甘藷 の俳句

甘藷 の俳句

甘藷 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23313404/

甘藷 補遺

あかいと云つても藷のうすあかいいろ真昼 中川一碧樓
うゑをへし拓地の藷に返り梅雨 飯田蛇笏 春蘭
かの日藷の買へざりし顔今も持つ 加藤秋邨
さつまいもあなめでたさや飽くまでは 林翔 和紙
ちぎれ笛石焼藷の雄声かな 百合山羽公 樂土以後
てっぺんに山羊と赤ん坊甘藷を掘る 右城暮石 上下
ぬば玉の闇の甘さの藷の穴 能村登四郎
ひと雨を待つ藷掘りし後の土 能村登四郎
ほつこりとはぜてめでたしふかし甘藷 富安風生
ぼんのくぼ姉弟似たり甘藷を食ふ 山口誓子
もてなさる収穫の甘藷濃きミルク 及川貞 夕焼
よき婢来て甘藷煮ころばす新厨 林翔 和紙
るゐるゐと生きゐる藷を掘りおこす 百合山羽公 故園
クリスマス藷一片を夜食とす 西東三鬼
マイちやんが三人もゐる藷掘り会 能村登四郎
一椀の藷粥の朝たふとかり 石川桂郎 四温
一茶忌の藷羊羹を浅草ゆ 山口青邨
一鍬に藷いくつもの肌すこしみゆ 篠原梵 年々去来の花 雨
下顎を動かし食らふ熱き藷 森澄雄
何をもて甘藷の酬ゆる重たさよ 右城暮石 句集外 昭和二十二年
信濃より藷さげてきし手の霜焼 加藤秋邨
信濃路は甘藷畑に立つ女郎花 富安風生
冬の日は干甘藷のためあるごとし 西東三鬼
冬眠の蟇におどろき甘藷を掘る 水原秋櫻子 秋苑
凩と甘藷とばかりや日曜日 右城暮石 句集外 昭和二十四年
出稼ぎの手の皮石焼藷の皮 百合山羽公 樂土以後
切株の累々藷を植うるなり 相馬遷子 山国
初藷のこの血色のよく笑う 橋閒石 微光
午後よりの日が射して来て藷蒸ける 能村登四郎
南大門址の藷掘り起す頃 百合山羽公 故園
厭はざるのみか好みて藷食うぶ 相生垣瓜人 明治草
収穫の甘藷縁側にとどくほど 山口青邨
古き甘藷割つては主食島の母 三橋敏雄
古墳近し甘藷掘って丘丸裸 右城暮石 上下
句もあらず子規忌は藷をくふだけに 加藤秋邨
和心も漸く失せて藷旨し 相生垣瓜人 明治草
喉つまりさうにも赤き蒸し藷 後藤比奈夫
土の甘藷一つころがる土偶と思ふ 山口青邨
土われてべにあかこえる藷畠 飯田蛇笏 春蘭
地にのこるなほ若干の甘藷のこと 山口誓子
夜半覚めて藷負ひし重さ夢ならず 大野林火 雪華 昭和三十九年
夢の中湯気の中よりふかし藷 中村草田男
大土間や畚ぶちあけし藷のおと 飯田蛇笏 心像
大霜の甘藷穴の甘藷届きける 水原秋櫻子 緑雲
太白といふ藷を掘る鍬かつぎ 山口青邨
夫婦して主に汗捧げ甘藷挿す 上村占魚
女童ののんどや甘藷を嚥み下す 山口誓子
好みとて老を敬ふふかし藷 水原秋櫻子 殉教
好藷あり好日とこそ言ふべけれ 相生垣瓜人 明治草
妻欲しやほくほくと藷食ぶとき 岸田稚魚 負け犬
子規に供ふ早掘り甘藷の赤ら甘藷 右城暮石 上下
家のうち掘りし甘藷あり熟睡す 山口誓子
家毎に藷干す観光無垢の島 右城暮石 句集外 昭和五十五年
寒の裸足の指真紅なる藷洗ひ 能村登四郎
山妻に藷を背負はせ吾は遊ぶ 山口青邨
山深くかくれ耕す甘藷収穫 山口青邨
岬に土ありて藷づる引けば藷 橋本多佳子
干甘藷(いも)に昨日の日輪今日も出づ 西東三鬼
干甘藷に昃り沖辺に日あたれり 西東三鬼
干甘藷を取入れ燈下二人読む 西東三鬼
干藷の生乾きなり冬の菊 清崎敏郎
戦時何がありし岬の甘藷畑 右城暮石 句集外 昭和三十四年
掘りあげし藷の一蔓下げて見せ 清崎敏郎
放哉の終焉の島藷を挿す 阿波野青畝
教へ子と教師と闇の藷がたり 加藤秋邨
敷き返す日ざかりの葉の甘藷畑 長谷川素逝 村
新馬鈴藷や黒土の窪器めく 香西照雄 素心
日燦々からくれなゐの甘藷を掘る 山口青邨
春の甘藷くすべて炉火のなほつゞく 百合山羽公 故園
昼寝ざめ蒸藷枕べに届く 日野草城
晩紅を汚して藷を掘りつくす 百合山羽公 故園
曇り日の藷を食ひまた藷を食ふ 日野草城
月明の箸を逃げたる甘煮藷 斎藤玄 雁道
月照らす掘りかへしたる甘藷畑を 山口誓子
来し客に甘藷畑より近づきぬ 山口誓子
樹々多き町富田浜甘藷分つ 山口誓子
殉教の島の赤藷太りたり 阿波野青畝
残年に厭くべからざる剰藷あり 相生垣瓜人 明治草
水の泡か子河童の屁か藷の秋 林翔
水藷といへども笑棄てざりき 石田波郷
洗はれし藷の紅白膚を触れ 日野草城
洗はれて紅奕々とさつまいも 日野草城
活着の藷の畠を誰荒す 阿波野青畝
海の柵大破して甘藷盗られけり 山口誓子
海人の子ろ犬が来ぬ間に甘藷食へや 山口誓子
海女の藷蔓ならずやと笑はるる 阿波野青畝
海見えて石焼藷屋もう呼ばぬ 岡本眸
焼甘藷匂はせ中学生に詩の話 能村登四郎
熱あつの皮紫に甘藷黄なり 山口誓子
甘藷うまし秋湖鑑定をあやまたず 水原秋櫻子 蘆雁
甘藷かこふひと日ぬくたく穴掘つて 長谷川素逝 村
甘藷せおふ婆さまも国立公園の景 山口青邨
甘藷と甘藷のみ触れ合へる音ぞする 右城暮石 句集外 昭和二十三年
甘藷に花近親婚の山地農 右城暮石 句集外 昭和三十七年
甘藷の籠にほうと張る腰仮祝言済み 石川桂郎 含羞
甘藷の花大和の古き土咲かす 右城暮石 句集外 昭和五十七年
甘藷ふかす竈に鉛筆あたゝまり 山口誓子
甘藷もて晝餉となせり憂き世かな 石塚友二 磯風
甘藷を地に得たり累累たらねども 山口誓子
甘藷を掘り墓地のごとくに安らかさ 右城暮石 句集外 昭和二十四年
甘藷を掘り運ぶラジオを鳴らしづめ 右城暮石 声と声
甘藷を掘ることを暮色の中に止む 山口誓子
甘藷を掘る女の欲は限りなし 右城暮石 声と声
甘藷分つ妻といふには若くして 山口誓子
甘藷切りて干すまづしさを主は見給ふ 水原秋櫻子 殉教
甘藷屑がころぶ彼岸の土乾く 松村蒼石 雁
甘藷床のその後のこと顧みず 高野素十
甘藷床の蔽ひをはがす雛の日 細見綾子
甘藷掘つて丘畑山畑より帰る 山口誓子
甘藷掘つて山路に置きし人を見ず 山口誓子
甘藷掘りしあとはむかしの土塁かも 水原秋櫻子 殉教
甘藷掘りし日明けて真紅なる日の出 山口誓子
甘藷掘りの休憩海に白波立つ 右城暮石 句集外 昭和三十七年
甘藷植うる老人に刻きかれたり 細見綾子
甘藷植ゑて島人灼くる雲にめげず 大野林火 早桃 海風抄
甘藷畑のかぎり時化雲たれてゆく 長谷川素逝 村
甘藷畑の白砂望に曝しけり 山口誓子
甘藷畑の裏にゐ留守とまぎらはし 山口誓子
甘藷畑沖に病後の棘のこる 飯田龍太
甘藷盗らる韋駄天ならば追ひたらむ 山口誓子
甘藷盗られたるのち垣を繕へり 山口誓子
甘藷盗りと做す垣間見る者すべて 山口誓子
甘藷盗るを小偸といひ黙しけり 山口誓子
甘藷盗人見ては亢奮したりなど 山口誓子
甘藷粥や父の忌日の膳低く 石川桂郎 含羞
甘藷苗挿しゐるところ奥州路 細見綾子
甘藷蒸して大いに啖ふクリスマス 西東三鬼
甘藷蔓を茶の花垣に欝陶し 山口誓子
甘藷蔓伸びずじまひに花咲けり 右城暮石 句集外 昭和六十二年
甘藷食ふは至福にちかし寝転べば 伊藤白潮
畑火よりにほひほのぼの藷焼けぬ 飯田蛇笏 春蘭
白浪といふ字おもしろ甘藷盗らる 山口誓子
白餅も遂に黄藷に及ばざる 相生垣瓜人 明治草
百姓の胸白くして甘藷を掘る 山口誓子
盗はげし怒つて甘藷を掘らしめぬ 山口誓子
看護婦の甘藷掘ることを珍らしみ 山口誓子
石焼藷を割れば放屁の図絵おもふ 阿波野青畝
砂の庭干甘藷なくて月照らす 西東三鬼
砂浜に甘藷植ゑてその甘藷の秋 清崎敏郎
礎石磊塊島のごとくに甘藷畑 山口青邨
祖父が噛む真似するや子の甘藷を 山口誓子
祖谷の藷食ふべく木偶を廻しけり 阿波野青畝
神前の泥甘藷吾は叩頭す 山口誓子
秋深く甘藷先生の碑も紅に 山口青邨
稀の栗愛でたし常の藷親し 相生垣瓜人 明治草
種藷や平家の血筋薄からず 阿波野青畝
稲妻へ歩を向けしかば藷重たし 加藤秋邨
空酒瓶立つ島頂 鼠害の藷ころがり 伊丹三樹彦
筆折つて藷に窶るゝ六腑かな 石橋秀野
箕にもりて運び来りぬふかし藷 清崎敏郎
紅藷は逸り白藷しづかなる 日野草城
累々と声なき甘藷を掘りよせる 右城暮石 句集外 昭和二十二年
能登線の砂美しき甘藷畑 細見綾子
腐りざま見よやと甘藷を投げつけし 阿波野青畝
腐り藷土に寒がることもなし 右城暮石 句集外 昭和二十三年
腹ばひとなり藷を挿す吉野山 阿波野青畝
芒わけて甘藷先生の墓を得たり 正岡子規 薄
花嫁の車揺れすぎ藷を掘る 百合山羽公 故園
苗床と甘藷苗床と大百姓 長谷川素逝 村
若者の泥靴棚の甘藷下ろす 右城暮石 句集外 昭和二十四年
草虱甘藷を覗ふ者に付け 山口誓子
薬師寺の甘藷粥を管長以下我等 上村占魚
藷あまし生計もひとのなさけにて 日野草城
藷うまし六尺の遺孤みな健に 日野草城
藷おもく畚におはれてになひけり 飯田蛇笏 春蘭
藷くうて牡丹皎たる中に暮れぬ 加藤秋邨
藷つるの谷へかむさる大暑かな 石橋秀野
藷の苗など一荷買ひ千團子 岡井省二 鯨と犀
藷の蔓羅漢を指してゆれてをり 下村槐太 光背
藷の香の立ちて来りし落葉焚 森澄雄
藷を啖ふ幽澗院殿の霊前に 日野草城
藷を挿す尾の上の畑の白き日に 篠原梵 年々去来の花 雨
藷を挿す西郷どんの國に来し 百合山羽公 樂土
藷を買ふ犬のさかりと凩と 右城暮石 句集外 昭和二十三年
藷を食ふいつもの如き古き顔 山口青邨
藷二十日妙義に向きて胃がいたし 加藤秋邨
藷干すやゼンチョの十字架海へ向き 小林康治 玄霜
藷掘の時給六百五十円 亭午 星野麥丘人
藷掘られ土と無縁のごと乾く 津田清子 礼拝
藷掘りし畝畝天を戴けり 阿波野青畝
藷掘りし跡いたはりの夜露降り 能村登四郎
藷掘りの小童のせて片畚 飯田蛇笏 山響集
藷掘りの跼みどほしの爆音下 藤田湘子 途上
藷畑あり桑畑ありて秋 高野素十
藷畑さへも茂りに囲まれて 清崎敏郎
藷畑に像のマリヤの居給へる 清崎敏郎
藷畑のへりの土はや秋深む 百合山羽公 故園
藷畠自転車日暮まで置かれ 津田清子
藷穴が大き口あけ黒宗の家 能村登四郎
藷粥にして終りたる雪安居 森澄雄
藷粥や一家といへど唯二人 三橋鷹女
藷粥や父とよばれて飢ゑしめき 加藤秋邨
藷粥を炊いて冬至や妻病めば 雨滴集 星野麥丘人
藷腹や天を仰ぐといふ語あり 加藤秋邨
藷蔓を返しはじめてあるところ 清崎敏郎
藷讃めて曾て人後に落ちざりき 相生垣瓜人 明治草
藷負うて相かへりみし顔は誰 加藤秋邨
藷食うべ柞の杜に睡けさす 岡井省二 明野
虹の雨そゝぐ藷蔓うちかへす 西島麦南 人音
蛸が藷掘るしは~と闇ん中 岡井省二 大日
街道に鳥居をくぐる甘藷車 山口誓子
襤褸市に寄らねば藷に近づけず 加藤秋邨
読書の季雑草園主人甘藷を好む 山口青邨
誰が食ふ岬一帯の甘藷畑 右城暮石 句集外 昭和三十五年
貧しさの甘藷切干を見られけり 山口誓子
車座にわれら藷くふわかれかな 加藤秋邨
軸は虚子の桐一葉甘藷ふかしをり 山口青邨
追囁せず甘藷盗人の走るのみ 山口誓子
遂に冬藷粥を妻と分つべう 小林康治 四季貧窮
野分にも藷にも今や號ありぬ 相生垣瓜人 明治草
金無垢とそやされたりし藷あはれ 相生垣瓜人 明治草
鍬ありて立ちて厨に甘藷の頃 山口誓子
鍬切の藷の白傷ごまかし得ず 津田清子 礼拝
陋藷をも鄙藷をも肯て嗜めり 相生垣瓜人 明治草
雉子食ひて甘藷うつろにしてありし 右城暮石 句集外 昭和六十二年
雑草画は生垣焼甘藷車ゐて 山口青邨
雪の根の相模野に延ぶ藷を焼く 角川源義
霜柱甘藷先生かくれけり 川端茅舎
颱風の砂の眼つぶし甘藷畑 山口誓子
鵯わたり甘藷焼くけぶり立ちのぼる 水原秋櫻子 秋苑
鶏群は白掘り上げし甘藷は紅 山口青邨

以上
by 575fudemakase | 2016-11-02 14:54 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26335952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング