凩 の俳句

凩 の俳句

凩 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23328141/

凩 補遺

「朝日のもとで読め」という詩を木枯に 金子兜太
いろいろな雨凩の夜の雨 高田風人子
うすものに吹く凩の風もなし 正岡子規 凩
から尻に凩あるゝ廣野哉 正岡子規 凩
から尻に凩つよき廣野哉 正岡子規 凩
けふは凩のはがき一枚 種田山頭火 草木塔
こがらしが像のみえぬもの吹けり 赤尾兜子 玄玄
こがらしが出でゆく海に燈火なし 山口誓子
こがらしきく世に背くにはあらねども 大野林火 早桃 太白集
こがらしと馳せつつ犬は顧る 山口誓子
こがらしにすぐとさからふ夜の木々 山口誓子
こがらしに九十八度の湯村訪ふ 阿波野青畝
こがらしに寝むと枕に眼をあてて 山口誓子
こがらしのいつも遠くて谷の墓 鷲谷七菜子 花寂び
こがらしのさきがけの星山に咲く 大野林火 雪華 昭和三十六年
こがらしの冬さながらの女かな 草間時彦 櫻山
こがらしの夜の岐谷にわれ等住む 山口誓子
こがらしの夜は石たちも寝ねざらむ 日野草城
こがらしの夜や雪の夜や月照らす 山口誓子
こがらしの太き日ざしの底のわれ 大野林火 青水輪 昭和二十四年
こがらしの東西に顕つ宵の星 山口誓子
こがらしの樫をとらへしひびきかな 大野林火 早桃 太白集
こがらしの波止人埋むところなし 飯田蛇笏 家郷の霧
こがらしの絶えて鬱々たる星座 山口誓子
こがらしの野鴨啖ひて憚らず 齋藤玄 飛雪
こがらしやしかとくひあふ連結器 加藤秋邨
こがらしやゼーゲル錐の蝋びかり 阿波野青畝
こがらしや仁王天衣をひるがへす 阿波野青畝
こがらしや使ひ手のなき四手網 阿波野青畝
こがらしや壁の中から藁がとぶ 三橋敏雄
こがらしや女は抱く胸をもつ 加藤秋邨
こがらしや寝肌に抓む海のうろこ 三橋敏雄
こがらしや昴ほぐるゝこともなく 山口誓子
こがらしや時計は中に振子容れ 鷹羽狩行
こがらしや木の家に棲む家の霊 鷹羽狩行
こがらしや目より取出す石の粒 渡邊白泉
こがらしや石を飜せば馬の神 加藤秋邨
こがらしをゆく白日の汽車恠し 下村槐太 天涯
こがらしを追ひて暮れゆく竜の髭 下村槐太 天涯
こがらし聞ゆ土中に生きて眠るもの 三橋敏雄
ことごとく木枯去つて陸になし 山口誓子
この凩八達嶺より来しといふ 大野林火 月魄集 距和五十七年
すわ夜汽車凩山へ吹き返し 正岡子規 凩
そばふるや接木枯れたる庭淋し 正岡子規 接木
つゆけさの初こがらしか露しぐれ 高屋窓秋
ひうひうと凩鳴るや庵の空 正岡子規 凩
ふりかぶる一本の木の凩を 加藤秋邨
まつさらのノート凩遠くあり 鷲谷七菜子 一盞
むかし七浦七峠いま一いろの冬凩に詣る 荻原井泉水
わがいのち 炎ら立つ夜の木枯の音 富澤赤黄男
わが六林男木枯を追ひ来りしよ 佐藤鬼房
わが肺や木枯のごとひようと鳴り 岸田稚魚 紅葉山
コーちやんの死の凩の濃みどりに 平井照敏
ステーキを食べ木枯に立ちつくす 岸田稚魚 紅葉山
ペン割れて木枯のあと吼える海 佐藤鬼房
ラジオ終ふ木枯もまた閲として 山口誓子
一対の塔木枯を奏で合ふ 藤田湘子 てんてん
一番と言はず一号木枯吹く 右城暮石 散歩圏
上弦の月ただよへり凩吹き 山口青邨
人去てあと凩の上野かな 正岡子規 凩
今年も事なし凩に酒量るのみ 種田山頭火 自画像 層雲集
休日を三度び飯食ふ凩に 右城暮石 句集外 昭和二十三年
凩がいやとは餘り無分別 正岡子規 凩
凩がやや中天を群れて過ぐ 山口誓子
凩が人の気配を運ぶかに 右城暮石 句集外 昭和二十三年
凩が走る家並の夜に入る 廣瀬直人 帰路
凩と父の呼吸の鬩ぐに耐へ 野澤節子 未明音
凩と甘藷とばかりや日曜日 右城暮石 句集外 昭和二十四年
凩に まだ総白髪とはなれず 伊丹三樹彦
凩にいづこかの野の声聞ゆ 山口誓子
凩にこがらしあたりゐたりけり 岡井省二 五劫集
凩にこゑ遠ざかる岸田稚魚 山田みづえ まるめろ
凩にしつかりふさぐ蠣の蓋 正岡子規 牡蠣
凩にのつて虚空を行き給へ 正岡子規 凩
凩にのびる小松のきほひ哉 正岡子規 凩
凩にはひつくばるや土龜山 正岡子規 凩
凩にふとる莟や寒椿 正岡子規 凩
凩にもたれてはしる白帆哉 正岡子規 凩
凩にも木にも誇張のある如し 相生垣瓜人 微茫集
凩によく聞けば千々の響き哉 正岡子規 凩
凩に三味も枯木の一ツ哉 正岡子規 凩
凩に三河島菜の葉張りかな 正岡子規 凩
凩に叫吽の獅子の搆へかな 正岡子規 凩吽(うん<口+云>)
凩に向ふて登る峠かな 正岡子規 凩
凩に吹かれつゝ光る星なりし 種田山頭火 自画像 層雲集
凩に吹かれて來たか二人連 正岡子規 凩
凩に吹かれて寒し鰒の面 正岡子規 凩
凩に吹かれに來たか二人連 正岡子規 凩
凩に吹き倒されし此の身かも 相生垣瓜人 負暄
凩に吹き落されな馬の尻 正岡子規 凩
凩に大佛暮るゝ上野かな 正岡子規 凩
凩に大提灯の靜かさよ 正岡子規 凩
凩に学僧法衣ふくらます 山口青邨
凩に尖らぬ頭ぞなかりける 正岡子規 凩
凩に尻をむけけり離れ鴛 正岡子規 凩
凩に干す地下足袋の鞐の列 飯島晴子
凩に後さし合うて寝る夜かな 村上鬼城
凩に桑畑柿の畑も無し 百合山羽公 故園
凩に汽車かけり行く別れ哉 正岡子規 凩
凩に片寄せられし山の雲 稲畑汀子
凩に生木の折るゝ音すなり 日野草城
凩に立つ根上りの城の松 右城暮石 句集外 昭和五十九年
凩に笠押しむけていとま乞 正岡子規 凩
凩に舞ひあがりたる落葉哉 正岡子規 凩
凩に訊きとめかねてうべなへず 中村苑子
凩に誤つて火を失す後陣哉 正岡子規 凩
凩に遠潮騒のまぎれざる 清崎敏郎
凩に酒酌み交はし男のみ 伊丹三樹彦
凩に開け閉め重き船のドア 右城暮石 天水
凩に鳥羽絵の鴉吹き散るよ 内藤鳴雪
凩のあと満月が木に懸り 佐藤鬼房
凩のあと軒明かく月出でぬ 村山故郷
凩のごと吾を祓ふ諏訪の禰宜 山口青邨
凩のたびに神楽の宇宙揺れ 津田清子
凩のなか物たゝく音の暮れゆけり 種田山頭火 自画像 層雲集
凩ののぞくがらすや室の花 正岡子規 凩
凩のふけてゆく澄んでくる心 種田山頭火 自画像 落穂集
凩の一ト吹きに白らむ夜なりしか 右城暮石 句集外 昭和十七年
凩の一掃したる木々のさま 稲畑汀子
凩の上野に近きいほりかな 正岡子規 凩
凩の中に便所のいつも濡るゝ 右城暮石 句集外 昭和二十五年
凩の中に灯ともす都哉 正岡子規 凩
凩の中に灯りぬ閻魔堂 川端茅舎
凩の中の老婆に振り向かれ 右城暮石 句集外 昭和二十三年
凩の中へ吐きたる河馬の息 後藤比奈夫
凩の中より人がことりと出づ 右城暮石 句集外 昭和二十三年
凩の中より月の升りけり 正岡子規 凩
凩の中一途ゆく鳥とならめ 能村登四郎
凩の北に國なし日本海 正岡子規 凩
凩の十日許りは休みけり 正岡子規 凩
凩の吹かでさわがし年の市 正岡子規 年の市
凩の吹ききはまりし海の紺 深見けん二
凩の吹きつかれたる窓ことこと 山口青邨
凩の吹きゆさぶれる闇の天 右城暮石 句集外 昭和三十一年
凩の吹き緊りたる顔に逢ふ 加藤秋邨
凩の吹き荒るゝ中の午砲かな 内藤鳴雪
凩の吹くや泡なき蟹の口 正岡子規 凩
凩の吹けども吹けども柳かな 正岡子規 凩
凩の外は落葉の月夜哉 正岡子規 凩
凩の夜に止まざりし朝日さす 右城暮石 句集外 昭和十九年
凩の夜の明けてゐしこと確か 稲畑汀子
凩の夜の闇が濃き川に沿ひ 右城暮石 句集外 昭和四十五年
凩の夜天の端や輜重行 齋藤玄 飛雪
凩の夜更け明るき灯をともす 右城暮石 句集外 昭和四十年
凩の天ダイナモも鳴りとよむ 橋本多佳子
凩の天鳴り壁の炉が鳴れり 橋本多佳子
凩の奈良に人なし鹿のむれ 正岡子規 凩
凩の寺は釣鐘一つなり 正岡子規 凩
凩の山に日あるや厠出て 飯田蛇笏 山廬集
凩の山裏紅葉温泉畑に 河東碧梧桐
凩の庭となりつつ夜の帳 稲畑汀子
凩の御油赤坂は雨まじり 能村登四郎
凩の日の丸二つ二人も出してゐる 種田山頭火 草木塔
凩の日はよく撓む曲げわつぱ 能村登四郎
凩の日を漂はす池面かな 清崎敏郎
凩の明家を猫のより處 正岡子規 凩
凩の明日へしづかに瞳をつむる 三橋鷹女
凩の暮れかゝりけり鳰の海 正岡子規 凩
凩の木の間木の間や二千場 正岡子規 凩
凩の村は煙らで暮れにけり 右城暮石 句集外 大正十年
凩の果の夕空血が滲む 能村登四郎
凩の槇や念死の餅うどん 永田耕衣
凩の海道山の中辿る 百合山羽公 寒雁
凩の淨林の釜恙なきや 正岡子規 凩
凩の猛威の果の微紅あり 能村登四郎
凩の白浪敗れ去るに似て 山口誓子
凩の直趣きの夜声かも 相生垣瓜人 明治草
凩の空いちめんの曇かな 三橋敏雄
凩の草をふきゆく廣野哉 正岡子規 凩
凩の草吹きわたる廣野哉 正岡子規 凩
凩の逆にまはるや水車 正岡子規 凩
凩の通る天空海闊を 森澄雄
凩の風靡せむともしてをれり 相生垣瓜人 負暄
凩の馬吹き飛ばす廣野哉 正岡子規 凩
凩はやむ間あり海鳴りはやまず 福田蓼汀 秋風挽歌
凩は屏風を浮かす如く吹く 山口青邨
凩は書屋の障子折らんとす 山口青邨
凩は賽の磧の石飛ばす 福田蓼汀 秋風挽歌
凩も既に骨身に沁みそめし 相生垣瓜人 負暄
凩も負けて大鼓の木魂かな 正岡子規 凩
凩も負て太鼓の會式かな 正岡子規 凩
凩やいとまたまはる近衛兵 正岡子規 凩
凩やいりあひくづす夕鴉 正岡子規 凩
凩やうすうすひかる木の根もと 大野林火 海門 昭和七年以前
凩やかぎりしられぬ星の数 加藤秋邨
凩やぎくりと面老けて来し 岸田稚魚 負け犬
凩やさかさに刎ねる水車 正岡子規 凩
凩やしばしば鳶の落ちる真似 阿波野青畝
凩やちぎつてすつるふじの雪 正岡子規 凩
凩やつぶての如く夕雀 福田蓼汀 山火
凩やほこり吹きゝる江戸の町 正岡子規 凩
凩やまた空耳の母を前 石川桂郎 含羞
凩やものもうつらぬ窓の月 正岡子規 凩
凩やよろよろ薄よろよろと 正岡子規 凩
凩や一かたまりの人の聲 正岡子規 凩
凩や一むれさわぐわつはども 正岡子規 凩
凩や井の水濁る親しくて 右城暮石 句集外 昭和二十三年
凩や京にそがひの家かまつ 正岡子規 凩
凩や人に釣られて不平言 加藤秋邨
凩や人のいのちの消ゆるとき 山口青邨
凩や入相ひゞく牛の角 正岡子規 凩
凩や刃物の疵のところどころ 正岡子規 凩
凩や列車降りなば妓買はむ 原石鼎 花影
凩や十六七の尼の顏 正岡子規 凩
凩や十年賣れぬ古佛 正岡子規 凩
凩や厨の棚に柚子一つ 松村蒼石 寒鶯抄
凩や君がまぼろし吹きちらす 正岡子規 凩
凩や堕胎草煮は煮たれども 日野草城
凩や夜着きて町を通る人 正岡子規 凩
凩や大海珊瑚礁見せず 阿波野青畝
凩や居退りて遠き人の上 石塚友二 方寸虚実
凩や山突兀として松一木 正岡子規 凩
凩や岩につまづく波のおと 正岡子規 凩
凩や帽ひるがへる京の町 正岡子規 凩
凩や我に向いて波立ちあがる 正岡子規 凩
凩や手して塗りたる窓の泥 村上鬼城
凩や提灯もちて田舎人 原石鼎 花影
凩や新嶋守の立ち姿 正岡子規 凩
凩や星吹きこぼす海の上 正岡子規 凩
凩や昼のまゝある桶のもの 石橋秀野
凩や晝は淋しき廓道 正岡子規 凩
凩や暖室の花紅に 正岡子規 凩
凩や月の光りを吹き散らす 正岡子規 凩
凩や木もなき山の堂一つ 正岡子規 凩
凩や木曾川落ちる夜の音 正岡子規 凩
凩や木曾川落つる夜の音 正岡子規 凩
凩や木立の奥の不二の山 正岡子規 凩
凩や松葉吹き散る能舞臺 正岡子規 凩
凩や枯色見する塔一つ 正岡子規 凩
凩や水こし桶に吹きあつる 村上鬼城
凩や波のほさきの走り舟 正岡子規 凩
凩や海は虚空にひろがりて 正岡子規 凩
凩や海へ吹かるゝ人の聲 正岡子規 凩
凩や海を流るゝ隅田川 正岡子規 凩
凩や海道に老ゆる曲げもの師 能村登四郎
凩や淺間の煙吹ききつて 正岡子規 凩
凩や滝の上なる大悲閣 河東碧梧桐
凩や火の気よろこぶお滝様 阿波野青畝
凩や焦土の金庫吹き鳴らす 加藤秋邨
凩や焦燥さがす匿し鍵 能村登四郎
凩や焼けのこりしは墓の石 加藤秋邨
凩や燃えてころがる鉋屑 正岡子規 凩
凩や燈爐にいもを燒く夜半 正岡子規 凩
凩や牛の鼻先向きかはる 加藤秋邨
凩や犬吠え立つる外が濱 正岡子規 凩
凩や病の舌に梨の味 正岡子規 凩
凩や白樺の魔火さそふ時 河東碧梧桐
凩や白菊痩せて庭の隅 正岡子規 凩
凩や皆くねりたる磯の松 河東碧梧桐
凩や眞砂をふらす星月夜 正岡子規 凩
凩や神馬の齒くきあらは也 正岡子規 凩
凩や禰宜歸り行く森の中 正岡子規 凩
凩や空ものすごき遠光り 正岡子規 凩
凩や空よりかける十六騎 正岡子規 凩
凩や窓を開けば星の數 正岡子規 凩
凩や紅はげる妙義山 正岡子規 凩
凩や耳の中なる石の粒 三橋敏雄
凩や胴の破れし太鼓橋 正岡子規 凩
凩や自在に釜のきしる音 正岡子規 凩
凩や船の灯までが閨に射す 小林康治 玄霜
凩や船沈みたるあたりより 正岡子規 凩
凩や船頭も見えずはしり船 正岡子規 凩
凩や芭蕉の緑吹き盡す 正岡子規 凩
凩や荒壁の藁死ぬるとき 能村登四郎
凩や落書兀げる仁王門 正岡子規 凩
凩や葎を楯に家鴨二羽 正岡子規 凩
凩や虚空をかける氣車の音 正岡子規 凩
凩や虚空をはしる氣車の音 正岡子規 凩
凩や蝉も榮螺もから許り 正岡子規 凩
凩や血にさびついた鼠罠 正岡子規 凩
凩や血汐したゝる牛の股 正岡子規 凩
凩や觀ずれば皆法の聲 正岡子規 凩
凩や迷ひ子探す鉦の音 正岡子規 凩
凩や追手も見えすはなれ馬 正岡子規 凩
凩や逢ひにくる妹身を斜め 伊丹三樹彦
凩や道哲の鉦打ちしきる 正岡子規 凩
凩や野の宮荒れて犬くゞり 正岡子規 凩
凩や鐘引きすてし道の端 正岡子規 凩
凩や鐘撞く法師五六人 正岡子規 凩
凩や鐵となる吾妻橋 正岡子規 凩
凩や雲吹き落す海のはて 正岡子規 凩
凩や雲裏の雲夕焼くる 定本亜浪句集
凩や鞴不意の炎揚ぐ 阿波野青畝
凩や髯いかめしき騎馬の人 正岡子規 凩
凩や鰯乏しき鰯網 正岡子規 凩
凩や鹿の餌賣れぬ豆腐殼 正岡子規 凩
凩や麓の方に鍛冶の音 正岡子規 凩
凩や鼠の腐る狐罠 正岡子規 凩
凩をぬけ出て山の小春かな 正岡子規 小春
凩を宙に弥治郎こけし村 森澄雄
凩を宙に聞くのみ臥しをれば 森澄雄
凩を待つ園中の名の木かな 石田勝彦 百千
凩を正声として聞き慣れし 相生垣瓜人 明治草
凩を知りて沸れる硝子鍋 能村登四郎
凩を空へ吹かせて谷の家 正岡子規 凩
凩夜を荒れて虚空火を見る浅間山 正岡子規 凩
出て行きし夜の刻々や凩す 右城暮石 句集外 昭和二十三年
十方にこがらし女身錐揉に 三橋鷹女
古御所や凩更けて笑ひ聲 正岡子規 凩
君が行くは凩吹かぬ處よな 正岡子規 凩
君待つ夜また凩の雨になる 正岡子規 凩
吹きすさむ凩白し冬の月 正岡子規 冬の月
吹付てはては凩の雨もなし 正岡子規 凩
吾子そろひ凩の夜の炉がもゆる 橋本多佳子
和洋食並ぶ陳列夜の凩 右城暮石 句集外 昭和三十一年
四絃迫れば凩さつと燭を吹く 正岡子規 凩
坂下のポスト日あたり凩す 大野林火 冬青集 雨夜抄
坂下のポスト日当り凩す 大野林火 早桃 海風抄
塚とゐてこがらしに身は委すべし 大野林火 方円集 昭和五十二年
夕木枯ともれば機械いきいきす 大野林火 早桃 太白集
夜々ははや凩めきて港町 高田風人子
夜の別れ木枯炎ゆる梢あり 西東三鬼
夜の木枯屍に触れし手を洗ふ 草間時彦 中年
大き寂しさ月夜にてこがらし絶え 山口誓子
女湯の裸に夜の凩鳴る 右城暮石 句集外 昭和二十七年
好晴の木枯が師を連れ去んぬ 岸田稚魚 筍流し
妻へ帰るまで木枯の四面焚歌 鷹羽狩行
宙に凩いよいよ年の詰りたる 森澄雄
家よりも低きこがらし垣内過ぐ 下村槐太 天涯
屋上の木枯と聞くは戦車音 赤尾兜子 蛇
屋根越えし凩森を得しきこゆ 篠原梵 年々去来の花 雨
山をでて初こがらしの転々す 百合山羽公 寒雁
山下りゆくこがらしの茫茫たる 山口誓子
巨き星めらめら燃ゆる木枯に 相馬遷子 山河
巨星隕ちぬ凩しんと身に透る 石塚友二 方寸虚実
巷に不信と木枯いろの雀とび 飴山實 おりいぶ
帰り来て凩に揺る家仰ぐ 能村登四郎
後手をいま木枯のごときが過ぐ 安住敦
憂国忌初こがらしを浴びせけり 百合山羽公 樂土以後
戦争が過ぎ凩が過ぎにけり 藤田湘子
掌に裹む光悦茶碗凩堪へ 橋本多佳子
断崖の木枯のこゑ嗄れきたる 藤田湘子 てんてん
日ざしをりをり凩に暮るる鏡店 尾崎放哉 大正時代
明星現れて鳶舞ふ凩程よしと 中村草田男
星夜木枯くだらぬ笑ひラジオより 佐藤鬼房
暁到る木枯の声嗄れがれに 上田五千石『田園』補遺
月夜木枯憩へとも励めとも 上田五千石 琥珀
朝のパン外の木枯を見つつ焼く 福田蓼汀 山火
木々も亦初木枯らしにふためけり 相生垣瓜人 負暄
木の家のさて木枯らしを聞きませう 高屋窓秋
木偶の目の夜は金色に木枯吹く 桂信子 草樹
木木枯れつくし鷹はればれと澄む日なり 荻原井泉水
木枯 木枯 ひらひらと侏儒の手 富澤赤黄男
木枯がつぶさに見せる風鶴忌 斎藤玄 狩眼
木枯が遠くの森をわたる音 長谷川素逝 砲車
木枯にからだ吹き飛ぶ悪切り捨て 西東三鬼
木枯にもつとも近く泣きてをり 岸田稚魚
木枯に両神山の背の青さ増す 金子兜太
木枯に乗りて鴎となりにけり 草間時彦 櫻山
木枯に夕日うかべる信濃口 飯田龍太
木枯に川なすごとき街あかり 岡本眸
木枯に揉まれ息つめ千松島 佐藤鬼房
木枯に敗れしものを窪に止め 平畑静塔
木枯に日はありながら庵の木々 原石鼎 花影
木枯に星の布石はぴしぴしと 上田五千石 田園
木枯に月も動くや波のかげ 正岡子規 凩
木枯に水藍青の田二枚 相馬遷子 雪嶺
木枯に火影おそろしがらす窓 正岡子規 凩
木枯に真珠の如きまひるかな 川端茅舎
木枯に素十の微塵わが吸ふか 平井照敏 天上大風
木枯に翼切られし如く病む 野見山朱鳥 曼珠沙華
木枯に老い父足を曳き歩む 相馬遷子 山河
木枯に貌ありとせば三角か 藤田湘子 神楽
木枯に面向け難き日わたりぬ 右城暮石 句集外 昭和十七年
木枯に顔をそむけて人を待つ 高浜年尾
木枯に風鈴鳴らしゐて眠る 岸田稚魚 雁渡し
木枯に鼻をとらるな京の人 正岡子規 凩
木枯の あるとき軋む 黒い歯車 富澤赤黄男
木枯の ひとつの星を 疑はず 富澤赤黄男
木枯のあとざわざわと女たち 廣瀬直人
木枯のちらすけぶりのうす青み 右城暮石 句集外 昭和六年
木枯のひつたくり雲火の用心 藤田湘子 てんてん
木枯のひとは奈落に灯を抱き 富澤赤黄男
木枯のひびく体中他人の血 西東三鬼
木枯の一夜明けたる道白し 西東三鬼
木枯の中にわが家あり子を泣かせ 安住敦
木枯の作る風蚊踏みて行く 高浜年尾
木枯の個展二号に花咲かせ 古舘曹人 能登の蛙
木枯の口に吹き入る修那羅仏 古舘曹人 樹下石上
木枯の吹きたまりけり通夜の屋根 草間時彦 中年
木枯の吹き初め奈良の夜空見ゆ 右城暮石 声と声
木枯の墓石冷たし生いとほし 松崎鉄之介
木枯の尾につれしぼり出す言葉 平畑静塔
木枯の底に仰ぐや狼座 加藤秋邨
木枯の底に更けたる夜なりけり 高浜年尾
木枯の底死者の眼を閉ぢてをり 草間時彦 中年
木枯の息と合ひけり殺しの場 藤田湘子
木枯の榎をつかむ鴉かな 渡邊白泉
木枯の檻見え夜色澄明に 佐藤鬼房
木枯の波に捲かるゝ行方かな 鈴木真砂女 生簀籠
木枯の海の失明さらばさらば 佐藤鬼房
木枯の煙を払ふ落暉かな 日野草城



木枯の町一筋や妙義裾 上村占魚 球磨
木枯の真下に赤子眼を見張る 西東三鬼
木枯の砂吹きのせてゐる木の葉 右城暮石 声と声
木枯の絶間薪割る音起る 橋本多佳子
木枯の茶堂人無き埃かな 正岡子規 凩
木枯の藪裾こがす入日かな 角川源義
木枯の過ぎゆく末の音聞ゆ 中村汀女
木枯の野面や星が散りこぼれ 相馬遷子 雪嶺
木枯の閨のくだものナイフかな 佐藤鬼房
木枯は暗い葛籠の絹を呼ぶ 飯田龍太
木枯は高ゆき瓦礫地に光る 西東三鬼
木枯も使徒の寝息もうらやまし 西東三鬼
木枯やあら緒くひこむ菅の笠 正岡子規 凩
木枯やある日の奈良の塔の先 飯田龍太
木枯やかちりついたる馬の鞍 正岡子規 凩
木枯やがくりがくりと馬しざる 西東三鬼
木枯やくちばし欠きて風見鶏 鷹羽狩行
木枯やさめんとしては牛の夢 正岡子規 凩
木枯やさゝは餘計にゆれながら 正岡子規 凩
木枯やしかみ付たるふしの雲 正岡子規 凩
木枯やすかと芭蕉葉切りすてん 渡邊水巴 白日
木枯やそれぞれ似たる馬の顔 上村占魚 鮎
木枯やだらりとさがる象の鼻 飯田龍太
木枯やともる吾が灯を珠と見し 藤田湘子 途上
木枯やもろにみだるる大煙 日野草城
木枯やキリンの首が枯れてくる 平井照敏 猫町
木枯や一人一燈にて更くる 上田五千石 風景
木枯や二階に不意の客を泊め 鷹羽狩行
木枯や五指の痺れが抱ける書 石橋秀野
木枯や人の糞まで吹きとばす 金子兜太
木枯や今か灯りし瀬戸物屋 日野草城
木枯や叺捨てある新墾田 河東碧梧桐
木枯や吾に過ぎたる三児あり 佐藤鬼房
木枯や堪ゆるべきことなほあまた 石橋秀野
木枯や妻といふ神ありにけり 平井照敏 猫町
木枯や子を思ふとき神だのみ 岡本眸
木枯や宿ひとつある島の中 飯田龍太
木枯や富士をめかけて舟一つ 正岡子規 凩
木枯や我をむかふる人あらば 上村占魚 鮎
木枯や戸じまり多き家に住み 鷹羽狩行
木枯や摘菜育て遺園守る 角川源義
木枯や昼の鶏鳴吹き倒され 西東三鬼
木枯や月いただきて人急ぐ 星野立子
木枯や木はみな落ちて壁の骨 正岡子規 凩
木枯や杉を振子に草の庵 渡邊白泉
木枯や残れる灰の焼却炉 石川桂郎 四温
木枯や汐引くごとく客去りて 鈴木真砂女 夕螢
木枯や消しのこしある厩の灯 上村占魚 鮎
木枯や湖に落葉のなだるる音 村山故郷
木枯や潮さからふかいつぶり 石橋秀野
木枯や熱き機関車の辺を過ぐる 福田蓼汀 山火
木枯や父死にゆくを眼前す 草間時彦 中年
木枯や生き残りたる面構へ 加藤秋邨
木枯や白銀鎧ふ変電所 伊丹三樹彦
木枯や皆からびたる力餅 正岡子規 凩
木枯や石引き入るゝ庭普請 正岡子規 凩
木枯や穴居のごとく燈を守り 上田五千石 琥珀
木枯や紫摧け紅敗れ 正岡子規 凩
木枯や翠も暗き東山 日野草城
木枯や落ちなんとする岩に堂 正岡子規 凩
木枯や詩人の眸子きりむすぶ 斎藤玄 狩眼
木枯や身ほそる労苦せずじまひ 上田五千石 天路
木枯や鈴のまなこの鳴る翁 永田耕衣
木枯や電柱は樹にさげすまれ 鷹羽狩行
木枯や馬の大きな眼に涙 西東三鬼
木枯や髪もろともに乱れゐて 廣瀬直人 帰路
木枯らしに面従すべくなりにけり 相生垣瓜人 負暄
木枯らしの弱々しきが先づ吹きぬ 相生垣瓜人 負暄
木枯を昨日に島の渡舟 佐藤鬼房
木枯枯草何れか強き翁かな 永田耕衣
木枯過ぎ日暮れの赤き木となれり 西東三鬼
枯枝が落つ凩の吹き熄む間 右城暮石 上下
椎の木に凩強し十二月 正岡子規 凩
楽あるがごとしこがらしのあとの天 山口誓子
死は深き睡りと思ふ夜木枯 相馬遷子 山河
水無月の凩聞くや石の室 正岡子規 水無月
泣き虫はさて木枯にくれてやろ 鷹羽狩行
海に出て木枯帰るところなし 山口誓子
海溝のくらみ明るみ凩ゆく 能村登四郎
海道も初こがらしに一転す 百合山羽公 故園
溝乾く伽藍凩絶間あり 橋本多佳子
灯を入れず凩つまる常夜燈 百合山羽公 寒雁
煙草咥へて木枯の日を偸むかな 石川桂郎 含羞
片割の吾かも知れず凩に 佐藤鬼房
物は何凩の笠雪の簔 正岡子規 凩
物は何凩の簔雪の笠 正岡子規 凩
狂ひ病む窓の木枯城が見ゆ 右城暮石 句集外 昭和二十四年
玉乗りの侏儒のこゑか凩か 藤田湘子
玻璃越の凩の顔とわかれたり 加藤秋邨
琵琶迫れば凩さつと燭を吹く 正岡子規 凩
瑞牆山凩びかりしてゐたる 石田勝彦 百千
生きている木枯急に悲しくなる 赤尾兜子 蛇
生きものは糞し隘路の木枯よ 佐藤鬼房
男ひとり木枯の空歩みゆく 相馬遷子 雪嶺
病院を出る木枯の左より 岸田稚魚 紅葉山
百姓出るとすぐこがらしをふくらまし 細谷源二 砂金帯
目覚めけり初凩に騒がれて 相生垣瓜人 負暄
眠れぬ夜又木枯らしを壮とせり 相生垣瓜人 明治草
石仁王一凩に葉は奪られむ 大野林火 月魄集 昭和五十四年
石楠は這へり凩落し来る 山口青邨
破れ障子まゝよ木枯冬の月 正岡子規 冬の月
破れ障子まゝよ木枯寒の月 正岡子規 寒月
神将に天魔の吐息凩す 林翔
空にゐて木枯となる父の貌 平井照敏 猫町
空深くこがらしゆきて月照らす 山口誓子
童子寝る凩に母うばはれずに 橋本多佳子
籠り居て初凩を見たりけり 相生垣瓜人 負暄
紫宸殿何に音ある凩ぞ 加藤秋邨
美しく神木枯るる詣かな 富安風生
耳に眼に凩を溜めたまふなる 相生垣瓜人 微茫集
耳暮れて木枯顔をかかへけり 平井照敏 猫町
肋辺に燐もゆるごとこがらしす 斎藤玄 狩眼
背信や卍こがらし前髪に 三橋鷹女
胸張つて木枯を呼ぶ素老人 佐藤鬼房
胸板を木枯らし抜けて行きにけり 相生垣瓜人 負暄
草原に入りて凩上ぐ吾が子呂と 石田波郷
蓮根の穴も九つ凩す 橋閒石 微光
藷を買ふ犬のさかりと凩と 右城暮石 句集外 昭和二十三年
蝦夷の裔にて木枯をふりかぶる 佐藤鬼房
街路樹を吹く凩の用捨なし 右城暮石 句集外 昭和六十年
裏窓へ根深し余木枯れゆくは 赤尾兜子 蛇
触媒の夜を木枯の男舞 橋閒石 荒栲
言水の非在の影をこがらしす 斎藤玄 雁道
足音を待つや夜中の凩に 右城暮石 句集外 昭和二十三年
路地住みの終生木枯きくもよし 鈴木真砂女 夕螢
身を枯らす木枯もあり繭ごもり 中村苑子
連れ合うて来て木枯は個々の声 藤田湘子 てんてん
都心吹いて凩にあてなかりけり 松崎鉄之介
陋屋に凩とあり肩ふれあふ 佐藤鬼房
雉子啼くや卯つ木枯萱雲も見つ 渡邊水巴 白日
雲光り吹けば凩訪はれもせず 大野林火 青水輪 昭和二十四年
零余子ふるふるこがらし太郎くるころか 上田五千石『天路』補遺
静かにも凩の糸引く子守かな 川端茅舎
静臥せり木枯に追ひすがりつつ 西東三鬼
靴はくやこがらし屋根を撼りあぐ 大野林火 海門 昭和七年以前
靴底の磨滅凩吹きはじむ 右城暮石 句集外 昭和三十二年
顔出せば木枯囃す船溜り 小林康治 玄霜
饐えた臓腑のあかい帆を張り 凩海峡 三橋鷹女
駆け通るこがらしの胴鳴りにけり 山口誓子
鮮けき初木枯らしを聞くべかり 相生垣瓜人 明治草
鳴くときは喉のこがらし火喰鳥 加藤秋邨
鶏群の初こがらしにまた白し 百合山羽公 寒雁

凩 続補遺

うらみねや又凩の吹夜なり 加藤曉台
おしげなく吹ども松の木枯や 杉風
こがらしと揉合ふ松の響きかな 三宅嘯山
こがらしにうき世をかくすちつとのま 舎羅
こがらしにしばし胡椒の茶を売ン 玄梅
こがらしにしばらくくらき菴哉 野紅
こがらしにふりむく鷺の一羽かな 朱拙
こがらしに二日の月のふきちるか 荷兮
こがらしに吹上らるゝ小鳥かな 三宅嘯山
こがらしに月は残て夜明かな 諷竹
こがらしに豆の葉荷ふ人をかし 加藤曉台
こがらしに馴てことしも墓参り 風国
こがらしのふくや瓢の種をさへ 夏目成美
こがらしの一日吹て居りにけり 凉菟
こがらしの中にも須磨の夕かな 成田蒼虬
こがらしの乾にさりぬ世捨人 松窓乙二
こがらしの余情や麦の一二反 一笑(金沢)
こがらしの吹もへらさず弥彦山 成田蒼虬
こがらしの地にも落さぬしぐれかな 向井去来
こがらしの寐覚やぬくし有馬山 芙雀
こがらしの尻吹すかすす鞍かな 野明
こがらしの木の根にあたる日暮哉 寥松
こがらしの松の葉かきとつれ立て 舟泉
こがらしの浪吹わけてかねが崎 成田蒼虬
こがらしの落葉にやぶる小ゆび哉 杜国
こがらしの表吹けり青あらし 蘆文
こがらしの身は七とせや像の皺 史邦
こがらしの都に入るや初鯨 諷竹
こがらしの里はかさほすしぐれ哉 一笑(金沢)
こがらしの雲より落る木の葉哉 左次
こがらしの高くもなるか鴈の声 百里
こがらしは何所を吹やら松の風 野坡
こがらしもいとはじ今も釈迦の旅 舎羅
こがらしもしばし息づく小春哉 野水
こがらしや*いばらがくれの鹿の角 長翠
こがらしやけさはふへたる池の鴨 井上士朗
こがらしやすぐに落付水の月 千代尼
こがらしやつゞきてながる猿の声 園女
こがらしや三ッに裂たるちくま川 高井几董
こがらしや何に世わたる家五軒 与謝蕪村
こがらしや口もきかずに草の菴 建部巣兆
こがらしや地を吹荒す町のさま 寥松
こがらしや夕山鳥の啼わかれ 卓池
こがらしや夜雨を手繰る二の碇 寥松
こがらしや大路に鶏のかいすくみ 加舎白雄
こがらしや天井はらぬ堂の内 林紅
こがらしや山鳥の尾を吹かへし 野紅
こがらしや岩に裂行く水の声 与謝蕪村
こがらしや廊下のしたの村雀 夕兆
こがらしや戸をぬけて来るありあかし 昌房
こがらしや日に~鴛鴦のうつくしき 井上士朗
こがらしや日の梟の地に羽うつ 高桑闌更
こがらしや日も照り雪も吹ちらず 樗良
こがらしや松前物の魚むしろ 望月宋屋
こがらしや梢に残る蝉のから 十丈
こがらしや池に吹込香の灰 探志
こがらしや海一ぱいに出る月 井上士朗
こがらしや滝吹わけて岩の肩 黒柳召波
こがらしや漕わかれ行舟喧嘩 卓池
こがらしや潮ながら飛浜の砂 加舎白雄
こがらしや灯心売のうしろ影 加藤曉台
こがらしや百八ながら鐘の色 乙訓
こがらしや盞重し山軽し 万子
こがらしや礒の水草も尽ぬべし 加舎白雄
こがらしや竹もよなみを吹てゆく 諷竹
こがらしや菱になり行在江駕籠 左次
こがらしや藁まきちらす牛の角 塵生
こがらしや譲り合て海の汐 園女
こがらしや跡にひかへる冨士の山 許六
こがらしや里の子覗く神輿部屋 尚白
こがらしや雲水てらに草鞋とく 鈴木道彦
こがらしや霍見る窓に朝の月 桃隣
こがらしをわづかにまねく庭木哉 嵐雪
こがらしを杖についたり老の坂 智月尼
こがらしを開きに請る脊中哉 三宅嘯山
ちらくと日もこがらしの苔の上 井上士朗
ぬれいろをこがらし吹や水車 炭太祇
ふきやれなう身を凩のどうなりと 除風
七とせも竹斎の句のこがらしや 凉葉
凩となりぬ蝸牛の空セ貝 其角
凩にあらそふごとし鐘の声 高井几董
凩にいとゞさはがし菰かぶり 智月尼
凩にうめる間寒きいり湯哉 荊口
凩におとりも見えず麦のたけ 路健
凩におもひ泣かせよ猿の面 介我
凩にの羽くゞる雀かな 一笑(金沢)
凩に一のくらみや岡の松 牡年
凩に何やら一羽寒げなり 村風 杉風句集
凩に力おとしや御弟子衆 芙雀
凩に吹れてたつやかゞみ山 北枝
凩に挑灯も来ず町はづれ 荊口
凩に月のすはりし梢かな 一笑(金沢)
凩に枯木のちから折レにけり 沾圃
凩に氷るけしきや狐の尾 其角
凩に空荷車や鳥羽縄手 諷竹
凩に笠一蓋もほだしなる 加舎白雄
凩に絵馬かぞへむ蔵王堂 一笑(金沢)
凩に菅笠たつる旅寐かな 越人
凩に雲のそびえやもらひ雨 正秀
凩に頭巾忘れてうき身哉 黒柳召波
凩に麻の頭巾やひがし山 舎羅
凩のあたりどころやこぶ柳 丈草
凩のかえせ~ともみぢかな 白雪
凩のさむさかさねよ稲葉山 落梧
凩のなれ込かたやみあれ山 野童
凩のまじりて吹か秋の雲 史邦
凩の一日吹いて居りにけり 岩田涼菟
凩の側から作る木の芽かな 存義 反古ふすま
凩の分別もなし香の筋 介我
凩の吹きゆくうしろすがたかな 服部嵐雪
凩の吹のばしけりふとん張 仙杖
凩の地迄落さぬしぐれかな 去来
凩の声に檜原もむせびけり 素龍
凩の夜明あはれや馬の鈴 陽和
凩の夜昼や藁の家一つ 猿雖
凩の念仏くさし市の中 露川
凩の手あてもするや村烏 文鳥
凩の日に松うえる長者かな 桜井梅室
凩の日をけづり行膝のうヘ 成田蒼虬
凩の果はありけり海の音 池西言水
凩の残りや松に松のかぜ 十丈
凩の沙汰さへもなし市はら野 芙雀
凩の空見なをすや鶴の声 去来
凩の空見直すやの声 去来
凩の苧かせをみだす真柴哉 加藤曉台
凩の遠樹に枝を見つる哉 尚白
凩の風干葉は窓をうがつて去ル 杉風
凩も誘ひあはすや墓まいり 諷竹
凩やあぶな~もむかし家 智月尼
凩やあれに世わたる帆かけ舟 蓼太 蓼太句集二編
凩やいづこをならす琵琶の海 牧童
凩や冬米搗の丸はだか 許六
凩や勢田の小橋の塵も渦 其角
凩や北より動く馬の耳 望月宋屋
凩や只物月をうかしかけ 野紅
凩や喪を終る日の袖の上 史邦
凩や垣に角見ぬかたつぶり 一笑(金沢)
凩や夢といふたも後の夢 中川乙由
凩や大和の地にもとゞまらず 田川鳳朗
凩や宮の鼓の片颪 椎本才麿
凩や小家一つをことのほか 千川
凩や小鳥かたづくしも廊下 夕兆
凩や山鳥の尾のとり廻し 尚白
凩や店にふかるゝ菜大こん 路健
凩や戸明て見れば星ばかり 寥松
凩や手の平立る妙亀山 史邦
凩や捨つる親は泣もえじ 四睡
凩や木から落たる猿の尻 加藤曉台
凩や杖に松枯のかゝれ行 木因
凩や横へ突ぬく耳の穴 桃隣
凩や沖よりさむき山のきれ 其角
凩や猪の来てふむ背戸の芝 成田蒼虬
凩や田より田にゆく水のおと 木導
凩や花子の宿の戸にさはる 黒柳召波
凩や通り鯨の汐ぐもり 朱拙
凩や里に近よる猿のこゑ 桃妖
凩や釼を振ふ砺浪山 去来
凩や障子の弓のかへるをと 露印
凩や鳶の巣落すみそさゞい 一笑(金沢)
凩や鳶の裸にならぬまで 一笑(金沢)
凩や鵜にせがまるゝ宵の宿 井上士朗
凩よやみなる跡の舟よばひ 〔ブン〕村
凩よ世に拾はれぬみなし栗 其角
凩を松にわけたる荒野かな 斜嶺
凩を背中に海士があさりがひ りん女
吹~て木枯清し此月よ 車庸
大事がる柿の木枯て梅の花 高井几董
日暮るゝに凩ふくに磯の鶴 桜井梅室
春ヲ何と凩のごまめ時雨の海老 嵐蘭
木枯にしらけてさむし車道 吾仲
木枯に槇割の木玉響きけり 椎本才麿
木枯のかえせ~と紅葉かな 白雪
木枯のがくりと居らば鴈の啼 長翠
木枯のこりよとばかり旅寝ふく 松窓乙二
木枯の中に静けき朽木哉 高桑闌更
木枯の数にふかるゝ山路かな 露川
木枯の更行かたや蝋だまり 基継
木枯の木葉まはすや幾めぐり 昌房
木枯の根にすがり付檜皮かな 桃隣
木枯の水海くゞる響きかな 田川鳳朗
木枯の蔦に手のなき青み哉 りん女
木枯の野に住吉の宮居かな 桜井梅室
木枯やあとにひかゆるふじの山 許六
木枯やいづことまりの柴車 加舎白雄
木枯やかはり~に鐘をつく 其角
木枯やさかなをさがす梨の残 非群
木枯や内へはいれば耳の鳴る 寥松
木枯や刈田の畔の鉄気水 惟然
木枯や大津脚絆の店ざらし 炭太祇
木枯や市に業の琴をきく 加舎白雄
木枯や戸明る蓑について入る 寥松
木枯や旅にきれたる筆の先 卓池
木枯や星を吹込原の池 朱拙
木枯や更行夜半の猫のみゝ 北枝
木枯や村へ這入ば音もせず 子珊
木枯や烏もなかぬ柿のへた 一笑(金沢)
木枯や蔦はゆるさぬ峯の松 中川乙由
木枯や釣鐘ばかり吹あまし 浪化
木枯や面被つてもあるかれず 三宅嘯山
木枯をひねり歩くや階子売 五明
根つよく木がらし不二に当りけり 田川鳳朗
棒立て凩問ん野中かな 一笑(金沢)
武蔵野やこがらし見よと富士ひとつ 一笑(金沢)
水に竹に凩ちかし秋の色 十丈
舩小家も水にはむかね木枯吹 鈴木道彦
雪を催す夜の木がらし面白し 松岡青蘿
静さやしぐれこがらし休むとき 桜井梅室
馬に竹見よこがらしの負せもの 長翠
麻布のやぬしを木枯て松ひとり 北鯤

以上
by 575fudemakase | 2016-11-10 20:49 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26367838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング