紅葉 その3

紅葉 その3

水草紅葉沼のいろはにほへとかな 山田みづえ
水草紅葉言葉はそこに置きざりに 山田みづえ
水草紅葉言葉はそこへ置きざりに 山田みづえ
水路閣仰げば紅葉且つ散りぬ 轡田幸子
水踏んでひびく紅葉のひつじぐさ 福永耕二
水車まわる谿の紅葉がよく見えて 和知喜八 同齢
水車場へ道は平らや草紅葉 高浜虚子
水迅き疎水へ紅葉しぐれかな 槙尾登代子
水際なる蘆の一葉も紅葉せり 高濱虚子
水霜のとけゆく色の草紅葉 五十崎古郷句集
水青く石白く両岸の紅葉哉 正岡子規
水青く石白く兩岸の紅葉哉 紅葉 正岡子規
水音と即かず離れず紅葉狩 後藤比奈夫 祇園守
水音に追はるる漆紅葉かな 小島千架子
水鼻にくさめなりけり菊紅葉 其角 九 月 月別句集「韻塞」
氷河の貌見つつ紅葉くぐりゆく 伊藤敬子
氷河照る*やくの牧場の草紅葉 白井眞貫
永観堂早紅葉(さもみじ)雨に色づけり 高澤良一 宿好
汝なき桜紅葉に還りける 加藤楸邨
江戸知らぬ鏡花でありぬ紅葉忌 加藤郁乎 江戸桜
池の辺のことに錦木紅葉かな 山崎ひさを
池の鴨さくらもみぢの梢越し 瀧井孝作
池またぐ橋反りゆるく紅葉雨 加藤水万
決戦場設楽ヶ原も草紅葉 飯塚田鶴子
汽罐車に水を補給し紅葉山 大高弘達
汽車の窓折々うつる紅葉哉 紅葉 正岡子規
汽車はひく余生のけむり紅葉狩 百合山羽公
沈みたる紅葉の上を冬の川 野澤節子 遠い橋
沖は漁火降る雨の灯に崖もみぢ 及川貞 榧の實
沙羅もみぢ子負ひ羅漢の子は寝落つ 平井さち子 紅き栞
沙羅紅葉来世明るしとぞ思ふ 後藤比奈夫
沢菴をやらじと門の紅葉ちる 高井几董
河の紅葉ふみ分て鳴かじか哉 井原西鶴
河内から大和へ出でぬ柿紅葉 紅葉 正岡子規
油引や紙のまにまに紅葉傘 井原西鶴
油瀝青(アブラチャン)紅葉づる日原街道ゆく 高澤良一 石鏡
沼の舟下りて坐りし草紅葉 高野冨士子
沼は青き色のみを吸ひ紅葉中 加藤瑠璃子
沼紅葉躬を堅くする風が立ち 鍵和田[ゆう]子 未来図
沼舟の水尾よせ濡るる草紅葉 福田蓼汀 秋風挽歌
法然に酒(ささ)ゆるされて紅葉湯に 緒方敬
法要につぐ観劇のもみぢ狩 飯田蛇笏 雪峡
波郷に立つ武蔵野の欅その紅葉 相馬遷子 雪嶺
波郷忌の紅葉明りの中にあり 渡邊千枝子
洒落ていへば紅葉かつ散る齢にて 川崎展宏 冬
洞口やことに漆の早紅葉 鈴鹿野風呂 浜木綿
洲の砂礫紫帯びぬ谿紅葉 香西照雄 素心
流れにははじまつてをり散紅葉 藤崎久を
流れには憩ひ濃紅葉には歩く 藤崎久を
流動食の母へ深裂散紅葉 宇佐美魚目 秋収冬蔵
流材に紅葉とぼしき双の岸 竹下しづの女 [はやて]
流水鳴る闇出て紅葉かざされて 香西照雄 素心
浅沓の置かれて桜もみぢ降る 松本旭
浮紅葉宿に荷物を置いて来て 岩淵喜代子 朝の椅子
浮腰となりし烏や柿紅葉 皿井旭川
海ながれ櫨紅葉など島照らす 池山美保子
海の晴れ飛びつく漆紅葉かな 蓬田紀枝子
海へ継ぐ野の沖までも草紅葉 淺野岳詩
海までの砂の起き伏し草紅葉 高井北杜
海まろし空まろし踏む草もみぢ 赤松[けい]子 白毫
海光の山門を入り初紅葉 梶山千鶴子
海坂藩城下図張りて紅葉宿 金原英子
海賊の崇めし杜の紅葉かな 柚山 環
海路遠見の羅漢の前後 柿紅葉 伊丹公子 沿海
消炭の貧しき笊に散り紅葉 遠藤梧逸
涼しさや風の色さす梅もみぢ 野坡
淋し母に拾ひ子もがな蔦紅葉 長谷川かな女 雨 月
淡墨の桜紅葉の雨雫 茨木和生
深吉野の紅葉あくまで水に添ふ 海老根紫西
深吉野の紅葉かつ散る下校かな 山本洋子
深寝して綿木紅葉きはまりぬ 加藤三七子
深寝して錦木紅葉きはまりぬ 加藤三七子
深耶馬の空は瑠璃なり紅葉狩 杉田久女
淳仁帝に仕ふる雑木紅葉かな 川崎展宏
混血幼児みな昼寝して照紅葉 及川貞 榧の實
添水樋に沈む紅葉の鋭さよ 細見綾子 桃は八重
清姫の恋に燃えつき櫨紅葉 林 博子
清水の早紅葉の辺の茶店かな 高濱年尾 年尾句集
清水寺攻めのぼりたる紅葉かな 三嶋隆英
清滝へかはらけ投げて紅葉狩 安藤衛門
清滝や紅葉がくれに崩れ簗 比叡 野村泊月
清盛が金扁光る紅葉哉 幸田露伴 谷中集
渉る水はつめたし草紅葉 五十嵐播水 埠頭
渋柿はおのが手染めか村紅葉 宗鑑
渋柿も紅葉しにけり朝寝坊 一茶
渋滞の天まで続く紅葉狩 三宅 桂
渓に下りし人戻り来る紅葉かな 長谷川零余子
渓に紅葉降り座せる石立てる石 豊田晃
渓の空かくさふ楓紅葉あり 瀧春一 菜園
渓はしる水取り入れて紅葉茶屋(京都・大原路) 河野南畦 『空の貌』
渓水に終止符はなし初紅葉 柴田いさを
渓深く下りゆくことも紅葉狩 田上一蕉子
渓紅葉日月早くなりにけり 村山砂田男
渓紅葉木だまと話す童あり 米沢吾亦紅 童顔
渓紅葉真紅の妻のふり返る 落合水尾
渓紅葉真紅の妻の振りかへる 落合水尾
温泉けむりの伊豆の伊東の紅葉狩 滝 佳杖
湖に星墜ちて紅葉の一葉浮く 八木三日女 落葉期
湖の波寄せて音なし草紅葉 深見けん二
湖をとりまく山の紅葉かな 紅葉 正岡子規
湖畔亭紅葉そこそこ客そこそこ(檜原湖) 高澤良一 石鏡
湧き水の音遠近に散紅葉 下間ノリ
湧く歓語紅葉前線追う旅で 楠本憲吉
湯けむりに柞もみぢの薄れける 今井千鶴子
湯の中に見ゆる体や草紅葉 岸本尚毅 舜
湯の町のけだるさ残り朝紅葉 今田述
湯の神の顔さがしをる大紅葉 宇佐美魚目
湯の縁に眼鏡を置いて紅葉山 鈴木鷹夫 風の祭
湯の谿に葡萄紅葉の下に鳴る 木村蕪城 一位
湯の谿は葡萄紅葉の下に鳴る 木村蕪城
湯ぼてりを身の賑はひに草紅葉 山田諒子
湯地獄の叫喚背山紅葉濃く 下村ひろし 西陲集
湯壺へ颯と紅葉颪といふべかり 高澤良一 寒暑
湯女暗し紅葉の下の径に遇ふ 普羅
湯煙の紅葉になびき消えてゆく 上村占魚 球磨
湯煙の雑木紅葉を貫きし 林 糺苑
湯葉の帯解く汁椀や紅葉冷え 嶋田麻紀
満天星が受け止め四、五枚柿紅葉 高澤良一 石鏡
満天星の毬のもつとも紅葉濃し 川崎栗堂
満天星の紅葉の上の此日暮る 田村木国
満天星の紅葉眼下にケーブルカー 初村迪子
満天星紅葉地に硬質の水流れ 若泉真樹
満山の尾花が中の紅葉かな 大谷句佛 我は我
満山夕日紅葉抵抗しつつ散る 荻原井泉水
満月をかかげ昼見し紅葉山 秋山幹生
源氏画の車もかもな夕紅葉 紅葉 正岡子規
滑らかな鳥語頭上に紅葉狩 皆川盤水
滝の中つと流れ落つ紅葉あり たかし
滝の前漆紅葉のひるがへり 中谷朔風
滝の空雲飄々とうすもみぢ 正円青灯
滝もあしゆら紅葉も阿修羅みちのくは 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
滝もみぢ髪つくろひて撮られけり 冨田 確
滝不動水にうつして初紅葉 安部 トシ子
滝川の淵しづかなる紅葉かな 高橋淡路女 梶の葉
滝涸れて気違ひ照りの紅葉哉 中川宋淵 詩龕
滝紅葉水は激しく睦みあふ 鈴木貞雄
滝見して身の流さるる紅葉谷 手塚美佐
滝見茶屋ざっくばらんな紅葉かな 高澤良一 石鏡
滝道や火の粉のごとく紅葉散る 藤田露紅
滝飛沫かかりて崖の照紅葉 五十嵐波津子
滿山の紅葉一條の流れ哉 紅葉 正岡子規
漆紅葉一葉にをれば唇のごと 角川源義
漆紅葉水なにかはと燃えうつる 篠田悌二郎
漆色に似せてぬるでの紅葉哉 大村由己
潮しぶき島は紅葉づる木々を得ず 増田河郎子
潮まぶし桜もみぢが散り残り 永井龍男
澁柿や高尾の紅葉猶早し 柿 正岡子規
澁鮎のさりとて紅葉にもならず 錆鮎 正岡子規
激流に紅葉且つ散る三島の忌 伴 真澄
濃く淡くひるがへりつつ蔦紅葉 阿波野青畝
濃尾バス尻を振り振りもみぢ山 高澤良一 素抱
濃淡の紅葉の奥を秘境とす 柴田白陽
濃紅葉と戦ふごとくうちむかふ 風生
濃紅葉のほとりなりせば煙濃し 後藤夜半 底紅
濃紅葉のまはりをなにか立ちのぼる 上村占魚 球磨
濃紅葉の下にふたたび三たび逢ふ 後藤夜半 底紅
濃紅葉の憑いたる眼もてあます 川崎展宏
濃紅葉の流れとぶなり鳥屋障子 松本たかし
濃紅葉の隙を煙草の輪は天へ 福田蓼汀 山火
濃紅葉もよけれど雑木紅葉かな 星野立子
濃紅葉も昨日となりし一葉忌 川崎展宏
濃紅葉や湯舟に女身透きとほる 板谷芳浄
濃紅葉や生きてゐしかば刻の中 岡本眸
濃紅葉や竜胆いろの嶽の肌 西本一都
濯ぎ女に萍紅葉しはじめぬ 加藤三七子
瀧つ瀬は滾りて白き紅葉川 川崎展宏
瀧一縷紅葉もろとも凍りけり 和田 祥子
瀬の音に紅葉且つ散る休め窯 西村秋子
瀬波出す紅葉カードを配るごと 中戸川朝人 星辰
火ともせはずんぶり暮るゝ紅葉哉 紅葉 正岡子規
火ともせばずんぶり暮るる紅葉哉 正岡子規
火の匂ひして紅葉村夕餉どき 友永佳津朗
火の山の片かげりして夕紅葉 瀧春一 菜園
火の山を駆け登らむと蔦紅葉 北 光星
火の島の雑木の紅葉斧摶たれ 村上冬燕
火の神の業放たれて大紅葉 藤井冨美子
火の紅葉散るまでは家空けずをり 馬場移公子
火をかけし桜紅葉の焔見ゆ 萩原麦草 麦嵐
火山灰の畑いちごは冬を艶もみぢ 及川貞 榧の實
火燵深く居て軒一枝の垂れ紅葉 西山泊雲 泊雲句集
火縄銃紋章をもつ紅葉晴 中戸川朝人 尋声
火縄銃観てより総身紅葉冷え 加藤三陽
火薬庫ある奥山かけて紅葉はげし 宮津昭彦
灯がひとつ紙漉く谷の夕紅葉 栗田やすし
灯ともしの顔に灯うつる紅葉かな 紅葉 正岡子規
灰皿の白き嵐気や初紅葉 中島月笠 月笠句集
灸一点紅葉の濃さに怺へたり 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
炉に焼きてけぶりを握る紅葉かな 蕪村
炒り卵食べて紅葉の山へかな 正木ゆう子 悠
烈風に松毬飛ぶや蔦紅葉 相島虚吼
烏城桜もみぢに雨しとど 中島八起
焚髪の茫煙か紅葉美女の屍に 内田百間
無人島みづからのため草紅葉 津田清子
無線もて後尾と交信紅葉狩 高澤良一 石鏡
焼岳のけふ近く見ゆ草紅葉 山田千代 『淡墨』
焼餅の窓のけぶりや梅紅葉 成美
煙たつ軒にふすぼるもみち哉 紅葉 正岡子規
煙立つ紅葉の中の小村かな 紅葉 正岡子規
照もみぢ且散る巌根みづきけり 西島麥南
照る紅葉ここより利根の蒼まさる 河合凱夫 藤の実
照る紅葉磴上りきる母傘寿 関森勝夫
照紅葉あづまをとこを迎へたる 山田弘子 懐
照紅葉さきほど時雨したりとか 阿波野青畝
照紅葉ひたすら山を支へけり 雨宮抱星
照紅葉且つ散る岩根みづきけり 西島麦南
照紅葉囮に水をつかはする 瀧 春一
照紅葉庭師無口をおしとほす 土屋孝子
照紅葉廃坑すでに鬼哭なし 宮脇白夜
照紅葉焚火跡ある瀞の岩 三原清暁
照紅葉生家は母の残るのみ い 若園真義
照紅葉確かにありぬ魚の道 松井国央
照紅葉谷に谺の美辞麗句 高橋綾子
照紅葉野点の席はいづこかや 森草風
照紅葉障子閉めても開きても 中嶋秀子
照紅葉風の祓ひし鏡池 関森勝夫
熊笹月夜仰げば紅葉月夜とも 岡田日郎
熱き湯に浸かりながらの紅葉冷 森田峠 避暑散歩
燃えたらぬ桜紅葉よ波郷の忌 白澤良子
燃えて燃えて紅葉失ふもの多し 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
燃え残りゐたる紅葉にほと焔 星野立子
燃え殘る伽藍のあとの紅葉かな 紅葉 正岡子規
燃え競ふ二つの竃紅葉狩 福田蓼汀 山火
爐にくべて紅葉を焚けば鹿の聲 鹿 正岡子規
爐に燒てけふりを握る紅葉哉 蕪村 冬之部 ■ 人人高尾の山ぶみして一枝の丹楓を贈れれり、頃ハ神無月十日まり、老葉霜にたえず、やがてはらはらと打ちりたる、ことにあハれふかし
父と見し紅葉ぞしるき鬼面川 川崎展宏
父と見し紅葉の極み鬼面川 川崎展宏
父戻るかも紅葉のどまんなか 河村正浩
父母の墓ありて紅葉の山親し 加々美鏡水
片壁に朝の来てゐる蔦紅葉 細川子生
片時雨紅葉の山を消しゆけり 島谷磨紗子
片紅葉しぐれけぶりに鷹ヶ峰 野沢節子
牛ぞ鳴く紅葉踏み分け中の僑 椎本才麿
牛の子を追ひ追ひはいるもみち哉 紅葉 正岡子規
牛まれに茶道をかくす紅葉かな 服部嵐雪
牛小屋の留守に鹿鳴く紅葉哉 紅葉 正岡子規
牛飼のわらべがかざす紅葉かな 村上鬼城
牛飼の子供の素足草紅葉 山本洋子
牛高く売れて紅葉の照り返し 松本勇二
牧場の桜紅葉に沿うて径 高濱年尾 年尾句集
犬が水舐める音かも草紅葉 中田剛 珠樹以後
犬吠えて故郷荒れぬ柿紅葉 紅葉 正岡子規
犬吼て家に人なし蔦紅葉 千代女
狂言の笑ひは止まず村紅葉 塚田フサ子
狐舎の径白膠木の紅葉赫と燃ゆ 水原秋桜子
狗ひん吐息して峡のみ山にさもみぢす 日夏耿之介 婆羅門俳諧
狩りくらす靱の底の紅葉哉 紅葉 正岡子規
独特の板谷楓もみぢの明るさで 高澤良一 さざなみやつこ
猩猩も来てゐる雑木紅葉かな 九鬼あきゑ
猫そこにゐて耳動く草紅葉 高浜虚子
猫の眼に紅葉は見えずうづくまり 川崎展宏
猫はいつも罪ある如き歩み草紅葉する 安斎櫻[カイ]子
猫ゆきしあと風まろび草紅葉 茂恵一郎
猿引の家はもみちとなりにけり 紅葉 正岡子規
猿引の家はもみぢとなりにけり 正岡子規
玄室に臥て堪へがたきまで紅葉 竹中宏
玄界に本の栞の紅葉飛ぶ 福田蓼汀 山火
玄関に竹の手摺や散る紅葉 比叡 野村泊月
玉川や蛇籠を這へる蔦紅葉 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
玉川や蛇蕊を這へる蔦紅葉 鈴木花蓑句集
珈琲の匙ひんやりと初紅葉 務中昌己
現れつぎし川瀬が紅葉せかせたる(十和田湖二句) 河野南畦 『風の岬』
現世より身を乗り出しぬ紅葉酒 山口 剛
琥珀には蟻氷には紅葉かな 黒柳召波 春泥句集
琴は六段七瀬八峰の紅葉どき 文挟夫佐恵
瑠璃沼の瑠璃深めたる照紅葉 鎌田 茂
瑠璃鳥の瑠璃隠れたる紅葉かな 原石鼎
甘橿の丘の雑木のもみぢかな 山口青邨
生きのびて西へ西へと紅葉狩 藤原月彦
生きる張り路傍の草も紅葉して 鈴木真砂女 夕螢
生き抜きし昭和がこころ紅葉酒 時野穂邨
生垣をつづる満天星紅葉かな 山田梅屋
生死のそと側にゐて紅葉狩 鈴木鷹夫 渚通り
産ごゑと紅葉の香と明け白む 廣瀬町子
産土の主の欅も紅葉せり 高澤良一 燕音
田は乾らびぐるりの丘の紅葉せり 瀧春一 菜園
甲冑の手は膝にあり初紅葉 早野和子
甲斐訪へば紅葉嵐の善光寺 林 昌華
町ありく樵夫の髪にもみち哉 紅葉 正岡子規
町へ來て紅葉ふるふや奈良の鹿 鹿 正岡子規
町へ来て紅葉ふるふや奈良の鹿 正岡子規
町内の紅葉処を一巡り 高澤良一 随笑
町庭のこゝろに足るやうす紅葉 炭 太祇 太祇句選
畠から畠へ櫨のもみぢかな 吾友
畦ゆけり茅萱紅葉をふみて立てり 軽部烏帽子 [しどみ]の花
病めりけり紅葉縅の那須野の速日 高柳重信
病牀ノ財布モ秋ノ錦カナ 紅葉 正岡子規
痩村と思ひの外の紅葉哉 紅葉 正岡子規
登りくる人を見て居り紅葉茶屋 野村泊月
白く候(そろ)紅葉の外は奈良の町 上島鬼貫
白壁をキャンバスにして蔦紅葉 大澄利江
白川も黒谷もみなもみぢかな 嵐山 五車反古
白樺に火巻きのぼるや蔦紅葉 岡田日郎
白樺に火巻きのぼれる蔦紅葉 岡田日郎
白樺に絡みし蔦の照紅葉 五十島典子
白樺の火巻きのぼれる蔦紅葉 岡田日郎
白樺の裸身紅葉の天に照る 中島斌男
白河の關を染めけり夕紅葉 紅葉 正岡子規
白河も黒谷も皆もみぢかな 嵐山
白瀧の二筋かゝる紅葉かな 紅葉 正岡子規
白猫の通りぬけする庭紅葉 川崎展宏
白雲の上に岩あり蔦紅葉 蔦紅葉 正岡子規
白雲の流転の尾根に紅葉濡れ 岡田日郎
白雲や三千丈の蔦紅葉 蔦紅葉 正岡子規
白雲紅葉ともし火見えて日暮れたり 紅葉 正岡子規
白髪の婆々三人の紅葉狩 佐川広治
白魚に紅葉交りてゐたりけり 沢木欣一 遍歴
白鷺の泥にふみこむもみち哉 紅葉 正岡子規
百地蔵見て頭重りや紅葉冷え 鍵和田[ゆう]子 未来図
百日祭来て萍も紅葉せり 能村登四郎 天上華
百本の色を違へて照紅葉 榎本栄子
百膳の庫裡にととのふ紅葉かな 平田笙子
盃を止めよ紅葉の散ることよ 高野素十
盛岡は桜紅葉もよかつつろ 浅井啼魚
目に浮かむひかり一粒紅葉映ゆ 仁科文男
目の下やおよそ紅葉の十箇村 紅葉 正岡子規
目もあやに紅葉ちりかゝる舞の袖 散紅葉 正岡子規
目をさませ後しらぬ世の紅葉狩 上島鬼貫
目をつむるとき百雷の谿紅葉 橋石 和栲
目をひらけそしてこの草紅葉を見よ 京極杞陽 くくたち上巻
目法楽して紅葉みち佛みち 伊藤白潮
目立ちしは皆櫨紅葉ならぬなし 高浜年尾
目薬を注し紅葉山覚ましけり 佐川広治
相並び削らるる山紅葉山 宗像夕野火
眞帆片帆小島小島の紅葉哉 紅葉 正岡子規
眞青なる紅葉の端の薄紅葉 高浜虚子
眞黒に釣鐘暮れるもみち哉 紅葉 正岡子規
真砂までてりしく園の紅葉哉 松岡青蘿
真神落としといふ断崖の草紅葉 夏石番矢
真金吹く丹生の真赭な草紅葉 冨山俊雄
真青なる紅葉の端の薄紅葉 高浜虚子
眠れねばからくれなゐの谿紅葉 野澤節子 『駿河蘭』
眠れば部屋へ夜の紅葉の大きな手 高野ムツオ 陽炎の家
眠蔵(めんぞう)のあからさまなる紅葉かな 広瀬惟然
眦が痛し紅葉の湖照りに 皆川白陀
眼ほそめて日ざせる紅葉打仰ぎ 鈴鹿野風呂 浜木綿
眼りある坂を登りぬ紅葉もみじ 池田澄子
眼鏡ふかく日の射し桜紅葉かな 河合照子
睡蓮の一葉二葉のもみぢかな 菊地まさを
瞬くはをみなの若さ初紅葉 鈴木鷹夫
瞳閉ぢ紅葉一葉を記憶せり 戸松九里
知事の客たりしひととき照紅葉 赤松[ケイ]子
石の上に石鹸乾く草紅葉 小澤克己
石まろく僧の墓なり草紅葉 今泉貞鳳
石位寺脇街道の草紅葉 永川絢子
石叩紅葉の下に現れし 比叡 野村泊月
石垣を二手に蔦の紅葉かな 島谷征良
石塀は桃水生家蔦紅葉 文挾夫佐恵
石壇や一つ一つに散もみち 散紅葉 正岡子規
石山の石をいのちの蔦紅葉 野澤節子
石庭の練塀ひくき初紅葉 中塚黙史
石柱の彫にささりて紅葉濃し 中戸川朝人
石灰岩映えし紅葉や帝釈峡 三田村母屋
石炭の尽きし山々紅葉せる 山口誓子
石積めば仏が宿る草紅葉 桑田和子
石臼を飛石にして草紅葉 長谷川櫂 蓬莱
石鎚の北壁にして紅葉づれる 松本博之
石門に雲の宿かる紅葉哉 紅葉 正岡子規
石門の蔦紅葉してぶら下る 寅彦
石門や蔦紅葉してぶら下る 寺田寅彦
砂土手や山をかざして櫨紅葉 紅葉 正岡子規
研師来るさくら紅葉の信濃より 飯田龍太
碁がたきの熟考長し蔦紅葉 中本郷顔
碑に師の句やすらぐ草紅葉 河野南畦 湖の森
碧湖より青天かけて山紅葉 香西照雄 素心
磐石を刳りて磴とす散紅葉 松本たかし
磔に寝て朝ごとの蔦紅葉 齋藤玄 『雁道』
磧石光るにも散りたやもみぢ 林原耒井 蜩
磯しくれ花も紅葉もなかりけり 時雨 正岡子規
祇女尊女祇王尊女と紅葉観る 高澤良一 宿好
祇王寺の寵(ちょう)と音してちるもみぢ 高澤良一 宿好
祇王寺の日暮紅葉の佛間にゐ 高澤良一 宿好
祖に会へば佛に会へばと紅葉山 川崎展宏
祝電を漆の盆に紅葉の賀 茨木和生 倭
神々の呼吸紅葉の中に聴く 岡村行雄
神々の絵の具も尽きて山紅葉 原田 明
神の子のあちこちと追ふや散る紅葉 散紅葉 正岡子規
神の旅神の紅葉の華やぎぬ 久本澄子
神の木に村の紅葉のはじまりし 後藤 栄生
神垣の紅葉流しといふ雨か 素十
神杉や三百年の蔦紅葉 蔦紅葉 正岡子規
神松や三百年のつたもみぢ 蔦紅葉 正岡子規
神棚に朝の灯あげて紅葉狩 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
神業の柱状節理崖紅葉 高澤良一 燕音
神橋は人も通らす散紅葉 散紅葉 正岡子規
神殿の御格子おろすもみち哉 紅葉もみち<木+色> 正岡子規
神無月や雨月の傘に散る紅葉 西山泊雲 泊雲句集
神苑の桜紅葉を拾ひ来し 並松 玉哉
神護寺のここで一服紅葉茶屋 高澤良一 宿好
神護寺の紅葉明りに一凡夫 高澤良一 宿好
神酒やがて岨ゆきてさめる紅葉かな 飯田蛇笏 山廬集
神鏡に桜紅葉の揺れどほし 上田日差子
神饌となす米洗う紅葉川 西島民江
祭にも鐘つく村や柿紅葉 紫暁
禁制の火の美しき紅葉狩 伊藤通明
禁制の紅葉をかざし行くは誰そ 竹下しづの女 [はやて]
禅寺の澄みし虚空や紅葉狩 上野泰 春潮
禅林へ渡す電線初紅葉 丸山しげる
禽の声邃くかつ散る紅葉かな 徳永山冬子
禽獣に紅葉のしとね厚からず 斎藤梅子
秋の山滝を残して紅葉哉 正岡子規
秋の山瀧を殘して紅葉哉 秋の山 正岡子規
秋の道一日かなしもみぢ谷 長崎-田上尼 俳諧撰集「有磯海」
秋の道一日悲しもみぢ谷 田上尼 俳諧撰集玉藻集
秋は紅葉眼にはれよ霧はれよ 白雄 (伏亀が眼病を)
秋もはや岩にしぐれて初紅葉 許六
秋もはや岩に時雨れて初紅葉 許六
移へば紅葉する葉のすべて散る 保坂加津夫
程ケ谷や雑木紅葉も町の中 今井つる女
稻刈て村靜か也柿紅葉 紅葉 正岡子規
穀蔵を出て山明し櫨紅葉 西島麦南 人音
穂刈して粟あざやかに紅葉しぬ 瀧春一
穂高いま死を思ふほど紅葉して 石田よし宏
穫入れしものそくばくに紅葉晴 木村蕪城 一位
空しくおそく来りしならず草紅葉 中村草田男
空にさざなみ湖にさざなみ草紅葉 矢島渚男 天衣
空に透き紅葉いちまいづつならぶ 長谷川素逝 暦日
空は永久の地色藪を背に紅葉 香西照雄 対話
空林や流れのあれば紅葉しづめ 橋本多佳子
空濡れて峠路うすき草もみぢ 柴田白葉女 花寂び 以後
窓四角のこして書庫の蔦紅葉 鮫島交魚子
窯元の煙突けぶる紅葉山 本橋 節
窯変に似たる彩あり柿紅葉 右城暮石
立ちどまるなほ吸ひよせんと紅葉山 池内友次郎 結婚まで
立ちまじる松真青なり山紅葉 水原秋櫻子
竜安寺池半分の菱紅葉 高濱年尾 年尾句集
竝松や根はむしられて蔦紅葉 蔦紅葉 正岡子規
端山紅葉霧を脱ぎつゝ近づき来 相馬遷子 山河
竹林へ一幹かしぐ櫨もみぢ 能村登四郎
竹林へ一幹かしぐ櫨紅葉 能村登四郎
竹林をそびらに紅葉うきあがり 長谷川素逝 暦日
竹藪へふか~と散る紅葉かな 高木晴子 晴居
笠ぬげば笠の上にも紅葉かな 紅葉 正岡子規
笹原に笹のたけなる紅葉かな 紅葉 正岡子規
筆塚にかなはぬ恋の草紅葉 土信田みち子
箒持つて所化二人立つ紅葉哉 紅葉 正岡子規
箒草紅葉しそめし谷戸日和 星野椿
箱根人参育て紅葉す箱根山 百合山羽公 寒雁
箱根路は一月早し初もみち 紅葉もみち<木+色> 正岡子規
箸紙に最上舟唄渓紅葉 小原啄葉
箸置が先に出てゐる紅葉山 岡本 高明
箸運びゐるか紅葉を賞でゐるか 山田弘子 こぶし坂以後




篠原や日あたる蔦のむらもみぢ 飯田蛇笏 山廬集
簗守が酒欲しがるや合歓紅葉 柿麿
籾殻に京の山相佐渡紅葉 香西照雄 対話
粟の穂の紅葉ぞしたる面白き 阿波野青畝
粧ひし山の片袖初紅葉 高浜虚子
粧ふといふべかりけり紅葉濃し 後藤夜半
粧ふと言ふべかりけり紅葉濃し 後藤夜半 底紅
粧へる白膠木紅葉や甲斐も奥 矢頭萩花
糸滝のいくつもかゝり紅葉渓 高濱年尾 年尾句集
紅の夕日を浦の紅葉かな 紅葉 正岡子規
紅や土より出でし紅葉芋 寺田寅彦
紅紫檀ひと葉のもみぢ見するかな 石川桂郎 高蘆
紅葉 or 紅葉山 or 紅葉川 or 夕紅葉 or 色見草 or 谷紅葉 or 下紅葉 or *もみぢ*
紅葉々をちらしかけてや残る菊 立花北枝
紅葉あかるく手紙よむによし 尾崎放哉
紅葉あり夕日の酒屋月の茶屋 紅葉 正岡子規
紅葉あり寺も社も岡の上 紅葉 正岡子規
紅葉ある方を塒と峡の禽 宮原双馨
紅葉かつちりて神さびたまひけり 清原枴童
紅葉かつ散りつぐ池地の埓もなく 朝妻力
紅葉かつ散りて神さびたまひけり 清原枴童
紅葉かつ散りぬ自在に水走り 菖蒲あや
紅葉かつ散り日輪のしらじらと 大崎紀夫
紅葉かつ散る 山湖の就眠儀式 いま 伊丹三樹彦 樹冠
紅葉かつ散るうつ伏せに佐渡情話 高岡すみ子
紅葉かつ散るただ中のペット吹き 春日久子
紅葉かつ散るにをとこは立ちつくす 長澤奏子
紅葉かつ散るやチェロから音漏れて 岩淵喜代子 硝子の仲間
紅葉かつ散るや散り際大事とぞ 村越化石
紅葉かつ散るゆふぐれの来るころに 今井杏太郎
紅葉かつ散るをきらきら昇る蝶 川崎展宏
紅葉かつ散るを一泊雨ごもり 岩崎母郷
紅葉かつ散るを急ぎの鞍馬道 川崎展宏
紅葉かつ散るカツ丼を待つ間かな 土肥幸弘
紅葉かつ散る人間と猫あるく 長峰竹芳
紅葉かつ散る山のをんなの薄化粧 佐川広治
紅葉かつ散る峡谷の道普請 伊藤一子
紅葉かつ散る掌に痛み欲し 二村典子
紅葉かつ散る昼月は水を登る 塩野谷仁
紅葉かつ散る気に入らぬ服なりし 辻桃子
紅葉かつ散る源氏香五十二図 河内桜人
紅葉かつ散る鳥羽僧正の縁に座し 小林康治 『叢林』
紅葉からまづかかりけり下り簗 小林一茶
紅葉から二町はなれて夕月夜 夕月 正岡子規
紅葉から黄葉へ渡す丹塗橋 堀 葦男
紅葉くぐりぬけし静かな疲れ出づ 五木田告水
紅葉して*かまびすしきに似し木あり 相生垣瓜人
紅葉していろはを綴る岳の沼 古賀まり子
紅葉してそれも散行く桜かな 蕪村
紅葉してひそかに語る森の木々 相馬遷子 雪嶺
紅葉してみたいと思う峡の岩 加藤光樹
紅葉してゐるや茶色に紫に 岸本尚毅
紅葉して兀山一つのこりけり 紅葉 正岡子規
紅葉して囂(かまびす)しきに似し木あり 相生垣瓜人
紅葉して大樹静かな息を吐く 池田琴線女
紅葉して山に神の名仏の名 成田千空
紅葉して山の脈うつ枕かな 正木ゆう子
紅葉して岩湯に老の貌ひとつ 山口草堂
紅葉して引湯泉質二系統 高澤良一 寒暑
紅葉して手にのりさうな柞山 大石悦子 聞香
紅葉して明るき森の中となる 伊藤玉枝
紅葉して杉こそ青しいしだゝみ 清水基吉 寒蕭々
紅葉して杖になりたき藜かな 大石悦子 百花
紅葉して桜は暗き樹となりぬ 耕二
紅葉して汝は何といふ水草ぞ 鷹羽狩行 五行
紅葉して沼のゆたかさもどりくる 中村祐子
紅葉して渓の深さを失ひし 山本晃裕
紅葉して百姓禰宜の出立哉 一茶 ■文化二年乙丑(四十三歳)
紅葉して目白のうたも寂びにけり 篠田悌二郎紅葉 原句
紅葉して葡萄熟れたる色深し 秋櫻子
紅葉して蔦と見る日や竹の奥 千代女
紅葉して見せけり留守の糸桜 立花北枝
紅葉して赤い獲物が山に並ぶ 阿部完市 絵本の空
紅葉して醜草もまた捨て切れず 古市絵未
紅葉して錦に埋む家二軒 紅葉 正岡子規
紅葉して雲より赤し葡萄園 石塚友二 光塵
紅葉し月下に踊る姉と兵 志波響太郎
紅葉すぎて山は雪待つばかりなり 上村占魚 球磨
紅葉すと言へば言ふほど意に遠し 今瀬剛一
紅葉するおどけ木もあり山椿 原本神桜
紅葉するものはし尽くし厳島 山田弘子 初期作品
紅葉する木立もなしに山深し 紅葉 正岡子規
紅葉する蔦さへ見えず神の松 蔦紅葉 正岡子規
紅葉すれば西日の家も好もしき 村上鬼城
紅葉す石の聖書を読むために 対馬康子 純情
紅葉せし葉につゝみけり山葡萄 阿部みどり女 笹鳴
紅葉せぬいはほも山もなかりけり 紅葉 正岡子規
紅葉せりよろけがちなる猫車 田邊香代子
紅葉せり何もなき地の一樹にて 静塔
紅葉せり柿の葉鮓の柿の葉も 長谷川櫂 天球
紅葉せるこの大木の男振り 高浜虚子
紅葉せる尾口村の栃の餅 小田一翠
紅葉せる草を潮騒揺らしゐる 加藤美子
紅葉せる錦木を折り山を越す 前田普羅
紅葉ちるこのもかのものわすれ花 高井几董
紅葉ちるやねの木の葉や石まじり 伊賀-氷固 俳諧撰集「有磯海」
紅葉ちる和尚の留守のいろり哉 散紅葉 正岡子規
紅葉ちる常寂光寺よき日和 高野素十
紅葉づるや女の裸身舟のごと 横山千夏
紅葉づれる断崖秩父古成層 高澤良一 石鏡
紅葉づれる木にターザンの忘れ綱 服部たか子
紅葉でも讃えむ英語かぺらぺらと 高澤良一 石鏡
紅葉といはんよりは暗き葉派兵論 田川飛旅子 『使徒の眼』
紅葉にあたらしき紺空にあり 伊藤敬子
紅葉につつまれてゐる発電所 井原弘咲子
紅葉につつまれ午後のチャイム鳴る 豊田美奈子
紅葉にはたがをしへける酒の燗 榎本其角
紅葉にも一日にぎわし京の秋 紅葉 正岡子規
紅葉にも早き吉野を訪ふことも 稲畑汀子 春光
紅葉にも火の廻りたる落葉焚 深見けん二 日月
紅葉に水の、池へゆく別れて窓の下ゆく 荻原井泉水
紅葉に誓つてこれが最後の嘘 福本弘明
紅葉に逝く父よその手を拾えず 金子皆子
紅葉ぬくく鳥羽絵の兎現はれし 文挟夫佐恵 黄 瀬
紅葉のしがらみなせる紙屋川 冨田みのる
紅葉のなかに踏み入り唇吸はる 吉野義子
紅葉のはげしき山に懸巣鳴く 百合山羽公 寒雁
紅葉の中新居夕日に染みやすく 香西照雄 素心
紅葉の中杉は言ひたき青をもつ 森澄雄
紅葉の二三本見て疲れきる 原裕 青垣
紅葉の島に近寄り寄らず航く 桂信子 黄 瀬
紅葉の木古墳の丘の挿頭とす 山口超心鬼
紅葉の本音ようやく聴きにけり 河島かつ子
紅葉の枝束となす町並の見え来 原田種茅 径
紅葉の渓ゆるゆると下る舟 斎藤応仙
紅葉の湖のさかなは食べて名忘れぬ 林原耒井 蜩
紅葉の激しき一樹吾が柩 椎名智恵子
紅葉の焔の攻めてくる観世音 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
紅葉の真つただ中に命置く 阿部流水
紅葉の真只中の製材音 穴井太 原郷樹林
紅葉の色きはまりて風を絶つ 宋淵
紅葉の裾は一つの夫婦滝 富永和賀子
紅葉の賀ならずかなしき集ひかな 下村梅子
紅葉の賀わたしら火鉢あつても無くても 阿波野青畝
紅葉の賀われがさきがけ泣き出せり 林火(箱根小涌園、喜寿宴)
紅葉の賀伊賀の組紐身に締めて 児玉輝代
紅葉の賀師弟の絆今もなほ 勝田みつ子
紅葉の雨滴ついばむ山の鳥 伊藤通明
紅葉の養鰻池の骨と皮 中村和弘
紅葉はまだじゃ山門を見て帰れ 山口超心鬼
紅葉はまだぢや山門を見て帰れ 山口超心鬼
紅葉は崖崩壊のためにある 対馬康子 吾亦紅
紅葉は癌なりきその紅葉忌 村山古郷
紅葉ふんで村嬢塩をはこびけり 飯田蛇笏 山廬集
紅葉まだ早し水澄むばかりなり 高濱年尾 年尾句集
紅葉まつり遥けき雲も鈴振るや 町田しげき
紅葉まで人のしづかな定山渓 森田公司
紅葉みな力尽くして炎えていし 村井杜子
紅葉みな眩し冷やかなる齢 鷲谷七菜子 雨 月
紅葉もゆるかぎりうたうは「原爆ゆるすまじ」 栗林一石路
紅葉やく烟は黒し土鑵子 紅葉 正岡子規
紅葉やその後の長き家篭り 幸田綾子
紅葉やレントゲン車の影に立つ 三浦加代子
紅葉や熊焼の串ずいと出し 辻桃子
紅葉よき山寺障子はづし置く 山口波津女
紅葉よりさびしきものが山あるく 津根元潮
紅葉よりなほ濃きものを思ひをり 後藤比奈夫 めんない千鳥
紅葉よりも芒のうれし光悦寺 大谷句佛 我は我
紅葉より瀧ちる谷間谷間かな 紅葉 正岡子規
紅葉より紅葉へ女瀧見え隠れ 川崎展宏
紅葉より黄葉へ霧の音走る 小松崎爽青
紅葉を吹き下ろす風一之谷 伊藤敬子
紅葉を塗りつぶしたる夜の窓 川崎展宏
紅葉を深むる水に打たれけり 山崎十生
紅葉を紐に織りこみ菱結び 伊藤敬子
紅葉を脇侍としたる弥陀の滝 伊藤敬子
紅葉を食べ残す偶然涙出て 山田緑光
紅葉ゝにふんどし赤し峰の猿 立花北枝
紅葉ヶ谷か初蜩の籠りしは 永井東門居
紅葉万照 乗客醉眼 いろは坂 尾村馬人
紅葉且つ世界遺産や高野山 磯野充伯
紅葉且つ散つて浦上二番ミサ 野見山ひふみ
紅葉且つ散りて北斎二人説 都筑智子
紅葉且つ散りて媼の位かな 中尾寿美子
紅葉且つ散りて渓流走らする 高澤良一 寒暑
紅葉且つ散りぬだんだん出雲かな 鈴木鷹夫 風の祭
紅葉且つ散りぬ自在に水走り 菖蒲あや
紅葉且つ散り乱心兆す白い犬 星野紗一
紅葉且つ散る万葉の恋のみち 竹村竹聲
紅葉且つ散る下に寝てホームレス 古川昭子
紅葉且つ散る人語斯く生臭く 金子斐子
紅葉且つ散る急流を巌ばさみ 上田五千石
紅葉且つ散る暮れ際の段葛 深川知子
紅葉且つ散る東京の客二人 西村良子
紅葉且つ散る生まれなかつた子供達 寺井谷子
紅葉且つ散る老境へまた一歩 岩田千代子
紅葉且つ散る老残のひとり道 小出秋光
紅葉且つ散る遠妻へ鐘を二打 秋元不死男
紅葉且散つて宇治川ほとりかな 星野椿
紅葉且散るひとひらはまなかひに 杉本零
紅葉且散るカーディガン肩辷りがち 楠本憲吉
紅葉且散るピエロの三角帽子かな 望月百代
紅葉且散る三河路の風に触れ 稲畑廣太郎
紅葉且散る男等に女等に 山口 芦火
紅葉且散る盆栽といふ天地 前内木耳
紅葉冷えきし閻王の業秤 加古宗也
紅葉冷えこゝ迄来る火桶かな 高濱年尾 年尾句集
紅葉冷えして下呂の温泉は熱からず 高濱年尾 年尾句集
紅葉冷えして下呂の湯は熱からず 高浜年尾
紅葉冷えはげしきは人の善きためか 加倉井秋を 午後の窓
紅葉冷え佛御前のおん膝も 高澤良一 宿好
紅葉冷え寺出でしより背に付く 角光雄
紅葉冷え昃り早き下部の温泉 井上史葉
紅葉冷え狼煙山より鳥礫 上山茂子 『父似』
紅葉冷え薄着後悔してみても 高澤良一 石鏡
紅葉冷え襖を閉めるわけにいかず 小路紫峡
紅葉冷おぼえしよりの足早く 松元桃村
紅葉冷こころを冷してはならず 小川恭生
紅葉冷猛禽類は眼をつぶり 高澤良一 石鏡
紅葉冷磧あそびもすこしして 神尾久美子
紅葉冷絶世美人と刻せし碑 西本一都 景色
紅葉出て落ちこむ瀧や霧の中 霧 正岡子規
紅葉子眠れる島の霞みけり 阿部みどり女
紅葉子黙つて豆を撒きにけり 阿部みどり女 笹鳴
紅葉宿をんな蹠を拭きにけり 平綿涼風
紅葉宿女湯男湯音たがへ 吉田銀葉
紅葉寂白い時空が近付けり 河野多希女
紅葉寒遠嶺の日ざし吾に来ず 綾子
紅葉寺「魚鳥捕事禁」と定 高澤良一 宿好
紅葉寺いつ訪ねても濤の音 蒲澤康利
紅葉寺友欲り顔の沙弥ひとり 文挟夫佐恵 遠い橋
紅葉寺夕ざれば釜に湖を汲む 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
紅葉尋め箱根八里を三里ほど 仁尾正文
紅葉山あたまこわれる深山 阿部完市 春日朝歌
紅葉山いろんな色に落着かず 岸田稚魚 『紅葉山』
紅葉山だんだん足が長くなる あざ蓉子
紅葉山の上這ひ亙り赭き山 河野静雲 閻魔
紅葉山の忽然生みし童女かな 芝不器男
紅葉山の文庫保ちし人は誰 紅葉 正岡子規
紅葉山もの言はずして目が綺麗 岸本尚毅 鶏頭
紅葉山や分つゝゆけば西の丸 丸石 選集「板東太郎」
紅葉山一夜泊りて痩せにけり 鈴木六林男 王国
紅葉山上りの道にある下り 須川洋子
紅葉山下りて来たれば字日蔭 福田葉子
紅葉山下駄の親指旅に出て 桜井博道 海上
紅葉山中にあたまが数珠繋ぎ 中田剛 珠樹以後
紅葉山人語鳥語に匹敵す 高澤良一 鳩信
紅葉山夜はとほき世の風の音 高橋謙次郎
紅葉山夢のとおりに道迷い 渋谷道
紅葉山女に逢ふは怖ろしき 品川鈴子
紅葉山峙てる気配にしんの闇 轡田進
紅葉山抜け来し色に竜田川 菅原くに子
紅葉山月ぞら既に濃くなんぬ 下村槐太 光背
紅葉山死者も生者も華やげり 兼若君江
紅葉山水先立てて人帰る 廣瀬直人
紅葉山洞窟覗き引き返す 栗原満
紅葉山火元のごとく燃ゆるところ 松村蒼石 雪
紅葉山狂う一葉となり狂う 八木三日女 落葉期
紅葉山生ある限り好機あり 大関靖博
紅葉山白髪ふやして帰りけり 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
紅葉山禰宜をろがむは伊勢のかた 木村蕪城 一位
紅葉山秘中の色をまだ見せず 木内彰志
紅葉山空へぽつぽつ目高水 和知喜八 同齢
紅葉山糸ひくやうに日暮れけり 辺見じゅん
紅葉山耳ほてるまで深入りす 加藤憲曠
紅葉山茶屋の跡地の若木かな 大崎康代
紅葉山踏んで平和といふ重み 志摩知子
紅葉山靄より水の流れ出づ 西岡正保
紅葉山鬼も天狗もをりにけり 高橋将夫
紅葉山鳥のこぼしし血も淋し 太田鴻村 穂国
紅葉山鷹舞ひ出でてさらに濃し 斎藤 道子
紅葉嶺の修羅いまわれも樹となりぬ 寺田京子 日の鷹
紅葉川 わたしの今も流れゆく 池田政子
紅葉川屋敷の中を通りけり 中村石秋
紅葉川聞けばカヌーで下るとよ 高澤良一 石鏡
紅葉忌舞台の裏に修しけり 石川春象
紅葉忌金がかたきの恋今も 渋沢渋亭
紅葉折て夕日寒がる女哉 紅葉狩 正岡子規
紅葉折て腕たしかむる男哉 紅葉狩 正岡子規
紅葉折る木魂かへすや鏡石 前田普羅
紅葉折る背を流るる風にやあらむ 原田種茅 径
紅葉掃く僧に女人のちら~す 後藤暮汀
紅葉掃く緇衣の衣手ひるがへり 後藤暮汀
紅葉散つて湖水をわたる舟もなし 赤木格堂
紅葉散りつくすまで庭掃かず置く 松尾緑富
紅葉散りて夕日少し苔の道 散紅葉 正岡子規
紅葉散りはてし梢に烏瓜 比叡 野村泊月
紅葉散り女を先の船着場 杉本寛
紅葉散り小滝三段鳴り揃ふ 岡田日郎
紅葉散り積む今更に師の訓へ 上井正司
紅葉散るしづけさに耳塞がれつ 岡田貞峰
紅葉散るや夕日少なき杉の森 散紅葉 正岡子規
紅葉散るや筧の中を水は行き 尾崎迷堂 孤輪
紅葉散るや鵜が啼ける東山 楠目橙黄子 橙圃
紅葉散る両眼同じ明るさに 中島双風
紅葉散る中ゆく母の美しき 阪田昭風
紅葉散る亀は黄檗山に出て 古舘曹人 砂の音
紅葉散る京は女のよいところ 散紅葉 正岡子規
紅葉散る小さき池に名のありて 岩城郁子
紅葉散る山の日和や杉の露 散紅葉 正岡子規
紅葉散る岡の日和や除幕式 散紅葉 正岡子規
紅葉散る庵に平家物語 眞砂松韻
紅葉散る朝日のふれしところより 西山睦
紅葉散る此の世の出合い深めては 山崎美江子
紅葉散る池にオフィリア眠れるか 大橋 晄
紅葉散る疾風には散らざりし後 皆吉爽雨
紅葉散る虚子山荘の木洩日に 星野椿
紅葉散る音立てて散る立てず散る 星野立子
紅葉散る音立てゝ散る立てず散る 星野立子
紅葉散る風の重さを載せて散る 鈴木英子
紅葉日が暮れた山をうごかしたいと思ふ見てゐる 中塚一碧樓
紅葉明りして波郷へ急ぐ魂一つ 鈴木鷹夫 渚通り
紅葉明りの中にて牛の糞乾く 宮坂静生 青胡桃
紅葉明りの墓石を刻む墓石に掛け 宮坂静生 青胡桃
紅葉明りへ勾配急に養蚕堂 河野南畦 湖の森
紅葉明り流水紋のちりめん織る 土田祈久男 『素心』
紅葉明るし手紙よむによし 尾崎放哉(1885-1926)
紅葉昏れうす月光り増しにけり 館岡沙緻
紅葉晴ゆうべのことはなにもいはじ 上村占魚 球磨
紅葉晴巫女の乗りたる舟の水脈 岩波文子
紅葉暗きところ異人も佇めり 久米正雄 返り花
紅葉暮れいのちもくれてしまひけり 草間時彦 櫻山
紅葉暮れて目くばせ星が湖の上 有働亨
紅葉暮れ人の顔暮れ消えにけり 草間時彦 櫻山
紅葉林湯女の唱歌の聞へけり 前田普羅 能登蒼し
紅葉沢落石すんでのところなり 高澤良一 寒暑
紅葉洩る陽がとろとろと葛干場 八木三日女
紅葉添ひ肌青むかに谿の沙 香西照雄 対話
紅葉渓単線かくもさびしきか 石塚友二 方寸虚実
紅葉湖へ潜水服は白がいい 河野薫
紅葉滝一会の領巾を振りに振る 中戸川朝人 尋声
紅葉濃く人の笑まんとしてやみし 京極杞陽 くくたち上巻
紅葉濃し一夜の雨の淦を汲む 大岳水一路
紅葉濃し燃ゆる悲しみ色と見て 稲畑汀子 汀子第二句集
紅葉濃し絵馬に鋭き左鎌 筒木真一
紅葉濃し綿虫も濃くなりにけり 相生垣瓜人 明治草抄
紅葉濃し芭蕉にならう立石寺 松本夜詩夫
紅葉濃し鬼女の出て来よ夕曇 椎橋清翠
紅葉焚きし灰やしばらく火を含む 中村草田男
紅葉焚くけむりの上に散る紅葉 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
紅葉焚くことも心に本を読む 青邨
紅葉焚くときに小筆も二三本 蓬田紀枝子
紅葉焚くわが晩年に見ゆるは何 畑稔
紅葉焚く火に北壁の嶮正し 野見山朱鳥
紅葉焚く火の神の髪現れし 上野泰 春潮
紅葉焚く焔を高くあげ北に住む 木村蕪城 寒泉
紅葉焚く煙の向きのすぐ変る 秋を
紅葉焚く煙の柱松を抽き 川端茅舎
紅葉焚く煙上りて鶲消ゆ 橋本鶏二
紅葉焚く金閣寺燃えおつるかな 有馬朗人 知命
紅葉焚く金闇寺燃えおつるかな 有馬朗人
紅葉焼くや紅葉になびく茶の烟 幸田露伴 拾遺
紅葉焼く法師は知らず酒の燗 紅葉燗(かん<酉+間>) 正岡子規
紅葉照り竜顔咫尺風も絶え 中村汀女
紅葉照るはげしさに人呼びにけり 永島靖子
紅葉照る伐折羅大将生きてをる 阿波野青畝
紅葉照る円周率のひろごりに 兼松禎子
紅葉照る女人高野の太鼓橋 北川 修
紅葉燃ゆ一羽の鳥も啼かぬかな 和田耕三郎
紅葉燃ゆ淋しさ溜める湖の底 伊達甲女
紅葉燃ゆ音こま~と焚火かな 高橋淡路女 梶の葉
紅葉燦草城今の世に在さば 大島時子
紅葉狩あぶり餅屋のよう売れて 渡辺よし子
紅葉狩えらい上りとなりにけり 高澤良一 さざなみやつこ
紅葉狩こゑ掛けられてこゑ返し 高澤良一 石鏡
紅葉狩しつつ命の砂時計 品川鈴子
紅葉狩する女子共描きあり 高濱年尾 年尾句集
紅葉狩とはひたすらに歩むこと 黛まどか
紅葉狩ははの杖よりちちの杖 関戸靖子
紅葉狩またもはぐれてしまひけり 仙田洋子 雲は王冠
紅葉狩まづ西行の歌碑めざす 山田春生
紅葉狩りヒッチコックの鴉群 斉藤冨美子
紅葉狩り人もけものも耳ふたつ 中嶋秀子
紅葉狩り序でに山の湯も浴びて 高澤良一 寒暑
紅葉狩り見るべきほどをだれも見る 竹中宏
紅葉狩り観世音寺に日暮けり 松本ヤチヨ
紅葉狩るエミール‐ガレの香水瓶 渡辺まさる
紅葉狩一人の人の美しく 京極杞陽
紅葉狩了へし男に火の匂 橋本榮治 麦生
紅葉狩先ずは車窓のいろは坂 藤崎ミヨ子
紅葉狩内助の功に報ゆべく 高澤良一 寒暑
紅葉狩地蔵峠の名に惚るる 藤田湘子
紅葉狩夜は浮くごとく寝まりけり 宮崎ミヨ
紅葉狩当地お天気おほむね晴れ 高澤良一 寒暑
紅葉狩心もとなき岨みちを 松尾緑富
紅葉狩振り向けば鬼女現るるかも 中田勘一 『雪礫』
紅葉狩橋のない川渡りけり 福岡 悟
紅葉狩水底の影踏むように 有田莉多
紅葉狩猩々いろのリュック負ひ 高澤良一 寒暑
紅葉狩眼鏡を拭いてさあこれから 高澤良一 石鏡
紅葉狩石観音は跣にて 平畑静塔
紅葉狩碑文のかすれ指で質す 阪口孤灯
紅葉狩筵の下に岩の山 長谷川櫂 天球
紅葉狩落柿舎辺りで日が暮れて 高澤良一 宿好
紅葉狩薩摩おごじょのバスガイド 高澤良一 鳩信
紅葉狩雨の足許ばかり見て 高澤良一 石鏡
紅葉狩鬼すむ方を見つけたり 紅葉狩 正岡子規
紅葉狩鼻の先より冷えて来る 棚山波朗
紅葉着て食ぶ百万石の料理かな 渡辺恭子
紅葉紅葉心澄み刻とどまらず 藤木倶子
紅葉終る血族の樹々声たてて 寺田京子 日の鷹
紅葉舞ひ呂川律川響きけり 雨宮美智子
紅葉茶屋かはらけなげに賑へり 池内たけし
紅葉茶屋大盃といふもみぢ 松藤夏山 夏山句集
紅葉茶屋明るく暗きところかな 坊城 中子
紅葉葉を噛みつつ二階に写経せり 夏石番矢
紅葉薄き天城を越えて紺の海 林原耒井 蜩
紅葉行風ふつきれて谷へ落つ 原裕 青垣
紅葉裡に日の藪青春くゆりたつ 香西照雄 対話
紅葉見え瀧見える茶屋の床几かな 紅葉 正岡子規
紅葉見て燃やす命の持時間 中嶋秀子
紅葉見に来しにはあらず美しき 波多野爽波 鋪道の花
紅葉見のやどかるほどに月の雨 飯田蛇笏 霊芝
紅葉見の大き山雲居据りぬ 岸田稚魚
紅葉見の岩に水取*(ゆはず)かな 蕪村遺稿 秋
紅葉見の序で氷川の三本杉 高澤良一 石鏡
紅葉見の舟著けて居る三軒屋 紅葉狩 正岡子規
紅葉見の連にまかれて巣守かな 水田正秀
紅葉見の駕仕立あり宿廊下 深川正一郎

以上
by 575fudemakase | 2016-10-28 18:46 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26323139
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

軍艦 の俳句
at 2017-11-22 08:20
那智の滝 の俳句
at 2017-11-22 08:16
後評(2017・9)
at 2017-11-22 06:00
後評(2017・11)
at 2017-11-22 05:52
火恋し の俳句
at 2017-11-18 16:26

外部リンク

記事ランキング