夜寒 の俳句

夜寒 の俳句

夜寒 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23239179/

夜寒 補遺

あはれ子の夜寒の床の引けば寄る 中村汀女
いさり火を横にながめたる夜寒哉 正岡子規 夜寒
いま着きて夜寒の町に降り来り 山口誓子
おかめかぼちや卓上にあり夜は寒き 山口青邨
おしろいの香のあたゝかき夜寒かな 日野草城
おちよろ舟夜寒の潮を漕ぐ灯かも 水原秋櫻子 帰心
おとづれの名刺の白き夜寒かな 日野草城
おのれしたしき朝寒も夜寒さも 森澄雄
おもてから見ゆや夜寒の最合風呂 正岡子規 夜寒
かの札所らしき夜寒の一点灯 阿波野青畝
きつつきに戸をたゝかれし夜寒かな 鈴木真砂女 夏帯
きんつはの行燈暗き夜寒哉 正岡子規 夜寒
くさ飼へば夜寒の老馬ゑまひけり 飯田蛇笏 霊芝
このままに夜寒の雲となりゆくか 下村槐太 天涯
この夜寒座敷童子のゐる気配 鷹羽狩行
こゑごゑをさな夜寒さの湯戻りか 上田五千石 琥珀
さし向ふ夫婦の膳の夜寒哉 正岡子規 夜寒
しばたたく夜寒の翳を睫毛にし 大野林火 白幡南町 昭和二十七年
すれ違ふ夜寒電車の中まる見え 右城暮石 句集外 昭和三十三年
その木いつも夜寒のともし洩れてゐぬ 大野林火 青水輪 昭和二十四年
そよぐ早稲藤中將眠らしめ 佐藤鬼房
だまされてわるい宿とる夜寒かな 正岡子規 夜寒
ともし火をあてに舟よぶ夜寒哉 正岡子規 夜寒
ともる窓夜寒ごころをほぐし過ぐ 大野林火 冬雁 昭和二十二年
どの人も耳朶貧しうて電車夜寒 松崎鉄之介
はん鐘の音する夜の寒さかな 正岡子規 夜寒
ひとり見る夜寒の闇に指を立て 加藤秋邨
ほとほとと陰たたくこの夜寒かな 平井照敏 猫町
ほほ笑みの遺影したしき夜寒かな 森澄雄
まだ吊りて夜寒風鈴鳴りにけり 日野草城
まどろめる夜寒の媼に菊の鉢 松村蒼石 寒鶯抄
まなぶたを撫でて寝につく夜寒かな 鷹羽狩行
まんだらの朱色夜寒をいろどりぬ 大野林火 冬雁 昭和二十二年
みちのくの客に夜寒の床のべて 山口青邨
むかし寺のありたる町の夜寒哉 尾崎放哉 大学時代
もの言ひをおもひとどめし夜寒顔 上田五千石『風景』補遺
わりなしや夜寒を眠る通夜の人 正岡子規 夜寒
アパートの鍵や夜寒の障鵯らし 鈴木真砂女 夏帯
サーチライト脱けえぬ敵機夜寒なり 渡邊水巴 富士
ダム放つ谷とどろきも夜寒かな 上田五千石『森林』補遺
バスの灯の過ぎて夜寒の川明り 石塚友二 光塵
ブラジルの朝寒夜寒四日たち 星野立子
一つづゝ波音ふくる夜寒哉 正岡子規 夜寒
一つ家や夜寒*ほうとうすすりあふ 飯田蛇笏 山廬集
一ところ畳のくぼむ夜寒かな 橋閒石 雪
一ところ畳の沈む夜寒かな 橋閒石
一人旅一人つくつく夜寒哉 正岡子規 夜寒
一宿の富士の裾野の夜は寒し 山口青邨
一枚の夜寒が降りし両の肩 橋閒石 朱明
一水の夜寒の音を束ねたり 上田五千石 森林
一茶忌へちかづく夜寒そぞろ寒 上田五千石 風景
丁々と碁を打つ家の夜寒哉 正岡子規 夜寒
三厘の風呂で風邪引く夜寒かな 正岡子規 夜寒
三階の灯を消しに行く夜寒哉 正岡子規 夜寒
下戸の党膳を徹する夜寒かな 河東碧梧桐
下駄の音脳に響きつ夜寒けれ 石塚友二 方寸虚実
不忍の池をめぐりて夜寒かな 正岡子規 夜寒
丹波夜寒友と寝がたり二三言 大野林火 青水輪 昭和二十六年
二人子よ夜寒の枕寄せねむり 古沢太穂 古沢太穂句集
交番の交代時の夜寒哉 正岡子規 夜寒
人住まぬ戸に灯のうつる夜寒哉 正岡子規 夜寒
今生は償ひの生夜寒くる 能村登四郎
仏壇や夜寒の香のおとろふる 飯田蛇笏 霊芝
仮の世の母の影曳く夜寒かな 佐藤鬼房
伊香保の灯見えて夜寒や榛名山 松本たかし
佛壇のともし火消ゆる夜寒哉 正岡子規 夜寒
俳魔して夜寒の病魔払はせん 河東碧梧桐
傘さしてけやきのしたの宵寒み 大野林火 海門 昭和七年
傾城に袖引かれたる夜寒哉 正岡子規 夜寒
傾城のぬけがらに寐る夜寒哉 正岡子規 夜寒
傾城の海を背にする夜寒哉 正岡子規 夜寒
僧に似て夜寒布団の白づくめ 大野林火 雪華 昭和三十八年
僧一人竝が岡の夜寒哉 正岡子規 夜寒
僧四人俗大勢に夜寒の灯 星野立子
兄弟のざこね正しき夜寒哉 正岡子規 夜寒
先に寝し子のぬくもり奪ふ夜寒かな 杉田久女
児の父の征旅をしのぶ夜寒かな 飯田蛇笏 春蘭
児の父の遐壊をしのぶ夜寒かな 飯田蛇笏 心像
兒二人竝んで寐たる夜寒哉 正岡子規 夜寒
八雲乙吉跡は夜寒の佃煮屋 百合山羽公 樂土以後
出女が風邪引聲の夜寒かな 正岡子規 夜寒
出女の油をこぼす夜寒かな 正岡子規 夜寒
刄物置いて盗人防ぐ夜寒かな 正岡子規 夜寒
勤行のすんで灯を消す夜寒かな 正岡子規 夜寒
化けさうな行燈に寺の夜寒哉 正岡子規 夜寒
十八人女とりまく夜寒哉 正岡子規 夜寒
千曲川わたりて頓に夜寒かな 阿波野青畝
収穫の南瓜座右にはや夜寒 山口青邨
合宿の齒ぎしりひゞく夜寒哉 正岡子規 夜寒
吉原のにわか過ぎたる夜寒かな 正岡子規 夜寒
吉原の太鼓聞ゆる夜寒哉 正岡子規 夜寒
吉原の踊過ぎたる夜寒哉 正岡子規 夜寒
名にし負ふ霧の釧路の夜寒の灯 石塚友二 磊[カイ]集
向ひ地のともし消え行く夜寒哉 正岡子規 夜寒
咳き入りて身のぬくもりし夜寒かな 日野草城
咳に覚め日吉館てふ夜寒宿 能村登四郎
喧嘩せし子の寐入りたる夜寒哉 正岡子規 夜寒
地震して温泉涸れし町の夜寒哉 正岡子規 夜寒
地震飽きてふらと出でたる夜寒かな 渡邊水巴 白日
埋火をひろぐさながら夜寒星 大野林火 飛花集 昭和四十五年
城の上の星の乱れの夜寒しや 大野林火 方円集 昭和四十九年
堤歩りく提灯高き夜寒かな 尾崎放哉 大学時代
塔周りおよそ夜寒の小家がち 松本たかし
墨染に泪のあとの夜寒哉 正岡子規 夜寒
壁やれてともし火もるゝ夜寒哉 正岡子規 夜寒
壁一重牛の息聞く夜寒哉 正岡子規 夜寒
壁土を鼠食みこぼす夜寒かな 村上鬼城
壁訴訟夜寒の影をつくりつつ 大野林火 海門 昭和八年
夕刊の来て居し夜寒じめりあり 右城暮石 句集外 昭和十三年
夕寒の温泉夜寒の温泉かな 高野素十
夕寒も夜寒も旅はなつかしき 高野素十
夕月の落ちて灯を吹く夜寒かな 正岡子規 夜寒
夕焼にひとたび染みし夜寒浪 大野林火 白幡南町 昭和三十三年
夜は夜寒昼は萩の葉荒れそめて 細見綾子 桃は八重
夜は寒き片懐手稿をつぐ 山口青邨
夜は寒しいつまでも床に石飾り 山口青邨
夜は寒しそこらにすわる木偶も壷も 山口青邨
夜は寒し古肩掛を膝に掛け 山口青邨
夜を寒み俳書の山の中に坐す 正岡子規 夜寒
夜を寒み猫呼ひてあるく鄰家の女 正岡子規 夜寒
夜を寒み猫呼びありく隣家の女 正岡子規 夜寒
夜を寒み脊骨のいたき机かな 正岡子規 夜寒
夜寒い船泊つ潮凍り泣き 高屋窓秋
夜寒かたまるわれら見下す額の母 大野林火 白幡南町 昭和三十年
夜寒かな堅田の小海老桶にみて 森澄雄
夜寒かな布団の襟を頤で止め 鷹羽狩行
夜寒くゐずやぬかるみばかり横たはる 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
夜寒さに樽天王の勢哉 正岡子規 夜寒
夜寒さに鬣ふるふ馬と逢ひ 山口誓子
夜寒さのひとり笑ひに声が出て 岡本眸
夜寒さのオリオン諸星白く炎ゆ 相馬遷子 雪嶺
夜寒さの声音の低くなりゐたり 大野林火 白幡南町 昭和二十九年
夜寒さの心ゆくまで鍋磨き 鈴木真砂女 紫木蓮
夜寒さの梁の太きを恃むかな 石川桂郎 四温
夜寒さの樽天王の勢ひ哉 正岡子規 夜寒
夜寒さの海へそろひし廂かな 大野林火 海門 昭和七年以前
夜寒さの肩をもがるゝ如くなり 山口誓子
夜寒さの部屋ぬち映る窓硝子 岡本眸
夜寒さやひきしぼりぬく絹糸の音 杉田久女
夜寒さや人靜まりて海の音 正岡子規 夜寒
夜寒さや四萬は雨降る温泉の灯に 村山故郷
夜寒さや家なき原に灯のともる 正岡子規 夜寒
夜寒さや歌劇見て来て今は寝る 日野草城
夜寒さや籠の文鳥我を呼ぶ 村山故郷
夜寒さや花火遊びも宵の内 村山故郷
夜寒さや語るに落ちし鰥夫同士 能村登四郎
夜寒さや身をちゞむれば眠く成 正岡子規 夜寒
夜寒さや鮎の下りもなくなりし 森澄雄
夜寒さをはるかに越えし夜寒なる 相馬遷子 山河
夜寒さをめぐる星座とひた歩む 相馬遷子 山国
夜寒しくすり湯顔に艶賜ふ 大野林火 雪華 昭和三十八年
夜寒しと言うて命を惜むなり 後藤夜半 底紅
夜寒し海の濡れいろ町に浸み 大野林火 雪華 昭和三十九年
夜寒し逢ふは目礼交はすのみ 大野林火 冬青集 海門以後
夜寒とや座敷わらしのゐる気配 鷹羽狩行
夜寒の千本通り鉢敲き 正岡子規 鉢叩
夜寒の影遠く転げし胡桃にも 伊丹三樹彦
夜寒の戸わが影のまゝ押しひらく 石橋秀野
夜寒の戸熊手をつくる灯のもれぬ 西島麦南 人音
夜寒の戸締めに立ちゆく独言 星野立子
夜寒の海老その網の目をのがれ得ず 鈴木真砂女 夏帯
夜寒の灯かぼそき羽蟲まぐはへる 相馬遷子 雪嶺
夜寒の灯つめたき言葉胸去らず 鷲谷七菜子 黄炎
夜寒の灯穂絮飛びつくしたる芦を 大野林火 飛花集 昭和四十七年
夜寒の燈襖のなかば下照らす 大野林火 冬雁 昭和二十二年
夜寒の町射的屋は覗くだけで過ぐ 安住敦
夜寒の雨傘にこまやか会議疲れ 古沢太穂 火雲
夜寒はや妻子の寝嵩みな違ふ 小林康治 四季貧窮
夜寒も一人眠れぬときは眠らずに 石田波郷
夜寒よと語るか指が指に触れ 林翔 和紙
夜寒人熊野まんだらの前に寝し 大野林火 冬雁 昭和二十二年
夜寒僧狐の鳴くを語り去る 大野林火 冬雁 昭和二十二年
夜寒早や肌さす程に山里は 細見綾子 桃は八重
夜寒星あゆみ移せばはなやぎぬ 松村蒼石 寒鶯抄
夜寒朝寒上海の街眠りをり 山田みづえ 草譜
夜寒朝寒裲襠の子が目を去らず 相馬遷子 雪嶺
夜寒灯に厨すむわれを待つ子かな 杉田久女
夜寒貌時計の針も影を伴れ 大野林火 雪華 昭和三十六年
夜寒逝く肩をすぼむる癖ありし 大野林火 潺潺集 昭和四十年
夜寒道夢泣きの子をなだむ声 大野林火 雪華 昭和三十六年
夜寒馬車鷹揚馭者は美髯公 日野草城
大佛の足もとに寐る夜寒哉 正岡子規 夜寒
大名を藁屋にとめる夜寒哉 正岡子規 夜寒
大家の靜まりかへる夜寒哉 正岡子規 夜寒
大寺に一人宿借る夜寒哉 正岡子規 夜寒
大寺のともし少き夜寒哉 正岡子規 夜寒
大床に鼠のさわぐ夜寒哉 正岡子規 夜寒
大海を前にひかへて夜寒哉 正岡子規 夜寒
天の川二條の空の夜寒しや 正岡子規 天の川
奥山の温泉の夜寒ひとしほに 上村占魚 球磨
女将われ客に夜寒の靴揃ヘ 鈴木真砂女
妙法の太鼓聞こゆる夜寒哉 正岡子規 夜寒
妻病むや夜寒の子らと塩買いに 古沢太穂 古沢太穂句集
姿見に灯うつる夜寒哉 尾崎放哉 大学時代
婀娜をつれ軍靴をはきて夜寒かな 飯田蛇笏 雪峡
子をつれて夜寒の幹を避け通る 大野林火 青水輪 昭和二十三年
客の名の思ひ浮かばぬ夜寒かな 鈴木真砂女 紫木蓮
客の声夜寒の闇を遠ざかる 日野草城
宵寒のうつむき歩み両肩見ゆ 松崎鉄之介
宵寒の背中を吾子のつたひあるく 篠原梵 年々去来の花 皿
宵寒や貧者のとぼす燈の少な 佐藤鬼房
家を出て夜寒の医師となりゆくも 相馬遷子 山国
寂然とをれと艶なる夜寒かな 河東碧梧桐
寝返れば夜寒の簀子音すなり 内藤鳴雪
封切て灯をかきたてる夜寒哉 正岡子規 夜寒
導かれ夜寒の道のよく曲る 大野林火 方円集 昭和五十三年
小便に行けば月出る夜寒哉 正岡子規 夜寒
小坊主のひとり鐘撞く夜寒哉 正岡子規 夜寒
小比丘尼のほころびつゝる夜寒哉 正岡子規 夜寒
小火鉢の灰やはらげる夜寒哉 正岡子規 夜寒
小角力が風呂の下焚く夜寒かな 河東碧梧桐
少女歌劇見戻るに忽と夜寒かな 石塚友二 方寸虚実
尾根おろし来る雨音の澄む夜寒 村山故郷
居風呂に二人入りこむ夜寒かな 河東碧梧桐
屋太鼓の灯の遠ざかる 夜寒の衿 伊丹三樹彦
山の薯つるりと夜寒はじまりぬ 鷲谷七菜子 游影
山もとのともし火動く夜寒哉 正岡子規 夜寒
山小舎の夜寒の音もつひにやむ 上田五千石『天路』補遺
山星夜寒善知鳥の鳴き音聴きに出て 上田五千石『天路』補遺
山案内したる汝と夜寒酒 上村占魚 球磨
山越えや馬も夜寒の胴ぶるひ 内藤鳴雪
山越ゆる長き無蓋車夜寒星 松崎鉄之介
市の城夜寒く松のかたまりて 阿波野青畝
布団しき風呂に出て行く夜寒哉 右城暮石 句集外 昭和五年
帰り路の夜寒くなれる句会かな 杉田久女
平家聞く小姓の顏の夜寒哉 正岡子規 夜寒
幼なゐて何か夜寒のものがたり 山口誓子
庭の灯に人顏映る夜寒哉 正岡子規 夜寒
廊下から海ながめたる夜寒哉 正岡子規 夜寒
廣き間にひとり書讀む夜寒哉 正岡子規 夜寒
影といふ影わが影も夜は寒き 山口青邨
待てば來ず雨の夜寒の薄蒲團 正岡子規 夜寒
御佛と襖隔つる夜寒哉 正岡子規 夜寒
心すこし売つて夜寒の灯に戻る 上田五千石 琥珀
心不全夜寒の雨月物語 佐藤鬼房
思ひの外客ある山の夜寒かな 河東碧梧桐
戸の外に折檻の子の夜寒かな 内藤鳴雪
扇見てふし思ひ出す夜寒哉 正岡子規 夜寒
投げ出せし大足拝す夜寒かな 岸田稚魚 負け犬
折紙の折目正してゆび夜寒 上田五千石『琥珀』補遺
拗ね合うて夜寒更けけり姉妹 日野草城
持ち寄りの菓子や夜寒の旅重ね 鈴木真砂女 夏帯
挑灯の厠へ通ふ夜寒哉 正岡子規 夜寒
採点簿点あふれしめ夜寒の茶 能村登四郎
掻きあはす夜寒の膝や机下 杉田久女
提灯で泥足洗ふ夜寒かな 村上鬼城
提灯で見るや夜寒の九品仏 内藤鳴雪
提灯に顔のぞかるゝ夜寒かな 上村占魚 鮎
提灯の小路へ曲る夜寒かな 正岡子規 夜寒
提灯の小道へ這入る夜寒哉 正岡子規 夜寒
擁きて夜寒の寝息分つなり 小林康治 玄霜
攻窯の火にあたたまる夜寒かな 阿波野青畝
文机にもたれ心の夜寒哉 正岡子規 夜寒
新宅の柱卷きある夜寒哉 正岡子規 夜寒
旅籠屋の居風呂ぬるき夜寒哉 正岡子規 夜寒
旅籠屋の淨手場遠き夜寒哉 正岡子規 夜寒
明日の始発の改札の札駅夜寒 松崎鉄之介
昔々の夜寒の燈まぎるべし 上田五千石『琥珀』補遺
昔のさまに遠吠蜑の里夜寒 中村草田男
星飛んで懐に入る夜寒哉 正岡子規 夜寒
映画見て湖畔の夜寒寝るほかなし 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
晝中の殘暑にかはる夜寒哉 正岡子規 夜寒
暗やみに我門敲く夜寒哉 正岡子規 夜寒
月光に竹群たわむ夜寒かな 村山故郷
有明の海の夜寒を思ひ寝る 高野素十
朝寒く夜寒く人に温泉(いでゆ)あり 松本たかし
朝寒に夜寒に酒は量なし 内藤鳴雪
朝寒の潮来夜寒の鹿島かな 高野素十
木戸の鈴追ひかけて来る夜寒かな 石塚友二 磯風
木曽川に向くや夜寒の門搆へ 正岡子規 夜寒
木犀の香のしづかなる夜寒かな 日野草城
村會のともし火暗き夜寒かな 正岡子規 夜寒
松明に人話し行く夜寒哉 正岡子規 夜寒
松明に落武者探す夜寒かな 正岡子規 夜寒
松杉や夜寒の空の星ばかり 正岡子規 夜寒
枕辺に眼鏡を外す夜寒かな 山口誓子
柿店の前を過行く夜寒哉 正岡子規 夜寒
梅雨夜寒瞼に翳(さ)すは妻の手か 加藤秋邨
槍の穂の番所に光る夜寒哉 正岡子規 夜寒
横町で巡査に出逢ふ夜寒哉 正岡子規 夜寒
横顔の誰ぞに似たる夜寒かな 橋閒石 和栲
樫の木の中に灯ともる夜寒哉 正岡子規 夜寒
樹に倚れば落葉せんばかり夜寒かな 渡邊水巴 白日
橋なくてさがしあぐねし夜寒かな 石川桂郎 高蘆
機関手の顔高くして夜寒過ぐ 山口誓子
機関車の大快き夜寒かな 山口誓子
機関車を離せし後尾夜寒へ抜け 山口誓子
次の間の灯も消えて夜寒哉 正岡子規 夜寒
此道に石泣くといふ夜寒かな 内藤鳴雪
歩きもす夜寒の子等の枕上 中村汀女
殘暑の龜夜寒の鮭と相知らず 正岡子規 残暑
母ト二人イモウトヲ待ツ夜寒カナ 正岡子規 夜寒
母子はや夜寒の寝嵩跨ぎ越ゆ 小林康治 玄霜
水かけて道の夜寒に紅葉売る 右城暮石 声と声
水飲みに夜寒の枕辺を通る 橋閒石 雪
汽車にねて須磨の風ひく夜寒哉 正岡子規 夜寒
汽車の音の近く聞ゆる夜寒哉 正岡子規 夜寒
汽車夜寒ねむらで読みし「夜明前」加藤秋邨
河夜寒橋みづからの燈に浮かみ 大野林火 雪華 昭和三十九年
油さしに禿時問ふ夜寒哉 正岡子規 夜寒
波音の夜寒となりし聖母像 星野麥丘人 2004年
泣きつつぞ鉛筆削る吾子夜寒 加藤秋邨
泣きなから子の寐入たる夜寒哉 正岡子規 夜寒
泥にのこる雑魚をそのまゝ夜寒哉 右城暮石 句集外 昭和九年
浅草の夜寒ぞよけれ句に集ひ 岡本眸
海の方に何か呼ぶ声夜寒なる 松崎鉄之介
海老活かす厨の隅の夜寒かな 鈴木真砂女 居待月
海老網や夜寒の風の耳に鳴り 鈴木真砂女 夏帯
涙目のごとし入江の夜寒の灯 阿波野青畝
涯のなき夜寒よ海に塵を捨て 鷹羽狩行
渓声と別れてよりの夜寒道 上田五千石 森林




渡殿に袖触り分る夜寒かな 石塚友二 光塵
湖に山火事うつる夜寒かな 内藤鳴雪
湖を見て夜越えになりし夜寒かな 河東碧梧桐
湖中句碑朝寒夜寒常に知る 阿波野青畝
湖北泊り夜寒の一夜二夜かな 村山故郷
湯上りのうたゝ寐さめて夜寒哉 正岡子規 夜寒
溌墨に夜寒の紙の白さかな 日野草城
瀬の音の心にひゞく夜寒かな 日野草城
火なき火鉢並ぶ夜寒の廊下かな 杉田久女
灯ともさぬ村家つゞきの夜寒哉 正岡子規 夜寒
灯ふけて書讀む窓の夜寒哉 正岡子規 夜寒
灯をともす家奥深き夜寒哉 正岡子規 夜寒
灯を寄せて夫の遺句読む夜寒かな 中村苑子
灯を淡く点けて寝に就く夜寒かな 鷹羽狩行
炭の香に妻の香が消え夜寒の手 森澄雄
炭出しに行くや夜寒の燭を秉り 正岡子規 夜寒
点滴と夜寒の釜の鳴る音と 河東碧梧桐
烏瓜くれたる人の夜寒かな 石橋秀野
焼跡も夜寒の橋の出商ひ 河東碧梧桐
燈を煌と夜寒の齢また一つ 上田五千石 風景
燠を掻く音す夜寒の湯にあれば 山口誓子
片里に盗人はやる夜寒かな 正岡子規 夜寒
牧師一人信者四五人の夜寒かな 正岡子規 夜寒
犬が來て水のむ音の夜寒哉 正岡子規 夜寒
犬を追ふ夜寒の門や按摩呼ぶ 正岡子規 夜寒
犬耄けてあろじに吠ゆる夜寒かな 日野草城
狐鳴く聲と聞くからに夜寒哉 正岡子規 夜寒
狼の人くひに出る夜寒哉 正岡子規 夜寒
狼の聲も聞こゆる夜寒かな 正岡子規 夜寒
獺を狸のおくる夜寒哉 正岡子規 夜寒
理髪師に夜寒の椅子が空いてゐる 石川桂郎 含羞
男十八人女とりまく夜寒哉 正岡子規 夜寒
男十八人女一人の夜寒哉 正岡子規 夜寒
町筋に夜寒晴して榛名山 松本たかし
痩骨ヲサスル朝寒夜寒カナ 正岡子規 朝寒
白く衣て白き蒲団に寝る夜寒 日野草城
白波のきはに火を焚く夜寒哉 正岡子規 夜寒
白波のきはに火を燒く夜寒哉 正岡子規 夜寒
百姓の早寝や夜寒鬱積す 右城暮石 句集外 昭和二十七年
盃をうけてかへして夜寒かな 鈴木真砂女 卯浪
盗人の足跡に燭す夜寒かな 正岡子規 夜寒
盗人や夜寒の眼灯のうつる 正岡子規 夜寒
着物かけてそれを眺めて夜寒かな 右城暮石 声と声
知らぬ女と背中合せの夜寒哉 正岡子規 夜寒
石をもて石に抛つ夜寒星 加藤秋邨
石段を数へ上りし夜寒かな 石橋秀野
破れ壁笠おしあてゝ夜寒哉 正岡子規 夜寒
破垣ニ灯見ユル家ノ夜寒カナ 正岡子規 夜寒
碁の音の林に響く夜寒かな 正岡子規 夜寒
神官が愉快鈴鹿の朝寒夜寒 金子兜太
秦嶺の夜寒声なく越えにけり 松崎鉄之介
移り香のして宵寒の抹茶飴 佐藤鬼房
稲はまだ刈られずにある夜寒かな 右城暮石 句集外 昭和九年
窓に顔寄せて湖見る夜寒かな 村山故郷
竈の火くわらくわらもえる夜寒哉 正岡子規 夜寒
筆擱いてにはかに募る夜寒かな 日野草城
筆硯わが妻や子の夜寒かな 飯田蛇笏 山廬集
箒星障子にひかる夜寒哉 正岡子規 夜寒
紙をたつ薄刃さばける夜寒かな 上村占魚 鮎
縁日の古著屋多き夜寒哉 正岡子規 夜寒
老僧の南朝かたる夜寒哉 正岡子規 夜寒
聴き澄す夜寒の水のひゞきかな 日野草城
肉厚き味噌蒸鮒の夜寒かな 能村登四郎
背ナ痛く覚めて夜寒の連結音 岡本眸
腹に響く夜寒の鐘や法隆寺 正岡子規 夜寒
腹鳴りを羞ぢてたわやめ夜寒かな 日野草城
興来ねば筆持つ指も夜寒かな 日野草城
舟歌のやんで物いふ夜寒かな 正岡子規 夜寒
舩に寐て岡の灯のへる夜寒哉 正岡子規 夜寒
船に寐て行李を枕の夜寒哉 正岡子規 夜寒
船の灯に海老の目光る夜寒かな 鈴木真砂女 夏帯
芋買ひに出湯の街の夜寒かな 角川源義
花更へて本積みかへて夜寒なる 前田普羅 普羅句集
芸者帰る夜寒の灯影拾ひつつ 草間時彦 中年
菅笠の紐引きしめる夜寒哉 正岡子規 夜寒
葉桜や夜寒ふり込む窓もあり 村山故郷
蓑笠をかけて夜寒の書齋かな 正岡子規 夜寒
蕎麥はあれど夜寒の饂飩きこしめせ 正岡子規 夜寒
薄の句掛けて日を経し夜寒かな 右城暮石 句集外 昭和七年
藪村に旅籠屋もなき夜寒哉 正岡子規 夜寒
虫ノ音ノ少クナリシ夜寒カナ 正岡子規 夜寒
蚊帳ツラデ畫美人見ユル夜寒カナ 正岡子規 夜寒
蜘殺すあとの淋しき夜寒哉 正岡子規 夜寒
蝦夷にある子に手紙書く夜寒哉 正岡子規 夜寒
裸灯に浮いて夜寒の目鼻かな 日野草城
見えてゐる店閉ぢ夜寒見るものなし 大野林火 飛花集 昭和四十三年
見下せば灯の無き町の夜寒哉 正岡子規 夜寒
角箸の灯をあつめたる夜寒かな 上村占魚 鮎
語りゆく夜寒の道のめうとかな 松村蒼石 寒鶯抄
谷水の地底に鳴りて夜寒かな 河東碧梧桐
貴人をとめて飯焚く夜寒哉 正岡子規 夜寒
贋筆をかけて灯ともす夜寒哉 正岡子規 夜寒
起ちあがる影の夜寒の灯の障子 長谷川素逝 暦日
足袋袷やりたや木曾ははや夜寒 山口青邨
踏切に堰かれ夜寒の影法師 松崎鉄之介
車引のお歸りと呼ぶ夜寒哉 正岡子規 夜寒
軍談に寐る人起す夜寒哉 正岡子規 夜寒
軒下に犬の寝返る夜寒かな 村上鬼城
轟ける山川夜寒早く来し 阿波野青畝
辻駕籠に盗人載せる夜寒哉 正岡子規 夜寒
這かなるものばかりなる夜寒かな 石田波郷
通夜の鮨まぐろが赤き夜寒かな 草間時彦
通夜堂にまだき夜寒を覺えける 正岡子規 夜寒
遅く著く船や夜寒の迎ひ人 尾崎放哉 大学時代
選すわざも毛糸編機の音も夜寒 古沢太穂 火雲
酒蒸しの浅蜊口開く夜寒かな 鈴木真砂女 居待月
酔うてゐてさして夜寒と思はれず 高浜年尾
金星紅旗は瞼の火とも梅雨夜寒 古沢太穂 捲かるる鴎
釣橋に提灯わたる夜寒かな 正岡子規 夜寒
錢湯で下駄換へらるゝ夜寒かな 正岡子規 夜寒
錢湯に端唄のはやる夜寒哉 正岡子規 夜寒
鍋の焦げ落す夜寒のひと仕事 鈴木真砂女 夕螢
鍋支度もみぢおろしの夜寒かな 草間時彦
鍋釜や夜寒の膝をひとさすり 石田勝彦 秋興
門附の下町通る夜寒かな 正岡子規 夜寒
間を置いて妻の返事も夜寒かな 岸田稚魚 紅葉山
阿武隈の夜寒の空を行く燈あり 佐藤鬼房
隠れ住む路地の夜寒となりしかな 安住敦
隣村の鍛冶の火見ゆる夜寒哉 正岡子規 夜寒
電氣燈明るき山の夜寒哉 正岡子規 夜寒
静臥より起きし夜寒に句を選ぶ 山口誓子
靴音の誰彼と知れ路地夜寒 松崎鉄之介
鞘を出し筆の白穂も夜寒かな 日野草城
須磨寺の門を過ぎ行く夜寒哉 正岡子規 夜寒
頼朝も那須の與一も夜寒哉 正岡子規 夜寒
顔に来る夜寒の蠅をゆるしけり 林翔 和紙
風呂を焚きをるをかいま見宿夜寒 星野立子
飛行機に夜寒朝寒旅かなし 星野立子
首途の用意して寐る夜寒哉 正岡子規 夜寒
馬どころ馬に夜寒の胸ひろげ 平畑静塔
馬方の馬に物云ふ夜寒かな 内藤鳴雪
髪くゝるもとゆひ切れし夜寒かな 杉田久女
髷結うて前髪馴れぬ夜寒かな 杉田久女
鯊煮るや夜寒灯にありし子等は寝て 杉田久女
黒き仏小床に在す夜は寒く 山口青邨
黒き壷影また黒く夜は寒し 山口青邨
黒き羽織黒き紐つけ着る夜寒 山口青邨
黙りけり夜寒の男五六人 正岡子規 夜寒
鼠狩れば鼠の笑ふ夜寒かな 正岡子規 夜寒
鼠追へば三匹逃げる夜寒哉 正岡子規 夜寒
鼠追へば四五匹迯げる夜寒哉 正岡子規 夜寒
鼻たれの兄とよばるゝ夜寒哉 正岡子規 夜寒

夜寒 続補遺

あぢきなき墨の砂かな夜寒哉 五明
あとさして夜寒に慮外申ばや 黒柳召波
あひせばや夜寒さこその空ね入 其角
ある院に蟇目召るゝ夜寒かな 鈴木道彦
うぶ髪の古郷遠き夜寒かな 加舎白雄
おそはれし夢よりつのる夜寒哉 松岡青蘿
かげろふの巻よみかゝる夜寒かな 鳳朗
かたびらも夜寒の里の旅寝かな 釣壺
きり~すなくや夜寒の芋俵 許六
きり~す案山子にかゞむ夜寒哉 程已
さはつても荏殻のにほふ夜寒哉 鈴木道彦
しみ~と夜寒き蜘のあゆみかな 加藤曉台
しらぬ火や夜寒のゝぼる草の先 怒風
じり~とあしたへあます夜寒哉 桜井梅室
それとなく帯しめ直す夜寒かな 知足
ねぶらせぬ滝の音羽の夜寒かな 馬場存義
はり箱がまくらに狂ふ夜寒哉 建部巣兆
ぱつちりと夜寒の星や水のうヘ 三宅嘯山
ひだるさを児の言の夜さむかな 支考
ふさとめす地蔵の綿も夜寒哉 黒柳召波
めかれたる松茸市の夜さむかな 高井几董
もくせいの花に実ならぬ夜寒哉 為有
やゝ老て初子育る夜寒かな 炭太祇
よき香さへあれば夜寒き衣かな 鳳朗
わきあけの名残おしまん夜寒哉 羽笠
丸あきに夜寒おぼゆる戸口かな 浪化
亦一重菰敷までの夜寒かな 仙化
人声の処のしれぬ夜寒かな 鳳朗
付木さく音も更行夜寒哉 傘下
住遂しさまよ夜寒の莱つみ川 完来
何ぞからこぼれたやうな夜寒哉 鳳朗
何やらの音もきこえて夜さむ哉 蘆本
初産の二タ月延て夜寒哉 りん女
台所に傘のころつく夜寒かな 鈴木道彦
咳く人に素湯まいらする夜寒哉 高井几董
喧嘩して跡の夜寒や小提灯 三宅嘯山
四十から酒のみ習ふ夜寒かな 蓼太 蓼太句集初編
壁に立し粟がら倒る夜寒かな 東皐
夕貌の汁は秋しる夜寒かな 支考
夕飯に茶塩もぬけて夜寒哉 吾仲
夜さむさも菜飯になりぬ月の色 土芳
夜さむさや宿かすかべの隙間風 松山玖也
夜寒こそ珍しからぬ貝あわせ 凉菟
夜寒さこそ田蓑の島もそこにあり 凉菟
夜寒さぞ哀壁つけぬきりぎりす 椎本才麿
夜寒さに鼻帋もやすねざめ哉 一笑(金沢)
夜寒さの水鼻落ん本ンの上 朱拙
夜寒さやじやんこ~も遠ざかり 舎羅
夜寒さやをもきが上に衣の垢 土芳
夜寒さや垢すり落す梦心 路通
夜寒さや木賃枕の柱ぎれ 魚日
夜寒さや舟の底する砂の音 北枝
夜寒さや蒲団一つにまかれけり 百里
夜寒さや風囲とれ三日の月 舟泉
夜寒さや鳴してわかす納屋の鎖 鳳朗
夜寒さよ壁のあちらは隅田つゝみ 成美 はら~傘
夜寒さをしわけて見たる合羽かな 怒風
夜寒とて人はねぢむく月見哉 曽良
夜寒にも風ひかぬ宿の匂ひ哉 中川乙由
夜寒哉煮売の鍋の火のきほひ 含粘
夜寒来て槇の板戸の見られけり 三宅嘯山
子子等には猫もかまはず夜寒哉 其角
客人の夜着押つくる夜寒哉 程已
家うち出て行よ夜寒の浜仕事 完来
家ぬしを大工の譏る夜寒かな 露印
寐に斗行なる家の夜寒哉 三宅嘯山
寝がへりに簀子のしばる夜寒哉 素覧
寝てかへる奈良の夜寒や笠のしみ 乙訓
寝るもをしする事もなき夜寒かな 桜井梅室
寝用意も夜さむに成てふぢばかま 千川
小便してうらみの滝の夜寒哉 朱拙
小海老煮る火は限りある夜寒哉 成田蒼虬
山風の何やら落す夜寒哉 三宅嘯山
岡崎の橋に月すむ夜寒かな 鈴木道彦
川づらに楫こふ声の夜寒哉 仙化
帷子の花も散行夜寒かな 林紅
年よりの推にもはまる夜寒かな 建部巣兆
庭へ出て馬の米喰夜寒かな 露川
延々て夜寒に成りぬ足の灸 乙訓
引綱に通ふ夜寒の響哉 三宅嘯山
当もなき事を夜さむの思ひかな 諷竹
待もせぬ月や夜寒の黍どころ 松窓乙二
御明の消て夜寒や轡むし 探志
思ひ佗ころは夜寒の簀垣哉 加舎白雄
怪談の後更行く夜寒哉 黒柳召波
怪談の後更行夜寒哉 黒柳召波
恋しいぞ兎やら角やら夜寒さも 壺中
我が形は俵こかして夜寒哉 凉菟
我妻の皃白うなる夜寒かな 鈴木道彦
我家の珍らしうなる夜寒哉 鈴木道彦
旅人や夜寒問合ふねぶた声 炭太祇
明ばまた夜寒の雨戸繕はん 黒柳召波
明石がた一と夜寒うや朝寒や 椎本才麿
更て見る空に夜寒のわたりけり 三宅嘯山
月の洩穴も夜寒のひとつ哉 黒柳召波
木曽殿と背合する夜寒哉 越人
木枕にはながみあつる夜さむ哉 風麦
木綿を脊中に付て夜寒哉 里東
柳よりあまりて春の夜寒かな 諷竹
柿の葉のいろりにくばる夜寒哉 露川
椎の実の板屋を走る夜寒哉 加藤曉台
横座から馬屋をしかる夜さむ哉 鼠弾
機誉て見ごと茶になる夜寒哉 桃先
残る蚊に袷着て寄る夜寒哉 雪芝
水瓶へ鼠の落し夜さむかな 炭太祇
水瓶へ鼠の落し夜寒かな 寥松
海近き雨や夜寒の濡むしろ 加藤曉台
涼風や夜寒の里の吹あまり 蝶羽
瀬の音の二三度かはる夜寒哉 浪化
炭とりに早足のつく夜寒哉 黒柳召波
焼栗も客も飛行夜寒かな 丈草
牛にもの言ふて出て行夜寒哉 成田蒼虬
犬切に行あたりたる夜寒哉 五明
独りほど夜寒きはなし五位の声 鳳朗
狼の身もたのまれぬ夜寒哉 乙訓
猿どのゝ夜寒訪ひゆく兎かな 与謝蕪村
生壁に袖を気遺ふ夜寒かな 李由
病人と撞木に寐たる夜寒かな 内藤丈草
病人と鉦木に寐たる夜さむ哉 丈草
痒き虫の紛れもなくて夜寒かな 素丸 素丸発句集
目覚して旅僧坐し居ル夜寒哉 露印
相宿の山臥あるゝ夜寒かな 野水
礼いひて松明にわかるゝ夜寒哉 卓池
窓あれば旅の心で夜寒哉 荻人
竈神の幣あたらしき夜寒哉 完来
簑虫の時につけても夜寒哉 中川乙由
糊強な夜着を*叩し夜寒哉 三宅嘯山
綿いれぬ夜寒のはねや*蛬 支考
聞度に夜寒ちりつむむしの上 土芳
腕余る妹が布子の夜寒かな 東皐
舟曳のふねへ来ていふ夜寒哉 炭太祇
舟窓に月の気疎き夜寒哉 三宅嘯山
芋茎さく音を夜寒のはじめ哉 成田蒼虬
芦垣の夜寒の鬼よ寐ずおはす 松窓乙二
茶ちりめん借て着て見る夜寒哉 秋之坊
茶の腹にくつろいで寐る夜寒哉 怒風
荷をつけて馬のたゝずむ夜寒哉 林紅
菊の主に里は夜寒ぞ恋しけれ 鈴木道彦
落雁の声のかさなる夜寒哉 許六
藍壺をやゝあたゝむる夜寒哉 正秀
行先の袖あたらしき夜寒哉 魯九
行燈の火口動ひて夜寒哉 露川
親の貌真向に見たる夜寒かな 川原一瓢
豆腐にもよろしき魚津の夜寒哉 支考
身の衾海のおもての夜寒かな 椎本才麿
身ひとつはかねて夜寒の枕かな 加舎白雄
近江から尻くわせたる夜寒かな 中川乙由
都には加茂河ありて夜寒かな 桜井梅室
酔て寐て夜寒に誰か物着せし 東皐
鍋さゝら鳴るや夜寒の法輪寺 寥松
門番の時とはれたる夜寒哉 素行
隙人の夜寒を早うしられけり 三宅嘯山
雁おたる雁の風呂時の夜寒哉 許六
雨洩に枕こけたる夜寒哉 素覧
雨漏の瓦燈にあたる夜寒かな 寥松 八朶園句纂
雨風の日和おさまる夜寒かな 露印
韋駄天もある夜寒しとぬくめ鳥 〔ブン〕村
鹿鳴て猫は夜寒の十三夜 嵐雪
黒谷の念仏聞ゆる夜寒かな 完来

以上
by 575fudemakase | 2016-10-29 08:33 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26324419
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

火恋し の俳句
at 2017-11-18 16:26
松田雄姿集 俳人協会
at 2017-11-12 11:20
釣の拙句(高澤良一)
at 2017-11-10 06:17
屛風 の俳句
at 2017-11-07 08:47
百合鴎 補遺
at 2017-11-01 08:03

外部リンク

記事ランキング