後の月 の俳句

後の月 の俳句

後の月 の例句  (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23263287/

後の月 補遺

「オカアサン」と鳴く鳥かなし十三夜 上村占魚 鮎
あげ底の酒の徳利や後の月 鈴木真砂女 都鳥
あさがほの花照りそめつ後の月 渡邊水巴 白日
いたつきの外は思はず十三夜 福田蓼汀 山火
いつせいに目を立つる蟹十三夜 加藤秋邨
いつも見る窓の灯あらぬ十三夜 鷲谷七菜子 黄炎
うしろ姿は勝気の角度十三夜 加藤秋邨
うつし世は炉の灰しめり後の月 能村登四郎
うどの花ほのぼの白し十三夜 山口青邨
かぐや姫安否を問はん十三夜 阿波野青畝
かすてらのざらめが残り十三夜 星野麥丘人 2002年
くゞり戸を開け閉むる音十三夜 星野立子
こたび下ればまた上らぬや後の月 河東碧梧桐
この年の雨に終りし十三夜 桂信子「草影」以後
これは病みかれは世に亡し十三夜 石塚友二 光塵
さざ波のごとき雲出て十三夜 細見綾子
せせらぎの霞はうごかず十三夜 村山故郷
たまゆらの藻屑火きえし十三夜 鷲谷七菜子 黄炎
なきかはるいとゞの声や十三夜 百合山羽公 春園
ぬぐふ車窓十三夜の雨ひた叩く 大野林火 雪華 昭和三十三年
ひさびさのふるさとにをり十三夜 森澄雄
ふくべより賜る酒や十三夜 雨滴集 星野麥丘人
ふし穴を来て十三夜月ふし穴大 三橋鷹女
ふるさとや衾のすその後の月 角川源義
みちのくの如く寒しや十三夜 山口青邨
みちのくゆこけし嫁入十三夜 山口青邨
みるみるに高きに在りぬ十三夜 上村占魚
もともとのひかり押さへて後の月 鷹羽狩行
もみづりて草に色あり十三夜 森澄雄
ゆで上りたる蟹笊に十三夜 鈴木真砂女 生簀籠
わがひとり見る後の月照りにけり 日野草城
わが宿の山を屏風の十三夜 山口青邨
わが机貸す後の月祀るにも 安住敦
わが淹れてわがすゝる茶や後の月 日野草城
われ生きてこゝろ濡れをり十三夜 石塚友二 光塵
サボテンは影をつくらず十三夜 山口青邨
タイル工居残り励む十三夜 佐藤鬼房
ベレー帽かぶりてぞ出づ十三夜 山口青邨
一*ちゅうの物焚く煙後の月 清崎敏郎
一ちゅうの霧立昇る十三夜 川端茅舎
一本の竹のみだれや十三夜 中村汀女
一葉に十三夜あり後の月 富安風生
三方五湖いづれがいづれ十三夜 阿波野青畝
下町の空や暈して十三夜 岸田稚魚 紅葉山
主振り茶も設けゝり後の月 河東碧梧桐
争は久し瀬と岩十三夜 平畑静塔
二階にて少年十三夜をこばむ 平畑静塔
人形は手鏡をもつ十三夜 山口青邨
仕事すんで庭掃いてをり後の月 星野立子
任地去る人の妻子や後の月 河東碧梧桐
信じつつ妻と十年十三夜 高田風人子
偕に老い俄に後の月祀る 佐藤鬼房
出でゝ伏水船まだある後の月 河東碧梧桐
刈込に茶の花にほふ十三夜 水原秋櫻子 緑雲
前山の闇裏山の十三夜 福田蓼汀 山火
十三夜いづれへかわが駄犬失せ 佐藤鬼房
十三夜うすぐも屋根に垂りにけり 大野林火 早桃 海風抄
十三夜きのふと過ぎて飛騨格子 松村蒼石 雪
十三夜くぐり障子に炉火映えて 木村蕪城 一位
十三夜その名やさしく夜更けたり 細見綾子 存問
十三夜今明らかに竹立てる 中村汀女
十三夜以後 忌籠りの夜々の鉦 伊丹三樹彦
十三夜前の穂荒き吉備芒 岸田稚魚 紅葉山
十三夜夜半照りいでて男の子生る 水原秋櫻子 餘生
十三夜大排水機ごうごうと 高野素十
十三夜宿の主の初子抱く 松崎鉄之介
十三夜富年男は窯を守るらむ 阿波野青畝
十三夜峨峨とはだかる妙義山 上村占魚
十三夜形見となりし古端渓 亭午 星野麥丘人
十三夜待つつげの箸つげの櫛 古舘曹人 樹下石上
十三夜愚図の男の身透くか 佐藤鬼房
十三夜月うつせみの泪眼に 三橋鷹女
十三夜月とおもへば籬も冷ゆ 下村槐太 光背
十三夜月に孤りの鼻梁焦げ 三橋鷹女
十三夜月に島置くさざれ波 佐藤鬼房
十三夜松の間に見えわたる 齋藤玄 飛雪
十三夜沼は波立つこともなし 大野林火 早桃 太白集
十三夜波あきらかにかへしけり 鈴木真砂女 生簀籠
十三夜波の間に間に浮ぶもの 鈴木真砂女 卯浪
十三夜浜山遺跡うす~と 高野素十
十三夜涙月夜となりにけり 林翔
十三夜漸くに人忘らるる 高野素十
十三夜炉辺をへだつる小衝立 木村蕪城 一位
十三夜無人の島の沖にあり 大野林火 飛花集 昭和四十八年
十三夜紫濃しと思ひけり 石田勝彦 百千
十三夜膠かたまりゐたりける 岡井省二 大日
十三夜花茎長きゼラニューム 中村汀女
十三夜莢割の実の整へり 平畑静塔
十三夜裏木戸開いてゐたりけり 鈴木真砂女 都鳥
十三夜過ぎし尾花の老けにけり 後藤夜半 底紅
十三夜遺品のザイル壁に影 福田蓼汀 秋風挽歌
十三夜酒温めよ~ 高野素十
十三夜酸素の水沫むせぶなり 石田波郷
十三夜野の家はみな閉ざしたり 村山故郷
十三夜隴まつすぐに霧の這ふ 川端茅舎
十三夜風呂の火の粉の又一つ 高田風人子
十二妃の眠る尼の里十三夜 阿波野青畝
去なんとし熱き茶すゝる十三夜 村山故郷
句集の名乾燥花としぬ十三夜 山口青邨
名月に訪ひ十三夜にも訪ひし 高浜年尾
名月やわが畑の芋畑の豆 正岡子規 名月
后の月足柄山で明けにけり 正岡子規 後の月
善光寺詣でがへりの十三夜 上村占魚 球磨
嗜むは草木の薬十三夜 後藤夜半 底紅
四万十川の川海苔芽生ふ十三夜 松崎鉄之介
四方の嶺にひくき菩薩嶺後の月 飯田蛇笏 雪峡
坂道の夜店すぐ尽く十三夜 岡本眸
垣間みしものに憑かれて十三夜 橋閒石 和栲
墨すつてひととへだたる十三夜 桂信子 月光抄
壺愛でて栗名月も近きころ 藤田湘子 神楽
外に出でて手足の冷えや十三夜 森澄雄
多摩川の遠く曲れる後の月 清崎敏郎
大山の裏に雲無し十三夜 阿波野青畝
大都とは霧たちのぼり十三夜 原石鼎 花影以後
奪衣婆の足投げ出して後の月 有馬朗人 耳順
妙義嶺に近き湯町の十三夜 上村占魚
妻なしに栗名月の残り栗 石田勝彦 百千
妻への薬買ひ得し安堵十三夜 松崎鉄之介
妻留守の灯りひとつや十三夜 岸田稚魚 紅葉山
姨岩の千々の尖りの十三夜 林翔
姨捨や田毎の稲架に後の月 林翔
子に継がむ古き世ほろび十三夜 林翔 和紙
宗門農家門前町の十三夜 大野林火 雪華 昭和三十六年
客去りて洗ふ小鉢や後の月 鈴木真砂女 都鳥
宵も早籬かげりけり十三夜 阿波野青畝
寝て夢に遠きに遊ぶ十三夜 相馬遷子 雪嶺
寝巻には筒袖ありて後の月 能村登四郎
寝惜しむともなく起きて十三夜 鷹羽狩行
山の端を夜鷹の飛べり後の月 水原秋櫻子 帰心
山下りてすぐ山を恋ふ十三夜 福田蓼汀 秋風挽歌
山中を出て川ひかる十三夜 大野林火 飛花集 昭和四十五年
山内に十一末寺十三夜 大野林火 雪華 昭和三十六年
山峡へ帰る人あり十三夜 佐藤鬼房
山陰の旅も終りや後の月 星野立子
岩は皆渦潮しろし十三夜 水原秋櫻子 晩華
峡募れて川音ばかり十三夜 稲畑汀子
峡深し後の月とていづくより 稲畑汀子
島に来て島に日暮るる十三夜 村山故郷
川の香といふは藻の香や後の月 中村汀女
川口に波くづれつぐ十三夜 山口青邨
庭山の朴の木立や後の月 松本たかし
引汐の芥置き去り十三夜 鈴木真砂女 生簀籠
影深きもの光るなり十三夜 相馬遷子 雪嶺
後の月ごろの月夜街の灯とび~にともり 中川一碧樓
後の月その満ちたるを見そびれき 相生垣瓜人 負暄
後の月つくねんとして庵にあり 正岡子規 後の月
後の月なほ舊態を存しけり 相生垣瓜人 負暄
後の月ならんと仰ぎゐたりけり 清崎敏郎
後の月に破れて芋の広葉かな 村上鬼城
後の月ほろほろ鳥といふ食べて 能村登四郎
後の月を寒がる馬に戸ざしけり 村上鬼城
後の月五臓六腑をおし照らす 三橋鷹女
後の月今宵風なき戦野かな 相馬遷子 山国
後の月右に有磯の海寒し 内藤鳴雪
後の月唐箕の市に五六人 村上鬼城
後の月子の足遠くなりにけり 安住敦
後の月宗祇の越えし山一つ 有馬朗人 耳順
後の月寝てから腹が立つてくる 飯島晴子
後の月寺領は黍の不作かな 日野草城
後の月庭の山より上りけり 松本たかし
後の月愧色如きを帯びをれり 相生垣瓜人 明治草
後の月暁方の霧上る 右城暮石 句集外 昭和三年
後の月暦に繰りてすでに過ぐ 安住敦
後の月更けて疲労の色のあり 相生垣瓜人 負暄
後の月水を照して高くなる 日野草城
後の月沼にうつりて更けにけり 日野草城
後の月満ち了りたる夜も見たり 相生垣瓜人 明治草抄
後の月焼火(たくひ)の山を照らしけり 金子兜太
後の月爪マ先冷えをおぼえけり 日野草城
後の月目鼻ついたる面てかな 岡井省二 鯛の鯛
後の月萎びし物に亦似たり 相生垣瓜人 負暄
後の月薄の白髪けづりあへず 正岡子規 後の月
後の月蛾がゐる草をあたためて 松村蒼石 雁
後の月金覆輪の雲に乗り 阿波野青畝
後の月養鶏千羽めつむるも 上田五千石 森林
後の月高く上れば顧みず 日野草城
後半に入りゆく競技十三夜 星野立子
忘れゐし羊羹固し十三夜 橋閒石 雪
急ぎ足に草履の人や後の月 尾崎放哉 大学時代
懸くるべき庭木もなくて後の月 鷹羽狩行
戸漏灯にたちまさりつゝ後の月 日野草城
才ありて貧しき一生十三夜 福田蓼汀 秋風挽歌
投網の錘ずしりと十三夜 佐藤鬼房
折りて来しものを籠にさし十三夜 清崎敏郎
掃苔ののちの草の芽十三夜 松村蒼石 雁
敗戦を恨みよろこび十三夜 三橋敏雄
日本の都に住んで十三夜 正岡子規 十三夜
暗く深く空地草生ふ十三夜 松崎鉄之介
更けてよりあはれ大雨の十三夜 水原秋櫻子 帰心
更けてより雨滴間遠や十三夜 及川貞 夕焼
書庫の径蟇も出てをり十三夜 山口青邨
曼珠沙華忘れし頃に後の月 百合山羽公 故園
月に出て思へば盆の十三夜(巨口先生長逝さる) 細見綾子
机辺にも炭火をすこし十三夜 森澄雄
枕覆ひの木綿ざはりや後の月 能村登四郎
林檎買ふ奢りにあゆむ十三夜 大野林火 冬青集 海門以後
柚子の香も夜晴れに冷えて後の月 村山故郷
栄螺買ふ折から春の十三夜 飯田龍太
栗も食ひ栗名月も見たりけり 相生垣瓜人 負暄
栗食べて栗名月も無月なる 草間時彦
栗飯も末の山住み十三夜 松村蒼石 寒鶯抄
校庭の十三夜月踏みもどる 木村蕪城 一位
梧桐の幹のなま傷十三夜 三橋鷹女
楠の根を踏みわたりつつ後の月 石田勝彦 秋興以後
橋の上に猫ゐて淋し後の月 村上鬼城
次の間に女客あり十三夜 星野立子
死ぬ蝶は波にとまりぬ十三夜 永田耕衣
母が煮る栗あまかりし十三夜 能村登四郎
母を拭く湯気たぎらせて十三夜 能村登四郎
比叡下りて白河あたり十三夜 村山故郷
比翼の鴨 翔たせ 湯島は十三夜 伊丹三樹彦
水ならぬ水にしたしむ後の月 上田五千石『琥珀』補遺
水のむと片目つぶれば十三夜 加藤秋邨
水の音さぶしかりけり後の月 日野草城
水甕の肌いきいきと後の月 星野麥丘人
汐さやぐ汀の燈籠十三夜 阿波野青畝
汽車の月後にて聞けば十三夜 正岡子規 十三夜
沙山の香も潮ざれし後の月 村山故郷
注ぐ茶のはげしき湯気や後の月 日野草城
海浜の今宵暖か十三夜 星野立子
淋し寒し出羽の清水後の月 河東碧梧桐
港の灯華麗に裏山十三夜 福田蓼汀 秋風挽歌
港山兵の屯す十三夜 大野林火 早桃 太白集
湯けむりになほすめる十三夜すぎ 大野林火 海門 昭和八年
湯ざめして君のくさめや後の月 日野草城
滑川女も釣れり十三夜 山口青邨
漠々と雲白かりき十三夜 相馬遷子 山国
漢方の百の抽斗十三夜 有馬朗人 耳順
炬燵あり火を入れしむる十三夜 木村蕪城 一位
煎り豆腐煎る嫁がゐて十三夜 能村登四郎
煮かへして味のまろさよ十三夜 鷹羽狩行
熱退かぬ子の起きてゐる十三夜 廣瀬直人
爐框に置く盃や十三夜 松本たかし
牛買と泊る島宿十三夜 上村占魚
物の怪に吠え立つ犬や後の月 日野草城
猫よぎる庭十三夜雲密に 松崎鉄之介
猫戻る戸を隙かせ置く十三夜 能村登四郎
甕に沈む杓の柄みゆる十三夜 能村登四郎
生簀鮭よべは十三夜でありし 平畑静塔
用ありてのぼる神楽坂十三夜 山口青邨
田も家もひたに霜待つ十三夜 相馬遷子 山国
病み暮らす瞼の腫れや十三夜 佐藤鬼房
病む足に枕して妻十三夜 大野林火 月魄集 昭和五十五年
病体にななめ光りす十三夜 飯田龍太
病床に十三夜とは味気なし 高浜年尾
白樺の幹ほの暗し後の月 清崎敏郎
百穂の月塊となる後の月 山口青邨
皿小鉢洗つて伏せて十三夜 鈴木真砂女 都鳥
盃に波郷友二や十三夜 燕雀 星野麥丘人
目つむれば蔵王権現後の月 阿波野青畝
眼に支障ある後の月祀りけり 安住敦
磨崖碑も柱状節理十三夜 阿波野青畝
積み藁の見えそめし野や後の月 村山故郷
空也忌の十三夜月端山より 飯田龍太
竹の秋折から出づる十三夜 飯田龍太
竹寺の竹のはづれの十三夜 岸田稚魚 筍流し
篝火のここまでぬくし十三夜 富安風生
籐椅子のつめたかりけり後の月 日野草城
紀の衆と会ひて別れぬ十三夜 村山故郷
紅梅に蝕前の月蝕後の月 安住敦
終航の螢の曲を十三夜 福田蓼汀 秋風挽歌
絹漉しの噂もあらん後の月 橋閒石 虚 『和栲』以後(I)
繰りあぐる滿月會や十三夜 正岡子規 十三夜
老友の欠けしと泣きぬ十三夜 阿波野青畝
肉屋閉づ十三夜月雲に残し 大野林火 雪華 昭和三十三年
膝折れの*こおろぎも啼け十三夜 前田普羅 普羅句集
膝抱いて影と居るなり十三夜 中村苑子
膝長う座れる人や十三夜 前田普羅 普羅句集
船宿の脚は早瀬に十三夜 古舘曹人 樹下石上
花芒枯れにちかくて十三夜 森澄雄
茶の花に約るひかり十三夜 下村槐太 天涯
草茫茫の家に移りぬ後の月 村山故郷
荒削り羯摩が鬼の十三夜 河東碧梧桐
荒涼として椅子にをり十三夜 大野林火 冬雁 昭和二十二年
荒涼と浮びて高き十三夜 飯田龍太
菊は未だ青葉に立てり後の月 右城暮石 句集外 昭和三年
落柿舎に一像一机十三夜 阿波野青畝
落柿舎を出て影法師十三夜 阿波野青畝
葉込みにて十三夜月亡き母か 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
蓴菜の片岸のいつ十三夜 古沢太穂 捲かるる鴎
薄きかと思ふ十三夜の衾 能村登四郎
虚子のこと虚子に訊きたし十三夜 燕雀 星野麥丘人
蛇の如きパンタロン雨の十三夜 山口青邨
蝶波にとまりてやすし十三夜 永田耕衣
街の樹の枯るゝけはひや後の月 日野草城
裏妙義屏風のごとし後の月 上村占魚 球磨
補陀落の海まつくらや後の月 鷲谷七菜子 天鼓
襖絵に銀の松かな十三夜 森澄雄
見とほしの道のむなしき十三夜 日野草城
読まぬ書の砦づくりに十三夜 角川源義
読みかけの伯林落城十三夜 山口青邨
豆枯れて影たゞしさよ十三夜 相馬遷子 山国
貴船菊そこらに白し十三夜 山口青邨
路地路地に十三夜月みてもどる 下村槐太 光背
路地路地に十三夜月見てもどる 下村槐太 天涯
踏む石のぐらりと傾ぎ十三夜 加藤秋邨
踏歌のごとく人うたひだす十三夜 赤尾兜子 玄玄
車酔ひのこりて露の十三夜 能村登四郎
通るとき二階が開きぬ十三夜 岡本眸
遠き~一人の友や十三夜 高野素十
酒の客灰皿の客十三夜 鷹羽狩行
酒沁みて十三夜月なかりけり 藤田湘子 途上
酒盛らん月なくも夜は十三夜 正岡子規 十三夜
野良猫に一瞥受けし十三夜 鈴木真砂女 都鳥
金の帯きりりこけしや十三夜 山口青邨
金鳳の飛ばんずらんや十三夜 阿波野青畝
釜めしの次々噴いて十三夜 石川桂郎 高蘆
銀の匙洗ひ束ねて十三夜 鷹羽狩行
闇の女かひかがみ急ぎ後の月 中村草田男
隅田川渡り来にけり十三夜 福田蓼汀 山火
隠栖は成りしかど短命や後の月 河東碧梧桐
雨いつか菜畑に晴れ十三夜 中村汀女
雨ほつとこのまま雨か十三夜 高田風人子
雨垂れの苔に吸はるる十三夜 大野林火 飛花集 昭和四十六年
雨脚の長くて青し十三夜 大野林火 飛花集 昭和四十六年
雲いでてつゆけさ失せぬ十三夜 松村蒼石 雁
雲を出し三田界隈の後の月 大野林火 深見けん二
雲多くしてけもの影十三夜 佐藤鬼房
雲深くして人恋し十三夜 中村汀女
霧こめて山国くらし十三夜 大野林火 飛花集 昭和四十五年
静かなる自在の揺れや十三夜 松本たかし
飴舐めて孤独擬や十三夜 佐藤鬼房
首飾遠くに光り十三夜 山口青邨
鮭飯の鮭の精霊十三夜 佐藤鬼房
鯛飯の椀のぬくみや十三夜 村山故郷
鱶の鰭にほふ湾岸十三夜 佐藤鬼房
麦蒔をしてきし一家十三夜 高野素十
麻薬うてば十三夜月遁走す 石田波郷
黒松の幹の亀甲十三夜 森澄雄

後の月 続補遺

うかれ女や言葉のはしに後の月 炭太祇
うれしさや江尻で三穂の十三夜 其角
おもかげに霜の苦みや十三夜 三宅嘯山
おもはずもよそに更しぬ十三夜 炭太祇
かくれては飽人多し後の月 百里
かたびらに越の日数や後の月 岩田涼菟
かの法師落着方や後の月 呂丸
から口の酒となりけり後の月 旦藁
くま~にかくるゝ秋や後の月 完来
くりかへし芋の塩烹や後の月 傘下
しかぞすむ茶師は旅ねの十三夜 其角
しかられた畑も踏よし後の月 千代尼
そうざいの鰍あらふや後の月 寥松
たのしさや二夜の月に菊添へて 素堂
つゝなるやもの陰くらき後の月 荷兮
とり残す梨のやもめや後の月 千代尼
どれからと萩の隣や後の月 建部巣兆
なぎの花こんにやくの花後の月 松窓乙二
なぐさみは紅葉かつちる十三夜 馬場存義
にくまれてわきから見るや後の月 りん女
ぬさをふるかこつけ草や後の月 りん女
ねられねば雨元政の十三夜 其角
はらゝ子を千々にくだくや後の月 其角
ひとり居やおもひもふけし十三夜 炭太祇
みだ頼むこよひになりぬ後の月 諷竹
みの虫の家のしまりや後の月 早野巴人
むかしからはれてありしよ後の月 完来
もう木曽の望も寒し後の月 凉菟
ものごとにゆき過る人や後の月 鼠弾
もろこしに不二あらば後の月見せよ 素堂
もろこしの書かた寄よ後の月 加舎白雄
わか竹や盗人迯て後の月 乙訓
わけて寒ぶ覚ゆる己が後の月 惟然
一色に千種のはなや後の月 野坡
三尺の松風寒し後の月 野坡
不二筑波二夜の月を一夜かな 素堂
傾城を紅葉と照や後の月 吾仲
光猶奥ある月や十三夜 三宅嘯山
冬や秋あきの冬しる十三夜 野坡
冬瓜の毛ぶかくなるや後の月 曲翠
冬肌になすや嵐も後の月 千川
冴るので猶さら悲し後の月 卓池
十三夜あかつき闇のはじめ哉 濁子
十三夜と見初しもかくの空ならん 高桑闌更
十三夜は忘れじ菊も其名残 支考
十三夜や寐処あかるき障子窓 鈴木道彦
十三夜月はみるやととなりから 炭太祇
十三夜雨もつ雲の老が脉 野坡
十五夜の客はあるじよ後の月 此筋
十六夜や闇より後の月の雲 高井几董
千人に御手配りけり十三夜 りん女
印籠も影は有けり十三夜 啓史 園圃録
又さけるいばら薔薇も後の月 荊口
台湾を当推量や十三夜 炭太祇
名とげては入際早し後の月 亀世
名月の座敷はひろし後の月 嵐青
名月の来ぬに来るにや十三夜 松窓乙二
吝むしは人情もなし後の月 馬場存義
夏菊のゆづらぬ皃や後の月 寂芝
大火焼寐ながらおがむ後の月 素覧
大黒の銀にひづみや十三夜 秀億 靫随筆
奥山で見た月出たり十三夜 桜井梅室
嫂石を暖め申せ後の月 孤屋
家こぼつ木立も寒し後の月 其角
宿もよし旅は沼津の十三夜 洒堂
寐覚して子も起居けり十三夜 三宅嘯山
寒やみの火燵もほしや後の月 斜嶺
寝静る小鳥の上や後の月 木導
山の端の月見や岐阜は十三夜 支考
山ひとへ二夜の月や甲斐武蔵 加舎白雄
川水や減めの付て後の月 呂風
川面に油気もなし十三夜 百里
川~の橋のしたくや十三夜 早野巴人
座敷なりに物云ふ人や後の月 傘下
影法師の影と成けり後の月 露川
後の月あれよとおもふ人はなし 夏目成美
後の月おもひきつたるこよひ哉 杉風
後の月くらがり山は猶くらし 桜井梅室
後の月たとへば宇治の巻ならん 越人
後の月どこへ参るも此袴 傘下
後の月のちの夜になる晴間哉 土芳
後の月はか~しくも更ぬかな 寥松
後の月ひそかに喰ぬ菊の虫 野坡
後の月わきて古人をおもふ事 加舎白雄
後の月上の太子の雨夜哉 其角
後の月何か肴に湯気のもの 黒柳召波
後の月入りて顔よし星の空 鬼貫
後の月名にあふ菊の花盛 杉風
後の月名にも我名は似ざりけり 路通
後の月宇陀のむかしはいく昔 加舎白雄
後の月山里ちかくなるこゝろ 鈴木道彦
後の月庭に化物作りけり 炭太祇
後の月弥彦に寐しもはや昔 松窓乙二
後の月心細さに見明しぬ 鳳朗
後の月星も宿かるきく畠 杉風
後の月松やさながら江戸の庭 其角
後の月柚味噌を山のちさうとて 風国
後の月水よりも青き雲井かな 樗良
後の月水を束ねしごときかな 高桑闌更
後の月浅草川に残しけり 泥足
後の月片母持しこゝろ哉 鈴木道彦
後の月蕎麦に時雨の間もあらね 松岡青蘿
後の月見た事もないひかり哉 北枝
後の月誰が鹿小屋の廻り番 正秀
後の月躍かけたり日傘 其角
後の月遠ひ碪のまじるあめ 岱水
後の月酒あたらしく菊白し 亀世
後の月雨が咄の頭とるや 子珊
後の月鴈大聲にとぶ夜かな 夏目成美
念仏も誠になりぬ後の月 亀世
我衣に洩る思ひ有り後の月 高桑闌更
所望なら時雨さう也後の月 蘆本
手もさゝぬ杉のしづみや十三夜 紫道
打つけに片面寒し後の月 三宅嘯山
捨人も看経遅し後の月 望月宋屋
日あたりもよい田のうへや後の月 桜井梅室
旨すぎぬこころや月の十三夜 素堂
明半時探る香もあれ十三夜 野坡
時~に十五夜おもへ十三夜 仙化
暁はまことの霜や後の月 松岡青蘿
暮かゝる村のわめきや後の月 野坡
曇るほどなをたのもしや後の月 舎羅
更る夜のたまご一つや後の月 越人
木まくらを坊主にかすか十三夜 鈴木道彦
木隠れて暮ねば見せず後の月 桜井梅室
末綿もふくや白きを後の月 来山
村雨を相手に後の月見哉 浪化
松に藤見あぐれば高し後の月 支考
松の山の影尋ばや後の月 凉菟
松茸の市のさかりや後の月 風国
枯草に蛍の殻や十三夜 早野巴人
染つくす百日紅や後の月 諷竹
柴の間誰もしらぬや後の月 鳳朗
椎の木の陰や狂ふて後の月 怒風
此稲が酒になるらん後の月 泥足
残多し後其後の月十四日 杉風
水ながらながるゝ月や十三夜 寂芝
水張の菅家の像も十三夜 松窓乙二
沙汰なしに柿の霜夜や後の月 馬場存義
河面はうるかで見るや後の月 野坡
流さるゝ東坡が八処後の月 許六
浪人はいまだお寺に後の月 蘆本
浮雲のおりかさなるや後の月 十丈
海山を覚えて後の月見哉 去来
火の端もそろ~恋し後の月 林紅
灯台のもとをてらすや後の月 桜井梅室
物事の満るはいやし十三夜 早野巴人
生海鼠などうり来る後の月見哉 鈴木道彦
田舎から柿くれにけり十三夜 炭太祇
白鷺や簑脱やうに後の月 其角
百生リにおもふ形なし後の月 野坡
百菊の香をあつめてや後の月 洒堂
皃蝠に戸をほそめけり後の月 紫貞女
盗ませる葱も作りて後の月 香以 俳家新聞
目と心はなれて後の月見哉 壺中
真鶴の命よろこべ後の月 鈴木道彦
私はあとにふせらん後の月 亀洞
秋たりて月の姿も十三夜 千町 新類題発句集
秋風に何ンベんされて後の月 露川
穂のうへに高低もあり後の月 游刀
竃馬よなれも無事にて後の月 破笠
等閑におもふな月の後の月 鳳朗
筑波根の御枕高し後の月 嵐蘭
粧ふたる老女さむけし十三夜 東皐
老きはる人は誰々後の月 加舎白雄
脇ざしの鞘に露うく後の月 正秀
菊痩て鴈ケ音ふとる後の月 許六
菊紅葉かざり立てや後の月 半残
落着の黒椀さむし後の月 桜井梅室
薬研ではこがしおろすか後の月 其角
藁一杷他の蒲団や後の月 中川乙由
蝕に雨に二夜の月を年ぞかし 加舎白雄
表から出汐告来つ十三夜 炭太祇
詩歌にも品玉有て豆名月 中川乙由
調し豆腐の味や十三夜 三宅嘯山
談合の饂飩にしまる後の月 曲翠
踏込んで足駄とらるゝ後の月 曽良
遊ぶ哉九日十日十三夜 路通
遊君の名も菊の名や十三夜 抱一 軽挙観句藻
野も山も狂言替て後の月 中川乙由
鉢の木を後にするや後の月 仙化
鎌倉へゆかぬが手也後の月 桃隣
降ずとも尾花につゝめ後の月 小春
院宣や今に二夜の月の眉 三宅嘯山
階子田をかぞへて照や十三夜 中川乙由
雁も田に居馴染む頃や十三夜 抱一 屠龍之技
雨風を力に後の月見哉 浪化
雪までは目に寒からぬ後の月 知足
霧霞さてもしのばじ後の月 宗波
露風もあらけて後の月見哉 四睡
青空の押へて居るや後の月 鳳朗
面痩を誰があはれまむ後の月 支考
音やめば雨見に出るや後の月 杉風
願有る身のせはしさよ後の月 史邦
鴛の住池はどこ~後の月 りん女
鶫の羽子にとまりつめすや後の月 りん女
鹿鳴て猫は夜寒の十三夜 嵐雪
龍宮の姫は幾つぞ十三夜 中川乙由

以上
by 575fudemakase | 2016-11-02 16:00 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26336104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング