに陰陽師よぶ紅葉山 伊藤敬子
うちうつ雨墨ながし来る夕紅葉 篠田悌二郎 風雪前
うちかけを口ビーに飾り紅葉宿 岩崎健一
うつくしき朝日夕日やむらもみち 紅葉もみち<木+色> 正岡子規
うつくしく傷みてさくら紅葉かな 山口速
うつらうつら紅葉して行く柳かな 会津八一
うらやまし美しうなりて散る紅葉 支考
うるし紅葉会津うるしは火の山より 松崎鉄之介
うるし紅葉水なにかはと燃えうつる 篠田悌二郎
ええじゃないかよいじゃないかと紅葉降る 信藤詔子
おのれいまおのれのなかに草紅葉 森澄雄
おのれ見つむ雨は紅葉にそゝぎをり 馬場移公子
おびんづるさまに前山紅葉して 高澤良一 随笑
おもひつめしごとくに紅葉濃かりけり 加藤三七子
おん滝を神とす山の初紅葉 豊長みのる
お互ひに医師として老い旅紅葉 嶋田一歩
お茶室の真下の水や菱紅葉 高木晴子 晴居
かがやける白雲ありて照紅葉 高浜虚子
かくれては現る別の初紅葉 阿波野青畝
かくれんぼしてみたくなる庭紅葉 高木晴子 晴居
かくれ住む紅葉の奥の*とぼそかな 比叡 野村泊月
かくれ水ひゞきて白膠木紅葉かな 藤岡玉骨
かけはしにけふも翌あるもみぢ哉 高井几董
かけ橋や今日の日和を散る紅葉 散紅葉 正岡子規
かけ違へしボタンの重さ夕紅葉 谷口桂子
かごかきの熱い息ふく紅葉かな 紅葉 正岡子規
かさ~と鳥ゐて見えぬ紅葉かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
かざす手のうら透き通るもみぢかな 大江丸
かしこしやもみぢそめたる神路山 松藤夏山 夏山句集
かちかち山雑木紅葉の色となりぬ 山口青邨
かつぎゆく竹が紅葉にぶつかりし 岸本尚毅 選集「氷」
かつ散らす庭の紅葉や四十雀 紅葉 正岡子規
かつ散りて御簾に掃かるる*もみぢかな 其角
かづら子の髪にささばやうす紅葉 女-何南 俳諧撰集「藤の実」
かなしいなあ我家のいっぽんの紅葉 田中陽
かなしみも冬の紅葉もあつめ焚く 仙田洋子 雲は王冠
かの世よりたまはる紅葉明かりかな 越村蔵
からかさや紅葉も白き紙袋 言水 選集「板東太郎」
からかねの鑄ぬきの門や薄紅葉 紅葉 正岡子規
からまりて水草紅葉の根暗がり 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
かりそめの鑵子のつるや蔦もみち 蔦紅葉もみち<木+色> 正岡子規
かろき嘘つきし少女に草紅葉 柚木紀子
かんばせに濃紅葉あかりけはしさよ 長谷川素逝 暦日
かゞやける白雲ありて照紅葉 高浜虚子
がうがうと風の紅葉や室生道 斉藤夏風
きしやちゆういの古標識や草紅葉 吉岡 昭
きつつきの穴見ゆ紅葉せるその木に 瀧澤伊代次
きのふよりけふ濃きもみぢ雨来るか 稲垣きくの 黄 瀬
きらきらと紅葉まはゆし藪の中 紅葉 正岡子規
きらめきて萍紅葉はじまりし 深見けん二
きりたんぽ賑々しきはもみぢの間 藤原嶺人
きり~す桜の紅葉皆散りて 諷竹
ぎつしりと星紅葉山まっくろに 藤本草四郎
くきくきと折れくる筏紅葉渓 大橋桜坡子
くさ紅葉夕汐は洲をうかべけり 松村蒼石 雪
くづれたる煉瓦の塀や蔦紅葉 寺田寅彦
くもり日の水あかるさよ草紅葉 寒川鼠骨
くり舟に暗きもの満つ草紅葉 古舘曹人 樹下石上
くるぶしの草紅葉くるぶしの佛さま 金子皆子
くるぶし草紅葉くるぶしの佛さま 金子皆子
くるま駆る勝尾寺までの山紅葉 高浜年尾
くれなゐの疫病(えやみ)みぞれの中の紅葉 塚本邦雄 甘露
くれなゐの魚のごとくに紅葉の散りくるときに身を低くしき 山下陸奥
こかくれて薄き夕日の紅葉哉 紅葉 正岡子規
こけし描く背に千仭の紅葉渓 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
こつつんと全山紅葉磧 松澤昭 宅居
ことしもまた梅見て桜藤紅葉 井原西鶴
こどもの手いつもあたたか紅葉狩 岡田日郎
このさきは如何なる処紅葉狩 星野立子
このもよりかのも色こき紅葉哉 蕪村遺稿 秋
この先はいかなる処紅葉狩 星野立子
この宮の秋に応へて紅葉はや 高濱年尾 年尾句集
この小道冬の紅葉があればこそ 高澤良一 石鏡
この年は何捨てる年紅葉山 鈴木太郎
この彩に安んじ梅の紅葉せり 高澤良一 随笑
この木登らば鬼女となるべし夕紅葉 三橋鷹女
この樹登らば鬼女となるべし夕紅葉 鷹女
この町の紅葉冷またなつかしき 黒田杏子 花下草上
この谷の岩に合はせて紅葉川 高澤良一 寒暑
この道のいつからとなき草紅葉 本岡 歌子
この道の点となるまで草紅葉 藤原喜美香
こまやかに雨くる帚木紅葉かな 奥名春江
こやし積む夕山畠や散る紅葉 一茶
こやし積夕山畠や散紅葉 一茶 ■享和三年癸亥(四十一歳)
これはこれでと云ひつゝ桜紅葉みる 高澤良一 石鏡
これよりは冬の水押す紅葉かな 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
ころがれる破れ太鼓や草紅葉 比叡 野村泊月
こゝに又飛鳥川あり草紅葉 比叡 野村泊月
こゝの巌みな横襞や谷紅葉 原石鼎
こゝらより紅葉濃しわが旅たのし 高濱年尾 年尾句集
ごくらくもぢごくもひとつ照紅葉 小島千架子
ごみ箱のどれにも銀杏紅葉溢る 右城暮石
さくらさへ紅葉しにけり鹿の聲 蕪村遺稿 秋
さくら紅葉お水送りの瀬に照れり 櫛田と志子 『繭玉』
さくら紅葉けやき紅葉のあらそふか 小島千架子
さくら紅葉ひらひらさくら坂といふ 海老沢紀代子
さくら紅葉わが居しあとに少女かな 川端京子
さくら紅葉散り込む吉野の懸造 関森勝夫
さくら紅葉相模の泥に下駄穿つ 『定本 石橋秀野句文集』
さしかはすゆゑ寂光院の紅葉濃し 西本一都 景色
さし鯖や鮒より先の初紅葉 信 徳
さそひ出す南京櫨のうす紅葉 中尾杏子
さながらに紅葉はぬれて朝月夜 高井几董
さびしさに妻を叱れり紅葉狩 山口いさを
さらさらとわが血流るる朝紅葉 岩岡中正
さりげなく嫁をほめをり櫨紅葉 広津幾代
さるすべりもみぢ見ながら渡り廊 高澤良一 宿好
さるすべりももみぢに数へ幾本ぞ 林原耒井 蜩
さを鹿のにげにげはねる紅葉哉 鹿 正岡子規
さゝ紅葉して南天の不老園 萩原麦草 麦嵐
ざしきわらしが駅をすたすた紅葉して 前田吐実男
しぐれつゝ紅葉のいろの盛りかな 高橋淡路女 梶の葉
しぐれては市振駅の柿紅葉 山田みづえ
しぐれては鄙ぶ高雄の柿もみぢ 高澤良一 宿好
しぐれんといてふもみぢ葉すきとほる 槐太
しだり尾の長鳴鳥や夕紅葉 石井露月
しつらへし夜遊の桟敷紅葉狩 高濱年尾 年尾句集
しづかさの水ゆれ浮草紅葉ゆれ 川崎展宏
しばらくは柿の紅葉の日なるべし 田中冬二 麦ほこり
しばらくは渦が放さぬ散紅葉 佐野不老
しゆるしゆると狼煙あがりし紅葉谿 石寒太
すさましや紅葉まきこむ水車 散紅葉 正岡子規
すさまじき真闇となりぬ紅葉谷 鷲谷七菜子
すさまじき葡萄紅葉の甲斐に入る 田中鴻城
すでにして八達嶺の紅葉濃し 西村和子 窓
すりこ木も紅葉しにけり蕃椒 宗因
すゝきより低き雑木の紅葉あり 高木晴子 晴居
ずたずたであるほど晴れて菱紅葉 増田まさみ
せみ塚に紅葉木洩日ありにけり 深見けん二
せり売りの鮒のあぎとふ草紅葉 長谷川櫂 天球
そそり立つ剱真近に櫨紅葉 長沼紫紅
そのひとつとろけさうなる紅葉山 岸田稚魚 『紅葉山』
その中に紅葉の黄なる明るけれ 高濱年尾 年尾句集
その眉に櫨紅葉すぎ松が過ぐ 水原秋櫻子
そばのつゆ辛し紅葉の且つ散れり 景山壱正
そば食はす茶屋みつけけり紅葉狩 山本逢郎
それならと紅葉の頃の宿をとり 高澤良一 随笑
ぞんざいに桜もみぢの散るばかり 高澤良一 鳩信
ぞんぶんにおのれが見ゆる紅葉焚 山崎聰
たたなはる紅葉の山の暮れてなし 上村占魚 球磨
たつぷりと紅葉に雨や乳薬師 関戸靖子
たどりつき柞紅葉の浮ぶ温泉に 中村若沙
たふとかる涙や染めて散る紅葉 芭蕉
たふとがる涙やそめてちる紅葉 芭 蕉
たまきわる紅葉かつ散るがらんどう 五島高資
たまきわる紅葉且つ散るがらんどう 五島 高資
たゞ忍べ燃ゆる紅葉の夕冷えは 草田男
ちらほらと村あり紅葉いそぐなり 上村占魚 鮎
ちりかゝるむしろ屏風のもみち哉 散紅葉もみち<木+色> 正岡子規
ちりもみぢ手にいまぐまのくわんのん寺 後藤夜半
ちり紅葉流れもあへず水浅し 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
ちるほどに谷あひ曇る紅葉かな 飯田蛇笏 山廬集
ちる紅葉ちらぬ紅葉はまだ青し 正岡子規
ちる紅葉綿入を来て瀧見哉 散紅葉 正岡子規
つくづくと俳縁奇縁紅葉晴 益田清
つながれて山羊の目やさし草紅葉 津田緋紗子
つまらなき色して梅のもみぢ葉は 高澤良一 随笑
つめたう覚めてまぶしくも山は雑木紅葉 種田山頭火
つらきことありて紅葉のなかにゐる 石川英利
つれだつや女商人山紅葉 紅葉 正岡子規
てつぺんの松に風湧く紅葉寺 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
とある日の銀杏もみぢの遠眺め 久保田万太郎 流寓抄
ときをりの日矢をよろこぶ紅葉山 仙田洋子 雲は王冠
とびとびの紅葉夜更けのオートバイ 立川京子
とびぬけて赤きは白膠木紅葉かな 右城暮石
ともし火の見えて紅葉の奥深し 紅葉 正岡子規
とんとんと薪割り紅葉ちる日向 高澤良一 寒暑
どうかうもなく山茱萸の醜(しこ)もみぢ 高澤良一 鳩信
どの山の紅葉か殘る馬の鞍 紅葉 正岡子規
どの山の紅葉なるらん馬の鞍 紅葉 正岡子規
どの山も簪差して櫨紅葉 務中昌己
どの紅葉にも青空のある山路 木暮つとむ
どの茶屋も紅葉ごしらへなりにけり 比叡 野村泊月
どの草も犬の後架ぞ散紅葉 一茶 ■文化十一年甲戊(五十二歳)
どぶろくといふ名の神社はつもみぢ 渋沢渋亭
なか~に乾かぬ雨や草紅葉 高橋淡路女 梶の葉
なきがらや伊豆のくになる櫨紅葉 斉藤夏風
なぐれなん紅葉としらば黒木売 井原西鶴
なつかしき人散紅葉散黄葉 稲畑汀子 汀子第二句集
ななかまど紅葉圏谷の底埋め 福田蓼汀 秋風挽歌
なびき寄る煙に散りぬ柿紅葉 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
なべて諦めよき戦中派紅葉散る 波多野蟻杖 『風祭』
なほざりの鉢とて急ぐ櫨紅葉 外山智恵子
なほ残る桜紅葉は血のいろに 原裕
なま壁や秋をわするる蔦紅葉 言水
ぬるで紅葉此の山鼻も眺めなり 松藤夏山 夏山句集
ぬれそぼつ柿紅葉顔ぬらしゆく 瀧春一 菜園
ねむごろに水底もみぢ泥となりぬ 松村蒼石 雁
のみこみのもつとも早き櫨紅葉 檜紀代
はきすてる程にはちらす初紅葉 紅葉 正岡子規
はきよせた箒に殘るもみち哉 散紅葉 正岡子規
はこばるる師の御杖も紅葉冷え 木村蕪城 一位
はじめまして祖母です紅葉のような稚(やや) 菊地京子
はじめより掃かでありたる散紅葉 後藤夜半 翠黛
はせを塚取り巻く桜紅葉かな 松本澄江
はたおりの脚もみぢして草の中 みどり
ははきぐさ箒となりて紅葉せり 長谷川櫂 天球
はは木々は此の木でもなし村紅葉 立花北枝
はらはらと飛ぶや紅葉の四十雀 紅葉 正岡子規
はんざきも身を寄せあへる紅葉かな 宇佐美魚目 天地存問
ぱっとせぬ紅葉渡して山連なり 高澤良一 寒暑
ひざ見せてつくばふ鹿に紅葉かな 半残 俳諧撰集「有磯海」
ひそひそと山噛みあへる紅葉かな 齋藤愼爾
ひつぢ田に紅葉ちりかゝる夕日かな 蕪村 秋之部 ■ 高尾
ひとごゑのかへる深山の初紅葉 菊地一雄
ひとごゑの方に日が差す紅葉かな 豊長みのる
ひとときを知事の客たり照紅葉 赤松子
ひととゐることのたのしさ草紅葉 行方克巳
ひとひらの紅葉両手でうけとめる 酒井弘司
ひとひらの雲が頭上に紅葉山 稲田眸子
ひとひらも散らず水へと張る紅葉 松尾隆信
ひとよさの山の囲炉裡も紅葉狩 福田蓼汀 山火
ひとり寐の紅葉に冷えし夜もあらん 紅葉 正岡子規
ひとり寝の紅葉に冷えし夜もあらん 正岡子規
ひるがへる葡萄紅葉や滝の前 増田手古奈
ひろがりて野猿下りし紅葉谿 斉藤夏風
ふゆもみぢきつねあめとはうつくしき 八條凜子
ふりかぶり濃紅葉あかりくらきほど 長谷川素逝 暦日
ふりしぼる字の痛々し草紅葉 長谷川櫂 虚空
ふり返るための深入り紅葉山 手塚 美佐
ふるさとの家を柿もみぢ荘厳す 藤森成吉
ふるさとの雑木紅葉はあたゝかし 小暮信泉
ふるふると紅葉運ばる桜冷 和田順子
ほどほどに老いて紅葉の山歩き 能村登四郎
ぼけ封じ肌着購ふ紅葉寺 高澤良一 随笑
ぽつちり山の櫨紅葉手を挙げて合圖したいやうな 安斎櫻[カイ]子
ぽつねんと遍路坐しけり遠紅葉 井上論天
まぎるゝや笠も紅葉も雨の音 成美
まくなぎの毬や紅葉の水の上 岡井省二
まだ熱きういろうを買ふ紅葉寺 吉川敦子
まだ青き紅葉に秋の夕寒し 紅葉 正岡子規
まだ青の領域にして初紅葉 藤崎久を
まなうらに紅葉冷ゆらむ伎芸天 西村和子 かりそめならず
まなざしの雑木紅葉に入りびたる 松澤昭 宅居
まはりつゝまひあがりつゝ紅葉散る 桐野慎吾
まひるまをとろりと眠る紅葉かな 田中裕明
まろ~と背山がありて紅葉寺 楠目橙黄子 橙圃
みあかしを継ぐ叡山の紅葉寒 伊藤敬子
みかへりの弥陀のかんばせ紅葉映 高見岳子
みぞるゝや尚四五枚の枝紅葉 比叡 野村泊月
みちのくの攫はれさうな紅葉山 奥坂まや
みちのくの昃る紅葉に夫を撮る 横山房子
みちのくへ野はとびとびに草紅葉 山田みづえ
みづうみの国一斉に櫨紅葉 深津健司
みづうみの瞳大きく初紅葉 三国矢恵子
みづうみや水草紅葉も枯れそめて 草間時彦 櫻山
みな紅葉した山の夜にして睡る 安斎櫻[カイ]子
みやこ路や初夜に過ぎたる紅葉狩 野澤凡兆
むかし恋結びせし木の紅葉かな 森田公司
むかし色の底に見えつつ花紅葉 上島鬼貫
むく起きや峯の紅葉の朝しめり 李由 九 月 月別句集「韻塞」
むさしのの櫨の紅葉に袖触れゆく 大野林火
むらさきに統べし紅葉の活火山 伊藤敬子
むらもみぢ灯して行く狢の湯 泉鏡花
むら紅葉会津商人なつかしき 蕪村
むら紅葉巖ばかりの深山かな 紅葉 正岡子規
むら紅葉會津商人なつかしき 蕪村 秋之部 ■ 高尾
むら雨や車をいそぐ紅葉狩 紅葉狩 正岡子規
もがり吹くは御所の錦木紅葉なり 殿村莵絲子 雨 月
もしもしと呼ばれてをりぬ紅葉山 岩淵喜代子 硝子の仲間
もつともな醜聞絶えぬ紅葉山 宇多喜代子
もみち葉のちる時悲し鹿の聲 散紅葉 正岡子規
もみぢうく水や刀に血のあと 秋の水 正岡子規
もみぢして学問処の孔子木 高澤良一 寒暑
もみぢして日交ぜがちなる京日和 みづき瑛子
もみぢして松にゆれそふ白膠木かな 飯田蛇笏 山廬集
もみぢして過去と未来のあはひかな 朝妻 力
もみぢせし樹樹尼などは真平よ 楠節子
もみぢの地に映ゆるベンチにて仰ぐ 滝井孝作 浮寝鳥
もみぢの木樅を巨きく直くする 篠原梵 雨
もみぢの甲斐信濃われらに波たゝず諏訪のみづうみ 中塚一碧樓
もみぢばの流れ来て河口出づ 山口誓子
もみぢもみぢもみぢの山合掌 岡田史乃
もみぢやまこのひとたれもしらぬといひ 西野文代
もみぢ一枚苞にする井月老 鈴木一餉
もみぢ一葉風が供へし一茶の碑 高橋克郎
もみぢ且つ散りて山号虎渓山 長谷川久々子
もみぢ散る墓に赤さが足らぬから 櫂未知子 貴族
もみぢ燃え今生量りなかりけり 赤松子
もみぢ燃え今生量り無かりけり 赤松[ケイ]子
もみぢ燃え今生量れなかりけり 赤松子
もみぢ葉の一葉をいつき竜田姫 松瀬青々
もみぢ葉は真言陀羅尼 義趣を秘む 高澤良一 宿好
もみぢ葉よ忌日の後にま一日 立花北枝
やあもみぢ一切経のわすれもの 幸田露伴 谷中集
やあ紅葉八番札所のぽっくりさん 高澤良一 随笑
やがて散る柿の紅葉も寝間の跡 向井去来
やまつみの紅葉尽しにゑひにけり 矢島渚男 木蘭
やゝあつて水に生たるもみぢ哉 炭 太祇 太祇句選後篇
ゆきずりに一揖交はす紅葉坂 横山房子
ゆくりなく旅の一日を紅葉狩 高浜虚子
ゆく水に紅葉をいそぐ山祠 飯田蛇笏 椿花集
ゆふぐれを余所(よそ)に預けてもみぢかな 千代尼
ゆふぞらに楓紅葉の漣す 瀧春一 菜園
ゆりかごの寧けさにあり散紅葉 浜本直子
よい物の果てもさくらの紅葉かな 塵 生
よき友はものくるる友草紅葉 田中裕明 先生から手紙
よき色の紅葉をかざし山法師 後藤比奈夫 めんない千鳥
よくなりてすこし歩ける草紅葉 国弘賢治
よべ着きし紅葉の谷の旅籠かな 尾崎迷堂 孤輪
よらで過る藤沢寺のもみぢ哉 與謝蕪村
よんどころなくて紅葉を病ませたり 津根元潮
わがうしろも紅葉明りのしてゐる筈 加倉井秋を 午後の窓
わがつくる音の中なり散紅葉 米沢吾亦紅 童顔
わが手紅葉しはらはらと散りゆくか 平井照敏
わが旅の紅葉いよ~濃かりけり 高濱年尾 年尾句集
わが死はいつもみぢて深き山の黙 鈴木昌平
わが紅葉蒼白なればいちにちみる 阿部完市 にもつは絵馬
わっと紅葉出湯に齢透くことも 諸角せつ子
わつと紅葉出湯に齢透くことも 諸角せつ子
わびしさを山居と言はぬ柿紅葉 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
わりなしや小松をのぼる蔦紅葉 蔦紅葉 正岡子規
をさな子の手に重ねたるもみち哉 紅葉 正岡子規
をとこにも少しの妬心草紅葉 谷中隆子
をとこ散りをんなかたまる草紅葉 村上一葉子
をりをりに鹿のかほ出す紅葉哉 紅葉 正岡子規
をんな出て切口上やならもみぢ 小島千架子
ゝゝと夏櫨紅葉したりけり 高澤良一 さざなみやつこ
アスピーテライン上りの草もみぢ 高澤良一 寒暑
アメリカに看護婦仲間紅葉晴れ 坊城中子
アメリカに看護師仲間紅葉晴 坊城中子
イーゼルの裾に縋りし草紅葉 河原 貞子
オペの眼のただしき紅葉明りかな 角光雄
キャンパスの裏手が火の手紅葉山 伊藤敬子
キリシタン処刑湯地獄照紅葉 岡部六弥太
クリップで閉ぢられてゐる紅葉かな 島田牙城
ケーブルカー雑木紅葉の分水嶺 八木洋子
コーラスのはじまるさくらもみぢかな 中戸川朝人 尋声
ジイーンズの足すこやかに草紅葉 鈴木句秋
ジヨギングのゼッケン清し初紅葉 近藤雅恵
ストレスの強きものより紅葉す 佐藤文子
ダム広き裏大雪や初紅葉 鮫島交魚子
テント一枚張れば厠よ谷紅葉 鈴木文子
トタン小屋影を四角に草紅葉 舘岡沙緻
トテ馬車の蹄高鳴る照紅葉 寺岡捷子
トルソーの冷え身に移る蔦紅葉 横山房子
トンネルを抜けて終点紅葉駅 松村昌弘
バイコフの虎斑の髯も紅葉狩 久米正雄 返り花
バスおのが幅を知りをり崖紅葉 林原耒井 蜩
バスの窓紅葉の山がはづむなり 瀧春一 菜園
ビルに囲まれたばこ屋の蔦紅葉 青木梢
ブランコの木首吊りの木紅葉す 中嶋鬼谷
ベルレーヌ詩集に紅葉せる一葉 荻原都美子
ボストンの紅葉栞に帰国かな 伊藤京子
ボート漕ぐ明き紅葉のもとが好き 高濱年尾 年尾句集
ポスターに紅葉づる鎌倉始発駅 高澤良一 石鏡
メイプルのもみぢ押し葉にして機内 高澤良一 ぱらりとせ
ロープウエー這ひ上る紅葉駈け下る 駿河岳水
一しきり貴船あかろき紅葉かな 尾崎迷堂 孤輪
一つかみづつ炉にくべるもみぢ哉 正岡子規
一つ声ひとつ木霊す紅葉山 牧野洋子
一つ家に飛火してゐる山紅葉 稲荷島人
一と息に摶ち合ふごとし紅葉滝 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
一は彩二は取り合わせ宮紅葉 高澤良一 鳩信
一ひらの色よき紅葉包みけり 藤沢樹村
一むらは夕日をあびる紅葉哉 紅葉 正岡子規
一もとのひとめに余る紅葉哉 高井几董
一もとの紅葉も見えず松縄手 紅葉 正岡子規
一もとは墓場の中の薄紅葉 紅葉 正岡子規
一世一瞬山の紅葉の中にゐて 小林草山
一刷きの紅葉の修羅尾根走り 斉藤美規
一国の濡れし紅葉や川湊 中島佐渡
一壺酒をさし荷ひつゝ紅葉狩 西山泊雲 泊雲句集
一家や冨士を見越の雁來紅 葉鶏頭 正岡子規
一山の紅葉に染まり死ぬもよし 佐藤鬼房
一山の紅葉風を楽しめり 新谷ひろし
一山を御召しにしたき谷紅葉 荒井利子
一循環の終りの黙示紅葉照る 加藤楸邨
一揆より三代の裔紅葉濃し 関口ふさの
一握の沈む紅葉一思想 石川青狼
一本のあたりをはらふ櫨紅葉 高澤良一 寒暑
一本の桜紅葉や魯迅の碑 佐治英子
一本の紅葉に染まりゆくわれか 稲畑汀子
一村の家まばらなる紅葉哉 紅葉 正岡子規
一村の柿紅葉して夕日哉 寺田寅彦
一村の紅葉散り去る響きかな 草間時彦 櫻山
一村の紅葉明りに久女の碑 加藤耕子
一村は夕日をあびる紅葉哉 紅葉 正岡子規
一条の日矢に応ふる照紅葉 山田弘子 こぶし坂
一枚の巌を火攻めの蔦紅葉 椎橋清翠
一枚の湖一枚の紅葉より 岩垣子鹿
一枚の紅葉こぼるゝ布団敷く 山口青邨
一枚の紅葉且つ散る静かさよ 高濱虚子




一枚の紅葉且散る静かさよ 高濱虚子
一枚の紅葉旦つ散る静かさよ 高浜虚子
一枝の濃紫せる紅葉あり 竹下しづの女 [はやて]
一枝の紅葉そへたり妹が文 紅葉 正岡子規
一桶に鯉の子あまた草紅葉 長谷川櫂 蓬莱
一椀を拝む夕餉や散紅葉 大庭紫逢
一樹よりはじまつてきし紅葉晴 藤崎久を
一湾の波の照り込む紅葉山 児玉南草
一瀑のかがやき落つる紅葉山 有泉七種
一瀑のかゝりて薄く紅葉せる 岸風三楼 往来
一瀑の疾く昃れる紅葉狩 富安風生
一瀑の紅葉かつ散る不動尊 佐野志摩入
一片の紅葉を拾ふ富士の下 富安風生
一片の紅葉散り来し火鉢かな 比叡 野村泊月
一番の冷え込みありぬ蔦紅葉 高澤良一 燕音
一筋のながれまぶしき草紅葉 羽田岳水
一筋は戸にはさまれて蔦紅葉 蔦紅葉 正岡子規
一筋は月にたれけり蔦紅葉 蔦紅葉 正岡子規
一筋は月にたれたり蔦もみぢ 蔦紅葉 正岡子規
一籠の紅葉いくらぞ落葉掻 落葉 正岡子規
一考碑さくら紅葉の中にかな 鏡愁葉子
一荘の一老幹の櫨紅葉 猪頭 星荘
一荘や冬の紅葉を誰も見ずに 尾崎迷堂 孤輪
一葉づつ櫨の早紅葉あきらかに 松本巨草
一葉にはじまる漆紅葉かな 島村正
一葉の紅葉沈めて淵澄めり 後藤春翠
一葉よりもみぢ始まる曼珠院 高澤良一 宿好
一葉二葉紅葉散り殘る梢かな 散紅葉 正岡子規
一葉二葉若木の楓初紅葉 紅葉 正岡子規
一部分その一部分紅葉濃し 稲畑汀子
一閃の白波を恋ひ草紅葉 廣瀬直人
一院のはたと明るき初紅葉 千原叡子
一雨に濡れたる草の紅葉かな 日野草城
一霜に兼六園の初紅葉 田村愛子
一騎駆け百騎落ち行く紅葉かな 丸山嵐人
七かまど紅葉SantaFeブームとか 星野麥丘人
七人の敵も老いたり山紅葉 川元達治
七滝の一つが見えて散紅葉 新井秋鴨
七滝の三滝は見ゆる紅葉かな 五十嵐播水 播水句集
七転び八起き紅葉になりきれず 松澤雅世
万山の中に日の入る紅葉かな 山口花笠
万華鏡中紅葉山紅葉谷 後藤比奈夫 めんない千鳥
三つめの吊り橋わたり紅葉宿 岬雪夫
三代の帝立たしし嶺や照紅葉 石井桐陰
三味抱へわたり芸者や山紅葉 岡田日郎
三寸の苗も楓の紅葉かな 紅葉 正岡子規
三山の高嶺づたひや紅葉狩 杉田久女
三組の紅葉狩客会津バス 高澤良一 石鏡
上々に紅葉仕上がり龍王峡 高澤良一 燕音
上からも下からも声紅葉狩 橋本益子
上に橋下に橋ある紅葉渓 山本一歩
上り行く桜紅葉の並木道 中村 志ま
上り行く道あたたまる紅葉かな 広瀬直人
上を向く父の自画像紅葉冷え 皆吉司
上流へかつぐカヌーや蔦紅葉 波多野 緑
上臈の折たさうなる紅葉哉 紅葉 正岡子規
下枝はみくじの占めて桜紅葉 田中芙美
下枝は枯れて居るなりはぜ紅葉 高木晴子 晴居
下紅葉かさねて雨のうつ夜哉 闌更
下闇に紅葉一木のゆふ日哉 紅葉 正岡子規
不況の秋を積もらせて明日が見えない 紅葉ひと所燃える 梓志乃
且つ散りて紅葉筏となりゆくも 有山八洲彦
且散つて祇園紅葉の水明り 星野 椿
世は紅葉盗人上戸や琴の松 自鶴 選集「板東太郎」
両岸の漆紅葉や崩れ簗 西山泊雲 泊雲句集
中々に刈らぬ山田や櫨紅葉 野村喜舟
中一日ふりこめられし紅葉かな 久保田万太郎 草の丈
中坪の早き暮色や散紅葉 野村多賀子
中学生二里の家路の山紅葉 遷子
中學生二里の家路の山紅葉 相馬遷子 雪嶺
中州とも岸ともつかず草紅葉 山縣輝夫
中腹に雲湧き上る岳紅葉 村田橙重
中障子一枚あけし紅葉かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
乗りしより声のきらきら紅葉舟 細井みち
乗鞍の紅葉如何と登りつめ 高澤良一 素抱
九月はや紅葉を流す梓川 鈴鹿野風呂 浜木綿
乱調の鼓鳴り来よ紅葉山 木内怜子
乾きても濡れてもをらず紅葉山 藤村真理
乾坤の紅葉ならざるなき旅路 稲畑汀子 汀子第三句集
亀石の厚きまぶたや草紅葉 大森井栖女
二つ目の吊橋ここも紅葉佳し 高澤良一 石鏡
二の湖に鷹まひすめる紅葉かな 水原秋櫻子
二三枚もみち汲み出す釣瓶哉 散紅葉 正岡子規
二三枚もみぢ汲み出す釣瓶哉 正岡子規
二三枚取て重ねる紅葉哉 紅葉 正岡子規
二童子は紅葉まみれや松へ翔ぶ 田中水桜
二荒や紅葉が中の朱の橋 蕪村
二荒や紅葉にこもる瀧の音 紅葉 正岡子規
二荒や紅葉紅葉の山かつら 紅葉 正岡子規
二荒を蒔繪にしたる紅葉哉 紅葉 正岡子規
五、六歩は友から離れ紅葉山 坪内稔典
五年後の恨み水草紅葉かな 田中信克
亜高山帯のもみぢの色はと見て 高澤良一 素抱
交りやもみぢ照り添ふ小盃 樗良
京極の灯にもどり来ぬ紅葉狩 奥田あつ女
京菓子の紅葉のかたちから食べる 大月桃流
亭ところところ渓に橋ある紅葉哉 紅葉 正岡子規
人さわぐ漁村の市や夕紅葉 紅葉 正岡子規
人すでにおちて滝鳴る紅葉かな 飯田蛇笏 山廬集
人すでに落ちて滝鳴る紅葉かな 飯田蛇笏 霊芝
人のゐるところ日のさす初紅葉 三田きえ子
人の世のものに境界草もみぢ 保坂リエ
人の世の桜紅葉を僧の掃く 櫛原希伊子
人の世をはずれて紅葉憂いおり 原田孝子
人の思ひ人の思ひに散る紅葉 井上哲王
人もなし紅葉の小橋夕日さす 紅葉 正岡子規
人呼ぶや紅葉の宿のきぬかつき 紅葉 正岡子規
人声の濁りそめたる紅葉かな 西村和子 かりそめならず
人彳たせ人歩かせて山紅葉 嶋田一歩
人毎の口にあるなり下紅葉 芭蕉
人毎の口に有るなりした紅葉 芭蕉
人気なきもみぢの冷えに怯みをり 稲垣きくの 牡 丹
人氣なき山の紅葉や瀧の音 紅葉 正岡子規
人生といふ細き綱谷紅葉 熊谷愛子
人臭き紅葉谿また冬岬 原裕 青垣
人麿も赤人もゐる谿紅葉 津田清子
仁和寺を道の序や紅葉狩 松根東洋城
今は散るのみの紅葉に来り会ふ 細見綾子
今年第一の紅さこの一片の紅葉かな 原石鼎 花影以後
今年見し花も紅葉も除夜の鐘 川崎展宏 冬
今日ありてかたみに紅葉ちるを踏む 藤野基一
今日の別れ心の波に紅葉散る 樗堂 (対畝波留別)
今日の旅今日の詩となす初紅葉 原田孵子
今日の賀や紅葉の木曽の虹二重 太田嗟
今朝もまた桜もみぢの彩を掃く 梅本幸子
今焚ける紅葉のいろの夕焼雲 根岸善雄
今生の紅葉且つ散るかくも散る 榎本好宏
仏心や水を渡りて紅葉狩 伊藤敬子
仮の世の鬼女ともなれず紅葉狩 三橋 迪子
仮睡して紅葉にまじる錆の色 宇多喜代子
仰せの如く今年の紅葉美しき 星野立子
伊予晴れて海の匂ひの紅葉寺 井本農一
伊那谷は木霊の色も紅葉して 木方三恵
伏す鹿の耳怠らず紅葉山 小島健
会心の紅葉むらぎも熱くせり 高澤良一 宿好
会津嶺も猫魔ヶ岳も紅葉晴 柏原眠雨
伶人のならびぬ紅葉かざしつゝ 紅葉 正岡子規
伽羅の御所宴の跡や初紅葉 仁科歌子
佇ち尽す御幸のあとは草紅葉 杉田久女
住み慣れし柞もみぢのその中に 高野冨士子
佐渡が島稜線紅葉して怺ふ 伊藤敬子
体内の塩濃ゆくなる紅葉山 森田智子
何の木ぞ紅葉色こき草の中 高井几董
何の木ぞ紅葉色濃き草の中 几董
何の木といふことなしに御所紅葉 阿波野青畝
何の木も紅葉となればうつくしき 紅葉 正岡子規
何もなき庭なりければ紅葉冷 保坂伸秋
何よりもうるし紅葉が目をうばふ 星野立子
何時来ても見をさめの巴里草紅葉 泉田秋硯
何者の降りてくるなり紅葉の木 桑原三郎 晝夜
保津川は紅葉散らしに下る下る 鈴木鷹夫 千年
信心の女美し照紅葉 高濱年尾 年尾句集
信心の背中の広し夕もみぢ 山尾玉藻
信楽に火襷はしる紅葉晴 岩根徹
信楽や茶山にまじるむら紅葉 蝶夢
修禅寺の大扁額に照紅葉 轡田 進
修行僧素足そめつつ紅葉掃く 石田 順子
俵水園の紅葉の中のとろろ茶屋 近藤 正
倒れ木に馬進まざる紅葉かな 会津八一
倒れ木の岩散乱と紅葉かな 会津八一
偲ぶこと多き秋月濃紅葉に 稲畑廣太郎
傘にをりをり見すくもみち哉 紅葉もみち<木+色> 正岡子規
傘持の火鉢ほしがる紅葉哉 紅葉 正岡子規
傭はれて酒の燗する紅葉かな 松藤夏山 夏山句集
傷の絵の叫びよ紅葉散り急ぐ 雨宮抱星
僧提げし満天星紅葉飛び火せよ 手塚 美佐
僧読経東寺の紅葉散る下で 手島南天
兄の背は紅葉せしまま真夜ゆけり 水野真由美
先づざっとこんな程度の宮紅葉 高澤良一 随笑
先生の草鞋も見たりもみぢ狩 紅葉狩 正岡子規
先生の草鞋も見たり紅葉哉 紅葉 正岡子規
先生は誤解恐れず菱紅葉 辻桃子
先着にあな幣尊と紅葉山 飯田蛇笏 山廬集
先程は時雨といふ紅葉映え 高濱年尾 年尾句集
光らずに散る存分に紅葉して 伊藤政美
光沢も魅力の一つ蔦紅葉 高澤良一 石鏡
児の群に我児の見えつ柿紅葉 石井露月
全園の葡萄紅葉に顔染めし 早瀬貢
全山のもみぢ促す滝の音 山内遊糸
全山の晴をあやぶむ紅葉かな 安東次男
全山の紅葉に対す一戸なり 永島靖子
全山の紅葉に耐へし薄まぶた 能村登四郎
全山の紅葉照るとき男透く 森田智子
全山の紅葉里まで続きをり 山岸盛栄
全山へ紅葉導火の蔦一縷 能村研三 海神
全長を見せて紅葉の中の瀧 今瀬剛一
全館を覆ふに足らず蔦紅葉 高澤良一 随笑
兩岸の紅葉に下す筏かな 紅葉 正岡子規
八一居の雨に彩増す蔦もみぢ 佐久間洋子
八月の桜紅葉を掃けるかな 富安風生
八朔の節供に田の面見てあるく 藤井紅葉
八甲田山麓紅葉また黄葉 鷹羽狩行
八重無尽山染め上げる紅葉かな 立花北枝
八重無尽山染上る紅葉かな 北枝
六十里越の濃紅葉薄紅葉 須田冨美子
兵役を終えて紅葉に帰り着く 対馬康子 吾亦紅
兵火八度かうむる寺にして紅葉 高澤良一 宿好
典雅にて漆紅葉は孤絶せり 島 将五
内湖は浮草紅葉しそめしと 乗光博三
円窓の外彩りの影紅葉 三木星童
再会や遠き山ほど紅葉濃し 関口祥子
冬もみぢうらを覗けば突き当る 宇都宮滴水
冬鯊ものこる紅葉も片瀬川 水原秋櫻子
出口なきまでの紅葉にあそびけり 猪俣千代子
分け入りて紅葉はじまる湯西川 鈴木勘之
切株は老年の椅子 遠紅葉 伊丹三樹彦
刈萱もまぬがれがたく紅葉して 後藤夜半 底紅
初冬なほ紅葉に遊ぶ人等かな 高濱年尾
初心者のカヌー教室紅葉晴れ 高澤良一 石鏡
初時雨して北山の紅葉まだ 木村蕪城 一位
初盆やもみぢあふひに子が遊ぶ 岸本尚毅 鶏頭
初紅葉あな恥づかしの天照寺 高澤良一 素抱
初紅葉して傾ける大樹かな 粟屋多慶男
初紅葉せる羞ひを杉囲み 能村登四郎 有為の山
初紅葉そろそろ松をこぼれけり 紅葉 正岡子規
初紅葉といひて面をあげにける 川崎展宏
初紅葉なる一本の木の孤独 今橋眞理子
初紅葉はだへきよらに人病めり 日野草城
初紅葉ひき立て役は地味づくり 中村明子
初紅葉ひとの娘の婚期ふと 藤田湘子
初紅葉一羽の鳥の踏みわたり 水田清子
初紅葉三尾韻々鐘わたる 加藤美代女
初紅葉典座の膝を正したる 石嶌岳
初紅葉南に低く家相なす 岩城久治
初紅葉少し離れて離山 若本彰子
初紅葉山伏笙を習ひをり 阿部月山子
初紅葉木靈は空に帰りけり 百瀬美津
初紅葉枯枝拾ひに来てひとり 渡邊水巴
初紅葉滾つ瀬は日を返しつつ ながさく清江
初紅葉甘えたくなる色にかな 高田自然
初紅葉白神の水のどに落つ 佐々木美弥
初紅葉石の蓋して石の井戸 村上沙央
初紅葉石山の石ぬれそぼち 奈良鹿郎
初紅葉空にかざして子安仏 林昌華
初紅葉色が叫んで居りにけり 蔦三郎
初紅葉遮るものにつづりけり 阿波野青畝
初紅葉遮るものにつゞりけり 阿波野青畝
初紅葉高き空より日の匂ふ 石井保
初紅葉鳥翔つて声残しけり 河野南畦 湖の森
初陣の功の如くに初紅葉 後藤比奈夫
前の世も桜紅葉も昏れなづむ 秦夕美
前山の紅葉みて居り汽車を待つ 和田俊夫
前潭に後澗の入る巖紅葉 西本一都 景色
功山寺その庭山に紅葉狩り 高濱年尾 年尾句集
動くものみな猿なりし紅葉山 中島まつ枝
化けの皮ふつとぶ紅葉颪かな 仙田洋子 雲は王冠以後
北壁に大河はじまる紅葉晴 乾 燕子
北岳がたばねる峰の紅葉かな 長田青蝉
北面を捨てし西行片紅葉 山田六甲
十二月さくらもみぢの二葉三葉 松村蒼石 寒鶯抄
十和田湖や乙女の像に照る紅葉 磯野充伯
十能で火種を運ぶ紅葉の賀 川崎展宏
十里堤上櫨悉く紅葉す 寺田寅彦
千代紙の朱色に櫨の紅葉かな 茂木連葉子
千山の紅葉一すぢの流れ哉 紅葉 正岡子規
千段の登りつめれば初紅葉 土井朝子
千頭森林鐵道跡の早紅葉 高澤良一 石鏡
半島の一周これも紅葉狩 下斗米一仙
半島の激しき紅葉風が越ゆ 猿橋統流子 『丹波太郎』
半蔀や夕日こぼるゝ濃もみぢを 及川貞 夕焼
半襟も蔦のもみぢや窓の秋 永井荷風
卒業期紅葉裡に並む檜笛 香西照雄 対話
南の遅き紅葉に年往けり 西本一都
南岸の茶屋北岸の寺やむら紅葉 紅葉 正岡子規
南部ばやし造花紅葉を稚児負ふて 高澤良一 寒暑
卯辰山が紅葉するよと金沢人 細見綾子 黄 炎
印度人と握手石階紅葉して 斉藤夏風
危ふきに女近寄る紅葉狩 高澤良一 石鏡
厠紙なかりし寺の紅葉かな 亀田虎童子
去来忌やすでに嵯峨野の草紅葉 室積波那女
参道の長さ飽かざる紅葉かな 山下美典
又をかし桜の紅葉ふさぎ袖 和石 選集「板東太郎」
又一つ紅葉の中に小村哉 紅葉 正岡子規
友の歳時記借りれば旧姓草紅葉 中村明子
友恋し雑木紅葉の夕冷えは 広谷樵人
友招く錦木紅葉今盛り 小屋 貞子
反魂丹を焚くといちめん草紅葉 磯貝碧蹄館
取敢へず終点で降り紅葉狩り 高澤良一 寒暑
叡山を去りゆく時も紅葉冷え 星野高士
口ずさみたくなる軍歌紅葉山 鴻巣又四郎
古寺に灯のともりたる紅葉哉 紅葉 正岡子規
古暦花も紅葉も枕紙 古暦 正岡子規
古民家や人馬棲まねば紅葉燃ゆ 河野南畦 湖の森
台詞めく独語紅葉の樹下に坐し 原子公平
叱られにゆく黄泉までを草紅葉 手塚美佐
叱る目がかばつて居りぬ草紅葉 石田よし宏
史蹟説くに背くは紅葉見て立つや 久米正雄 返り花
吉備の野をここに絞りて山紅葉 富安風生
吉野川源流にして紅葉濃し 樋口 愛
吊り橋を渡りて戻る紅葉狩 荒井英子
吊榾に紅葉吹雪の嗚咽かな 阿部佑介
吊橋のずぶ濡れ紅葉の数馬峡 高澤良一 石鏡
吊橋のつなぐもみぢと紅葉山 佐野聰
吊橋をがんじからめに蔦紅葉 猿橋統流子
吊橋を拒む馬あり初紅葉 菅原鬨也
同型の楓紅葉の全しや 高澤良一 随笑
君しるや花の林を紅葉狩 几董
君知るや花のはやしを紅葉狩 キ菫 五車反古
吟行はしたしからずや草紅葉 京極杞陽
吹きさます酒や紅葉の焼き過し 黒柳召波 春泥句集
吹きはるゝきりの跡より紅葉哉 紅葉 正岡子規
吹き入りし紅葉も鳥屋の炉に燃ゆる 大橋越央子
吹き降りの紅葉筏となりかしな 鳥居おさむ
吾が影を踏めばつめたし草紅葉 角川源義
吾に優るもみぢ葉拾ひ来て見する(孫美雨) 高澤良一 石鏡
吾妻に峠十三もみぢ晴(上州野反湖途上) 上村占魚 『萩山』
吾妻に峠十三紅葉晴 上村占魚
呂と律の響き累なる紅葉滝 延平いくと
呉服座の木戸屈み入る紅葉晴 加藤耕子
味噌色に摺鉢山の紅葉哉 紅葉 正岡子規
和泉酢にひたして紅葉もろこかな 飴山實 『次の花』
哲学の話も少し紅葉狩 柏原眠雨
唐松をするする蔓の紅葉かな 山口苳川
唐紅葉わが体温と同じゆうす 阿部みどり女
噴水の根もと煙れり桜紅葉 星野恒彦
嚇つと照る紅葉や鬼女の高笑ひ 嶋田麻紀
囚人ダム工を瞰る紅葉嶺の山羊貴婦人 加藤知世子 花寂び
四五人を北へ送りぬ草紅葉 露月句集 石井露月
四十雀来啼きもみぢのふた枝ゆる 木津柳芽 白鷺抄
四山紅葉するに急なり晴又雨 渡辺左衛門
四方山の紅葉疲れを昭和びと 三橋敏雄 *シャコ
四阿に漆紅葉を配したる 後藤比奈夫 めんない千鳥
団体さん今到着の紅葉宿 高澤良一 寒暑
図書館も研究室も蔦紅葉 石野 ちづ子
国分尼寺天平の朱の草紅葉 町田しげき
国東の山々雑木紅葉かな 村上 ギン
国栖人の紙衣に漉ける紅葉濃し 宮田枝葉
土くれに二葉ながらの紅葉かな 村上鬼城
土蛙浮み紅葉手宗吾生地 香西照雄 対話
地に敷けば紅葉明りをそこに置く 汀子
地下足袋の先に挟まる草紅葉 太田土男
地震しげくなりし且散る紅葉かな 西本一都 景色
垣外より覗けと寺の紅葉かな 松根東洋城
埋火の如く紅葉の暮れ沈む 石井とし夫
城あれば戦がありぬ蔦紅葉 有馬朗人
城の影城より小さく草紅葉 成瀬正とし
城もみぢ空井戸に声捨てて来し 角田照子
城南に展けし原や草紅葉 上村占魚 鮎
城攻めの火の手あげたる櫨紅葉 上原白水
城紅葉夢に逢ふひと聲失せて 渋谷道
堂ふかく染めて向つ尾の照紅葉 原 柯城
堂塔の正しき影や草紅葉 関 圭草
堆の霜櫨はもみぢを尽しけり 麦南
堆の霜櫨はもみぢを盡くしけり 西島麥南
堰といふ水の切口初紅葉 上田五千石 琥珀
堰落つる水白々と夕紅葉 大橋櫻坡子 雨月
塀低き在郷寺や柿紅葉 紅葉 正岡子規
塀越にかつ散る紅葉暖く 石塚友二 方寸虚実
塔をうつす水の萍もみぢかな 稲垣きくの 黄 瀬
塔見ゆや小山つゞきのむら紅葉 紅葉 正岡子規
塗師の町いろどる漆紅葉かな 坂本 明子
塗師の町ここにも白膠木紅葉かな 坂本明子
塗駕の中ぞゆかしき草紅葉 比叡 野村泊月
塚ごとの由緒書へとうすもみぢ 田仲暁美
塚のかげ雑木紅葉にうつり来し 萩原麦草 麦嵐
塩原に辻馬車のこり紅葉忌 西本一都 景色
塵斗にとりし紅葉を吹きちらし 大橋櫻坡子 雨月
塵斗を置き散紅葉掃きはじむ 橋本鶏二 年輪
境内に俗家四五戸や柿紅葉 高浜虚子
墓となる石材積まる草紅葉 佐藤信子
墓買うて紅葉祭の中通る 竹村文一
壺の碑の韃靼遠し草紅葉 倉橋羊村
夏紅葉妻の名一印にて消ゆる 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
夏紅葉水を流すは喪に似たり 神尾久美子 桐の木
夕しくれ見返る山のもみち哉 紅葉 正岡子規
夕もみち女もまじるうたひ哉 紅葉 正岡子規
夕もみぢ女もまじるうたひ哉
夕佳亭紅葉の上に聳えけり 比叡 野村泊月
夕凪や磯山紅葉日を溶かす 幸田露伴 拾遺
夕山の裾に紅葉の小村かな 紅葉 正岡子規
夕山や下戸と上戸のむら紅葉 紅葉 正岡子規
夕日かげ松のあしらふ紅葉かな 水田正秀
夕日さす峠の白膠木紅葉かな 山本順子
夕日さす村の煙や散る紅葉 紅葉散る 正岡子規
夕日さす紅葉の中に小村哉 紅葉 正岡子規
夕日の蔦紅葉もつと赤い蔦紅葉かなた 安斎櫻[カイ]子
夕映か紅葉か奥の奥の山 篠田悌二郎
夕暮を余所に預けて紅葉かな 千代尼
夕月に紅葉を焚ける紅葉寺 角川春樹
夕焼けてさくらもみぢのさくらが丘 藤岡筑邨
夕煙沁みわたりたる紅葉かな 比叡 野村泊月
夕紅葉 こころ鎮めの針をもつ 平井幸子
夕紅葉とみに水音澄みわたり 鈴木花蓑句集
夕紅葉なにも雑へずかく窮る 竹中 宏
夕紅葉もの言ひやめてゐたりけり 河内静魚
夕紅葉わが曳く杖の石に鳴り 大橋櫻坡子 雨月
夕紅葉且散る僧の鼻の先 巌谷小波
夕紅葉塔には人の凭らぬかな 『定本石橋秀野句文集』
夕紅葉塔はそのまま弥陀如来 加藤燕雨
夕紅葉大砲地獄砲をうつ 大橋櫻坡子 雨月
夕紅葉寺の木魚ははげにけり 紅葉 正岡子規
夕紅葉小鬼と子どもかくれんぼ 高澤晶子
夕紅葉我が杖月のかげをひき 川端茅舎
夕紅葉柾目正しき男下駄 笹瀬節子
夕紅葉樹下は慕情の湧くところ いのうえかつこ
夕紅葉水脈しんしんと尽くるなし 純夫
夕紅葉湖水をわたる小舟かな 赤木格堂
夕紅葉異形のさまに濃かりけり 行方克己 昆虫記
夕紅葉白糸の滝はや暗く 山口青邨
夕紅葉色を失ふ時来たる 岩田由美 夏安
夕紅葉色失ふを見つつあり 高浜虚子
夕紅葉芋田楽の冷たさよ 一茶 ■文化八年辛未(四十九歳)
夕紅葉角あるものは鹿許り 紅葉 正岡子規
夕紅葉言葉渇いてしまひけり 清水浩
夕紅葉谷川つたひ牛戻る 紅葉 正岡子規
夕紅葉谷残虹の消かゝる 一茶 ■寛政年間
夕紅葉風のかたちに女寺 長谷川双魚 風形
夕紅葉飯繩に人の淋しがる 紅葉 正岡子規
夕膳に山冷えの来る紅葉かな 岡田夏生
夕雲の石門めぐる紅葉哉 紅葉 正岡子規
夕風や山鳥の尾に散る紅葉 安藤橡面坊
夕風や紅葉を散らす山鴉 臼田亞浪 定本亜浪句集
外れにも京の地息や草紅葉 島田一耕史
多宝塔山の紅葉は火たるべし 佐川広治

以上
by 575fudemakase | 2016-10-28 18:42 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26323123
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

おしくらまんじゅう の俳句
at 2017-09-25 17:12
稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54

外部リンク

記事ランキング