吊し柿 の俳句

吊し柿 の俳句

吊し柿 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22907724/

吊し柿 補遺

ことごとく冬に入りたる吊し柿 石田勝彦 秋興以後
この山家鎧ふ干柿五百貫 百合山羽公 樂土
これよりの海の匂はぬ吊し柿 岡本眸
ころ柿の粉の峭絶の雪嶺か 大野林火 雪華 昭和三十九年
ころ柿も一年ぶりや淡路島 正岡子規 柿
ずいき干し柿干し阿佐緒生家なる 山田みづえ 草譜
ふき出るはふき出尽せし枯露柿ぞ 飯島晴子
むささびがつくと小国の吊し柿 高野素十
一の字に白き串柿鏡餅 山口誓子
一雷後干柿の肉緊りたる 岡本眸
串柿の袖を引しか雛の中 嵐雪
串柿をつまめば梅のつぼみ哉 馬場存義
共撰とある干柿の美しき 後藤比奈夫
去来忌のはしり甘柿小さけれ 星野麥丘人
吊し柿までも物腰やはらかげ 後藤比奈夫
吊し柿わがいくこゑの梨礫 石塚友二 方寸虚実
吊し柿嘘偽りも甘くなる 津田清子
夜は夜の甘さを加へ吊し柿 鷹羽狩行
山脈に日は散乱と吊し柿 山田みづえ 草譜
干し柿の渋みの中の齢かな 能村登四郎
干柿が好き太陽が好きなりし 後藤比奈夫
干柿と馬の鼻辺の肌ざはり 中村草田男
干柿にする柿干してよき日和 高野素十
干柿に泊る熟柿の寝息して 百合山羽公 樂土
干柿に蜻蛉飛行く西日かな 正岡子規 蜻蛉
干柿の一縄たるむ高麗の寺 石田勝彦 雙杵
干柿の二筋三筋しくれけり 正岡子規 時雨
干柿の八ツ岳新雪のかがやきに 山口青邨
干柿の噛み口ねつとり吾子等の眼 中村草田男
干柿の次の便や春半 正岡子規 春
干柿の煖簾が黒く甘くなる 山口誓子
干柿の緞帳山に対しけり 百合山羽公 樂土
干柿の縄に老婆の血が通ふ 鷹羽狩行
干柿の蠅またふえぬ上天気 松本たかし
干柿の金殿玉楼といふべけれ 山口青邨
干柿やあまたの恵み受けて生く 角川源義
干柿や湯殿のうしろ納屋の前 正岡子規 柿
干柿や田楽を守る戸々の柿 百合山羽公 寒雁
干柿をねちねちと噛みたのしめる 日野草城
干柿を作り稚拙を喜べり 後藤比奈夫
干柿を手探りに取る琴に触れ 右城暮石 句集外 昭和二十三年
干柿を通りすがりに食べ減らす 右城暮石 散歩圏
新茶干し柿の木の根を水走る 右城暮石 句集外 大正十五年
旅ながら干柿むすぶ膝がしら 石橋秀野
昆布干柿陀羅尼助みな黒し 山口誓子
朝風のまたしぐれゐて吊し柿 村山故郷
村人に倣ひ暮しぬ吊し柿 松本たかし
枯露柿にうやむやになるこころかな 飯島晴子
母の忌や干し柿は粉を噴きそめて 鈴木真砂女 居待月
父母妻子串柿のごと竝びけり 正岡子規 串柿
白髪の頭上にも垂り吊し柿 山口青邨
谷川にうつろふ薄日吊し柿 松村蒼石 寒鶯抄
隣人愛濃しと干柿吊し合ふ 後藤比奈夫

以上
by 575fudemakase | 2016-11-05 09:42 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26343394
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング