秋風 の俳句

秋風 の俳句

秋風1 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23263753/

秋風2 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23263781/

秋風 補遺1の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26340431/

秋風 補遺2の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26340434/

秋風 続補遺

*鰒売にしをり見せばや秋の風 舎羅
あきかぜに踏こたへけり蝉の売 馬場存義
あきかぜや命をはしる波のひま 成田蒼虬
あきかぜや白き雀をけさもみる 松窓乙二
あきかぜや舟より舟へゆくからす 井上士朗
あきかぜや髭剃おとも眼のあたり 卓池
あけろなら袖ひるがえせ秋の風 魯九
あさがほに吹そめてより秋の風 樗良
あさ露や鬱金畠の秋の風 凡兆
あぜ豆の黄ばみ初けり秋の風 松岡青蘿
あなめ~秋風たちぬ竹婦人 松岡青蘿
あぶら得し梅唯ありて秋の風 百里
あら海やものに離れて秋の風 栗田樗堂
いづち行膝行ぐるまぞ秋の風 桜井梅室
かうありと兼て知なば秋の風 十丈
かな釘のやうな手足を秋の風 小林一茶
がつくりとぬけ初る歯や秋の風 杉風
きびの根や心をつくる秋の風 凡兆
くさずりのうら珍しや秋の風 北枝
さびしさや馬屋の蚊屋の秋の風 〔ブン〕村
しら河で引かせ給ふな秋の風 支考
しら浜やはてはよわりし秋の風 成田蒼虬
そちへふかばこちらへ吹かば秋の風 鬼貫
その親をしりぬその子は秋の風 支考
たちまはる所へ秋の風が来る 芙雀
たとふるにものゝ角吹ク秋の風 万子
ちからなや麻刈あとの秋の風 越人
つくり木の糸をゆるすや秋の風 嵐雪
つり鐘に椎の礫や秋の風 高井几董
つる草や蔓の先なる秋の風 炭太祇
とやかくと身をあやつりて秋の風 沙明
とり散す遊び道具や秋の風 正秀
とんぼうのむれ吹ほどく秋の風 沙明
なき声のこゑ耳にあり秋の風 加藤曉台
なき魂の我身に添ふか秋の風 樗良
なみだには染ずもまつの秋の風 松岡青蘿
はてはみなあふぎの骨や秋の風 中川乙由
はり箱や班女が閨の秋の風 凉菟
ひぞりたる関所の棒や秋の風 木導
ひやひやと月も白しや秋の風 鬼貫
ぴか~と干潟を吹や秋の風 成田蒼虬
ほろ~と秋風こぼす萩がもと 黒柳召波
まつ島やされば琴引秋の風 建部巣兆
まへ垣はうさんなれども秋の風 秋之坊
むしもはや簑ごしらえや秋の風 諷竹
ゐなみのや笠の蠅追ふ秋の風 椎本才麿
一さかり萩くれなゐの秋の風 松岡青蘿
七月やまづ粟の穂に秋の風 許六
七月や地獄の釜も秋の風 許六
人参の力受ばや秋の風 魯九
先菊にしほを付てや秋の風 野紅
八景の中吹ぬくや秋の風 惟然
初塩や間に吹入ルる秋の風 北枝
剃立のつむり哀や秋の風 曲翠
化野や蛇の衣ふく秋の風 野童
十団子も小粒になりぬ秋の風 許六
十団子も小粒に成ぬ秋の風 許六
千尺の松をちからや秋の風 路通
又いつとよるべのはたや秋の風 惟然
古池の庭の際もそゞろく秋の風 路通
吹かばふけ櫛を買うたに秋の風 鬼貫
吹よどめ馬のる舟に秋の風 杉風
吹上や或は志良ゝ秋の風 長虹
咄の声ばかり名残や秋の風 桃妖
哀げもまだほめく夜の秋の風 鬼貫
夕ざれや髪のかたまる秋の風 三宅嘯山
夕やけの百性赤し秋の風 許六
夕顔の身を堅めたり秋の風 臥高
大舩の碇ほしけり秋の風 完来
大豆の葉も裏吹ほどや秋の風 路通
姉川の洗濯寒し秋の風 凉菟
子の皃に秋かぜ白し天瓜粉 黒柳召波
宵~の水増水や秋の風 乙訓
寐たる子の質の請たや秋の風 旦藁
寝てかたる此頃あらき秋の風 樗良
尾上こす鴾の羽あかし秋の風 長翠
居ごゝろも秋風当ぬやどりかな 馬場存義
山畠や茄子花ちる秋の風 露印
市中や土用をぬけて秋の風 許六
帷子も着たりぬいたり秋の風 野坡
常に吹ものとはなりぬ秋の風 鳳朗
彩らぬ切篭の総に秋の風 高井几董
御無事でさ往てござりましよ秋の風 惟然
心ばせ築紫の綿や秋の風 舎羅
我れが身に秋風寒し親ふたり 鬼貫
扨は夢うそには死なじ秋の風 支考
撫付し白髪のはねる秋の風 曽良
新酒や秋風渡る蔵の隅 洒堂
旅の夜はまだみじかいに秋の風 松窓乙二
旅人とみられて寒し秋の風 凉菟
星多き夜はつよからず秋の風 高桑闌更
朝六や誰も通らず秋の風 加舎白雄
朝顔も実がちになりぬ秋の風 松岡青蘿
木からものゝこぼるゝ音や秋の風 千代尼
本来の障子は焼けし秋の風 鬼貫
朱の丸の入日の中や秋の風 毛〔ガン〕
松杉に秋風寒し古戦場 桃隣
松杉の常盤も秋は秋の風 高桑闌更
松風の中を横ぎる秋の風 成美 はら~傘
松魚むす浦のけぶりや秋の風 完来
柴の戸や入日をぬすむ秋の風 鬼貫
桐のはにたらでも今宵秋の風 支考
椀の香の薄らぐ空や秋の風 成田蒼虬
椶櫚の葉のはやして通す秋の風 除風
横からや波かき合す秋の風 林紅
此のすゝき窓より吹や秋の風 鬼貫
武帝には留主と答へよ秋の風 其角
死ぬことをしつて死けり秋の風 松岡青蘿
水と日のしたしくなりて秋の風 成田蒼虬
水むすぶ手ぬぐふばかり秋の風 千子
汐がひのしほからき世や秋の風 りん女
江戸立の身がまへしたり秋の風 一茶 七番日記
沢蟹の鉾いからせて秋の風 支考
泣皃の乾たなりや秋の風 東皐
洛外の辻堂いくつ秋の風 嵐雪
活魚のけふと過けり秋の風 露印
淋しさに飯をくふ也秋の風 小林一茶
渋び壁に何をたよりの秋の風 程已
渋柿の喉をこするや秋の風 千那
滝の名のまださめきらず秋の風 路通
焼たての食のにほひや秋の風 李由
焼捨の人のむくろに秋の風 高井几董
焼酎にあれにし後は秋の風 朱拙
狩人やいつ髪そりて秋の風 牡年
猪垣のむすびめきれて秋の風 加藤曉台
生垣に矢も通らずや秋の風 除風
生鯛の瞬すなり秋の風 完来 発句題叢
疵のつく木末~や秋の風 桃先
疵やむや鴈がね遅し秋の風 尚白
痩る身をさするに似たり秋の風 嵐雪
白川や屋根に石おく秋の風 去来
相撲場やあれにし後は秋の風 許六
矢橋のる足のふとさや秋の風 〔ブン〕村
石くどに松茸くさし秋の風 句空
石山や行かで果せし秋の風 羽紅女
秋かぜをかづきてふせり女郎花 加藤曉台
秋かぜをにらみ付るや達磨の眼 舎羅
秋かぜを綿に吹かせて山の家 成田蒼虬
秋の蚊の声細りけり夜の風 三宅嘯山
秋の風とも角もなれ案山子供 舎羅
秋の風をのれとやれし扇哉 尚白
秋の風三井の鐘よりふきおこる 加藤曉台
秋の風有礒へくばる心かな 浪化
秋の風火でも水でもなかりけり 鳳朗
秋の風胡瓜の肌を撫て見よ 乙訓
秋の風虫の声~あはせ鳧 乙訓
秋の風都に吹くか唄の声 椎本才麿
秋風におとゝひきのふ吹かれけり 椎本才麿
秋風にしら波つかむみさご哉 高桑闌更
秋風にそよぎたらぬや萩の花 朱廸
秋風にそよぎたゝぬや荻の花 許六
秋風にどんどめいたる小鳥ども 智月尼
秋風になれてや須まの松ご売 凉菟
秋風にひうと案山子の一矢哉 桃妖
秋風にふかれて赤し鳥の足 洒堂
秋風に人まづなびく躍かな 蓼太 蓼太句集初編
秋風に何ンベんされて後の月 露川
秋風に出見世をたゝむ扇哉 西鶴
秋風に吹れがほ也市女笠 〔ブン〕村
秋風に吹れ次第の糸瓜かな 浪化
秋風に品を付るや虫の声 北枝
秋風に山を見わたりて別れかな 土芳
秋風に巻葉折るゝ芭蕉哉 凡兆
秋風に折るちからや粟と稈 土芳
秋風に涕すゝりけりきり~す 黒柳召波
秋風に白蝶果を狂ひけり 松岡青蘿
秋風に着て泣人の帽子かな 智月尼
秋風に羽織はまくれ小脇指 北枝
秋風に耳の垢とれ渡し守 去来
秋風に色の黒きを錦かな 舎羅
秋風に迯てはもとの柳かな 越人
秋風に鞭をそへてや鹿の声 塵生
秋風に頭の下るなごり哉 十丈
秋風のあたまはつるや雲の嶺 朱拙
秋風のあたるがいとし白い肌 玄梅
秋風のいふまゝに成尾花かな 千代尼
秋風のうしろを覗く立花かな 嵐雪 玄峰集
秋風のさても明るき寒かな 松窓乙二
秋風のさゝらにもする木賊かな 馬場存義
秋風のそれともに猶さびしいか 除風
秋風のやむたびに降小雨かな 完来
秋風の仕入たを見よ枯薄 野童
秋風の口をあぐるや雲の峯 りん女
秋風の吹きわたりけり人の顔 鬼貫
秋風の吹すかしけり藪の月 井上士朗
秋風の吹ほうけたり綿畠 四睡
秋風の夜鷹やつかむ鳥の声 旦藁
秋風の夢にあそぶや蓮の笠 除風
秋風の尻から吹や七まがり 路青
秋風の心うごきぬ繩すだれ 服部嵐雪
秋風の心動きぬ縄すだれ 嵐雪
秋風の枕にちかしいきの松 支考
秋風の立そゝくれし暑かな 三宅嘯山
秋風の立や樹のかげ草のかげ 五明
秋風の谷は替ツて入日かな 芙雀
秋風の長き寐覚に余りけり 鳳朗
秋風の雲やあげろの山めぐり 露川
秋風もこゝろまゝなりにほの海 去来
秋風もまだそよめかすばかりなり 支考
秋風も数へて一葉二葉かな 十丈
秋風やうきはうつらぬあふむ石 高桑闌更
秋風やことし生れの子にも吹 小西来山
秋風やしらきの弓に弦はらん 去来
秋風やすゝき見よせて穂に出る 荻子
秋風やねぶとにさはる毛巾着 〔ブン〕村
秋風やふぐや干物のつらがまち 東皐
秋風やまだ四五尺の杉の先 〔ブン〕村
秋風やむしりたがりし赤い花 小林一茶
秋風や一ト桶打つたしめりより 素丸 素丸発句集
秋風や三井に初る枕引 許六
秋風や不破の雀の七ツおき 野坡
秋風や並木にあてる鑓のさや 許六
秋風や中戸をはいる柚の匂ひ 風国
秋風や人にかけたる蜘の糸 蓼太 蓼太句集初編
秋風や仏に近き年の程 小林一茶
秋風や伽藍の銭を掃寄て 臥高
秋風や吉次かやうに送り馬 凉菟
秋風や吹しらけたる峯の月 桃妖
秋風や家さへ持たぬ大男 小林一茶
秋風や寐よとの鐘はいつもつく 松窓乙二
秋風や山辺に動く火の青き 高桑闌更
秋風や川辺の庵に老二人 高桑闌更
秋風や干魚かけたる浜庇 与謝蕪村
秋風や心にかゝる曽我の里 史邦
秋風や手櫛にもるゝ鬢の髪 昌房
秋風や捨ば買うの越後縞 高井几董
秋風や日やけの顔の礒枕 魯町
秋風や更行軒の釣手桶 昌房
秋風や杖に漕出す蚊屋の波 中川乙由
秋風や松をはなれて鳥の声 寂芝
秋風や板絵馬さわぐ藪の神 桜井梅室
秋風や梢はなれぬ蝉の空 百里
秋風や死そこないの痘のあと 尚白
秋風や残る燕のひらめかす 野紅
秋風や波のあら~なく千鳥 園女
秋風や浪をしのぎて雲に鳥 素行
秋風や浮身を波に走りかね 高桑闌更
秋風や猿も梢の小いさかひ 正秀
秋風や田上山のくぼみより 尚白
秋風や男所帯に鳴ちどり 小西来山
秋風や畳に拾ふ哥仙貝 中川乙由
秋風や磁石にあてる古郷山 小林一茶
秋風や稲より出て稲に入 万子
秋風や窓に枕に須磨の巻 鬼貫
秋風や萩のり越えて浪の音 千那
秋風や蚊の口いまだ癒ざるに 尚白
秋風や蚊屋に刀の鎮置ん 黒柳召波
秋風や蜑の呼声械の音 高桑闌更
秋風や行空もなき夜の鶴 井上士朗
秋風や西に名を得し金碇 去来
秋風や酒の過たる顔もなし 高桑闌更
秋風や酒肆に詩うたふ漁者樵者 与謝蕪村
秋風や骨にも身にも食の味 塵生
秋風や鼠のこかす杖の音 稲津祗空
秋風をあやなす物か赤とんぼ 松岡青蘿
秋風をふるふて見せよ墨ごろも 嵐雪
秋風をまつとてたつやをみなへし 夏目成美
秋風をまねく柳の一葉哉 百里
秋風を力ばかりや水の声 挙白
秋風を吹よはらせて帰花 中川乙由
秋風を我もの顔や旅袋 鬼貫
秋風を聞て死身や露の果 四睡
秋風を追ば我身に入にけり 小西来山
秋風を追へば我身に入りにけり 小西来山
秋風を麦穂に聞や松颪 荊口
立旅の麦の秋風あきのかぜ 桃隣
竹杖のころぶ音まで秋の風 蘆本
笹百合や土用をかけて秋の風 史邦
筏士のねぢ向もせず秋の風 舎羅
箱崎や町吹通す秋の風 沙明
紅葉とも花ともいはず秋の風 完来
終夜秋風きくや裏の山 曽良
終宵秋風聞くやうらの山 河合曾良
経を焼火のたうとさや秋の風 嵐雪
老の身の形見におくる秋の風 智月尼
老杜親なし秋風を人の国に泣 露印
耳ふさぐ猿や浮世を秋の風 凉菟
脚高き机吹也秋の風 東皐
芋の葉のあまりや窓に秋の風 紫道
芋の葉の軒につられて秋の風 紫道
芦の温泉の石に精あり秋の風 早野巴人
芭蕉葉は何になれとや秋の風 路通
若き時も吹はふきたれ秋の風 鳳朗
草村に飯吹とるや秋の風 琴風
萩荻と蚊帳の釣手や秋の風 土芳
落る日と暮るあいだや秋の風 鶏口 新雑談集
葛の葉やどちらむきても秋の風 支考
蒲の穂や長き短き秋の風 五明
蔦葎みな秋風の道具也 小西来山
蚊柱に秋風きくや須磨泊 鳳朗
蚊遣火に団当けり秋の風 許六
蛛の囲のたるみ初けり秋の風 素顰女
蝸牛目やさますらん秋の風 北枝
褄ふみてころびやすさに秋の風 夏目成美
西瓜ンと尻をはねるや秋の風 許六
見わすれぬ桜の舟も秋の風 早野巴人
身にしむや香炉の煙秋の風 斎藤徳元
身になきて打ふるはるれ秋の風 北枝
軒下の田水あかるし秋の風 桜井梅室
輪蔵の廻りごゝろや秋の風 毛〔ガン〕
輪蔵の廻り心や秋の風 許六
釣ばりやなぐりかねたる秋の風 正秀
門に入れば僧遙なり秋の風 加舎白雄
闇がりの松の木さへも秋の風 鬼貫
須磨の秋の風のしみたる帆莚か 鬼貫
風鈴に秋風きくや欧陽子 許六
魂棚やぼた餅さめる秋の風 炭太祇
鶏の尾はきはまらず秋の風 寂芝
鷲の子のちからつきけり秋の風 句空
鸛の巣もやぶれて秋の風高し 吏登 吏登句集
鹿小屋も修復次手や秋の風 史邦

以上
by 575fudemakase | 2016-11-04 07:47 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26340454
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

火恋し の俳句
at 2017-11-18 16:26
松田雄姿集 俳人協会
at 2017-11-12 11:20
釣の拙句(高澤良一)
at 2017-11-10 06:17
屛風 の俳句
at 2017-11-07 08:47
百合鴎 補遺
at 2017-11-01 08:03

外部リンク

記事ランキング