神の留守 の俳句

神の留守 の俳句

神の留守 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23327048/

神の留守 補遺

Yシャツはあくまで白や神の留守 星野麥丘人 2001年
あかあかと柿万燈や神の留守 石塚友二 磊[カイ]集
いみじくもかがやく柚子や神の留守 阿波野青畝
うつせみの羽衣の宮や神の留守 正岡子規 神の留守
お留守には何事もなし神迎 正岡子規 神迎
さてはお留守神の林の月なき夜 寥松
ちはやぶる神の御留守の真白幣 林翔
ちゝめくや神のお留守の鳩雀 正岡子規 神の留守
ねんごろに木の下を掃き神の留守 鷹羽狩行
やまなみのやさしく遠し神の留守 飯田龍太
リハビリ用古金剛杖神の留守 百合山羽公 樂土以後
一戸なき崎の先まで神の留守 百合山羽公 樂土以後
世の中にしらぬまことや神の留守 玄梅
何を怒りたまふや御神火神の留守 山口青邨
八つ霽れや神の留守なる麓原 飯田蛇笏 山廬集
千年釜八百年釜神の留守 百合山羽公 樂土以後
古志神は留守かもしれず太祝詞 角川源義
古禿倉もとより神の留守にして 正岡子規 神の留守
墨よしの神の留守にも淡路嶋 諷竹
多羅葉の大樹けやけき神の留守 河東碧梧桐
奉納の砲弾赤き神の留守 上田五千石『風景』補遺
子の声で満たすや神の留守の森 有馬朗人 母国拾遺
常磐木の緑ふくらむ神の留守 右城暮石 天水
幹々に日のゆきわたり神の留守 鷹羽狩行
幹すつく柱すつくと神の留守 鷹羽狩行
庭祠さねかづら懸け神の留守 山口青邨
庭稲荷仔狐遊ぶ神の留守 山口青邨
御柱四方に立ててぞ神の留守 山口青邨
暮れてゆく坂斜めなり神の留守 日野草城
枯葉いちまい机上に置いて留守の神 加藤秋邨
此頃は發句の神の御留守哉 正岡子規 神の留守
水底を亀があるいて神の留守 桂信子 緑夜
波晴れて七浦の神みなお留守 日野草城
狛犬の口紅卑し留守の宮 阿波野青畝
狛犬の片足折れぬ神の留守 正岡子規 神の留守
畑打ちの留守の寝台 夜は愛欲神(ミトウナ) 伊丹三樹彦
留守の神つれづれぐさの文に在り 阿波野青畝
留守居せる神もあらむか岬の祠 能村登四郎
神の留守うすうす後家の噂哉 正岡子規 神の留守
神の留守たのまれ巌島の鹿 鷹羽狩行
神の留守われつつしみてつつしみて 山口青邨
神の留守をねらふて剃し天窓哉 馬場存義
神の留守を風吹く宮の渡舟 正岡子規 神の留守
神の留守エレキ源内の時計鳴る 角川源義
神の留守一艘の舟去りしより 有馬朗人 知命
神の留守仏を頼む外無きか 相生垣瓜人 負暄
神の留守修学旅行来て騒ぐ 日野草城
神の留守干物の乾く浜日和 鈴木真砂女 紫木蓮
神の留守悪性鴉放ち飼ひ 上田五千石 田園
神の留守押せど動かぬ大魚にて 飯田龍太
神の留守枯芝に青苜蓿 日野草城
神の留守療園枯の始まりぬ 角川源義
神の留守籠の大きなむつの目も 飯田龍太
神の留守能女房を守べし 嵐雪
神の留守野良猫またも子を宿し 鈴木真砂女 都鳥
神の留守鼠を知らぬ猫ばかり 飯田龍太
神垣の留守に頼母し源太夫 凉菟
神留守のいさかひもして湖の鳥 能村登四郎
神留守のみんなが櫛を較べ合ふ 波多野爽波
神留守の一夜の変に禽失せ 能村登四郎
神留守の夜の雨雪となりにけり 角川源義
神留守の日のさしてゐる祠かな 鷲谷七菜子 花寂び
神留守の汐木を焚きて驕るかな 角川源義
神留守の濤たかぶらす波ころし 角川源義
神留守の神体石にやどる日よ 角川源義
神饌の放つておかれて神は留守 阿波野青畝
穴荒て狐も留守よ神の供 正岡子規 神の留守
竹垣の切口ましろ神の留守 鷹羽狩行
紅葉焼人なとがめそ神の留守 支考
結びおきて結ぶの神は旅立ちぬ 正岡子規 神の留守
絵馬二頭跳ねまはるなり神の留守 阿波野青畝
落葉掻く神の留守にて溜めたるを 平畑静塔
葛原の神や留守なる八重葎 高野素十
葱の玉神のお留守とにほふなり 夏目成美
藪原に風こもるなり神の留守 能村登四郎
贋の歯を口に棲はせ神の留守 能村登四郎
足萎えて湖の畔踏む神の留守 角川源義
蹌踉と竃風呂に臥す神の留守 角川源義
通ひ路の一礼し行く神も留守 松本たかし
遅櫻岐の神は留守のやう 佐藤鬼房
遊びあるく病の神のお留守もり 正岡子規 神の留守
野社はもとより神の留守にして 正岡子規 神の留守
青苔に日の射してゐる神の留守 飯田龍太
風起こりやすき石段神の留守 鷹羽狩行
魚屋に何吊る鉤か神の留守 能村登四郎

以上
by 575fudemakase | 2016-11-10 20:53 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26367848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング