秋思 の俳句

秋思 の俳句

秋思 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23544902/

秋思 補遺

*せい中の清浄たれば秋思かな 日野草城
いきなりの一笛秋思断たれけり 鷲谷七菜子 一盞
うしろ手を突くその絵師の秋思かな 阿波野青畝
かまつかの色さえわたる秋思かな 西島麦南 人音
ことごとく秋思十一面観音 鷹羽狩行
この秋思五合庵よりつききたる 上田五千石 森林
こめかみに風ひびかふを秋思とも 藤田湘子 てんてん
せせり蝶ふえて秋思もつのりけり 百合山羽公 樂土
ふるさとや秋思のわれに波崩れ 鈴木真砂女 夏帯
わが秋思水わたりきし一羽鳩 中村草田男
ゐざり機秋思のいとま許されず 上田五千石『琥珀』補遺
コラムニスを青鷺覗く秋思かな 金子兜太
俯向ける頭蓋秋思の重さとも 林翔
前山の紺に真向ふ秋思かな 廣瀬直人
力杖秋思の杖となりにけり 鷲谷七菜子 天鼓
君と我秋思は同じ一目の居 阿波野青畝
夕浪の秀の折れ易き秋思かな 安住敦
大暑過ぎすでに秋思に胸満たす 及川貞 夕焼
大門を洩るるひちりき秋思祭 後藤比奈夫p
太幹に隠れおほせり秋思びと 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
山塊にゆく雲しろむ秋思かな 飯田蛇笏 椿花集
当番の巫女に秋思を頒たれて 鷹羽狩行
影生れて秋思の相の鳴沙山 松崎鉄之介
指頭の圧 秋思の瞼に加えもする 伊丹三樹彦
捨てどころなきまま小さき秋思あり 後藤比奈夫
文机や秋思のうちの筆撰ぶ 石川桂郎 高蘆
曇日の石とむきあふわが秋思 桂信子 月光抄
朦朧と海朦朧とわが秋思 桂信子 草影
朱熹の額仰ぎ眺めて秋思ただ 山口青邨
模様ともつかぬ李朝の壺秋思 上村占魚
樹々ゆれておのづからなる秋思かな 桂信子 草影
橋を渡る水に魚ゐる秋思かな 細見綾子
水の辺に跼むをもつて秋思とす 安住敦
水湛ふ町に灯の入る秋思かな 鷲谷七菜子 天鼓
永劫の涯に火燃ゆる秋思かな 野見山朱鳥 運命
沢庵の秋思如何にと縁に腰 阿波野青畝
波郷句を切れば血の出る秋思かな 林翔
海はみどりと聞きて秋思のさだまりぬ 細見綾子 虹立つ
湖の上に鼓聞えぬ秋思かな 鷲谷七菜子 一盞
漁火のひときは明き秋思かな 鈴木真砂女 夏帯
濡れ砂に秋思の手形押しにけり 鈴木真砂女 紫木蓮
点灯の遅るることも秋思かな 鷹羽狩行
爪きれど秋思どこへも行きはせぬ 細見綾子 桃は八重
珈琲秋思の 銀匙 重くも軽くもなく 伊丹三樹彦
病髪を刈れば秋思もうすれけり 百合山羽公 樂土以後
真白な髪にこの日も秋思あり 飯田龍太
石に腰秋思の国に来りけり 百合山羽公 樂土以後
秋声も秋思も瓜人展とあり 百合山羽公 樂土以後
秋思あり触れて素焼の鉢の肌 鈴木真砂女 夕螢
秋思いつか老いの思ひにつながれり 能村登四郎
秋思ともなく白樺の径絶えし 松村蒼石 雁
秋思ならぬはなきに着物にすれる笹(布引山を下る) 細見綾子
秋思の目してたたずめる蟷螂かな 阿波野青畝
秋思やや白樺の空まばらにて 鷲谷七菜子 花寂び
秋思夜々に募り銀漢濃かに 日野草城
秋思断続欄(てすり)の端はぶつちがひ 中村草田男
秋思澄みやゝに熱する一躯の仏 赤尾兜子 蛇
秋思祭すみしやすらぎ月にあり 後藤比奈夫
秋思祭とぞ懸りたる小行燈 後藤比奈夫
秋思羅漢 その影踏むまいぞ 踏むまいぞ 伊丹三樹彦
老愁のその一端の秋思かな 相生垣瓜人 負暄
船の揺れ両手にささへゐて秋思 上村占魚
草千里秋思の歩数いくばくぞ 上田五千石『天路』補遺
荒星に授けられたる秋思とも 藤田湘子
薔薇園の秋思 眉間に一指立て 伊丹三樹彦
装ひゐし秋思のいまは真なり 上田五千石『琥珀』補遺
裏山の秋思神にもけものにも 平畑静塔
貝割の何とはしらず秋思かな 下村槐太 天涯
踏切の灯も電柱の灯も秋思 鷹羽狩行
酒過ごす秋思のほかに何やある 上田五千石『天路』補遺
釦はづし又はめ秋思行ききせり 能村登四郎
雁来紅にあまねき日光秋思あり 飯田龍太
霧の夜の秋思すなはち恋ごころ 日野草城
頬杖の杖の手もがれ 秋思羅漢 伊丹三樹彦
飛石といへる秋思を並べたる 後藤比奈夫

以上
by 575fudemakase | 2016-11-05 08:32 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26343257
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング