初霜 の俳句

初霜 の俳句

初霜 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/25269312/

初霜 補遺

やはらかに青草充ちて初霜す 松村蒼石 雪
一刻の炊ぎのけむり初霜消 原石鼎 花影以後
初霜に横たへて積む葡萄杭 廣瀬直人
初霜に気違ひ茄子の傲るなり 相生垣瓜人 明治草
初霜に流るゝ馬の尿かな 日野草城
初霜に温泉けぶり立ちて菊黄なり 水原秋櫻子 磐梯
初霜に負けて倒れし菊の花 正岡子規 初霜
初霜のありしと告げてゐる大地 稲畑汀子
初霜のありたる土の濡れてをり 稲畑汀子
初霜のあるかなきかを掃きにけり 鷹羽狩行
初霜のことし大霜でありにけり 原石鼎 花影以後
初霜のぬれて日和や譜に朱うつ 原石鼎 花影以後
初霜の大霜なるに驚けり 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
初霜の来しときりきリ拭掃除 高田風人子
初霜は裏羊蹄の翳に踏む 古舘曹人 能登の蛙
初霜やきのふ蒔きたる紅粉花の種 山口青邨
初霜やひとりの咳はおのれ聴く 日野草城
初霜やほほづきいろにほほづきは 山口青邨
初霜や人馬に消ゆる谷の径 飯田蛇笏 家郷の霧
初霜や兒の手柏のふたおもて 正岡子規 初霜
初霜や朝日を含む本願寺 正岡子規 初霜
初霜や朝餉のあとの茶のかをり 日野草城
初霜や束ねよせたる菊の花 正岡子規 初霜
初霜や湖に青藻の靄がくれ 飯田蛇笏 山廬集
初霜や石まろければ頂に 山口青邨
初霜や紫の玉みやげとし 細見綾子
初霜や肌八方に人の棘 飯田龍太
初霜や肌自き烏賊耀を待つ 阿波野青畝
初霜や鏡にうつる鬢の上 正岡子規 初霜
初霜や鶏頭紅を極めたる 森澄雄
初霜をいたゞき連れて黒木売 内藤鳴雪
初霜を見に出る さいわい 墓地がある 伊丹三樹彦
初霜を身におきたらん如く老ゆ 山口青邨
初霜消花の咲く木の葉の上に 原石鼎 花影以後
医師去つて初霜の香の残りけり 野澤節子 未明音
昔日ニ休ス初霜ワガ実存 永田耕衣
登校の子に初霜の牧場口 飯田龍太
百花園初霜の門ひらきけり 鈴木真砂女 都鳥
逝く人に初霜をおく桐畑 飯島晴子

初霜 続補遺

はつしもに何とおよるぞ船の中 其角
はつしもや飯の湯あまき朝日和 樗良
初霜に何とおよるぞ舟の中 宝井其角
初霜に木の葉撥捜し百舌鳥の啼 高桑闌更
初霜に覆ひかゝるや闇の星 千川
初霜やうかゞひ上ゲし鹿の足 野坡
初霜やさすが都の竹箒 炭太祇
初霜ややねから落る瓦まで 許六
初霜や七夜の朝の樽ざかな 荊口
初霜や三とせにかはる今朝の松 嵐青
初霜や何に冬瓜の花ひとつ 早野巴人
初霜や勝手のちがふ酒の燗 史邦
初霜や味なきものゝ残る畑 四睡
初霜や寒き茄子の咲おさめ 桃妖
初霜や小笹が下のえびかづら 惟然
初霜や梢も老の一はれ着 野坡
初霜や楮仕付しあら起し 卓池
初霜や水は煙て仕舞顔 朱拙
初霜や烏を懼すからす羽に 高井几董
初霜や田の土とりて竈をぬる 建部巣兆
初霜や砂に鰯の反かえり 支考
初霜や茎の歯ぎれも去年迄 小林一茶
初霜や茶薗かやはら朝ぼらけ 野坡
初霜や藪の小社に小豆めし 除風
初霜や見しらぬ枝の逆おとし 舎羅
初霜や鐘楼の道の履の跡 許六
初霜や黒木いたゞく懐手 露
初霜をかしらの花や老の杖 十丈
初霜を尖にみるや秋のすゑ 紫白女

以上
by 575fudemakase | 2016-11-10 20:46 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26367832
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング