牡丹焚火 の俳句

牡丹焚火 の俳句

牡丹焚火 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22924621/

牡丹焚火 補遺

いつの日も牡丹焚火を負うてをり 平井照敏
しなやかな枝も投げ入れ牡丹焚 能村登四郎
しのび炎のいつまで残る牡丹焚 鷲谷七菜子 一盞
みちのくにゆかしき牡丹供養かな 森澄雄
わが家いま火宅にあらず牡丹焚く 鈴木真砂女 都鳥
亡びゆくありさまを見て牡丹焚く 阿波野青畝
天と地と昼夜のあはひ牡丹焚く 鷹羽狩行
宙にして炎を継ぐ牡丹供養かな 上田五千石 琥珀
山はながれ川そそり立つ牡丹焚火 平井照敏
山川も涅槃に人りぬ牡丹焚火 平井照敏
形代を焼くごとくなり牡丹焚火 平井照敏
暗闇のかぶさり牡丹焚火果つ 鷹羽狩行
枯れ木を手ごとに入れよ牡丹焚 野澤節子 八朶集以後
焚く牡丹火よりも水の焔もつ 平井照敏
牡丹供養なること忘れ暖をとる 鷹羽狩行
牡丹供養まなぶた熱く終るなり 山田みづえ 手甲
牡丹守り胸熱くして牡丹焚く 鈴木真砂女 都鳥
牡丹焚くかなしきときは面をして 平井照敏
牡丹焚くむかしむかしを焚くやうに 平井照敏
牡丹焚く宙にちちははみんなゐて 平井照敏
牡丹焚く宙に青衣の女人の手 平井照敏
牡丹焚く火のおとろへに執しをり 飯島晴子
牡丹焚く男姿も絵になりて 能村登四郎
牡丹焚く百花千花をまぼろしに 鈴木真砂女 都鳥
牡丹焚く離れて石の熱しをり 鷹羽狩行
牡丹焚火は燃ゆる母かな闇の底 平井照敏
牡丹焚火何かささやく他の牡丹 山田みづえ 手甲
牡丹焚終の華麗を燠に見る 能村登四郎
罪障はそれとし牡丹供養かな 能村登四郎
護摩のごと僧形牡丹焚くところ 阿波野青畝
遁遁や牡丹供養の輪の中に 野澤節子 八朶集以後
遅咲きの炎は青し牡丹焚 林翔
金銀の火の粉や牡丹焚火爆ぜ 鷹羽狩行
陽はいつか黙つて沈み牡丹焚 林翔
雪の来る前の深闇牡丹焚く 平井照敏
風音を経とし牡丹供養かな 鷹羽狩行

以上
by 575fudemakase | 2016-11-10 20:34 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26367789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。