ばつた の俳句

ばつた の俳句

ばつた の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23239046/

ばつた 補遺

*はたはたの飛ぶも潜むも棚田径 佐藤鬼房
*はたはたの飛翔の強き西日中 佐藤鬼房
*はたはたを捕へてみれば少彦名(スクナビコナ) 佐藤鬼房
*はたはた飛ぶわれこそ秋の緑ぞと 林翔
*はたはた飛ぶ長府の町の笑山寺 亭午 星野麥丘人
あとさきにきちきちがゐてうちまどふ 山口誓子
あひびきのみちはたはたにさきんじら 伊丹三樹彦
いくらでも小さきばつたの子のをりぬ 後藤比奈夫
いつも追はれ今はたはたを野路に追ふ 福田蓼汀 秋風挽歌
おんぶされをりしばつたが先に逃ぐ 後藤比奈夫
かなかなもわたしばつたも亦わたし 渡邊白泉
からうすに米つきばつたひとり打ち 加藤秋邨
からかさにばつたを入れて長い人生 三橋鷹女
きちきちが庭にはじめて音を曳き 山口誓子
きちきちといはねばとべぬあはれなり 富安風生
きちきちと叫ぶばつたと馬頭尊 阿波野青畝
きちきちの羽音に榛名山日和 上村占魚
きちきちの身近く下りて相親し 山口誓子
くるぶしに当るばつたや西の京 阿波野青畝
とぶ意志なきはたはた次は誰と遇ふ 津田清子 礼拝
ねんごろに女の洗顔ばつたんこ 秋元不死男
はたはたと面動きぬ薪能 森澄雄
はたはたと飛びよる蛾あり梅雨の月 山口青邨
はたはたと鴉のがるる木の芽かな 飯田蛇笏 山廬集
はたはたにその日も涙ながせりき 下村槐太 天涯
はたはたにまで末枯の及びをり 後藤比奈夫
はたはたに影及ぼせば飛びにけり 中村草田男
はたはたに微ぶ友が子吾は草に 石塚友二 方寸虚実
はたはたに蹴られて風のたなごころ 秋元不死男
はたはたのつるみて脱ぎしもののなく 秋元不死男
はたはたのとびかひ高く雲遠く 富安風生
はたはたのとびひかる野に便り貰ふ 伊丹三樹彦
はたはたのとべるはるかに礁富士 富安風生
はたはたのとまり女の肩小さし 波多野爽波 鋪道の花
はたはたの十月既望飛べる見ゆ 水原秋櫻子 緑雲
はたはたの向をかふるや人の前 山口青邨
はたはたの地に著くところばかり見る 波多野爽波 鋪道の花
はたはたの夕日にもどる砂の上 古舘曹人 砂の音
はたはたの子と健康を讃へ合ふ 後藤比奈夫
はたはたの或るときは矢の如くとび 波多野爽波 鋪道の花
はたはたの羽音ひまなし月待てば 水原秋櫻子 玄魚
はたはたの脚美しく止りたる 後藤比奈夫
はたはたの跳んで祝辞は続きをり 山田みづえ 忘
はたはたの飛びしうす羽の曇りかな 細見綾子
はたはたの飛ぶ野かさねて駒ケ岳 水原秋櫻子 緑雲
はたはたはわぎもが肩を越えゆけり 山口誓子
はたはたは剣舞ふべき空に舞ふ 古舘曹人 能登の蛙
はたはたは垣を越え野に出でゆける 高屋窓秋
はたはたは黄に紫にとび交へる 山口青邨
はたはたやこしかたの塔低くなる 伊丹三樹彦
はたはたや今荊棘に没日満つ 加藤秋邨
はたはたや夕は船のなき運河 福田蓼汀 山火
はたはたや妹が唇すふ山の径 山口誓子
はたはたや筆禍舌禍の後始末 鷹羽狩行
はたはたや退路絶たれて道初まる 中村草田男
はたはたや郵便局へ用多く 岡本眸
はたはたを二三歩は追い 思春の靴 伊丹三樹彦
はたはたを吹きもどしけり潮の先 飴山實
はたはたを海に追ひ入れ帰りし日 加藤秋邨
はたはたを深追ひすれば入日たつ 加藤秋邨
はたはたを燭流に追ひ落すかな 加藤秋邨
はたはた翔つ原の城跡はらいそう 山田みづえ 手甲
はたはた飛ぶ地を離るるは愉しからむ 橋本多佳子
はたはた飛んで他人の視線の前へ行きぬ 中村草田男
ばつたぶつかる電柱が黒いため 鷹羽狩行
ばつたりと蛙なきやみ藪の雨 日野草城
ばつたりの小屋へ大きな*かんじきあと 高野素十
ばつたんこ仕掛け芋茎を笊に干し 清崎敏郎
ばつた翔つ河原の石の間より 清崎敏郎
ばつた跳ね島の端なること知らず 津田清子 礼拝
ばつた飛ぶ三河の海に背を向けて 鈴木真砂女 居待月
ばつた飛ぶ運動会の背後にて 右城暮石 上下
みな生の一瞬はたはた翔つことも 鷹羽狩行
むささびか鼬かばつた食ひし糞 右城暮石 句集外 平成三年
ゆき当りばつたりの尿枯足尾 平畑静塔
プール陽を浴びてはたはた飛べるのみ 右城暮石 句集外 昭和三十三年
ムツソリーニの如き大*はたはた今も見たし 中村草田男
一つ鳴れば一つ夜が更けばつたんこ 後藤比奈夫
三角のばつたノートを蹴りにけり 阿波野青畝
人声よりきちきち勁し宮址掘る 橋本多佳子
保身もつぱらはたはたの跳ねつづけ 鷹羽狩行
凍雪をはたはたとうつ山おろし 飯田蛇笏 白嶽
午祭ばつたり幼なじみかな 岸田稚魚
善き聲にこなた小錦とよばゝつたり 正岡子規 相撲
喉病むやきちきちばつた石に跳ね 岡本眸
土の色土色ばつたゐるときの 山口誓子
城跡やばつた蟷螂なんど飛 正岡子規 蟷螂
大ばつた紫帯ぶと見ゆるなり 波多野爽波
大宇陀やばつたがおよぐ水の上 岡井省二 前後
大小のはたはたのとびちがひけり 波多野爽波 鋪道の花
大陸へ颱風外れて*はたはた飛ぶ 右城暮石 句集外 昭和三十七年
子を抱くはばつたり床几地蔵盆 大野林火 飛花集 昭和四十六年
富士山に生れて死ぬる黒ばつた 山口誓子
山遠しばつた高く飛ぶ秋日和 正岡子規 秋日和
島ははやきち~ばつた萱に飛び 清崎敏郎
左眼もて見るやはたはた軋り去る 秋元不死男
巻尺をもてはたはたの地を測る 波多野爽波 鋪道の花
帰省子やばつたり出逢ふ稲かつぎ 飯田蛇笏 山廬集
弥撒の堂露のはたはた越えゆくよ 水原秋櫻子 残鐘
搗きつづけ米つきばつたひとやすみ 加藤秋邨
救助網をはたはたが翔つ発車ベル 富安風生
日ざし得て米搗ばつた生終る 佐藤鬼房
日も来ずや朝の砂丘のいぼばつた 星野麥丘人
日輪へ盲翔ちして朝のばつた 右城暮石 句集外 昭和三十三年
林中やきちきちと散る夜の雪 岸田稚魚 筍流し
枯色の*はたはたとなり何いそぐ 能村登四郎
武者幟はたはたと雲南より 廣瀬直人
氷を割れば水はたはたと湖鳴りす 角川源義
淡々とはたはたずしは雪の味 大野林火 飛花集 昭和四十七年
渋団扇はたはたと河口夕映す 橋閒石 雪
濁流よりはたはたきたり汽車に入る 加藤秋邨
牡丹の上はたはた渡る朝の鳥 山田みづえ 手甲
狙く春のばつたり会ひし夕日かな 岸田稚魚
砂日傘縁はたはたと*ひるがえり 清崎敏郎
禰宜ばつた髭をつまんで棄てられぬ 加藤秋邨
秋風や背中一枚はたはたと 平井照敏
童らにきちきちとして雁行きし 細見綾子
米搗ばつたひとりはねをり蟻地獄 加藤秋邨
米搗ばつた来てをどるべしこの机 加藤秋邨
背負ひばつたを離せば枯れてしまひけり 平井照敏 天上大風
脚とれしばつた片脚をもてあます 平井照敏 猫町
花の山よりはたはたと艶鴉 上田五千石『琥珀』補遺
花吹雪抑へし裳裾はたはた鳴る 加藤秋邨
草の葉のごとばつたの子掴りし 後藤比奈夫
草紅葉ばつたが宿は荒にけり 正岡子規 紅葉
蕗の花はたはたと触れ道ありぬ 飯島晴子
蕪村忌や奥のはたはた攝の蕪 正岡子規 蕪村忌
蝗ばつた彼岸の野川流れたり 臼田亜郎 定本亜浪句集
蝶々とんぼ青いばつたも式次第昼になる 荻原井泉水
蟇原やなみだ溜まれば青ばつた 三橋鷹女
行き当たりばつたりに行く紅葉狩 右城暮石 散歩圏
行き当りばつたりに来て寝釈迦かな 飯島晴子
見事なるはたはた下りぬ菊日和 水原秋櫻子 蘆雁以後
試歩すれば我もばつたも鉄面皮 阿波野青畝
跳ぶばつたひとりの強さ肯ふも 秋元不死男
跳ぶ高さ風に乗りたるばつたかな 稲畑汀子
追はれゐるばつたのバネの衰へず 阿波野青畝
追ひつめしはたはた水へ飛ぶほかなし 福田蓼汀 秋風挽歌
送り火をはたはたとふむ妻子かな 飯田蛇笏 山廬集
通りぬけする材場広しはたはた翔ぶ 右城暮石 句集外 昭和五十五年
野はいつも鮮しけふは青*はたはた 藤田湘子 てんてん
長城を立つはたはたや雲に落つ 加藤秋邨
露撥ねてはたはた跳べり露の香す 能村登四郎
飛びゆくははたはた翅のすきとほり 高屋窓秋
飛翔せしめんとばつたを海へ投ぐ 右城暮石 句集外 昭和四十三年
馬がゆき足踏んばつた裸女がゆき 渡邊白泉
鷄頭の花にとまりしばつた哉 正岡子規 鶏頭
鷹の子のはたはたあがる櫟谷 岡井省二 鹿野
麦踏にをちの緑十字はたはたす 山口青邨
鼻蹴つてはたはた谷へ忿怒仏 加藤秋邨

以上
by 575fudemakase | 2016-11-06 03:32 | 秋の季語 | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング