零余子 の俳句

零余子 の俳句

零余子 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23313567/

零余子 補遺

いち早く黄葉したりむかご蔓 細見綾子
おつまみは丸子のむかご年忘 百合山羽公 樂土
おとのして花壇の零余子霜枯れぬ 飯田蛇笏 春蘭
さびしさに零余子飯炊く山家妻 山口青邨
さびしさのすでに過ぎたるぬかごめし 岡井省二 有時
さみしいことだらけの零余子とも思ふ 後藤比奈夫
さむしろやぬかご煮る夜のきり~す 北枝
そは零余子など教へゆくすこし濡れ 下村槐太 天涯
つま楊枝さしてむかごの配らるる 稲畑汀子
ともがらもふえし零余子も子沢山 後藤比奈夫
どうしても粒の揃はぬ零余子取る 後藤比奈夫
どう使ふ曾孫のやうな零余子あり 後藤比奈夫
どふした歟ぬかごこぼるゝ潦 三宅嘯山
ぬかごいとしおきあがりこぼしの眉目をして 山口青邨
ぬかごとりに行きたし晩秋の美濃の国 細見綾子
ぬかごとる袖も露けしきり~す 四睡
ぬかご垣枯蔓縷々とすがりけり 西島麦南 人音
ぬかご焼いて冷酒とせむ蕎麦のまへ 石川桂郎 高蘆
ぬかご焼て我庵ぶりに奉る 松窓乙二
ぬかご蔓黄葉ハートに木にかかる 山口青邨
ぬかご蔓黄葉尽くしてゐたりけり 細見綾子
ぬかご送り来し千代紙の箱に入れ 細見綾子
ぬかご飯一日われをとらへたり 細見綾子
ぬかご飯二度炊きし二度味ちがふ 細見綾子
ぬかご飯妻子を離るゝ箸ほそく 石橋秀野
ぬかご飯渋々たるが忘られず 細見綾子
ひとつ家と墓地を隔つるぬかご垣 福田蓼汀 山火
ふためきて逃ぐる零余子や追はざらむ 相生垣瓜人 明治草
ほころびの出来ゆく垣のむかごかな 阿波野青畝
ほぼ破屋百合の珠芽(むかご)の黒光り 佐藤鬼房
ほろほろとぬかごこぼるゝ垣根哉 正岡子規 零餘子
ぽけつとの稍脹らみて零余子かな 相生垣瓜人 明治草
まらうどにさめてわりなしむかご飯 村上鬼城
みがかれて櫃の古さよむかご飯 杉田久女
むかごとり垣根のもみぢはじめかな 飴山實 花浴び
むかごの実ふれるやいなや手のくぼに 篠原梵 年々去来の花 中空
むかごもぐまれの閑居を訪はれまじ 杉田久女
むかごよりぎんなん飯といふことに 星野麥丘人 2001年
むかご引くやうなことさへ憚りて 星野麥丘人 2003年
むかご引く外人墓地の柵越しに 燕雀 星野麥丘人
むかご生り花圃のダリヤは咲き溢る 飯田蛇笏 山響集
むくつけき貌なむ零余子薯の子よ 山口青邨
一本の矢竹にからむ零余子かな 山口青邨
二三子や零余子もがなと垣づたひ 阿波野青畝
人の手に溜らざるべき零余子かな 相生垣瓜人 明治草
但馬牛零余子の蔓をむしりをり 阿波野青畝
佗寂の中の一と日のむかご飯 後藤比奈夫
八千草のあさきにひろふ零余子かな 阿波野青畝
名月を三日のあとのぬかご飯 細見綾子
四十雀むかごがひとつこぼれけり 加藤秋邨
四阿にとりためありし零余子かな 富安風生
坊が子によき斎せうぞぬかご飯 鈴木道彦
坦庵は橡の実農兵はむかごかな 百合山羽公 樂土
塵外のわが落ちこぼれむかごかな 佐藤鬼房
好日や垣根のむかご引きあうて 飴山實 句集外
妹がりに飯かひとりぬぬかご飯 東皐
宮垣のぬかごひねにし詠かな 一笑(金沢)
寂しくばたらふく食しねむかご飯 日野草城
尚一つむかごの蔓の立ちにけり 高野素十
尼寺と呼ばれ栗めしむかごめし 阿波野青畝
山妻が零余子飯炊く秋深し 山口青邨
山深く夜雲の通ふぬかご飯 岸田稚魚
庭にひろふ十粒七粒ぬかごめし 山口青邨
愉しきかな零余子の衆愚犇くは 飯田龍太
手をやるにほしいままなるむかごかな 阿波野青畝
手を出せば零余子こぼるる古道ゆく 稲畑汀子
指をみな使ひてつまむ零余子かな 後藤夜半 底紅
故園荒れぬかご茶の実とさまざまに 阿波野青畝
日常茶飯或る日ぬかごの飯たきし 細見綾子
昼と夜のあはひのあかりぬかご飯 岡井省二 大日
晩秋の野やてのひらに零余子のせ 山口青邨
杉の木の間に零余子蔓黄ばむ 右城暮石 散歩圏
柚の木にのぼりつめたるむかご蔓 細見綾子
梅林で飯にするほどむかごとる(奥多摩吉野梅林) 細見綾子
母よりも父の躾のむかご飯 後藤比奈夫
水引と濡れゐてくらき零余子蔓 松村蒼石 寒鶯抄
瀬戸窯場這ひまはりゐしぬかごとぞ 細見綾子
王塚を訪ねてこぽす零余子かな 阿波野青畝
瓢箪に先きだち落つる零余子かな 飯田蛇笏 山廬集
竹林に黄ばみつくせる零余子蔓 右城暮石 句集外 昭和五十七年
老人の日の自祝かなむかご飯 及川貞 夕焼
脚立で採るむかごはらはら大菩薩 古沢太穂 捲かるる鴎
草庵に二人法師やむかご飯 村上鬼城
荒草の露と消えたるむかご達 飯田龍太
菩提子に生れ零余子に生れたる 後藤比奈夫
蔓引けば顔に落ち来しむかごかな 細見綾子
蔓起せばむかごこぼれゐし湿り土 杉田久女
蕣やぬかごの蔓のほどかれず 及肩
薔薇垣のむかご熟るるにまかせおく 佐藤鬼房
藪はたのしさしのべし手に零余子こぼれ 山口青邨
蟷螂にくんで落たるぬかごかな 為有
越し方や灯が鳴く下の零余子飯 石塚友二 光塵
野分あとの腹あたゝめむぬかご汁 原石鼎 花影
零余子おつ土の香日々にひそまりぬ 飯田蛇笏 春蘭
零余子こぼれて鶏肥えぬ草の宿 村上鬼城
零余子には数多度身を躱されき 相生垣瓜人 明治草
零余子に手伸べて巴里より帰り来し 石田波郷
零余子ふるふるこがらし太郎くるころか 上田五千石『天路』補遺
零余子もぐ笠紐ながき風情かな 飯田蛇笏 山廬集
零余子採る眼鏡のずれを直しては 右城暮石 散歩圏
零余子飯炊いてどうでもよくなりぬ 亭午 星野麥丘人
零余子黄葉岩魚保護区の札立てり 右城暮石 一芸
露けさやこぼれそめたるむかご垣 杉田久女
露膨れむすびこぼるる零余子かな 阿波野青畝
音のして夜風のこぼす零余子かな 飯田蛇笏 霊芝
頼みたる竹にはなるゝむかご哉 野径
高円山の零余子を引いてあそびけり 岡井省二 鹿野
鳥だにも来ぬ夕暮をむかご落つ 上村占魚 鮎
黒わかつ芽出しむかごと雨鴉 佐藤鬼房

以上
by 575fudemakase | 2016-11-02 14:58 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26335957
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

おしくらまんじゅう の俳句
at 2017-09-25 17:12
稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54

外部リンク

記事ランキング