紅葉 その4

紅葉 その4

紅葉見や土器投げも興のうち 高濱年尾 年尾句集
紅葉見や女載せたる駕の雨 紅葉狩 正岡子規
紅葉見や小雨つれなき村はづれ 黒柳召波 春泥句集
紅葉見や尼も小縁にかしこまり 高浜虚子
紅葉見や法事くづれの女たち 草間時彦 櫻山
紅葉見や用意かしこき傘貳本 蕪村遺稿 秋
紅葉見や異國の王子馬で來る 紅葉狩 正岡子規
紅葉見や顔ひやひやと風渡る 闌更
紅葉見るこころ大いにむなしかり 島谷征良
紅葉見る吾らに階(きざはし)魚道にも 高澤良一 石鏡
紅葉見る柄ではないが奥多摩へ 高澤良一 石鏡
紅葉見る酒は静に飲むべかり 松尾いはほ
紅葉観て寝ころぶによし岩畳 斎田鳳子
紅葉谷いま暫し行き憩はんか 高浜年尾
紅葉谷といふところより人来る 倉田絃文
紅葉谷といふ所に入る。道のほど五六里、さらに 外の梢も 俳諧撰集玉藻集
紅葉谷とふ名ばかりの昏さかな 中原道夫
紅葉谷へだて望めり奥白根 滝沢ちよこ
紅葉谷塔の*ふつを振り冠り 鈴木榮子
紅葉谷知りつくしたる案内かな 山田庄蜂
紅葉谿に下りゆく魚にならんため 野沢節子 八朶集以後
紅葉谿みづしろ~と流れけり 高橋淡路女 梶の葉
紅葉谿よきときに友現はるる 原裕 青垣
紅葉谿ダダとバイクで乗りつけて 高澤良一 石鏡
紅葉谿人ごゑ杭を打つごとし 宮武寒々 朱卓
紅葉谿巡るその足滑らせじ 高澤良一 石鏡
紅葉谿手すりがありて大助かり(鳩ノ巣渓谷) 高澤良一 石鏡
紅葉谿時間滑落してやまず 小檜山繁子
紅葉谿朝の木洩れ日移りつつ 稲畑汀子
紅葉谿白光曳けりひとつ蝶 石塚友二
紅葉谿見て来しこの眼あけて寝よう 伊藤 敬子
紅葉谿遥の上にバスは著く 高濱年尾 年尾句集
紅葉谿野岩鉄道錆鉄橋 高澤良一 燕音
紅葉貼リこめし障子に夜の瀬音 深見けん二
紅葉踏て攀る寺の禁酒哉 松岡青蘿
紅葉踏み~山は明るき翌もかな 中島月笠 月笠句集
紅葉踏む武家屋敷なる外厠 大山夏子
紅葉連山赤蕪掘りが働ける 和知喜八 同齢
紅葉酒九鬼水軍の裔と酌む 岸本砂郷
紅葉酒布袋も笑ひゐたりけり 仙田洋子 雲は王冠
紅葉酒耳がもつとも覚めている 山口剛
紅葉酔ひして誰よりも無口なり 伊藤白潮
紅葉鍋無頼の顔となりゆけり 吉田美代子
紅葉降る林泉の一隅にふのり煮る 田川飛旅子 花文字
紅葉雨担がれて照る柩かな 井上雪
紅葉雨肩より濡るる日蓮像 柴田白葉女
紅葉黄葉油ッ紙のやうな色 京極杞陽 くくたち上巻
紐引いて紅葉の山を鳴らすかな 渋谷道
純粋に紅葉だけ焚きゐる匂 江川虹村
素泊りといふ気安さの紅葉狩 丸山綱女
素焼窯火止めしよりの柿紅葉 神原栄二
素謡にたふれかさなるもみぢ山 川崎展宏
索の道よりほかになし紅葉谷 鷹羽狩行 平遠
紫蘇漬や八塩の岡の下紅葉 等朗 選集「板東太郎」
紬着てゆき紅葉且つ散り 阿部完市
終りなきことして紅葉散らしゐる 豊田都峰
終焉の彩を尽して紅葉山 加藤富美子
終着は紅葉山ですフルムーン 益田清
結願の寺の紅葉や母癒えよ 館岡沙緻
絵の様に出て来し狐櫨もみぢ 高野冨士子
絵具箱ぶちまけしごと谿紅葉 安野良子 『篝火草』
絵巻よりひとりを加へ紅葉狩 柴田佐知子
絵蝋燭灯る死者の界紅葉の界 加倉井秋を
絵馬焚いて灰納めたり草紅葉 吉田冬葉
絶壁に夕日うらてるもみち哉 紅葉 正岡子規
維新の志士遭難の橋蔦紅葉 松崎鉄之介
網棚にリュックが並ぶ紅葉狩 初村迪子
綿虫の飛びゐて紅葉おとろふる 内藤吐天 鳴海抄
緋の僧のゆふべ踏み行く紅葉かな 青蘿
総仕上げといはんばかりに紅葉山 伊藤春友
総督府たりしは昔紅葉づれる 三宅芙美女
総紅葉厠へ闇を追ひ籠めて 香西照雄 対話
総身を染めて分けいる紅葉山 大湾美智子
緞帳の銀杏紅葉のつづきをり 両沢俊子
緬羊に早紅葉したる柞かな 岡嶋田比良
縁談はひとに紅葉はわれに映ゆ 木村蕪城 一位
繁紅葉一砲兵の挙手ぞこれ 小林康治 四季貧窮
繃帯を巻く樺が佇ち山紅葉 和知喜八 同齢
繙きし故人の書より枯紅葉 田中冬二 俳句拾遺
繪のやうな紅葉ちる也霜の上 霜 正岡子規
置ける如吹かれ来し如散紅葉 後藤夜半 底紅
美しき人の鬼女めく紅葉谷 小檜山 霞
美しき紅葉の消えて抱擁す 松山足羽
美しく老いたし櫨の紅葉濃し 成瀬桜桃子 風色
美しく老ゆるは難し草紅葉 新海りつ子
美しく見ゆ距離雑木紅葉かな 宮城きよなみ
美し紅葉老人の眼には眩し過ぎ 山岡敬典
美女現前鬼女も招ばんと紅葉焚く 中村草田男
美術館大石垣の蔦紅葉 三宅豎子
羞らひと言はむ薄日の初紅葉 林翔
義仲の臓腑のごとき紅葉山 大串章 山童記
義仲や臓腑のごとき紅葉山 大串章
翠簾ちぎれ蔀荒れたりちり紅葉 蓼太
老いし木の枝かたくなに柿紅葉 水原秋桜子
老いほのぼの紅葉一樹の明け暮れに 吉野義子
老の杖はげましつゝも紅葉狩 白石天留翁
老樵紅葉の機嫌知りつくす 大牧広
老櫻のまづ一枚の初紅葉 川口 厚子
考へることやめし樹よ紅葉して 中尾寿美子
耳の穴くらきを連ね紅葉狩 吉田汀史
耳聡き汝の耳も紅葉せよ 大木あまり 雲の塔
肉体のくびれに絡む蔦紅葉 高澤晶子
肌さむし竹切る山のうす紅葉 野澤凡兆
肥後赤牛豊後黒牛草紅葉 瀧春一
肥積みに山吹もみぢちりそめぬ 飯田蛇笏 春蘭
背に鳥帽子かけた仕丁や薄もみち 紅葉もみち<木+色> 正岡子規
背の丘に秋はもみぢを踏みて住む 及川貞 榧の實
背の山に秋はもみぢを踏みて住む 及川貞 夕焼
背戸寒し茂郷が庭の梅紅葉 会津八一
背筋立て紅葉明りの頼朝像 木下勝三
胞衣塚に日箭あり満天星紅葉して 富田潮児
能登瓦もみぢせぬ葉のとがるなり 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
能衣裳まとふ鬼女とも夜の紅葉 中原宏子
脹らんで紅葉の中を通りけり 森田智子
腕時計きざみ時過ぐ紅葉谿 和知喜八 同齢
腰かけて紅葉みつらん炭俵 炭 太祇 太祇句選後篇
腰のくびれ紅葉明りに弥勒仏 平松荻雨
膝見せてつくばふ鹿に紅葉哉 半残
臓腑まで兵の声満つ紅葉塚 小出治重
臘八のいろはもみぢをすこし焚く 古舘曹人 樹下石上
自ら句碑は淋しや草紅葉 京極杞陽
自動車を下りしところの草紅葉 比叡 野村泊月
自然薯の紅葉づる蔓を憶えおく 柳井梗恒子
自転車がとき~通り櫨紅葉 高野冨士子
自転車にて近場の雑木紅葉見に 高澤良一 石鏡
臼まはす三輪の豆腐屋散る紅葉 田中寒楼
舞ひ下りて小琴を撫でし紅葉哉 寺田寅彦
舟借りて水に泛べば散り紅葉 楠目橙黄子 橙圃
舟入れて久しくなりぬ紅葉川 下村槐太 天涯
舟流すあとに押しよるもみち哉 紅葉 正岡子規
舷に菱の紅葉をかきよせぬ 丸井籬外
舷や菱の紅葉の流れゆく 山本京童
船あしをゆるめ近づく島紅葉 波多野爽波 鋪道の花
艫に去る紅葉のローレライさらば 山本歩禅
良寛の辿りし峠草紅葉 沢木欣一
色かへぬ松のはれ着や蔦紅葉 高井几董
色に出て竹も狂ふや蔦紅葉蔦 千代尼
色見草より妻恋草の一日かな 林桂
芝紅葉焔となりて石つつむ 山口青邨
芝踏むやそこに紅葉燃え立ちぬ 長谷川かな女 雨 月
芭蕉堂紅葉しぐれに扉をひらき 守田恵美子
花か穂かもみぢ歟蓼の紅ヰは 高井几董
花もみな紅葉にさくか涼船 井原西鶴
花よりも 紅葉よりもの 吉野の霜 伊丹三樹彦 花恋句集二部作 花仙人
花火師の莨吸ひ居り夕紅葉 佐野青陽人 天の川
苔の上に掃き寄せてある散紅葉 高浜年尾
苔の上のひとつひとつの散り紅葉 長谷川素逝 暦日
苔庭に冷雨たたへてうすもみぢ 飯田蛇笏 春蘭
苫の霜夜の間にちりし紅葉哉 散紅葉 正岡子規
英霊の秋寂びて桜紅葉しぬ 渡邊水巴 富士
茄で卵ころがしに行く紅葉山 鴻巣又四郎
茅原や行きつくしたる紅葉山 軽部烏帽子 [しどみ]の花
茶の煮えて紅葉散るなり山の茶屋 鈴木疑星
茶室あり紅葉しそむるけはひして 森田峠 避暑散歩
茶屋あればかならず憩ふ紅葉狩 鈴木綾園
茶柱や京の紅葉を見ずじまひ 川崎展宏
茹で卵ころがしに行く紅葉山 鴻巣又四郎
草々の力尽くせし紅葉かな 藤本安騎生
草々の力尽せし紅葉かな 藤本安騎生
草々の紅葉樹海に連なれる 金久美智子
草の戸に紅葉時雨のきのふけふ つじ加代子
草もみぢミニチュア火山の裾野にも 高澤良一 寒暑
草もみぢ一図な道を火口湖ヘ 細見綾子 黄 炎
草もみぢ厩舎に並ぶ乗馬帽 里田 勝子
草もみぢ渺茫としてみるものなし 杉山岳陽
草もみぢ舟蹴つて乗る川漁師 棚橋洋子
草もみぢ赤子目覚めてにこにこと 渡辺純枝
草思堂紅葉明りに母の文 荒川優子
草紅葉いたはられゐる眩しさよ 河野多希女 彫刻の森
草紅葉きのふは柩通りたる 大峯あきら
草紅葉くぐるやさしき笹子川 沢木欣一
草紅葉ここより熊野詣径 稲畑汀子
草紅葉しそめて居りしローマこゝ 河野静雲
草紅葉してこれよりの日々早し 川口咲子
草紅葉してそのかみの銅の町 中村梅窓
草紅葉して一天の高まりぬ 磯直道
草紅葉して陸封のさくらます 金箱戈止夫
草紅葉ちちが通ひしははの村 関戸靖子
草紅葉つくづく犬の犬死よ 足羽鮮牛
草紅葉ばつたが宿は荒にけり 紅葉 正岡子規
草紅葉ひとのまなざし水に落つ 桂信子 黄 瀬
草紅葉ふむ面上の日を侘ぶる 石原舟月 山鵲
草紅葉アルプスすでに雪を被て 柴田白葉女
草紅葉一谷こせば薬師岳 石倉花江
草紅葉人の帽子を譲り受く 磯貝碧蹄館
草紅葉何に飛び立つ雀かな 寺田寅彦
草紅葉出雲風土記の丘濡れて 木下ローズ
草紅葉地蔵は素足のままに立ち 杉山畝女
草紅葉城址にのこる何も無し 青葉三角草
草紅葉塔夕靄をまとひ初む 徳永山冬子
草紅葉大きな指を近づけて 石田郷子
草紅葉大きな雲の流れけり 角川春樹
草紅葉大魚そののち現れず 友岡子郷
草紅葉對きて置かれぬ車椅子 石田あき子 見舞籠
草紅葉小野の黄昏真一文字 石塚友二 方寸虚実
草紅葉尾瀬横断に水二合 中戸川朝人 尋声
草紅葉尾長くぐりて燃え立たす 竹中龍青 『蚕影』
草紅葉心に留む日愉しきよ 高澤良一 寒暑
草紅葉恋もおほかたしまひなり 仙田洋子 雲は王冠
草紅葉放ちし犬のすぐ戻る 花岡文子
草紅葉敷きて餓鬼の田とびとびに 吉澤 卯一
草紅葉文芸の書を山にひらく 石橋辰之助 山暦
草紅葉板戸で農婦商へり 小笠原須美子
草紅葉枡形山といふ城址 高浜年尾
草紅葉水の落差は白をもて 中戸川朝人 星辰
草紅葉沼のかたちを見せにけり 岡本まち子
草紅葉渡り鉱夫の墓ならぶ 小島桂子
草紅葉濡刃のごとく道はしり 中戸川朝人 残心
草紅葉焦げて鰻の餌の終り 百合山羽公 寒雁
草紅葉焦土のたつき隣り合ふ 幸治燕居
草紅葉猫を埋めるすべもなし 後藤比奈夫 めんない千鳥
草紅葉磐城平へ雲流れ 大野林火
草紅葉禽舎の外の鶏あそび 富安風生
草紅葉綾なす風の渡りけり 山田閏子
草紅葉虚子先生に従ひし 矢津 羨魚
草紅葉蝗も色に染まりけり 西山泊雲 泊雲句集
草紅葉行けども行けども現在地 永井徹寒
草紅葉誰がたましいのこぼれ火も 畠山弘
草紅葉踏んで献立考える 中居由美
草紅葉辻神多き毛野の国 桑島 蟆
草紅葉音楽堂へ導けり 村越化石
草紅葉風が押しやる水の襞 福本徳恵
草紅葉馬上はいまも寂しいか 宇多喜代子 象
草紅葉駄菓子を食うて憩ひけり 比叡 野村泊月
草紅葉骨壺は極小がよし 飯田龍太
荒寺や金屏はげて夕紅葉 紅葉 正岡子規
荒涼と人間居りぬ紅葉山 奥坂まや
荷を上ぐる鋼索の張り紅葉濃し 中戸川朝人 尋声
菅笠をぬげばもみぢの二ツ三ツ 紅葉 正岡子規
菊坂は母の青春散紅葉 村松 堅
菓子に藉き栗飯に載せ山紅葉 西本一都 景色
菜洗ひの立ちてよろめく草紅葉 小野塚鈴
菱の座の紅葉はじまる二葉三葉 高濱年尾
菱の葉はみな三角にして紅葉 山口青邨
菱もみぢ被きて鮒の釣れきたる 蓮尾あきら
菱紅葉水一枚も枯れ兆す 能村研三
菱紅葉鶺鴒おりて水を浴ぶ 木津柳芽
萍のもみぢしてゐる木の間かな 山口一秋
萍の紅葉雑木に遅れつつ 山田弘子 こぶし坂
萱原やぬるでの紅葉風に照る 高田蝶衣
落ちてきてもみちひつゝく團子哉 散紅葉 正岡子規
落ち合うて川の名かはる紅葉かな 大谷句仏
落ち合つて川の名かわる紅葉かな 大谷句仏
落人邑紅葉ゆるがし夕日落つ 脇本星浪
落日に向ひて下る紅葉山 西山小鼓子
落日をひきもどしたる紅葉かな 山口佐世子
落日を湛へて沼の草紅葉 渡辺立男
落柿舎の虫喰いもみぢ栞とす 高澤良一 宿好
落石と残る紅葉の釈迦ケ谷 高澤良一 石鏡
落紅葉こもれる鮒も精神(こころ)せよ 安井浩司
落葉松を切り出す軋み草紅葉 殿村莵絲子
葉尖日にたゞれて土手の草紅葉 西山泊雲 泊雲句集
葉末よりもみぢ始る詩仙堂 高澤良一 宿好
葛城の田へ掃きおとす柿紅葉 宮岡計次
葛紅葉二葉三葉透け木の間の日 西山泊雲 泊雲句集
葡萄紅葉うるはしきかな人の手に 佐野青陽人 天の川
葡萄紅葉葡萄の木より外し来る 長谷川櫂 天球
葷酒山門に入るを許さず紅葉哉 寺田寅彦
葺替の萱を堂後に紅葉寺 三嶋隆英
蒟蒻の刺身ひやひや山紅葉 井桁白陶
蓮枯れて泥に散りこむ紅葉かな 正岡子規
蓼科紅葉人間孤となり奇となり 金子兜太 皆之
蓼紅葉まつたく曇るときなくて 加藤楸邨
蔦の葉の二枚の紅葉客を待つ 高浜虚子
蔦の葉はむかしめきたる紅葉かな 松尾芭蕉
蔦の葉は昔めきたる紅葉哉 松尾芭蕉
蔦むくら紅葉色過ていやしけれ 秋来 選集古今句集
蔦もみぢ二階に淫し宝島見ゆ 加藤郁乎
蔦もみぢ濡れしは今かしぐれけむ 水原秋櫻子
蔦もみぢ疎に国東の仏たち 江副 操
蔦もみぢ神が登つてゆきにけり 中村苑子
蔦沼とかこむ紅葉と他は暮れぬ 水原秋櫻子
蔦紅葉おのれの歳忘れをり 岩淵喜代子
蔦紅葉くろむらさきを深めたる 高澤良一 随笑
蔦紅葉けなげに登りつめにけり 青畝
蔦紅葉して今市の杉並木 高澤良一 寒暑
蔦紅葉して樹を縛りなほすかな 正木ゆう子 悠
蔦紅葉す岩に白きは鳥の糞 寺田寅彦
蔦紅葉す注連をはりたる大榎 寺田寅彦
蔦紅葉せり甃坂の一町ほど 鷹羽狩行
蔦紅葉りんりんと落つ渓の水 河野多希女
蔦紅葉イエスは修羅をまだ知らず 齋藤愼爾
蔦紅葉一夜城址の松枯らす 和気永子
蔦紅葉二葉三葉透け木の間の日 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
蔦紅葉垂れてあたたか窯の肌 伊藤京子
蔦紅葉小猿の尻のまぎれけり 巌谷小波
蔦紅葉峰の薬師へからみつく 高岡すみ子
蔦紅葉巌の結界とざしけり 大野林火
蔦紅葉搦手門に火がついて 大倉敏代
蔦紅葉松にかくれて濃ゆかつし 軽部烏帽子 [しどみ]の花
蔦紅葉濡れしは今かしぐれけむ 秋櫻子
蔦紅葉用意万端整へり 高澤良一 鳩信
蔦紅葉空事多き人の世に 伊丹さち子
蔦紅葉絡まりつつも意志通す 塩川雄三
蔦紅葉絡むいのちは衰へず 荻江寿友
蔦紅葉逸りし風の駈け上る 高橋青塢
蔵壁に火を放ちたる蔦紅葉 篠田悦子
蔵王紅葉五色の山気流れ出づ 渡辺恭子
蕎麥白く柿の紅葉に夕榮す 紅葉 正岡子規
蕎麦白く柿の紅葉に夕栄す 正岡子規
薄ら陽の醸す紅葉にぎり飯 橋爪鶴麿
薄紅葉基調の苑の濃き紅葉 後藤比奈夫 めんない千鳥
薄紅葉紅にそめよと與へたり 紅葉 正岡子規
薔薇もみぢみづ霜垣をながれそむ 石原舟月 山鵲
薔薇園は盛りぞまはり紅葉して 原田青児
薪樵る山姫見たりむら紅葉 高井几董
薮寺や十夜のにはの菊紅葉 高井几董
藁家をめくりて柿の紅葉哉 紅葉 正岡子規
藁屋根にくさりついたるもみち哉 散紅葉もみち<木+色> 正岡子規
藁焚いて藁立ちあがる紅葉の山 瀧春樹
藁草履ははそ紅葉をひつかける 西野文代
藤村の書のちらと見ゆ紅葉宿 藤田湘子
藪かこふ寺の土塀や蔦紅葉 蔦紅葉 正岡子規
藪の中殊に漆の紅葉せり 榎本冬一郎
藪畳半は蔦のもみぢけり 黒柳召波 春泥句集
藪蔭に夕日の足らぬもみち哉 紅葉 正岡子規
藻の上を流るゝ紅葉ゆるやかに 村尾梅風
藻をすりて鰭紅葉せし*たなごかな 吉田冬葉
蘆の湖やさながら映る紅葉山 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
蘗の梅四五本や草紅葉 大須賀乙字
虚子先生坐られし辺の草紅葉 千原 叡子
虚子立たれたりしはこゝら草紅葉 石井とし夫
虫食ひの一葉も紅葉尽しけり 山内遊糸
虹消えて夕山寒し薄紅葉 紅葉 正岡子規
蚕の宮紅葉は赤をきはめたり 中山純子
蝉時雨楓一枝もみぢして 佐野青陽人 天の川
蝦夷紅葉家にあまたの煙出し 新田祐久
蟲らなべてむくろとどめず草紅葉 篠田悌二郎
蟷螂の已れもみぢて人を恋ふ 松瀬青々
血なまくさき戸隱山の紅葉哉 紅葉 正岡子規
血のごとき難所の紅葉迫りけり 佐久間慧子
血を熱くゲーテの家の蔦紅葉 宇咲冬男
行きあたる谷のとまりや散る紅葉 許六
行く先の見えて日の落つ紅葉山 福田甲子雄
行く水に紅葉散ることしきりなり 平野活潭生
行く秋にしがみついたり蔦紅葉 行く秋 正岡子規
行く秋や松にすがりし蔦紅葉 蔦紅葉 正岡子規
行く秋や紅葉の中の一軒家 紅葉 正岡子規
行く秋を奇麗にそめし紅葉哉 紅葉 正岡子規
行儀よく並んだ和菓子柿紅葉 杉本かずみ
行厨や僧ばかりなる紅葉狩 河野静雲 閻魔
行者道雉子翔ちさくら紅葉散り 関森勝夫
街紅葉村紅葉見て山紅葉 嶋田摩耶子
衣洗ふ脛にひつゝくもみち哉 散紅葉 正岡子規
表裏表裏散り紅葉かな 井上哲王
衰へし日のまだ落ちず草紅葉 村田脩
袂にて注ぐ熱燗や紅葉忌 小坂 順子
袖ふれて錦木紅葉こぼれけり 富安風生
装う山松ありてこそ紅葉かな 高澤良一 寒暑
裏を見せおもてを見せて散る紅葉 中田加賀次
裏山の暗い青空紅葉散る 原子公平
裏表きらりきらりとちる紅葉 散紅葉 正岡子規
裸木と紅葉半々山手線 高澤良一 宿好
裾花川ひびきて紅葉早めけり 荒井正隆
襖開け放ち名残のもみぢかな 西村和子 かりそめならず
襞深き耶馬の谷々照紅葉 宮成 鎧南
襤を檻で横切る世界紅葉して 永田耕衣
西うくる奈良の家々紅葉かな 紅葉 正岡子規
西南の役の弾痕蔦紅葉 森田 峠
西方へ紅葉明りを訪はむかな 鈴木良戈
西行の夜具も出て有紅葉哉 蕪村 秋之部 ■ 高尾
西行庵址紅葉を焚けば火色憑く 香西照雄 素心
見えてゐる紅葉と見えてくる紅葉 後藤比奈夫 花びら柚子
見えてゐる荘へ迷ひし坂紅葉 嶋田摩耶子
見え隠れ茎も水草紅葉かな 川崎展宏
見たいもの花もみぢより継穂哉 服部嵐雪
見にも来よ裏風越の谿紅葉 西本一都
見るが内に霜置月のもみぢかな 松岡青蘿
見る人の唇かわくもみぢかな 成美
見ればある貧しき草木紅葉せり 相馬遷子 山国
見上ぐれば石壇高し夕紅葉 紅葉 正岡子規
見上ぐれば蔦紅葉なりまたあるく 高木晴子 晴居
観音に一門抱かる紅葉の賀 秋本芳枝
角樽をまくらの鬼や紅葉狩 井原西鶴
触れ合へる水草紅葉の絡まらず 馬場龍吉
言の葉も契りたる夜は紅葉す 中里麦外
言葉かけ合ひ楷樹もみぢの愛好家 高澤良一 ぱらりとせ
訪れし雑木紅葉の明るけれ 高木晴子 晴居
詣づるに山陵もみぢ一*はやて 皆吉爽雨 泉声
説も阿修羅紅葉も阿修羅みちのくは 秋子
誰か云ふ冥途の土産の紅葉狩 高澤良一 寒暑
誰よりも紅葉に遠くをりにけり 中村正幸
誰れへ土産とかく土瓶買ふ紅葉かな 渡辺水巴 白日




誰れへ土産となく土瓶買ふ紅葉かな 渡辺水巴
談合の絵巻にあらむ山紅葉 谷中隆子
談山の紅葉且つ散る鞠の庭 飯隈球子
諸鳥のこゑも染るやもみぢ御所 高澤良一 宿好
護国社の紅葉且つ散る碑前碑後 林十九楼
護摩木書く紅葉明りの大山寺 太田房子
護摩焚きの太鼓の響き紅葉晴れ 木島節子
讀み盡きし状をこぼるゝ紅葉哉 紅葉 正岡子規
讀み盡きて手紙こほるゝ紅葉哉 紅葉 正岡子規
讃集めをり山中の櫨紅葉 高澤良一 石鏡
谷へ散る紅葉や果てもなかりけり 尾崎迷堂 孤輪
谷もみぢ夕日をわたる寺の犬 烏西
谷わたり丘こえ葡萄棚紅葉 山口青邨
谷を渡り寺に上るところ紅葉哉 紅葉 正岡子規
谷下りて水に手ひたすうすもみぢ 細見綾子
谷冷えの紅葉せかるる夢が淵 原裕 『出雲』
谷川は藍より青しむら紅葉 紅葉 正岡子規
谷川や鬼の舌ほど紅葉す 田中シズ子
谷底に空の狹さやむら紅葉 紅葉 正岡子規
谷水に紅葉づくしの空あそぶ 原裕 青垣
谷水の盡てこがるゝもみぢ哉 蕪村 秋之部 ■ 高尾
谷水を包んでこぼす紅葉かな 麦水
谷深く夕日一すぢのもみち哉 紅葉 正岡子規
谷窪に落ち重なれるもみち哉 紅葉 正岡子規
谷紅葉一様に日の去りにけり 市村究一郎
谷紅葉冷え厳しきを好みけり 高澤良一 寒暑
谷紅葉夕日をわたる寺の犬 烏西 五車反古
谷紅葉身投げをさそふ極彩色 田中保
谷陰に夕日の殘る紅葉かな 紅葉 正岡子規
谿すさぶ暗夜のもみぢ赫と散れ 林原耒井 蜩
谿の杉紅葉の中は陽の音す 桜井博道 海上
谿の温泉の紅葉の色に浸りけり 渡部抱朴子
谿流の音飛びあがる照紅葉 雨宮抱星
谿紅葉声をださねば燃えつきさう 吉田未灰
谿紅葉煽いでおこす火色見え 花谷和子
谿紅葉褪せてむき出すけもの径 北澤総石
豆腐屋の豆腐の水にもみぢ哉 正岡子規
豊饒の時流れゆく散り紅葉 築山喬子
賄いが手ぐすねひいて紅葉宿 高澤良一 寒暑
賊の名に死すや山墓紅葉冷 古館曹人
賑やかに紅葉の宿の女客 椎橋清翠
賞められてよかりし沙羅の紅葉かな 後藤比奈夫 めんない千鳥
賢しらを捨てに行くなり紅葉山 藤田湘子 てんてん
賤家のもみぢあふひにありにける 松澤 昭
赤もみぢ黄もみぢとことん愉しめり 高澤良一 素抱
赤ん坊ひよいとかかへて紅葉山 夏井いつき
赤松に柞もみぢの散りいそぐ 杉山岳陽
赤松に柞もみぢの降りそそぐ 杉山岳陽
赤松に桜もみぢのちりぬるを 杉山岳陽
赤松の幹照り翳り蔦紅葉 小川濤美子
赫し赫し汝のふるさとの櫨紅葉 山崎ひさを
越えて来し山の紅葉の話など 高濱年尾 年尾句集
足なえに一歩は遠し草紅葉 井沢正江
足もとの赤ひ時見よ下紅葉 井原西鶴
足守川水草もみぢ錆びいろに 柴田白葉女 花寂び 以後
足音に応へ且ちる紅葉あり 今井つる女
跫音に夜の剥がれぬ草紅葉 松澤昭 神立
跳ぶ兎すでに真白や夜の紅葉 堀口星眠
踏みのぼる木の根木の根の苔紅葉 竹下しづの女
踝を翁のほむる紅葉かな 大石悦子 百花
蹴り落す石の谺や谷紅葉 水原秋桜子
身を包む紅葉深き出羽三山 飯野榮儒
身を飾る珠一つ欲し紅葉の夜 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
軒ぞ砂糖もみぢの莚餅 露沾 選集「板東太郎」
軒の端や裏葉すゝけて蔦紅葉 蔦紅葉 正岡子規
軽食の午後見て水草紅葉かな 能村登四郎 菊塵
辨當を鹿にやつたるもみち哉 紅葉 正岡子規
農機にも墓場のありて草紅葉 松倉ゆずる
辻で別れた姉が紅葉となっている 西川 徹郎
近づけば暗黒であり大紅葉 高野ムツオ 鳥柱
近づけば紅葉の艶の身に移る 沢木欣一 遍歴
近よりて白き息吐く櫨紅葉 栗生純夫 科野路
近山にもみぢのきゆる日ざしかな 松村蒼石 雪
迷ひしと思ふこの道紅葉よく 小島静居
迷ひゐるとは知りつゝも谿紅葉 松尾緑富
迷ひ路やぬるでの紅葉まのあたり 軽部烏帽子 [しどみ]の花
逆光の紅葉や母を残す旅 豊田恭久
透き通る氷の中の紅葉哉 氷 正岡子規
通されし上段の間や紅葉狩 大橋櫻坡子 雨月
通りぬけ通りぬけても紅葉哉 紅葉 正岡子規
通天の下に火を焚く紅葉かな 紅葉 正岡子規
通天を走ればひびく紅葉かな 下村梅子
連れすでに鬼女と化しつつ紅葉宿 星野石雀
遅れたる知恵けがれなし草紅葉 古賀まり子 緑の野以後
遊女つれて京に入る日や紅葉散る 散紅葉 正岡子規
遊心の大日如来紅葉道 古市絵未
道々の菊や紅葉や右左 紅葉 正岡子規
道あると見ればあるなり草紅葉 岡安仁義
道の辺や芒の中の櫨紅葉 西山泊雲 泊雲句集
道二つ馬士と木こりのもみち哉 紅葉 正岡子規
道曲がりたれば紅葉の景曲がり 嶋田一歩
道細り川細りつつ紅葉濃し 上村占魚 球磨
道缺けて淵見せてゐる紅葉かな 松本たかし
遠き嶺の紅葉一期の夕日照る 松村蒼石 雪
遠き帆をみる紅葉濃き木の間より 前山松花
遠き日の紅葉また踏む白虹忌 箱田三更
遠くより手を鳴らしをり紅葉茶屋 楠目橙黄子 橙圃
遠くより見て近づきぬ櫨紅葉 山口青邨
遠のいてゆくもの恋ふる紅葉谿 松村多美
遠山に滝かかりゐる紅葉かな 谷向竹桃
遠景に光る銅像紅葉山 間山千木
遠望に櫨の早紅葉稲莚 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
遠望をさへぎる紅葉一枝かな 野村泊月
遠目して塩の道ある紅葉かな 吉本伊智朗
遠目なる漆紅葉は見逃さず 長谷川敏子
遠近や残る紅葉と散る紅葉 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
遠雪嶺黒部に紅葉下りて来し 源義
遡る白波紅葉越えゆきぬ 佐野青陽人 天の川
遡源行遅疑する妻へ紅葉流す 香西照雄 対話
遥かなる木の間に浮ける紅葉かな 比叡 野村泊月
遮断機の前の公園柿紅葉 中川 千舟
選びし径ひとすぢの径草紅葉 中嶋秀子
都への狼煙の起点草紅葉 小島由起
都出て十日且つ散る紅葉かな 清水基吉
都府楼も草紅葉せり来らずや 河野静雲 閻魔
都府楼阯人ちらほらと草紅葉 成瀬正とし 星月夜
都路や初夜に過ぎたる紅葉狩 凡兆
酒さびて螽やく野の草紅葉 其角
酒さめて去る紅葉谷一列に 島 将五
酒のあと寝ること残る紅葉山 鈴木六林男
酒の燗せきに客くる紅葉茶屋 穂北燦々
酒を賣る紅葉の茶屋に妖女あり 紅葉 正岡子規
酒浴びて死すこの墓の草紅葉 古館曹人
酒赤し、甘藷畑、草紅葉 芥川龍之介 蕩々帖〔その一〕
酔かろく紅葉の茶屋を立ちいづる 高橋淡路女 梶の葉
酔ひすこし残る水草紅葉かな 児玉輝代
酔漢のしかとかつげる紅葉かな 高橋淡路女 梶の葉
酸欠の紅葉の山を立ち泳ぐ 五島エミ
醍醐寺の紅葉且つ散る日和かな 杉山青風
醜草も紅葉急げる聖堂下 古賀まり子 緑の野以後
野仏の蔦紅葉して奈良井宿 黒柳春江
野仏の足元つつむ草紅葉 福嶋照子
野毛山の桜もみぢの匂ふこと 高澤良一 鳩信
野猿啼き叫びしきりに紅葉冷 岩松草泊
野葡萄の不粋紅葉も興のうち 高澤良一 寒暑
金剛院山の紅葉が塔に降る 小島國夫
金屏の紅葉に秋の夕日哉 寺田寅彦
金時山もこもこ雑木紅葉せり 高澤良一 ねずみのこまくら
金澤山(きんたくさん)文庫跡地の楷紅葉 高澤良一 寒暑
金色の仏見し眼に散る紅葉 福島裕峰
金色堂出づや蒔絵の散紅葉 大橋敦子 匂 玉
金色堂出て現し世の紅葉晴 伊東宏晃
釣忍紅葉ずる今日の胃の在り処 池田澄子
釣鐘を染め殘したる紅葉哉 紅葉 正岡子規
鉄輪の灯紅葉にうつり顔に又 之房 (貴舟詣の図)
鉛筆の落ちて音せず草紅葉 星野立子
鉢おほふ蔦紅葉夜を散りいそぐや 原田種茅 径
鉢栽の小松が中の紅葉かな 紅葉 正岡子規
鉢植の松にも蔦の紅葉かな 蔦紅葉 正岡子規
銀屏風紅葉の風に立揺らぎ 京極杞陽 くくたち下巻
銀杏もみぢして公園や夕明り 石塚友二
銀杏紅葉して何よりも大きな木 三ッ沢君子
銃櫓まで攻めて火の蔦もみぢ 岬雪夫
銅鐸の出でし山並紅葉映ゆ 坪内寂山
銕槌に女や嬲るうちもみぢ 炭 太祇 太祇句選
錆びて来る武蔵は欅もみぢより 川崎展宏
錆びながら腸煌煌と紅葉狩 高原耕治
錦木のもの古びたる紅葉かな 後藤夜半
錦木の紅葉日増に色まさり 藤田大五郎
錦木の紅葉秋行く扉は鎖して 高濱年尾 年尾句集
錦木の老いてすくなき紅葉かな 後藤夜半 底紅
錦木紅葉コーヒー店内みんな愉悦 中北綾子
鍋の火のほろほろ立てり草紅葉 古舘曹人 砂の音
鍋島藩御用窯跡うすもみぢ 武智ふさ子
鎮魂の錨錆びたり草紅葉 木村里風子
鏡なす池のおもての紅葉映え 高村文鹿
鏡餅つくる粉の手もみぢの手 山田 渓舟
鐘の音を沈めて紅葉かつ散れり 松本君代
鐘楼の影して浮葉紅葉かな 大木さつき
長命の家おほひたる蔦紅葉 櫻井博道
長城へ切火を放つ初紅葉 神蔵器
長崎は祈る街なり櫨紅葉 菊池繁公
長幼の序のある鼠紅葉狩 磯貝碧蹄館
長瀞の渦ありありと初紅葉 小島花枝
長生きをせよといはれて紅葉見る 星野立子
長生をせよといはれて紅葉見る 星野立子
長雨に櫻もみぢの目減りして 高澤良一 鳩信
門に蔦火燗手酌に胸もみぢ 幸田露伴 谷中集
門入りて歩みとゞめぬ散り紅葉 楠目橙黄子 橙圃
門入れば下り坂なる紅葉かな 比叡 野村泊月
門前の小溝にくさる紅葉哉 散紅葉 正岡子規
門口に棉干す家や柿もみち 紅葉 正岡子規
閉山となりし紅葉の山降りる 冨田みのる
閉校式さくら紅葉の中に終ゆ 林 庄一
開発の狼藉すすむ紅葉山 清水晴子
閑庭やはつかに霜の草紅葉 松瀬青々
閑谷の空の青さよ楷紅葉 升川和子
間引かれて残る紅葉をうち仰ぐ 高澤良一 宿好
関照るや紅葉にかこむ箱根山 来山
闇紅葉出湯の温みの身に滲まず 林原耒井 蜩
關守の徳利かくすもみち哉 紅葉 正岡子規
阿修羅像胸に紅葉の燃え立てり 大竹多可志
阿寒潮は阿寒の底や紅葉冷 吉岡秋帆影
阿武隈川一瀑に果つ渓紅葉 篠田悌二郎
阿闍梨径ここより岐れ草紅葉 柳沢仙渡子
降つてすぐ乾く瓦や柿紅葉 長谷川櫂 天球
降られゐることもしづかな紅葉狩 稲畑汀子
院々の肉煮ゆる香や夕紅葉 川端茅舎
陣場野や踏まれて燃ゆる草紅葉 岩田つねゑ
陵の雨となりたる紅葉かな 吉田鴻司
陶土打つ杵の谺や谷紅葉 渡部勝雄
陶酔の夕焼の中草紅葉 鈴木石夫
陽の当たる紅葉山こそ羞しき 鳴戸奈菜
隙多き暮しと思ふ紅葉づれる 牧石剛明
障子しめて四方の紅葉を感じをり 星野立子(1903-85)
障子洗ふ水にかつ散る紅葉かな 草間時彦 櫻山
障子貼る嵯峨のもみぢ葉貼りこめて 及川貞 夕焼
障干しめて四方の紅葉を感じをり 立子
隠り沼の浮草水草紅葉かな 岡田日郎
隠るるごと来て万山の照紅葉 野沢節子 八朶集以後
隠れ家に夏も藜の紅葉哉 藜 正岡子規
隠沼の鷭の双子や菱紅葉 邊見京子
雉子打の濡れて帰るや草の雨 尾崎紅葉
雑木紅葉誇れる山をいつも身に 雨宮抱星
雜炊にはつとちりこむもみち哉 散紅葉 正岡子規
離乳粥少し固めに初紅葉 辻恵美子
雨ありて一色増しぬ山紅葉 高澤良一 石鏡
雨にほふ紅葉且つ散るいろは坂 佐藤勇奈男
雨に濡れし桜紅葉を詠みしひと 田中冬二 俳句拾遺
雨やめば熱くなる湯や紅葉冷 福田蓼汀 秋風挽歌
雨やんで茣蓙ひろぐれば紅葉かな 田中裕明 櫻姫譚
雨コート着て凌ぎたり紅葉冷え 富田潮児
雨上がり白膠木紅葉は木の女 鳴戸奈菜
雨滴怺へし紅葉谷蜜月旅行(ハネムーン) 鷹羽狩行 誕生
雨連れて鉄砲風や紅葉谷 今井杏太郎
雨音の止みて瀬音や紅葉宿 森田 愛子
雪と紅葉の境界にゐて雪に降らる 加藤知世子 花寂び
雪に埋まる里なるを紅葉田を綴る 安斎櫻[カイ]子
雪の山紅葉の山に隠れけり 正木ゆう子 静かな水
雪起る紅葉の上や聖一忌 松瀬青々
雲なかば岩を残して紅葉けり 山口素堂
雲ふれて散れる紅葉もありぬべし 福田蓼汀 山火
雲を吐く大江ケ岳の紅葉かな 会津八一
雲中の滝とどろかず初紅葉 澤田緑生
雲早し水より水に散るもみぢ 紫暁
雲来り雲去る滝の紅葉かな 夏目漱石
雲来り雲去る瀑の紅葉かな 夏目漱石 明治二十八年
雲流る木地師の里の紅葉狩 吉田彌生
雲海の荒磯紅葉の縦走路 福田蓼汀 秋風挽歌
雲海へ紅葉吹き散るななかまど 岡田貞峰
雲脱ぐやいただき迄も草紅葉 小澤満佐子
雲起る紅葉の上や聖一忌 松瀬青々
雲霧の何時も遊べる紅葉かな 松本たかし
雷鳥の換羽吹かるる草紅葉 岡田 貞峰
電車見に跳ねてゆくゆく草紅葉 井原愛子
震源の遠きにありて紅葉山 中田美子
霊と肉たたかふごとく紅葉せり 沼尻巳津子
霊水の一すぢ光る紅葉滝 林 道子
霊泉の味の濃かりし照紅葉 安藤 節
霜きえて酒の煙れる紅葉哉 松岡青蘿
霜にぬれてもみぢ葉かづく小雀かな 暁台
霜月の小道にくさる紅葉かな 霜月 正岡子規
霧の中むら消えのして紅葉山 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
霧はがれ渓の紅葉の照り出しぬ 米澤道子
霧晴るゝいとまは短か尾根もみぢ 及川貞 夕焼
霧淡し禰宜が掃きよる崖紅葉 久女
霧迅し山は紅葉をいそぎつゝ 竹下しづの女 [はやて]
霧雨は紅葉の谿を濁らしむ 岡田日郎
霧雨や紅葉絶えたる裏普賢 下村ひろし 西陲集
露地もみぢ映えて行成色紙読む 及川貞 夕焼
露天湯の紅葉に染まり更年期 鈴木照子
露紅葉屍が下通る門なりや 斎藤空華 空華句集
青岸渡寺紅葉ちり込む大香炉 近藤文子
青空の押し移りゐる紅葉かな 松藤夏山 夏山句集
青空の雨をこぼせる紅葉かな 楠目橙黄子 橙圃
青竹の樋の閼伽汲めばもみぢ浮く 及川貞 夕焼
静かなり紅葉の中の松の色 越人
静かなる村光りつつ紅葉す 印南耀子
静けさを淋しさとせず夕紅葉 石井とし夫
静脈を紅葉流れ眠られず 北見弟花
面倒臭さうなる桜紅葉かな 川崎展宏
面白や一尺の木も櫨紅葉 紅葉 正岡子規
鞍置いて遊べる牛も草紅葉 京極杞陽
音もなく紅葉散りゐる苔筵 杉山青風
音立てて黄葉と紅葉降りにけり 山田良子
風のかげ彩ふやしゆく紅葉狩 裕
風の日の紅葉吹き込む上野駅 鈴木鷹夫
風ばかり渡る吊橋谷紅葉 大原一花
風師山の桜紅葉の道長し 龍 康夫
風景へ朝の裏窓紅葉づれる 杉野一博
風波の立てば夕べや草紅葉 片山由美子 風待月
風蕭々紅葉筏の流れくる 重富北坡
風邪負ひて紅葉さ中の湯を怖る 野沢節子
風音は義仲のこゑ谷紅葉 高橋悦男
飛び帰る一紅葉濃し妻と別れ 香西照雄 素心
飯盛山会津漆の血の紅葉 大塚羽山
飼猿のゆすぶる襖紅葉茶屋 大橋櫻坡子 雨月
飾り紅葉に空を仕上げて古着市 松山足羽
餅の湯気両手にのこり初紅葉 姉崎蕗子
餌付栗鼠空飛んで来る紅葉晴 棚山波朗
餓鬼岳は紅葉緋縅岩鎧ふ 福田蓼汀 秋風挽歌
館内にマーラー響き蔦紅葉 水田むつみ
館内はマーラーに沸き蔦紅葉 水田むつみ
首洗ひ池の萍紅葉して 有川 淳子
香久山の冬の紅葉は火種ほど 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
香嵐渓三千本の紅葉映ゆ 磯野充伯
馬つなぐ木に散りそむる紅葉哉 紅葉 正岡子規
馬の沓換ふるや櫨の紅葉散る 紅葉散る 正岡子規
馬の背の大根白し夕もみち 紅葉 正岡子規
馬はずんで紅葉且つ散るその真額 阿部完市 軽のやまめ
馬柵ちかく寝窪ののこる草紅葉 児玉 小秋
馬行くや雨の棧橋夕紅葉 紅葉 正岡子規
馬車道に瓦斯燈ともる蔦紅葉 古賀まり子
駈けだして日暮の匂ひ紅葉散る 牧石剛明
駈ける子に寝転がる子に草紅葉 中里泰子
駕下りて紅葉へ二里と申す也 紅葉 正岡子規
駕舁や紅葉は焚かす茶碗酒 紅葉 正岡子規
騎馬一人従者五六人紅葉狩 正岡子規
驟雨過ぎ紅葉あかりのいろは坂 佐藤慈子
骨片の月光り出づ紅葉暮れ 岡田日郎
骨酒を酌めよと峡の紅葉晴れ 上田恭子
高々と萌黄の空に夕紅葉 前田普羅 能登蒼し
高千穂峡の大襞小襞蔦紅葉 磯野充伯
高原の色のはじめの櫨紅葉 滝佳杖
高坏に紅葉の菓子や薄紅葉 上野泰 佐介
高天神城跡全山紅葉して 鈴木里隹
高校女生徒奈良漬に酔ひ寺紅葉 中村草田男
高野先生!信濃の紅葉好きですか 筑紫磐井
高雄やまあはれに深きもみぢかな 瓦全 五車反古
高雄路や紅葉の下の砧盤 比叡 野村泊月
髪のピン光る山中の紅葉に逢ひ 櫛原希伊子
鬼となり言の葉を吐く櫨紅葉 高澤晶子
鬼の間や夜の紅葉の錦縁 言水 選集「板東太郎」
鬼塚はただの大石紅葉谷 本庄登志彦
鬼女なにかつぶやきはじむ紅葉谿 加藤耕子
鬼女の笛ながれそむなり初紅葉 湯本道生
鬼女もまた口中渇く紅葉山 高橋かほる
鬼女谷に入り行く紅葉かつ散れり 町田しげき
鬼灯は実も葉もからも紅葉かな 芭蕉
鬼灯は実も葉も殻も紅葉哉 松尾芭蕉
鬼無里村河鹿謡へり鬼女紅葉 高澤良一 燕音
鬼界への通路のごとく紅葉道 伊津野功一
鬼神とも無我ともなれず櫨紅葉 赤尾恵以
魚(うろくづ)を紅葉にかへむ総持かな 筑紫磐井 婆伽梵
魚汁のとばしる草も紅葉かな 一茶
魯知深の寺を追はるゝもみち哉 紅葉 正岡子規
鮨鮒や終は五輪の下紅葉 高政
鮫の歯のひそひそ噛みし紅葉かな 谷川雁
鮮烈の紅葉を裾に岩場聳つ 中戸川朝人 残心
鯉こくのとろりと熱し紅葉宿 大熊輝一 土の香
鯉こくや後すでに枝紅葉 宇佐美魚目 秋収冬蔵
鯉の口水草紅葉にぎやかに 安斉君子
鯉の背の浮み出でたり菱紅葉 高浜虚子
鰍突紅葉了へたる瀬々の雨 黒木野雨
鰹見し若葉は紅葉はしり鮭 涼山
鱒池を繋ぐ清流草紅葉 関森勝夫
鳥に声人に心や初紅葉 瀬戸内敬舟
鳥辺野の紅葉明りに猫の墓 牧野一古
鳩ノ巣の紅葉愛でつゝ見ず知らず 高澤良一 石鏡
鳰鳥の息のながさよ櫨紅葉 誓子
鳳来寺祭群衆紅葉冷え 松本たかし
鳴り競ふ紅葉時雨に五ッ釜 福田蓼汀 秋風挽歌
鴉来て深みにはまる紅葉谷 河合凱夫
鴛鴦の来て箱根の宮はうす紅葉 大橋櫻坡子 雨月
鴨の足や今は氷の下紅葉 笑角 選集「板東太郎」
鵙来れば桜もみぢは散りやすし 秋櫻子
鶏が鳴く吾妻に欅もみぢあり 川崎展宏
鶴の飛ぶ釧路湿原草もみぢ 金子幽霧
鶺鴒のあるひはありく草紅葉 椎橋清翠
鶺鴒のめくら飛びして散る紅葉 北川みよ子
鷄の鳴く奥もありむらもみち 紅葉 正岡子規
鷹の声青天おつる草紅葉 相馬遷子
鹿にやる菓子の殘りや紅葉茶屋 鹿 正岡子規
鹿に指ねぶらせ紅葉見てをりし 西本一都 景色
鹿の足よろめき細し草紅葉 西山泊雲 泊雲句集
鹿鳴けり紅葉の絵札のなかにゐて 高島征夫
麗子像動くともなき散り紅葉 火村卓造
黄泉の師よ桜はすでに紅葉して 中村キヌ子
黄葉す紅葉す斯く入院す 竹下しづの女句文集 昭和十五年
黄葉に紅葉からみ散るまじや 原コウ子
黄葉は散り紅葉は旺んなり 高野素十
黄葉へと紅葉へと木々別れあり 稲畑汀子 春光
黄葉や紅葉や村に這入りけり 高浜虚子
黄葉一樹輝きたてり紅葉山 西山泊雲 泊雲句集
黄葉紅葉匂ひの少しづつちがふ 伊藤敬子
黄葉紅葉尽きし一天信子逝く 文挟夫佐恵
黒姫山へ尾を曳く葡萄紅葉かな 水田光雄
黒髪を梳くにも瀬に佇つ峡もみぢ 柴田白葉女
鼻紅葉終にしほ木の夕煙 与謝蕪村
龍王を祭る淵に臨んで紅葉哉 寺田寅彦

以上
by 575fudemakase | 2016-10-28 18:48 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26323144
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング