烏瓜 の俳句

烏瓜 の俳句

烏瓜 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23282931/

烏瓜 補遺

あきもやゝ黒みに入ぬからす瓜 夏目成美
いつの間に空き家となりし烏瓜 飴山實 句集外
うす~と霜の降りたる烏瓜 清崎敏郎
うれしさもこどものくれしからすうり 森澄雄
かつてなき女によき世からすうり 森澄雄
かなしけれ一つ並びに烏瓜 中村汀女
からすうりびつしり思ひとどまるか 飯島晴子
からすうり大方読めぬ芭蕉句碑 百合山羽公 樂土以後
からすうり瓜人先生住ひけり 百合山羽公 春園
からす瓜そも~赤きいはれなし 松窓乙二
からす瓜有にまかせてながめけり 寥松
からす瓜珱珞となり高野道 阿波野青畝
からす瓜舌切婆の切りしもの 鷹羽狩行
この道は亡びゆくみち烏瓜 鷹羽狩行
しくるゝやいつまで赤き烏瓜 正岡子規 時雨
つる引けば遥に遠しからす瓜 酒井抱一
てのひらに捨つるつもりの烏瓜 燕雀 星野麥丘人
ひぐれはじめのひつぱりきれぬ烏瓜 加藤秋邨
ひたひたと跣足に来れば烏瓜 中村汀女
ぶらさがつてゐる烏瓜は二つ 種田山頭火 草木塔
みづから青き水傲慢や烏瓜 中村草田男
むかしかの優婆夷なりしか烏瓜 橋閒石 和栲
わが乳は烏瓜よと告白せよ 平井照敏 天上大風
マツ赤になつて烏瓜踊つてるばかり 尾崎放哉 小豆島時代
何か鎖ゆるみし如く垂れ烏瓜 山口青邨
何ごともなき日の暮の烏瓜 岸田稚魚
冬ざれや天より垂るる烏瓜 山口青邨
冬枯や賤が檐端の烏瓜 正岡子規 冬枯
別るるや野分がゆする烏瓜 野澤節子 未明音
十二橋橋のたもとの烏瓜 阿波野青畝
十五夜のこそつく風や烏瓜 阿波野青畝
只一つ高きところに烏瓜 正岡子規 烏瓜
名鐘や藪烏瓜よごれつつ 岡井省二 鹿野
向う岸なに焚きをるや烏瓜 飴山實 句集外
堤の木ひよろと立つなり烏瓜 河東碧梧桐
夕日して垣に照合ふ烏瓜 村上鬼城
夕映を賜りし孤の烏瓜 林翔
大峰の照り直すとき烏瓜 岡井省二 明野
女の手からす瓜までとどかざる 燕雀 星野麥丘人
子供とも遊ばずなりぬ烏瓜 相生垣瓜人 微茫集
山の間を雁の渡りし烏瓜 森澄雄
山川のうらぶれしるく烏瓜 飴山實 句集外
恵まれて未知の天より烏瓜 古舘曹人 能登の蛙
抛り捨てある烏瓜蔓ながら 清崎敏郎
掌の温み移れば捨てて烏瓜 岡本眸
提げ来るは柿にはあらず烏瓜 富安風生
数へ日のもののひとつの烏瓜 石田勝彦 秋興以後
旅恋うて旅が重しよからすうり 岡本眸
日は墓の家紋をはなれ烏瓜 古舘曹人 能登の蛙
明史来ぬ飄と提げきて烏瓜 石川桂郎 四温
暮れかけて遠嶺くつきり烏瓜 加藤秋邨
曼珠沙華烏瓜また猫の話(丹波にて二句) 細見綾子
木の実らにはじき出されて烏瓜 斎藤玄 雁道
枯るる前すでに痩せたるからすうり 能村登四郎
染上て蔓やそろ~烏瓜 三宅嘯山
梵妻を恋ふ乞食あり烏瓜 飯田蛇笏 山廬集
橘寺うら爛熟の烏瓜 石田勝彦 雙杵
武家屋敷から電線へ烏瓜 飴山實
殉教の碑に垂れさがり烏瓜 有馬朗人 母国
水車場を圍む小藪や烏瓜 正岡子規 烏瓜
流寓のわが目に縋るからす瓜 百合山羽公 寒雁
灯籠に二つは多し烏瓜 山口青邨
烏瓜あかねの雲の落し子か 鷹羽狩行
烏瓜くれたる人の夜寒かな 石橋秀野
烏瓜しんじつたかきところより 飴山實 辛酉小雪
烏瓜つついて種の佛かな 岡井省二 有時
烏瓜つづる藪ゆき祈り捨てず 山田みづえ 忘
烏瓜ともして山河むつみあふ 飴山實 句集外
烏瓜ともりさびしきお縁日 山口青邨
烏瓜ともりて人を案内す 山口青邨
烏瓜ともりひとりの園遊会 山口青邨
烏瓜は短かく糸瓜長き哉 尾崎放哉 大学時代
烏瓜まつ赤な嘘の自句自註 鷹羽狩行
烏瓜もてばモジリアニイの女 有馬朗人 母国
烏瓜われに顔あるめでたさよ 岡井省二 前後
烏瓜一夜の顔のありにけり 岡井省二 山色
烏瓜三つほどが見えあとは暮れ 岸田稚魚
烏瓜五六箇下げて重さなし 後藤比奈夫
烏瓜人知れずこそ紅を得ぬ 山田みづえ 草譜
烏瓜地蔵に似たる石ばかり 山田みづえ 手甲
烏瓜幾日溺れし潮を吐く 木村蕪城 寒泉
烏瓜引きし分だけ景色減る 後藤比奈夫
烏瓜引くや子地獄一歩出て 伊藤白潮
烏瓜手がかりもなく残りけり 阿波野青畝
烏瓜提げたり蝶も付き来れ 相生垣瓜人 明治草
烏瓜提げても来よと人を待つ 後藤夜半 底紅
烏瓜朱なり水ゆく無明かな 加藤秋邨
烏瓜松の高さに熟れゐたり 細見綾子
烏瓜氏神様のなつかしや 阿波野青畝
烏瓜沼へ傾く午の道 角川源義
烏瓜海に拾ひて海の裔 木村蕪城 寒泉
烏瓜減りゆくまゝにかゝりけり 百合山羽公 春園
烏瓜滅多に赤し姥の道 斎藤玄 雁道
烏瓜炊ぎげむりのすいと伸び 阿波野青畝
烏瓜烏は食はぬ御苑かな 阿波野青畝
烏瓜生りゐし崖の上に出づ 山口誓子
烏瓜畳押さへて嫗起つ 中村草田男
烏瓜老の手力あまりけり 阿波野青畝
烏瓜莟をあげて垣越ゆる 山口青邨
烏瓜蔓したたかの好機なり 平畑静塔
烏瓜蔓切れ切れに残りたる 右城暮石 上下
烏瓜藪からめ伊賀には忍町 福田蓼汀 秋風挽歌
烏瓜見つけしからに取らでやは 相生垣瓜人 明治草抄
烏瓜言葉何やら聞きもらし 中村汀女
烏瓜赤き日向の山へゆく 森澄雄
烏瓜赤しと子らの触れゆきね 定本亜浪句集
烏瓜離れず住んで片便り 飴山實 句集外
烏瓜高き曇りに入ることも 岡井省二 鹿野
生飯台のめしに日あたる烏瓜 岡井省二 明野
畑焚火烏瓜さへ投げこまれ 上田五千石 琥珀
異人館跡てふ高さ烏瓜(八王子奥に昔の絹の道あり) 細見綾子
白き蔓白き枯葉の烏瓜 後藤夜半 底紅
盆に菓子なく赤き烏瓜をおく 山口青邨
石神の首が坐る烏瓜 古舘曹人 樹下石上
禰宜よりは社家の好みの烏瓜 平畑静塔
竪縞のしやれてゐし青烏瓜 後藤比奈夫
竹林に蔓掛け渡す烏瓜 右城暮石 虻峠
竹藪に一つる重し烏瓜 正岡子規 烏瓜
竹藪に入音しけり*からすうり 惟然
笑ひこけたりしは縞の烏瓜 岡井省二 大日
絶壁の青苔の縁剥がれさう 佐藤鬼房
考へつつ歩きつつふつと赤いのは烏瓜 種田山頭火 自画像 落穂集
聞かれたる旅の寝言の烏瓜 加藤秋邨
色も失せ重さも失せて烏瓜 山口青邨
色見せてよりの存在烏瓜 稲畑汀子
蔓といふ真剣なもの烏瓜 後藤比奈夫
螳螂の首くゝりけり烏瓜 正岡子規 烏瓜
行く秋のふらさかりけり烏瓜 正岡子規 烏瓜
見る見るに暮れたるものに烏瓜 中村汀女
赤革が殻になるまで烏瓜 百合山羽公 樂土以後
車窓よりさやにも見たり烏瓜 相生垣瓜人 負暄
近づいてみて見失ふ烏瓜 稲畑汀子
邊見隊守りし嶮ぞ烏瓜 水原秋櫻子 殉教
食卓にあり食べられぬ烏瓜 山口誓子
騒しく引かれて烏瓜の蔓 後藤夜半 底紅
騒然たるわが半日と烏瓜 加藤秋邨

以上
by 575fudemakase | 2016-11-02 15:37 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26336039
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング