紅葉 補遺2

紅葉 補遺2

水葵草の紅葉に数へられ 上田五千石『天路』補遺
水青く石白く兩岸の紅葉哉 正岡子規 紅葉
水青し即ち紅葉あれば尚 上野泰
水音と即かず離れず紅葉狩 後藤比奈夫
水音の紅葉ちる岩の上には観世音 種田山頭火 自画像 落穂集
水鳥の水尾の長しよ紅葉の前 清崎敏郎
汝が髪に散銀杏吾に散紅葉 岡本眸
汝なき桜紅葉に還りける 加藤秋邨
池の面の矮枝(ひくえだ)のびて紅葉せり 伊丹三樹彦
池正しく縮緬波や草紅葉 山口青邨
汽車の窓折々うつる紅葉哉 正岡子規 紅葉
汽車はひく餘生のけむり紅葉狩 百合山羽公 樂土
沈潜し昂揚し錦木紅葉 後藤比奈夫
沖は漁火降る雨の灯に崖もみぢ 及川貞 榧の實
沙羅双樹時を同じく紅葉して 山口誓子
沙羅紅葉来世明るしとぞ思ふ 後藤比奈夫
河内から大和へ出でぬ柿紅葉 正岡子規 紅葉
河馬が子を生みたる池の散紅葉 後藤比奈夫
油紋に散る紅葉 廃閘門淀み 伊丹三樹彦
沼舟の水尾よせ濡るる草紅葉 福田蓼汀 秋風挽歌
法要につぐ観劇のもみぢ狩 飯田蛇笏 雪峡
波郷に立つ武蔵野の欅その紅葉 相馬遷子 雪嶺
泣く乳子をあやす紅葉のまさかりに 平畑静塔
洞門のきはみ紅葉の照りてけり 石橋秀野
洲の砂礫紫帯びぬ谿紅葉 香西照雄 素心
流れゆく紅葉も見ゆれ月の淵 松本たかし
流水鳴る闇出て紅葉かざされて 香西照雄 素心
浮寝鳥 逆さ紅葉を褥とし 伊丹三樹彦
浮島や紅葉合点合点と 阿波野青畝
浮紅葉分けて くつくつ 餌漁り鴨 伊丹三樹彦
海からの晩鴉も納め島紅葉 中村草田男
深吉野の紅葉の坂のわらべ唄 岡井省二 明野
深山はもはや真紅に紅葉せる 平畑静塔
深耶馬の空は瑠璃なり紅葉狩 杉田久女
混み合つて家鴨天国草紅葉 山田みづえ 草譜
混血幼児みな昼寝して照紅葉 及川貞 榧の實
添水桶に沈む紅葉の鋭さよ(詩仙堂) 細見綾子
添水樋に沈む紅葉の鋭さよ 細見綾子 桃は八重
清貧童貞服従の黒衣水草紅葉 金子兜太
渓声に近づき離れ紅葉狩 鷹羽狩行
渓声をきき寝ねんとす紅葉宿 山口青邨
渓流がまたあらはれ来櫨紅葉(白山山麓白峰村) 細見綾子
渓流へ乗りだす枝の紅葉まだ 鷹羽狩行
渓紅葉トロッコ電車軋みゆく 村山故郷
渓紅葉冷え極まれば散りにけり 鷲谷七菜子 游影
渓谷の夕けはしく紅葉焚く 細見綾子
温泉の流煙れる門の夕紅葉 松本たかし
温泉の神の幟も赤しむら紅葉 河東碧梧桐
温泉の香のただよひゐるや夕紅葉 松本たかし
温泉手拭欄を吹き落ち紅葉飛ぶ 松本たかし
温泉煙のかたまり飛べる紅葉冷え 清崎敏郎
湖のある岡の寺、さらに湖のひろく見ゆる紅葉に登り 荻原井泉水
湖をとりまく山の紅葉かな 正岡子規 紅葉
湧く歓語紅葉前線追う旅で 楠本憲吉 方壺集
湯の谿に葡萄紅葉の下に鳴る 木村蕪城 一位
湯地獄の流れに沿ひて草紅葉 鷹羽狩行
湯女今日は母を訪ふとて紅葉晴 高野素十
湯女暗し紅葉の下の径に遇ふ 前田普羅 能登蒼し
湯女顔を蔽ひ紅葉の風に佇つ 高野素十
湯煙の紅葉になびき消えてゆく 上村占魚 球磨
湿原の毛書くはしき菅紅葉 富安風生
満天星の紅葉をかさね石組めり 水原秋櫻子 旅愁
満山紅葉には早しあざやかな照葉ここにあり 荻原井泉水
満目の紅葉の中の四季櫻 星野立子
源氏画の車もかもな夕紅葉 正岡子規 紅葉
溶岩の上溶岩流れしが草紅葉 山口誓子
滝の白さなりぬれにぞぬれし紅葉なり 荻原井泉水
滝を下に間伐りせし谷紅葉かな 河東碧梧桐
滝冷に鍛へられては紅葉す 阿波野青畝
滝迸り紅葉火照りのひまもなし 林翔
滿山の紅葉一條の流れ哉 正岡子規 紅葉
漆紅葉一葉にをれば唇のごと 角川源義
漢人の家庇無し蔦紅葉 阿波野青畝
潅木帯紅葉し尽くし落ち尽くし 山口誓子
潺湲のひびきそこらに草紅葉 山口青邨
澁柿や高尾の紅葉猶早し 正岡子規 柿
澁鮎のさりとて紅葉にもならず 正岡子規 錆鮎
澄むとなく水草紅葉うちながし 上田五千石『天路』補遺
濃き紅葉ひろへばほかの葉が目につく 篠原梵 年々去来の花 中空
濃く淡くひるがへりつつ蔦紅葉 阿波野青畝
濃紅葉と夜を隔てたる句の屏風 中村汀女
濃紅葉と戦ふごとくうち対ふ 富安風生
濃紅葉に喰ひ入る傘は誰人ぞ 阿波野青畝
濃紅葉に教へられつつ薄紅葉 後藤比奈夫
濃紅葉に日のかくれゐる美し々 松本たかし
濃紅葉のほとりなりせば煙濃し 後藤夜半 底紅
濃紅葉のまはりをなにか立ちのぼる 上村占魚 球磨
濃紅葉のランタンの如く垂るる枝 山口青邨
濃紅葉の一木目立ちて景を為す 高浜年尾
濃紅葉の一本ならずめでたさよ 高野素十
濃紅葉の下にふたたび三たび逢ふ 後藤夜半 底紅
濃紅葉の二三本湯女二三人 高野素十
濃紅葉の紛れかかりし暮色かな 清崎敏郎
濃紅葉の走り火が咲く杉生原 能村登四郎
濃紅葉の隙を煙草の輪は天へ 福田蓼汀 山火
濃紅葉や生きてゐしかば刻の中 岡本眸
濃紅葉を古歌のまにまに手向草 富安風生
濡れいろの杉生が抱くもみぢ山 能村登四郎
瀑声のみちびく方へ紅葉狩 上田五千石『天路』補遺
瀧の糸青き紅葉を透きて楚々 川端茅舎
瀧紅葉早瀬紅葉も丹生のもの 上田五千石『天路』補遺
瀬の石に一草も無し紅葉谿 阿波野青畝
火ともせはずんぶり暮るゝ紅葉哉 正岡子規 紅葉
火のごとき草紅葉して凶作田 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
火のつきし早さに漆もみぢかな 鷲谷七菜子 一盞
火の山の裾のやさしさ草紅葉 鷹羽狩行
火の山を負ひ立つ碑なり草紅葉 水原秋櫻子 玄魚
火の水の神の創りし櫨紅葉 鷹羽狩行
火の糧は 青年持ち寄る 紅葉の谷 伊丹三樹彦
火気を禁じて真盛りの紅葉寺 鷹羽狩行
灯ともしの顔に灯うつる紅葉かな 正岡子規 紅葉
炉は方形石もて築く草紅葉 山口青邨
焚くものにもみぢ葉ばかりなる奢 富安風生
焚火あと光琳紅葉まきちらし 川端茅舎
焚火して暮れし紅葉のまた泛ふ 水原秋櫻子 緑雲
無くてならぬ人亡し今日の散紅葉 林翔
無人島みづからのため草紅葉 津田清子
煙たつ軒にふすぼるもみち哉 正岡子規 紅葉
煙立つ紅葉の中の小村かな 正岡子規 紅葉
照り競ふ紅葉を囃す瀬音あり 林翔
照紅葉さきほど時雨したりとか 阿波野青畝
照紅葉人恋ひ寄ると奈落なり 角川源義
熔岩原にもみぢするものあまたあり 高浜年尾
熱泉のほとりの太木もみぢ濃し 上村占魚
燃え残りゐたる紅葉にほと焔 星野立子
燃え殘る伽藍のあとの紅葉かな 正岡子規 紅葉
燃え競ふ二つの竃紅葉狩 福田蓼汀 山火
燦々と夕日紅葉の山葡萄 水原秋櫻子 殉教
爐にくべて紅葉を焚けば鹿の聲 正岡子規 鹿
片側に濃紅葉置きて火山晴 大野林火 潺潺集 昭和四十年
片膝に靴紐むすぶ草紅葉 森澄雄
牛の子を追ひ追ひはいるもみち哉 正岡子規 紅葉
牛小屋の留守に鹿鳴く紅葉哉 正岡子規 紅葉
牛小屋を覗き猿見て紅葉狩 右城暮石 散歩圏
物貰ひ罷りならぬ紅葉の里を通る 鈴懸 種田山頭火
犬吠えて故郷荒れぬ柿紅葉 正岡子規 紅葉
狐舎の径白膠木の紅葉赫と燃ゆ 水原秋櫻子 岩礁
狩りくらす靱の底の紅葉哉 正岡子規 紅葉
猪は去る人は耕す紅葉冷え 金子兜太
猿引の家はもみちとなりにけり 正岡子規 紅葉
猿茶屋に大枝挿せし紅葉かな 河東碧梧桐
玄界に本の栞の紅葉飛ぶ 福田蓼汀 山火
玉垣の朱まで紅葉の朱を強め 山口誓子
玉砂利を掃く長箒散紅葉 山口青邨
瑠璃鳥の瑠璃隠れたる紅葉かな 原石鼎 花影
甘酒はあまきや一木濃き紅葉 山口青邨
生きものの胸で翔つ雉子 草紅葉 伊丹三樹彦
生きる張り路傍の草も紅葉して 鈴木真砂女 夕螢
田の畔は草の紅葉を田螺掘り 森澄雄
由布が嶺の日裏となりし紅葉かな 高浜年尾
男ども布団を運ぶ紅葉宿 山口青邨
町ありく樵夫の髪にもみち哉 正岡子規 紅葉
町へ來て紅葉ふるふや奈良の鹿 正岡子規 鹿
町人に親し欅のうすもみぢ 高浜年尾
画布の中櫨の紅葉のいよゝ濃く 石橋秀野
畑墾く遠き木ぬれの紅葉かな 河東碧梧桐
畑広し蔵立つあたり散る紅葉 河東碧梧桐
畦の櫨老木にして紅葉せり 高野素十
病牀ノ財布モ秋ノ錦カナ 正岡子規 紅葉
痩村と思ひの外の紅葉哉 正岡子規 紅葉
登山隊倒れて憩ふ山毛欅紅葉 水原秋櫻子 玄魚
白日・紅葉煙草廃めたる両手垂らし 中村草田男
白河の關を染めけり夕紅葉 正岡子規 紅葉
白瀧の二筋かゝる紅葉かな 正岡子規 紅葉
白雲の上に岩あり蔦紅葉 正岡子規 蔦紅葉
白雲や三千丈の蔦紅葉 正岡子規 蔦紅葉
白雲紅葉ともし火見えて日暮れたり 正岡子規 紅葉
白鳥の座る汀の芝紅葉 山口青邨
白鷺の泥にふみこむもみち哉 正岡子規 紅葉
百日祭来て萍も紅葉せり 能村登四郎
盃を止めよ紅葉の散ることよ 高野素十
目ざましき柿の紅葉の草家かな 村上鬼城
目の下やおよそ紅葉の十箇村 正岡子規 紅葉
目の前の櫨がよき子のごと紅葉 後藤比奈夫
目もあやに紅葉ちりかゝる舞の袖 正岡子規 散紅葉
目をつむるとき百雷の谿紅葉 橋閒石 和栲
目法楽して紅葉みち佛みち 伊藤白潮
目立ちしは皆櫨紅葉ならぬなし 高浜年尾
看経を懐にして紅葉山 飴山實 花浴び
眞帆片帆小島小島の紅葉哉 正岡子規 紅葉
眞黒に釣鐘暮れるもみち哉 正岡子規 紅葉
真珠養ふ入江の山の初紅葉 上村占魚
眠る子を父抱き通す紅葉狩 右城暮石 虻峠
眩しさの続く限りの紅葉径 岸田稚魚 紅葉山
眼ある者見よ火口にも草紅葉 山口誓子
石となり神仏むつむ紅葉冷え 鷹羽狩行
石を焚く里に宮居の紅葉かな 河東碧梧桐
石上布留の早紅葉うすくとも 阿波野青畝
石垣に固めし院の紅葉かな 川端茅舎
石壇や一つ一つに散もみち 正岡子規 散紅葉
石寄せて即ちかまど紅葉谷 鷹羽狩行
石山に四五本漆紅葉かな 村上鬼城
石山の石も紅らむ照紅葉 鷹羽狩行
石灰石尽きたる証草紅葉 鷹羽狩行
石炭の尽きし山々紅葉せる 山口誓子
石白き渇れ川蓼が紅葉して 細見綾子
石門に雲の宿かる紅葉哉 正岡子規 紅葉
砂土手や山をかざして櫨紅葉 正岡子規 紅葉
砂浜や草紅葉してところ~ 村上鬼城
研師来るさくら紅葉の信濃より 飯田龍太
砥の如き水にも紅葉明りかな 清崎敏郎
碓氷川やや紅葉妙義やや紅葉 高野素十
碧湖より青天かけて山紅葉 香西照雄 素心
碧潭に紅葉襲ねて夕寒き 日野草城
碧潭や紅葉ちりこみ吐き出す 尾崎放哉 大学時代
磔に寝て朝ごとの蔦紅葉 斎藤玄 雁道
磨崖仏 その顔は消え 紅葉明り 伊丹三樹彦
磨崖仏普腎菩薩はもみぢ映え 山口青邨
磨崖仏蔦紅葉して垂れゐたり(室生、大野寺) 細見綾子
磯しくれ花も紅葉もなかりけり 正岡子規 時雨
祇王桜祇女桜あはれもみぢして 山口青邨
神かくし昔ありたる紅葉山 中村苑子
神の子のあちこちと追ふや散る紅葉 正岡子規 散紅葉
神の座はどの紅葉山妍競ふ 大野林火 飛花集 昭和四十三年
神垣の紅葉流しといふ雨か 高野素十
神懸の紅葉次第に坂急に 高浜年尾
神杉や三百年の蔦紅葉 正岡子規 蔦紅葉
神松や三百年のつたもみぢ 正岡子規 蔦紅葉
神橋に紅葉颪の斜めなり 松本たかし
神橋は人も通らす散紅葉 正岡子規 散紅葉
神殿の御格子おろすもみち哉 正岡子規 紅葉もみち<木+色>
神殿はもとより素なり照紅葉 松本たかし
神酒やがて岨ゆきてさめる紅葉かな 飯田蛇笏 山廬集
禁酒菩薩杯を笠に紅葉映 山口青邨
禅寺の澄みし虚空や紅葉狩 上野泰 春潮
禿なる紅葉の下を過ぎるのみ 阿波野青畝
禿頭や尖んがり山や紅葉四五分 金子兜太
秋の山瀧を殘して紅葉哉 正岡子規 秋の山
秋声碑のこる紅葉の燃えてゐし(金沢卯辰山) 細見綾子
稚児落し紅葉の奥と聞きしのみ 阿波野青畝
稲の中に夕日さしこむ紅葉草村上鬼城
稲車 難渋 離宮の遠紅葉 伊丹三樹彦
稻刈て村靜か也柿紅葉 正岡子規 紅葉
穀蔵を出て山明し櫨紅葉 西島麦南 人音
穫入れしものそくばくに紅葉晴 木村蕪城 一位
空に透き紅葉いちまいづつならぶ 長谷川素逝 暦日
空の端が燃え上るほど紅葉して 平井照敏
空は永久の地色藪を背に紅葉 香西照雄 対話
空林や流れのあれば紅葉しづめ 橋本多佳子
窯変に似たる彩あり柿紅葉 右城暮石 散歩圏
竜胆の崖見つかりし紅葉狩 右城暮石 散歩圏
竝松や根はむしられて蔦紅葉 正岡子規 蔦紅葉
端山なる松間の紅葉殊によし 高浜年尾
端山紅葉霧を脱ぎつゝ近づき来 相馬遷子 山河
竹寺の紅葉の火付役は蔦 鷹羽狩行
竹林に一幹かしぐ櫨紅葉 能村登四郎
竹林をそびらに紅葉うきあがり 長谷川素逝 暦日
笠ぬげば笠の上にも紅葉かな 正岡子規 紅葉
笹原に笹のたけなる紅葉かな 正岡子規 紅葉
笹原の稚木漆初紅葉 山口青邨
筧して紅葉の水を流しをり 細見綾子
箒持つて所化二人立つ紅葉哉 正岡子規 紅葉
箱根人参育て紅葉す箱根山 百合山羽公 寒雁
箱根山中早や紅葉焚く煙り立つ(箱根早雲寺宗祇碑、裏山に墓あり) 細見綾子
箱根路は一月早し初もみち 正岡子規 紅葉もみち<木+色>
篝火に十一月の青もみぢ 山口青邨
篠原や日あたる蔦のむらもみぢ 飯田蛇笏 山廬集
簗川に映る紅葉は流れ来ず 平畑静塔
簷の月真近に明けぬ紅葉宿 高野素十
籾殻に京の山相佐渡紅葉 香西照雄 対話
粟の穂の紅葉ぞしたる面白き 阿波野青畝
粥水の如くうすくて紅葉濃し 高野素十
粧ふと言ふべかりけり紅葉濃し 後藤夜半 底紅
紅の夕日を浦の紅葉かな 正岡子規 紅葉
紅紫檀ひと葉のもみぢ見するかな 石川桂郎 高蘆
紅葉あかくせかれて言ひもいづるべき 細見綾子 桃は八重
紅葉あかるく手紙よむによし 尾崎放哉 須磨寺時代
紅葉あり夕日の酒屋月の茶屋 正岡子規 紅葉
紅葉あり寺も社も岡の上 正岡子規 紅葉
紅葉かざし寒山も拾得も石となる 山口青邨
紅葉かつ散つて酒屋に酒ぎつしり 岡本眸
紅葉かつ散り 玄武洞かつ滴る 伊丹三樹彦
紅葉かつ散りてかつ浮き大正池 鷹羽狩行
紅葉かつ散る 山椒魚棲む水の平ら 伊丹三樹彦
紅葉かつ散る 山湖の就眠儀式 いま 伊丹三樹彦
紅葉かつ散るありて焚かるるもあり 鷹羽狩行
紅葉かつ散るまで道路鏡の中 鷹羽狩行
紅葉かつ散る廻廊の日当りに 佐藤鬼房
紅葉かつ黄葉して谷見せしめず 鷹羽狩行
紅葉から二町はなれて夕月夜 正岡子規 夕月
紅葉さげて汽車にのる人集いけり 尾崎放哉 大学時代
紅葉しつくさんとする空青し 細見綾子
紅葉してしばし日の照る谷間かな 村上鬼城
紅葉してひそかに語る森の木々 相馬遷子 雪嶺
紅葉して且つ映ゆるべき水あらず 上田五千石『琥珀』補遺
紅葉して何とわかねどさまをなし 清崎敏郎
紅葉して兀山一つのこりけり 正岡子規 紅葉
紅葉して囂しきに似し木あり 相生垣瓜人 明治草
紅葉して山の齢は知りがたし 山口誓子
紅葉して島は神なり海は苑 鷹羽狩行
紅葉して庭美しき帚草 森澄雄
紅葉して強日さへぎる誕生日 上田五千石 森林
紅葉して木々も歡娯を盡くしをり 相生垣瓜人 負暄
紅葉して汝は何といふ水草ぞ 鷹羽狩行
紅葉して羅漢の肌のなどさむき 伊丹三樹彦
紅葉して苺畑の小春かな村上鬼城
紅葉して野沢菜うまし信濃路は 水原秋櫻子 蘆雁
紅葉して錦に埋む家二軒 正岡子規 紅葉
紅葉して雲より赤し葡萄園 石塚友二 光塵
紅葉し尽すを今日は目のあたり 細見綾子
紅葉すぎて山は雪待つばかりなり 上村占魚 球磨
紅葉すすむ紅葉せぬ木は鬱陶し 金子兜太
紅葉すと靴濡らすまで湖に寄る 山口誓子
紅葉するまいぞと耐えてゐるごとし 平井照敏
紅葉する木立もなしに山深し 正岡子規 紅葉
紅葉する木紅葉せぬ木や島を去る 高野素十
紅葉する百丈の崖蝶放つ 中村汀女
紅葉する蔦さへ見えず神の松 正岡子規 蔦紅葉
紅葉すれば西日の家も好もしき 村上鬼城
紅葉せし木も沈鬱に傾けり 相生垣瓜人 明治草
紅葉せぬいはほも山もなかりけり 正岡子規 紅葉
紅葉せぬ余木と連理せるもあり 阿波野青畝
紅葉せりつらぬき立てる松の幹 水原秋櫻子 殉教
紅葉せり何もなき地の一樹にて 平畑静塔
紅葉せり松その上に枝を垂れ 水原秋櫻子 蘆刈
紅葉せる中にも沙羅の夕紅葉 水原秋櫻子 玄魚
紅葉せる峰の高みに信の道 上田五千石『琥珀』補遺
紅葉せる木を隔て行くダム湖畔 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
紅葉せる老い桜をも別きて見し 相生垣瓜人 負暄
紅葉ちる和尚の留守のいろり哉 正岡子規 散紅葉
紅葉ちる常寂光寺よき日和 高野素十
紅葉ちる音ひびくらし厨子の裡 松本たかし
紅葉づれる桂林の山三百段 松崎鉄之介
紅葉と煖炉紅葉のごとくにして一座 荻原井泉水
紅葉にはまだ早き樹々朝日燦 林翔
紅葉には少し早しと谷下る 細見綾子
紅葉にも一日にぎわし京の秋 正岡子規 紅葉
紅葉に来文士は文を以て讃へ 阿波野青畝
紅葉に笑みいし人もすでに昔 金子兜太
紅葉に臓腑を低く谷の人 飯島晴子
紅葉のはげしき山に懸巣鳴く 百合山羽公 寒雁
紅葉の中新居夕日に染みやすく 香西照雄 素心
紅葉の中杉は言ひたき青をもつ 森澄雄
紅葉の二三本見て疲れきる 原裕 青垣
紅葉の宴悪酔すでに一人二人 金子兜太
紅葉の島に近寄り寄らず航く 桂信子 新緑
紅葉の旅伎藝天女の膝下まで(秋篠寺) 細見綾子
紅葉の樹ダムに映れば煉瓦館 山口誓子
紅葉の賀わたしら火鉢あつても無くても 阿波野青畝
紅葉の賀われがさきがけ泣き出せり 大野林火 月魄集 昭和五十五年
紅葉の高原老年の訃はやわらか 金子兜太
紅葉はやさびをり岩の屹立に 佐藤鬼房
紅葉は水に、水は石を流れる 荻原井泉水
紅葉は淡彩、谷は墨色かげりゆく 荻原井泉水
紅葉ひとところ雨だれのしげくなる 大野林火 冬青集 雨夜抄
紅葉ふんで村嬢塩をはこびけり 飯田蛇笏 山廬集
紅葉また散り重なりし音を立て 清崎敏郎
紅葉まだ千鳥掛なる嵐山 鷹羽狩行
紅葉まで道路工事の急がるる 右城暮石 散歩圏
紅葉まんだらその上に白穂高 鷹羽狩行
紅葉みな眩し冷やかなる齢 鷲谷七菜子 銃身
紅葉やがて散り沈むべき水清し(京都貴船) 細見綾子
紅葉やく烟は黒し土鑵子 正岡子規 紅葉
紅葉よし連に見せ度く指さしぬ 星野立子
紅葉よりなほ濃きものを思ひをり 後藤比奈夫
紅葉より瀧ちる谷間谷間かな 正岡子規 紅葉
紅葉より鮮土木用紅ペンキ 山口誓子
紅葉をそつくり山の道路鏡 鷹羽狩行
紅葉を出て腹まで真赤赤い犀 金子兜太
紅葉を掃きゐし青き竹箒 細見綾子
紅葉を疲れの色と知らざるや 平井照敏
紅葉且つ散り東洋城の忌なりけり 安住敦
紅葉且つ散ると神将払子を斜に 安住敦
紅葉且つ散るカルストに鬼の穴 佐藤鬼房
紅葉且つ散る人の心は読み難し 安住敦
紅葉且つ散る古みちは山いためずよ 上田五千石『琥珀』補遺
紅葉且つ散る急流を巌ばさみ 上田五千石 森林
紅葉且つ散る轟音のごとく散る 金子兜太
紅葉且散る散華といえる語とは別に 楠本憲吉 孤客
紅葉中身をよぢりては滝落す 清崎敏郎
紅葉中鯉飼はれゐて落付かず 能村登四郎
紅葉冷えしてあとかたもなき脂粉 上田五千石『森林』補遺
紅葉冷え強くて滝の捻れ落つ 鷹羽狩行
紅葉冷てふは唐黍焼く娘にも 後藤比奈夫
紅葉冷小鼻酸くなる湯の匂ひ 阿波野青畝
紅葉冷紅葉寒とも託ちつつ 清崎敏郎
紅葉出て落ちこむ瀧や霧の中 正岡子規 霧
紅葉原野やつて来ました大村屋 金子兜太
紅葉坂一歩をかけて打ち仰ぎ 高野素十
紅葉坂老を支へて打ち仰ぎ 高野素十
紅葉坂越えむとするに息足らず 岸田稚魚 紅葉山
紅葉客手摺には腰すべからず 阿波野青畝
紅葉寒一戸に字の名をとどめ 上田五千石『森林』補遺
紅葉寒遠嶺の日ざし吾に来ず 細見綾子
紅葉寺三世三千仏の図を 山口青邨
紅葉寺大涅槃図を蔵しけり 安住敦
紅葉寺重文百雪隠を遺す 安住敦
紅葉山いろんな色に落着かず 岸田稚魚 紅葉山
紅葉山かつ散る山と国分ち 上田五千石 天路
紅葉山たらりたらりと人帰る 藤田湘子
紅葉山づかと塞ぎて國境 松本たかし
紅葉山の文庫保ちし人は誰 正岡子規 紅葉
紅葉山右に左に汽車徐行 星野立子
紅葉山月ぞら既に濃くなんぬ 下村槐太 光背
紅葉山火元のごとく燃ゆるところ 松村蒼石 雪
紅葉山燃える燃えると鵯過ぎし 能村登四郎
紅葉山町押しちぢめ立てるかな 高田風人子
紅葉山白馬連峰を左右に断つ 水原秋櫻子 帰心
紅葉山禰宜をろがむは伊勢のかた 木村蕪城 一位
紅葉山越すヘリコプターかたかたと 山口誓子
紅葉山近づきすぎて仰がれず 右城暮石 散歩圏
紅葉山遠くて林檎園に見え 平畑静塔
紅葉山高くそそりて利根細る 松本たかし
紅葉岳雲と青空移り行く 右城暮石 天水
紅葉崖稀に且つ散ることをせり 上田五千石 天路
紅葉折て夕日寒がる女哉 正岡子規 紅葉狩
紅葉折て腕たしかむる男哉 正岡子規 紅葉狩
紅葉折る木魂かへすや鏡石 前田普羅 普羅句集
紅葉拾ってばかり 女の過去憧憬 伊丹三樹彦
紅葉掃く白砂の上を草帚 星野立子
紅葉摺うつや高雄の這入口 河東碧梧桐
紅葉散りて夕日少し苔の道 正岡子規 散紅葉
紅葉散り一幹の照あらはなる 桂信子 草影
紅葉散り果てし明るさ卯辰山(金沢卯辰山) 細見綾子
紅葉散り深大寺蕎麦の床几あり 水原秋櫻子 岩礁
紅葉散る 得たりや応と 巻込む渦 伊丹三樹彦
紅葉散るや夕日少なき杉の森 正岡子規 散紅葉
紅葉散る亀は黄檗山に出て 古舘曹人 砂の音
紅葉散る京は女のよいところ 正岡子規 散紅葉
紅葉散る劇の稽古の雄叫びに 林翔
紅葉散る山の日和や杉の露 正岡子規 散紅葉
紅葉散る岡の日和や除幕式 正岡子規 散紅葉
紅葉散る水は瀬となり瀧と落つ 水原秋櫻子 殉教
紅葉散る玉ころがしの瀬を早み 上田五千石 天路
紅葉日が暮れた山をうごかしたいと思ふ見てゐる 中川一碧樓
紅葉昏る頂きに日はありながら 桂信子 花影
紅葉晴ゆうべのことはなにもいはじ 上村占魚 球磨
紅葉暮れいのちもくれてしまひけり 草間時彦 櫻山




紅葉暮れうるしのごとき山の闇 山口青邨
紅葉暮れ人の顔暮れ消えにけり 草間時彦 櫻山
紅葉未だしと呟くも山居かな 金子兜太
紅葉林湯女の唱歌の聞へけり 前田普羅 能登蒼し
紅葉添ひ肌青むかに谿の沙(すな) 香西照雄
紅葉渓単線かくもさびしきか 石塚友二 方寸虚実
紅葉渓暮らしの飯場難工事 右城暮石 句集外 昭和三十八年
紅葉渓月をかかげて暗きかな 富安風生
紅葉濃き道へ道へと車混む 稲畑汀子
紅葉濃く春慶塗はここで塗る 山口青邨
紅葉濃し太平洋に面しゐて 右城暮石 句集外 昭和四十六年
紅葉濃し燃ゆる悲しみ色と見て 稲畑汀子
紅葉濃し綿虫も濃くなりにけり 相生垣瓜人 明治草抄
紅葉濃し谷川嶽の雪照りて 松本たかし
紅葉焚きし灰やしばらく火を含む 中村草田男
紅葉焚きゐたりし白緒草履かな 細見綾子
紅葉焚き修学院村けぶりけり 水原秋櫻子 旅愁
紅葉焚くけむり一縷となりにけり 水原秋櫻子 餘生
紅葉焚くことも心に本を読む 山口青邨
紅葉焚く勝海舟の墓も古り 川端茅舎
紅葉焚く十六相の羅漢寄る 阿波野青畝
紅葉焚く寺苑ひろきに僧一人 水原秋櫻子 餘生
紅葉焚く火の神の髪現れし 上野泰 春潮
紅葉焚く焔を高くあげ北に住む 木村蕪城 寒泉
紅葉焚く煙の柱松を抽き 川端茅舎
紅葉焚く絵巻の中の地獄変 有馬朗人 知命
紅葉焚く金閣寺燃えおつるかな 有馬朗人 知命
紅葉焚けば煙這ひゆく水の上(大阪箕面) 細見綾子
紅葉焼く法師は知らず酒の燗 正岡子規 紅葉燗(かん<酉+間>)
紅葉照り伐折羅大将生きてをる 阿波野青畝
紅葉照るいのちあかるし束の間の 細見綾子
紅葉照る倚像の如来三指欠く 松本たかし
紅葉照る双つ泉を姉妹とも 上田五千石 風景
紅葉照る奥に目洗不動尊 阿波野青畝
紅葉照る山塊醜くかりけるよ 阿波野青畝
紅葉照る打越の峯かへりみよ 上田五千石『天路』補遺
紅葉照る松食虫の松哀れ 阿波野青畝
紅葉燃えたたせ火の気は禁じあり 後藤比奈夫
紅葉燃え何か告げたきお修羅さま 加藤秋邨
紅葉狩いづれうながすともなくて 上田五千石『琥珀』補遺
紅葉狩別れ別れに歩くなり 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
紅葉狩御岳の神の鈴を買ふ 山口青邨
紅葉狩時雨るゝひまを荘にあり 杉田久女
紅葉狩禅海洞もくぐりけり 百合山羽公 樂土以後
紅葉狩軍荼利講旗先頭に 阿波野青畝
紅葉狩鬼すむ方を見つけたり 正岡子規 紅葉狩
紅葉行風ふつきれて谷へ落つ 原裕 青垣
紅葉裡に日の藪青春くゆりたつ 香西照雄 対話
紅葉見え瀧見える茶屋の床几かな 正岡子規 紅葉
紅葉見し眼を杉山に入り冷す 能村登四郎
紅葉見てここに下りぬ崩梁 山口青邨
紅葉見て帰れば炬燵出来てあり 山口青邨
紅葉見て老師に手紙書く日なり 百合山羽公 樂土
紅葉見て花見て経しや露の墓 角川源義
紅葉見に来しにはあらず美しき 波多野爽波 鋪道の花
紅葉見のやどかるほどに月の雨 飯田蛇笏 霊芝
紅葉見の人に鈴振り馬車を遣る 後藤比奈夫
紅葉見の大き山雲居坐りぬ 岸田稚魚
紅葉見の舟著けて居る三軒屋 正岡子規 紅葉狩
紅葉見の馬車駆る峡の雨暗く 高浜年尾
紅葉見や女載せたる駕の雨 正岡子規 紅葉狩
紅葉見や法事くづれの女たち 草間時彦 櫻山
紅葉見や異國の王子馬で來る 正岡子規 紅葉狩
紅葉谷あまねく見しや遺髪おく 角川源義
紅葉谷の上に巍々たり御本山 川端茅舎
紅葉谷日の恋しくて引返す 鷹羽狩行
紅葉谷日蓮御舎利のこしける 川端茅舎
紅葉谷日蓮茲に荼毘(だび)に附し 川端茅舎
紅葉谷流砂の冥府徒歩わたる 角川源義
紅葉谷腑分けてゆけり逆髪忌 岡井省二 猩々
紅葉谷障子破れて湯宿あり 細見綾子
紅葉谿に下りゆく魚にならんため 野澤節子 八朶集以後
紅葉谿よきときに友現はるる 原裕 青垣
紅葉谿仰ぐ女の指繊し 飯田龍太
紅葉谿探しに行きし人探す 右城暮石 句集外 昭和五十五年
紅葉谿明眸の鹿飼はれたる 能村登四郎
紅葉谿飛び行く鴉背を見せて 右城暮石 一芸
紅葉貼リこめし障子に夜の瀬音 深見けん二
紅葉雨鎧の武者のとほき世を 三橋鷹女
索の道よりほかになし紅葉谷 鷹羽狩行
索道のいよいよ急に紅葉狩 鷹羽狩行
絶壁に夕日うらてるもみち哉 正岡子規 紅葉
綿雲のましろき桜紅葉かな 日野草城
総紅葉厠へ闇を追ひ籠めて 香西照雄 対話
縁談はひとに紅葉はわれに映ゆ 木村蕪城 一位
繁紅葉一砲兵の挙手ぞこれ 小林康治 四季貧窮
繪のやうな紅葉ちる也霜の上 正岡子規 霜
置ける如吹かれ来し如散紅葉 後藤夜半 底紅
羊歯濡れぬ紅葉をとほす山の雨 水原秋櫻子 重陽
羊腸の道すがらなる夕紅葉 阿波野青畝
美しき葉の紅葉して柿不作 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
羞らひと言はむ薄日の初紅葉 林翔
義士祭の 紅葉かつ散る 揃い踏み 伊丹三樹彦
翁来てもぐさの匂ひ紅葉山 岡井省二 大日
老いたればまた字を忘れ散紅葉 安住敦
耳になほ妻の聲音草紅葉 森澄雄
耶馬人の耶馬の紅葉を賞めたゝへ 高野素十
耶馬渓の山皆高き紅葉哉 尾崎放哉 大学時代
聞香のあとのこころや夕紅葉 阿波野青畝
肖像画には飽いた 城からの遠紅葉 伊丹三樹彦
肥積みに山吹もみぢちりそめぬ 飯田蛇笏 春蘭
背に鳥帽子かけた仕丁や薄もみち 正岡子規 紅葉もみち<木+色>
背の丘に秋はもみぢを踏みて住む 及川貞 榧の實
背の山に秋はもみぢを踏みて住む 及川貞 夕焼
膝さむく坐して女の紅葉狩 右城暮石 句集外 昭和四十九年
臆病に蔦は紅葉をしそめたる 清崎敏郎
臘八のいろはもみぢをすこし焚く 古舘曹人 樹下石上
自動車のついて賑はし紅葉狩 杉田久女
自動車の給油満タン紅葉狩 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
自動車の行くところまで紅葉狩 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
舞うては天 転げては地の 散紅葉 伊丹三樹彦
舟入れて久しくなりぬ紅葉川 下村槐太 天涯
舟流すあとに押しよるもみち哉 正岡子規 紅葉
舟着やうきくさ紅葉敷き寄せて 水原秋櫻子 旅愁
舷を狭めてさかのぼる紅葉舟 鷹羽狩行
船あしをゆるめ近づく島紅葉 波多野爽波 鋪道の花
船からは屏風絵のさま島紅葉 鷹羽狩行
船頭の社案内や散る紅葉 河東碧梧桐
色鯉のゐて水中も紅葉どき 鷹羽狩行
艶の色怨の色雨の散紅葉 林翔
芝紅葉焔となりて石つつむ 山口青邨
花よりも 紅葉よりもの 吉野の霜 伊丹三樹彦
苔にまで燃え移らむと寺紅葉 鷹羽狩行
苔に立ち苔に散るなり照紅葉 水原秋櫻子 殉教
苔の上のひとつひとつの散り紅葉 長谷川素逝 暦日
苔庭に冷雨たたへてうすもみぢ 飯田蛇笏 春蘭
苗柿の葉ももみぢして実の一つ 飯田蛇笏 心像
若杉にまだ眩しさの紅葉山 鷲谷七菜子 花寂び
苫の霜夜の間にちりし紅葉哉 正岡子規 散紅葉
英霊の秋寂びて桜紅葉しぬ 渡邊水巴 富士
茶の山の木々は紅葉を遅らせて 山口誓子
茶菓子二つねまるや大き柿紅葉 角川源義
草の戸は紅葉をかぶり遠白浪 佐藤鬼房
草もみぢの赤は鋭しゆで卵(秋田、男鹿半島三句) 細見綾子
草もみぢ一図な道を火口湖へ(秋田、男鹿半島三句) 細見綾子
草もみぢ湖のおもひの色に出て 鷹羽狩行
草もみぢ百葉箱を塗り重ね 鷹羽狩行
草も木も紅葉せむとて立ち細り 鷹羽狩行
草紅葉 嵌め 長城の石の窓 伊丹三樹彦
草紅葉かの夜の余技はなにならむ 飯田龍太
草紅葉ここより熊野詣径 稲畑汀子
草紅葉したりはこべに至るまで 清崎敏郎
草紅葉してどの丘もわれら呼ぶ 中村汀女
草紅葉してなきがらは一夜のみ 飯田龍太
草紅葉してゑのころも活けらるる 稲畑汀子
草紅葉して崩御即践祚の地 飯田龍太
草紅葉すとて野川に来りけり 細見綾子
草紅葉たなごといへどもみづりぬ 森澄雄
草紅葉はかなきものに入日映ゆ 水原秋櫻子 霜林
草紅葉はや母の死後二十年 飯田龍太
草紅葉ばつたが宿は荒にけり 正岡子規 紅葉
草紅葉ひとのまなざし水に落つ 桂信子 月光抄
草紅葉みさゝぎどころならぬなし 百合山羽公 春園
草紅葉バスを待つ客たもとほる 日野草城
草紅葉何やら人に倦む思ひ 廣瀬直人 帰路
草紅葉修道院の四方の山 大野林火 冬雁 昭和二十二年
草紅葉兎跳びては舐めにけり 阿波野青畝
草紅葉子に母のこゑ木裏より 飯田龍太
草紅葉小野の黄昏真一文字 石塚友二 方寸虚実
草紅葉川幅ひろきところかな 鈴木真砂女 夏帯
草紅葉巫女いつとなく神に馴れ 飯田龍太
草紅葉敷きて岐るる鶴見川 水原秋櫻子 餘生
草紅葉暮るる地獄図極楽図 飯田龍太
草紅葉死の間際まで見えし眼か 飯田龍太
草紅葉気丈な母で通しけり 安住敦
草紅葉焦げて鰻の餌の終り 百合山羽公 寒雁
草紅葉猫を埋めるすべもなし 後藤比奈夫
草紅葉瑠璃光の水ひろごりぬ 川端茅舎
草紅葉磐城平へ雲流れ 大野林火 冬雁 昭和二十一年
草紅葉空いくたびか夜を経て 廣瀬直人
草紅葉老婆二人の医者通ひ 廣瀬直人 帰路
草紅葉臼杵石仏いよいよ古る 高野素十
草紅葉醒めきつて水流れゐる 廣瀬直人
草紅葉隔つや流水急なるを 山口誓子
草紅葉頚廃いよゝ甚し 高野素十
草紅葉骨壺は極小がょし 飯田龍太
荒寺や金屏はげて夕紅葉 正岡子規 紅葉
菅笠をぬげばもみぢの二ツ三ツ 正岡子規 紅葉
菜畑の中の堤や草紅葉 河東碧梧桐
菱の葉はみな三角にして紅葉 山口青邨
萍紅葉鯰の頭覗くびよう 金子兜太
落ちてきてもみちひつゝく團子哉 正岡子規 散紅葉
落人そば今は歴と紅葉茶屋 百合山羽公 樂土以後
落合のほとりの村や柿紅葉 河東碧梧桐
落葉踏むさすがにやさしもみぢばは 山口青邨
葛もみぢ磧も水にいたみたる 飴山實 次の花
葡萄小屋ただよふごとく棚紅葉 山口青邨
蒔絵師の住みなす庵の初紅葉 日野草城
蓮枯れて寺の紅葉もなかりけり 河東碧梧桐
蓮枯れて泥に散りこむ紅葉かな 正岡子規 散紅葉
蓼科紅葉人間孤となり奇となり 金子兜太
蔦は木に属して木ごと紅葉せり 鷹羽狩行
蔦もみぢ神が登つてゆきにけり 中村苑子
蔦紅葉 もとより憤怒磨崖仏 伊丹三樹彦
蔦紅葉けなげに登りつめにけり 阿波野青畝
蔦紅葉せり甃坂の一町ほど 鷹羽狩行
蔦紅葉一縷大幹にゑがきける 山口青邨
蔦紅葉巌の結界とざしけり 大野林火 冬雁 昭和二十二年
蔦紅葉濡れしは今かしぐれけむ 水原秋櫻子 岩礁
蔦紅葉穴太積よりぶらさがり 阿波野青畝
蔦紅葉笠縫邑とまをしけり 阿波野青畝
蔵出しの酒の匂へるうすもみぢ 細見綾子
蔵書印十千万堂(とちまんどう)紅葉書を曝す 山口青邨
蕎麥白く柿の紅葉に夕榮す 正岡子規 紅葉
薄の葉さへくれなゐに草紅葉 山口青邨
薄紅葉にはあらざりし初紅葉 後藤比奈夫
薄紅葉基調の苑の濃き紅葉 後藤比奈夫
薄紅葉紅にそめよと與へたり 正岡子規 紅葉
藁塚よりも低き枝伸べ柿紅葉 清崎敏郎
藁家をめくりて柿の紅葉哉 正岡子規 紅葉
藁屋根にくさりついたるもみち哉 正岡子規 散紅葉もみち<木+色>
藪かこふ寺の土塀や蔦紅葉 正岡子規 蔦紅葉
藪のなかの紅葉見てたづねる 尾崎放哉 小豆島時代
藪蔭に夕日の足らぬもみち哉 正岡子規 紅葉
蘆高う隔てゝ里の紅葉かな 河東碧梧桐
蘗のもみぢしてあるすゝき中 右城暮石 句集外 昭和三年
虹消えて夕山寒し薄紅葉 正岡子規 紅葉
蛤石松茸石と草紅葉 山口青邨
蜀道難転落五台紅葉谿 松崎鉄之介
血なまくさき戸隱山の紅葉哉 正岡子規 紅葉
衂られしごと一枚の柿紅葉 清崎敏郎
行き当たりばつたりに行く紅葉狩 右城暮石 散歩圏
行く秋にしがみついたり蔦紅葉 正岡子規 行く秋
行く秋や松にすがりし蔦紅葉 正岡子規 蔦紅葉
行く秋や紅葉の中の一軒家 正岡子規 紅葉
行く秋を奇麗にそめし紅葉哉 正岡子規 紅葉
行く雲を染めては流す紅葉山 林翔
行場過ぎ流水紅葉山くだる 大野林火 飛花集 昭和四十六年
衣洗ふ脛にひつゝくもみち哉 正岡子規 散紅葉
裏山のけむれる此方紅葉かな 河東碧梧桐
裏山の日なき紅葉に下りけり 高野素十
裏日本の夕照りの紅葉なり見てくれたまえ 荻原井泉水
裏紋の楢の神の木うすもみぢ 山口青邨
裏表きらりきらりとちる紅葉 正岡子規 散紅葉
裸湯に斜日の紅葉映じけり 河東碧梧桐
裾の辺を遠く覗かす紅葉瀧 上田五千石 琥珀
裾山にもみぢをはりの織尽くす 上田五千石『天路』補遺
西うくる奈良の家々紅葉かな 正岡子規 紅葉
西行庵址紅葉を焚けば火色憑く 香西照雄 素心
見えてゐる紅葉と見えてくる紅葉 後藤比奈夫
見ればある貧しき草木紅葉せり 相馬遷子 山国
見上ぐれば石壇高し夕紅葉 正岡子規 紅葉
見下ろせる度にダム見ゆ紅葉狩 右城暮石 散歩圏
見納めのごとくに濃ゆき初紅葉 後藤比奈夫
角枝の火木に燃ゆる紅葉かな 河東碧梧桐
訪ねけり浄智寺紅葉久能落葉 百合山羽公 樂土以後
詩で老いた指 犀川の紅葉つまみ 伊丹三樹彦
誰よりも疲れし我や夕紅葉 松本たかし
誰れへ土産となく土瓶買ふ紅葉かな 渡邊水巴 白日
誰を呼んでも紅葉の天に声とどく 平井照敏 猫町
誰彼の食の細さよ櫨紅葉 佐藤鬼房
讀み盡きし状をこぼるゝ紅葉哉 正岡子規 紅葉
讀み盡きて手紙こほるゝ紅葉哉 正岡子規 紅葉
谷わたり丘こえ葡萄棚紅葉 山口青邨
谷を渡り寺に上るところ紅葉哉 正岡子規 紅葉
谷下りて水に手ひたすうすもみぢ 細見綾子
谷多き鎌倉おそくまで紅葉 鷹羽狩行
谷川の砂洲に紅葉の落ち溜る 右城暮石 句集外 昭和五十六年
谷川は藍より青しむら紅葉 正岡子規 紅葉
谷底に空の狹さやむら紅葉 正岡子規 紅葉
谷水に紅葉づくしの空あそぶ 原裕 青垣
谷深く夕日一すぢのもみち哉 正岡子規 紅葉
谷窪に落ち重なれるもみち哉 正岡子規 紅葉
谷陰に夕日の殘る紅葉かな 正岡子規 紅葉
谿紅葉日陰は水の凝るところ 上田五千石 天路
豆腐屋の豆腐の水にもみち哉 正岡子規 紅葉
豆腐屋も紅葉山から水引けり 飴山實 次の花
貝石に紅葉とり散らす土産かな 河東碧梧桐
貸しくれし草履うれしき草紅葉 星野立子
貸馬にまたがる乙女草紅葉 山口青邨
賊の名に死すや山墓紅葉冷 古舘曹人 砂の音
賞められてよかりし沙羅の紅葉かな 後藤比奈夫
賢しらを捨てに行くなり紅葉山 藤田湘子 てんてん
赤き放心需め紅葉の旅に出づ 中村草田男
赤松の幹に紅葉のうつろはず 高浜年尾
赤松の幹もて紅葉山に伍す 鷹羽狩行
赤黒き迄谷底の紅葉哉 尾崎放哉 大学時代
起き抜けて下りて行くなり紅葉川 細見綾子
趣は濃紅葉よりも薄紅葉 清崎敏郎
足許をかばひて歩く草紅葉 稲畑汀子
足音の乱れて通る紅葉山 廣瀬直人
路川になり川路に谷紅葉 山口青邨
踏石のあれば従ひ庭紅葉 星野立子
身に襞のくさ~ぞあり紅葉山 岡井省二 鯛の鯛
軒の端や裏葉すゝけて蔦紅葉 正岡子規 蔦紅葉
軒紅葉遠紅葉して槍穂高 松本たかし
軽食の午後見て水草紅葉かな 能村登四郎
轆轤挽く家や紅葉を鉢に植し 河東碧梧桐
轟枕といふ語ありたり山紅葉 三橋敏雄
辨當を鹿にやつたるもみち哉 正岡子規 紅葉
辻の霧染めし紅葉は白膠木かも 水原秋櫻子 蘆雁
近山にもみぢのきゆる日ざしかな 松村蒼石 雪
追竿の先の細さや遠紅葉 松本たかし
逆光に紅葉一枚 晩年期す 伊丹三樹彦
透き通る氷の中の紅葉哉 正岡子規 氷
這ひのぼり失せし日かげや谷紅葉 松本たかし
通りぬけ通りぬけても紅葉哉 正岡子規 紅葉
通天の下に火を焚く紅葉かな 正岡子規 紅葉
遅れ来て午後の色なる照紅葉 能村登四郎
遊女つれて京に入る日や紅葉散る 正岡子規 散紅葉
道々の菊や紅葉や右左 正岡子規 紅葉
道二つ馬士と木こりのもみち哉 正岡子規 紅葉
道細り川細りつつ紅葉濃し 上村占魚 球磨
道迷ひ来しも一興紅葉狩 右城暮石 散歩圏
遠き嶺の紅葉一期の夕日照る 松村蒼石 雪
遠くより見て近づきぬ櫨紅葉 山口青邨
遠く見し山の近づき紅葉せる 右城暮石 天水
遠望すれば紅葉もけぶる如くなり 安住敦
遠紅葉見るとも 五十肩揉むとも 伊丹三樹彦
遠蔵王見る褥とす草紅葉 山口青邨
遠雪嶺黒部に紅葉下りて来し 角川源義
遡源行遅疑する妻へ紅葉流す 香西照雄 対話
配するに常滑の苔草紅葉 上田五千石『天路』補遺
酒を賣る紅葉の茶屋に妖女あり 正岡子規 紅葉
酒飲んでしづかな人や紅葉狩 山口青邨
酔いどれてぶな紅葉を泣き歩く 金子兜太
酢のにほふ白き飯くふ草紅葉 日野草城
醍醐辺川水を照る紅葉かな 河東碧梧桐
重き材を宙にぶらりと紅葉谷 山口誓子
重ね着の背のあたゝかや草紅葉 石橋秀野
金剛の石を染めなせ蔦紅葉 阿波野青畝
金輪際柱状節理紅葉峡 阿波野青畝
釣鐘を染め殘したる紅葉哉 正岡子規 紅葉
鉛筆の落ちて音せず草紅葉 星野立子
鉢について来て紅葉して無名草 富安風生
鉢栽の小松が中の紅葉かな 正岡子規 紅葉
鉢植の松にも蔦の紅葉かな 正岡子規 蔦紅葉
鉾杉が頂上に立つ紅葉山 山口誓子
銀山の品を拾はず紅葉折る 平畑静塔
錦木の老いてすくなき紅葉かな 後藤夜半 底紅
鍋の火のほろほろ立てり草紅葉 古舘曹人 砂の音
鍋支度もみぢおろしの夜寒かな 草間時彦
鍬形の流れに星座紅葉かな 河東碧梧桐
長トンネル二つくぐりて出し紅葉 右城暮石 句集外 平成四年
門なくて土橋渡れば紅葉宿 星野立子
門前の小溝にくさる紅葉哉 正岡子規 散紅葉
門口に棉干す家や柿もみち 正岡子規 紅葉
門札のかすれて読めず草紅葉 星野立子
開山忌済みたるしぐれもみぢかな 上田五千石 琥珀
關守の徳利かくすもみち哉 正岡子規 紅葉
阿賀川も紅葉も下に見ゆるなり 河東碧梧桐
降り立てば山傾きて紅葉せり 右城暮石 散歩圏
院々の肉煮ゆる香や夕紅葉 川端茅舎
陵前に踏む散紅葉 憂国忌 伊丹三樹彦
陸奥湾岸紅葉し土と化し屈葬 金子兜太
陸奥紅葉「死ぬまで生きる」と萱野の茶 金子兜太
障子しめて四方の紅葉を感じをり 星野立子
障子洗ふ水にかつ散る紅葉かな 草間時彦 櫻山
障子貼る嵯峨のもみぢ葉貼りこめて 及川貞 夕焼
障子越す紅葉あかりや焼あまご 能村登四郎
隠るるごと来て万山の照紅葉 野澤節子 八朶集以後
隠るるごと桜もみぢのはじまりし 鷲谷七菜子 一盞
隠れ家に夏も藜の紅葉哉 正岡子規 藜
雑木やや山の紅葉に遅れたり 上田五千石 風景
雑木紅葉被て在します観世音 石塚友二 玉縄以後
雑魚はねて萍もみぢひろごりぬ 雨滴集 星野麥丘人
雜炊にはつとちりこむもみち哉 正岡子規 散紅葉
雨あとの石あらはなる坂紅葉 松本たかし
雨かかる紅葉は宵のすがたかな 大野林火 冬青集 雨夜抄
雨ながら紅葉を雲に小谷城 水原秋櫻子 殉教
雨に濡れまたあざやかに散紅葉 山口青邨
雨の出て風の出てはぜ紅葉かな 岸田稚魚 紅葉山
雨やめば熱くなる湯や紅葉冷 福田蓼汀 秋風挽歌
雨後のごと夕雲あそぶ紅葉墓 角川源義
雨滴怺へし紅葉谷蜜月旅行 鷹羽狩行
雨脚を見せずに紅葉谷の濡れ 鷹羽狩行
雨降りて肌のさむさよ初紅葉 日野草城
雪の岳巖肌なれば紅葉せず 水原秋櫻子 霜林
雪の巖四山紅葉を籠ふ上に 水原秋櫻子 霜林
雲に泊つ深山紅葉も末つ方 上田五千石『天路』補遺
雲の下すすけ銅山紅葉せり 平畑静塔
雲ふれて散れる紅葉もありぬべし 福田蓼汀 山火
雲出でて風いでて紅葉山騒ぐ 星野立子
雲垂れて巨いなる山の紅葉せり 水原秋櫻子 岩礁
雲海の荒磯紅葉の縦走路 福田蓼汀 秋風挽歌
雲足の疾きに 身震う峯紅葉 伊丹三樹彦
雲霧の何時も遊べる紅葉かな 松本たかし
雷神燃え合ふ紅葉地獄かな 中村苑子
電柱は山の紅葉にねぎらはれ 津田清子
電車はやし紅葉する果樹園も過ぎ 山口誓子
霜凪に濃き紅葉見ゆ向ひ島 河東碧梧桐
霜月の小道にくさる紅葉かな 正岡子規 霜月
霧かかり来て揺るるなり蔦紅葉 清崎敏郎
霧寒し寄せては焚ける散紅葉 水原秋櫻子 緑雲
霧島で雪に逢ひたる紅葉狩 高浜年尾
霧晴るゝいとまは短か尾根もみぢ 及川貞 夕焼
霧淡し禰宜が掃きよる崖紅葉 杉田久女
露地もみぢ映えて行成色紙読む 及川貞 夕焼
露草のなほ咲きつづく草紅葉 山口青邨
青天や緑ちりばめ紅葉山 山田みづえ 手甲
青竹の樋の閼伽汲めばもみぢ浮く 及川貞 夕焼
青笹と漆紅葉としぐれけり 日野草城
面白や一尺の木も櫨紅葉 正岡子規 紅葉
鞍部(たね)の辺の地肌も見えて紅葉山 能村登四郎
頽齢の家持なりや桜紅葉 佐藤鬼房
風のかげ彩ふやしゆく紅葉狩 原裕 青垣
風塵となりて瀬をとぶ紅葉かな 阿波野青畝
風林火山の文字散紅葉ほど多し 百合山羽公 樂土
飛び帰る一紅葉濃し妻と別れ 香西照雄 素心
飛騨紅葉人体もつれ合う隣家 金子兜太
飽食や萱の紅葉によこたはる 日野草城
飾らばやよき壷ここに草紅葉 山口青邨
餓鬼岳は紅葉緋縅岩鎧ふ 福田蓼汀 秋風挽歌
香焚いておろす蔀や山紅葉 水原秋櫻子 旅愁
馬つなぐ木に散りそむる紅葉哉 正岡子規 紅葉
馬の沓換ふるや櫨の紅葉散る 正岡子規 紅葉散る
馬の背の大根白し夕もみち 正岡子規 紅葉
馬行くや雨の棧橋夕紅葉 正岡子規 紅葉
馬車で行く高さがたのし紅葉狩 後藤比奈夫
駕下りて紅葉へ二里と申す也 正岡子規 紅葉
駕舁や紅葉は焚かす茶碗酒 正岡子規 紅葉
騎馬一人從者五六人紅葉狩 正岡子規 紅葉狩
骨がちとして色綴る紅葉かな 阿波野青畝
高々と萌黄の空に夕紅葉 前田普羅 能登蒼し
高坏に紅葉の菓子や薄紅葉 上野泰 佐介
高校女生徒奈良漬に酔ひ寺紅葉 中村草田男
高空に草紅葉せり火口壁 水原秋櫻子 磐梯
魁けて紅葉したるは既に濃き 清崎敏郎
魯知深の寺を追はるゝもみち哉 正岡子規 紅葉
鮒のゐて紅葉水中にも及ぶ 鷹羽狩行
鳥羽僧正紅葉明りを来つつあり 佐藤鬼房
鳰鳥の息のながさよ櫨紅葉 山口誓子
鳴り競ふ紅葉時雨に五ッ釜 福田蓼汀 秋風挽歌
鳴る川と紅葉真紅に明るき恋 飯田龍太
鴨あまた一夜に下りぬ散紅葉 水原秋櫻子 重陽
鴨つぎつぎ着水 身震う櫨紅葉 伊丹三樹彦
鵙の贄見に径よる艸紅葉 右城暮石 句集外 昭和三年
鵙来れば櫻もみぢは散りやすし 水原秋櫻子 新樹
鵯の声萍紅葉点じたり 清崎敏郎
鶏の尾のしだれの草も紅葉かな 河東碧梧桐
鷄の鳴く奥もありむらもみち 正岡子規 紅葉
鹿にやる菓子の殘りや紅葉茶屋 正岡子規 鹿
鹿の頭を撫でて紅葉の旅終る 細見綾子
黄も赤も紅葉祭の造花濃し 右城暮石 句集外 昭和四十九年
黄葉とも紅葉とも見し数樹あり 相生垣瓜人 負暄
黄葉は散り紅葉は旺んなり 高野素十
黒木積で紅葉が中や一軒家 河東碧梧桐
黒漆の厨子うち開き紅葉冷え 松本たかし
黒髪に紅葉散るなり山の寮 日野草城
黙庵に桜紅葉の日をゆづる 角川源義
鼠返しの絶壁にすがり紅葉せり 村山故郷

以上
by 575fudemakase | 2016-10-28 18:53 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26323158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング