橙 の俳句

橙 の俳句

橙 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23321286/

橙 補遺

あこがれし橙生る家その娘 森澄雄
おかざりの橙落す童かな 正岡子規 飾
お供餅の上の橙いつも危し 山口青邨
さみだれや橙半黄なる時 支考
その後も橙のみは据ゑ置けり 相生垣瓜人 明治草
ちりの橙をしぼりあふ宵のほどでした 中川一碧樓
やよ給へみかん橙年の餅 田川鳳朗
カーテンの橙いろの避寒かな 日野草城
一橙を据う一燈を置く如し 相生垣瓜人 明治草抄
三つほど臭橙を落す紙袋 古舘曹人 樹下石上
初雀飛ぶ橙の十あまり 大野林火 飛花集 昭和四十八年
句碑除幕橙は地に触れんばかり 清崎敏郎
君が代をかざれ橙二万篭 舟泉
吹風に吾も番橙のあたま哉 除風
夏橙剥く指力なほ存す 石田波郷
外燈と橙道の暮れしより 大野林火 飛花集 昭和四十七年
大分の秋は知らねど臭橙くる 百合山羽公 樂土
寺山に夕日沁み入るかぼすかな 上田五千石 天路
年上の妻のごとくにかぼすかな 鷹羽狩行
年忘橙剥いて酒酌まん 正岡子規 年忘
我を呼ぶ橙小僧葉がくれに 橋閒石 微光
故郷近く夏橙を船に売る 正岡子規 夏蜜柑
松過ぎの橙落ちて拾はれず 伊丹三樹彦
松飾燃えて橙笛鳴らす 右城暮石 虻峠
枝へ朝日橙個々に秀でしよ 香西照雄 素心
柿去つて橙きたる間かな 百合山羽公 樂土以後
橙かさそつくり火になつた 尾崎放哉 小豆島時代
橙がこけてもをかし春の霄 桜井梅室
橙が垂るる三日の岬の鼻 橋閒石 朱明
橙が神妙の色帯びをれり 相生垣瓜人 負暄
橙にかの日の夕日今も落つ 加藤秋邨
橙にまぎれ来りし顎空也蒸 岡井省二 猩々
橙に山の日のあるのみのとき 岡井省二 五劫集
橙に手をとどかせて見たりけり 山口青邨
橙に貝殻蟲母は老いしかな 石田波郷
橙に青みも少し初ざくら 史邦
橙のかへる青みや風かほる 道彦 続蔦本集
橙のころがつてゆくところあり 岸田稚魚 紅葉山
橙のころがるを待つ青畳 桂信子 新緑
橙のさきの汀の朝の音 岡井省二 夏炉
橙のつきし注連掛く山の神 右城暮石 天水
橙の一目ふためやあきのそら 紫貞女
橙の下踏まれずに雪残る 大野林火 白幡南町 昭和二十九年
橙の任を解かるる日も来たり 相生垣瓜人 負暄
橙の孔雀開きの樹下ぬくし 百合山羽公 寒雁
橙の家や二月も庭かざり 露川
橙の山畑尽きて伊豆の山 水原秋櫻子 晩華
橙の座は定まりぬをとこやま 貞佐 桑々畔発句集
橙の木の間に伊豆の海濃ゆし 松本たかし
橙の村石橋も小さく厚し 香西照雄 対話
橙の灯いろしぼれり牡蠣の上 飴山實 少長集
橙の皮錆び日焼の老父病む 香西照雄 対話
橙の盆栽をおく人の家 山口青邨
橙の色を木の間の冬の月 松岡青蘿
橙の色を葉ごみの大き月 岡井省二 有時
橙の花に開けある書斎かな 森澄雄
橙の花もいつしか小さき実となりしかな 種田山頭火 自画像 層雲集
橙の落ちゐる故にせゝらぎて 清崎敏郎
橙の酢もはつ午の名残哉 田川鳳朗
橙の青きにかへる嵐かな 亀世
橙は実を垂れ時計はカチカチと 中村草田男
橙は赤し鏡の餅白し 正岡子規 鏡餅
橙やこころ幼く兄と居る 岡本眸
橙やしづかにひらく年の門 上田五千石『琥珀』補遺
橙やながれて年を待乳川 晩得 哲阿弥句藻
橙やもとの座敷におも~と 芙雀
橙やわが有玉の神のまへ 百合山羽公 樂土以後
橙や大川端に咳の神 古舘曹人 樹下石上
橙や女の脛に温泉の匂ひ 岸田稚魚 負け犬
橙や山の上見て目の力 岡井省二 有時
橙や欄間にきざむ能登の濤 古舘曹人 樹下石上
橙や母よりもいま父なつかしき 森澄雄
橙や火入を待てる窯の前 水原秋櫻子 晩華
橙や疝気治る御代の春 李由
橙や病みて果せぬ旅一つ 石田波郷
橙や茶碾祀りてその上に 岡井省二 鹿野
橙や蔵にそふ江の寒からず 加舎白雄
橙や裏白がくれなつかしき 正岡子規 裏白
橙や谷中に雨の道祖神 古舘曹人 樹下石上
橙や都の家数四十萬 正岡子規 飾
橙や鼻を置いたる人の顔 岡井省二 猩々
橙をうけとめてをる虚空かな 上野泰 佐介
橙をそののち如何したりけん 後藤夜半 翠黛
橙をゆさぶる風に川激す 大野林火 青水輪 昭和二十七年
橙を机に取つて松納め 山口青邨
橙を盗むにあらず失敬す 燕雀 星野麥丘人
橙を褒めて年頭の句に触れず 加藤秋邨
橙を飾りぬ神に似たりけり 相生垣瓜人 負暄
橙園あをし嫂に征きしひと 石田波郷
橙垂れ道せばめたり蜑が家 大野林火 白幡南町 昭和三十三年
橙湯さびしき目してのんでゐる 篠原梵 年々去来の花 皿
橙照る坂道喘ぐ妻癒えよ 金子兜太
橙生る二軒を見たり歩きけり 岡井省二 猩々
橙紅葉旧宿堝町半ば墓地 松崎鉄之介
正月や橙投げる屋敷町 正岡子規 正月
沢山の橙の青湖の秋 岡井省二 山色
海わたる日は橙の上にあり 水原秋櫻子 旅愁
玉虫交る青橙々は青光り 中村草田男
病床に夏橙を分ちけり 正岡子規 夏蜜柑
素橙の身に添うてをり夕ごころ 森澄雄
落橙投げあげ受けとめ初月給 香西照雄 素心
蓬莱に橙の朝日昇りけり 正岡子規 蓬莱
蓬莱の橙あかき小家かな 成田蒼虬
薔薇咲いて夏橙を貰ひけり 正岡子規 薔薇
蛇の髭に橙高き冬至かな 百合山羽公 樂土
買はれ来し橙を先づ愛でにけり 相生垣瓜人 明治草
赤門の橙小き飾り哉 正岡子規 飾
輪飾の橙落す童哉 正岡子規 飾
那須野の子橙袷見え著つつあり 中村草田男
鏡餅載る橙のアンバランス 山口誓子
長寿村橙道にころがつて 清崎敏郎
陋屋の芯の橙飾りけり 百合山羽公 樂土以後
雪山の照り楪も橙も 森澄雄
青橙仰ぎゐし口閉ぢて過ぐ 石田波郷
青橙荒彫ながら臼成りて 香西照雄 対話
飾られて橙のいろ定まれり 鷹羽狩行
飾りある橙の葉に見えけり 後藤夜半 翠黛
香母酢とも書けば親しき臭橙かな 百合山羽公 樂土
鰯雲橙青く鬱と成る 石田波郷

以上d
by 575fudemakase | 2016-11-10 20:28 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26367769
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング