秋祭 の俳句

秋祭 の俳句

秋祭 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23262739/

秋祭 補遺

うぶすなは提灯だけの秋祭 飴山實 次の花
かいどりや木綿鹿子の秋まつり 諷竹
かまきりも少きとしの秋祭 百合山羽公 故園
このあたり真間の二丁目秋祭 清崎敏郎
さそはれて行く気となりぬ在祭 上村占魚 球磨
そのあたり斎垣の燈さす秋祭 山口誓子
たのしさは支度にありて秋祭 鷹羽狩行
つたへ古る獅子舞唄や秋祭 水原秋櫻子 重陽
ばらばらに賑つてをり秋祭 深見けん二
ほか~と背あたゝかし秋祭 日野草城
まひるまの静かな家並秋祭 星野立子
みのりたる田に行灯や秋祭 山口青邨
やぶさめの矢取さきがけ秋祭 角川源義
わだとほく魚追ふくらし浦祭 細谷源二 鐵
をちこちのひとに逢ひたる秋祭 桂信子 草影
モーニング服に法彼の秋祭 山口誓子
リゼルといふ娘が女王秋祭 高野素十
一日の秋にぎやかに祭りかな 正岡子規 秋祭
光る水載せて堰板秋まつり 百合山羽公 寒雁
土べたに屏風立けり里祭 卓池
在祭木葉山女を手向とし 飴山實 次の花
地に落ちて紙ひびく凧秋祭 山口誓子
壺ならぶ古玩の店も秋祭 水原秋櫻子 殉教
夕だちや具足に簑の在祭 三宅嘯山
夕日射す木の間人の間秋まつり 廣瀬直人
大いなる里の団子や秋まつり 上村占魚 鮎
天つ日に魚の背を干し浦祭 細谷源二 鐵
天目で新茶くれけり里祭 許六
太鼓タタンと 小狐ココンと 秋祭 伊丹三樹彦
太鼓打つ穂草の辻も秋祭 水原秋櫻子 殉教
女一人まじる楽隊秋祭 高野素十
娘の名リゼル二人や村祭 高野素十
子供御輿来るわが露路も秋祭 山口青邨
小鳴門をながるる渦や秋祭 水原秋櫻子 殉教
山々に深空賜はる秋祭 桂信子 緑夜
山の湯に首浮けて聞く秋祭 村山故郷
山坂に山車がつまづく秋祭 百合山羽公 故園
山川に歩み負けたり秋祭 平畑静塔
山影ににはとり絞めて秋祭 鷹羽狩行
山越えて招き招かれ秋祭 福田蓼汀 山火
山路来てこゝに村あり秋祭 日野草城
川越えて同じ青空秋まつり 百合山羽公 寒雁
巳里祭厠に残る女の香 岸田稚魚 筍流し
幟立ち何にもなくて秋祭 富安風生
提灯を吊す古釘秋祭 中村汀女
新豆腐添へる夕餉や秋祭 水原秋櫻子 餘生
昼からの花火湖畔の秋祭 高浜年尾
昼酒のほかは沢水秋まつり 百合山羽公 樂土
時間もてあます警官秋祭 右城暮石 一芸
晴れの日を乏しく終へし在祭 能村登四郎
暗き燈に民のよろこび秋祭 山口誓子
曠著よりゆふぐれとなる秋祭 山口誓子
朝鵙や神在祭の列につく 角川源義
村會に秋の祭の日のべかな 正岡子規 秋祭
村祭村の愚者桶たたく 細谷源二 砂金帯
村祭鵙取る人の余所心 内藤鳴雪
棒に集る雲の綿菓子秋祭 西東三鬼
樫の木の蔭も古りけり秋祭 前田普羅 春寒浅間山
母に去られし児と居り春の村祭 佐藤鬼房
水郷に斎竹を挿す秋祭 阿波野青畝
浄瑠璃は泣きわめくなり秋祭 阿波野青畝
浦祭祭囃子に波踊り 上野泰 春潮
浦祭鰡のへそ酒ありやなし 百合山羽公 樂土以後
湖へだてあなたこなたの秋祭 福田蓼汀 山火
満汐の向ふの町の秋祭 中村汀女
漁やめて瑠璃の海底秋祭 百合山羽公 寒雁
漂へる蝶々黄なり秋祭 前田普羅 春寒浅間山
濁り江の潮どきかなし秋祭 水原秋櫻子 霜林
牧水忌島のひとつは秋まつり 飯田龍太
狛犬がおどけて笑ふ秋祭 阿波野青畝
病むひとのひげも剃られて秋祭 日野草城
病床にとどく花火は秋まつり 百合山羽公 樂土以後
白面の為朝笑止秋祭 山口誓子
着飾りて畦に佇ちをり秋祭 日野草城
石段のはじめは地べた秋祭 三橋敏雄
神輿挽く美幌の馬も秋祭 阿波野青畝
秋祭すみし田舎の日向かな 日野草城
秋祭そぞろ歩きにやや遠し 水原秋櫻子 蘆雁
秋祭とて沼渡舟旦より 福田蓼汀 山火
秋祭までに毀るるいかのぼり 山口誓子
秋祭やぶさめ母衣のいさましや 角川源義
秋祭リボン古風に来たまへり 平畑静塔
秋祭人語四方の峠より 前田普羅 春寒浅間山
秋祭八岐の大蛇退治けり 安住敦
秋祭夜店が尽きてただの町 山口誓子
秋祭大きく鮨を握りけり 鈴木真砂女 都鳥
秋祭女房烏声にわらふ 平畑静塔
秋祭川には川の蝶遊ぶ(奥多摩) 細見綾子
秋祭暮れても凧を手離さず 山口誓子
秋祭焚火の燠に夜店守る 大野林火 方円集 昭和五十一年
秋祭神楽巫女なる姑嫁 右城暮石 句集外 昭和四十四年
秋祭笛一管に星欠くも 古舘曹人 能登の蛙
秋祭紫の募箔屋町(金沢二句) 細見綾子
秋祭終り用済みの老人たち 能村登四郎
秋祭終る太鼓をどんと打つ 西東三鬼
秋祭蝶々小さくなりにけり 前田普羅 春寒浅間山
秋祭過ぎしは昨日塀の泥 桂信子 草影
秋祭過ぎて杜には燈の気なし 山口誓子
秋祭鬼面をかぶり心も鬼 山口誓子
稚妻みごもるころに秋祭 百合山羽公 故園
群山の幸を余さず秋祭 藤田湘子 神楽
群巒にひとり神なる秋祭 前田普羅 春寒浅間山
老人に石のつらなる秋祭 桂信子 新緑
聳えたつ山の巌に秋祭 百合山羽公 故園
芦の葉を笛とこそ聞け秋祭 阿波野青畝
草かるくなりたる日ざし秋祭 鷲谷七菜子 天鼓
葬りはひとのいとなみ秋祭 石田勝彦 百千
街中にふるさとはあり秋祭 深見けん二
裏山に見世物の燈や秋祭 大野林火 早桃 太白集
裏戸なる如意は閑かや秋祭 日野草城
豆の粉や柚の葉*貰うて里祭 許六
踏み鳴らす貝殻道や秋祭 岡本眸
道ひろく家まばらなり秋祭 富安風生
遠田まで太鼓ひびけと秋祭 山口誓子
里祭笛太鼓どのあたり曳く 石川桂郎 四温
里親の心づくしや秋祭 日野草城
鐘を撞きあふも一会や村祭 鷹羽狩行
門川の皿にせせらぎ秋祭 福田蓼汀 山火
雨の日の金王さまの秋祭 雨滴集 星野麥丘人
雨雲は山を下り来ず秋祭 上田五千石『風景』補遺
雨風のつのる信濃の秋まつり 藤田湘子 途上
青天を引張り四方秋まつり 百合山羽公 樂土以後
鞘に太刀戻らぬ神楽里祭 後藤比奈夫
風のみち鳥のみち野は秋祭 藤田湘子 てんてん
高張の踏切渡る秋祭 山口誓子
髪すねて遂に留守しぬ秋祭 杉田久女
鵙が鳴き柿が輝き秋祭 日野草城
鵲や白秋祭のまへ日和 百合山羽公 樂土以後

以上
by 575fudemakase | 2016-10-29 08:56 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26324461
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング