炉開 の俳句

炉開 の俳句

炉開 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22922648/

炉開 補遺

この座敷一書を置かず炉を開く 岡井省二 有時
一つの炉二人の女来て開く 高野素十
俳諧に捨てしこの身や炉を開く 日野草城
厨には南瓜切る音炉を開く 木村蕪城 一位
古き~一忌日あり炉を開く 高野素十
大渦を灰に描きて炉を開く 鷹羽狩行
忽焉と炉の開かれてありしかな 日野草城
旅にゐて亥の子の日とて炉開きに 村山故郷
日に幾度泣きしもむかし炉を開く 鈴木真砂女 夏帯
昔陣屋なりしこの家炉を開く 村山故郷
死所ここや堆書裡炉を開く 山口青邨
海に住みて海を忘るゝ炉を開く 鈴木真砂女 生簀籠
炉に冷えのありて木蓮花開く 右城暮石 句集外 昭和十七年
炉を切つてましろき助炭かぶせたり 飴山實 次の花
炉を開きぬラジオ鬱声家にこもり 山口誓子
炉を開きぬ贈られし書に礼懈り 山口誓子
炉を開き眩しきものの他は見ず 岡井省二 明野
炉を開き花鳥諷詠こよひより 山口青邨
炉を開くおもひ一書を繙きぬ 鷹羽狩行
炉を開く心に海をとり戻し 鈴木真砂女 居待月
炉を開く画像の夫にみつめられ 上田五千石『天路』補遺
炉話に木花開耶姫なども出よ 上田五千石 風景
炉開いてとみに冬めく畳かな 日野草城
炉開いてほんの少しの塵を掃く 星野立子
炉開いて人を讃へん心かな 原石鼎 花影
炉開いて灰つめたく火の消えんとす 河東碧梧桐
炉開いて美しき火を移しけり 日野草城
炉開きのほそき煙りや小倉山 飯田蛇笏 山廬集
炉開きの大賑ひの寺門かな 石田勝彦 秋興以後
炉開きの里初富士おもふあしたかな 椎本才麿
炉開きやつくばひ苔をこまやかに 及川貞 榧の實
炉開きや市井に隠れ句を能くす 日野草城
炉開きや江戸の図で見る目黒山 貞佐 桑々畔発句集
炉開きや酒は手前の作り物 野坡
炉開にわれも相伴亥の子餅 森澄雄
炉開に丹波遠しと届くもの 後藤比奈夫
炉開に炭斗のありなつかしき 森澄雄
炉開の日をしめし野の土菜哉 嵐雪
炉開の火種を珠と守るべし 上田五千石『風景』補遺
炉開はせずまんぢうに服紗とは 蘭台 江戸名物鹿子
炉開やさむざむとして邃き庭 日野草城
炉開やたしか内儀は小紫 青峩 たつのうら
炉開やゆかしきものに藁の灰 鷹羽狩行
炉開や世に遁たる夫婦合 炭太祇
炉開や壁に懸たる親の像 五明
炉開や壁に馴染て菊の花 支考
炉開や庭はあらしの樅を吹 黒柳召波
炉開や数代得意の畳さし 三宅嘯山
炉開や枯菊を焚く香あり 山口青邨
炉開や桜くれたる古手紙 吏登 吏登句集
炉開や汝をよぶは金の事 其角
炉開や火箸にかゝる鬼の豆 許六
炉開や翌ありと思ふ心から 吐月 発句類聚
炉開や老父泰山の如く在り 日野草城
炉開や鉄づちばかり我道具 杜若
炉開キや行儀あたらし常の客 荻人
炭立つて切炉正せる秋暑かな 石川桂郎 高蘆
爐開いて僧呼び入るゝ遊女かな 正岡子規 炉開
爐開きや炭も櫻の歸り花 正岡子規 炉開
爐開きや猫の居所も一人前 正岡子規 炉開
爐開きや蟇はいづこの椽の下 正岡子規 炉開
爐開きや越の古蓑木曾の笠 正岡子規 炉開
爐開て殘菊いけし一人哉 正岡子規 炉開
爐開に一日雇ふ大工哉 正岡子規 炉開
爐開の藁灰分つ隣かな 正岡子規 炉開
爐開や厠に近き四疊半 正岡子規 炉開
爐開や叔父の法師の參られぬ 正岡子規 炉開
爐開や我に出家の心あり 正岡子規 炉開
爐開や故人を會すふき膾 正岡子規 炉開
爐開や細君老いて針仕事 正岡子規 炉開
爐開や赤松子われを待ち盡す 正岡子規 炉開
白鞘を出づる小太刀や炉を開く 後藤比奈夫
皀莢の実の鳴りそめて炉を開く 山口青邨
離れ家に爐開早し老一人 正岡子規 炉開
雪は直ぐ前山に来て炉を開く 山口青邨

以上z
by 575fudemakase | 2016-11-10 20:21 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26367750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング