秋風 補遺2

秋風 補遺2

秋風のうしろへまはれしじみ蝶 藤田湘子 神楽
秋風のおどろに灯かげこぼしけり 岸田稚魚 雁渡し
秋風のおもてに立てり筑波山 正岡子規 秋風
秋風のおもふがままに獏の尻 飯島晴子
秋風のお堂で顔が一つ 尾崎放哉 須磨寺時代
秋風のかく吹く時の櫟の木 高野素十
秋風のかりん二三顆寝て見ゆる 臼田亜浪 定本亜浪句集
秋風のこらへきれずに吹く日かな 後藤比奈夫
秋風のこれは楢なり柳なり 高野素十
秋風のしはぶきひびく静臥の時 角川源義
秋風のそこに見えをり音立てゝ 星野立子
秋風のそなたと許り思へとよ 正岡子規 秋風
秋風のそよく處の尾花かな 正岡子規 薄
秋風のそよく處や尾花かな 正岡子規 薄
秋風のただいささかの船切符 中村汀女
秋風のときには辛く吹きにけり 岸田稚魚 紅葉山
秋風のどつと吹きたる一木かな 高野素十
秋風のどのわたりなる草のみち 岡井省二 有時
秋風のにはかに鯉の群るるいろ 廣瀬直人
秋風のひだのごとくにさるすべり 平井照敏
秋風のひと間もわれにひろかりき 鷲谷七菜子 黄炎
秋風のひろごる月下あきらかに 大野林火 冬雁 昭和二十一年
秋風のふけは倒るゝそとはかな 正岡子規 秋風
秋風のまんなかにある蒼い弾痕 富澤赤黄男
秋風のむかしは馬の匂いかな 橋閒石 微光
秋風のむかし炉口のたたら踏み 上田五千石『田園』補遺
秋風のわが身ひとつの句なりけり 安住敦
秋風のわきても熊野詣かな 岸田稚魚
秋風のバターは既に堅かりき 日野草城
秋風のホームに下りて歩く間 清崎敏郎
秋風の一抹過ぎし水明り 鷲谷七菜子 銃身
秋風の一日何を釣る人そ 正岡子規 秋風
秋風の一灯煌と灯りけり 日野草城
秋風の一路狭斜へ通じけり 日野草城
秋風の三面鏡に旅疲れ 星野立子
秋風の上野の出茶屋人もなし 正岡子規 秋風
秋風の下にゐるのはほろほろ鳥 富澤赤黄男
秋風の中にある身となりにけり 高浜年尾
秋風の中や児の瞳に映れるもの 波多野爽波 鋪道の花
秋風の中を抜けいできて笑ふ 岡井省二 有時
秋風の仙人掌青く覚めたりき 加藤秋邨
秋風の何処鳥打帽失ふ 細見綾子
秋風の光らざるにもあらざりし 相生垣瓜人 明治草
秋風の公休ひと日また昏れたり 石川桂郎 含羞
秋風の分けゆく道にしたがへり 平井照敏
秋風の動くとは言ひとめしかな 後藤夜半 底紅
秋風の北空蒼し戸田峠 石田波郷
秋風の厨ゆたかに今日も暮れぬ 臼田亜浪 定本亜浪句集
秋風の口閉ぢられぬ癪の神 加藤秋邨
秋風の古塔赤松と影交はし 松村蒼石 雁
秋風の只中石山木願寺 岡井省二 大日
秋風の吹いてをるなり男の子 高野素十
秋風の吹きあたりゐる伊吹山 森澄雄
秋風の吹きかはる間の水すまし 中村苑子
秋風の吹きし一閃太柱 上野泰 春潮
秋風の吹きとどまらぬ石畳 岸田稚魚
秋風の吹きのびて来る家の内 右城暮石 句集外 昭和八年
秋風の吹きはじめしも豆畑 高野素十
秋風の吹きはじめたる奥地とや 高野素十
秋風の吹きひろげけり川の幅 正岡子規 秋風
秋風の吹き上げてゐるくさぎの葉 右城暮石 句集外 昭和七年
秋風の吹き抜く孤独地獄の底 小林康治 玄霜
秋風の吹き抜けてゐる十日月 廣瀬直人 帰路
秋風の吹き越す高さ菰野富士 右城暮石 虻峠
秋風の吹く渓流をわたりけり 飯田蛇笏 春蘭
秋風の吹けば蝶々むらがれる 高野素十
秋風の吹けば透き来て師の面輪 林翔
秋風の和紙の匂ひの和三盆 能村登四郎
秋風の和紙の軽さを身にも欲し 林翔 和紙
秋風の地を濃く塗れりクレヨン画 右城暮石 句集外 昭和二十六年
秋風の埠頭の隅の氷菓売 小林康治 玄霜
秋風の墓しんかんと海の音 角川源義
秋風の墓の面とわが面 石田勝彦 百千
秋風の夕ぐれ強き人波に 中村汀女
秋風の大梁の鐘鳴りにけり 加藤秋邨
秋風の奴袖なり一位垣 石田勝彦 百千
秋風の姿すゝきになかめけり 正岡子規 秋風
秋風の子よ指折りて何数ふ 岡本眸
秋風の小さき石は墓どころ 角川源義
秋風の山の木となり桑は老ゆ 加藤秋邨
秋風の山家となりおたたまいにち来てくれる 種田山頭火 自画像 落穂集
秋風の山越え瀬渉り忌に集ふ 福田蓼汀 秋風挽歌
秋風の山路濯ぎの音しづか 飯田龍太
秋風の岩に嶺越す姿消ゆ 飯田龍太
秋風の岩一枚や瀧こだま 石田勝彦 雙杵
秋風の川くだりゆく神門蟹 角川源義
秋風の川ひろければ旅おもふ 臼田亜浪 定本亜浪句集
秋風の幹人かくれまた出でず 山口青邨
秋風の幼稚園とは覗きたく 後藤夜半 底紅
秋風の底に沈みて病みゐたり 高浜年尾
秋風の廃石階にわぶ座あり 石田波郷
秋風の廊にて訳す詩一片 能村登四郎
秋風の当り流るる肘曲げて 深見けん二
秋風の影曳き行くや桑畑 角川源義
秋風の我身を過ぐや手のほとり 山口誓子
秋風の持ち上げてゐる蟻の足 石田勝彦 秋興
秋風の挽歌石塊これを聴く 福田蓼汀 秋風挽歌
秋風の挽歌聴くため父遺さる 福田蓼汀 秋風挽歌
秋風の旅にて黄味を崩しおり 橋閒石 微光以後
秋風の旅に叶ひし墓參かな 高田風人子
秋風の旅の蓮やみなうごく 加藤秋邨
秋風の最上川にかかる両羽橋 角川源義
秋風の月ちさしひとと別るるとき 大野林火 冬青集 海門以後
秋風の木となつてゐし晝さ中 岡井省二 前後
秋風の枕上なる櫛鏡 杉田久女
秋風の柱の下の熟睡かな 飴山實 少長集
秋風の柱をつつむ払子かな 阿波野青畝
秋風の楡は親しき木となりぬ 石田勝彦 秋興以後
秋風の極致といつぱ鼻梁かな 永田耕衣
秋風の歯朶うちさやぎ山香風呂 石田波郷
秋風の母はてしなく崩るるよ 平井照敏 天上大風
秋風の母よやすやすと子を生める 松村蒼石 雪
秋風の水位友あれば友となす 永田耕衣
秋風の水長く奥の山さびて 村山故郷
秋風の水面をゆくは魚の鰭か 三橋鷹女
秋風の水音の石をみがく 種田山頭火 草木塔
秋風の沼が静かに痩せてゐる 佐藤鬼房
秋風の沼魚に馴れて匂ひなき 中川一碧樓
秋風の波たち来ればうらがなし 臼田亜浪 定本亜浪句集
秋風の波だち来ればうらがなし 臼田亜浪 旅人 抄
秋風の波とかぎりなくすれちがふ 篠原梵 年々去来の花 雨
秋風の泥汲みて洲を埋むるや 松村蒼石 雪
秋風の深目なるらん鼻処 永田耕衣
秋風の渤海灣口船もなし 正岡子規 秋風
秋風の温泉宿のさびれ懐かしき 河東碧梧桐
秋風の湖辺町通り抜けにけり 村山故郷
秋風の湿原駅の名も沼の端 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
秋風の瀧に泣く音と笑ふ音と 飯田龍太
秋風の町わづかにて見失ひ 中村汀女
秋風の発心門をうち仰ぎ 佐藤鬼房
秋風の盤石に腰青畝大人 桂信子 花影
秋風の相手に熟柿一ツ哉 正岡子規 秋風
秋風の相誘ひて庭を逃げ 波多野爽波 鋪道の花
秋風の矛先を水さかのぼる 原裕 青垣
秋風の石が子を産む話し 尾崎放哉 小豆島時代
秋風の石ひとつ積む吾子のため 角川源義
秋風の石を拾ふ 種田山頭火 草木塔
秋風の石刃を掌に寂光土 角川源義
秋風の砂のつぶやき聴きまさむ 林翔 和紙
秋風の砂山踵よりくだる 橋閒石 朱明
秋風の碑の前後暑きかな 角川源義
秋風の禅師像髯恙なしや 石田勝彦 百千
秋風の窓うしろ手に閉めて主婦 岡本眸
秋風の窓ひとつづつしめゆけり 桂信子 月光抄
秋風の立ちて扇の美しき 後藤夜半 底紅
秋風の竜尾の柱水中より 古舘曹人 能登の蛙
秋風の竹の葉ずれの窯出し場(浜田庄司氏の窯にて) 細見綾子
秋風の簗のあやふさ死魚跨ぐ 能村登四郎
秋風の耳を抑へてゐし子供 相生垣瓜人 微茫集
秋風の肩かへりみる耐ふべしや 小林康治 四季貧窮
秋風の背後をいつよりか怖れ 能村登四郎
秋風の腹いつぱいよばれてもどる 種田山頭火 自画像 落穂集
秋風の芭蕉を主とたのみけり 角川源義
秋風の花脊峠に空仰ぐ 右城暮石 句集外 昭和五十五年
秋風の茅の輪くぐると神さぶや 角川源義
秋風の葉つき生姜をもたらせし 細見綾子
秋風の蘇州河に見し四つ手かな 加藤秋邨
秋風の蘖長けぬ師の朴は 石田勝彦 雙杵
秋風の蜘手にふくやしかの角 正岡子規 秋風
秋風の行人に紛れ心易し 小林康治 四季貧窮
秋風の衝(しやう)にありてぞ吹かれたる 中村草田男
秋風の襤褸曳き荷役声たてず 小林康治 玄霜
秋風の西空かつと陶器市 飯田龍太
秋風の言葉となれば翻り 能村登四郎
秋風の誘ふ磴に佇ち迷ふ 小林康治 四季貧窮
秋風の貌となりつつ厖大な 岡井省二 夏炉
秋風の越後に隣る一茶の地 角川源義
秋風の路地や哀歓ひしめける 藤田湘子 途上
秋風の身につくまでを吹かれけり 岸田稚魚
秋風の辞儀に六歳翁応ず 永田耕衣
秋風の迷ひねこなど飼ふ気なし 安住敦
秋風の通ふところに机置く 後藤夜半 底紅
秋風の通ふ机に膝入るる 中村汀女
秋風の遊ぶのれんとなりにけり 桂信子 花影
秋風の過ぎしと顔を上げにけり 鷲谷七菜子 一盞
秋風の道の長手をゆきしかな(松山二句) 細見綾子
秋風の遠く亡き子の声のこる 上村占魚
秋風の郊行こゝに極まりぬ 日野草城
秋風の重なりやすき翼かな 原裕 葦牙
秋風の野の花たむく汝いかに 角川源義
秋風の野や頼もしく牛吼ゆる 相馬遷子 山河
秋風の門に蓬廬と扁したり 日野草城
秋風の障子ことこと西に云ふ 山口誓子
秋風の隣ありけり墓二つ 内藤鳴雪
秋風の雲ぬきんづる鹿島槍 角川源義
秋風の青妙高や嶺々を率て 角川源義
秋風の韓山敵の影もなし 正岡子規 秋風
秋風の顔うかべたり貝むく土間 草間時彦 中年
秋風の顔ぢゆうに日のありて吹く 岡井省二 有時
秋風の顔吹いてをり瞑りをり 森澄雄
秋風の馬の臭ひと歩きゐつ 桂信子 月光抄
秋風の馬平平と松運ぶ 百合山羽公 寒雁
秋風の駅の時計とわが時計 中村汀女
秋風の騒がしくして寂かなり 相生垣瓜人 明治草
秋風の鯉に声あり網なして 斎藤玄 雁道
秋風の麺麭ようら若き手に切られ 日野草城
秋風は 蛇のぬけがらより 白し 富澤赤黄男
秋風はきゝに出でんと思ふなり 右城暮石 句集外 大正十五年
秋風はまだこえかねつ雲の峯 正岡子規 雲の峯
秋風はわが髪を吹き心吹き 星野立子
秋風は夜に吹きそめしかと思ふ 右城暮石 句集外 昭和五年
秋風は桑畑に吹き札所寺 細見綾子
秋風は身辺にはた遠き木に 富安風生
秋風は輓馬のところ過ぎけるか 山口誓子
秋風ひろし釣人の見えては 大野林火 海門 昭和七年以前
秋風もまた仏前に供ふもの 後藤比奈夫
秋風も瀬音に暮れてしまひけり 福田蓼汀 秋風挽歌
秋風も秋日も彫の深かりし 後藤比奈夫
秋風も秋落日も君になし 山口青邨
秋風やあはれ氣もなき俳諧師 正岡子規 秋風
秋風やある日都電に乗ることも 鈴木真砂女 夕螢
秋風やあれし頬へぬる糸瓜水 杉田久女
秋風やいくさの夢も二十年 正岡子規 秋風
秋風やいさみ立たる蠻むし 正岡子規 秋風
秋風やいたく濁りし硫黄の湯 高野素十
秋風やいつも気になる蝶番 桂信子 草影
秋風やいのちうつろふ心電図 飯田蛇笏 椿花集
秋風やうすくらがりの木の根もと 大野林火 冬青集 雨夜抄
秋風やうすむらさきの牛の舌 石田勝彦 百千
秋風やうちあぐ白き虚貝 山口青邨
秋風やうれしきことに涙ぐみ 星野立子
秋風やおとなふ庵の藪がくれ 西島麦南 人音
秋風やおのれに縋るわがこゝろ 西島麦南 人音
秋風やおのれに近き月の貌 飯田蛇笏 家郷の霧
秋風やかたまつて船下りきたる 桂信子 草樹
秋風やからみかはりし水馬 永田耕衣
秋風やきのふはしろきさるすべり 平井照敏
秋風やくわらんと鳴りし幡の鈴 高野素十
秋風やぐづぐづすゝむ鶏地獄 飯島晴子
秋風やけじめもつかぬ海と川 鈴木真砂女 夕螢
秋風やけふだけの飯もたいてある 正岡子規 秋風
秋風やけむりのごとき船の酔 岡本眸
秋風やこけしほそぼそ袖たたみ 山口青邨
秋風やここにも富士の余り水 石田勝彦 百千
秋風やここに相逢ふ江二つ 加藤秋邨
秋風やこだま返して深山川 飯田蛇笏 山廬集
秋風やこち向いてある扇風器 中村汀女
秋風やこゝろに一つ冷えしもの 原石鼎 花影
秋風やさゝらの棕櫚の蠅叩 川端茅舎
秋風やしかと零るる花の種 松村蒼石 寒鶯抄
秋風やしもとしもとの桑黄葉 阿波野青畝
秋風やその名親しき墓並ぶ 水原秋櫻子 玄魚
秋風やそゞろに暮るゝ本願寺 日野草城
秋風やたはむれに呼ぶ竹庵と 山口青邨
秋風やためらひ掃きの羽根箒 鷹羽狩行
秋風やちさき電柱崖の上 香西照雄 対話
秋風やちびて短き旅の杖 正岡子規 秋風
秋風やつぶれしまゝの蟻の穴 原石鼎 花影
秋風やつまらぬ男をとこまへ 日野草城
秋風やつるりとしたる不盡の山 正岡子規 秋風
秋風やとねりこの木を水の辺に 星野麥丘人
秋風やねぢれて支ふ太柱 松崎鉄之介
秋風やねむれば燃ゆる自我業苦 加藤秋邨
秋風やのぞきからくり一の谷 安住敦
秋風やはつかに残る幼な顔 橋閒石 雪
秋風やはりこの龜のぶらんぶらん 正岡子規 秋風
秋風やひとかたまりに妻がくれ 高野素十
秋風やひとつはなれて生簀籠 鈴木真砂女 夏帯
秋風やひと来れば弾く辻楽士 鷹羽狩行
秋風やひらけば白きたなごころ 加藤秋邨
秋風やひんまがりける神の滝 岸田稚魚
秋風やふたたび職を替へむとし 安住敦
秋風やふりむく犬の貌知らず 古舘曹人 砂の音
秋風やへちまの花はきよく落つ 安住敦
秋風やほろりともけし蝉の殻 正岡子規 秋風
秋風やほろりと落し蝉の殻 正岡子規 秋風
秋風やまた木綿縞身にまとふ 細見綾子 牡丹
秋風やまた雲とゐる人と鳥 高屋窓秋
秋風やまだいとけなき*かりんの実 安住敦
秋風やみだれてうすき雲の端 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
秋風やみとり日記の紙背文字 角川源義
秋風やみどりしたたる猿をがせ 角川源義
秋風やみなぬれひかる鹿の鼻 原石鼎 花影
秋風やももいろの牛横たはり 桂信子 草樹
秋風やゆき来千里も小旅にて 飯田龍太
秋風やらんふの笠も破れたり 正岡子規 秋風
秋風やわが表札の女文字 鷲谷七菜子 黄炎
秋風やわづかに紅きハンカチフ 中村汀女
秋風やわれは可もなく不可もなし 正岡子規 秋風
秋風やをとめの顔を腹の中 永田耕衣
秋風やケルン名刺をはさみたる 阿波野青畝
秋風やサン・ドニの手に己が首 阿波野青畝
秋風やテープまはせば落語出づ 岡本眸
秋風やビニール袋男も提げ 安住敦
秋風や一抹の泥くるぶしに 石田波郷
秋風や一日の旅は何も持たず 安住敦
秋風や一本の焼けし樹の遠さ 西東三鬼
秋風や下界の雲をかきまぜる 正岡子規 秋風
秋風や下駄流したる最上川 正岡子規 秋風
秋風や丘辺の牛は水に吼ゆ 村山故郷
秋風や二つの熔岩を依代に 亭午 星野麥丘人
秋風や五つの池をもつ火山 福田蓼汀 山火
秋風や亡き友に二児われにも二児 安住敦
秋風や亡びしものに名の誉 上田五千石 天路
秋風や京の大路の朱傘 正岡子規 秋風
秋風や京の町には朱傘 正岡子規 秋風
秋風や人あらはなる山の宿 正岡子規 秋風
秋風や人に別れて又ひとり 岡本眸
秋風や人に聞けとの大鼾 正岡子規 秋風
秋風や人の命のことをふと 山口青邨
秋風や人の話に耳かして 星野立子
秋風や人を送りて門に立つ 山口青邨
秋風や人行く方に道曲り 上田五千石 琥珀
秋風や人違ひされ微笑みて 星野立子
秋風や今はのど瀬の只見川 清崎敏郎
秋風や伊豫へ流るゝ汐の音 正岡子規 秋風
秋風や何にいそぎて西康路(シーカンロ) 加藤秋邨
秋風や何堂彼堂彌勒堂 正岡子規 秋風
秋風や何為さば時みたされむ 相馬遷子 山河
秋風や余震に灯る油皿 渡邊水巴 白日
秋風や侍町の塀ばかり 正岡子規 秋風
秋風や侍町は塀ばかり 正岡子規 秋風
秋風や傾城町の晝下り 正岡子規 秋風
秋風や八哥(パク)鳴きあがる塔の尖 加藤秋邨
秋風や六十年も一と昔 高野素十
秋風や力こんにやく珠のごと 角川源義
秋風や力抜けたる豆の蔓 上村占魚 球磨
秋風や化粧ひもならぬ男の面 上田五千石『天路』補遺
秋風や北国に行く汝が小風呂敷 原石鼎 花影
秋風や区劃正しき道をひとり 楠本憲吉 方壺集
秋風や卵焼でも出来んか喃(のう) 永田耕衣
秋風や句碑もまた枯山水の石 山口青邨
秋風や右に勝れし左の眼 川端茅舎
秋風や合歓に隣りて偽アカシヤ 石田波郷
秋風や吹かれほどけの瓜の花 日野草城
秋風や吹くだけ吹いて下駄一足 永田耕衣
秋風や吾は奈良の病人なり 正岡子規 秋風
秋風や吾妻をつひの知己として 上田五千石 天路
秋風や噛んで音よき酢蓮かな 能村登四郎
秋風や圍ひもなしに興福寺 正岡子規 秋風
秋風や土にかへりし甎(せん)のいろ 加藤秋邨
秋風や土龍の土に蟻の塔 原石鼎 花影
秋風や地に光陰のあともなし 野見山朱鳥 幻日
秋風や地底よりなる熔岩の隙 橋本多佳子
秋風や坐禪し居れば劔鳴る 正岡子規 秋風
秋風や城のごとくに素十庵 川端茅舎
秋風や墓になだるる修羅落し 岸田稚魚 筍流し
秋風や墓の下なる滝の音 渡邊水巴 白日
秋風や墓見るための眼鏡拭く 岡本眸
秋風や変らぬものは坂ばかり 鈴木真砂女 紫木蓮
秋風や夕月色をもちそむる 日野草城
秋風や夕餉すませて子と町に 安住敦
秋風や夜も見えてゐる海へ座す 大野林火 海門 昭和九年
秋風や夢の如くに棗の実 石田波郷
秋風や大小垂るる棚瓢 村山故郷
秋風や大岩の上の溜り水 村山故郷
秋風や大工の腰の釘袋 鈴木真砂女 卯浪
秋風や大蛇野道に横はる 正岡子規 秋風
秋風や天守あくまで黒づくめ 藤田湘子 神楽
秋風や天平のしじま今日の日も 村山故郷
秋風や天竺牡丹花細し 正岡子規 秋風
秋風や天馬がのせし身の一つ 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
秋風や夫婦を容るる蝸牛の廬 富安風生
秋風や奈良の佛に札がつく 正岡子規 秋風
秋風や妙義の岩に雲はしる 正岡子規 秋風
秋風や妻の雀とわが雀 加藤秋邨
秋風や妻を葬るとその母負ひ 安住敦
秋風や子を持ちて住む牛殺し 村上鬼城
秋風や子無き乳房に緊く着る 日野草城
秋風や子牛引きこむ家二軒 正岡子規 秋風
秋風や孔雀の頸に金うまれ 鷹羽狩行
秋風や家集いづれも懐古集 鷹羽狩行
秋風や家鴨は家鴨どちかたまり 安住敦
秋風や寄れば柱もわれに寄り 鷹羽狩行
秋風や寝くたれ髪は藻のごとし 日野草城
秋風や寺を砦の武者隠 安住敦
秋風や対へばひかる貝障子 加藤秋邨
秋風や小野の小町の笑ひ聲 正岡子規 秋風
秋風や少年茂吉のいくさあと 角川源義
秋風や屋根に淋しき金の鳳 正岡子規 秋風
秋風や屋根一面にもゆる苔 原石鼎 花影
秋風や岩に置くべき聖歌集 平畑静塔
秋風や岬の果てに鮫飼はれ 安住敦
秋風や崩れたつたる雲のみね 正岡子規 秋風
秋風や巫ふり亂す髪のたけ 正岡子規 秋風
秋風や帚木隠れ椅子置けば 下村槐太 天涯
秋風や師弟の情の恋かとも 安住敦
秋風や平たくなりし力瘤 正岡子規 秋風
秋風や平家吊ふ經の聲 正岡子規 秋風
秋風や年経て訪ひし木歩の碑 村山故郷
秋風や幹ごと揺るる白樺 石田勝彦 雙杵
秋風や幾度か会ふ吾も旅人 松崎鉄之介
秋風や座右の銘に我師古人 山口青邨
秋風や引揚寮に兎飼はれ 安住敦
秋風や弦月町の端にひそみ 飯田龍太
秋風や微熱出てより舌荒るゝ 野見山朱鳥 曼珠沙華
秋風や心の傷は覆ふなし 桂信子 草影
秋風や思はぬ方に鵜の浮かび 鈴木真砂女 夕螢
秋風や思ひきつたる離縁状 飯田蛇笏 山廬集
秋風や戀結願の銭の音 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
秋風や手相できめる運不運 鈴木真砂女 生簀籠
秋風や掛かるが恥の魚捨て 石川桂郎 高蘆
秋風や撫してたしかな鼻ばしら 能村登四郎
秋風や故郷さして歸る人 正岡子規 秋風
秋風や教壇馴れの眼鏡ひかり 右城暮石 句集外 昭和三十五年
秋風や教師眼帯の授業了ふ 能村登四郎
秋風や敬ふ故に言少な 深見けん二
秋風や新疆へゆく駱駝隊 加藤秋邨
秋風や旅の浮世のはてしらず 正岡子規 秋風
秋風や旅人のせて石舞台 山口青邨
秋風や旗亭つづきの俥宿 石川桂郎 高蘆
秋風や日向は波の大き国 野見山朱鳥 運命
秋風や日輪白く波にあり 桂信子 月光抄
秋風や昼餉に出でしビルの谷 草間時彦 中年
秋風や晝餉につきし山の蠅 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
秋風や暦の喪より心の喪 安住敦
秋風や書かねば言葉消えやすし 野見山朱鳥 荊冠
秋風や書架に古りたる苦学の書 村山故郷
秋風や有縁無縁の抽象句 相馬遷子 雪嶺
秋風や木目あらはに木仏痩せ 福田蓼汀 秋風挽歌
秋風や本のほかもの買はず持たず 安住敦
秋風や机の上の小人形 渡邊水巴 白日
秋風や杉の葉くさる石のあひ 正岡子規 秋風
秋風や松にとりつく稲すずめ 飯田蛇笏 山廬集
秋風や柱の鶴の白く舞ふ 山口青邨
秋風や柱拭くとき柱見て 岡本眸
秋風や梢打ち合ふ男松原 渡邊白泉
秋風や森に出合ひし杣が顔 原石鼎 花影
秋風や森を出でゝ川横はる 正岡子規 秋風
秋風や楢の秀めぐる黄金蟲 石田波郷
秋風や模様のちがふ皿二つ 原石鼎 花影
秋風や歩く手足の右ひだり 岡本眸
秋風や殺すにたらぬ人ひとり 西島麦南 人音
秋風や母のうしろの生駒山 桂信子 月光抄
秋風や母のおもわに似て目盲ひ 中村汀女
秋風や水さそはれて迸り 阿波野青畝
秋風や水より淡き魚のひれ 三橋鷹女
秋風や水を離れし魚烹らる 橋閒石 無刻
秋風や水夫にかがやく港の灯 飯田蛇笏 山廬集
秋風や水夫にかゞやく港の灯 飯田蛇笏 霊芝
秋風や水月にまがふ僧の鬚 正岡子規 秋風
秋風や水薬をもる目分量 飯田蛇笏 霊芝
秋風や氷嚢からび揺るゝ壁 杉田久女
秋風や汐にいたみし海女の髪 鈴木真砂女 生簀籠
秋風や汐重りして生簀籠 鈴木真砂女 夏帯
秋風や沖の真闇に目を凝らし 鈴木真砂女 夏帯
秋風や法の砦を墳墓とす 小林康治 玄霜
秋風や波の残せし波の泡 鈴木真砂女 生簀籠
秋風や波の砦の鳥を呑む 角川源義
秋風や泪つもりて五十日 正岡子規 秋風
秋風や浅草いつも祭めき 星野立子
秋風や浪にただよふ古幣 飯田蛇笏 山廬集
秋風や浪にたゞよふ古幣 飯田蛇笏 霊芝
秋風や海を限りし伊豫の鼻 正岡子規 秋風
秋風や淋しくなりし子守唄 正岡子規 秋風
秋風や清涼寺いま門を閉づ 日野草城
秋風や湖の横雲比良にかゝる 村山故郷
秋風や湖をめぐりて余呉の村 高野素十
秋風や濁世の舌をつかひをり 小林康治 四季貧窮
秋風や濾過池の砂の山白く 山口青邨
秋風や瀬々おとろへし川の果 上村占魚 鮎
秋風や火の穂絶やさぬお釜殿 上田五千石『琥珀』補遺
秋風や火をつくる錐土をでて 百合山羽公 故園
秋風や火中の鶴の嘴裂けて 渡邊水巴 富士
秋風や火床やすめたる車鍛冶 石田波郷
秋風や火種つまんで箸焦す 秋元不死男
秋風や炭になりゆく鰯の尾 三橋敏雄
秋風や烏賊十ぱいの重さ提げ 鈴木真砂女 夕螢
秋風や燒場のあとの卵塔場 正岡子規 秋風
秋風や燭とつて僧また廊ヘ 原石鼎 花影
秋風や片側ぬるゝ神の松 前田普羅 普羅句集
秋風や片手に富士の川とめん 正岡子規 秋風
秋風や牡丹の夢もなかりけり 正岡子規 秋風
秋風や牡蠣はがしたるあとの岩 鈴木真砂女 生簀籠
秋風や物慾きざすほの~と 日野草城
秋風や犇めきあひて芭蕉の葉 高野素十
秋風や犬ころ草の五六本 村上鬼城
秋風や猿柿に来る山鴉 原石鼎 花影
秋風や玩具ながらに笛太鼓 上田五千石 天路
秋風や玩具の老虎眥をあげ 山口青邨
秋風や玲瓏として美少年 日野草城




秋風や珈琲の木のいとけなき 高野素十
秋風や生きてあひ見る汝と我 正岡子規 秋風
秋風や生れし家の裏通る 橋閒石 雪
秋風や生簀に生きるもののいのち 鈴木真砂女 夏帯
秋風や町なかに墓地買はむとし 安住敦
秋風や画稿焚く火に刷毛も燃ゆ 渡邊水巴 富士
秋風や痢してつめたき己が糞 飯田蛇笏 山廬集
秋風や発病の日に似て凪げる 中川一碧樓
秋風や登呂の柱の永久傾ぎ 大野林火 白幡南町 昭和二十八年
秋風や白(くら)と呼ぶ嶺の創 上田五千石『森林』補遺
秋風や白市の塵に黄なる皿 山口青邨
秋風や白雲迷ふ親不知 正岡子規 秋風
秋風や皆千年の物ばかり 正岡子規 秋風
秋風や盛装ゆるむひとの前 桂信子 女身
秋風や盾のごとくに侍立の僧 大野林火 冬雁 昭和二十一年
秋風や眼に巨魚浮ぶ漁休み 中川一碧樓
秋風や眼を張つて啼く油蝉 渡邊水巴 白日
秋風や眼前湧ける月の謎 飯田蛇笏 山廬集
秋風や知らぬ顔して行きし人 鈴木真砂女 卯浪
秋風や砂かき上ぐる遠き景 山口青邨
秋風や磊塊として父子の情 飯田蛇笏 山廬集
秋風や稚子大声に待つ門に 川端茅舎
秋風や空瓶並ぶ養命酒 阿波野青畝
秋風や窓の戸うごくさよ砧 正岡子規 秋風
秋風や童眸におく顔隠 古舘曹人 樹下石上
秋風や竹一幹の橋懸 石川桂郎 四温
秋風や竹林一幹より動く 高浜年尾
秋風や笹にとりつく稲すゞめ 飯田蛇笏 霊芝
秋風や紅殻塗りの余呉の家 高野素十
秋風や紅白粉も身に古りし 岡本眸
秋風や紫薄き燕子花 正岡子規 秋風
秋風や纜をとる老水夫 富安風生
秋風や老の脇から清水散り 永田耕衣
秋風や老松脂を吹き白く 山口青邨
秋風や耳朶を熱くしひとの前 橋本多佳子
秋風や聳えて燻る嶽の尖き 飯田蛇笏 山響集
秋風や肘をたひらに置く机 鷹羽狩行
秋風や背中一枚はたはたと 平井照敏
秋風や胡蝶もなじむ牛の角 正岡子規 秋風
秋風や胸の中にも沖はあり 野見山朱鳥 荊冠
秋風や脛で薪を折る嫗 中村草田男
秋風や脱ぎかけてまだ旅ごろも 加藤秋邨
秋風や脳味噌くさる芥子坊主 正岡子規 秋風
秋風や舟夫翩翻と波の上 飯田蛇笏 山廬集
秋風や船の炊ぎも陸の火も 中村汀女
秋風や船尾を上げて氷川丸 鷹羽狩行
秋風や船虫走る岩の照り 鈴木真砂女 生簀籠
秋風や芭蕉の一葉新しき 高野素十
秋風や花を生けざる大花瓶 日野草城
秋風や苛みし眼をときに宥め 安住敦
秋風や茶煙縦になり横になり 阿波野青畝
秋風や茹菜のうへの花がつを 藤田湘子
秋風や葛飾の海はにごりなし 村山故郷
秋風や薄清にしてホ句つくる 川端茅舎
秋風や薄着の体吹き通る 山口誓子
秋風や薔薇の花びらまとまらず 正岡子規 秋風
秋風や藍に染まりし竹帚 飴山實 句集外
秋風や蝶吹き溜めて野の仏 星野麥丘人
秋風や蟷螂肥て蝶細し 正岡子規 蟷螂
秋風や蟻塚の又新しき 高野素十
秋風や街にはだかる椴大樹 富安風生
秋風や袂の玉はナフタリン 川端茅舎
秋風や被りてみたき桔梗笠 亭午 星野麥丘人
秋風や裸足の爪の貝と化し 鈴木真砂女 都鳥
秋風や褒めても叱つても呉れず 安住敦
秋風や見通しのきく路地一つ 鈴木真砂女 夏帯
秋風や覺束なくもほとゝぎす 正岡子規 秋風
秋風や誰にともなき祷りのみ 中村汀女
秋風や谷より立てる橡大樹 大野林火 冬雁 昭和二十一年
秋風や足向くままに目が遊び 飯田龍太
秋風や跪坐の台置く椅子の前 水原秋櫻子 残鐘
秋風や轆轤まはれば土生きて 鈴木真砂女 夕螢
秋風や辣韮瓶に寝草臥れ 安住敦
秋風や迷子探すかねのこへ 正岡子規 秋風
秋風や通ひなれたる箱根山 正岡子規 秋風
秋風や通りかゝりし一の谷 正岡子規 秋風
秋風や造花の桔梗濃むらさき 山口青邨
秋風や連れだつ友の月日また 飯田龍太
秋風や過去ふりかへる旅に出て 鈴木真砂女 紫木蓮
秋風や道に横たふ蛇のから 正岡子規 秋風
秋風や道に這ひ出るいもの蔓 河東碧梧桐
秋風や道のべにゐる枕売 山口青邨
秋風や遺りしことを諾へど 岡本眸
秋風や遺品とて磧石ひとつ 福田蓼汀 秋風挽歌
秋風や那須の落石まのあたり 村山故郷
秋風や都にすんでなく夜哉 正岡子規 秋風
秋風や都の汽車はみちのくヘ 山口青邨
秋風や酒欲しき五時過ごしつつ 石川桂郎 含羞
秋風や酒量あがりし美少年 川端茅舎
秋風や重なり生ひし猿をがせ 百合山羽公 春園
秋風や野に一塊の妙義山 飯田蛇笏 霊芝
秋風や金庫のごとき手提もち 山口青邨
秋風や銀の日矢降る日本海 角川源義
秋風や銀狐の欠伸つぎつぎに 加藤秋邨
秋風や銅に刻まれたる裸身 楠本憲吉 隠花植物
秋風や鋭き羽根はやせしに似て 中村草田男
秋風や鏡のごとき妓の心 川端茅舎
秋風や門前にある大欅 星野立子
秋風や関のしるしはお辞儀石 阿波野青畝
秋風や阿蘇山頂の伏目の馬 渡邊白泉
秋風や附木にのこす句のかけら 角川源義
秋風や雲の影徂く東山 日野草城
秋風や雲吹きわたる出羽の海 正岡子規 秋風
秋風や雲吹き起る山のかひ 正岡子規 秋風
秋風や靡き揃ひて草離々矣 日野草城
秋風や面にあたる船の笛 中村汀女
秋風や顔虐げて立て鏡 飯田蛇笏 山廬集
秋風や飛鳥瓦のみなかけら 百合山羽公 春園
秋風や餘所の煙を吹いて來る 正岡子規 秋風
秋風や馬合点して北の方 正岡子規 秋風
秋風や馬嘶いて幕の音 正岡子規 秋風
秋風や馬場の草むら犬走る 正岡子規 秋風
秋風や高井のていれぎ三津の鯛 正岡子規 秋風
秋風や鬼の支へし大香炉 福田蓼汀 秋風挽歌
秋風や魚のかたちの骨のこり 鷹羽狩行
秋風や魚籠の中には大鰻 安住敦
秋風や魚籠を廊下に湖畔宿 後藤比奈夫
秋風や鱧の皮買ふ道すがら 村山故郷
秋風や鱸を釣らんとぞ思ふ 正岡子規 秋風
秋風や鳥飛び盡す筑波山 正岡子規 秋風
秋風や鶏がそだてし家鴨の子 安住敦
秋風や麺麭の袋の巴里の地図 安住敦
秋風や麺麭買ふほかは頼まれず 安住敦
秋風や黄楊の小櫛の歯をあらみ 内藤鳴雪
秋風や黄蝶とびたつ樹下の石 原石鼎 花影
秋風や黍は水づきて目路のかぎり 村山故郷
秋風や黒人の眼のこちを見る 高野素十
秋風や黒部の人となり還らず 福田蓼汀 秋風挽歌
秋風や龍階の龍白くして 山口青邨
秋風よいのちいつの日捨つべきか 石塚友二 曠日
秋風よ人に媚びたるわが言よ 相馬遷子 雪嶺
秋風よ命ばかりは吹きのこせ 正岡子規 秋風
秋風よ来れ土用も半なり 相生垣瓜人 負暄
秋風よ秋蝶よ石狩町の子よ 高田風人子
秋風よ菓子をくれたる飛騨の子よ 野見山朱鳥 荊冠
秋風をいのちにはしてざくろかな 正岡子規 秋風
秋風をいろづけせむと酔芙蓉 阿波野青畝
秋風をきらびやかとも思ふ日よ 後藤比奈夫
秋風をここ蝕める縁に在り 下村槐太 天涯
秋風をそへてすゝきをうりにけり 正岡子規 秋風
秋風をたゞ聴かんとてこの庵 山口青邨
秋風をもつともまとふ牧夫かな 石田勝彦 百千
秋風をやりすごしゐる草の丈 桂信子 草影
秋風を先づ見るものになつかしむ 右城暮石 句集外 昭和十六年
秋風を廻して廃れ糸車 秋元不死男
秋風を抽くシグナルに街低し 木村蕪城 寒泉
秋風を来しにベツドの遠くに置き 岸田稚魚 紅葉山
秋風を来てみほとけにかいななし 橋閒石 朱明
秋風を聞きて買ひけり京扇 斎藤玄 狩眼
秋風を聞くべく雙耳逸りそむ 相生垣瓜人 負暄
秋風を聞く須磨琴を聞きし耳 後藤比奈夫
秋風を聴かんこころの仏あり 山口青邨
秋風を聴くといふこと追分に 亭午 星野麥丘人
秋風を聴く老牛か岩蔭に 能村登四郎
秋風を膠と思ひ歩きをり 岡井省二 猩々
秋風ヤ絲瓜ノ花ヲ吹キ落ス 正岡子規 秋風
秋風六歳にして老松を囲めり 永田耕衣
秋風家吹けば百人の女もの食へり 中川一碧樓
秋風沁み歯痛和まん白河行 香西照雄 対話
秋風立つ山の松根をはり 中川一碧樓
秋風裡 われしろがねの刃を投げむ 富澤赤黄男
秋風裡兵への手紙書きつづく 三橋鷹女
秋風裡合掌の籾地にこぼす 角川源義
秋風裡我が小さき荷友が持ち 川端茅舎
秋風裡炎に蔓を又加ふ 川端茅舎
秋風透く 配給麺へ並ぶ手籠 伊丹三樹彦
科の木の円き木蔭や秋の風 高野素十
税苛し莨畑の秋の風 内藤鳴雪
稚子にして嗄声秋の風の中 山口誓子
種蚕飼ふ部屋ぬち白し秋の風 松崎鉄之介
稿成るや山荘既に秋の風 高浜年尾
穴蔵の断頭台や秋の風 有馬朗人 耳順
窯に火を点じ秋風誘ひけり 鈴木真砂女 夕螢
竃火赫とただ秋風の妻を見る 飯田蛇笏 山廬集
竈火赫つとたゞ秋風の妻を見る 飯田蛇笏 霊芝
竈火赫とただ秋風の妻を見る 飯田蛇笏
立つのみの仏秋風どこを吹く 廣瀬直人 帰路
立秋の第三日目の秋の風 高野素十
竹寺は竹のみで佳し秋の風 石川桂郎 高蘆
竹山の竹伐りはじむ秋の風 松本たかし
竹秋の風を田毎に下しけり 上田五千石 森林
笑ひたるあと秋風の吹きに吹き 岸田稚魚
笛吹川を彩る雲の秋風裡 角川源義
笠の端に山かさなりて秋の風 正岡子規 秋風
笹原に秋風吹いて過ぐるのみ 山口青邨
筆の穂のさゝけ出したり秋の風 正岡子規 秋風
篠原の日と泳ぎ出づ秋風裡 角川源義
篠懸のあきかぜの果舗ふかく点す 大野林火 早桃 太白集
米提げて躯に秋風を遊ばしむ 小林康治 玄霜
米銭を追ふ秋風を追ふごとく 小林康治 四季貧窮
粥腹に秋風を吸ふ隙ありて 能村登四郎
素木を立て壁土を練り秋風に 飴山實 おりいぶ
素朴なる卓に秋風の聖書あり 水原秋櫻子 残鐘
索麺に秋風ふくや小豆嶋 正岡子規 秋風
細鱗は問はず秋風の浜去りぬ 臼田亜浪 定本亜浪句集
経あげてあの世とかよふ秋の風 飴山實 句集外
経木帽秋風立ちし紐結ぶ 百合山羽公 寒雁
絶壁の草動きけり秋の風 正岡子規 秋風
網を煮る釜火燃えたつ秋の風 松本たかし
網シャツに秋風立つよ鰻番 百合山羽公 寒雁
網打つてひと遡る秋の風 飯田龍太
総身に秋風まとひ神の階 角川源義
編笠を脱ぐや秋風髪の間に 秋元不死男
縄文の呪物(まじもの)秋風吹きぬけて 山口青邨
置きてすぐ秋風まとふ一壺あり 後藤比奈夫
美容院となる秋風の行き止り 中村汀女
翁眉竹秋の風わたりくる 桂信子 花影
翁行くまだ六歳の秋風と 永田耕衣
翅立てて蝶秋風をやり過す 橋本多佳子
翰林に雑木林に秋の風 山口誓子
老い深む樹より鳴りだす秋の風 鷲谷七菜子 一盞
老の手に草よく引けて秋の風 後藤夜半 底紅
老人と烏と熔岩と秋風と 亭午 星野麥丘人
老松の嬋媚たりき秋の風 永田耕衣
老松を秋風発す嬰として 永田耕衣
老柳の山廬秋風吹きめぐり 星野立子
老樹より湧く爽籟の一里塚 鷲谷七菜子 游影
考へてをればうなじに秋の風 鷲谷七菜子 一盞
耕馬嘶くも軍しのばるる秋の風 飯田蛇笏 白嶽
耳欹てて秋風の中にあり 石田勝彦 百千
耳澄ましゐて爽籟のたしかなり 鷲谷七菜子 一盞
聖橋下秋風の吹きかはり 能村登四郎
聞きにゆけ須磨の隣の秋の風 正岡子規 秋風
肌荒くして秋風を鳴らす木よ 飯田龍太
肥肉の目には見ゆれど秋の風 正岡子規 秋風
胃荒るるにまかす秋風吹きそめて 藤田湘子 途上
背に吹くや五十四郡の秋の風 正岡子規 秋風
胡楊の葉秋風よりも冷たかり 松崎鉄之介
胡楊秋風街を貫く伏流水 松崎鉄之介
胸の書が音してひらく秋の風 加藤秋邨
胸像は何見つづける秋の風 廣瀬直人 帰路
胸紅く酒嗜むや秋の風 山口誓子
能舞台秋風が棲み魑魅棲み 能村登四郎
脳髄のいつを秋風濁るらん 永田耕衣 葱室
腸ぬきしばかりの魚に秋の風 飯田龍太
膝の間に秋風冷ゆれ車椅子 石田波郷
舟いでてはや秋風の浪に隠れゆく 荻原井泉水
航く空の雲とびとびに秋の風 飯田蛇笏 椿花集
般若寺の釣鐘細し秋の風 正岡子規 秋風
船ゆれる音頭が瀬戸や秋の風 正岡子規 秋風
船よする築嶋寺や秋の風 正岡子規 秋風
船艙に苦力何うたふ秋の風 加藤秋邨
色里や十歩はなれて秋の風 正岡子規 秋風
芭蕉より義仲思ふ秋の風 後藤比奈夫
芭蕉葉の天指すみどり秋風す 大野林火 冬雁 昭和二十二年
花を踏むことの狼籍秋の風 古舘曹人 砂の音
茸狩や友呼ぶこゑも秋の風 正岡子規 茸狩
草なびくかたちや既に秋の風 桂信子 草影
草の井に釣瓶あか~と秋の風 原石鼎 花影
草の戸やけふ吹きそむる秋の風 正岡子規 秋風
草を吹き鉄管に人る秋の風 秋元不死男
草千里馬秋風といふ眼せり 森澄雄
草山の秋風に麺麭をむしり食む 三橋鷹女
草山は秋風吹けり父の貌 三橋鷹女
草踏めば秋風起る那須の原 正岡子規 秋風
荊冠に吹く秋風に来て嘆く 野見山朱鳥 荊冠
荊冠の上の罪標秋の風 野見山朱鳥 荊冠
荒事の柿の素袍も秋の風 内藤鳴雪
莚帆や吹き破られて秋の風 正岡子規 秋風
菓子ほしき日なり街吹く秋の風 水原秋櫻子 玄魚
萩乱れ今朝秋の風渡るなり 石塚友二 磊[カイ]集
葛飾の野は秋風の藁塚も見ゆ 村山故郷
蒲の穂の夜を日についで秋の風 飯田龍太
蓬髪に梳き込む秋の風なりき 中村苑子
蕗の葉のやぶるゝ音や秋の風 正岡子規 秋風
薄煙立て秋風の船に住む 大野林火 冬雁 昭和二十一年
薄粥の熱きを吹きて秋の風 鷹羽狩行
藍染めの布はてしれず秋の風 平井照敏 天上大風
藪にかくれわれ秋風の句を作る 山口青邨
藪寺の釣鐘もなし秋の風 正岡子規 秋風
藪川や緑青浮む秋の風 正岡子規 秋風
藻に沈む二十歳前後の秋風ぞ 永田耕衣
蘭は秋風ばかり檜笠 加藤秋邨
虚子に俗なし鄰の三味に秋の風 正岡子規 秋風
虚空その額に脂や秋の風 永田耕衣
虫売りのうしろの河の秋の風 大野林火 早桃 海風抄
虫干の殘りを吹くや秋の風 正岡子規 秋風
蚊を拂ふ團扇の風も秋の風 正岡子規 秋団扇
蚊姥や夜は秋風の屍を見する 石川桂郎 高蘆
蚊帳出づる地獄の顔に秋の風 加藤秋邨
蛇の舌まだ赤し秋の風 正岡子規 秋風
蛙鳴き麦の秋風吹けば鳴き 三橋鷹女
蜂の巣がなじむわが家の秋の風 百合山羽公 故園
蜂の巣のころがつてゆく秋の風 飴山實 花浴び
蜂をやく崕土にほふ秋風裡 飯田蛇笏 雪峡
蜘の巣に蜘の留守也秋の風 正岡子規 秋風
蜘の巣に蜘は留守也秋の風 正岡子規 秋風
蝉の穴乾き蟻のぞく秋の風 山口青邨
蝉娼たる秋風松に傷みつつ 永田耕衣
蝕の日や秋風の木が吹き曲る 高屋窓秋
蝶の木の蝶の秋風ながれけり 高屋窓秋
蝶飛ぶを秋風追へり尾瀬ケ原 水原秋櫻子 緑雲
螺階透きはらわたのごと秋の風 山口青邨
蟷螂の子皆一色や秋の風 原石鼎 花影
蟷螂の貌秋風の中にあり 後藤比奈夫
蟹喰へば秋風われに前夜祭 角川源義
行かば行くべし秋風の果てすゝきの果て(奈良にて) 細見綾子
行きあへばそのままともに秋風に 中村汀女
行きちがふ人泥臭し秋の風 村山故郷
行く程に行く程に秋風の中 高浜年尾
行滝のけふ秋風に散るばかり 鷲谷七菜子 天鼓
街道やはてなく見えて秋の風 村上鬼城
衣のうちに秋風生れつぎ潟渡る 角川源義
袖擦りの尼僧見かへる秋の風 石塚友二 方寸虚実
裏口を出て秋風となつてゐし 桂信子 花影
裳裾より立ちし秋風薪能 岸田稚魚
見つつ過ぐ秋風が松の傷吹くを 加藤秋邨
見つむれば訝かる吾子に秋の風 中村草田男
見て踏みて鉄蓋硬し秋の風 岡本眸
見ひらけば豁然と物や秋の風 原石鼎 花影
見ゆるもの言ひとめがたく秋の風 後藤夜半 底紅
親が鳴き子猿が鳴いて秋の風 正岡子規 秋風
訃をいだきゆく秋風に追ひつかず 岸田稚魚 雁渡し
誰やらが睨んでござる秋の風 正岡子規 秋風
讀み返す文の中より秋の風 正岡子規 秋風
象潟の海にかはりて秋の風 正岡子規 秋風
負ぶはれてみてなかなかの秋の風 飯島晴子
責めゐるは風雅の誠秋の風 後藤比奈夫
賣るものゝそこばくは有ち秋の風 「方寸虚実」石塚友二
賣物の大名屋敷秋の風 正岡子規 秋風
購ひしリンゴすつぱし秋の風 松崎鉄之介
赤き帆とゆく秋風の袂かな 原裕 青垣
赤土に段段ついて秋の風 飯島晴子
起きあがる風倒樹より秋の風 岸田稚魚 筍流し
足元がやさしくなりぬ秋の風 山田みづえ 木語
足裏にて痩脛を撫で秋の風 野見山朱鳥 愁絶
身のうちの秋風といふ耳澄ます 能村登四郎
身の上や御鬮を引けば秋の風 正岡子規 秋風
身反らせば少しは強気秋の風 林翔
軍楽をはやはばからず秋の風 石田波郷
軍隊の近づく音や秋風裡 中村草田男
軒口に干すくさぐさや秋の風 飴山實 句集外
辻消えの妻 秋風の唐人町 伊丹三樹彦
追分にむさぼる飯や秋の風 齋藤玄 飛雪
追善の芝居幟や秋の風 河東碧梧桐
送られて一人行くなり秋の風 正岡子規 秋風
送火や灰空に舞ふ秋の風 正岡子規 秋風
逃げ水も藺草のあをも秋の風 石川桂郎 高蘆
逃場なしどこまでも秋風つきまとふ 福田蓼汀 秋風挽歌
逆修の国東塔に秋の風 松崎鉄之介
透かし彫大いなる牡丹秋の風 山口青邨
逢ひし衣を脱ぐや秋風にも匂ふ 桂信子 女身
道の辺に債鬼と揖す秋の風 小林康治 四季貧窮
道端に三味整ふる秋の風 岡本眸
遠き楡さわぐ秋風に立ちどまる 藤田湘子 途上
遺児の手のかくもやはらか秋の風 飯田蛇笏 雪峡
那谷寺の岩に秋風吹き渡り 高浜年尾
都から一里はなれて秋の風 正岡子規 秋風
都には何事もなし秋の風 正岡子規 秋風
都まだ秋の初の風暑し 正岡子規 秋風
釈迦一代の鐘曼陀羅や秋の風 角川源義
釈迦牟尼に爽籟とどく古刹かな 鷲谷七菜子 游影
重畳の山夕栄えぬ秋の風 河東碧梧桐
野分あと秋風長く吹き通る 山口誓子
野良猫の仔をつれ遊ぶ秋の風 山口青邨
野良猫はものをひきずる秋の風 山口青邨
金塊と並ぶ銀塊秋の風 野見山朱鳥 運命
金持の板塀高し秋の風 正岡子規 秋風
金藏の多い處よ秋の風 正岡子規 秋風
金象嵌鉄剣をいだく秋の風 山口青邨
金風に乗り戯作風おのが貌 佐藤鬼房
金風の翳す仏顔ほのに笑む 臼田亜浪 定本亜浪句集
金風や珊々と鳴る軸の鎮 日野草城
釘打つて今日はあそぶ子秋風に 中村汀女
釣人や笠の陰りの秋の風 後藤夜半 翠黛
鈴懸の一葉~の秋の風 高野素十
鉛筆の旅信を読むや秋風に 山口誓子
銀河より吹く秋風の岬に立つ 野見山朱鳥 幻日
銃眼の蚊帳吊りぐさも秋の風 加藤秋邨
鋭き秋風寝覚の床を過ぎしころ 桂信子 晩春
鍋頭秋風に髪をきりりと上ぐ 能村登四郎
鎹をうたれし御手や秋の風 百合山羽公 春園
長城の如くに火口秋の風 野見山朱鳥 曼珠沙華
長考をロダンは彫りぬ秋の風 秋元不死男
長身を進めて歩く秋の風 山口誓子
門を出て咋日今日なる秋風に 中村汀女
開山の墓秋風に厳として 高野素十
開拓の家のとび~秋の風 高野素十
間引菜の薄緑なる秋の風 右城暮石 句集外 大正十五年
間違へて秋風と手をつなぎゐし 後藤比奈夫
闇を広げて闇に入る秋の風 廣瀬直人
阿国いま自然の石に秋の風 鷲谷七菜子 天鼓
阿武隈をわたり秋風また白し 山口青邨
阿蘇山頂がらんどうなり秋の風 野見山朱鳥 曼珠沙華
降りそゝぐ山の烈日秋の風 相馬遷子 山国
陵をめぐりて吹きぬ秋の風 正岡子規 秋風
陶土練る土間の暗きも秋風裡 鈴木真砂女 夕螢
陶板に秋風の句を書き残す 山口青邨
隆起して富士玄くなる秋の風 野澤節子 八朶集以後
離れ磯の浪白し秋の風をきく 村山故郷
雨情も着し秋風ごろの白絣 能村登四郎
雲に明けて月夜あとなし秋の風 渡邊水巴 白日
雲よ老手よ秋風つつむ暮鳥の碑 松崎鉄之介
雲千々に吹きやぶりきし秋風か 野澤節子 未明音
雲見れば秋の初風吹くさうな 正岡子規 秋風
青唇洩れて秋風に入る偲び言 林翔 和紙
青竹の俄に近く秋の風 加藤秋邨
青蛙さむざむと秋の風尽きず 日野草城
静臥椅子秋風の書に指挿む 山口誓子
面上ぐ触れて過ぎたる秋風に 相馬遷子 山国
面影をふと秋風のさらひけり 稲畑汀子
面白う砧をゆるや秋の風 正岡子規 秋風
面白や草鞋はく日の秋の風 正岡子規 秋風
頤髭は敏し 長城の秋の風 伊丹三樹彦
頭のおもき日や秋風のよそよそし 鷲谷七菜子 一盞
風を秋と聞く時ありて犬の骨 正岡子規 秋風
風交や流離相寄る秋の風 小林康治 四季貧窮
風人子とは我のこと秋の風 高田風人子
風立てばあきかぜ芦も人も揉み 大野林火 飛花集 昭和四十七年
風船草風船二つ秋風に 山口青邨
風鐸や秋風さそふこともあらむ 小林康治 四季貧窮
颱風の秋風となりゐし目覚 加藤秋邨
飄々と餌にくる鯉や秋の風 古舘曹人 樹下石上
飛島村秋風に猫を見たりしのみ 加藤秋邨
食べることありて死なれず秋の風 岸田稚魚 紅葉山
飢に似て子の名呼びたし秋の風 加藤秋邨
飲食に汚れし口や秋風裡 岸田稚魚
飾壺秋風吹けば秋の情 山口青邨
首出せば秋風吹くや鼻のさき 正岡子規 秋風
馬の尾に佛性ありや秋の風 正岡子規 秋風
馬の眼をわれも好むや秋の風 山口誓子
馬の肌梳く秋風にさからひて 石田勝彦 秋興以後
馬下りて川の名問へば秋の風 正岡子規 秋風
骸骨と我には見えて秋の風 正岡子規 秋風
高鳴くは駒鳥囮秋風に 及川貞 夕焼
髪多き者に秋風察々と 山口誓子
魚市のあとに犬よる秋の風 正岡子規 秋風
鮎突きの淵秋風の渡る見ゆ 小林康治 玄霜
鯉たちの遊びの跡や秋の風 斎藤玄 雁道
鯛釣りや秋風の海は荒瀬なす 村山故郷
鱒池に鯉まぎれなし秋の風 石川桂郎 高蘆
鳥消ゆるこゝは童子の秋の風 高屋窓秋
鵙鳴かず過ぐ秋風のダムの上 及川貞 榧の實
鶏むしる秋風吹ける松の下 山口青邨
鶏を追ふに秋風吹きたまる 細見綾子 桃は八重
麥南氷久に去る鎌倉を秋の風 飯田龍太
黒き犬渡頭に遊ぶ秋の風 山口青邨
黒人の子の黒人や秋の風 高野素十
黒人の顔の老若秋の風 高野素十
黒塀のごとく貨車ゆく秋の風 山口青邨
黒崎や汐早うして秋の風 正岡子規 秋風
黒牛の腹たゆたゆと秋の風 加藤秋邨
黒猫が伝ふ秋風のボートの腹 橋閒石 無刻
黒門や丸の穴より秋の風 正岡子規 秋風
黙るとき最も秋の風なりけり 橋閒石 微光
齒のぬけて經よむ聲も秋の風 正岡子規 秋風
龍使ふ蛇衆十人秋の風 野見山朱鳥 荊冠

以上
by 575fudemakase | 2016-11-04 07:38 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26340434
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング