芦の花 の俳句

芦の花 の俳句

芦の花 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22912475/

芦の花 補遺

うつそりと人の来てゐる芦の花 飯島晴子
かのひとに似て芦の花光もつ 永田耕衣
この辺に棲みても見たし蘆の花 星野立子
この道の三つ渡る川や蘆の花 河東碧梧桐
せいご釣つてをり水ひそと蘆の花 村山故郷
まかげしてわが立ちどまる蘆の花 山口誓子
むら雀とび立つてをり葭の花 高野素十
ものありて川に逆ふ蘆の花 山口誓子
も遊び人も遊ぶや芦の花 中川乙由
ゆられ来て小舟かくれぬ芦の花 三宅嘯山
コスモスの花のとび~葭の中 高野素十
チャイムの音塔へ納まり蘆の花 中村草田男
乳を出して船漕ぐ海士や芦の花 北枝
円光も枯れもて芦の花は行く 永田耕衣
口舌に蘆の花乗るごとくなり 岡井省二 前後
吹れ行向ひ近江や芦の花 三宅嘯山
夕焼けしときにはつかに蘆の花 山口誓子
夕風や蘆の花散る捨小舟 正岡子規 芦の花
夜はしんと月を籠けり芦の花 三宅嘯山
夜は月に穢を照らさるゝ蘆の花 山口誓子
廃船の水漬きひさしき蘆の花 上田五千石『田園』補遺
弓掛けし朱貴が酒屋や蘆の花 正岡子規 芦の花
引入れて老の軽舟蘆の花 石田勝彦 百千
引舟や蘆の葉隱れ花隱れ 正岡子規 芦の花
打櫂に泥をかけけり芦の花 浪化
月落て江村蘆の花白し 正岡子規 芦の花
柴又へ通ふ渡しや蘆の花 正岡子規 芦の花
桐の花刈り伏す芦の彼方にも 飯田龍太
橋やあらん漁夫歸り行く蘆の花 正岡子規 芦の花
橋高し小川を挟む蘆の花 正岡子規 芦の花
水馬をる静かさや蘆の花 河東碧梧桐
法隆寺からの小溝か芦の花 飴山實 次の花
波出でて芦には芦の花明り 大野林火 雪華 昭和三十八年
海山に髪ねぢくれる芦の花 飯島晴子
漁燈提げて通りしあとの蘆の花 山口誓子
烏目は白し鷺目は芦の花 中川乙由
片~は町になりけり芦の花 卓池
目の玉に痛み走れり芦の花 飯島晴子
相向ふ常陸下総蘆の花 清崎敏郎
砂村や蘆散る暮の戻り舟 正岡子規 芦の花
筏士が寐てながるゝや芦の花 凉菟
網はつて蜘蛛の住へり葭の花 高野素十
腰入れて行くにほほけし芦の花 飯島晴子
舟ゆけば筑波したがふ蘆の花 富安風生
舟歌のどのに隱れて蘆の花 正岡子規 芦の花
舫舟溜に蘆の花が散る 清崎敏郎
船つなく阮家の背戸や蘆の花 正岡子規 芦の花
芦の花かがみて男笛習ふ 大野林火 雪華 昭和三十七年
芦の花ここにも沼の暮しあり 深見けん二
芦の花幾たりに逢ひ別れけむ 永田耕衣
芦の花折りて船出の祓へせん 椎本才麿
芦の花昼ゆづられてゐるごとく 岡井省二 五劫集
芦の花焼玉エンジン赤き火を 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
芦の花童に熱き闇ありぬ 飯島晴子
芦の花船南へ~ 高野素十
芦刈りしあとひろびろと芦の中 波多野爽波 鋪道の花
花として芦の花も真菰の花もまことに秋 荻原井泉水
蘆ちるや淺妻舟の波の音 正岡子規 芦の花
蘆の湖の桟橋に佇つ夜の秋 松本たかし
蘆の花つとに聲似と思ひをり 岡井省二 猩々
蘆の花彦根の城は隠れけり 正岡子規 芦の花
蘆の花水光虹を幽かにす 飯田蛇笏 山響集
蘆の花瞼開けば陰りゐる 橋閒石 雪
蘆の花舟あやつれば水にほふ 山口誓子
蘆の花賑やかにしてわれひとり 山口誓子
蘆の花近寄るほどに高くなる 右城暮石 一芸
蘆散るや夕日の川の捨小舟 正岡子規 芦の花
蜆掘る舟静かさや蘆の花 河東碧梧桐
蜑か家のかこひもなしに蘆の花 正岡子規 芦の花
行けど~川浪高し蘆の花 渡邊水巴 白日
釣舟の動くともなし蘆の花 清崎敏郎
青べカの兄いの啖呵芦の花 村山故郷
青葭の青ずず玉の花氷 高野素十
魚を得て酒買ひに行く蘆の花 正岡子規 芦の花
魚釣り得て酒買ひに行く蘆の花 正岡子規 芦の花
鮭船のへさき竝べて蘆の花 正岡子規 芦の花
鯉こくに酔うたる芦の花の昼 岡井省二 山色
鷺落ちて夕月細し蘆の花 正岡子規 芦の花

以上
by 575fudemakase | 2016-11-02 15:16 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26335991
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング