紅葉 その2

紅葉 その2

多賀城の紅葉しぐれにあひにけり 石原八束 空の渚
夜の塔を風音越ゆる散紅葉 水原秋櫻子
夜の山のかたちとなりぬ紅葉冷え 上村占魚 球磨
夜の瀬音棒となりをり紅葉宿 上野泰 佐介
夜の紅葉沼に燃ゆると湯を落す 角川源義
夜半かけて紅葉も果の風雨なり 阿部ひろし
夜神楽や焚火の中へちる紅葉 一茶 ■文化十二年乙亥(五十三歳)
夜語りの膝をつゝみぬ紅葉狩 大橋櫻坡子 雨月
夢に出て我が全景の紅葉狩 小泉八重子
夥しく黄なる落葉や草紅葉 小澤碧童
大いなる紅葉の真紅揺らぎをる 京極杞陽 くくたち上巻
大うるしからくれなゐに紅葉せり 上村占魚 球磨
大き渦小渦紅葉の馳せめぐる 瀧春一 菜園
大内菱の山門の幕紅葉に映ゆ 高井去私
大刈込視野の限りを紅葉せる 杉本寛
大勢にまぎれて入る紅葉山 宇多喜代子
大原の鬼にならむと紅葉酒 鈴木鷹夫 千年
大原女の紅葉映えして笑めるかに 高濱年尾 年尾句集
大和はも蹴鞠の庭に散る紅葉 渡辺恭子
大学の紅葉見守衛に会釈して(横浜市大) 高澤良一 石鏡
大寺の片戸さしけり夕紅葉 一茶
大寺や片々戸ざす夕紅葉 一茶 ■文化八年辛未(四十九歳)
大小の朱鞘はいやし紅葉狩 紅葉狩 正岡子規
大山祇おん懐の紅葉晴 加藤耕子
大山祗おん懐の紅葉晴 加藤耕子
大崩れの崖裾ひろしむら紅葉 渡辺水巴 白日
大嶺に歩み迫りぬ紅葉狩 杉田久女
大嶺に歩み迫れる紅葉狩 杉田久女
大巌が行く手を塞ぐ紅葉川 高澤良一 石鏡
大巌を這へるもの皆紅葉せり 鈴鹿野風呂 浜木綿
大方は雑木紅葉のいろは坂 佐々木咲子
大日如来岩へ火をかけ蔦紅葉 青柳志解樹
大木にしてみんなみに片紅葉 松本たかし
大木にして南(みんなみ)に片紅葉 松本たかし(1906-56)
大木にして南に片紅葉 松本たかし
大本山永源禅寺照紅葉 久保曲浦
大杉の下に一木の紅葉哉 紅葉 正岡子規
大欅夜を紅葉せり落葉せり 相馬遷子 山国
大歩危も小歩危も容れて谿もみぢ 岡田守生
大沼の島に紅葉と枯葭と 高木晴子 晴居
大沼の紅葉す天に駒ヶ岳の牙 野見山朱鳥
大津絵の鬼が手を拍つ紅葉山 桂信子 遠い橋
大海人の吉野の桜もみぢかな 秋山巳之流
大滝に至り著きけり紅葉狩 波多野爽波 鋪道の花
大瀧に至り著きけり紅葉狩 波多野爽波 『鋪道の花』
大王のごとき白鶏照紅葉 道下則子
大紅葉燃え上がらんとしつつあり 高浜虚子(1874-1959)
大紅葉燃え上らんとしつゝあり 高浜虚子
大英和辞典紅葉入れぼむと閉づ 今井聖
大銀杏紅葉一本だけの空 岩垣子鹿
大銀杏黄もみぢ炸裂弾状に 京極杞陽 くくたち上巻
大鳥居の朱へ飛び火の島もみぢ 吉村馬洗
天より紅葉もみじより飛瀑かな 森谷一波
天命を総身で知る欅もみぢ 川崎展宏
天柱山その脇山の紅葉かな 高澤良一 ももすずめ
天照大神そもそもの初紅葉 渡辺恭子
天空へ絶唱おくる大紅葉 岡井輝生
天蓋は紅葉明りや修那羅仏 後藤和朗
天誅の義士の碑訪ふや紅葉山 石川風女
天辺に蔦行きつけず紅葉せり 福田甲子雄
天辺に鳥の目が利き紅葉す 森田智子
天辺のうひ~しくぞ紅葉せる 清崎敏郎
太陽に垂れてをりけり梅紅葉 斎藤夏風
太陽の切つ先に触れ初紅葉 木暮陶句郎
夫婦滝紅葉の山にこだまして 佐藤信子
失踪す紅葉界に魅せられて 泉田秋硯
奥の院より火種来る紅葉かな 鳥居おさむ
奥伊豆の終の紅葉に追ひ付きぬ 鳥居おさむ
奥入瀬は楓紅葉ぞ桂月忌 下瀬川慧子
奥入瀬や紅葉驕らす水の量 松本進
奥利根の紅葉は早し病み還る 椎橋清翠
奥多摩のなほ奥の山照紅葉 細見綾子 黄 炎
奥山にもみぢ踏み分け偽書に入る 高橋龍
奥山紅葉めぐすりの木の在り處 小枝秀穂女
奥庭やもみぢ蹴あぐる緋の袴 紅葉 正岡子規
奥深き杉の木の間の紅葉かな 紅葉 正岡子規
奥石見人も紅葉も燃え急ぐ 友貞峯子
奥穂より霧降り圏谷の紅葉消す 福田蓼汀 秋風挽歌
奥能登の紅葉且つ散る社かな 瀧澤伊代次
奥谿に紅葉の火の手あがりけり 飯村寿美子
奥那須の捨湯溢るる紅葉川 舩山節子
女ゆかし紅葉を散らす烟草盆 紅葉 正岡子規
好きな絵の売れずにあれば草紅葉 田中裕明 花間一壺
好きな道桜紅葉の頃なれば 稲畑汀子
好事家の嵯峨野もみぢといふを見に 高澤良一 宿好
好日や紅葉見下ろすところまで 五十嵐哲也
妙義嶺のもみぢここらの草もみぢ 上村占魚 『一火』
妹と行けば漆の紅葉径に斜め 山口誓子
妻とゐて別のこゝろが紅葉恋ふ 立花一孔
妻と見るまるいまあるい紅葉山 岸田稚魚 『紅葉山』
妻待ちて杖を与へぬ紅葉狩 上林白草居
妻逝きぬ柿の一葉の紅葉して 野川 枯木
婚整ふ桜紅葉の明り取り 森岡正作
嬬恋のもみぢを好しと来し我ぞ 上村占魚 球磨
嬰児に左近の桜紅葉かな 秦泉寺洋子
子が一人まじりにぎやか紅葉狩 成瀬正とし 星月夜
子と別る白膠木の紅葉時雨はや 小林康治 四季貧窮
子にかける嘆きあきらめ初紅葉 中村汀女
子も家もはるかにすなる草紅葉 福永みち子
存分に紅葉してをり大*べし見 長谷川櫂 蓬莱
季節ただしく大学祭の丘も紅葉 岸風三楼 往来
孤悠忌の掌に反り返る散紅葉 矢島艶子
学童の会釈優しく草紅葉 杉田久女
宇治山に残る紅葉や網代守る 高濱虚子
宇治山の麓の寺のうす紅葉 比叡 野村泊月
安心や紅葉がへくそかづらにも 竹本健司
安産のママに抱かれ嬰紅葉の手 佐藤ももみ
宍道湖に入る川ばかり櫨紅葉 西本一都 景色
宗達銀杏光琳紅葉焚火あと 川端茅舎
宝塔へ伸びしひと枝初紅葉 八染藍子
実の不作柿紅葉もて償はれ 梅山香子
実を持たぬ柿紅葉して山明けぬ 長谷川三樹
実南天紅葉もして真紅なり 鈴木花蓑
実南天紅葉もして真赤也 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
室生口桜紅葉の下にバス 星野恒彦
宮島のまんぢゆうに捺す紅葉の型 細見綾子
宮島の残る紅葉に遊ばんと 高濱年尾
宮裏の一樹はおそき紅葉哉 篠原鳳作
家あれば菊あり村あれば薄紅葉 紅葉 正岡子規
家すこし牛歸る道の紅葉かな 紅葉 正岡子規
家なくてたゞに垣根や草紅葉 松瀬青々
家まばら牛歸る道の紅葉哉 紅葉 正岡子規
家やいづこ夕山紅葉人歸る 紅葉 正岡子規
家裏に空瓶透いて紅葉山 桂信子 黄 瀬
家鴨があがあ云ふなか水草紅葉せり 高澤良一 石鏡
宿おの~橋あり桜紅葉かな 久米正雄 返り花
宿の下駄鳴らして渡る渓紅葉 斎藤正仁
宿の餉にけとばしの出て紅葉季 高澤良一 ねずみのこまくら
宿下駄に草紅葉踏むところまで 山田弘子 懐
寂として御裳濯川の散紅葉 沢村芳翠
寂莫と庵結ぶや蚋の中 尾崎紅葉
寄り添ひて野鶴はくろし草紅葉 杉田久女
寄進札大寄進札照紅葉 高野素十
寒む~と黄もみぢ紅葉曇りけり 高木晴子 晴居
寒む~と黄紅葉紅葉曇りけり 高木晴子 晴子句集
寝残りてともしびかざす紅葉かな 金尾梅の門 古志の歌
寺あれば紅葉もありてむら時雨 時雨 正岡子規
寺やある夕山紅葉木魚打つ 紅葉 正岡子規
寺一軒家四五軒の紅葉かな 福田把栗
寺紅葉京の柿賣は女なり 紅葉 正岡子規
寿司を巻く無心の頭上紅葉どき 中山純子 沙羅
寿福寺の紅葉且散る木戸を押す 星野椿
寿紅葉抜きんづ夫婦松 渡辺恭子
尊がる涙や染めて散る紅葉 松尾芭蕉
小さき子の頬よせてゐる窓紅葉 高木晴子 晴居
小原女の衣ふるへばもみぢ哉 紅葉 正岡子規
小松小笹所々の櫨紅葉 寺田寅彦
小浅間の裾の紅葉の殊に濃し 瀧春一 菜園
小男鹿の水鼻ぬぐふ紅葉哉 一茶 ■文化四年丁卯(四十五歳)
小鳥呼ぶ師の口笛よ紅葉散る 小松崎爽青
尚深く住みなす家ぞ紅葉谷 中村汀女
就中休耕田の草紅葉 塩川祐子
就中大明月といふ紅葉 比叡 野村泊月
尺八の手に持ちそふるもみち哉 紅葉 正岡子規
尼が掃く穂先の濡れて渓紅葉 原裕 青垣
尼僧ゆく高野の町の夕紅葉 小原うめ女
尽大地燃ゆるがごとき散紅葉 赤星水竹居
尾根さらに尾根を岐ちて初紅葉 有働亨
尾根さらに尾根を岐つや初紅葉 有働 亨
尾花刈るひかりの中に櫨紅葉 瀧春一 菜園
居風呂に紅葉はねこむ筧哉 紅葉 正岡子規
屈み寄るほどの照りなり草紅葉 及川貞
屋根のある橋も渡りて紅葉狩 比叡 野村泊月
層雲峡岩岩紅葉黄葉して 北瀬照代
履物のとり散らかって紅葉宿 高澤良一 寒暑
山々よもみぢよ子亡きここ信濃 及川貞
山が紅葉しそめたそうな月末の机の抽斗 橋本夢道 無禮なる妻抄
山くれて紅葉の朱をうばひけり 蕪村
山ここは遅きもみぢに鳴くつぐみ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
山ざくらもみぢのときも一樹にて 茨木和生
山づとの紅葉投げけり上り口 黒柳召波 春泥句集
山に倚つて家まばらなりむら紅葉 紅葉 正岡子規
山の日は月より淡し霧紅葉 福田蓼汀 秋風挽歌
山の日をしづかに吸へり櫨紅葉 中島斌雄
山の根や里押しつけて柿紅葉 野村喜舟 小石川
山の温泉や紅葉しそめて機の音 小澤碧童 碧童句集
山の湯や紅葉を払う脱衣籠 太田小夜子
山の音明るくなりぬ櫨紅葉 古賀まり子 緑の野以後
山はくつ日のてりわける紅葉かな 紅葉 正岡子規
山はまだ知らぬ屏風の紅葉哉 乙由 (百地氏宅)
山びこす稲架の鴉にうす紅葉 飯田蛇笏 霊芝
山ふさぐこなたおもてや初紅葉 其角
山も川も谷もあらしの紅葉哉 松岡青蘿
山を出て山に入る川散紅葉 山口昭利
山上湖一枝映し紅葉かな 東洋城千句
山中の水音いそぐ紅葉かな 山崎千枝子
山丸くどうだん紅葉裾に丸し 高浜虚子
山住みの裏戸は掃かず散紅葉 馬場移公子
山内のもみぢ踏むまじ宗鑑忌 谷口智鏡
山口も紅をさしたるもみぢかな 望一
山国御陵紅葉散り敷くばかりかな 和田順子
山坊の堅き蒲団や紅葉冷 板谷芳浄
山垣にとほやまのそひ散るもみぢ 木津柳芽 白鷺抄
山墓の屯す如し草紅葉 松本たかし
山女釣れ紅葉に腹を返しけり 高澤良一 石鏡
山姫の染がら流すもみぢ哉 榎本其角
山家に灯紅葉ぐん~暮れて来し 嶋田一歩
山宿の紅葉に灯りつきにけり 関戸靖子
山寄りに町は造られ朴もみぢ 高澤良一 素抱
山寺にかばかりふかき紅葉ふむ 高橋淡路女 淡路女百句
山寺に塩こぼし行くもみちかな 紅葉もみち<木+色> 正岡子規
山寺の紅葉あらしぞこれ一会 林昌華
山寺の紅葉の日照時間かな 高澤良一 石鏡
山寺の鐘に見あくる紅葉哉 紅葉 正岡子規
山寺や懸巣啼くたび紅葉冷 古賀まり子
山寺や無縁の墓に散る紅葉 紅葉散る 正岡子規
山彦のしばしとだへし紅葉かな 杉本寛
山彦のわれを呼ぶなり夕紅葉 臼田亞浪 定本亜浪句集
山柿のまぎるゝ漆紅葉かな 小杉余子 余子句選
山桜もみぢのときも一樹にて 茨木和生 野迫川
山水のはや力抜き初紅葉 内山せつ子
山深し樫の葉の落ちる紅葉散る 散紅葉 正岡子規
山漆紅葉急なり滝の前 高澤良一 寒暑
山牛蒡一期の栄と紅葉せる 篠田悌二郎
山祇の金剛童子照紅葉 西崎白星
山祗の筆をすすぐに紅葉の湖 伊藤 敬子
山神の宝登おそろしや紅葉狩 沢木欣一
山紅葉してきはやかに誓子の碑 伊藤はつえ
山紅葉し初むる一樹々々づつ 今井千鶴子
山紅葉ひやひやするからもう帰ろ 高澤良一 石鏡
山紅葉一樹に夕日とり憑きて 橋本美代子
山紅葉且散る雨も加はりて 稲畑汀子
山紅葉仕上げの色にほど遠く 檜紀代
山紅葉手を洗ふほど繚乱に 佐藤麻績
山紅葉深まり細る広瀬川 長谷川英抄
山紅葉牛は車上に見て行けり 金箱戈止夫
山紅葉皿に映るを匙つかふ 猪俣千代子 秘 色
山紅葉盛装の帯かたく負ひ 中島斌男
山紅葉雀鴉は何処で死ぬ 津田清子
山紅葉顔紅葉大気紅葉かな 平井照敏 天上大風
山紅葉風は固まること知らず 保坂リエ
山紅葉鳥はスウィングして翔べり 高澤良一 燕音
山荘を出れば熔岩径草紅葉 藤松遊子
山菊の葉ももみぢせり柴隠れ 高田蝶衣
山裾の河原となりて草紅葉 高木晴子 晴居
山裾へ日毎退く遠紅葉 篠田悌二郎
山襞の奥まで紅葉いろは坂 小林すま
山賊のすみかを問へば鳶紅葉 蔦紅葉 正岡子規
山邃くゆくふたりゆゑもみぢ折る 悌二郎
山里や烟り斜めにうすもみぢ 闌更
山門に紅葉嵌めたる小倉山 鳥居おさむ
山門に豁と日浮ぶ紅葉かな 飯田蛇笏
山門に赫つと日浮ぶ紅葉かな 飯田蛇笏 霊芝
山門に赫と日浮ぶ紅葉かな 飯田蛇笏 山廬集
山門や紅葉散りしく甓 寺田寅彦
山雀の声して暁くる紅葉宿 山田裕理子
山霊に励まされつつ紅葉散る 雨宮抱星
山頂の櫨の紅葉を火のはじめ 矢島渚男 釆薇
山頂や忌のごとく日の楢紅葉 小島千架子
山風に染まらむ紅葉ならずとも 高澤良一 石鏡
山風やしづかにおごる櫨紅葉 五味洒蝶
山駕の空からくるやむらもみち 紅葉 正岡子規
山駕や雨さつと來る夕紅葉 紅葉 正岡子規
山鳥のしだり尾動く紅葉哉 紅葉 正岡子規
山鳥の羽音急なる草紅葉 石昌子
山麓と温度差五度の早紅葉 高澤良一 寒暑
山麓駅造花紅葉も酣に 高澤良一 随笑
岨道を横に駕舁ぐ紅葉かな 内藤鳴雪
岩々のくつがへりをる紅葉かな 石田勝彦 秋興
岩に腹つけてのぞけばもみち哉 紅葉 正岡子規
岩の上に風が置き去る紅葉かな 百済円覚
岩へ散り紅葉のなほも日を透かす 八木絵馬
岩またぎ岩くゞり紅葉見てありく 紅葉狩 正岡子規
岩小屋に紅葉時雨をやりすごし 福田蓼汀 山火
岩山や空に這ひつく蔦紅葉 蔦 正岡子規
岩座に降りつむさくらもみぢかな 伊藤いと子
岩肌に火の手かざせる草紅葉 岡田日郎
岩肌をつづるもありぬ谷紅葉 深見けん二 日月
岩苔に水のふくらみ谿紅葉 杉本艸舟
岩鼻に見上げ見下す紅葉哉 紅葉 正岡子規
峠から故郷に来し紅葉かな 稲垣暁星子
峠より来し車濡れ草紅葉 斉藤夏風
峠一つ越すたび紅葉透けてくる 島 杜桃
峠神ひこばえの先づ紅葉して 小島千架子
峠路の登るにつれて紅葉濃し 高浜年尾
峡の日にまぶたぬらして紅葉狩 太田鴻村
峡の空急ぐ紅葉の歩幅見ゆ 栗生純夫 科野路
峡深く紅葉明りのつつぬけに 宇咲冬男
峡紅葉会津芸者は性質こはく 山口青邨
峡紅葉彩濃く淡く染まりけり 大薮寿子
峯すでに麓へぼかす紅葉哉 寺田寅彦
峯紅葉日裏となりしこともよく 高濱年尾 年尾句集
峯紅葉鷹の高さのはかられず 佐野良太 樫
峰々に名はあり紅葉うつくしき 池内たけし
峰々に名はあり紅葉美しき 池内たけし
島かげの牡蠣殻みちの草紅葉 石原八束 空の渚
崖しづくしたたる萱や紅葉しぬ 飯田蛇笏 山廬集
崖下に牛のねてゐる紅葉かな 比叡 野村泊月
崖紅葉して祖谷紅葉谷づくし 原裕 青垣
嵐山の夕あかりなほうす紅葉 高濱年尾 年尾句集
嵐山の夕明りなほうす紅葉 高濱年尾
嵐山はつかにもみちそめにけり 紅葉 正岡子規
嶺かけて次第に濃ゆき紅葉かな 野村泊月
嶺紅葉こころ放てば鳥が啼き 鍵和田[ゆう]子 浮標
嶽かけて牧堤の環や樺紅葉 西本一都 景色
巌老いて滝の鋭き紅葉かな 東洋城千句
巌高し煙硝ほくち(火口)下紅葉 尺草 選集「板東太郎」
川あれば澄み三河路は紅葉どき 能村登四郎
川の水引きて音立て庭紅葉 深見けん二 日月
川一つ處々のもみぢ哉 紅葉 正岡子規
川底に日当る午後の紅葉かな 奥田杏牛
川沿ひに歩いてしこたま紅葉冷 高澤良一 寒暑
川海老や紅葉を和へる鱠の山 暮舟 選集「板東太郎」
川舟の急流のこゑ初紅葉 鈴木鷹夫 風の祭
川青く瀧白し紅葉處處 紅葉 正岡子規
巨象めく根府川石に散る紅葉 長屋せい子
巴劣守地那(パレスチナ)渦巻ク萍紅葉アリ 宮崎二健
帚月に紅葉かつ散る無欲の日 原裕
帚木の尺のもみぢも信濃かな 三田きえ子
帚目に紅葉かつ散る無欲の日 原裕 葦牙
帚草紅葉に散りし船の客 山田弘子 こぶし坂
帚草紅葉表裏のなかりけり 吉年虹二
帥の句碑は如来のすがた夕紅葉 山田眞爽子
帯解のいろはもみぢの散りにけり 古舘曹人 樹下石上
帰る家あるが淋しき草紅葉 永井龍男
帰路も亦雑木紅葉の高き山 坂本ひろし
常夏のマウイ島より紅葉見に 高澤良一 随笑
常盤木にまじりて遲き紅葉哉 紅葉 正岡子規
幕吹いて伶人見ゆる紅葉哉 紅葉 正岡子規
幕間に白膠木紅葉を活けもして 竹田小時
干すとなく乾く髪膚を紅葉山 池田澄子 たましいの話
平家の世よりぞ紅葉も湯煙も 岩崎健一
年々やあの山の端の初紅葉 村野蓼水
年ぎれの柿もこころやむら紅葉 野澤凡兆
幹たたくもみぢ遅るる楓の樹 辻田克巳
幼な子の拝みて焚ける紅葉かな 綾部仁喜 樸簡
幼な子の見て見て見ての草もみぢ 高澤良一 鳩信
幼な馴染みの山ふつくらと紅葉せり 中村苑子
幼木にして一本の紅葉す 鈴木六林男 王国
幾色の紅葉の丘に照る日あり 及川貞 夕焼
序破もなく急もなく紅葉且つ散れり 小林康治 『叢林』
底を行くよどみの紅葉うらがへり 川崎展宏
庭先はすぐ谷なして照紅葉 高濱年尾
庭石にもみぢ葉寄する夜風あり 龍男
庭石に紅葉の雨の寒きかな 増田龍雨 龍雨句集
庭紅葉霧を来し髪まづ梳かむ 莵絲子
廃校の尊徳像や照紅葉 岡田幸弘
廃線と決まりし線路草紅葉 笹原和代
廃船の竜骨白き草紅葉 行方克己 無言劇
廊下から手燭をうつすもみち哉 紅葉もみち<木+色> 正岡子規
建立の句碑に紅葉も三十瀬なる 磯野充伯
弁慶草のもみぢふはふはの朝日 金田咲子
引き返す心用意の紅葉狩 松山たかし
引算のまだ引ける数草紅葉 渡辺きよ子
弟子が来るまでのひと時紅葉焚 古賀まり子 緑の野以後
強き灯の照らすところの紅葉かな 草城
彩の奥行見せて紅葉山 竹腰朋子
影を濃く桜紅葉と川燈台 野木桃花
影持たぬ母連れあるく 草紅葉 堀部節子
径かへてふたゝび出でぬ花紅葉 長谷川かな女 雨 月
待ち居つつ庭の紅葉に惹かれつつ 京極杞陽 くくたち下巻
待つ母なし紅葉はげしき幹に寄り 神尾久美子 掌
後ト先に人声遠し柿紅葉 暁台
徒歩の人舟で来る人宿もみぢ 藤崎久を
御仏をふかく蔵して紅葉晴 今瀬剛一
御所跡に舟着場あり草紅葉 原田しずえ
御神事の美しかりし紅葉かな 清水一羊女
御詠哥や紅葉のにしき神祭 井原西鶴
御連枝の末まで秋の錦かな 紅葉 正岡子規
復路には往路の木影草紅葉 一枝伸
心臓がひとりひとりに紅葉山 川崎展宏
心臓のとっくん錦木紅葉かな 高澤良一 随笑
心落ちて冬夜を紅葉もてあそぶ 渡邊水巴 富士
心鏡に写し参らむ照もみぢ 高澤良一 宿好
心願の色あらばこの照紅葉 渡辺昭
志野織部紅葉の下の陶器市 田中由恵
忠義とは唐紅に散る紅葉 菖蒲あや
怒るやうにアメリカ楓の紅葉かな 飯野幸雄
怖ろしき青年立てり紅葉谷 斎藤愼爾 秋庭歌
思ひかへしてこの道をゆく草紅葉 鈴木貞雄
思惟仏にさくら紅葉のはじまりぬ 佐藤和子
急流の底まで紅葉敷きつめし 天野莫秋子
恋ともちがふ紅葉の岸をともにして 飯島晴子(1921-2000)
恋歌や水葉紅葉古代より 堀口みゆき
恐ろしきいはほと見れば紅葉かな 紅葉 正岡子規
恙がなくエメラルド婚紅葉宿 奥田木石
息すれば紅葉且散る信濃かな 戸恒東人
息づける燠火を運べり夕紅葉 栗生純夫 科野路
息づける紅葉に急所あるごとし 高澤良一 燕音
悲話の沼鮮血なせる紅葉とも 源鬼彦
惜しまれて逝く人美しき草紅葉 鎌田阿公
惡僧の女捉ふる紅葉かな 紅葉 正岡子規
愛しさよ大紅葉の一つ散る 谷口亜岐夫
愛染の忿怒の彩に紅葉映ゆ 嶋崎専城
憂鬱なゴリラ全山紅葉し 穴井太 天籟雑唱
憩ひつゝいつも隠岐あり紅葉狩 皆吉爽雨
憩ひ石あり草紅葉するところ 高濱年尾 年尾句集
懸巣鳴き紅葉くぐりて紅葉ちる 百合山羽公 寒雁
戎山の紅葉流るゝ小川哉 紅葉 正岡子規
我が宿のびんぼうかつら紅葉しぬ 松藤夏山 夏山句集
戦後の子紅葉のうらに赤々と 中村草田男
戦遠し小家搦めて蔦紅葉 鍵和田[ゆう]子 未来図
戸を閉ぢて紅葉はじまる湖の国 小檜山繁子
戸口なる紅葉明りや焼鳥屋 銀漢 吉岡禅寺洞
戸口まで紅葉してをる鼠捕 川崎展宏(1927-)
戸隠は花鳥道場初紅葉 西本一都
戻りくる木馬に逢ひぬ紅葉狩 五十嵐播水 播水句集
戻り路となりて俄かに紅葉冷 的場松葉
手ぐられて葡萄の紅葉うらがへし 前田普羅 飛騨紬
手に拾ふまでの紅葉の美しき 和田順子
手も足もこりゃあたまらむ紅葉冷え 高澤良一 石鏡
手も足も顔も野寺の紅葉かな 紅葉 正岡子規
手をついて子を負ひ立つや草紅葉 大橋こと枝
手を入れてみたき帚木紅葉かな 大石悦子
手を髪に雑木紅葉をくぐりたる 中田萋子
手折置し紅葉かげろふ障子哉 高井几董
手拭に紅葉打ちこむ砧かな 紅葉 正岡子規
手拭に紅葉打ち出す砧かな 紅葉 正岡子規
手水にも温泉ひきあり紅葉宿 大橋櫻坡子 雨月
打ちつけてめりこむ魚板紅葉寺 高澤良一 随笑
打返し見れば紅葉す蔦の裏 蕪村
折々は霧にもあまる紅葉かな 千代尼
折得たる紅葉扨しも横ひらき 蕪村遺稿 秋
抱えきれない紅葉無音の村がふえ 鈴木豊明
拍手を打てば且つ散る紅葉かな 中宮 喜代子
拘置所の紅葉を踏みて入る人 泉風信子
拝観といふ心にて見る紅葉 粟津松彩子
拵へたやうな紅葉やはつ氷 一茶
拾ひ上ぐ紅葉の中の艶(あで)紅葉 高澤良一 燕音
按摩機の百円切れて紅葉山 鈴木鷹夫 春の門
振り返るこの世短し初紅葉 水原春郎
振り返る浄土門より日の紅葉 甘田正翠
振袖の吹かれ売らるる菱紅葉 戸田和子
振返るこの世短し初紅葉 水原春郎
捕鳥場のすたりて栃の紅葉かな 松藤夏山 夏山句集
捨てゝある帚をひろひ紅葉掃く 三星山彦
掃くほどに言の葉紅葉ちりぢりに 中原道夫
掃く苔に又散りかゝる紅葉かな 西山泊雲 泊雲句集
掃く音も聞えて淋し夕もみぢ 蓼太 五車反古
掃音も聞えてさびし夕紅葉 蓼太
掛軸に紅葉あかりや原生家 大里幸子
採石場のみ紅葉せず海に向く 石崎素秋
掲示板に夜學の事や柿紅葉 石井露月
掻すての漆林や紅葉せり 鈴木元
揚舟の艫の下草もみぢして 高澤良一 石鏡
揺れやすきところより萍紅葉 檜 紀代
摩耶寺の残りの紅葉濃かりけり 三好かほる
擦り切れし愛に捧げん薔薇紅葉 中村史子
支笏湖になだるる熔岩や櫨紅葉 松原智津子
教会の天まで這ひて蔦紅葉 菊島 登
教会や蔦紅葉して日曜日 五十嵐播水 播水句集




散つてゆく紅葉にもある自尊心 三宅未夏
散のこる葉を春風のもみぢ哉 松岡青蘿
散はてぬもみぢもあるを冬の梅 高井几董
散りかさむ紅葉夕日につがもなし 松村蒼石 雪
散りがてに紅葉ゆれをる日ざしかな 金尾梅の門 古志の歌
散りそめて紅葉にさむし本福寺 涼菟
散りもみぢ渕を放れず渦巻ける 岸本敬子
散りやすむ紅葉行雲とどまらず 福田蓼汀 秋風挽歌
散り懸る中にぬるでの紅葉かな 左流
散り敷きて小紋のごとき紅葉かな 中川千代
散り敷ける紅葉に風の声残る 狹川 青史
散り紅葉夜は天上のきらら星 野澤節子 遠い橋
散り紅葉奈落しずめる祇王の地 千曲山人
散り紅葉松のあらしに添ひにけり 楠目橙黄子 橙圃
散り紅葉泛べる水に鳰あそぶ 春潮
散り紅葉追ふ散り紅葉島の墓 鳥居おさむ
散り行くも二度の歎きや梅紅葉 服部嵐雪
散り~てどうだん紅葉終りたり 高浜年尾
散るのみの紅葉となりぬ嵐山 日野草城
散る紅葉地吹く風に飛んでなし 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
散る紅葉夢寝の中より児の笑顔 古市絵未
散る紅葉女戒を犯す法師あり 散紅葉 正岡子規
散る紅葉散り敷くままにある配慮 稲畑汀子 春光
散る紅葉碓氷を越すに茶屋のあり 大山秋子
散る紅葉空の碧さに耐へて佇つ 小松崎爽青
散れば彩とどまれば色蔦紅葉 稲畑汀子
散紅葉いま北崖は夕あらし 豊長みのる
散紅葉ここも掃きゐる二尊院 高浜虚子
散紅葉こゝも掃き居る二尊院 高浜虚子
散紅葉しきりにて散り尽さざり 八木澤高原
散紅葉してゐる菊の障子かな 比叡 野村泊月
散紅葉とどくを待ちて渕碧し 横山房子
散紅葉ふかきところにふみ入りぬ 富安風生
散紅葉まぶし板彫曼陀羅図 高橋より子
散紅葉人工芝に落ちつかず 池田博子
散紅葉塔ほど積まれ女人寺 渡辺恭子
散紅葉妹が小鍋にかかるかな 一茶
散紅葉子の輪に入りてふと淋し 長谷川かな女 雨 月
散紅葉実盛の池染めにけり 堀口星眠
散紅葉果なき如く色重ね 稲畑汀子
散紅葉水に乗る時迷ひなし 西村和子 かりそめならず
散紅葉浅間の烟雲に溶け 小松信子
散紅葉瑕疵は生きたる証なり 仲澤輝子
散紅葉空のまほらの邃きより 石塚友二
散紅葉踏みゆくかぎり径外れず 艸地人
散紅葉雪の如くに蹴立て見る 上野泰 佐介
散紅葉鳥獣絵巻かくれなし 水原秋櫻子
散葉支へて下枝平めに紅葉かな 西山泊雲 泊雲句集
数へ唄枕の中まで紅葉して 齋藤愼爾
数十里は雲も燃けり紅葉谷 長崎-魯町 俳諧撰集「有磯海」
敷り紅葉拾うて見たれ捨てにける 臼田亞浪 定本亜浪句集
敷石に紅葉散りけり門の内 寺田寅彦
文と詩と松と紅葉とまじりたり 紅葉 正岡子規
文科の徒踊れり紅葉四方に照り 岸風三楼 往来
文箱とけば状に添たる紅葉かな 寺田寅彦
斗酒ありや日暮れて胡瓜刻む音 尾崎紅葉 紅葉句帳
断崖の深傷とみゆる蔦紅葉 源鬼彦
新聞報ず瀧の川の紅葉散ると 散紅葉 正岡子規
新藁焼く紅葉の色を磨かんと 鳥居おさむ
方々で人にであへる紅葉狩 藤後左右
方等と般若と懸る紅葉哉 紅葉 正岡子規
旅なれや妻と腕組む夕紅葉 福永鳴風
旅にして焼栗買ひぬ紅葉狩 高橋淡路女 梶の葉
旅の夜の紅葉押葉の生乾き 猪俣千代子 堆 朱
旅の肌着そろへて桜もみぢの日 鷲谷七菜子 天鼓
旅はめまい山の紅葉へ入つてゆく 神宮司茶人
旅は息吐くこと多し夕紅葉 鈴木鷹夫 春の門
旅二日雨となりたる櫨紅葉 館岡沙緻
旅人にロンドン塔の蔦紅葉 滝戸 蓮
旅人のもみちに暮れていそぎけり 紅葉 正岡子規
旅鞄傷だらけにて紅葉に酔ふ 細見綾子 黄 炎
旗は菊は人は錦のむら紅葉 菊 正岡子規
日々是好日、就中此日紅葉濃し 中野三允
日がさせば天のものなる紅葉かな 藺草慶子
日にたゞれて落ちず穢なき紅葉かな 西山泊雲 泊雲句集
日に焦げて上葉ばかりの紅葉かな 西山泊雲 泊雲句集
日に焦げて上葉許りの紅葉かな 西山泊雲
日のあたる漆紅葉や山半ば 山口花笠
日の暮の背中淋しき紅葉哉 一茶 ■享和三年癸亥(四十一歳)
日の暮れの背中淋しき紅葉かな 一茶
日の紅葉雨の紅葉と時過ぎゆく 金子潤
日の透きて燃出したる紅葉哉 幸田露伴 拾遺
日や雨や狐嫁入る村紅葉 幸田露伴 拾遺
日をこぼし紅葉こぼして桜の木 市村究一郎
日を恋ひて冬の紅葉となりにけり 後藤夜半 底紅
日光に紅葉せぬ木はなかりけり 紅葉 正岡子規
日光の空をこがすや夕紅葉 紅葉 正岡子規
日光は木さへ岩さへ紅葉哉 紅葉 正岡子規
日光は杖にする木も紅葉かな 紅葉 正岡子規
日光は紅葉を葺いて祭かな 山口青邨
日光も奥へ来過ぎぬ散紅葉 木村蕪城 一位
日帰りの渡舟に乗りて紅葉狩 椎野 房子
日当りてくれしところの紅葉濃し 加倉井秋を 午後の窓
日曜の人出となりし紅葉かな 久保田万太郎 流寓抄以後
日枝氷川紅葉に早し四十雀 籾山梓月
日表を塀崩れたる紅葉かな 紅葉 正岡子規
早咲の得手を桜の紅葉かな 内藤丈草
早生紅葉白砂育ちの繊細に 香西照雄
早紅葉の丘まで野路のきゆるまで 高木晴子 晴居
早紅葉の散りてかゝらぬ墓はなし 前田普羅 新訂普羅句集
早紅葉の松間を走り嵐山 高濱年尾 年尾句集
早紅葉も見えて廊下を渡りけり 比叡 野村泊月
早紅葉やその真清水を汲むとせん 高木晴子 花 季
早紅葉や出雲の神は地の名負ふ 河野頼人
早紅葉を配する芝の起伏かな 高木晴子 花 季
昂るは淋し紅葉も逆立も 栗林千津
昃りて紅葉一本づつになる 後藤比奈夫 花匂ひ
明るさは桜紅葉に優る君 高澤良一 石鏡
明慧忌や紅葉の枯れ葉踏み詣づ 大谷句佛
星空と濡れて一夜の紅葉山 松村蒼石 雁
春と秋とひとつに富(とみ)て竹紅葉 上島鬼貫
春もみぢ子を前にわが余命言ふ 林翔 和紙
春浅く火消したたらす紅葉かな 杉田久女
昨日より今日の色濃く紅葉山 金子寿々
時刻は同じ黄色い電車草紅葉 白沢日出緒
時雨るゝや紅葉を持たぬ寺もなし 時雨 正岡子規
時雨傘ちゞれし紅葉つけしまゝ 長谷川かな女
晝ともなれば織る機に紅葉の明りさすことよ 安斎櫻[カイ]子
晩年さながら紅葉を貪りぬ 櫂未知子 蒙古斑
晩年の景紅葉浴び黄葉焚く 小松崎爽青
晩年や滝を紅葉のさかのぼる 森田廣
晴天の水に突出し紅葉かな 原田種茅 径
晴天や水の中まで草紅葉 今瀬剛一
暁の紅葉黄葉の間に高嶺 畠中じゆん
暁は水もやすらふ草紅葉 朝倉和江
暁星や尾ノ上の雑木もみぢ散る 滝井孝作 浮寝鳥
暗きわが塩こぼれつぐ紅葉狩 徳弘純 非望
暗闇に覚めて昼見し紅葉山 川崎展宏
暫くは雑木紅葉の中を行く 高濱虚子
暮るゝ日に尾上の紅葉紛れけり 保吉
暮れぎはの紅葉を讃へ山上湖 青柳志解樹
暮れさむく紅葉に啼くや山がらす 白雄
暮れはてて紅葉宿よくきしみけり 綾部仁喜 樸簡
暮れゆけば一笛いれたし紅葉山 藤沢紗智子
暮れ早し紅葉翳してわれもひとも 林原耒井 蜩
暮れ行くや杉の林の薄紅葉 紅葉 正岡子規
暮れ際を山あかりして初紅葉 遠藤正年
暮近く一瀑かゝりぬ紅葉狩 西山泊雲 泊雲句集
曇り日や地熱の色の紅葉山 林翔
書生四五人紅葉さしたる帽子哉 紅葉狩 正岡子規
最澄はつねに意中に紅葉山 玉城一香
月に寝て夜半きく雨や紅葉宿 高野素十
月下にてもの影うごく散もみぢ 松村蒼石 雪
月出前や紅葉心に洋果を欲す 内田百間
月山の仏の径の草紅葉 菅原庄山子
月明りこだまこだまの紅葉山 川崎展宏
有珠山の断層覆ふ草もみぢ 橋本弘子
朗々とわたる紅葉の回廊ぞ 高澤良一 宿好
朝まだき紅葉の森に散る葉かな 高橋馬相 秋山越
朝明けの月の行き着く山紅葉 馬場移公子
朝紅葉はや人ごゑを得つゝあり 藤崎久を
朝霧の杉にかたよるもみち哉 紅葉 正岡子規
朝露のまだ干ぬ内の柿もみぢ 高澤良一 鳩信
期待せず来し濃紅葉でありにけり 片桐孝明
木*れん樹(もくれんじ)紅葉に思ひ出すことも 後藤比奈夫 めんない千鳥
木々の間に紅葉のいろのかたまれる 長谷川素逝 暦日
木のゆれは鹿の親子か草紅葉 遠藤比呂志
木の色の仏に紅葉明りかな 林 翔
木の間より正倉院の柿紅葉 河東碧梧桐
木曽川の中州のぬるで紅葉かな 松藤夏山 夏山句集
木曽殿の墓守るはたゞ蔦紅葉 福田たつ子
木曽馬があそぶ高原紅葉晴 伊東宏晃
木曾に入る紅葉且つ散る冠木門 島村久枝 『矢作古川』
木棉取高雄の紅葉まだ早し 棉摘 正岡子規
木道の続く限りの草紅葉 五十島典子
木道の続く限りを草紅葉 天野厚子
木陰から出て日の暮るる紅葉かな 千代尼
木隠れや鼠の小社下紅葉 水田正秀
木馬みちわたりて比古の紅葉狩 高濱年尾 年尾句集
本などは紅葉の谷に投げ棄てむ 鳥羽三郎
本ぶりになつてしまひぬ草紅葉 高木晴子 晴居
本丸や楓(かえるで)片枝紅葉して 高澤良一 素抱
本堂に兵隊泊る紅葉かな 滝井孝作 浮寝鳥
本能寺炎上漆紅葉かな 木田千女
本降りでないのが救い柿紅葉 高澤良一 石鏡
朱の鳥居くぐり且散る紅葉うけ 高木晴子 晴居
朱印めく紅葉ひとひら拾ひけり 永田豊子
朽つるまで桜紅葉は燃ゆるべし 成瀬櫻桃子 風色
朽つるまで櫻紅葉は燃ゆるべし 成瀬桜桃子
杉の上に馬ぞ見えくるむら紅葉 其角 (箱根)
杉の奥に白雲起る紅葉哉 紅葉 正岡子規
杉の木や三百年の鳶紅葉 蔦紅葉 正岡子規
杉の秀に葡萄紅葉を打ちかけし 富安風生
杉叢の幽冥昇る蔦紅葉 高澤良一 燕音
杉暗く紅葉散るなり御幸橋 散紅葉 正岡子規
杉木立中に紅葉の家居あり 紅葉 正岡子規
杉苔を埋め尽せし散紅葉 高木桂史
杖の手を右し左し紅葉坂 一丸万佐緒
杖立つるは紅葉一本を添ふ如し 栗生純夫 科野路
条約の守る湿原草紅葉 村手圭子
東方より少年の使者草紅葉 水野真由美
東野の紅葉ちりこむ藁火哉 散紅葉 正岡子規
松のぼることたやすけれ蔦紅葉 高澤良一 寒暑
松の中ひそかにもみちそめにけり 紅葉 正岡子規
松の木はあらはれにけりむら紅葉 紅葉 正岡子規
松の蔦きたならしくも紅葉哉 蔦紅葉 正岡子規
松は松楢は楢なり紅葉山 大井戸辿
松もまた色新しや山紅葉 相馬遷子 雪嶺
松二木蔦一もとのもみぢ哉 蔦紅葉 正岡子規
松山城このもかのもに櫨紅葉 川崎展宏
松島に椿多しと紅葉晴れ 沢木欣一 赤富士
松明の山上り行くもみち哉 紅葉 正岡子規
松明や紅葉ちりしく年の関 立花北枝
松杉や朱の圍垣の薄紅葉 紅葉 正岡子規
松紅葉中に暮るゝや大悲閣 紅葉 正岡子規
松陰の辞世の一基むら紅葉 古市絵未
松風のさくらもみぢを急かすなり 野沢節子
板の間に八入紅葉(やしおもみじ)の照り返し 高澤良一 石鏡
枕あるところに帰る草紅葉 中尾寿美子
林泉の起伏の奥の櫨紅葉 中野陽路
果無しの山の一つは紅葉山 加藤三七子
枝々の黒美しき夕紅葉 川崎展宏 冬
枝々を透きて日の照る紅葉かな 久保田万太郎 流寓抄以後
枝で受ける鳥の重みや櫨紅葉 高橋沐石
枝のべて水も燃えゐる紅葉かな 水原秋桜子
枝先に燃え移りたる紅葉かな 松本光生
枝濡れて葉の乾きゐる紅葉かな 京極杞陽 くくたち上巻
枯木ともしらずに蔦の紅葉哉 蔦紅葉 正岡子規
枯木中やうやく紅葉衰へぬ 高濱年尾 年尾句集
柄長鳥紅葉くぐると身を燃やす 栗生純夫 科野路
柏葉とこきまぜて焚く散り紅葉 中西蒼刀
染返す時雨時雨のもみぢ哉 時雨 正岡子規
柞紅葉ふいに男が引返す 熊谷愛子
柞紅葉神にて湯岩縦割れに 松田ひろむ
柩ゆく山坂紅葉明りかな 縄田喜笑
柳川は妻のふるさと菱紅葉 安田杜峰 『蛍草』
柳樹屯紅葉する木もなかりけり 紅葉 正岡子規
柳河の水やはらかし散紅葉 西本一都
柴漬の味ののりきし初紅葉 宮下麗葉
柿の實の三ツ四ツ柿の紅葉哉 紅葉 正岡子規
柿の葉鮨うす紅葉せる一葉かな 和田祥子
柿もみぢ明りに何ぞ云ひたくなる 高澤良一 石鏡
柿もみぢ柿に根負けして散りぬ 高澤良一 ももすずめ
柿もみぢ遠く竹割る響き哉 佳舟
柿紅葉うすく夕日のうすくさす 川島彷徨子
柿紅葉して豚の子のおとなしき 早川草一路
柿紅葉の中に錦木紅葉かな 河東碧梧桐
柿紅葉ひとひら子規の水盤に 江見悦子
柿紅葉やっぱりよかったこの径で 高澤良一 石鏡
柿紅葉マリア灯篭苔寂びぬ 水原秋桜子
柿紅葉マリア燈籠苔寂びぬ 秋櫻子
柿紅葉地に敷き天に柿赤し 松本たかし
柿紅葉山ふところを染めなせり 高浜虚子
柿紅葉御室の山は低きかな 東久世濤声
柿紅葉散華の如く降りにけり 野村喜舟 小石川
柿紅葉時を新にして照れり 米沢吾亦紅 童顔
柿紅葉栞にしたき一級品 高澤良一 石鏡
柿紅葉椎も寄り添ふ芭蕉塚 川崎慶子
柿紅葉正倉院の鵄尾遥か 野村喜舟
柿紅葉焚くけむり立ち空澄めり 水原秋櫻子
柿紅葉良寛庵のあとてらす 瀧澤伊代次
柿紅葉貼りつく天の瑠璃深し 瀧春一
柿紅葉載せ安絵本祭店 香西照雄 対話
柿紅葉遠く竹割るひびきかな 佳棠 五車反古
柿賣て淋しき柿の紅葉哉 紅葉 正岡子規
栂尾や紅葉にかゝるこぼれ酒 紅葉 正岡子規
栞とす俳聖殿の初紅葉 澤井とき子
校庭は日当る平ら紅葉山 中戸川朝人 残心
桜もみぢどっちつかずの色合にて 高澤良一 燕音
桜もみぢはら~と夕雲いそぐ 金尾梅の門 古志の歌
桜もみぢ肩のやさしき石一つ 鈴木しげを
桜枝垂れて紅葉の冬に堕ちてゆく 秋尾敏
桜紅葉しばらく照りて海暮れぬ 角川源義
桜紅葉そのまま風に燃えにけり 林誠司
桜紅葉なるべし峰に社見ゆ 河東碧梧桐
桜紅葉まぬがれ難き寺の荒れ 村田脩
桜紅葉入る日は神のうしろなる 渡邊水巴 富士
桜紅葉妻を見返りがちに行く 中山砂光子 『納沙布』
桜紅葉拾ひ妹が名灸り出す 田中水桜
桜紅葉肩の凝らない話がいい 相原左義長
桜紅葉蹤きゆくことの寧からず 永方裕子
桜紅葉車寄せなる金モール 立川京子
桜紅葉鎧直垂妙義山 片倉正博
桜紅葉鱗剥がれていくごとし 高野ムツオ 蟲の王
桜餅紅葉鏡花好み読む 野村喜舟 小石川
桟や命をからむ蔦もみぢ 翁 九 月 月別句集「韻塞」
桟橋に舟着く紅葉昃るとき 深見けん二
梅早し紅葉が谷(やつ)といふところ 高澤良一 暮津
梅紅葉天滿の屋根に鴉鳴 紅葉 正岡子規
梅紅葉濡れやすくまた舞ひやすく 斎藤夏風
梓川ヤナギもみぢの散り込む瀬 高澤良一 素抱
梓川上るにつれて紅葉濃き 比叡 野村泊月
梓川柳の並木紅葉せり 比叡 野村泊月
森の奥名残りの紅葉もゆるなり 角川源義
森ふかく冬うすもみぢ存したり 皆吉爽雨
森見ればよ火石の昔ちる紅葉 調管子 選集「板東太郎」
椎茸を大笊に干し紅葉宿 大橋越央子
椿読みの夫婦の誓ひ紅葉晴 長谷川せつ子
楓稀に漆多くは紅葉す 福田把栗
楢もみぢ支へ愚直の幹高し 玉木春夫
楢もみぢ蓑乾き行く山表 存亜
楢紅葉一路在所の秋に入る 中山白峰
榻一つどうだん紅葉一本かな 後藤夜半 底紅
樋の口や流れもあへぬ楢紅葉 巌谷小波
横たへて紅葉あかりの琴二面 喜子
横笛をおもひ染めたる色もみぢ 高澤良一 宿好
横雲のすき間こほるゝもみち哉 紅葉 正岡子規
樫多く紅葉稀なり山深み 紅葉 正岡子規
樫鳥や暮際燃ゆる櫨紅葉 堀口星眠 営巣期
樹から樹へ渡す紅葉や山葡萄 寺田寅彦
樹の命冷やかにして紅葉かな 長谷川櫂
樹より樹へ飛び火のごとき蔓紅葉 橋本榮治 麦生
橋に垣して行かせぬ谷の紅葉かな 比叡 野村泊月
橋一つ樵夫の通ふ紅葉かな 紅葉 正岡子規
橋渡る紅葉散り敷く夢窓忌よ 若松 明
橋立の松を岬に草紅葉 加藤憲曠
橋赤く谷川青し薄もみち 紅葉 正岡子規
橋高し紅葉を埋む雨の雲 樗良
機関車のしろき蒸気や草紅葉 田中冬二 俳句拾遺
檀紅葉旧宿場町半ば墓地 松崎鉄之介
櫨の木の霧にちょっぴりもみぢして 高澤良一 鳩信
櫨もみぢ神の手すさび隔てなく 角川 照子
櫨紅葉おのが情をもてあまし 檜 紀代
櫨紅葉かの伴天連の血と燃ゆる 成瀬桜桃子 風色
櫨紅葉ただうとうととねむりたし 加藤楸邨
櫨紅葉にも燃ゆる色沈む色 稲畑汀子 汀子第二句集
櫨紅葉ひたすら濃ゆく国たたふ 五十嵐播水 埠頭
櫨紅葉まつすぐなまで赤であり 岸本マチ子
櫨紅葉よと指されつつ窯の脇 永井龍男
櫨紅葉一と枝に耕馬つながるる 瀧春一 菜園
櫨紅葉一艇ダムに揚げしまま 堀葦男
櫨紅葉人嫌ふ日も恋ふる日も 田中ひろし
櫨紅葉伊賀路に入つて殊に著し 鈴鹿野風呂 浜木綿
櫨紅葉刈田の中に小き沼 寺田寅彦
櫨紅葉十(とを)を数えて湯壺出づ 高澤良一 寒暑
櫨紅葉口あきて鯉ずんどうなり(白沙村莊) 殿村菟絲子 『旅雁』
櫨紅葉古刹を守りて仁王立ち 武田和郎
櫨紅葉尾花の中に枝わかれ 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
櫨紅葉屋号残せる蝋の蔵 上原白水
櫨紅葉柿紅葉里の夕榮す 紅葉 正岡子規
櫨紅葉死後こそ氷し山の窪 殿村菟絲子
櫨紅葉死後こそ永し山の窪 殿村莵絲子
櫨紅葉汽車に煙のありしこと 関口恭代
櫨紅葉熔岩原わづかなれど暮色 加倉井秋を 午後の窓
櫨紅葉牛は墓標につながれて 石原八束
櫨紅葉牧のあめ牛みごもれる 内藤吐天
櫨紅葉白目の牛が山下りる 小池弘子
櫨紅葉稲刈る人に日々赤し 高浜虚子
櫨紅葉稲刈る人日々赤し 高浜虚子
櫨紅葉築山に日の移りたる 山口 重
櫨紅葉見てゐるうちに紅を増す 山口誓子
櫨紅葉越しに原爆ドーム見る 稲畑汀子
櫨紅葉足るを知りたる彩ならむ 林 享子
櫨紅葉農夫に没日とゞまれる 赤尾兜子
櫨紅葉酒呑童子を祭りけり 土田祈久男
櫨紅葉鬼女洞窟を荘厳す 町田しげき
櫻にもまさる紅葉の小春かな 小春 正岡子規
櫻もみぢ一片文(あや)の閼伽水に 高澤良一 随笑
欅もみぢの下ゆき白鳳仏にあふ 柴田白葉女 花寂び 以後
欅紅葉の明るく寒き内側をわがあふぎたり根方に立ちて 長澤一作
欠け~て蔦のもみぢ葉つひになし 風生
歎異抄どこを開けても紅葉山 上高原ひ郎
歓迎の色惜みなき紅葉あり 吉年虹二
正造の墓所の箒目紅葉降る 高田貴子
正面に久住の山や照紅葉 大塚 華恵
此處はかり夕日の殘る紅葉哉 紅葉 正岡子規
武士の紅葉にこりず女とは 秋色 俳諧撰集玉藻集
武者一騎夕山こゆる紅葉哉 紅葉 正岡子規
武蔵野の櫟もみぢは冬も濃し 高浜年尾
武蔵野の雑木紅葉に木戸を置き 岡安迷子
歩くときとっても無心草紅葉 遠藤秀子
死はかねて桜紅葉のうしろより 手塚美佐 昔の香
死を思ふ日や曼陀羅の紅葉晴 小熊一人 『珊瑚礁』
殉教の野の草紅葉おのづから 朝倉和江
殊に濃き鎌倉もみぢ終の日に(相沢綾女さまを悼む二句) 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
残る日のひと日の紅葉父母のため 甲斐すず江
残夢して欅もみぢの散るひかり 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
残照に紅葉重ねて古戦場 植村可南
残照の紅葉一天裏石廊 古舘曹人 能登の蛙
段葛さくら紅葉の明るさに 柏原眠雨
母が焚く紅葉のけふは桜かな 古賀まり子 緑の野以後
母の寝所より始まれり草紅葉 宗田安正
母ひとり飛行している紅葉濃し 杉本雷造
母捨てたき思ひの紅葉山にゐる 山尾玉藻
母撮るに紅葉のどの枝重ねしや 諸角せつ子
母樹林の紅葉最も濃かりけり 西本一都 景色
母病みて桜紅葉の遠き嶺 原裕 青垣
母病むやコップの中に紅葉入れ 皆吉司
毎日が去る日ばかりや散紅葉 百合山羽公
毘沙門沼四方の紅葉を写したる 井早雪子
毛氈を敷けば雨降る紅葉かな 野村喜舟 小石川
毛皮著し湯女の案内や紅葉狩 大橋櫻坡子 雨月
水かけて道の夜寒に紅葉売る 右城暮石 声と声
水に嗽ぎ湯に枕して紅葉かな 河東碧梧桐
水に描くやまと言の葉ちりもみぢ 向田貴子
水に浮く紅葉に雨の来てをりぬ 藤田あけ烏
水のなき湖を囲へる山紅葉 深谷雄大
水の広場石の広場や紅葉敷く 中戸川朝人
水の精の余勢と見ゆる水草紅葉 磯貝祐子
水の面に桜紅葉の心ばえ 高澤良一 鳩信
水の飛騨紅葉身心のごと落ちる 金子兜太
水もまた燃ゆるものとし櫨紅葉 桑田青虎
水もまた燃ゆる彩とし櫨紅葉 桑田青虎
水よりや染けん岸のした紅葉 松岡青蘿
水上や紅葉に落ちるちろりの滝 味鶴 選集「板東太郎」
水分の神へ火走る蔦紅葉 岸原清行
水勢を火急と見たり櫨紅葉 上田五千石
水垢離に刀匠籠る草もみぢ 杉山恵子
水害の草紅葉より尿赤し 近藤一鴻
水底にたむろしてなお照紅葉 小宅容義
水底も紅葉を急ぐ桂郎忌 神蔵器
水影をゆらりと置きし初紅葉 深見けん二
水絵具溶けば匂へり草紅葉 村田白峯
水草にはじまる園の紅葉かな 片山由美子 天弓
水草の紅葉明日より人妻に 望月一美
水草紅葉叩き殖えゆく雨水輪 高澤良一 暮津
水草紅葉堀千年の思惟ふかむ 鍵和田[ゆう]子
水草紅葉広瀬となりて川やさし 山田みづえ
水草紅葉朝日に溶けてしまいそう 赤田 道

以上
by 575fudemakase | 2016-10-28 18:45 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26323128
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング