初時雨 の俳句

初時雨 の俳句

初時雨 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22922717/

初時雨 補遺

あたらしき火のとほりけり初時雨 正岡子規 時雨
うたひめにネオンかはたれはつしぐれ 飯田蛇笏 雪峡
かんばしき黒珈琲や初時雨 日野草城
ここに遊ぶ松亭々と初時雨 山口青邨
この松のわれに高しや初時雨 山口青邨
この道を芭蕉もゆきぬ初時雨 山口青邨
すぐもどる西の河原やはつしぐれ 石田波郷
つりばなと教へられけり初時雨 山口青邨
はつしぐれ大根おろしに甘味かな 大野林火 月魄集 昭和五十五年
ゆく道のひかり出したる初時雨 岸田稚魚 紅葉山
わが庭に石ただ一つ初時雨 山口青邨
ジヤズの音をふみ急ぎたる初時雨 石田波郷
パリモード長き柄の傘初時雨 山口青邨
万年青の実いよいよ赤し初時雨 山口青邨
個展見て銀座をそぞろ初時雨 山口青邨
初しぐれ保宇帰寂することのよし 飯田蛇笏 山響集
初しぐれ君が病ひのまじなひに 正岡子規 時雨
初しぐれ病む身がおもふ人の上 石川桂郎 四温
初しぐれ紅葉張りつく青芭蕉 川端茅舎
初しぐれ虹の松原わたりゆく 細見綾子 存問
初しぐれ誰が雨男雨女 石川桂郎 四温
初しぐれ都の友へ状を書く 正岡子規 時雨
初時雨ありしも京の日和かな 稲畑汀子
初時雨して北山の紅葉まだ 木村蕪城 一位
初時雨また猿簑を読まんと思ふ 福田蓼汀 山火
初時雨上野はむかし山といひき 山口青邨
初時雨人なつかしく待ちにけり 星野立子
初時雨人違ひにはあらざりき 星野立子
初時雨夕時雨よと旅人等 星野立子
初時雨景も心も変りけり 星野立子
初時雨木もりのかぶす腐りけり 正岡子規 時雨
初時雨茶碗蒸などいただきて 星野麥丘人
初時雨萩寺さまを素通りに 雨滴集 星野麥丘人
初時雨蛙ひとつの声しかと 石川桂郎 四温
初時雨赤子に肩を叩かれて 岸田稚魚
初時雨釣瓶なげうつ仮ずまひ 石橋秀野
十月や十日も過ぎて初時雨 正岡子規 時雨
半島の風待ち湊初時雨 松崎鉄之介
口に出てわが足いそぐ初しぐれ 石田波郷
夏柑はみどりつらつら初時雨 山口青邨
天蚕の織ぬんめりと初時雨 上田五千石 琥珀
妻留守の竹に音して初時雨 山口青邨
居坐りて仮の庵とや初しぐれ 石塚友二 光塵
居坐りて假の庵とや初しぐれ 石塚友二 光塵
屋敷神何を祀るや初時雨 山口青邨
山中の巌うるほひて初しぐれ 飯田蛇笏 家郷の霧
山地蕎麦掛け干す樹々に初しぐれ 飯田蛇笏 山響集
山本の里と申して初時雨 正岡子規 時雨
山茶花の蕾そろひぬ初時雨 山口青邨
山陽に鳶啼きこもる初しぐれ 上田五千石 森林
島の娘の衰匂ひゆく初しぐれ 村山故郷
待つにあらず待たぬでもなし初時雨 正岡子規 時雨
新發智の青き頭を初時雨 正岡子規 時雨
旅人の京に入る夜や初時雨 正岡子規 時雨
旅人の京に入る日や初時雨 正岡子規 時雨
旅人の京へ入る日や初時雨 正岡子規 時雨
曼陀羅に残れる金や初しぐれ(奈良元興寺) 細見綾子
月やうそ嵐やまこと初時雨 正岡子規 時雨
業平竹鳴らして過ぎぬ初時雨 山口青邨
機関区に蒸気絶えずも初しぐれ 上田五千石『田園』補遺
橡の実は朴におくれて初しぐれ 飯田蛇笏 霊芝
母子今日はフランス刺繍 初しぐれ 楠本憲吉 楠本憲吉集
水溜めてある水口の初時雨 廣瀬直人
泊てふ駅に降りけり初時雨 鷲谷七菜子 天鼓
波郷土に山坂すべる初時雨 古舘曹人 砂の音
泥鰌とる鷺のむらがる初時雨 飯田蛇笏 椿花集
瀬戸内は沖よりくるか初しぐれ 能村登四郎
石庭の真砂波寄す初時雨 山口青邨
立つてゐる子は子の心初時雨 深見けん二
簑笠に狂ひ出でたり初時雨 正岡子規 時雨
絶壁に吹き返へさるゝ初時雨 前田普羅 春寒浅間山
老い父の濡れそぼち来ぬ初時雨 相馬遷子 山河
職人尽絵図の傘師に初時雨 有馬朗人 非稀
背合せの神の木もあり初しぐれ 鷹羽狩行
花の末のいろみな濃ゆし初時雨 松村蒼石 雪
落葉松の高き巣箱に初しぐれ 飯田蛇笏 椿花集
蓖麻の実のねむるよりはつしぐれ 飯田蛇笏 春蘭
蓖麻の実の眠むるより初しぐれ 飯田蛇笏 霊芝
藪なかや朽ち垣ぬらす初時雨 飯田蛇笏 山廬集
藪ぬらす音しばらくや初時雨 山口青邨
訪れて山家は暗し初時雨 杉田久女
返り咲く花何々ぞ初時雨 正岡子規 時雨
遠く隔つ旅をかたみに初時雨 上田五千石『天路』補遺
金杉や相合傘の初時雨 正岡子規 時雨
釣りあげし鮠に水の香初しぐれ 飯田龍太
銀座華やか真珠の胡蝶初時雨 山口青邨
長坂のなかばに立てば初しぐれ 鷹羽狩行
面白や垣結ふ人に初時雨 正岡子規 時雨
飯食ひに妻と出て初時雨かな 草間時彦 櫻山
飾り申す伊賀焼の翁初時雨 山口青邨
魚臭しみる壁や股間や初時雨 金子兜太
鴫も居らず鴫立つ澤の初時雨 正岡子規 時雨
鷄頭を伐るにものうし初時雨 正岡子規 時雨

初時雨 続補遺

(殺生石)此石やまづ目にたてゝ初しぐれ 寂芝
あふ坂で行違ひけり初しぐれ 諷竹
ありやうは緞子に寐たし初時雨 支考
おそろしき雲も心や初時雨 中川乙由
きり~す死ぬほどふれ初時雨 紫白女
この頃の垣のゆひめや初しぐれ 野坡 続猿蓑
こばしりて村に入る日や初しぐれ 風国
ざゞんざや猶浜松にはつしぐれ 北枝
しら菊の表はしろし初しぐれ 木因
その中に唯の雲あり初時雨 千代尼
そも~や地雨もあはれ初時雨 荊口
たふとさや息つく坂の初しぐれ 正秀
たゞかふた草で有しかはつしぐれ 寥松
とてもならゆふ暮見たし初しぐれ 寥松
なつかしき文見つけたり初しぐれ 田川鳳朗
にぎやかに菊は咲けり初時雨 浪化
ぬれわたる鶴の背中や初時雨 許六
ぬれ色を石に残して初しぐれ 舎羅
はこび行や何もない野の初時雨 猿雖
はつしぐれけふ汐竈も薄烟り 成田蒼虬
はつしぐれしばらく有て波ひとつ 成田蒼虬
はつしぐれたがはぬ空となりにけり 加舎白雄
はつしぐれまだ朝がほの花ひとつ 杉風 杉風句集
はつしぐれやむやしばしのから錦 樗良
はつしぐれ川砂ながれ止みにけり 寥松 八朶園句纂
はつしぐれ憂世の輪迄ぬけし事 桃隣
ふたつの江尻眼にかけて初しぐれ 成田蒼虬
まだ鹿の迷ふ道なり初しぐれ 千代尼
むかしかな今かな軒のはつしぐれ 完来
一二度は物にまぎれつ初時雨 許六
一声は鶏もうたふや初時雨 成田蒼虬
一夜きて三井寺うたへ初しぐれ 尚白
一疵は簑にをとなし初しぐれ 野坡
一袋松かさ得たりはつしぐれ 白雄 白雄句集
三日月もあるやまことの初時雨 桜井梅室
世の中に老の来る日やはつしぐれ 許六
京へ出て目にたつ雲や初時雨 千代尼
今日にあふのみか旅して初時雨 田川鳳朗
休まずにふれや亥の子の初時雨 野紅
僧は帰るさらへの道や初時雨 中川乙由
先以薪のふみやはつしぐれ 凉菟
入相や加茂をへだてゝ初しぐれ 風国
其柴の濡色買ん初しぐれ 中川乙由
初しぐれ今日菴のぬるゝほど 高井几董
初しぐれ傘は余りに新しく 土芳
初しぐれ未つくろはぬ障子より 梢風尼
初しぐれ根笹に飛べよすゞめ貝 りん女
初しぐれ爰もゆみその匂ひ哉 素覧
初しぐれ目にふれ身にもふれにけり 高桑闌更
初しぐれ自在の竹に吹かゝれ 松岡青蘿
初しぐれ草の菴にてはなかりけり 加舎白雄
初しぐれ隣の人も門に立 諷竹
初しぐれ風もぬれずに通りけり 千代尼
初時雨別はこゝぞ馬に鞍 支考
初時雨百舌鳥野の使もどつたか 諷竹
初時雨真昼の道をぬらしけり 露印
初時雨舌うつ海膽の味もこそ 池西言水
初時雨軒に隠者と額もあれ 素覧
初時雨阿仏の旅やつゞら馬 園女
北山を背中に屹とはつしぐれ 吾仲
取あへぬ山桝さかなやはつしぐれ 巣兆 曾波可里
取あへぬ山椒さかなやはつしぐれ 建部巣兆
古郷に高ひ杉あり初しぐれ 荊口
吹まはす風のしまりや初時雨 北枝
吹上るほこりの中のはつしぐれ 高井几董
噂して居たる所へはつしぐれ 諷竹
土山や唄にもうたふはつしぐれ 高桑闌更
塵むすぶ麦の葉組や初時雨 紫貞女
夜着ふとん有のまゝなり初しぐれ 浪化
大名も簑着て通れ初しぐれ 露川
大根の延び出るをとや初時雨 りん女
定めなきものなればこそ初時雨 田川鳳朗
家間に野水の見えて初しぐれ 成田蒼虬
宿り木のうと~青し初時雨 六窓 新類題発句集
居つゞけの鳥もわたるや初時雨 浪化
山の色やまうす間もなく初しぐれ 寥松
山人は木祭すらし初時雨 松窓乙二
山姫の手をこぼるゝや初時雨 望月宋屋
山~を染てとふるや初しぐれ りん女
巳取に鴨ねだればや初時雨 五明
年~や御意得る度に初時雨 支考
引被る衣の香床し初時雨 支考
御さがりと言ん二見の初しぐれ 成田蒼虬
慈悲ふかき代官たちて初時雨 露印
提て出る市の狸や初しぐれ 木因
新わらの屋根の雫や初しぐれ 森川許六
新庭の石も落付初しぐれ 洒堂
新藁の屋ねの雫や初しぐれ 許六
日のさしてふるや蜜柑に初しぐれ 卓池
日の脚に追はるゝ雲やはつしぐれ 千代尼
旧庵にしらぬ僧あり初しぐれ 百里
晴て行跡にもの有初しぐれ 中川乙由
暮て行一羽烏や初しぐれ 諷竹
月と雲時宜はすんだり初時雨 北枝
朔日の出合がしらや初しぐれ 洒堂
朔日の待るゝ数かはつしぐれ 露川
朝がほの種はなれたり初しぐれ 成田蒼虬
村たちてぬれたる文や初しぐれ りん女
杣小家の焼さしは何初しぐれ 中川乙由
来月は猶雪降ンはつしぐれ 千里
松五尺そよやことしの初時雨 尚白
枯菊の夜るは淀のる初時雨 野坡
枯葛の夜るは泣のかはつしぐれ 野坡
柳など梢は重し初時雨 去来
柳にも雫みじかしはつしぐれ 千代尼
柴の戸に夜明烏や初しぐれ 建部巣兆
梅の木は苔のつくなりはつしぐれ 寥松
梅の樹の容すはつしぐれ 高井几董
正風は此人よりぞはつしぐれ 恵風 ふるすだれ
此法やはなは降らでも初時雨 野坡
此釜の煮えかあらぬか初時雨 蓼太 発句類聚
気のうつる石のくぼみや初時雨 りん女
水枯や石川ぬらす初しぐれ 荷兮
河原毛の烏帽子の上や初しぐれ 去来
海山の骨を見するや初しぐれ 游刀
渋柿も紅粉や流れて初時雨 露川
火燵切思案の中やはつしぐれ 吾仲
物の葉につれだつ音や初しぐれ りん女
瓢箪の形も定るや初しぐれ 中川乙由
田はもとの地に落付や初時雨 千代尼
田舎気の見ゆる処や初しぐれ 成田蒼虬
白壁によごれ待なり初しぐれ 中川乙由
真野は二度かた田は今や初時雨 野坡
瞬をひきたてゝふれ初しぐれ 卓池
石経の墨を添けり初しぐれ 丈草
砂山や小松ありつく初しぐれ 素覧
秋のあはれわすれんとすれば初時雨 樗良
稲垣の見ゆるところや初しぐれ 成田蒼虬
空鮭にあふてや其程初時雨 吾仲
簑箱の古実聞たし初時雨 支考
米山のふる道ゆがむはつしぐれ 成田蒼虬
結構な日を定てや初しぐれ 舎羅
網けふこそ比良の初しぐれ 木節
芋喰の腹へらしけり初時雨 荊口
芥子苗のうごきそへけり初しぐれ りん女
花鳥やあつめて塚の初しぐれ 昌房
茶に塩のたらぬ朝也はつしぐれ 成田蒼虬
落葉せぬ京もふるびや初時雨 露川
葉多葉粉に一ぺん降や初しぐれ 露川
蓑むしの死なで鳴夜や初しぐれ 松岡青蘿
蟷螂の座鋪つくるや初しぐれ 寂芝
行灯をかゝげさしてや初時雨 含粘
行雲のはし乱ッゝ初しぐれ 高桑闌更
誰肩に牡丹の旅や初しぐれ 曲翠
責馬のいくつ残るぞ初しぐれ 左柳
赤ばるやむなしき苔を初時雨 文鳥
近付の道具も出たりはつしぐれ 凉菟
遊びやうわすれて居るに初時雨 土芳
都染江戸に向きけり初時雨 言水 江戸十歌仙
野は霍の嘴ふりあげて初しぐれ 成田蒼虬
野風ふく室町がしら初時雨 高井几董
降さしてまた幾所か初しぐれ 千代尼
降にけり紅葉らうへのはつしぐれ 成田蒼虬
雪見ゆる峰をかくして初時雨 高井几董
雷おつる松はかれ野の初しぐれ 丈草
類ひなや鰤の脊さらし初時雨 樗良
食焼て柴ぬらしけりはつしぐれ 許六
首かけん笠ぬいの島初しぐれ 西鶴
驚かぬ網引のさまや初しぐれ 高桑闌更
鱗のこゝろはふかしはつしぐれ 加藤曉台
鳶の羽もかいつくろひぬ初しぐれ 向井去来
鳶の羽も刷ぬはつしぐれ 去来
鳶尾の葉はみなぬれにけり初しぐれ 鼠弾

以上
by 575fudemakase | 2016-11-10 20:18 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26367745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング